2018年05月12日

工事中から、「家は食堂」

昨日は、麻生さんちの上棟式!


8584.jpg


たくさんの職人さんに来ていただき、明るい時間から日暮れまで、
家の骨組みを眺めながら、素敵な時間を過ごすコトができました。


「家は食堂」

これは、いつからか、僕たちの家づくりのキャッチフレーズになっている言葉です。

そういう意味では、
家づくりは、食べる場作りでもあります。。。。。。。飲み屋作りでもあります。(笑)


だからこそ、
完成する前の上棟式は、やっぱり欠かせません。


まだまだ何にもできていない木の空間の中で、
まだまだ外だか、中だか分からないような木の空間の中で、

ひとまず、家づくりに関わる皆で、
飲んで食べて。


建主も、設計者も、カントクさんも、大工さんも、大人も子供も。

テーブルを囲めば、
関係がないところがいいですよね。


8586.jpg


そうそう、実は


工事中から、「家は食堂」


なのです!
posted by 西久保毅人 at 14:55| 2018.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

ネコじゃらし

かれこれ7年前に完成した井上さんちに行ってきました!


8573.jpg

完成した頃が、こんな感じだったんですが、
この頃から、一切、新しく木を植えた訳ではないのです。

でも、小さな苗木がどんどん大きくなって、
とっても素敵なアプローチになっていました。

いやぁ、、、素晴らしいなぁ、、、。


8574.jpg

もはや、木のカーポートみたいです。
日頃から、最終的には、家よりも木が大きくなればいいなぁ、、、と思っているので、嬉しい限り。
あと10年たったら、どうなるんだろう、、、。


8575.jpg


中庭の紅葉も、小さかったんですけどね、、、
もはや大木。


8576.jpg

すごーく自然に、あるがままに住んで頂いていて、
嬉しい限りです。


8577.jpg


あるがまま、といえば、
そういえば、井上さんちには、ネコが2匹います。

8578.jpg


最近では、初めからネコがいる家も増えてきたんですが、
井上さんちの場合は、井上家に途中参加の2匹のネコ。

4年前のある雨の日、
トウキョウのど真ん中で、
捨てられていた2匹の子猫を、拾って帰ってきた井上さん。

「毛並みがいいから、きっと、飲み屋の高級ホステスさんに捨てられたに違いない。」

という2匹のネコは、
いまでは誰よりも、井上さんちを住みこなしている様子です。


8580.jpg


すいすいぱっぱと、柱を登っていくネコ達。

よく見ると、柱にヒモがぐるぐる巻きにしてあって、
そうすると、すいすいネコは、登るそうです。

なるほどねぇ〜。。

そういえば、12年前に設計させて頂いた泉水さんちでは、ネコのために、
柱に登る様な板をつけたんですが、

「いやぁー、登りませんよ。。。。。」

とのコトでした。

その時は、ネコの方が賢いから、

「人間の思い通りにいくものか」っていうコトなんだろうなぁ、、、って思ってたんですが。。。。。。



8579.jpg


なるほどなるほど。

勉強になりますねぇ、、、。



さてさて、それにしても、
いつうかがっても、
人間も、植物も、ネコも、入り混じって楽しく住んで頂いている井上さんのおうち。


素敵だなぁ、、、っていっつも思います!
posted by 西久保毅人 at 22:23| 2018.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

「なるほどーっ!」、というきっかけ。

いろんな設計をさせて頂いていると、

「これは、初めて作るなぁ、、、。」

っていうモノが毎回たくさんあります。


8570.jpg

だから、きっと表面的に見ていただく方々には、

「どんだけ発想力が豊かなんだろう、、、?」

って、僕たちのコトをかなり誤解されているらしいんですが、
本当は、そうではありません。

むしろ、

「考えるきっかけ」

というのをたくさん頂いているから、
新しいコトを考えるコトができている訳で、、、、。


それは、なんであれ、

「なるほどーっ!」

って感動をもって思えるかどうかなんじゃないかなぁ、、、って思ったりします。


8565.jpg


たとえば、先日完成した池田さんちのバスルーム。
これが、一番最初にご提案した時の、水回りのプランです。

そもそも、30坪くらいでそんなに大きなおうちではないので、
水回りに回せるスペースは限られています。


8564.jpg

だから、最初は普通に、洗面所を確保して、洗濯機をおいて、、、ってしてると
やっぱり一坪弱のこの程度のお風呂場しかできませんでした。

でも、まぁ、仕方ないよなぁ、、、、っていう感じのプランですねー。

まぁ、しょせん僕の脳みそなんて、始まりはいつもこの程度。。。。。



8566.jpg


でも、このプランをもとに、
よくよくお話を聞いてみると、、、、、

8571.jpg

ご家族共に、

「平日は、シャワーしか使わないのよね〜。」とのコト。


「でも、シャワーしか使わないのに、バスタブに泡とか付くのが、イチイチ気になるのよね〜。
 ほら、
 使わなくても、バスタブに湯垢とか付くじゃない?」とお母さん。




たしかにねぇ〜。
気にしたコトも、考えたコトもないけど、なるほどねぇ、、、ってなり、、、、


「でも、平日シャワーしか使わないからって、
 バスタブいらないくらいです、、、、っていう(大山さんちみたいな、、、)訳でもなくて、
 時々、入る時には、そりゃ優雅に入りたいんですよねー。」

っていうコトも分かりました。



8572.jpg


そんなコトを聞いていると、いちいち、

「なるほどーっ!」

って思う訳で、、、、。


「だったら、シャワーとお風呂、完全に分けちゃったら、どうですか?? こんな感じで、、、。」

という打ち合わせの中で、
出来上がったのが、このバスルームの出来上がるきっかけだったのです。


なので、普段、シャワーだけ使っている時は、
広めの洗面所に、バスタブがあるような雰囲気。

でも、週に一回くらいお風呂につかりたい時は、
その時だけは、洗面所が、バスルームになるっていうような日常のイメージです。
その程度だったら、思い切ってお風呂場に木も使いやすいですしね!



8567.jpg


あたらめて読み返しても、
何てコトのない、特に個性的でもないような、単なる日々の欲求の雑談みたいな
内容ですけど、
それに、素直に「なーるほどねぇ〜!」って思ったおかげで、
考えさせていただいたプランだったのです。


かなり、理にかなっているので、これまで考えてもおかしくないコトだったんですが、
初めてだったんだよなぁ、、、、、って思うと不思議ですよねぇ、、、。


最終的には、洗濯機も2階においた方が、干しに行きやすい、ってコトになって、
洗濯機がこのスペースからなくなったのも、実はポイントではあったんですけどね。


8569.jpg


ほんの一例ではありますが、
こんなやり取りの中での

「なるほどーっ!」

が、
いろんな初めてを作る、僕にとっての唯一のきっかけです。


でも、初めてだけど、いろんな人の生活にとって、

「たしかにーっ!」

って思える新しいふつうの発見に繋がっていくと嬉しいなー、といつも思います。


でもご家族ごとに、その「なるほどーっ!」はいろいろ。





きっとこういうのを、

「他人のふんどしで、相撲を取る。」


というのでしょうねー(笑)。


そういう意味では、強敵ぞろいで嬉しい限り、、、、、、なのです。
posted by 西久保毅人 at 20:59| 2018.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

木陰のすみか  (池田さんの家)

先週末は、埼玉県越谷市にて、
「池田さんの家」のオープンハウスを開催させていただきました!


8511.jpg

雨の予報ではありましたが、さすがの晴れ男!
日中は程よいいいお天気で、
完成したおうちで、のんびりと過ごすコトができました!


8512.jpg


まぁ、池田さんちは、インナーテラスっていう2階の場所があるので、
雨なら雨で、楽しみでもありましたけどねー。



8559.jpg


それにしても、遠方でしたが、たくさんのご来場。
特に、ここに住むお母さんのお友達もたくさん見に来ていただいて、
とても嬉しかったです!

そういう意味では、
2世帯住宅ともいえる、大人3人のおうちなのです。

そういえば池田さんも、

「大人3人のシェアハウスですよっ」

っておっしゃっていました。


8516.jpg

さて、
この屋根伏せ図が一番わかりやすいんですが、
このおうちは、シキチ面積は、ちょーど30坪くらい。

両面に道があるコトを除けば、普通のヨコナガな、真四角なシキチです。

その真四角なシキチの4角を、それぞれの中の空間の用途に合わせつつ、
三角に切り欠いた平面形状をしているのが、最大の特徴であり、
そこから設計を始めました。

周りの家々は、区画に直行して建っていて、窓も全部こっちを向いているので、
その方が、窓が向き合わず、少しでも、気持ちや視線が斜めに斜めに、
抜けていくといいな、と考えたからです。

8514.jpg

でも、それぞれ向きや中の用途によって、切り欠いた三角の大きさが違うので、
正面から見ると、なんだかいびつな物体が浮いているようにも見えますね!


8515.jpg

そして、面によって、いろんな表情が生まれています。

ちょうど、この面の穴の奥は、「インナーテラス」っていう、
屋根付きのテラスになります。



8517.jpg

池田さんのおうちでは、
その窓枠を特徴づけるような感じに、はっぱの手作りレリーフを
くっつけました。

、、、、よく見ると、時々、葉っぱじゃないものも、、、。

8518.jpg



さて、中に入りましょう。

ここだけクチバシのように飛び出しているテラスの下が、玄関。
木を少し避けるように玄関に入るんですが、

8519.jpg

そのおかげで、
中から出かける時には、
ちょうど、玄関扉の真正面に木が生えていますので、
綺麗なのと、
道路の人目も、気にならないようにしています。


8520.jpg

こんな、ほんのちょっとのコトでも、
玄関がとても気持ちのいい場所になりますし、
パンツ一丁でうろちょろしても、
まぁ、大丈夫でしょう。

8521.jpg


一階は、
裏も道路なので、明るさや抜けを取り込むように、
路地のようなしつらえにしていて、
その両側に、お父さんの部屋、池田さんの部屋、そしてお風呂場があります。


8522.jpg

池田さんのお部屋は、
黄色っていうか、黄土色っていうか、、、
っていう感じの色、と


8523.jpg

オレンジ、っていうか、朱色っていうか、、、
っていう感じの色の、2色を塗り分けています。

見返す廊下が、焼杉の濃い色なので、コントラストがとてもきれい。

8560.jpg


お父さんのお部屋は、
住みながら、棚をつけたり、フックをつけたり、、、と
住みながら工夫のしやすいように、穴あきのベニヤの仕上げにしています。

8524.jpg


そして、土間の反対側は、、、、、。

8525.jpg


じゃーん。

8526.jpg

お引越し早々、池田さんより

「木の香りがぷんぷんで、超リッチなホテルのお風呂に入っているみたいですー!!!」

と、いいね!、をいただいたバスルームです(笑)。


8527.jpg

このバスルームにたどり着いた経緯については、
また今後、改めて書こうかな〜。。。。


8528.jpg


そして、この焼杉の土間の隠し扉の中にある、お手洗い。

この壁紙も、ダークな壁の中にあるから、
このちょっと昭和な感じが、とても僕は好きでした!

8529.jpg


さて、では2階へ!


8530.jpg

2階への階段は、折り返しになっています。
ちょうど踊り場のところに、ちょっとしたベンチがあって、
このまま登ると、実は、屋上までたどり着きます。

床の仕上げは、2階になっても1階の土間の雰囲気を続けています。

8531.jpg

階段を2階まで登ると、ちょうど真正面が、こういう風景。

8532.jpg


じゃーん、池田食堂!


とでも言うようなオープンなキッチンが、お出迎え。





その奥には、テラスが見えます。


8533.jpg


「部屋は小さくても、空をみながらビールをおいしく飲めるテラスがあって、
 晴れでも、雨でも、雪でも、それが美しく感じられたり、
 なんでもない日常を、何もしなくても気持ちよく過ごせる、というのが家族の理想なのです。」


という、池田さんの言葉から、この設計は始まりました。


とはいえ、、、っていうコトもよくあって、
お打ち合わせをしているうちに、
でも、居間は、もうちょっと広く、、、、という
展開も多いので、

「えぇと、、、、まぁ、

テラスが広すぎる気もするので、

もうちょっと中を広げるコトも、できなくも、なくも、なくも、、、ないですよ??」


8534.jpg


なんていうコトも、
念のため、
一応、何度か聞いてみたコトもあったんですが、


「いやいや、

 中よりも、、、、できるだけ、テラスを広く!!!!広ーーーーく!!!!」


と、

池田ファミリー、一致団結。

ほーんとに、外でご飯食べたり、ビール飲んだり、、、、、。
天気や、季節の移り変わりを感じながらの、暮らしが、
池田さんちの家づくりの中心にありました。



8536.jpg


そんな訳で、

ライフ イズ 「ギョウザ」

ライフ イズ 「ビール」

な、気持ちのいい食堂のような家づくり。


お父さんの焼いてくれるギョウザは、ほーんと美味しかったなぁ、、、。


8535.jpg


そんな訳で、、、、。


「酒とギョウザに目が眩んで、
 おしまいでしょ、どうせ、、、、ニシクボさんは。。。。」

って、誤解しているあなた!!!




ふふふ。

昨今のニシクボさんは、

「ウラドウセン(裏動線)」

っていう言葉を覚えているんですよ。。。。。


8562.jpg


こういうオープンなキッチン中心のおうちの設計の場合、

その

「ウラドウセン(裏動線)」

がポイント。

もう一度、2階平面図を穴があくほど見直しながら、写真を見直していただきたいのですが、
キッチンからつながるバックヤードが、しっかりと確保してあって、
そこにパントリーや、洗濯機などを置くユーティリティーがあるのです。



8561.jpg


なので、オープンなキッチン周りに出したくないものは、
こちらのゾーンに収納しておくコトができ、しかも、
回遊動線になっているので、どちらからでも出入りできるのです。




8537.jpg

そういうスペースを小さくても確保しておくコトで、
生活が始まってからでも、すっきりした暮らしが実現します。


、、、、、たぶんですけど。。。


8538.jpg

さて、
キクチ先生の厳しいチェックの目の先には、インナーテラス。

8539.jpg



「ここは、、、、。

 屋根はかかっているけど、窓はない、っていう
 
 いわば、半外部的な性質の場所として作った訳ですね??」とキクチ先生。






8548.jpg


そう、雨の日も、風の日も、雪の日も、
おいしいビールが飲めますように、、、。


8540.jpg

そして、この居間の奥にある、半開きのコーナーみたいな場所。

8542.jpg


ここは、実は、「お母さんの部屋」。


前のおうちの時から、お母さんは、
ほとんどリビングの一角で寝起きされていて、
やっぱり新居でも、

「リビングの一角で、テレビ見ながら寝れるのが最高だわっ!」

っていうコトでしたので、、、、、。

8544.jpg


でも、この見返した景色を見ると、
なんだか、
この家の特等席ですよね〜!

よかったですねー、お母さん。


8545.jpg


、、、、、あれ、なんかマリオンが作ったレモンが混じってる、、。

8546.jpg



8547.jpg







8549.jpg



8550.jpg



8551.jpg



8552.jpg


そして、最後に階段をさらに登ると、
屋上に出るコトができます。


「せっかく建て替えるなら、屋上で空とか星とか、見たいわ〜!」

っていう、お母さんのご希望を叶えるために作ったのですが、

家の熱環境的には、
この塔屋部分があるコトで、
熱は上に上に行く、っていう自然現象を利用した

「煙突効果」

っていう、家中の暑い空気を引っ張る空気の流れが出来ますので、
夏の暑い日にこの窓を開けておくと、
家の中に風の流れが産まれるコトになります。。。。。

8558.jpg


、、、、、たぶんですけど。。。。

8553.jpg


さて、
そんな池田さんちの家づくり。

やっぱり、家づくりは、頼んでいただいてから、完成するまで
ながーーーい時間がかかる分、
思い出も、思い入れも、エピソードもたくさんあり、
たくさん書いたつもりでも、
半分も説明できている気がしません。。。。。。


8554.jpg

でも、一言でいうと、、、、


やっぱ、

「頼んでもらえて、嬉しかったなー!!!!」



その一言につきます。




100件できようと、いつの日か200件できようと。


「 嬉しかったなー!!!!」


がいつまでも、きっと僕の変わらないガソリンなのでしょう。


だから、はやく生活のはじまった

「池田さんの家」

にお邪魔したいなー。


それが一番の楽しみ!!!

8555.jpg



さて、当日は、
いつも打ち上げ!

さっそくキッチンを使って。

、、、、、このインナーテラス、
こういう風にビールを外で冷やしておくのにも、さっそく便利でした!

8556.jpg


お酒も美味しく、

お父さんの焼いてくれたギョウザも美味しく、

なかなか上手くひっくり返せず、最終的に、たこ焼き味のお好み焼きになった、たこ焼きモドキも美味しく、



お酒が進むほどに、毒舌モード全開になっていくマリオンだけが厳しく、、、、(笑)。




完成したおうちでゆっくり過ごせて、
とっても素敵な1日でした!

8557.jpg


さて、まとめると、、、、。




「ほーんと、
 素敵なご家族に出会えて、嬉しかったなぁ、、、、。」


やっぱ、それだけなのです。。。。



僕は。







池田さん、どうもありがとうございましたー!!!!!
またギョウザをよろしくお願いします!
posted by 西久保毅人 at 00:55| 2018.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

小熊さんのおうち、表紙になりましたー。

先日発売された&homeに2年前に完成した「小熊さんの家」を掲載してだきました!

現在、本屋さんに並んでいるんですが、

8508.jpg


なんと、表紙での掲載!!!

しかも、母子で表紙になるなんて、
やっぱ、持ってる女ですね〜、小熊さん。

8495.jpg

小熊さんちは、オープンハウスしなかったお家だったので、
そういう意味では、
2年越しの「オープンハウス」みたいなものですね〜!


8497.jpg

8505.jpg


小熊さんちは、埼玉県で設計させていただいたお家なんですが、
農家がご実家のおうちなので、敷地って言っても、通常の区割りされたシキチっていう訳ではなくて、
畑あり、小屋あり、古い瓦屋根のご実家あり、鳥居あり、、、、、という広大な場所の中に、
子世帯のおうちを作る、という計画でした!

僕も田舎者なので、とても懐かしいような風景。

いいなぁ、、、。

8503.jpg


だから、最初は、

「これだけのんびりしてたら、平屋がいいですよね、平屋っ!」

って話したのですが、これも面白いところで、

「、、、なんていうか、実家が平屋で、平屋にしか住んだことがないので、
 2階建てに憧れるんですよねー。」

とのコト。


なるほど、、、。

8502.jpg


と、
そんな訳で、
僕も、あんまり言うコトを聞くタイプでもないので、

「平屋みたいな、二階建て」

をあれこれと提案させて頂いたのを思い出します。


8496.jpg

その他にも、小熊さんには、古いお家ならではの、いろんなコトを教えていただきました。

こんな盛大な餅投げも、小熊さんちならでは!

8510.jpg

僕は、このちょっと薄暗くて、天井の高い玄関が好きかなぁー、田舎の家みたいで。
すぐ隣に和室があったり。。。。



8498.jpg

とにかく大事に、素敵に、住んでいただいていて、
嬉しい限りです!


8501.jpg

しばらくの間は、
小熊さんにお会いする度に、


「、、、あれ? どこかで見かけたコトあるような、、、、?



 、、、あっ、もしかして、、、まさか、あの、雑誌の表紙に載っていた方ですか??」


8509.jpg


というご挨拶をするつもりです(笑)。
posted by 西久保毅人 at 21:19| 2018.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

おおきな屋根の下で

週末は、越谷市で設計をさせていただいた「池田さんの家」の
オープンハウスです。

8482.jpg


郊外の普通の住宅地の中にあるシキチは、とっても普通な30坪の真四角な形をしていました。
でも、ただシキチの両面に道路がある、たったそれだけのコトで、なんだかとても風通しのいい
街でした。

8488.jpg


そんな街の魅力を最大限引き出すように、シキチの四隅を三角に切り落としたいびつな平面。
そこに大きな屋根をかけました。


8494.jpg


「部屋は小さくても、空をみながらビールをおいしく飲めるテラスがあって、
 晴れでも、雨でも、雪でも、それが美しく感じられたり、
 なんでもない日常を、何もしなくても気持ちよく過ごせる、というのが家族の理想なのです。」

8490.jpg

そんな仲のいい池田さんご家族のために考えた、大樹の下の居場所のような住まい。

8493.jpg


いやいやむしろ、、、、、、大樹に住みついた生き物たちのためのツリーハウス。


8489.jpg


いよいよ完成してしまうのが、
寂しくもありますが、週末はオープンハウス。



おおきな屋根の下、
たくさんの方とのんびり過ごせるのが、楽しみです。


posted by 西久保毅人 at 21:47| 2018.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

オープンハウスのお知らせ!

ついこの間、卒業式シーズンだったと思ってたら、
もう入学シーズン。

ついこの間、
新さんちのオープンハウスだったような、、、、、気がするんですけど、
もう4月ですしね。

8483.jpg


そんな訳で、新年度。

来週の4/14(土)に、
埼玉県越谷市にて設計をさせていただきました

「池田さんの家」

のオープンハウスをさせて頂くことになりました!

8485.jpg


8487.jpg

ご案内は、また改めて送らせていただきますが、、、、、、

8486.jpg

ひとまず、告知まで。
内覧を御希望の方は、
ぜひぜひ、こちらまでお問い合わせくださいませ〜。
posted by 西久保毅人 at 18:46| 2018.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

We Are The World 〜!!!

今年は暖かくて、桜の咲くのもずいぶん早かったですね!

8459.jpg

「3月末で、熊本に戻る予定のウシジマさんの送別会、どーする??」

っていう会議の結果、、、、、

なんと、お花見シーズン真っ盛りの、ザ・お花見スポット 井の頭公園に決定!

「混んでる時に、混んでる場所には行かない派」の
僕たちではありますが、
この日ばかりは、送別会!

一人でも多くの方に来ていただきたいなー、、、、という想いで、
一番交通の便のいい場所に決断しました。

8462.jpg


さて、、、、、、。

決めたはいいけど、果たして場所が取れるか??
インターネット調べによると、、、、
どうやら週末は、電車の始発の時間から場所取りが行われるらしい、、、(汗)

そんな訳で、
早朝から、5メートルx7メートルのブルーシートを手に、
ホソダくんたちが、場所取りをしてくれました。


「、、、しかしさ、、、そんな大きなブルーシート、大丈夫??埋まるかね??

 35uって言ったら、、、、、飯島さんちより大きいよ(笑)!」

8464.jpg

という杞憂もあっという間。



8460.jpg

第一号の本間さんご夫婦を皮切りに、
あれよあれよと膨らむ輪。。。。


「ブルーシート足りないんじゃない、、、、(汗)。」

8461.jpg

「ウシジマさんとマリオンが二日がかりで準備したお料理も、

足りないんじゃない、、、、、(汗)」



8463.jpg


そーんな、嬉しい悲鳴をあげたくなるくらいに、
本当に、たくさんのご家族が駆けつけてくれました!

8467.jpg

、、、、、おうちが出来た時には、
まだ小ちゃかった子供達も、
ちょっと会わない間に、みーんなそれぞれ大きくなってて、
そろそろハニカミなお年頃も、、、、。

8468.jpg

「いやぁ、、、ほんなこと、

 よその子とゴーヤは、大きくなるとの、早かばい。」


「その割に、大人はぜんぜん変わりませんね〜。(笑)」

8472.jpg


と、

ニコで設計をさせていただいた歴代レジェンドのご家族が、
次から次へと足を運んでくれました!


8470.jpg


しかも、嬉しかったのは、

「ほんのちょっとだけでも。。。。」

と、ご家族の用事の合間にでも、
わざわざウシジマさんに会いに来てくれたご家族もいらしたコトなんです。

ほーんと、良かったねぇ、、、この場所を選んで!!!

8469.jpg

、、、、、気がつくと、
もう大きなブルーシートにすら入りきれないくらいの
大宴会、大きな輪になっていましたが、
もう、そんなコトはぜーんぜん気になりませんでした。

8471.jpg


だってさ、、、、ここは、外だから!

8473.jpg


そう、、、、。

どんなにはみ出したって、
地面はずーーーーっとつながっていてさ、、、、、

「すーこーしくらい はーみ出したってぇ〜 いいさっ、おっおーっ」

って、ウシジマさんの好きなミスチル先生も歌ってるしねー。


世界はどこまでも続いているんだよ。


8476.jpg

、、、、僕たちはいっつも、

シキチの大きさなんて忘れちゃうくらいに、
街や、空や、この地球とつながっているっていうンカクを
家づくりを通して、手に入れてしまおうよ!

そんなコトを夢見ています。

8477.jpg

そんな僕たちが家づくりを通して
考えてきたコトを、
このウシジマさんの送別会という場を借りて体現しているような、、、、


そんな夢のような1日。

8475.jpg


8478.jpg

彼女がトウキョウに
置き土産として残していってくれたのは、

たくさんの料理と、、、、


そーんな、素敵な1日だったのです。
絵本にしたくなるくらいに。。。。

8479.jpg

8480.jpg

さて、、、、、、。

8465.jpg

当日、
ニコの名古屋市店長、オダギリくんも、名古屋から駆けつけてくれました。

しばらく会わないうちに、
どうやらタロット占い師に転職を考えている模様で(笑)、、、、、


さっそく第一号として、ニコ設計室の未来を占ってもらったんですけど、、、、。

8466.jpg

なんと、ニコの未来へのキーワードは、

「We Are The World!」

とのコト!!!!

地球を囲んで、カラフルな人たちが、手をつないで踊っているような絵でした。

英語はよく分かりませんけど、
まさに、このお花見みたいな世界でしょうかね?

「トウキョウの狭い事務所に閉じこもっていないで、
日本も、世界も、関係なく、飛び越えてつながっちゃえっ!」

ってコトでしょうかね??

このタロット師、オダギリくんとの不思議なつながりしかり、
ウシジマさんの熊本移転もしかり、
九州や四国などの遠方からのお問い合わせしかり。
フランスからは、マリオンの参加もしかり。。。。

まさに、いまニコで産まれようとしているつながりや、関係が
その一枚のカードに表現されているような、
そんな気がしてビックリしました!!!!


すごいねぇ、、、、、占い師オダギリ(笑)。

ホントに占い師になった方が、儲かるんじゃない??


8481.jpg



送別会は、、、、、、。


5時までの予定が、
もちろん延長戦。

日が暮れた頃には、指揮者ハセガワもリサイタルから駆けつけてくれました!
もう、、、、5時までって言ったのに〜、、、。

それでも会えるかどうかは度外視して駆けつけてくれるなんて、、、、。

素晴らしすぎますね〜。


そんな訳で、
もう、昼から飲み過ぎて、
皆、本当は何の職業だか、誰がだれだか、、、、、さっぱり分からなくなってきました。


「ぜひ、来年も、
 せっかくだから、毎年やりましょうよ〜!」

とみなさんにも言っていただきました。

「場所取り、僕やりますからっ! 」と酔った勢いで指揮者ハセガワ

「いやいや、来年は、うちが新井薬師で場所とるからさー。」と小田原さん。


送別会を毎年やるわけじゃないけど、
送別会をきっかけに、ニコの新しいイベントが誕生するなんて、
それもまた、ウシジマさんぽいコトですね!!!!

さすが、タダでは転ばない女です。

そんな訳で、、、、、、。

来年も場所取り、皆さん、よろしくお願いしまーす!!!!




まぁ、最後にひとつだけ言えるのは、
けんちくか、なんていうものは、、、、


なんの役にもたちはしない、っていうコトでしょうかねー。



では、17年目のニコ設計室。
We Are The World !!!へ。

おしまい。
posted by 西久保毅人 at 14:42| 2018.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

吉祥寺に、話題のパン屋さんが、あるらしい、、、、。

Lile aux pains(りーるおぱん)って知ってます??

僕も、割と近くに住んでて知らなかったんですけど、
偶然、ちょうどいま発売中の

「住まいの設計」を見てたらですね、、、、、


8455.jpg

「小さなお店のある暮らし」

っていう特集があってその中に、
美味しそうなパン屋さんが載ってたんですよね〜!

これこれ。

8456.jpg


読んでみると、
どうやらフランス育ちの奥様が住宅地でオープンしたお店のよう。

Lile aux pains(りーるおぱん)っていうのは、
フランス語で、
「パンの島」
っていう意味らしいです。

言われれみると、
確かに看板も、パンが島みたいになってますね〜。

8446.jpg

おまけに
設計も良さそうなので、
行ってみようかなぁ、、、って思ってインターネットで調べてたらですね、、、


8448.jpg


やっぱり美味しいパン屋さんっていうのは、
どんな場所にあっても、噂は広がるんですねー。

もう、すてに吉祥寺界隈では、
話題のお店のようなのです。

8457.jpg

この吉祥寺ファンサイトでも、
そうそうに取り上げられていていました!

いやぁ、、、読むだけで食べたくなっちゃいます、、、、。

8447.jpg


食パンが超絶美味しいって書いてあるけど、
僕は、こういう硬めのバケットも食べてみたいなぁ、、、、。


8458.jpg

他にも、
いろんな味のパンもあるみたいなんですよね〜。

どれも美味しそう!

8449.jpg


しかも、
こういう風に、店主が手作りしてる様子が垣間見れるのも、
ますます食欲がそそりますよねー。

ちょうど焼きたてのタイミングだったら、
ぜひ、その場で食べてみようと思います。


8450.jpg

、、、、、、そうそう、
超、余談なんですが、、、、、、、。


8452.jpg


噂によると店主は、家づくりの話もお好きなようです。

このパン屋さんのある素敵なおうちも、
最近建てられたようなんですが、
ずいぶん紆余曲折、盛りだくさんのエピソードがあったようで、、、。


8453.jpg

だから、時々、お客さんが少ない時にパンを買いに行くとですね、、、、

家づくりのエピソードやアドバイスも、
話してくれる時があるらしいのです。

「、、、、ニシクボさん、
人の話聞いてるようで、ぜんぜん聞いてないですからねっ、要注意!」

とか、

「基本、メールの返信とか、遅いから、
 その辺は、最初からあてにしない方がいいですよー。

 でも、ちゃんと考えてくれれるから大丈夫!

 天パの原始人と付き合ってるような気分でねっ。」

とか、、、、。

やっぱり、家づくりなんてみんな初めてだから、不安なもの。
こういう話は、経験者の話が一番安心できますからね〜。


そういう方にもオススメですよねっ!

8454.jpg


美味しいパンも食べられて、
家づくりの経験談も聞けるなんて!


僕もぜひ、行ってみたいところです!(笑)。
posted by 西久保毅人 at 22:29| 2018.3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

ニコの「つぼノート」

気がつくと桜満開!

8384.jpg


先週末は晴天の中、
新さんの家のオープンハウスをさせて頂きました!

たーくさんの方にご来場いただき、
とても楽しい一日でした。

8385.jpg

さて、新さんのおうちが建つ街は、入り組んだ路地が多い街。
そのおかげで、車通りはほとんどないので、とてものんびりした住宅街です。

あんまり道路が整備されていないのが幸いして、
どこまでが道で、どこからが敷地か、ぱっと見、曖昧な街です。


新さんのお家は、そんな露地の突き当たりにあります。

8386.jpg

敷地は、69u。
そんなに大きくはありません。


でも、一軒家の場合、
そんな数字を意識して暮らすわけでもなく、
街や道や風景とのつながりの中で、

「あぁ、まさに、この街がシキチなのだ!」

って思えたら、
いくらでも、気持ちのいいおうちは、作る事ができるんじゃないかなー、といつも思っていますし、
コジン的には、
なんだか、人間の大きさに近いこのくらいのサイズ感は、
僕は、とても好きなのです。


、、、、、、あー、だから、超豪邸!って感じの仕事がニコには来ない訳だ、、、、、(笑)

8387.jpg


8388.jpg

さて、
どのおうちでも、僕が一番大切にしているのは、

「つぼノート」

です。

8444.jpg

そのご家族ごとのイメージの詰まったこの「つぼノート」には、
そのご家族ならではの「好き」や「たのしい」や「気持ちいい」が
たくさん詰まっていて、

そのご家族ごとの「好き」や「楽しい」や「気持ちいい」と、
街をどう繋げていくか?
っていうのが、本当に安心して暮らせるおうちになるカナメだと思っているからです。


8389.jpg

、、、、、あっ、
山崎さんがお子さんと来てくれたようなので、ちょっと中断。

8390.jpg

新さんのおうちの前には、
こんな風に使えるような、穴の空いた小さな壁を、
家と街のあいだに作りました。

8391.jpg

人通りのない路地も、こんな風に楽しめたら、子ども達もたのしいだろうなー、
っていうのと、
結構密集した住宅地ですので、安心して窓が開けて暮らせるためには、
何かしらのスクリーンを作ったほうがいいな、と思ったから。

8392.jpg

とはいえ、
ゆるやかに、街とは繋がった感じで、、、、、。

8393.jpg

ほんの、ちょっとしたしつらえなのですが、
この塀と穴のおかげで、
シキチ全体を楽しめるような空間になっています。


8394.jpg


8395.jpg

そのままお庭からおうちに入ると、こんな感じ。

ちょっと くいっ、とへの字に曲がったテーブルと、
大黒柱がお出迎え。

庭の続きのような吹き抜けの空間に、
モルタル仕上げの部屋が浮いているのが分かります。

8396.jpg

玄関から入ると、、、、

8397.jpg

こんな感じです。

8398.jpg


8399.jpg

玄関の脇には、
綺麗な色のトイレと収納があります。

玄関の向こうにトイレがあるのって、
個人的には僕、好きなんですよねー。
昔のお家みたいで、ちょっと気分転換にもなるし、
何より、お客さんも気兼ねなく使えますしね〜。

出がけに、「あっ、おしっこーっ」
って時にも、、、、、。

8400.jpg

そうそう、新さんのおうちの特徴は、
超密集地でありながら、
1階リビングである事です。


8401.jpg

せっかく道路を取り込んだようなおうちなんだから、
子供達が、

「ただいま〜」

と直接帰ってこれるようなおうちだといいですよね〜。

8402.jpg



8403.jpg

キッチンの奥には、
華やかな柄の壁紙のパントリー。

8404.jpg

その隣の小さなお部屋は、
ハタノワタルさんの和紙ばり仕上げ。


、、、、という具合に、
小さなお家なのに、その中に、
小さなお部屋がちょこちょこあるのも、
新さんちのポイント。

8405.jpg

結構、暗めの色の内装なんですが、
こんな密集地でも、自然光がたくさん入ってくる1階リビングって
できるのです。

昔の日本家屋がそうだったように、
実は、家の中って、
少し暗めのほうが、逆に窓や外の光が印象的に感じられて、
気持ちが外に飛んでいく、、、、っていうか、
外部と一体な感じがするんですよね〜。。。。

8406.jpg


そして、丸太は、
必要以上に太いコトが大切(笑)。

8407.jpg

このピンクの和紙ばりも、ハタノさん。
その裏に、テレビ台とエアコンがあるんですが、
弧を描く素敵な壁にするコトで、
小さな家の中で、テレビやエアコンが目立たないようにしています。


さて、2階へ、、、、。

8408.jpg

2階へ上がると、
ちょうど吹き抜けに面したこんな場所にでます。

8409.jpg

2階は、中央に吹き抜けに面したちょうど寝室があって、、、、


8410.jpg

そのうらのクローゼットと寝室も、廊下をかいしてクルクル回れるし、


8411.jpg



8412.jpg

小さな平面なのに、
テラスをかいしても、クルクル回れる。


名付けて、

「2重クルクルプラン」

なのです。

8413.jpg

これは、寝室に開いた穴から、
1階や、テラスを見ているところ。

8414.jpg

どのシーンもそうですが、
空間の奥に空間があって、その奥にまた空間があって、街があって、、、、
っていう具合に、
多重に空間が重なり合っていくようになっています。

8415.jpg

数字だと、「数メートル」や「数歩」の距離でも、
こういう具合に、重なり合うコトで、
体感としての奥行きがうまれるんでしょうね。

8416.jpg

空間ごとに、割と強い素材で切り替わっているのも、
大切なコトで、奥行き感を倍増します。

特に「外壁みたいな」ワイルドな素材は、
不思議と、家の中に、「外感」を
連れて来てくれるのです。


8417.jpg

これは、2階の奥のファミリークローゼット。

8418.jpg

ブルーは、ポーターズペイントのフレンチウォッシュなので、
ムラがとても綺麗です。

8419.jpg

黄色いお部屋は、将来の子供部屋です。

廊下部分は、
なんていうか、渡り廊下感や、橋感を出して、
外の道みたいに感じてもらえるといいなと思って、
デッキ材を、デッキを張るように貼ってもらっています。

こういうのも、結構大切。


8420.jpg

そして、3階にあがると、、、、、

8421.jpg


8422.jpg


3階は、お風呂とテラスなんですが、
斜線制限で、ギリギリできた小さなスペースを、
畳の間にしています。

通称、「不思議な間。」


8426.jpg

奥のほうは、立てない位に低いんですが、
和室だから落ち着きます。

「洗面所から入る和室??」

って変な感じですが、
3階で洗濯物干して、取り込んで、、、、、、
って思うと、
きっとここに一旦、洗濯物を取り込むのに
重宝しそうです。

しかも、
この奥の開口から、洗濯物を落すると、
実は、
下がクローゼットになっていたりするんですよー、実は!

8427.jpg

僕が泊まる時には、
ここに寝たいものです、、、、、。(笑)

8423.jpg


3階のお風呂は、
登るの、少し大変かも知れませんが、
その分、テラスもあったり、空が見えたり、、、、、と
3階ならではのリッチな空間。


8424.jpg


8425.jpg

僕は、個人的には、
和室もあるし、
この3階で一人暮らしできそうです。



8428.jpg

密集地ですが、
街の空地と連続しているので、それも気持ちいい。

8429.jpg


、、、っていう具合に、
3階までご案内しましたので、
下に降りてみましょう。

8430.jpg


もっともっと説明したいコトは、
溢れるくらいにあるんですけどね、、、、、

でも、
正直言うと、
結局は、新さんのおうちで実現したかったのは、
子ども達のこんな風景。

8431.jpg

まだまだトウキョウだって、捨てたもんじゃなくって、
内でも外でも関係なく、
道端で座り込んで遊ぶ子ども達が、いつまでもいて欲しい。

敷地境界や面積や地価なんて、街の子ども達には関係ないですから、、、、。



8432.jpg


そんな風景を、
一生懸命、家を設計しているフリをして
作っていきたいな〜、といつも思っているんですけど、、、、。







8433.jpg


僕のフリ、バレてないかなぁ、、、、、。

8434.jpg


バレバレだろうなぁ、、、、、。

8435.jpg


でもね、、、、

一つだけ、僕が心から確信しているのは、

たとえば、虫がたくさん食べに来る野菜が一番美味しいように、

子供達や野良猫が寄ってくるような家や街が、
いちばん居心地がいいに違いない、

っていうコト。

だって彼らは、本能で、身体で、感じる生き物だから、、、。

8436.jpg


8437.jpg


8438.jpg


さて、
夜も更けてきました!

8439.jpg

新さんの「つぼノート」

新さんらしい暮らしのイメージや、たくさんの「好き」が
詰まっていて、
中には、

「ソレ、確かにいいですけど、、、、、

 好き、って言うだけはタダですけどね、、、、お金かかりますよぉ、、、もう、、、。

 しかも、シキチ、そんなに大きくないですし、、、、。」

っていうのもあったりして、どこまで実現できるか分からなかったんですけど、
完成してみたら、
僕たちの想像以上に、新さんご家族っぽい家になった気がしました。


なんでも、言ったもん勝ちですね〜(笑)!新さん。

8440.jpg

でも、、、、。

実はつぼノートにはなかったんですけど、
写真を見返していると、
一番最初に、新さんがおっしゃってたおうちのイメージが
実現できたような気がして、
それが、僕は一番嬉しかったかなー。

8441.jpg


「、、、起きてる間は、ほとんど家族みんな一緒の場所で、食べたり飲んだり、ごろごろしてて、

  眠たくなったら、、、、、、、、ハイ、解散。みたいな。」


そんなおうち。



さて、お引越し後にうかがうのが楽しみです!
posted by 西久保毅人 at 22:21| 2018.3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする