2017年11月07日

ちがうけど、おなじです。

ちがうけど、おなじです。 




とても素敵な表現だから、書き留めとくー。

まぁ、言った本人は忘れているだろうけれど。。。。

posted by 西久保毅人 at 18:58| 2017.11月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

施主力番長

今日は、島岡さんちの「建もの探訪」の放映日でした!

島岡さんご家族も、入居後もとてもセンス良く住んでいただいていて、
うかがう度にほーんと関心しちゃいます。

ニコは、正直、設計力というよりも、
施主力でもっているようなもの。。。

8022.jpg

さて、そんな素晴らしい施主力のご家族がニコの周りにはたくさんいらっしゃるんですけど、
その中でも、圧倒的施主力番長ともいうべきマシューズさん。

もう引っ越されて2年半ほどたつのですが、
先日、雑誌の取材で久しぶりに伺ってきました!

8014.jpg


8020.jpg

いやぁ、、、、すごいですね、マシューズ家!

8021.jpg

家作りは、お引き渡しが一応完成なんですけど、
マシューズさんちは、終わりがないというか、、、、
行く度に、いろいろバージョンアップしているのが良くわかります。

8016.jpg

テラスのしつらえにしても、
なんていうか、
ほーんとうに、外で過ごすのが好きなんだなー、というのが伝わってきて、
やっぱり雨に濡れる場所だから、置く物や家具も、
濡れてダメにならない物、風が吹いても飛ばないような植木鉢、外に放ったらかしても
大丈夫なクッション、、、などなど、
トライアンドエラーを繰り返しながら、どんどんマシューズさんにとっての
完成系に近づいているような気がしました。


8012.jpg

しかも、特別に高級なものとかでないところが、
一番凄いところ。

しかも、外人だし、なんか絵になる感じも、、、、ずるい(笑)

8019.jpg

もちろんテラス以外にも、
創意工夫っていうか、
いろんなものに一手間かけながら、
楽しく生活されている姿には、いっつも勉強になりますねー。



ほーんとみんなそれぞれ凄いなぁ、、、、って、
いろんなおうちにうかがう度に思うのです。


8018.jpg



8017.jpg

さて、もうすぐ年末。
マシューズさんちといえば、
12月からはじまるクリスマスに向けての飾りつけも、素敵です。


また何か理由をつけて、
ぜひうかがいたいところです!

8015.jpg



そうそう、
少しだけですが、ニコのホームページがバージョンアップしました!
まだ途中ですが、今までと違うまとめ方、伝え方を模索しているので、
見にくい、とか、こうしたら?とか、
ご意見、アドバイスあれば、ぜひ教えてくださーい。

「ワタシが作ろうか?」

っていうのも、もちろんアリです!(笑)
posted by 西久保毅人 at 22:22| 2017.11月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

11月4日は、島岡さんの家の放映日です!

9月半ばの、とってもいい天気の日。

「渡辺篤史の建もの探訪」の撮影が行われました!


8008.jpg

今回は、「島岡さんの家」です。

8005.jpg

8011.jpg

僕の中では、ついこないだ完成したような気分ですけど、
もうかれこれ1年以上前。

その間にお子さんも産まれ、

産まれたかと思うと、もう歩くようになり、、、、


8006.jpg

自分の子どもだと、成長がゆっくりに感じるものですが、
ほーんと、
ゴーヤと、よその子どもは、育つのが早か〜、、、、ですね!


8003.jpg

でも、おうちの方は、
のんびりのんびり。
ようやく家と暮らしが馴染んできた、ちょうどいい頃の撮影でした!



8004.jpg


竹林の公園に面した島岡さんの家は、
いつうかがっても、東京とは思えないくらいに
リゾート感満載。
そんな雰囲気が、映像でも伝わると嬉しいなーと思います。


おまけ出演として、
僕とキクちゃんも、ちらりと映るかも〜??

カットされていなければ、、、、、ですけどね。

放映は、
11月4日(土)のあさ4時30分〜ですので、、、、、、、、録画の準備を!(笑)


8007.jpg


8010.jpg


と、
そんな島岡さんの家では、
もう一つのプロジェクトが準備中。

8002.jpg

いよいよ、街のパン屋さんのオープンに向けて、
僕たちも協力させていただいています!!!

8001.jpg

そのうち、きっと楽しいお知らせができると思いますが、
設計させていただいたおうちが、育っていくのは、
嬉しいものですね〜!!!
posted by 西久保毅人 at 20:51| 2017.10月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

そのまんま、があるという事   

先週末は
お知らせしていました「ひとつながりの家」の入居後オープンでした!

7971.jpg

当日はこの連日の雨予報の中、
時々小雨はあったものの、ほぼ雨は降らず!!!

しかも、
なんていうか、絶妙な薄曇りのしっとりとした日で、
雨に濡れた緑道の緑がとても綺麗だったし、
こういう日をのんびりと楽しめるようなおうちでもあるので、
まさに「このおうちの日」、っていうような1日でした。

っていうのが、僕の感想。

7973.jpg


まぁ、もちろん、ピーカンの日も楽しいですけどね。

7972.jpg



7974.jpg

そして、
もちろん新築時のオープンハウスもいいんですけど、
生活が始まってしばらくしてのこのオープンハウス。

一番の魅力は、「そのまんまがある」というコトです。


7979.jpg

そのまんまの暮らしがあるというコト。

7977.jpg


だから、
まぁ、ある意味、
来場者の全員が、渡辺篤史さん状態。

7976.jpg

設計者である僕たちも、

「へーっ」

「なるほどー。」

「わかりました。」

って言いながら、1日を過ごさせていただきました!



7978.jpg

7982.jpg

そうそう、
説明するのが、僕たちでもない、
っていうところも、
このオープンハウスの楽しいところなのです!


7984.jpg

だって、
設計の内容は説明できても、
ここで起こっている「暮らし」は説明できませんからね〜。

7981.jpg

7983.jpg

そして、
その最高の説明として準備してくれたのは、
お子さんが書いてくれた、
このおうちの地図。

7975.jpg

名付けて、

「ひとつながりの地図。」


この日のために書いてくれたとのコトでした!


7980.jpg

これには、もう感動!!!

7989.jpg

7985.jpg

7988.jpg

この子ども達の描いてくれた地図を見て、

「そうなんだよなぁ、、、。」

って素直に思いました。

7986.jpg

7987.jpg

僕たちは、設計者なので、
家を作るための図面は描きます。

建主さんに説明するための図面。

確認申請を出すための図面。

ローンを組むための図面。

職人さんに伝えるための図面。

7991.jpg

7990.jpg

そういう第三者に説明するためだったり、
第三者と共有したり、許可をもらうために、
リビング、とか寝室、とか、玄関、とかの人間の行為を
まるめこんだような室名が存在します。

あった方が便利ですしね。。。。

7992.jpg

そう考えると、
もっと大きく言えば、

「住宅」とか「事務所」とか「図書館」っていう建築のカテゴリーすら、
ある意味、便宜上区分けされた名前に過ぎません。


「道路」とか「公園」とかだってそう。

7994.jpg

でも、そういう風に、
最初は便宜上、だったものが、
知らず知らずと、境界線をつくり、気がつくと僕たちはその名前に縛られてしまっている
ところもあります。

7993.jpg

7996.jpg

この地図は、
子ども達の読み解きなのだな〜、と思いました。

7997.jpg

そこには、行為だけが言葉で書いてあって

「こういう風に使ってるんだよ。」

「こういう風に楽しむ場所だよ。」


と書いてあります。

7998.jpg


そして、ぐるぐるぐるぐると
歩き回っているような線が描いてあります。

おうちでは、いろんなコトをするけれど、
すべてはひとつながりなんだよ。

7999.jpg

僕らが図面に書いていた「玄関」とか「居間」とか、「台所」とか「テラス」とかは、
出来上がった空間の、どこを探してももう書いてなくって、
そのかわりに、「そのまんま」がありました。

8000.jpg


「そのまんま」は、つなぎ目はなくって、
そのかわりに、ぐにゃりとつながっているような気がしました。

「そのまんま」は、ひとつながりだけれど、
その時々で、公園にもなれば、舞台にも、飲み屋にもなり、うちにも外にも変幻自在。。。。


7995.jpg

、、、、と

「そのまんま」はとてもとても一回では書ききれませんねー。。。

そんな訳ですので、
終わった早々、申し訳ありませんが、
これから第二回、第三回、、、、、と
ひとつながりの家の
入居後オープンハウス、

引き続きよろしくお願いしまーす!!!!
posted by 西久保毅人 at 21:55| 2017.10月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

大きな木の下で

先日、埼玉県越谷市で計画中の池田さんのおうちが上棟しました!


7962.jpg

池田さんのおうちは、

1、2、3、4、、、、、と
いびつな7角形みたいなカタチをしていて、
それが、大きな木のような、傘のような内部空間を作っています。

7970.jpg

と、

文字で書くと3行なんですけど、
作るのはたーいへん!


7964.jpg

そんな訳で、
二日間に訳で上棟が行われました!
たいていは、1日で骨組みができちゃいます、、、。



7963.jpg

でも、そんなゆっくりとした上棟だったので、
なんだか、その作られていく過程がとても印象的でした。

まず、真ん中にやぐらみたいなものを作って、
そこにめがけて梁をかけていく。

四角いカタチの四隅が切り取られてできたようなカタチだから、
それぞれの角が、鈍角になっていて、
だから、見上げるとなんだか大きな円に包まれているよう。

7966.jpg


屋根がかかると、
大きな木の下にいるような、
傘の下にいるような、
そんな空間になりました。


7965.jpg

もちろん完成するのは、まだまだ先なんですけど、
とてもダイナミックでいい感じ。


骨組みが少しでも隠れちゃうのがもったいないから、
このままがいいなぁ、、、、とついつい思っちゃうのは相変わらずです。。。。。

7967.jpg

7968.jpg

と、そんなコトを思いつつ、
先日、池田さんご家族に、盛大な上棟式をしていただきました!

大工さんも、

「先生よーっ。

 頼むからこういうカタチはカンベンしてくれよー。。。」

と言いつつも、「今日は飲むつもりで来たからさ、」とどこか満足気。

7969.jpg

いやぁ、、、大工さんは、やっぱり凄いなぁ、、、、、。



完成が楽しみです!


posted by 西久保毅人 at 20:49| 2017.10月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

いじけるところ

ちょうど工事中の加藤さんの家。

着々と出来てきて、
いいなぁ、、、って思うところはたくさんあるのですが、
何と言っても、このちっちゃなこもり部屋。

7960.jpg

1.5畳くらいしかないちっちゃなお部屋なんですけど、
この居心地の良さそうな事。

神聖な感じすらします。。。。

7958

そしてまた、その外側が、

「いじけるところ、、、、。」

もはや「室名」ですらない、セマ気持ちいいだけの場所です。

もちろん家づくりの主題は、もっとたくさんあるのですが、
こういう場所が、きっと一番愛される場所になるんだろうなぁ、、、。

子供達が、「実家といえば」って時に、
一番に思い出すような場所になるといいなと思います。


7959.jpg

さて、週末の入居後オープンハウスの「ひとつながりの家」。

どこのお家もそうですが、
やっぱりこのお家も、主題ではない一番小さな部屋が、僕のお気に位入り。

7961.jpg

はたして住んでる子ども達はどうなんでしょうかね??


土曜日に聞いてみよっ。

ご希望の方は、こちらまでお問い合わせ下さい。
もう少しだけ空きがあります。

7957.jpg

写真はこちらからもどうぞ。
Googlephotoで試し中。
posted by 西久保毅人 at 17:47| 2017.10月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

入居後オープンハウスのご案内

7956.jpg


常日頃から、
家は、ぜっーーーーーったい入居後の方がいいよなぁ、、、、
と思っているんですが、
なにせ設計をさせては頂いても、家そのものは僕のものではありません、、、、(涙)

だから、雑誌とかでしか、なかなか入居後の住まい方というのは、
伝える事が出来ないんですが、
ここが、ニコの家のご家族のフトコロの深い所。

お引越し後の暮らしぶりや、新品ではない素材の風合い、
ご家族ならではの思いがけない使い方などなど。

完成時のオープンハウスでは感じられないニコの家のリアルな日常を感じてもらいたい、
という思いで建主様ご家族の協力のもと企画しました。

この度、
来月の10/14(土)に、
今年初めに完成しました「ひとつながりの家」の
入居後オープンハウスをさせていただく事になりました。



7957.jpg

御入居後の住まいのため、
予約制、人数限定となりますので、
お早めに申し込みくださいませー。
posted by 西久保毅人 at 20:22| 2017.9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

知らぬ まにまに

ちょーど先月末の、
とても暑い日のコト。

昨年完成した若井さんちに、
同じく昨年完成した小熊さんち
遊びに行く、という風の噂がありました。


7950.jpg

そう、ちょっとしたニコあるあるなんですけどね、、、、。

僕たちが設計させていただいているご家族同士、
オープンハウスとかで良く会うものだから、
そのまま意気投合して、家づくりが終わっても
いいお付き合いをされているご家族もいらっしゃいます。

、、、、、もちろん僕らの知らないところで、、、、。

7946.jpg

そもそもは、もちろん他人同士。

でも、なんの因果か、
ニコに設計をご依頼いただいた縁で、
家が完成した後でも、こういうお付き合いをされているのを伺うと
とても嬉しくてたまりません。


7943.jpg

まぁ、酒の肴は、僕たちの悪口なんでしょうけどね〜。。。。


7945.jpg

でも、そういう「風の噂」を聞くと、
もう、なんてうか、
いてもたってもいられず、
駆けつけてしまうのも、僕たちの悪い癖。

7944.jpg

若井さん
「もーー。
 ニシクボさんたち、なんで来んの??
 呼んでないのにー。。。。」

小熊さん
「こわっ!
 こんなゲリラのように来るんですね、、、、。
 良かった。ニコさんの事務所から遠くに家を作って、、、。」


7941.jpg

と、好き放題に言われつつ、

「まぁ、、、それは、若井さんが風の噂を流すからです、、、。」

と反論しつつ、、、、。

7947.jpg

その日は、僕も「運良く」珍しく一日中忙しい日だったので、
ちょっとだけお邪魔しただけでしたが、
もうお引き渡しもすっかり終わった若井さんちで、
小熊さんご家族が飲んだくれてる、
っていうのが、とても新鮮で、うれしいなぁ、、、こういうの、、、、

って思いました。



7948.jpg

ほーんと、ご家族同士の不思議なご縁っていうのが、
ニコにはたくさんあります。

家づくりが終わった後も、
いろんな縁が、繋がっていくコト。
ニコの家づくりを通して、
いろんな縁が、繋がっていくコト。


そのうち、
一緒に会社作っちゃいました、とか、
お店始めちゃいました、
なんていうコトも、あったら楽しいなぁ、、、。


近い将来、
たまたまお子さん同士が職場で出会って、
実は、結婚するコトに、、、、、
なんていうコトも、
案外、なくもないかも知れません、、、。

7949.jpg


もう。。。。。


あとはご自由に。

よきにはかららってくださいね。


知らぬ まにまに。
posted by 西久保毅人 at 20:50| 2017.9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

言葉のない手紙

柄ではないといえば、
柄ではないのですが、
とあるPCソフトの広告に登場させていただきました!

それは、Vectorworksっていう
僕たちが、PCで図面を書く時に愛用しているCADソフトです。

7938.jpg


こんな歴史ある専門誌であるというコトと、
実は、もう20年以上使っているソフトであるコト。

そのダブルの意味で、
ちょっと身にあまる光栄な機会でした。

7937.jpg

さて、Vectorworks。

実はこのソフトに出会ったのは、もう20年以上前。
大学生の頃です。

広告の文章にも書いたんですけど、
僕の世代、つまり1972〜1973年頃に生まれた僕たちというのは、
ちょうど大学2〜3年生頃に「パソコン」というのに遭遇します。

もちろん、同世代のホリエモンさんとか一部の超敏感な人たちは、
この数年前に「パソコン」の未来に気がついていたらしいのですが、
鈍感な普通の大学生にとっては、まだ「ワープロ」と「パソコン」の差すらも
いまいち分かっていなかったような時代。

だからこの時期というのは、建築業界にとっても、
CADで図面を書く、というコトと
鉛筆で図面を書く、というコトの、
まさにハザマの時代というコトができます。

そして、このハザマのおかげで、僕たちは、その時代の両方を体験するコトができました。
だから、大学では、徐々にCADを使い始めているのに、
設計事務所ではまだ手書きで図面を書くのが主流というような、そんな時代。

しかも、僕が就職した象設計集団は、とてもアナログな会社だったので、
シャーペンですらなく、スタッフの人の机には、
7H、6H、5H、、、、、、、、HB、B、2B
という具合に、それまで使ったコトもないような種類の鉛筆が並んでいて、
しかも、
見たコトもないくらいに、芯が削り出されていました。

7940.jpg

こんな感じ。
そしてこれを、「削芯機」という、また見たコトもないような
アナログな機械で研いで、カリカリと図面を描く。

ハザマの僕は、急速に歩み寄るCADの足音を聞きながらも、
そんな社会人デビューをしていました。(笑)

そんな時代を過ごしながらも、かたわらで少しづつ使い続けていた
ソフトがVectorworksでした。(当時は、miniCADという名前でしたが。)


実は、図面を描くCADソフトというのは、他に数種類あります。
でも、そんなアナログから抜けきらない僕にとっては、
たとえ、コンピューターで図面を書くコトになったとしても、
スケッチをするようなカンカクで描けるというコトがどうしても
重要です。

僕の仕事は、
「製図」ではなく、「設計」なのですから、、、、。

そして、「設計」したものを今度は「伝える」コト。
伝える相手は、時には、建主さん、時には職人さんと、
相手に合わせて伝えるべき情報も、表現も変える必要もあります。
そこまでが僕らの一貫した仕事です。


そんな伝えたいカンカクを、感覚的に表現できる道具。
それが僕にとってはこの、
Vectorworks
というソフトでした。


そうそう、若いある時、

「図面って、言葉のない手紙なんだなぁ、、、、。」

って、思ったコトがあります。


なんでわざわざ
7H、6H、5H、、、、、、、、HB、B、2B
までの鉛筆で描き分ける必要があったのだろう?

それは、きっと、
「情報」っていうよりも、
「想いや熱量」を伝えかかったからに他ならないのだろうなー、
って今では思うのです。

なーるほどね〜っ!!!

設計にはあまり自信はないけれど、
熱量溢れ、重めで、くどめのラブレターなら得意だぞ、、、、、(結果はともかく、、、。)
と気づいたそんな頃。(笑)


あれから20年。
未だに、年々進化し続けて、どんどん機能も増えて、
正直、その進化に僕らはついていけてないのが正直なところ。

でもきっとVectorworksは、
僕たちにとって、言葉のない手紙を描くために、
程よいユルさとアナログさを持ち続けながら、進化してくソフトなのでしょうね!


7939.jpg

と、昔を思い浮かべていたら、
思わず長々となってしまった番外編。。。。



今月号の「住宅特集」と「新建築」の表紙をめくったすぐのページに
掲載される予定です!!!!
使用した写真は、「島岡さんの家」でした〜!
posted by 西久保毅人 at 19:53| 2017.8月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

すてきな家具屋さん

2週間ほど前になりますが、
5月にお引き渡しした、くすかめさんち
新しいテーブルとベンチが納品されるというコトで伺ってきました!

7926.jpg

じゃーん。


7930.jpg

この籐でできた座面が、
なんとも涼しげで夏っぽい!

さすがでしょ!!!!


さすがでしょ!!!!

7928.jpg

、、、、、、、、、と、

自分のコトのように言いたくなりますが、
実は、この籐のベンチとテーブルについては、
僕たちは、ノータッチ。

hyakka(ひゃっか)さんという、くすかめさんのお知り合いの家具屋さんによる、
デザイン監修くすかめさんによる、
特注家具です。

なので、今回僕らは、納品されるのを楽しみにしていただけという、、、、、
お気軽な立場。

7929.jpg

ホームページを見ても、
なんかひとつひとつ、愛情にあふれた家具ですねー。

さすがくすかめさん

そもそもニコに頼んでいただいたコト自体、
センスいいなぁ、、、、って思ってたんですが、
家具職人選びもさすがです!   ねっ。。。


、、、、、とお互いに自画自賛。
最後には、hyakka(ひゃっか)さん、くすかめさん、僕らと
皆でカメラ片手に完成写真を撮り合うという、
変な風景でした!(笑)

特に、hyakka(ひゃっか)の岡林さんは、
納品したばかりの家具を、いつまでもいつまでも、我が子のように撮影されていました。

あぁ、、分かる分かる、その気持ち、、、、、
と他人事とは思えない後ろ姿。

7927.jpg

しかし面白いなぁ、、、、って思ったのは、
普通、家具って、ソファーにしろ、テーブルにしろ、
部屋に置かれると、狭くなった感じがするモノです。

そりゃあ、大きなものだから、当たり前のコトなんですけど、
今回、くすかめさんちに新しいテーブルとベンチが置かれたのを見て、
みんな口を揃えて、

「、、、、なんか、、、、広くなったよね??」

っていうのが、感想でした。

こういうカンカクって不思議だなぁって思います。

7931.jpg


、、、、、この仕事をしていると、
時々、この不思議なカンカクに出くわす時があります。

この謎をうまく説明できるようになったら、
僕も、もう少し腕が上がると思うのですが、
残念ながら、まだこの謎は解明できていません。

7935.jpg
例えば、、、。


ここにコップがあります。
コップには水がいっぱいに入っています。


7924.jpg

このコップに大きな石をひとつ入れると、水が溢れました。

7936.jpg

さて、コップに残った水の量は、
石を入れる前と比べて、どうなったでしょうか?

7932.jpg



7933.jpg

入居後の暮らしの中にお邪魔していると、
こういう「問い」そのものが、間違っているコトに気づかされます。

7934.jpg


いやぁ、、、しかし、

なんともなんとも、、、、、


いい家だ!!!!
posted by 西久保毅人 at 18:48| 2017.8月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする