2014年01月07日

あけましておめでとうございます。

3953.jpg

今年もよろしくお願いします!
posted by 西久保毅人 at 00:56| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

どこか、そばに。

明治大学の授業も、残すところ明日の1回。
明日の全体講評会に先だって、先週グループ内の発表会をしました。

3955.jpg

ゲストには、いつも構造設計をお願いしている名和研二さんと、細田くん。

僕は授業で毎週話しを聞いているけれど、
初めて会う人に伝える、っていうコトがとても大事です。

3964.jpg

名和さんには、別に構造的なアドバイスを、、、、っていう目的ではなくて、
名和さんはとても広い視点をもっていて、
一見、見過ごしてしまうような問題や気づきを、
ユーモアとアイディアに変え、ていつも僕たちに新しい視点を与えてくれる人。

学生達にはとてもゼイタクですが、僕が伝えられないようなコトを、
学生達につたえててもらえたらいいなぁ、、、と思ってお願いしました。

3959.jpg

ケンチクとはなんだろう?

3965.jpg

街って、なんだろう?

3956.jpg

生き生きしているって、どういうことだろう???

3966.jpg

僕たちが生きている世界は、ケンチクだけでできてる訳じゃないし、
ケンチクなんて、もしかしたらなんの力もないかも知れない。
そもそもケンチクなんて、もう新しくつくらない方が、いいのかも知れない。

3957.jpg

でも、僕たちの産まれてきた、そしていま生きている背景には、
いっつもケンチクがあって、
どんなに世界がフラット化しようと、グローバル化しようと、
ネットでなんでも買えちゃう世界になっても、携帯電話が体に埋め込まれようと、、、、。

やっぱり、どんな社会になっても、そこには子供たちがいて、
小さな段差や、くらやみや、すき間や、においや、ボロボロや、
新品や、雨漏りや、工事中や、、、、、いろんな理不尽だらけの街が、
その場所に産まれてきた子供たちには、とても魅力的な、初めての世界になるのでしょう。


3963.jpg

宮崎駿が、引退の記者会見で、何のためにアニメーション映画を
創ってきたのですか?という問いに対して、

「、、、それでもこの世界は、生きるに値する、という事を伝えたかった。」

と言ったんですが、たぶん、僕たちがケンチクを作る意味って、
きっと同じなんじゃないかな、、、、と思うのです。


3961.jpg

悲観的な事や、事件や、ケンチクなんて、、、、っていう意見や。。。。
いろんな考え方や視点はあっていいんだけど、、、、



やっぱさ、、、ワクワクしたいじゃん。。。。


3958.jpg

そういう、もはや建築学科でも、大学でも、なんでもない、
だれとだって、子供たちとだって、共有できるようなシンプルな動機こそが、
いちばんのエネルギーだと僕は思います。

3960.jpg

そういう想いさえなくさずに持ってたら、
進む進路が、建築だろうとなかろうと、
もはやそんなコトは、どうだっていいのだ。

だって、何でワクワクするかって、人それぞれ違うからね。。。。。

いや、むしろ、全部がケンチクにつながっているのだ、、、。

、、、と、
そんなコトを、それぞれの学生達が、考える時間になってくれてたら、
うれしいな、と思いました。


そうそう、今回も、名和さんから素敵な言葉をいただきました。


「正解は、真理の近傍にある。」


たとえばもし、建築にも、数学みたいに正解というモノがあるのだとしたら、
1人の天才が、問いに対して正しい答えを出していけば、
まちがいなくそれで素晴らしい街になっていくだろう。

しかし、実際はそうではない。

もちろん、そういう設計もできない事はないけれど、すべての理屈や筋道が通っていて
減点のしようがない正解として作ってみたものが、必ずしも魅力的だったり、
愛されるモノになるとは限らない。

だから正しいから、正解。

とするのではなくて、どう考えても正しいけれど、、、、、、。

「、、、うーーーん。なんか、チガウ、、、。」

というように、もしそこに自分が感じる違和感があるのなら、
そこにしがみついて、素直に向き合って、
時には正しさを捨てたり、正しさからズレる勇気を持つコト。

だから、必ずしも正解=真理ではなくて、
正解は、あくまで真理の傍に、真理から少しずれたところにあるんだよ。

だから、みんなにそれを探す可能性があるんだよ。

というような事でした。。。。。(たぶん)


うーん、深い。



さ、明日、楽しみ。
posted by 西久保毅人 at 02:39| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

お祝い

毎年、東京ガス主催の、「住まいの環境デザインアワード」というのがあるのですが、
僕たちが設計させていただきました鴻巣さんの家が、東京ガス賞、という賞をいただく事になりました!

3982.jpg




去年は、ISANAと、三輪さんの家の2作品の入賞でしたので、
二年連続となりました。

これはとっても光栄なことです!!!

3987.jpg

新年早々、おめでたいです。

ニコの担当キクチさん、内田産業の監督の神山さん、そして鴻巣さん、嬉しいですねー。
3974.jpg

またぜひ、かぶりモノして飲みたいですね!!!

3983.jpg

さて、鴻巣さんちは、お引き渡し後もう1年半くらい経つのですが、
ご迷惑もかけつつ、いつも楽しそうに住んで頂いていて、うれしい限り。

3977.jpg

シキチは30坪に満たないいわゆる旗竿上であり、周囲を住宅に囲まれた、
密集した場所にあります。
でも旗竿敷地は、その長ーい通路上のアプローチ空間が、実は一番の魅力でもあって、
道からそのぶん離れているというのは、実は都市ではとても優雅な事です。

なので、そのアプローチもたくさんの植物に囲まれた散策路のような
状態にして、その奥に住まいを計画しました。
夏は、草木をかき分けかき分け、、、、、って感じでした。

3984.jpg

でも、そのアプローチを通って、玄関を開けたら行き止まり、、、、っていうのは、
ちょっとさびしいなぁ、、、といつも思っていて、玄関をあけたら、またそこに
街の続きのような空間が広がっているといいなぁ、、、と思いながら設計をさせていただいた
おうちです。

3978.jpg

街中の行き止まりであるような旗竿敷地なのに、
玄関をあけたら、
またそこに街の続きがある。

そんな住まい。

3985.jpg

そして、そんな時によく考える「中庭」というもののあり方についても、
少し工夫をしています。

中庭って、どうせ作るなら、1階からも、2階からも近いといいな、、、。

そんな訳で、鴻巣さんの家の中庭は、1階と2階の中間あたりの高さに計画しました。

3973.jpg

そうする事で、1階からも、2階の様子や、光が感じられ、
2階にいると、縁側のような空間ができました。

3986.jpg

窓のデザインや、色や素材なども、
鴻巣さんと出会えたからこそ生まれたような
僕たちにとっても初めての空間となりましたが、
この発見は、実は街のどこにでもあるような都市の密集地でも
生かすことのできる発見になりました。


3971.jpg

とはいえ僕は、別に、一般解を作りたい訳ではありません。

だって、一人一人、ぜんぜん趣味も、ルーツも違う人達と出会って、
あーでもない、こーでもないと言いながら、
そこから生まれるひとつだけの空間を考えるコトのほうが、
このうえなく楽しいですし、
たくさんの感動や発見があるからです。

でも、そういう、10年以上経っても変わらない、
コテコテのやり方にこだわって、
そんな出会いがあったからこそ生まれた空間や発見が、
こういう賞をいただくコトで、
どこか知らないところに住む、知らないだれかに、

ケンチクって、たのしいな。

と思ってもらえるきっかけになったら、、、、、、。

それはとっても嬉しい事だなぁ、、、、
と、つくづく思うのでした!

3975.jpg


さて、ことしもがんばろう。

posted by 西久保毅人 at 22:10| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

ひさびさ、竹安さんの家

先週末、香川の竹安さんの家の、
1年点検に行ってきました!

4011.jpg

なんだかんだと、結局完成後はあまりゆっくりもできずに、バタバタとうかがっていたので、
今回は、はじめてののんびりお泊まりコース。
丸一日、竹安さんちにお邪魔してきました。

4001.jpg

工事を担当していただいた、センコー産業の監督さんも
来てくれて、点検とは名ばかりで、ただのんびりしただけですけど、、、。

4002.jpg

夜から、朝から、胃袋の休まる間もないくらい、
たくさん御飯をいただいて、正月太りではなく、香川太り、、、、、です(汗)

4000.jpg

竹安さんの家は、
ニコでは、初めての遠距離での仕事だったんですけど、
やっぱり、始める前も、工事中も、僕たちもそうですけど、
竹安さん達もホントに、

無事完成するのだろうか?
ホントに東京の設計事務所でよかったんだろうか??

と、たくさん不安もあっただろうなぁ、、、と今さらながらに
思います。

でも、正直、不思議とそんな不安よりも、
楽しい、終わるのがもったいない、、、っていう気持ちの方が
結果的に強かったなぁ、、、と思います。

それは、近くても遠くても、結局、一緒に何かを作るってコトは
結局は同じなんですけどね、、、、。

3996.jpg

そういう意味で、
遠かったからこそ、手に入れたもののほうが多かったな。きっと。

3998.jpg

「それにしてもニシクボさんさぁ、、、、

 最近、ブログの更新少ないんじゃないの〜。。。(怒)」

と、小姑のように、心配半分、クレーム半分。。。。。

、、、、、どーも、すみません、、、、。

4010.jpg

でも、いつも遠くから、見ててくれるんだなぁ、、、、と思うだけで、
なんだか、とても嬉しいですし、
いつまでも、変わらないででいないと、、、
と、嬉しさ半分、プレッシャー半分。。。。
4005.jpg

これからも、甘やかさず、
びしびしとよろしくお願いします!

4008.jpg
posted by 西久保毅人 at 07:01| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

それから曽根さんちへ

神戸の曽根さんの家が始まって気がついたんですが、
香川県と神戸って、実は意外と近くてびっくりです。。。

これが、別の県だと、なかなか一緒に行こうとは思わなかったかも知れませんが、
ちょうど神戸の曽根さんの家も現場に行くタイミングだったので、
今回の出張はせっかくなので皆で香川県から、淡路島を渡り、神戸へと向いました。


4015.jpg

曽根さんの家は、春の完成に向けて、現場が進んでいるんですが、
ちょうど、最終の仕上げを決める打ち合わせ。

4012.jpg

とても新鮮だったのは、
どうしても細田くんとかキクチさんとか、榊さんとか。
いつもは現場を担当してくれる誰かスタッフと僕との2人で、
ご家族とお打ち合わせをしていく形なんですが、
今回は、そんな理由もあり、
担当の細田くんプラス、キクチさん、そして新人(?)のウシジマさんも参加しての
現場打ち合わせとなりました。

4014.jpg

もちろん、いつものやり方でも楽しいのですが、
あるタイミングで、担当をしていないスタッフもごっちゃまぜで、
こういう形で(好き勝手に)意見を言いあうっていうのは、
担当者や僕だけだと気がつかない意見や気づきも聞けるので、
より素敵な答えに出会えるような気がして、とても新鮮でした!

4016.jpg

事務所の中では、よくこういう話し合いはあるんですが、
現場で、ご家族も交えてっていうのは、意外と機会が少ないものです。

これはいいなぁ、、、、、。

そういう訳で、曽根さんちはよりグレードアップ!


4018.jpg

竹安さんちのオープンハウスにも、曽根さん達は来てくれたので、
竹安さんも、

「曽根さんちはいつですか?ぜったい行きますよー。」

とのコト。

この瀬戸内海をはさんだニコの不思議なご縁は、どういう訳か分かりません。
僕は九州でうまれたはずなのに、なんだかどちらも、なつかしい感じがするのは、
なんででしょうか?


いよいよ現場は追い込みですが、
曽根さんにも大満足していただける家になって、
またどこかなつかしい場所ににつながって行くといいな、、、、と思っています。


posted by 西久保毅人 at 01:03| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

小川さんの家、地鎮祭でした!

4025.jpg


晴天の月曜日、調布市で設計をさせていただいています、
小川さんの家の地鎮祭でした。

4020.jpg

ちょうど、今日、小川さんから頂いたメールの中に、

「どこがスタートで、どこがゴール、というものでもないのでしょうけれど、
一歩進んだ実感で、、、、。」

って、書いていただいたんですけれど、なんだかとてもうれしい言葉だなぁ、、
と思いました。

4021.jpg

もちろん、仕事ですから、ご契約がスタートなら、無事に完成してお引き渡しをする事が、
分かりやすいゴールではあるんですけど、たとえば、その期間はたいがいお会いしてから
1〜2年と人生の中では、ほんの一瞬です。
一瞬なのに、何十年も住み継がれて、雨風にさらされていくものを
設計させていただく事が、僕たちの仕事とも言えます。

もし、その土地が、ご家族に縁のある土地だとしたら、
その家づくりは、
自分の人生の、実はもっと前から始まっていた物語かも知れませんし、
将来、お子さんに引継がれたりすれば、自分の人生を超えた物語の断片ともいえます。

4023.jpg

それがもし購入した土地だったとしても、その土地にたどり着いた物語は、
きっとその前に始まっているでしょうし、新しい家が参加するコトになる街にも
個々の物語が存在します。

そういう意味では、僕たちの仕事は、ご家族や、街の物語の、途中に参加させていただく
と考えた方がしっくりくるなぁ、、、と実は最近思います。

なんていうか、新しいモノを設計するシゴトではあるけれど、
それだけでもない、、、、というか、、。


4024.jpg


敷地にとどまらないで、街を俯瞰してみるコト。
街に住んでいるカンカク。
そして、作る時間も俯瞰して、その前後の物語に参加するコト。

そんな風に少しだけでも考えられたら、家づくりの物語は、
いくらでも広がっていくのです。

そんな、いわば余計なコトばっかり相変わらず考えるのですが、
、、、もちろん、仕事は、まじめにやりますけれど、、、、、、

そういう、シゴトとは別の物語の中に、僕たちも参加させていただいているのだなぁ、、、
って思うと、とても幸せな気持ちになりますし、
そういう事を、一緒に共有させていただいている事が何より嬉しいですね。

4028.jpg

さて、そういう訳で、めでたく、というか残念ながら、、、、というか、
いよいよ着工です。
楽しい時間は、終わりたくないものですが、
その先の、もっと楽しい時間を想像しながら、
あれこれ考えたいと思いました!


長く書きましたが、
、、、まぁ、要約すれば、完成後、シゴトから開放されて、
飲みに行くのを楽しみにしてます!ってコトですね、、、、つまり(笑)
posted by 西久保毅人 at 23:31| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

それなり(リンタロウの場合)

なんやかやありまして、
6年生から突然、バスケ三昧のリンタロウ。

4040.jpg

バスケットというスポーツには一切縁のない僕にとっては、青天の霹靂というか、
僕のジンセイの予定表になかったスポーツだったんですが、、、、
おかげでこの一年、たくさん試合を見に行きました。

試合が多いってのも、バスケの特徴なのかな、、、、??

4041.jpg

いろんな小学校の子達の集まるチームっていうのもあって、
いろんな子達と仲間になって、そのOB、先輩、コーチ。
この一年、ずいぶん世界が広がったような気もします。

そしてまぁ、いいか悪いかはともかく、このミニバスチームはかなりスパルタ。
この一年、毎週末、早朝から夕方まで、ほぼ家にいた事のないリンタロウ。

4042.jpg

これもミニバスケットの特徴なのかも知れませんが、
とにかく、、、、、ですね、
試合中、どのチームの監督さんも、えげつないくらいに
選手に罵声をあびせる人が多いんです。

イマドキの学校だったら、すぐ教育委員会に
訴えられちゃうんじゃないかってくらい、言葉がえげつないえげつない、、。

4043.jpg

「、、もうやめちまえー!」

「、、おまえが1人でさぼってんだろ!」

「、、もう帰れ、そんなプレー、誰が教えた!」

「、、やる気ないならコートを出ろ!」

「、、いまのはお前のせいだろ!」

、、、と、書けないくらい、大声で試合中でもおかまいなしに浴びせられる罵声。

よくもまぁ、親の前で、これだけ子供たちを罵倒できるなぁ、、、
って、ある意味感心しちゃうくらいなのです、、、。

4044.jpg

でも、なんていうか、僕からすると、なんかもう、すがすがしいっていうか、
うれしいっていうか、、。たぶん、子供たちをあずけているチームの親はきっと
みな同じように感じてるんじゃないかなぁ、、、、って思います。

極端だけど、いまの学校では、できないような教育っていうか、経験を
させてもらっているような、そんな感じなんです。

なんか、嬉しくなります。
いい経験させてもらっているなぁ、、、、と。

とても汚い言葉の裏には、愛情がしっかりと感じられて、
輪の中にいない僕には分からないような、結びつきや、信頼があって。

4035.jpg

ぜんぜん、上品ではないのだけれど、
少なくとも、本気と本気の付き合い。
上下じゃなくて、対等に付き合ってくれている、と感じるから
子供たちもついていくんでしょうね。
学校でも、家庭でも今は得られないような、体験のような気がします。

4036.jpg

今の小学校も、このくらい本気で生徒と向きあってくれる先生がたくさんいたら
いいんですが、いろんな親や考え方がありますし、とにかく問題を起こしちゃいけない、
っていうコトが、先にたっちゃうからか、なかなかいい先生が、評価されなかったり、
先生達のホントの声を聞きにくかったり、そのせいで、
子供にとって理不尽なコトも起こったり。。。。


4037.jpg

もちろん、いい先生もいるんですが、いい先生がいい先生でいられない状況も、
現実にはあるんじゃないかな、、、と思ったりました。

特に、
受験する子、しない子、
体の大きな子、小さな子、
ませてる子、おさない子、
ジンセイの中で、一番ていってもいいくらい、年は同じでも、
いろーーんな、発達段階や、状況の差の中にいる12歳という年齢の6年生って、
とても難しい学年で、
そんなまったく違う数十人をひとつにまとめないといけない先生も、また大変な訳で、、、。

そんな訳でこの一年、いろいろあったんですが、
結局、子供たちは、

「何がホントか知りたい。」

「先生や大人の、建前ではないホントの意見を知りたい。」

っていう、ただそれだけなんじゃないかな、って思います。

4038.jpg

そういう意味で、学校にも行きつつ、
毎週末はまったく違う価値観の世界での、スパルタ体育会系の1年間。

リンタロウにとっては、ちょっと嬉しかっ1年だったんじゃないかな、、、、と思うのです。


4039.jpg

ドシロウト同然だったプレイも、下手なりに
サマになるようなシーンも時々あってですね、、、。

まぁ、これから中学生になって、どうなるのか分かりませんが、
好きで夢中でやってると、不思議と

それなり

になっていくものなのだなぁ、、、、、と

なににせよ、「好き」ってコトが一番大事なんだなぁ、、、と

改めて思う今日この頃でした。

4045.jpg

まぁ、僕はサッカー派ですけどね、、、。

posted by 西久保毅人 at 02:37| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

それなり(ノノの場合)

さて、
並ぶとほぼ僕と同サイズになりつつあるノノの場合。

「パパ、この服着ないなら、ノノ学校に着ていくから、、。」

そんな今日この頃。

4049.jpg

まぁ、そもそもノノが中学からバスケを始めたのが、
僕のエセバスケファンになる発端と言えば、
発端な訳ですが、もうかれこれ中2の後半。
もうすぐ中3です。

4050.jpg

ノノの場合、小学校までほぼ文科系女子のドシロウとだったんですが、
ありがたいことに、
デカい、というコトで、1年生の頃からちょろちょろ試合に出しでもらっていて
まぁ、習うより慣れろ、の典型。


だから、最初の頃はみんなに申し訳ないような
動きだったんですが、やっぱ子供はすごいなぁ、、、と思うのは、
試合にたくさん出してもらっている事で、なんていうか、
だんだんバスケットっぽく、、、というかスポーツマンぽく
なっていくから不思議です。

4051.jpg

幼少の頃からスラムダンク全巻がもはやぼろぼろになるくらいに
転がっている家で育っただけあって、始める前から名ゼリフは完璧な子供たち。

4052.jpg

まぁ、僕からしたら、最初は、

「1ピリとか2ピリとか、、、、、何??一体。。。。
前半後半じゃないの、、、?」

てトコからのスタートでしたが、
なんていうか、瞬間瞬間の動きがとてもしなやかで、きれいで。
もちろん試合の勝ち負けもあるんだけど、
それ以上にかなりハマってしまいました。。特に女子バスケ。

4053.jpg

男子も時々見るんですが、なんかごついというか、
ヒゲというか、、、、、。

それに比べて、中学女子バスケの子達は、
可愛らしいんだけど、しなやかでかっこいい、のだなぁ、、、、。なんか。

4054.jpg




4055.jpg

特にノノの場合は、
ノノ以外にも小学校から知ってる子とか、
実は保育園も同じで、0歳の赤ちゃんの頃からずーっと仲のいい友達も
チームに2人いてですね、、、、


時々、ほんの少しの時間ですが、
その3人が同じコートに立つ時があって、
そんな時なんかは、ちょっと、おじさん、感動なのです。

なんか、夢のようだな、
あの赤ちゃん達が、こんなにデカくなって、
スポーツで共に真剣勝負をしているなんて、、、、。

4056.jpg

4057.jpg

そんな訳で、子供たちとは真逆な、
ぜんぜんパッとしない、日陰でホケツな幼少時代しか過ごしたコトのない
僕からしたら、どんな小さな試合でも、
出してもらえる事だけで、夢のようなコト。

だから、こういう風に書きつつも、
正直、ノノやリンタロウの気持ちや立場、
正直、分からないのです、、、。

「おいおい、こんなに早くジンセイの華やかな舞台にたっちゃって
だいじょうぶなのー、、?」

ってコトが無駄に心配になるくらい。


4058.jpg

まぁ、そんなホケツな僕の心配なんか、
どうでもいいんでしょうけどね!

4048.jpg



4059.jpg

そして、まぁ、

4061.jpg

しつこい様ですが、

4060.jpg



僕はサッカー派ですけどね。。。。

4047.jpg

posted by 西久保毅人 at 02:05| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

ニコの単焦点レンズ

いよいよ、っていうよりも、
このSNS全盛の今、
何をいまさら、、、、って感じですけど、
ニコのスタッフブログが始まりました。

4047.jpg



年明けから新人のウシジマさん

「やりたいやりたい!」

「やりたいやりたいやりたいねむいやりたい!」

「、、、、、ねむい、、、やりたい!」

と、ずうずうしくも言いはじめたので、みんなの協力もあって、
ようやく始めるコトになりました。

12周年記念、っていうのは、正直意味はないんですが、
いままでの僕のいつものグダグダな、、、、、感じじゃない伝え方で、

これからのニコを支えてくれようとしているスタッフ目線、
これまでのニコを支えてきてくれたスタッフ目線、

それぞれの目線で、それぞれの気づきと今のニコを
そのまんまに書いてくれると嬉しいな、と思います。


野放しなので、僕以上にグダグダになりそうな恐れもありますが、、、、。


しかし、いざ始めてみるとですね、、、、

僕 対 スタッフの人数差は、なんと 1人 対 4人!!!

まだまだ、始めたばっかりなんですが、
4人の目線ていうだけで、それぞれぜんぜん違って面白いのです、、、、、。
みんな、書くコト、好き勝手だし、、、、。

これはずるいなぁ、、、、、。

と、いきなり劣勢に追い込まれてしまった西久保です。

サカキさんも、ホソダくんも、キクチさんも、、、、まぁ、ウシはウシで、
これまで溜まりに溜まったアツい思いや、うっぷんや、怨念も、、、、
それぞれにたくさんあるだろうから、はたしてどういう展開になっていくのか?


まぁ、僕としてはですね、
始めちゃったものはしかたないので、
ライバル達の動向を静かに見守ろうと思っていますし、
僕は僕で、みんなのまた違った一面を発見できたらな、と思っています。


そういう意味ではですね、
12年もたった今、

ある意味、「今さら」始めるってコトが、
とても僕たちらしいかも知れないなー、と思いますし、
それがいつの日か、次の12年につながっていくといいなぁーと思っています。。。。


さて、最後に、タイトルの意味。

「ニコの単焦点レンズ」

世界は一見、同じように見えるけど、
人の数だけ、ぜんぜん違う世界が広がっているのだ、
というコト。

そして、誰に似たのか
ニコのみんなはそれぞれもう、

ほーーーーんとに好き勝手で、
頑固で、
まじめで、
いいかげんで、
必死で、
テキトーで、
融通がきかなくて、
あきらめなくて。

僕以上に、ちょーメンドクさい単焦点人間の集まりなんですが、
それがそのまんま、僕が好きなニコかな、というコト。

ときどき、ムカつくけどね、、、。(笑)

まぁ、まだ始まりですが、楽しみです。

まけないぞー。

3186.jpg

posted by 西久保毅人 at 01:52| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

いきもののいばしょ

先日、久しぶりに雑誌の撮影の下見のために、
井上さんの家に行ってきました!

4051.jpg

去年、
実は、なんと拾ってきたネコ2匹が
井上家に仲間入りしたとうかがっていたので、
それも楽しみのひとつでした。

そもそも、井上さんちって、
もちろん家族の住む家なんですけど、
それに合わせて、これまでいろんな国でついつい買っちゃって
愛おしくて、どーしても捨てられない、、、という
いろんな古道具たちの居場所としても
設計させていただきました。

4052.jpg

なので、その時点から、もちろん人間の居場所でもありつつも、
古道具達の居場所、、、、でもあった訳なのですが、
そこに新しく加わった二匹のネコ達。

井上さんちは、いろんな段差や、一見すると???という
すき間や、デコボコがあります。

何のため、、、っていう場所もあれば、
何のため、、、、でもない場所もあります。



4054.jpg

そんな場所を、今度はネコ達が楽しく使ってくれてたり、
井上さん手作りのネコ台?も取り付けられてたり。。。。

今では家に遊びにくるお友達は、

「ネコのために作った家でしょ??」

とおっしゃるそうですが、

正直、そんなコトは想定もしていませんでした。
犬買うかも、、、?って話しはあったような気がしますが、、、。

4055.jpg

ただ、なんていうか、
気持ちがいいって、きっと人間でもネコでも古道具でも、
同じなんじゃないかと思いました。

4049.jpg

人間以外の何かを受け入れたり、つながったり。。。。
そんな風にして出来上がるケンチクは、どんなものであれ、
いろーんな、いきもののいばしょ、になるんでしょね。

さてさて、撮影楽しみです!
posted by 西久保毅人 at 22:24| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

降り積もるゆきのなかで。


ちょーーーーーど、
トウキョウが大雪の土曜日。
半年前に完成した奥原さんちにうかがってきました。

4058.jpg

朝からの吹雪で、
いろんな予定がキャンセルとなり、
おかげで、のんびりと、ただ飲んで帰ってきたのですけれどね、、、、。


4059.jpg

外なのに、雨に濡れない場所とかテラスとか。
最近、そういうスペースを積極的に作るコトが多いです。

そういう場所は、実質外なのですが、
壁や窓がないだけの場所。
なんだか、うちとそとの中間のような場所。

中間だから、
意外と完成するまでは、その良さがなかなか伝えにくい
もどかしいスペースでもあります。

4060.jpg

こんな大雪の日。
たとえば、傘をたたむにしても、
靴を脱ぐにしても。

肩のゆきをはらい、
家に入る前にちょっと一息つけるような場所。

4061.jpg

ただただ、降り積もる雪を落ち着いて見返すような場所。

そういう場所は、家のたたずまいにも、すこし奥行きを与えますし、
なんだか、家の人以外にも、ちょっとさしだしたような場所になります。

引っ込むコトで、さしだすって、言葉としてはちょっと不思議ですけど、
ほんとにそういう表現がよく似合う場所。

4062.jpg


4063.jpg

そんな訳で、
ちょっと引っ込んで、さしだした奥原さんちの土曜日は、
めずらしく、ケンチクメガネさんもお酒がすすみ雄弁です。


なんの予定もないので、僕は僕で、のんびりみんなを眺めています。
僕なんかいることすら放っておいて、
ニコのコトを、あれこれ議論しているみんなを見ているのは、
これはこれは、お酒が進みます。

そういうえば、なんとまぁ長い時間を一緒に過ごしているだろうか。。。

4064.jpg

降り積もるゆきのなかで。
posted by 西久保毅人 at 01:41| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父と姉兄のはざまで。(ソラの場合)

4057.jpg

そうそう、

そうだよなぁ、、、、ソラ。


4066.jpg

やっぱ、違いのわかる男だね!


やっぱ、男はだまってサッカーだよね。


ビュンビュンビューン、だよなぁ、、、、やっぱ。


4056.jpg

、、、、、あれ?
posted by 西久保毅人 at 21:54| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

バスルームのねこ

ちょうど、雪上がりの週末、
井上さんの家の雑誌の撮影がありました。

4073.jpg



まだ雪の残る日でしたのが、天気はよく、
まわりが白いので余計に家の中が明るい日でした。


別にネコ好きっていう訳ではゼンゼンないのですが、
本当に動物は気持ちがいい場所を良く知っているというか、
その時々の日差しの移り変わりの中で
その時々の気持ちのいい場所を見つけては寝転んでいます。

4068.jpg

井上さんの話を聞くと、お風呂に入っていると時々こんな風に、
やって来ては、ちょこんとそばにいるそうです。

ネコにとっては、そこがお風呂場かどうかは、
ぜんぜん関係ないんでしょうけれど、、、、、。


4069.jpg

井上さんちは、実は家の中で一番日当りのいい2階の場所に
お風呂場があって、
テラスなんだけれど、たまたまバスタブがうまっている、
くらいにゆるく考えた浴室なため、ネコにもゆるく解釈してもらっているのかも知れませんね。

こういう暮らしぶりを見せていただくと、よりいっそう、そう思いますし、
たいていは、動物や子供たちが、
ケンチクの可能性や、すてきな場所を教えてくれるものなのです。



なんのための場所、、、、、、、って、
あんまり決めすぎない方が、いろんな出来事を許容してくれて
いいコトが多いですし、特にお風呂場とか、トイレとか、納戸とか、、、、。

一見用途が決まっているメインでないお部屋や

「こういうものだ。」
と思い込んでいるスペースが、ちょっとすてきな場所だと、
家は、ぐーんと素敵な家になりますし、生活がとても明るくなるなぁ、、、
といつも思います。




そうそう、めずらしく今回の撮影は、ある雑誌の表紙の撮影。

表紙にしてもらえるなんて、そうそうめったにないので、
仕上がりがとても楽しみです!!!!!




posted by 西久保毅人 at 02:21| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

かがやく場所

昨年に引き続き、
昨晩、明治大学でやっている授業の番外編として、
荻窪の教会通り商店街の皆さん集まっていただき、西久保班の有志で発表会をしました。

4084.jpg

実は、こんなコト、授業でもないし、、、、、
というか、もう成績のつく範囲の授業終わってますし、学生達は花の春休み中。。。。

、、、まぁ、言ってしまえば僕も授業終わってますけどね、、、。(笑)

そんな訳で、学生達にとっては、多少迷惑な話しかも知れませんが、
学生達の成果を、どうしても街の方々に届けたくてですね、、、
去年から商店街の方々にお願いをして、こんな機会を頂いています。

4074.jpg

前にも書きましたが、僕が学生達に出している課題は、

「さしだすデザインの発見」

という、実際の街を舞台にした物語。

課題期間中、学生達が街を練り歩き、それぞれの気づきやカンサツにもとづいて、
街の未来を考える課題です。

通常、大学の課題というと、架空のシキチが決まっていたり、何を設計するかが設定されていたり。

それが一般的なので、
かなりむちゃぶりのような課題なのですが、
とにかく僕は、生きた街を彼らの舞台にしたくて、こんな課題にしています。
そんなめんどくさい課題なんですが、
本当に学生達は、それぞれの視点や感性、そして自分の中のねっこに
向きあいながら、今年も大小さまざまな答えを見つけ出してくれました。

4078.jpg

みんなそれぞれとても個性的だし、とてもアツい子達。
飲み会の楽しい子達!!(笑)

もちろん建築学科の授業なので、その枠組みの中での評価だけでいいんですけど、
彼らのかけた時間と、エネルギーと、成果を
ただの大学の課題として
僕だけのものにしておくのが、あまりにももったいなくてですね、、、、
去年から、縁があってこういう場を頂いています。

4081.jpg

結局、僕は自分の過去の経験に照らしてしかモノゴトを考えることができないんですが、
とにかく、僕は大学の課題がおもしろくなかった、、、、、
というか、当時、
先生やまわりの学生達の話してるコト、評価軸、ことばが、いまいちよく分かりませんでした。

ぜんぜん、いいと思えないものがいいと言われたり、
何がすごいんだか分からない雑誌の中のケンチクを、みんながすごいよね、って言ってたり。
何を目指していいのかも、さっぱり分かりませんでした、、、。

ほんと、大学の中には、僕が好きなものは、ひとつもなかった。

僕にとっての学部時代は正直そんな感じでした。
、、、まぁ、分かりやすく言うと、ただの落ちこぼれの言い訳ですけれど、、、。(涙)


4076.jpg

ほーんとそんな学生だったんですが、
数少ない忘れられない経験のひとつに、
研究室のみんなで今回のように、
ホントの街の人にプレゼンをする、っていう機会がありました。

閉じた学校の中に向けてではなくて、ホントに「自分の街」って思っている
人達に大しての発表。
ケンチクガッカでも、センセイでもない、一般の人達への発表。

4080.jpg

なーんか、
はじめて社会とつながったカンカクというか、
ことばが通じたカンカクというか、、、、、。

僕の感じている事や思いは、社会とつながっているんだ!とはじめて感じた瞬間でした。

4077.jpg

そんな今でも忘れられない、ドキドキするような体験でした。

4086.jpg

まぁ、、、僕の班の子達は、
当時の僕なんかとは比べモノにならないくらい優秀な子達なんで、
そんな、オヤジのよけいなおせっかいなんか、いらないのかも知れないんですけど、

社会にでて、
本当にドキドキしたり、
嬉しかったり、
くやしくて涙がでたりする時の相手は、決して建築学科の先生ではなくって、
この人達みたいな普通の人達なのだ!

そんなコトを、そんな感動を、
少なくとも、僕の班の子達には、
少しでも知って欲しいなぁ、、、、、。

そんな喜びを根っこにして、社会に出て欲しいな、と思うだけなのですけど、、、。

4087.jpg

まぁ、しかしそーんな、
オヤジの心配はよそにですね、、、、、

もう学生達の発表の、なんとまあ堂々としてるコト。

始めての緊張感の中で、それぞれが、
大学では使った事のないような丁寧なことばを必死に選んで、
集まってくれた方達の顔をしっかりと見ながら、
とにかく一生懸命、想いを伝えようとしているコト。

4075.jpg


ちょっと感動的だったな、、、、。
ホントにこの子達はすごいなぁ、と思いました。

僕、キホン、何もしてませんが、(汗)
もう、会うたんびに、発表させるたんびに、
成長して行く彼らが、とても誇らしくて、、、、。

「ほーんと、今日の発表は宝の山だったわっ!」と、

みなさんにも、大変な反響をいただき、たくさんの嬉しい感想をいただきました。

4083.jpg

と、そんな、学生達のアツい思いがきっと伝わったんでしょうねー。

なんと、
なんと、
なんと、
その発表の場で、商店街の会長さんから、

「、、、しばらく、この会場に模型と図面を展示させてはもらえませんか??
 今日、きていない人達にも見てもらいたいので、、、。」

とのコト!!!!!!


そうそう、実は、僕の次のもくろみは、なんとか彼らの作品の展示をこの街のどこかで
できないかなぁ、、、、ってコトだったので、もう夢のようなオファーです。
もちろん、二つ返事で快諾し、、、、、、そんな訳で、現在、教会通りのあおばケアセンター
という場所のフリースペースにて、展示中です。

どうもありがとうございました。感激ですね!

4088.jpg

「会場提供いただいたあおばケアセンター」

「その1階にある地域交流室「エルブ」にて現在展示中です。」

「荻窪・教会通りのフェイスブック」

「教会通りののみなさんがアップしてくれた当日の写真」

教会通りの皆さん、ありがとうございました!!!!

4082.jpg

そんな訳で、、、、
学生達は春休みなのに
またまた延長戦に突入した訳ですが、、、、ははは。

とりあえず、おつかれさまでした!

楽しかったねぇ、、。
また飲みましょう!!!
posted by 西久保毅人 at 02:02| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

インターナショナルサンデイ

こないだの日曜日、
このコテコテジャパンのニコにとっては珍しい、
インターナショナルな一日でした!

4090.jpg

まずは、午前中、トムヘネガンさんというイギリス人の建築家御夫婦を
飯島さんちにご案内!
本当は、僕たちが説明したり、案内したり、、、、しないとなんですが、
日本語と佐賀弁のバイリンガルである僕には、出る幕がなく、、、、、(涙)

そんな訳だったんですが、、、、、
飯島さん御夫婦は、お二人ともお仕事柄、英語が堪能!

つまり、ペラペラ。

そんな訳で、ほぼ、飯島さん達に任せっきりで
おんぶにだっこに、かたぐるま、、、な感じのご案内となりました。

4091.jpg

さて、その日は、それだけでなく、
午後からは、なんとシンガポールからテレビ局が、
飯島さんちと、山崎さんちを取材に来てくれました。

4092.jpg

まぁ、英語よりは何とかなるかな、、、、と思ってましたが、
それから午後は、北京語と、英語の入り交じる、取材。

4093.jpg

しかも、雑誌ではなく、現地のテレビ撮影なので、
言葉がポイントなのは、言うまでもありません、、、、、。
大勢のスタッフと、現地の女優さんまで来てくれてる訳で、、、、。(汗)


4094.jpg

何人か、英語と北京語の話せる人がいたり、
日本語と英語が話せる人がいたり、
日本語と、佐賀弁しか話せない、人もいたり、、、。


4095.jpg


そんな訳なので、英語だけでさえ混乱気味なのに、
ちょっと頭のこんがらがる、でもなんか、楽しい一日でした。

建物だから、見て、感じてくれたらいいじゃん、とも思うのだけど、
それぞれ、国の文化や、習慣やあたり前があって。

そういうのを前提に、

「なんでなんで??」

があります。

4096.jpg

だから、僕たちにとってあたり前が、そうでなかったり、
たくさんのインタビューを受ける中で、
言葉以上のカンカクの差みたいなものも実感できました。

4097.jpg

シンガポールの取材陣の皆さんは、
とても真剣で、ほんとにいろんな意味をどん欲に知りたい、
伝えたい、っていうアツい想いがとても伝わってきましたし、
撮ればいい、っていう、以上の、

「知りたい」

っていう、まじめな想いがすごーくあふれる方々で感動しました。

だから、後半は、
もう言葉はともかく、何度も話したり、
絵を描いたりしながら、なんとか伝わるといいなぁ、、、
と思って僕も頑張った訳ですが、どれだけ伝わったかなぁ、、、、。

4098.jpg

でも、もちろん言葉もあるけれど、
じっくり空間を体験してもらって、お世辞かも知れませんが、
2件ともめちゃくちゃ気に入って頂けてうれしい限り。

ついつい、撮影も長くなってしまいました。

この2件を気に入っていただけるのなら、ニコの家はみんな
気に入ってくれるだろうなぁ、、、もっと見せたいなぁ、、、、
と最後は、思ったのが正直なところです。

4100.jpg

もう最後は、夜遅くになってしまいましたが、

海外の目から見た、日本の家。
そして、海外の目から見た、日本の家の中での、ニコ設計室の家。

たくさん見てる人達だから分かる事もあるでしょうし、
別に僕たちは特別なコトをしているつもりはないんですが、
シンガポールの方達の言ってくれた

「すごーーーーくいい。」

は、なんか、とても嬉しくて、力強かったです。。。。


4099.jpg


しかし、、、、、、
日頃あんまり意識せずにやり過ごしていたんですが、
この、僕たちの英語力のなさ、、、、、。

なんとかせねば、、、、、。


そんなコトも身にしみた一日でした。

シンガポールのみなさん、ありがとうございましたー。

どんな番組になることやら、、、、(笑)


posted by 西久保毅人 at 02:55| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

サマサマサマー

ほんとに、もう、
なんて言うか、ニコは人に恵まれてるなぁ、、、とつくづく思います。

4101.jpg

先日、縁あって、今設計中のお客様を
尾崎さんちに案内しました。

男前の尾崎さんは、二つ返事で、

「あら、ずいぶんご無沙汰じゃない。。。いいわよぉ。。。。」

とのコト。

4102.jpg

急なお願いではありましたが、
もう、僕たちがしゃべるヒマのないくらい、
ニコのいいいいトコ、悪いトコ、
家づくりの楽しみ方から、悩んだコト、いろんな出来事、、、、、。

ぜーんぶ、伝えていただきました。

4114.jpg

もう、もう、
あんまりにも、エネルギッシュに、丁寧に、説明してくれるから、
途中から、

「、、、尾崎さんて、ニコの営業担当の方ですか??、、、もしや??」


って、マジマジと聞かれちゃうくらい、、、。

ていうか、もう、
ニコの誰よりも、説得力があるのです。

だって、実際にニコで家をつくって、そこで暮らしているんだもの、、、、。
それ以上はないようなぁ、、、、ずるいよなぁ、、、。

4105.jpg

これ以上の説得力のある伝え方はないです、、、、、。
ニコ一同、出る幕なし、、、、(涙)


4115.jpg

そういう訳で、またしても、僕らは、
尾崎さんに、だっこにおんぶに、かたぐるまの一日。。。。。

そういえばまた同じコト、書いてますね、、、飯島さんちと。。。。

飯島さんは、

「もし、ニシクボさんが海外に呼ばれるコトがあれば、
 私が通訳兼、秘書兼、営業担当で、ついて行くからー!」

とのコトでした(笑)

4109.jpg

ほーんと、
尾崎さんと飯島さんだけでなくても、
ニコとの家づくり、ニコの家に住んでみて感じているコト。

少しのいいことも、
たーーーくさんの、、、、ダメダメなことも、、、、。
ぜーんぶひっくるめて
こんな風に、伝えてくれる方、たーーーくさんいらっしゃいます。


こんなすてきな方々と出会えて、
おうちを設計させていただいたコト自体が、
もう、何にも変えられないニコの財産だなぁ、、、とつくづく思います。


もう、愛ですねっ! 愛!!!


4110.jpg

ちょうど、最近、ニコ内で、
オープンハウスもいいのだけれど、
こんな風に、生活そのものを含めたニコの家を感じていただける機会を
少しずつ、これから作っていけたらいいなぁ、、、、と
そんなコトも考えていたので、とてもいい機会でした。

4113.jpg

その際は、いろんな場所のニコの家の営業、広報担当のみなさま、
ぜひぜひ、よろしくお願いしますねー!!

4111.jpg

尾崎さん、そんなわけで、
遠慮というコトバを知らないニコ設計室。

ずうずうしく、またお邪魔しますね!

尾崎さんのお店、STROLLもよろしくお願いします。
お寄りの際には、たくさんお買い物していただけると、
もれなく、

「ニコを手玉に取る方法、と細田のほど良いいじり方」

という特別レクチャーがありますよ、きっと。

お店の紹介







posted by 西久保毅人 at 11:34| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

せせらぎ

春から、着工現場ラッシュ予定のニコ設計室。

先日、埼玉県で工事中の坂巻さんの家が上棟しました。
とてものどかな風景の中に計画した、将来お店予定のスペースのある家です。

4117.jpg

最近、天気が不安定ですが、
なぜか不思議な事に、この現場に行く時は、とても空が綺麗で、
ニコでは珍しく、車移動の現場なので、いつもドライブ日和。

まぁ、おかげで、眠たくなるんですけど、、、。(汗)

4118.jpg

周辺は、畑やゴルフ場の木々を背景にした場所なので、
現場もとてものどかな風景。
水平にながーーい、平屋部分がお店なのですが、
上棟してみて、模型で見てる時よりもずっと水平で、長くって、
大きな空と、風景にとてもなじんだ感じがしました。

4116.jpg

上棟は、
その建物が持っている力というか、骨格が、ようやく建ち現れる瞬間で、
僕たちも、はじめて、その建物の中に、建てるはじめての時です。

プロだから、分かるでしょ、って思われがちなんですが、
少なくとも僕は、人より極度に想像力が欠落しているのか、、、、、
やっぱ、上棟してみないと分からないコト、気がつかないコトだらけで、、、、。

おかげで、その中にいると、
ぐわーーって、初めてのいろんな情報が、体の中に入ってくる感じがします。

もう、70件以上経験している今ですら、

ぐわーーーーって。。。

あー、アホでよかったと思う瞬間です。(笑)

4119.jpg

4121.jpg

そうそう、敷地のすぐ横には、水路があって、最近はちょろちょろときれいな水が流れています。
風景の中では、とても細い水路ですが、そのちょっとしたせせらぎも、
家の中から感じられて、とても優雅!


完成が楽しみ!!!
posted by 西久保毅人 at 01:30| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

飯島さんちの家のまえ


4128.jpg

4122.jpg


4123.jpg


4126.jpg


4124.jpg


4127.jpg




4129.jpg

4130.jpg


4131.jpg

4132.jpg


4133.jpg








4134.jpg

先週末、渡辺さんいらっしゃいました。
4/4の放映だそうです。


そして、今日はとある賞の現地審査。
建築界で世界的に活躍されている、妹島さん、西沢さん、藤本さん、林さん、をご案内!

なんだ、なんだ、なんだ、この飯島さんちブームは、、、、。

ニコ最小のおうちなのに、、、。

夢か、、、、???

夢でしょうねー、きっと。。。。
posted by 西久保毅人 at 00:33| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

母なる自然のおっぱい

先日、神戸の曽根さんちの現場にて。

工事は遅れぎみだったのですが、よーーーやく
足場がはずれて、のんびり現場で過ごしました。

曽根さんちは、隣接する古い長屋の連続のような、小さなスケール感を
大切にしながら考えたのですが、
中もいろんな高さの場所があります。
いろいろ制限もあり、天井の高さが1.8m程度の場所、オンナの人でも手を伸ばせば、
届くような天井の高さのところ。。。。


敷地が長細くて、外から見ると大きな家に見えたり、二軒建っているように見えたり
するんですが、床面積そのものは、数字で言うと30坪程度。

現場にて、

「なんか、手が届くところがあると、なんか、安心すんねんなぁ。。。」


っていう奥さんの言葉を聞きながら、ちょっといろいろ考えました。


4141.jpg


それは、人間のサイズについて。


20代の頃読んで、

「なるほどなぁ、、、。」

ってすーーっと心に落ちた本のひとつに
池澤夏樹さんの「母なる自然のおっぱい」っていう本があります。


4144.png
、、、、、残念ながら、おっぱいの本ではないんですけど、、、、。(笑)

さて、、、、、
本の中で、
なんで、人間が地球の支配者になったのか??なれたのか??っていう話があってですね、
池澤さんなりの理由として、

結局、実は地球の大きさと、人間という生き物の、絶妙なサイズ感、なのではないか?

っていう事がかいてあって、、、、。

ようするに、地球の大きさ、地形や、資源、樹木の大きさ、川の幅、、、、などあらゆるサイズが
人間という生き物の大きさに、ほどよーく、ピッタリだったんではないか、、、という事。。。

4143.jpg

「へーーーっ、なるほどぉ、、。」

って思って、めずらしく妙に納得したのを覚えています。

しっくりきたっていうか、、。

例えば、もし人間が恐竜のサイズだったとしたら、、、、??
そんなサイズの生き物が、火を手にしたら、ひとつの火事で、森全部焼けてしまいます。
例えば食料だってすぐなくなっちゃうかもしれないし、海や川ももっと汚れるだろうし、、、。

要するに、恐竜サイズは、地球に対して大きすぎる、、、というコト。

逆に、アリとか、ネズミサイズだったら、、、、、??
今度は、逆に、小さな微地形も山に感じる訳で、ホントの山や川や海は、大きすぎて
きっと暮らしにはいかせない。
移動距離も狭いし、そのサイズで火を起こしても
あんまり使えないし、逆に火事で、自分が死んじゃうかもしれない。

ようするに今度は、地球サイズが大きすぎる、、、というようなコト。

そんな意味で、人間のサイズというのは、
適度に地球の資源や、火や、風や距離を、程よく楽しめて、活用できるサイズなのではないか?
なんとなく、地球を把握はできるけど、絶妙に全部は知れないくらい。
山は山で、程よく高く、登れたり、登れなかったり。
もちろん、火事を起こしたら大変だけれど、地球そのものには影響ない程度。

などなど。
例はいろいろありますが、

結局は、そういう人間の体のサイズが、
実は地球という星で生きるのに絶妙にピッタリだったのでは、、、?
というような内容でした。

4137.jpg



それは、なんだか、僕にはとても、腑に落ちる説明だったんですが、
それって、僕たちが暮らす、街や、家や、空間にも
言えるコトなんじゃないかなぁ、、、、、、って、思うのです。

人間が、体という、どうしようもないサイズを持っているのなら、
きっと安心できたり、ホッとしたり、居心地がいいと思ったり、、、するような
空間や街の大きさにも、きっと、「程よさ」みたいなものがあるんじゃないかと。。。。。

たとえば、ふと、なんかいいな、って思う街とか、路地とか、
狭いのに妙に、居心地がいいなぁ、、って思う空間とか。

そういう空間って、きっと人間のサイズと絶妙なバランスがあるんだろうなぁ、、、って
思うのです。

4136.jpg


体育館みたいに大きければ、いいってもんでもなく
でも、小さくて低いだけでも、いいっていうもんでもなく、、、、、。

でもそれは、人間が、体という大きさを持っている以上、
きっと住宅でも、街でも、役場でも、学校でも、飲み屋でも、、、、、、
どんな場所でも、きっと人間に大きさにしっくりくるものを
居心地がいいとか、気持ちいいとか、思うんだろうなぁ、、、、、、

そんな、あたり前のようなコトを、
しみじみと考えました。


4135.jpg

しっくり。

街にもしっくり。
人間にもしっくり。


数字でうまく説明できるコトではないんですけど、
とても難しいコトだなぁ、、、、って思うんですけど、
一番大切にしたいカンカクだなぁ、、、、って思いますし、
その謎を解き明かすことこそが、僕がケンチクを飛び越えて、
分かるようになりたいコトでもあるのだなぁ、、、って思うのです。



ボケーッとしているようで、
割とまじめなコトも考えるのです、、、、、時々。
posted by 西久保毅人 at 23:23| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

いびつ

そういえば、ニコ設計室は、リンタロウの産まれた年の年末にできました。

リンタロウが11月産まれだから、そこから1ヶ月後くらい。

その1ヶ月くらいの間に何を考えていたのか?
いまいちよく思い出せないけれど、
ただ、もうケンチクの設計という仕事をやめてしまおうか、、、
と考えていたのは、はっきりと覚えています。
ちょうど、28歳の、第3次、思春期の頃でしょうか、、、。

なので、
どうせ辞めちゃうなら、その前に形だけでも独立してみるか、、、?
もう、30歳目前だし、、、。

っていうような、
前向きっていうよりも、やけくそで、
僕にとっては、とても軽くて、同時にとても重い心境だったような気がしますが、
よくは思い出せません、、、。


4145.jpg

そんな、僕の超、思春期の頃にうまれたリンタロウ。。。
そんな訳で、当時の僕は自分に忙しくてですね、、、、。
リンタロウの小さな頃の記憶が
あんまりない訳なのですが、、、、。


それからはや12年がたちまして、
昨日は小学校の卒業式でした。

、、、そっか、そういう意味では、ニコも、人間でいうと、ようやく
小学校を卒業、って感じなのですね、、、、、。



、、、、っていうか、タメじゃん、リンタロウとニコって!
同級生じゃないですか、、、、、実は!

今頃、気がつきました。。。。。


足のサイズは僕よりデカくなり、
見た目は、でかくて一人前みたいだけれど、
しょせん、12歳。
内面を、もし形にしたら、とてもいびつで、奇妙な形をしているんだろうなぁ、、、。

妙にでっぱっていたり、引っ込んでいたり、
まだ生えていない部分もあったり、、、、。


4146.jpg

きっとニコも同じなのだろうなぁ、、、。

見た目は、1人前みたいだけど、しょせん、12歳。
内面を、もし形にしたら、とてもいびつで、奇妙な形をしているんだろうなぁ、、、。



まだ生えていない部分も、、、、、、きっとあるんだろうなぁ、、、。


だって、まだ12歳なのだもの。。。

4147.jpg

と、そんな訳で、
4月より、リンタロウもニコも、花の新中学1年生!!!


いたらぬ部分もたくさんありますが、
まだ、中1だし、、、、というコトで、、、、
今後とも、よろしくおねがいします。


とにかく、一生懸命走りはしますので、、、、、、。
posted by 西久保毅人 at 14:28| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

施主力100% 

稲城市に、隠れ家的な多国籍料理の店、Bar de HASEGAWA(バル・デ・ハセガワ)っていう、
粋な御夫婦が、気まぐれにオープンするお店があるそうです。

4151.jpg

聞くところによると、
一見、見た目は、料理屋には見えないよ、、、とのコト。


それもそのはず、
なんてったって、その御夫婦の家づくりの注文は、

「玄関入ったら、左は、バイク屋さん、、、

4168.jpg

右は、洋服屋さん。


4149.jpg

、、、、、そんなおうちにして下さい。」

だったそうなのです。

そりゃー、料理屋だって、分かる訳がありませんよねぇ、、、、。


だから、たいていは、
そこで引き返すお客さんが多いそうなんですが、
紹介してくれた人によると、、、、、



4148.jpg

「、、、、まぁ、そこはだまされたと思って、2階に登ってごらん。。。。。


そうでなくても、きっと到着する頃にはね、
家の外まで、おいしそうなニンニクの香りがぷんぷんしてるだろうから、
まぁ、登らない訳にはいかないだろうけどね、、、、。

そう、
目だけじゃなく、時には、鼻だけを定規に進むコトだって、大切な事だよ、、、。


4152.jpg

そして、無事、2階にたどり着いたら、どうしたらいいかって??



まず、そこにはこだわりのキッチンの前で、
鍋の火加減をこまかく気にしている男がいるだろう?

4155.jpg

そいつが、伝説のシェフの、ハ・セガワ=エスパニュールだ。


4153.jpg

そして、おそらくその横のカウンターには、

「一見この店の常連さん、、、??」

かのように、酒を片手に酔ったように振る舞いつつ、
シェフの目を盗んではするどい眼光で、ちょいちょいキッチンに立つ女性もいると思うんだが、、、、。


4159.jpg

その女性は、エアリー・ハセガワ

伝説の酔拳の使い手だ。気をつけろ!(笑)


4165.jpg

その2人こそが、この店のオーナー兼、シェフな訳だが、、、、。


、、、、、、、、
まぁ、そこまでたどり着いたら、それから先はお楽しみ、
自分の目と、鼻と、舌で、、、というコトで。」


とのコトでした。

4158.jpg


たどり着くまで、ちょっとドキドキでしたが、
ほーんとうわさ通りの隠れ家的なお店!!

隠れ家的っていうか、だれかのおうちのようで、そうでもないような、
どこかの設計事務所が設計したようで、そうでないような、、、、。

4167.jpg


、、、、っていう、、、、

まぁ、先日、長谷川さんにお招きいただいて、
さんざんただ、食って、飲んできましたよ、っていうそんな話な訳なんですけど、、、、。


4163.jpg

かれこれお引き渡しから、半年くらいでしょうか?

ゆっくりお邪魔したのは久しぶりだったのですが、
とても楽しく、長谷川ワールド全開で暮らしていただいている御様子が、
とても嬉しかったです。

そんな訳で、以前までは、よく施主力7割のニコ設計室、ってよく書いていたんですけどね、、、、


4164.jpg


すみません、撤回します。
長谷川さんちに関しては、もはやこの時点で、施主力100%って感じで、
隅から隅まで長谷川さんち、でしたし、
でも、まだまだこれからも、どんどん長谷川さんのカスタムで、
成長していくんだろうなぁ、、、楽しみだなぁ、、、、
と思って嬉しかったです。

こうなれば、もうニコの僕たちなんて、
お酒飲んで酔っぱらってればいい訳ですし、、、。


4150.jpg

まぁ、とにかく、

愛されてるなぁ、、、、、長谷川さんち。

って思えた夜でした。



ちなみに、二度目の来店からは、
クラシックギターの生演奏が聞けるらしいので、はやくまた行きたいです!

おそくなりましたが、ごちそうさまでしたー。

おしまい。
posted by 西久保毅人 at 18:32| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

そうそう、建もの探訪、飯島さんち、明日4/4に放映ですー。そして。

今日のマシューズさんちの地鎮祭レポートは、
牛(ぎゅう)に、まかせておくとして、、、。



そうそう、
すっかりと、告知が遅くなってしまいましたが、

4178.jpg

明日4/4(金)のテレビ朝日「渡辺篤史の建もの探訪」にて、
飯島さんちが、いよいよ放映されます。

4175.jpg

時間的には、明日って言うよりも、今日の夜中、って言った方が早いような、
早朝の朝4:30〜の放映ではありますが、
ぜひ、早起きして、もしくは録画して、見ていただけたらと思います!

4171.jpg

撮影中は、、、、、、


毎度のコトながら、僕は撮影に立ち会うには立ち会うんですが、
渡辺さんが家を見ている間は、僕たち設計者は近くにいてはいけない、という、
建もの探訪のきびしいルールがあってですね、、、、


4172.jpg

「、、、ハイハイ、ニシクボさんは、この椅子でも持って、そとそと。
 カメラに写らないとこにいて下さいねー。」

と、笑顔で2時間程、そとに放り出され、1人、放置プレイなのです、、、実は。。。。

なので、立ち会った、っていうよりも、
ちょっと遠くで、こっそりと眺めていただけなので、内容は分かりませんが、
飯島さんちのコトだから、きっと楽しい事だと思います。
楽しみです。


4170.jpg

、、、、、というか、
飯島さんち
小さすぎて、30分持つのでしょうか、、、、??

という、余計なお世話の、心配もあるにはあるのですけれど、、、、。

4177.jpg


目下の悩み事としては、


さて、これから、放映まで起きている方がいいのか、
もう寝た方がいいのか、、、、、、?


4179.jpg

どうしようかなぁ、、、、。


4180.jpg

そして、来週末4/13(日)は、
いよいよ、ニコ初関西のおうち、
神戸の「曽根さんの家」のオープンハウスを予定しています!

内覧をご希望の方は、上のお知らせの絵をクリックしてお問い合わせ下さい。

posted by 西久保毅人 at 17:36| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

そして死について。

先週末、世田谷でこれから工事の前川さんの家の地鎮祭でした!

4185.jpg

そういえば
土地も決まっていないころに、会いにきていただいて、かれこれ1年半くらい
経ったのかなぁ、、、と最初の時を思い出します。
そもそも前川さんたちものんびりで、僕たちも、のんびりで、、、、、。

そんな訳で、ようやく着工です、、、。

4188.jpg

地鎮祭の後、いろいろ雑談をしていて、

「あぁ、将来、家で死ねたらいいな、最近つくづく思うんです。。。」

と前川さん。

暗い話のようだけど、実は家のもつ役割の、いちばん大切なコトなのだと
時々思います。

4186.jpg

実は、人生のホントの最後を、家で過ごせる人って、とても少ないそうです。
いろんな状況や、事情があるんでしょうけど、、、。

4187.jpg

そんな話しをしていたら、本間さんちを思い出しました。

本間さんと打ちあわせをしていた頃って、かれこれ10年くらい前かなぁ、、、。
メール見返したら、ほんとピッタリ10年前でした、、、。
時の経つのは早いですねー、本間さん。

とは言いつつほとんど、打ち合わせを肴に、お酒ばっかり飲んでいた気がしますが、
実は本間さんからも、同じようなお話を聞きました。

4183.jpg

そんな訳で、
本間さんちの道路側の大きな扉は、
実は、将来、棺桶を家から出すために設けたものなのですが、
ほんとは、あける予定のなかった壁が、大きく開く、っていうコトが、
実は、本間さんちの日常の中で、とても大事な開口部だったなぁ、、、
と行くたんびに思います。

4181.jpg

もし、そんな話がなかったら、きっとこの壁は開かなかったんだと思うのです。

なんというか、、、、

とてもとても、未来のコトをイメージしたものが、
とてもとても、近い日常を豊かにする、というコトに、この時に勉強させていただいたのです。


4182.jpg

とてもとても、未来のコトをイメージしたものが、
とてもとても、近い日常を豊かにする。



とてもとても、未来のコトをイメージしたものが、
とてもとても、近い日常を豊かにする。



前川さんちも、そんな家になるといいな。

すべての家が、そんな風になるといいな。

すべての街が、そんな風になるといいな。




そしてそして、今週末は、
そんな街の未来を考えた、神戸の曽根さんちのオープンハウスな、訳なのです!

完成間近、今日、行ってきましたが(曽根さんと飲みに、、)、とても良かったです。
街になじみすぎて、最近、通り過ぎちゃうんですけどー、、、、(汗)

4180.jpg

内覧をご希望の方は、こちらまで。
posted by 西久保毅人 at 00:54| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

曽根さんの家、オープンハウスでーす。

さてさて、
いよいよ今週末は、神戸で設計をさせていただきました、曽根さんちのオープンハウスです。

4180.jpg

前回の香川県の竹安さんちに続き、今度は関西でのニコ初仕事!です。

4189.jpg

でも、実は、曽根さんに最初にお問い合わせを頂いたのは、
竹安さんちよりも早くて、、、、、、、2010年のコト。

それから、時々、ぽつりぽつりとやり取りをさせて頂いていましたが、
僕も、遠距離恋愛初めて、、、、、っていう、コトもあり、
正直、

「、、、この人達、本気なんかなぁ、、、、??」

と、半信半疑ではあったのですが、、、、、


4195.jpg

1年以上しばらくして、かなり突然、ニコにご家族全員で、しかも、おなかには
夏に産まれる赤ちゃん付きで、総勢5人でいらっしゃった日のコトは、
今でも忘れられません。

きっと、あの日が、曽根さんちのスタートだったのかなーと思います。

「おっ、本気だ!」


、、、、とそんな訳で、
いつものごとく、楽しくも、ちょいちょいご迷惑もおかけつつ、、、、、(汗)
ようやく完成を迎える事ができました。

、、、、ちょいちょいでもなかったかなぁ、、、。。。。。

4197.jpg

その時、おなかにいた赤ちゃんも、もう、こんな大きくなっちゃって、
時の経つのは、早いものです、、、、。

4193.jpg

さて、曽根さんちのある場所は、
観光地のハーバーランドまで徒歩圏内なんですが、すぐそばには高速や大通り。
高い容積率のために、ビルやマンションに囲まれた環境の中に残る、木造長屋の連続した古い町です。

4190.jpg

敷地は道路に面して20mの長さなのですが、
奥行きは3m〜5mと、敷地というよりも、道のような場所でした。

4192.jpg

古いものと新しいもの

高いものと低いもの

速いものとゆっくりとしたもの

そんな真逆の風景が入り混じる奥様の生まれ育った街の中。



4194.jpg



曽根家5人家族の暮らしを守りつつも、
街とのんびりと連続しながら、気取らず笑いの絶えない暮らしができるよう、

昭和の風景のように、道ばたで子供たちがボールとバットで遊んでいるのがよく似合う、
この下町のようなのどかな街並が、これからもつながっていくよう、楽しく考えた住まいです。

4196.jpg

内覧をご希望の方は、ぜひぜひお問い合わせ下さいませー。
こちらまで。
posted by 西久保毅人 at 00:06| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

上棟

4198.jpg

小川さんの家






さて、神戸へ
4180.jpg
posted by 西久保毅人 at 04:19| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

曽根さんの家のオープンハウス、、、のような飲み会

先週末、初の関西、初の神戸で設計をさせていただきました、
「曽根さんの家」のオープンハウスでした!!!

4223.jpg

僕らにとっては、完全アウエー、な場所なんですけど、
ホームだよー、って思わせていただけるようなそんな嬉しいお客様の数々。

海をわたり、香川の竹安さんご家族もかけつけてくれて。

4201.jpg


そんな訳で、ホルモンをつまみに、飲み会。

飲み会風、オープンハウス。


4247.jpg

オープンハウス風、宴会です、、、。

4200.jpg

今回は、関西で活躍されている建築家の方々も、
来ていただいて、とてもうれしかったのですが、

「オープンハウスで酒盛りしてるのは、初めてですよー!」

と、かなり、きょとん、、、、とされていました。

4202.jpg

えー、知らないの?? これが関東風です。。。

4203.jpg

4204.jpg

さてさて、曽根さんの家。

4205.jpg

ほーんと、最初にシキチを見せていただいた時に、

「ここです。」

って言われた場所が、あまりに長ほそくて、ビックリしました。
20mくらい、道に接してるんですけど、
奥行きがうすくて、車がはみ出しちゃうくらい。。。。

4206.jpg

今思うと、
もし奥様が、この場所で産まれ育っていなかったら、
この土地に家を建てようなんて、思わなかったんじゃないかなぁ、、、、。

でも、きっとこの場所にもともと古い長屋が建っていて、
そに暮らしがあったコトを知っているから、漠然とした「住めるっ!」
っていう、自信みたいなものがあったのかなぁ、、って今では思います。


4207.jpg



4208.jpg

だからか分かりませんけど、
そういうえば、打ち合わせをしている時も、
狭いとか、もっと広く、、、、っていうような、
ケンチクにありがちな話しは一切した記憶がないなぁ、、、。

不思議と。。。。


4209.jpg

4210.jpg

最後はいつも、なんとなく、

「わたし、よう分からんねん。。。

それより、そろそろお酒だしましょかー、、?」



4211.jpg

4212.jpg

でも、それは、遠い僕たちに設計を頼むっていうコトの、
どう考えたって悪い条件も、実は同じようなコトかも知れないなぁ、、、
とも実は思います。

どっちも、なんていうか、、、、
物理的な問題です。

4213.jpg

物理的な、大きさ、広さ、小ささ。

物理的な、距離、遠いコト、近いコト。



4214.jpg

どうしても、僕たちはそういうブツリテキなものにしばられます。

数字で表現できるもの。
数字で表現されたら、どうしようもないもの。


あたりまえのコトなんですけど、、、。


4215.jpg

ましてやケンチクなんて、まさにその典型なのかも知れませんねー。
クリックひとつでかえませんし、
メールだけではできませんし、、、。

それはもうあたり前で、しかたのない事なんですけれど、
このインターネットでなんでも繋がっちゃう世界とは真逆の、
超アナログな世界。

4216.jpg

でも、ほーんとにもう、
申し訳ないんですけど、、、、、
そんな世界で生きてるからかも知れませんけど、、、

僕、数字で表現されるものに興味がないっていうか、信用してないっていうか、、、。


一応、理系なんですけど、
だから建築学科、僕に合わなかったんだなぁ、、、とつくづく思うんですけど、、、。

4217.jpg

理屈は、そうだけどさぁ、、、。
数字でいえば、もちろんそうかもしれないけどねぇ、、、。

それが、もちろん正論で、正しいってコトくらい、
頭ではわかるよ、もちろん。

4218.jpg

でも、それが、
HAPPYかどうかは、
いいな、って思えるかどうかは、
また別の問題だよなぁ、、、、と思うのです。

メンドクさいんですけど、
僕が世の中でいいな、って思えるコトは、数字で表現できないコトだらけ、、、。

4219.jpg

そんな訳で、
ぼくだけこんな風に思ってても、なにもうまれませんし、
こんなメンドクさい僕らに共感してくれる人達との出会いなんて
めったにある事ではないだろうなぁ、、、っていつも思ってるんですけど、
今回も
曽根さんご家族とは、最初にお会いした時から、
なんか、他人の気がしなかったなぁ、、、、。

なんだろうな、この不思議なカンカク。。。

曽根さんたちも、そういう風に感じてくれてたのかな、、、。

4220.jpg

もう、なんていうか、
とても言葉で表現できない不思議なカンカク。


すみません、ほんとに説明できません、、、。


4221.jpg

でも、そんなとてもテキトーで、あやふやなカンカクなんですが、
一昨年は四国で、同じように竹安さんと出会い、
その竹安さんのオープンハウスに、曽根さん達が来てくれて、
今回は、もうおうちできたのに、
竹安さん家族が、曽根さんちに来てくれて。

4222.jpg

なんだろう、この親戚のあつまりのような輪は、、、。


41歳にもなって、
もう新しいお友達のできる年でもないはずなのに、
ほんとの親戚だって、きっとこんなに仲良くないのに、、、。


こういう、いびつで、偶然で、必然で、適当で、ゆるくて、いいかげんで、、、、。
なのに言葉では表現不可能なとても強い結びつきを

もしかしたら、、、、
吉阪 隆正の言葉をかりると、「不連続統一体」、とでも言うのだろうか??


4224.jpg

4225.jpg

4226.jpg

4227.jpg

4228.jpg

独立した時は、
こんなコトが起こるなんて、夢にも思わなかったです。

そして、ケンチクってすごいなぁ、、、、とつくづく思います。

4229.jpg

たとえば、住宅にしても、ビルにしても、
本当にテキトーに、何の愛情もなく作られているものはたくさんあります。

売るために作る、税金対策のために作る、投資として作る。。。。。

4230.jpg

別にどんな作られ方をしても悪い事ではないし、
それだけケンチクって、だれでも、どんな目的でも作れちゃうものでもある訳なのだけど。

4231.jpg

打ち合わせなんかしなくてもできるし、
現場にいかなくったってできちゃう。
愛情も、感情もなくったって、できちゃう。

モノだから。

4232.jpg

そのくらいケンチクって、ある意味、簡単で、あたり前なもの。

4233.jpg

でも、だからこそ、ケンチクには可能性が無限にあって、
原始的だからこそ、日常に直結していて、
人の暮らしや風景や、未来をかえていく力も同時にあるのだ、、、と僕は思います。

4234.jpg

はたしてケンチクとはなんだろうか?

いまだによく分からないけれど、
僕が経験した事実だけを考えると、
人と人を紡いでいく力のあるものなのではないだろうか?

大きくて、1人ではできないものだからこそ、
人と人をつなげたり、時には、切り離したりするものなのではないだろうか?


4235.jpg

「あぁ、このまま時間が止まればいいのに。。。」

なんていう、
40過ぎた馬鹿オヤジがいまだに感動してしまう程の、
心ふるわせる魅力的な世界のコトなのではないだろうか?


4236.jpg

子供たちが、全身で感じ、
忘れられない風景になるものではないだろうか?

4237.jpg

座ったら、動きたくなくなるものではないだろうか?


4238.jpg

不完全で、少し薄暗いものではないだろうか?

4239.jpg

あたり前の出来事が、ちょっと楽しくなるものではないだろうか?

4240.jpg

思い通りにならないコトを、
受け入れて初めてたどり着く世界のコトではないだろうか?

4241.jpg

4242.jpg

、、、、とそんな訳で、
グダグダと書きましたが、
もう、僕たちが設計させていただいたコトを忘れるくらい
楽しく、嬉しいオープンハウスでした。


4243.jpg


4244.jpg

そして、夜は夜で、
曽根さんのお友達を交えて、また宴会!

4245.jpg

たくさん人が集まって、時間を忘れて飲んで、食べて、仲良くなって。

、、、、、しかしほんと、食べるコトと飲むコトしか考えてないなぁ、、、。

なんの職業だか、忘れてきたなぁ、、、、最近。。。。


4246.jpg

一応、設計という仕事をしている事務所の所長の談話でした、、、、。

また飲みに泊まりにいきますねー。

おしまい。
posted by 西久保毅人 at 00:42| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

小川さんの家の上棟式

4265.jpg

先週、調布市で進行中の、小川さんちの上棟式でしたー!

4250.jpg

小川さんの家は、もともとの庭に生えていた大きな紅葉や、キンモクセイを
残したままの計画にしています。
なので、出来上がると、ぜーったいに素敵な場所になるはずなんですが、
残したまま工事をする、っていうのは、意外と大変、、、。


4251.jpg

枝葉に職人さんがぶつかったり、家の中に、ニョキっと木の枝が入り込んできたり、、、。

そんな訳で、職人さんにとっては、ちょっとメンドクくさい上棟ではありましたが、
大変なだけあって、やっぱりその骨組みに登ると、いつもの上棟の雰囲気とは、
なんか違う空気、というかとても素敵な場所になりました!

4254.jpg

そして、あんまり意図した事ではなかったのですが、
たまたま木を残すために計画した空地が、実は、街の中でぽっかりと
抜けた場所に連続していたりして、、、。

こういうコトが、ケンチクは面白いなぁ、、、って思います。

4255.jpg

残す、って、それにしばられるコトでもあるし、
悪く言うと、すこし不自由になる、ってコトでもあります。

でも、思いもよらないアイディアや素敵な世界って、
実は不自由さの中から見つかるコトがとても多いですし、
その方が、圧倒的に楽しい世界が待っているのだなぁ、、、、というのを
いっつも仕事の中で感じます。

4258.jpg


4257.jpg


、、、、とまぁ、まじめな話はさておき、
日をあらためた夕方から盛大な上棟式!
ちょーど、外が気持ちいい気候になってきましたので、
お庭でバーベキューをしていただきました!

4259.jpg

今回、工務店さんは、匠陽さん。
監督は、ニコでは、三輪さんち山崎さんちを見てくれた若い加藤さんです。

実は、小川さんと初めてお会いしたのが、三輪さんちのオープンハウス。
4260.jpg

「つながりましたねーっ!」

って、こういう巡り合わせも本当にHAPPYなデキゴトです!

4256.jpg




4261.jpg

そうそう、、、

4262.jpg

実は、小川さんの奥様は、カメラマン!
なので、今回、上棟の風景をずーっと撮影されていたんですが、
その写真を大きく現像してくれて、上棟式に持ってきてくれたのです!!!

これは、もう、とっても素敵なサプライズ!!!!!!

職人さん達も、とても喜ばれていましたし、
なにより、
写真を飾るとこって、部屋の中だけじゃなくっていいんだなぁ、、って
改めて思いました。


4249.jpg


職人さんって、カッコいいんだよなぁ、、、。

そして現場の、モノができていく風景って、とても面白く、迫力があるのです。

4263.jpg

こういう経験や、風景って、ほーんと子供達に知って欲しいなぁ、、、といつも思います。

そんな訳で、このまましばらく仕上げないで現場ギャラリーとして1年くらい使うっていうのは
いかがでしょうか、、、、、??

4268.jpg


もうお酒が進まない訳にはいかない、、、なんとも楽しい上棟式!

夜がふけるにつれ、次々と小川さんのお友達も駆けつけてくれて、
前にリフォームをさせていただいた阪本さんも、僕のむちゃぶりにも関わらず、
スペシャルゲストとして飲みに来てくれて、、。

今後、ニコで企画中の、
オープンハウスならぬ、、、、オープン上棟式です!!!第1回。

4266.jpg

まぁ、言っちゃえば
ただの飲み会なんですが、

これから生まれるケンチクの中で、
「ただの飲み会」が、時間を忘れるくらいとても楽しい、っていうのは、
なんとも素晴らしいコトじゃぁないですか?

ねぇ、、、。

だって、ケンチクは皆で楽しく飲み食いするところなのですから、、、。






、、、、、、しーん(涙)

posted by 西久保毅人 at 23:08| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

僕もこんなうしろ姿で。

久しぶり、ノノの試合。

こないだ始めたかと思ったら、、、、、もーう中3。

はやっ。。。。最後の夏です。


4269.jpg

これまでいろんな角度から、彼女達の写真を撮ってきたんですが、
バスケの試合は、ディフェンス側から撮影する方が、僕は一番好きかなーって思いました。

、、、、ていうか、
結果的に、そういう、うしろ姿が好きっていうか、、、
カッコいいなぁ、、、と思います。

4270.jpg

、、、、なんでだろう?


4272.jpg

それはバスケっていうスポーツが、
守備の選手、攻撃の選手っていう分かれ方をしてなくて、
すべての選手が、ディフェンスもオフェンスもするからかなぁ、、。

まぁ、なんのスポーツもそうですが、特にその切り替えが早いというか、、、。




4275.jpg

だから、すべてのディフェンスは、攻撃への一手。

4277.jpg
加速する手前の、


4280.jpg
切り替わる瞬間、、、、。


4278.jpg



4279.jpg

僕もこんなうしろ姿を

4273.jpg



4271.jpg


僕もこんなうしろ姿を
posted by 西久保毅人 at 23:30| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

明るい宴

先週末、ニコのご近所の杉並区で工事中の、
中島さんちの上棟式でした!

4282.jpg

思いのほか、天気が良くて、
思いのほか、早く終わっちゃって。

4288.jpg

日も長くなり、
予定をすこし繰り上げて、明るい時間にスタートの上棟式でした。

4287.jpg

4286.jpg

でも、ほんと、
街の角地に建物が建つっていうコトは、
工事中もふくめて、とても楽しい事だなぁ、、、ってつくづく思うような、
そんな上棟式。

その分、そのたたずまいは、街の中でとても重要ですし、
同時に、ご家族も、街に住んでいるカンカクが否応にもあります。

4291.jpg

そして、子供たちにとっては、
現場はとてもワクワクする、公園のような遊び場。

4281.jpg

実は、でも、建築現場って、こういう風にまわりから丸見えな時期って
ほんの一瞬。
とてもとても貴重な時間です。

あとは、完成までの数ヶ月間、シートに覆われて中はよく見えません。

4293.jpg

もっともっと、
現場が街に開かれていけばいいのにって、いつも思います。

絶対、子供たち、興味しんしんなのに、、、。

4290.jpg

ちょこっと、大工さんから、木の破片とか、もらいたいはずなのに、、、。

4284.jpg

最近、特に職人さん不足が社会問題化していますが、
それを制度でどうこう、、、って言うんじゃなくて、
こういう、ワクワクして、ちょっと危険もある現場を街に開かないと
根本は、変わらないと僕は思うな、、、。


そして、現場で一緒に御飯を食わないと、、、。

4285.jpg

「大工さんたち、ちょーかっこいい」

って、子供たちが日常の中で、触れて思わないと、、、、。

4292.jpg

なんて、そんなコトを考えつつ、街のど真ん中で、
さんざん飲んだ上棟式でした。

なんだかんだと、お年寄りの多い住宅街。
中島さんちの3人の子供たちが、さらにそのお友達を引き連れて、
いきいきした、にぎやかな暮らしの風景がこの場所に生まれるといいなぁ、、、と思います!


4289.jpg
そうそう、中島さんちは、牛島さんが初の担当。

根拠のない自信だけは、、、、、

あふれんばかりに、あるらしいんですけど、、、、、




あふれ過ぎて、こぼれがち!!!



今度、こぼれてるやつ、拾い集めてみようかなぁ、、、、(笑)
posted by 西久保毅人 at 00:24| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

改札口

連休も、ほぼバスケ三昧のリンタロウ。

ただ唯一の、一日だけの部活の休みの日。
こんなコトがありました。

4295.jpg

部活のお友達の男の子と2人で、
映画館に行く約束をしたそうです。

『待ち合わせは、オギクボ駅の「改札口」でね。。。』



喜びいさんで家を出てから、2時間くらいしてからでしょうか?
泣きながらりんたろうが帰ってきました。

りんたろうは、「改札口」でずーっと待ってたんだけど、
お友達がこないから、もしかして先に映画館に行っちゃったんでは、、、?
と思って、電車に乗って映画館まで行ってみたんだけど、
それでも会えずに帰ってきた、、、とのコト。



じゃあ、その、お友達は、、、、?

そのお友達もお友達で、
りんたろうとは別の「改札口」でずーっと待ってて、
あんまりにもりんたろうが来ないし、もう映画には間に合わない時間になっちゃったので、
おうちに帰ってしまった、、、とのコト。


そう、住んでいるオギクボ駅は、
そんなに大きな駅ではないんですが、離れた場所に「改札口」が2つ、あるのです。

りんたろうにとってのいつもの「改札口」と、
そのお友達にとっての、いつもの「改札口」が、
ようは違っただけの話。

といっても、歩けば2.3分で行けちゃうはずの、2つの「改札口」。

どっちの改札??って確認しとけよーっ、て話ですが、
ちゅういち男子の脳みそでは、そこまで考えおよばず。。。。

まぁ、トウキョウっぽいといえば、トウキョウっぽい出来事かもしれませんね。
たったの2.3分でいける距離の間に、たくさんの壁があり、人がいるんだから、、。

そしてこういうのって、
携帯電話を持ってたら、たぶん起こらないコトなのでしょうけど、
2人とも携帯電話もってなかっただけの話。



でもねぇ、、、時間はもったいなかったかも知れないけれど、
こういう、、、、ただ待つ、っていう経験、
きっと、とても大事だよなぁ、、、って思いました。


携帯がないから、待ってる間、いろいろ想像して、
何が起こったんだろうって、真剣に想像して、
一か八かで映画館まで行ってみて。。。。


こんな待ちぼうけは、昔はもっとたくさんあったよなぁ、、、と
思うし、あっていいよなぁ、、、って思います。
野口五郎の名曲、私鉄沿線も、
きっとこういう時に生まれたんでしょうね。おそらく、、、。

こんな待ちぼうけのたんびに、人は成長するんだと思いますよ。きっと。ヒマだし。。。
ソラ達の小学生の待ち合わせも、実は大抵、こんな感じです。


でも、なんか、
ソラにしても、リンタロウにしても、、、、、。

携帯なんかなくて、「約束」だけを信じて
遊びに出かけていく時って、なんか、
子供ながらに
とても晴れ晴れしい顔をしているっていうか、、、

なんていうか、
よけいなモノを身にまとわない無垢な感じが、
とてもいいなぁ、、、って、思いますよ、ほーんと。



、、、、とそんな訳でですね、、、、
こんな素敵なエピソードがあるたんびに、
リンタロウの、夢の携帯電話獲得大作戦は、
残念ながら、もみ消されていくのでありました、、、。

おしまい。


びゅっ!!!
posted by 西久保毅人 at 23:34| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

プレゼント

すてきなすてきな、、、


4298.jpg


すてきなプレゼントを頂きました!!!



4301.jpg


うれしいなぁ


4297.jpg


うれしいなぁ


4302.jpg


うれしいなぁ、、。

posted by 西久保毅人 at 11:56| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

てっこん筋クリート

五反田で工事中の、TSTJハウス。

4303.jpg

4階建ての、店舗兼用住宅なんですが、
よーやく、コンクリート工事が終わりました。

4304.jpg

コンクリートの建物は、木造と違って、いわゆる骨組みができあがるのに
時間がかかります。
なので、木造みたいに、今日が上棟の日、っていうのが、はっきりある訳でなくて、
半年程かけて、一階づつ作るあげる感じ。
そして、ちゃんと固まるまでも、時間がかかるので、ようやく4階までの空間の
全貌がみられるようになった訳です。
それが、ようやく4階までできたので、それをいわゆる上棟って呼んでいます。

4305.jpg

もう、このまんま、住めそうですけどね、、、。


4308.jpg

そのぶん、ここまでくると、ほとんど空間を体験できちゃうので、
この、一発でできる、っていうコトの気合いというか、力強さは、
なかなか木造だと体験できないコトでもあります。

なんていうか、、、、
設計中に考えたコト、大事にしたコト、その前後に感じていたコト。

そんな、自分の中で、ホントはぼんやりしていたものが、
目の前に、豆腐みたいに固められて、

「ほれ、こんなコト考えてたんだろう?」

と、見せつけられている感じでしょうか?


4309.jpg

ちょーど、香川の竹安さんちに行ってる時に見てまわった、初期の丹下健三さんの
力強いコンクリートと日本文化の解け合うようなケンチクに、
圧倒されたコトととか、、、、。

4310.jpg

これから、内装工事が始まるんですが、
その間の、ちょっとした静かな、骨格だけのコンクリート空間。

4311.jpg

おもしろいなぁ、、、って思うのは、

これって、作っている最中の姿なのだろうか?

それとも、解体した後の姿だろうか、、、、?

っていうのが、中にいて分からなくなるコト。

4312.jpg

はたして、どっちなのだろうか、、、、?
posted by 西久保毅人 at 02:00| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

1年点検のフリした、、、。

先週末、去年完成しました「佐藤さんの家」の1年点検にうかがってきました!

4314.jpg

とてもいい天気!


4315.jpg

事前に佐藤さんからも、

「、、、宴会のつもりでおまちしておりますんで、
お酒の種類の希望がありましたら教えてくださいねー。」

とのコト。


えっ??、何のコト・・・・・

4316.jpg

さて、

4318.jpg

佐藤さんの家は、品川の結構密集した古い街の角地にあります。

何度設計をさせていただいても、やっぱり角地の設計は難しくてですね、、、。

「目立っていいじゃんっ。」

ていう考えもあるのでしょうけれど、そういうコトよりも、
いかに快適に過ごすか?っていうコトを実現するのがとても難しいっていうか、、、。

4327.jpg

で、
たぶん、人それぞれに、「快適」のコトバの定義が違うんだと思うんですが、
僕の「快適」の定義は、

街の風景や、風や、土のにおいや、営みとしっかりと確実につながりながらも、
人目をあんまり気にせずに、だらーっと過ごせるようなカンカク、、、なのです。

もっと言うと、
中にいると、「この街そのものが我がシキチなのだよ、わっはっは。」
と思えるくらいのずうずうしさを感じつつ、
建物ができるコトで、街の人にも、何かを差しだしているような、
街の人にも「できて良かったねー。」と喜んでもらえるような、、、そんな感じかなぁ、、、。

っていう、、、
超、都合のいいコトを目標にしているので、
なかなか難しいのです、、、。


4319.jpg

しかしふと、こんな風に書いて読み返してみるとですね、
、、、、なんか、自分のコトのようで恥ずかしくなります、、。


まぁ、分かりやすくいうと、
閉所恐怖症の人見知り、という
僕の人格そのもののような、感じでしょうか、、、?


人見知りだったら、閉じりゃーいいのに、閉所恐怖症っていう、、、。
あー、メンドクさい。。。。ですよね、、。

4320.jpg

最近までバレてないかなぁ、、、
上手くやれてるかなぁ、、、と思ってたんですけど、
佐藤さんはじめ、飯島さんはじめ、曽根さんはじめ、、、、、
僕のこういう性格が、実は最初からバレバレだった事を告白されるコトが
最近、とーっても多いのです。。。。

しゃべらないくせに、多弁、っていう、このどうしようもなく
めんどくさいセイカク、、、、。

こーんなメンドクさい感じなのに、
ほーんと、皆様によくおつきあいいただき、本当に本当に感謝です、、、。

言わない人も、きっと思っているんだろうなぁ、、、すみません。

4321.jpg

さて、話は横道にそれましたが、そういう意味で、
佐藤さんちは、その両面がとてもよく実現できたと思いますし、佐藤さんに住んでいただく
コトで、よりいきいきとした空間になっていました。
佐藤さんと出会ってなかったら、できなかっただろうなぁ、、、。
まさに、そんなおうちです!

佐藤さんの好きな、山や自然。雨や風や四季の営み。


こじつけですが、
そういえば、山や自然や季節は、多弁ですが、しゃべりませんからねー、、、。

はは、超こじつけ、、、。(汗)

4322.jpg


そして、今回は、ちょうど工事途中の前川さんご家族も招待して、
ニコの家の暮らしぶりをご案内しました。

ちょうどこれから、仕上げとか色とか、決めていくので、
暮らしのイメージを共有するのが目的だったりするのですが、
この入居後オープンハウスも、機会あれば、少しずつ実現したいと思っています。


4317.jpg

前川さんご家族にも、自分の家のようにくつろいで
過ごしていただき、、、

4324.jpg

もちろん、ニコのみんなも、

「自分ちだと、勘違いしてんじゃないの??」

てくらい、のんびりと過ごさせていただき、、、、。

4325.jpg

気がつくと、
人んちの台所をガサゴソとしはじめ、、、、、。

4323.jpg

気がつくと、
あふれんばかりの食材とお酒が、テーブルに並びはじめ、、、、。

4326.jpg

、、、、すみません、ただの飲み会でした、、、、、
というか、検査のフリして、飲みにきました、ジブン達。

そんな訳でですね、、、。
明るい時間に始まったはずの宴会は、
佐藤さんによる、ニコの人生相談に変わりながらも延々と続き、
ホソダくんが、なんか発表したような気がしますが、あまり記憶になく、、、、

「、、、、電車なかったら、寝てく??」

って言われるまで、飲み続けた、たちの悪い1年点検でありました。


ほーんと、御馳走さまでしたー、佐藤さん。
posted by 西久保毅人 at 00:00| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

運動会(リンタロウの場合)

先週末は、晴天の中、子供たちの中学の運動会でした!

今年から、リンタロウもノノも同じ中学になったので、
親としては、忙しい運動会。

ノノとまぜるとメンドクさいので、とりあえず、リンタロウの場合。

4335.jpg

さて、リンタロウ。
クラスの旗持ちから始まり、、、、

4330.jpg

体育委員らしく、
1年のクセに、なぜか、ステージの上でさらし者のようなラジオ体操。

おかげで、僕は、ふだん寝てるような早朝からの始動です、、、、。

4331.jpg

まぁ、とにかく、日々、運動しかしてないし、
多少はバスケ三昧の成果があったのか、
走りっぷりは、ましになってきたような、、、、

とまぁ、
なんとなく、見た目はそれっぽくなってきたかのような気はさせますが、

しかし、
誰に似たのか知りませんが、とにかく細くて細くてですね、
ねばり腰が相変わらず、足りません、、、、、。

4336.jpg

小さい時、こんなんだったのになぁ、、、。
順調にゴリラになる予定だったのですが、、、、、、。


4332.jpg

そんな訳で、毎年恒例の

「タイムはいいんだけどねー、、、。」的な展開で

父親譲りの本番の勝負弱さをもろに発揮して、
最後に抜かれる抜かれる、、、、、、。

4333.jpg

、、、、、、ん?

リンタロウのはいてる靴。
ソレ、僕の靴なんですけど、、、、、。

、、、、いちお、ナイキでスポーツっぽく見えるけどね、
夏に涼しいためだけ用の、ぜんぜん踏ん張りの利かない、
ふにゃふにゃのメッシュのヤツだから、、、、それ、、、。


、、、、こんな世紀の大勝負で走る用の靴じゃないから、、、。(涙)
そりゃぁ、最後のコーナーで抜かれる訳です、、、。

まったく、、、。
しかも、最近、勝手に僕の靴を履いて出かけるんですが、
さすがに運動会の靴にはすんなよなぁ、、、、。

4328.jpg

と、
そんな訳で、
もちまえの粘り腰のなさと、
僕のふにゃふにゃシューズのおかげで、
今年もあえなく、覚醒できなかったリンタロウ。

いつの日か、覚醒する日が来るのでしょうか、、?


まぁこんなんじゃぁ、
まだまだ、リンタロウには、負ける気がしませんね、、、。

まったく、、、。
posted by 西久保毅人 at 23:25| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

運動会(ノノの場合)

さてさて、運動会編、ノノの場合。。。。

4379.jpg


ノノはいよいよ中3なんで、最後の運動会!!!
来年から、高校生ですよ、高校生、、、、。



ノノの場合、

とにかくもう、、、、
変態的に、学校行事に命をかけていてですね、、、、、。
いつからこんなキャラになったのか、、、、



高校の時の、自分みたいだな、、、、、とも少し思いますが、、、(笑)

4383.jpg

ちょー内向的で、
文化部一直線の予定だったノノですが、

今では、率先して、クラスを引きずりまわす、こわくてデカーい中三女子です、、、。

4382.jpg


人はどう変わるか分かりませんね、、、、、。



さてそんな訳で、
あらゆる競技に登場するんですが、
圧巻はこの、大ムカデリレーでした!

4367.jpg

4380.jpg
運動会のクライマックス、
3年生によるクラス対抗戦なんですが、
地味そうに見えて、30人以上がヒモでつながる、、というちょっと迫力のあるレースです。
1人の力ではどうにもならないレースでもあり、毎年ハプニングのある競技。
4368.jpg


泥だらけで、1人ひっかかるとバタバタ倒れてとても大変で、
練習中にもけが人が出たり、、、とちょっと危ない競技ではあるんですが、
みごと先頭でみんなをひっぱり、優勝!

4370.jpg


各種目、
でるたんびに、いちいち泣いて。
いちいち、笑って。

4373.jpg

勝っては泣き、

4377.jpg


負けては泣き。

4374.jpg

誰よりも、中学最後の運動会を満喫したようでありました。




コジン的にはですね、
部活対抗リレーってのがあって、、、、、

大抵、そういうのは、野球部とか、サッカー部の見せ場になるはずのレースなんだと
思ってみてたら、
優勝は、なんと、「ボランティア部」っていう、あやしい集団!

しかも、めちゃくちゃ速い!

「何?ボランティア部って、、、、、?ゴミ拾いとかじゃないの、、、??
最近のボランティアって、なにしてんの、、、、。」

って、思ってたら、その子たちは、学外のクラブチームで野球やサッカーやラグビーを
しているスーパー集団だったそうです。

そりゃ、速いですよねー、、、、、びっくりでした。


そっかぁ、、、クラブチームかぁ、、。
今っぽいなぁ、、、、。

4376.jpg

さて翌日。。。。。

「さっ、次は、秋の文化発表会の合唱コンクールの金賞狙い。
ノノ、指揮もしたいんだけど、指揮しながら歌うのダメかなぁ、、、。
(そんなヤツはいないと思う、、、、。)

男子ちゃんと歌うかなぁ、、、、。
なんだかんだ、合唱は男子が歌うかどうかだからな、、、、。」

と、脳みそは、完全に次の学校行事に切り替わったらしいです。
若いってすごいなぁ、、、。

これから、バスケの最後の大会も始まるし、、、、、。

ええとですね、、、
いちお、受験生です、、、。

posted by 西久保毅人 at 22:29| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

軽井沢のくらし

新緑の軽井沢。

4362.jpg

昨年完成しました軽井沢の山本さんちの点検にうかがってきました。

4341.jpg

ちょーど、去年完成した頃は、まだ寒さの残る時期でしたので、
まわりの木々は、枝葉だけ。
なので、今回は、新緑のこの時期にずらして点検に行かせていただきました!


すごーい。
これでも一冬分足りないという薪の量!

4364.jpg

実は、山本さんとはトウキョウで、しかもご近所でお会いしたのですが、
軽井沢への移住にあわせて設計をさせていただいたのです。
なので、「軽井沢」ってきくと、別荘??って感じなのですが、
定住のための住まいなのです!

4365.jpg

生活だから、冬を越す、っていうのも、日常。
薪をストックするっていうのも、生活。

なので、1年経った山本さんちの家のまわりには、たくさんの
暮らしのための工夫や、その痕が残っていて、大変と言えば大変なのかも
知れませんけど、それよりも、
何ともいえない圧倒的な自然環境をとても楽しそうに話していただいて
とても羨ましく思いましたよ。

4343.jpg

寒冷地なので、こういう場所では、床も1mくらい地面から上げて
設計するんですが、
それでも、玄関の上まで雪が積もったそうです。

4344.jpg

なので、その時期は、その分、建物が低くなる訳だから、
子供たちは、薪小屋の屋根に登ったり、、、。

そんな写真も見せてもらいました。

なるほどー、
雪で建物が低くなるって、ふしぎなカンカクだなぁ、、、、、。

4342.jpg

4345.jpg

4346.jpg

そして、
家の中も、山本さんちでは大活躍の薪ストーブを中心に
とても、、、、、
ちょっと羨ましくなるくらい素敵な感じに住んでいただいていました。

4347.jpg

4348.jpg

4349.jpg

まぁ、設計がいい、っていうのも、、、、、
2割くらいはあるにしてもですね、

持ち込み家具も暮らしながら探します、っていう感じだったのですが、
ソファーなんかも、結構意外なレイアウト。

4350.jpg

小振りなソファーを、ちょこん、ちょこんと、
暖炉の前や、テレビの前においてあったんですが、
それが、なんだか、小さな居場所を

ちょこん、ちょこん、

って、作っている感じで、素敵だなぁ、、、と思いました。

4351.jpg

世の中には、見たら「素敵だなぁ、、、」って思うんですが、
設計ではなかなか考えつかないコトもたくさん。

このソファーのレイアウトはやられたなぁ、、、と思いつつ、
さて、次回からパクろうと、メモしつつ、、、、。

4352.jpg

4354.jpg

おうちの中は、結構なワンルーム空間なので、
この冬はどうだったかなぁ、、、、と気になったのですが、
暖炉で十分暖かかったそうでした。

4355.jpg


子供たちの作品や奥様の手作りの作品が、いろんな場所に
飾られていて、そういうのも、1年経って、
「山本さんちっぽいなぁ、、、。」
と思いつつ、羨ましいなぁ、、、、と思いつつ。。。。

4356.jpg

4357.jpg

なんか、とても、山本さんちの生活と軽井沢の環境が、なじんでいて、
とても素敵でした。

家っていいなぁ、、、。そんな感じ。

4358.jpg

暮らしって、いいなぁ、、、。そんな感じ。

4359.jpg

また、こういう場所の設計もしてみたいなぁ、、、。

もちろん、軽井沢に限らず、別荘の設計もですね、、、、、、
うわさには聞くリゾート的なやつもですね、、、、。

もちろん、絶賛募集中なんですけどね、、、、
もちろん、別荘、お断りって訳ではないんですけどね、、、、。

でも、面白いなぁ、、、って思うのは、
かれこれ、100件近く設計をさせていただきながら、
これほど、別荘の話がない設計事務所もめずらしいのでは、、、?って思います。

別荘臭がしないんだろうなぁ、、、僕たち。。。(笑)
スイーツ臭がしないんだろうなぁ、、、僕たち。

あたりめ臭しかしないんだろうなぁ、、、。僕たち。
こってり、熱燗、とんこつ風味だもんなぁ、、、僕たち。。。

4340.jpg


でも、だからとても幸せだなぁ、、、と思うのです。
こんな大自然の軽井沢ですら、定住したいっていう方のおうちの設計をさせていただいて!

そのおかげで、
大自然でのほんとの「くらし」の物語を聞けて。


4338.jpg



、、、、、、、、、、、、しつこい様ですが、
別荘的なやつも、イヤな訳ではありませんからね。。。。。ミナサマ。。。

意外とそういうのも、できるヤツかも知れませんよーっ!!!


posted by 西久保毅人 at 23:48| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

勝ち泣き

この試合の結末ついて、うまく文章で伝わるのかどうか、、、。



そう、昨日の試合。
区大会 男子バスケットボール1回戦について。


4386.jpg

これまで中学男子の試合って、まじめに見た事なかったんですよね、、、正直言って。

だって、中学男子、ゴツくて、ヒゲはえ気味だし、、、可愛らしくないんだもーん、、、。


という、まぁ、そんな訳だったんですが、
リンタロウが入部したっていうのもあり、まぁ、見ない訳にもいかず、、、。

そして、ノノが所属する同じ中学の女子は、
割と区内で強豪なのですが、男子は弱いらしい、、という
うわさだったので、3年生最後だし、ノノのお友達もいるし、
次なさそうだから見にいっとくか、、、、と
いうくらいの気持ちで、初めて男子の応援に行った訳です。

4387.jpg

さて、試合は、というと、、、、、
案の定、第一ピリオドで、20点近く差がついてですね、、、、

「おいおい、最後の大会なのにやる気あんのかね、、、。」

って、思わず言っちゃうような試合展開だったのですが、
徐々に点差が縮まり始めました。


4384.jpg

とはいえ、シロート目から見ても、相手には絶対エース、みたいな選手がいてですね、
えーと、、、、
スラムダンクで言うと、海南の牧、みたいな選手。

4391.jpg

その15番の子が、要所要所で、時にはすべて1人で切り裂いて、
オフェンスも、ディフェンスも確実に決めてくるので、
10点弱の点差のまま、試合は後半戦へ、、、、。

やっぱ、エースだよなぁ、、、。

そういう意味で、こちらはエース不在。
そんな中、最初は目立たなかったんですが、時々、
ハッとするようなパスや、カットで、終始冷静にピンチを切り抜けさせてくれる小さな
選手がいました。

聞くと、なんと一年生!!!

リンタロウと同じじゃないですかー。

4395.jpg

こないだまで、小学生な訳ですが、小さいながら終盤にかけて尻上がりに活躍を見せ、
なんとか、5〜7点差のまま食い下がります。

そうですねー、、、、黒子のバスケでいうと、黒子っぽい選手でしょうか、、、?
視野の広い、緩急自在のバスで、先輩たちを上手に使います。

とはいえ、なかなか点差は縮まりません、、、。
相手のエースは、いつまでも威風堂々とし、動きも落ちる様子もなし、、、。


4388.jpg

残り2分。
点差は、5〜7点差を行ったり来たり、、、。

僕たちは、スラムダンク、あひるの空、黒子のバスケ、、、とバスケマンガは、
もう、アホみたいに何十回も読んでいるので、

「わあ、、あひるの空の、丸高戦みたいな展開だねぇ、、、。ドキドキするーっ。」
とノノ。


4389.jpg
なので、バスケにおける、残り2分という残り時間とこの点差が、
なんとかなりもするし、なんともならない、、、、というコトも勉強済みなのですが、
現実は、マンガみたいには上手くはいかないだろうなぁ、、、所詮、弱小チームだし、、、
と、そんな感じなのです。

1回くらい勝たせてあげたいなぁ、、、とは思いつつ。


と、その時です。

その、スーパー1年生が思い切り良く放ったスリーポイントが
皆の虚をつくように見事に決まり、この試合ははじめての2点差まで追いついたのです!!!

4396.jpg


すごーい!この土壇場で! しかも1年生!

勢いに乗って、一気に同点。57対57になりました!

まぁ、しかし、地力があるのは、敵チームです。

センドウ率いる陵南の田岡監督によるとですね、、、、
こうなってくると、追いかける側よりも、
追われる側の方が精神的にも不利、、、、なはずなのですが、、、、、

相手の15番は最後まで、ホントにすごい!牧みたいっ。

はずしたら一気に流れが変わってしまうような土壇場の
フリースローもしっかりと決めてきます。。。。

後ろ姿は、もう、牧です。

4392.jpg

しかしもう、こうなったら最後は勢い!


残り14秒で、なんとかゴールを決め、59対58。逆転!

「おーーーっ!勝っちゃったぁーーー!!」

と、皆が思いきや、、、、。

このあたりが、あまり勝ったコトのないチームらしいんですが、
その最後の時間の使い方をあたふたしているうちに、あっさりボールをカットされ、
一瞬のうちにゴールまでボールを運ばれてしまい、、、

残り1秒、、、、。
まさかの、まさかの、再逆転を許してしまいました、、、、。


4390.jpg

しかもバスケットカウントワンスロー付き、、、。
やはり相手が、一枚上手でした、、、、(涙)


残り1秒。

あーぁ、、、、。

もう、、、、、。
なんともう、残酷な、フリースローの間の、掲示板の1秒っていう残り時間。。。。

フリースローも決められ、59対61、、、、、。

飛び上がって喜ぶ相手チームベンチ。。。。


だって、さすがに1秒じゃぁ、、、なんにもできません。。。

あーぁ。。。。。さっきまで勝ってたのに、、、、。


あーぁ、、、、。



あーぁ、、、、。




、、、、、て、思うでしょ?



負けたと思うでしょ???


ね、

ね、そう思いますよね、フツー。



そう、ここからの1秒間のデキゴトは、
さすがに、あまりにもベタすぎて、きっとマンガやドラマでも絶対に選ばれない
結末だろうなぁ、、、、って思います。

あまりにも、ミラクル過ぎて、、、。


残り1秒。

スローインから、ボールは最後の大会の3年生、キャプテンの手に!
もう、ひとつしかない選択肢。
センターラインよりはるか手前から、彼が最後に思いっきり放ったボールがですね、、、、

なーんと、終了のブザーと同時に、ゴールに吸い込まれたのです!!!

4385.jpg

ブザービーター!!!!!!!!

再々逆転の、スリーポイントとなって、なんとなんと、
奇跡の逆転勝ち!!!!

62対61!

もー、ホント、何が起こったのか分からないくらいに
応援席も皆総立ちで、大喜びと同時に大泣き、、、、。


鼻水もでました、、、、。


4393.jpg

いやーぁ、、、。


すごい試合、、、、。


たかだか、区大会、初戦の、なんてことない試合なんですけどね、、、。
ほーんと、
ただの弱小中学男子の1回戦の話なんですけどね、、、、。


めったに見れないすごい試合だったなぁ、、、、!


「、、、みんな勝ち泣きしてるねーっ!」

と、ソラ。

バスケに一切興味なく、
いつもは、一緒に見に行っても、

「、、、、で、結局どっち勝ったの??」
というソラも、さすがに今日は、どっちが勝ったか分かった模様です。

「あきらめたら、そこで試合終了ですよ、、、。」

いやぁ、、、やっぱ、安西先生のコトバは本当だったねぇ、、、、。


と、そんな余韻にひたりつつ、
どさくさにまぎれて、男子バスケ部とも仲良く話をさせてもらい、

「、、、まぁ、せっかくだから男子も応援するか、、、。」


4394.jpg

と、一気に男子中学バスケ部に、愛着がわいた1日でありました。


、、、、、えっ、リンタロウは??
この名勝負に、全くの出る幕なし、、、、、、のベンチウォーマーでございましたが、
こんな試合に立ち会えて、幸せですねー!


ほんとに。
posted by 西久保毅人 at 22:22| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

じゃーーーん!!!!!!

えーとですね、、、、

4398.jpg

なんと、なんと!
4399.jpg

なんと!!!!!


4400.jpg

そうそう、
一昨年の2012、ISANA涙、涙の入賞を果たした住宅建築賞
その時は、前にも書きましたが、もう、僕なんかにとっては、
10年越しのデキゴトだったのですが、、、、

4401.jpg

一昨年とは、テーマも、審査員もがらっと変わった2014年。

またまた、、、、ちょっと、誰が見てもニコとは遠く縁のなさそうな、、、、、
きらびやかで、世界的に活躍されている、そうそうたる方々、、、、
だったのですけど、、、。

4402.jpg

それがですね、、、、



4403.jpg

なんと!!!!!
4404.jpg

じゃーーーん!!!!!!


見事、飯島さんち
またまた住宅建築賞をいただくコトになりましたー!

審査結果や、総評はこちらでご覧になれます。

4405.jpg

そんな訳で、
ちょっと前に、結果は出ていたのですが、
昨日、主催の東京建築士会にて、表彰式が行われ、
ニコと飯島さんと、工事をしていただいた大原工務所の大原社長さんと
皆で、押しかけて参りました。

この賞の素敵なところは、
設計者、建て主、施工者の3者それぞれが表彰されるところ。

自称、
施主力8割、設計力2割のニコにとって、
僕たちだけ褒められても、それはなんか、あんまり喜べないっていうか、
それは、ウソだよなぁ、、、と思うのです。

アーティストとか芸術家じゃないし、、、、僕たち。

4408.jpg

別に、飯島さんちに限ったコトじゃないですけれど、
違う誰かに出会うから、その人達のために何ができるか考える訳で、
違う場所に出会うから、その場所に何が似合うかを考える訳で。。。。。

そういうコトを、ただただ、アホみたいに10数年続けているだけの話しです。

僕たちがやっているコトと言えば、
ほーんと、それ以上でも、それ以下でも、正直ありません。。。。。


4406.jpg

だから、もちろん、飯島さんちは、
飯島さん御夫婦と出会ったから産まれたものだし、この場所と出会ったから産まれたもの。
そして、工事を引き受けていただいた大原工務所さんがいたからできたもの。

ホント、それ以上でも、それ以下でも、ないなぁ、、、、と思う。

なので、三者で受けとれるこういう賞は、
賞の大きさ以上に、うれしいなぁ、、、夢みたいだな、って思います。

そして、それと同時に、
たまたま、飯島さんちが、代表でこういう賞をいただくコトには
なりましたが、これまで設計をさせていただいたたくさんの家のつながりの
中に飯島さんちがあるのだなぁ、、、、というコトを、
これまで設計をさせていただいた一件一件、思い浮かべながら、改めて思うのです。

そして飯島さんちを選んでいただけるのなら、
他のニコのおうちだって、受賞したも同然!!!って思うのです。ほんと。

4409.jpg

目に見えものもあれば、目には見えないものもありますが、
これまでの、いろーーーーんな家の遺伝子が、
飯島さんちにあります。
ぜーんぶ、つながっているのだから。


4410.jpg

そして、実は、飯島さんが、ニコに頼んでいただいたきっかけが、
見た目はぜんぜん違う
ISANAだったっていうのも、とても運命的。

ISANAを、オーナーの下窪さんにいただいた言葉、「森の中の小さな家」として
賞をいただいたのも、
飯島さんちを「森をよけたすまい」として賞をいただいたのも、なんか運命的だなぁ、、って
思います。

ほーんと、不思議な不思議な、めぐりあわせ。

4411.jpg

さてさて、、、、、

この賞はですね、、、、
書類による1次審査と、
2次の審査員全員による現地審査をへて入賞が決まるのですが、
受賞にあたり、
このそうそうたる皆さんに見に来ていただき、お話できたのもとても光栄だったのですが、

代表して妹島和世さんに、もう、、、、

とってもかわいく、
とっても素敵で、
とっても、チャーミングな言葉で、
とっても、飯島さんちの本質をついた講評をいただきましてですね、、、
何度も何度も、読み返しては、
にやけつつも、、、、なんか、背筋がぴーんと伸びる気がしています。

そして現地審査の短時間の中で、
これだけ注意深く、いろんなコトに気づかれたっていうのは、
やっぱりすごい人だなぁ、、、って、しみじみ思いました。

4407.jpg

最後のコメント、
これは、挑戦状ですね、、、、きっと。。。。。


そんな訳で、今年は、金賞なしだった訳ですが、
未来の楽しみが、また増えた気がしました!


審査員の皆様、どうもありがとうございました!
そして何より、飯島さん、ありがとうございまーーーーーす!!!
posted by 西久保毅人 at 22:28| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

鹿児島遠征、してきたばい。

6月です!

4412.jpg

ワールドカップです!!

4415.jpg


遠藤です!!!

4414.jpg


といえば鹿児島です!!!!

4425.jpg


という訳で、
先週末、鹿児島に行ってきました!!!

目的は、春頃に、鹿児島からお電話があり、
何年も前からいちお、、、、名前だけ登録しているASJ(アーキテクトスタジオジャパン)
というところから
鹿児島の鹿屋市で、九州の建築家の展示会みたいなものがあるから、
ぜひ参加してください、っていうのと、
実は、、、、、雑誌でISANAを見て、ぜひお会いしたいと言って頂いている方がいるので
その際に、ぜひぜひ、紹介したい、っていうコトだったのです。

4413.jpg

なんていうか、、、、
とっても不思議なご縁。

実はですね、、、、
ISANAの奥様は鹿児島の出身なのです。

でも、そういうコトをまーったく知らずに、鹿児島の方から御連絡を頂くなんて!
とても不思議な縁としか言いようがありません。

うれしいなぁ、、。

そんな訳で、二つ返事で、「も、も、もちろん喜んで!!!」、という訳だったのです。

4416.jpg

さて、、、、
鹿児島に行くコトは、決まったのですが、
いかんせん、こういう展示、みたいなコトは、
ニコはほぼ、したコトありません、、、。

してくれと頼まれる事もなければ、あんまり積極的にしたいとも
思った事もないですから、、、、、。

4418.jpg

でも、今回ばかりは、
なんか、「展示」的なコトをしないとですね、
さすがに飛行機代を払ってもらえないかもしれないので、、、、、

4419.jpg

そんな訳で、
いろいろ迷ったあげく、
これまで撮りためた、、、、、っていうか、僕がムダに撮っている
これまでのいろんな家の完成後のシーンや、そのおうちにまつわる
出来事の写真、などなどに、言葉をそえたパネルをひたすら作って
展示する事にしました。

一部を、紹介しますね。

4420.jpg

また呼んでいただけるかどうか??すら分からない遠く離れた場所で、
はたして何を伝えたらいいかなぁ、、、って思った時に、
こういう形が、いちばんニコっぽいかな、、、と。

おしゃれな外観とか、、、、スタイリッシュな感じとか、、、、。
そういうのが、目的ではないからなぁ、、、。
トウキョウのデザイナーさんだと勘違いされても困っちゃいますしね、、、、。

4421.jpg

そして、
こういう作業をしていると、
あぁ、とことん、僕はケンチクそのものに、興味がないのだなぁ、、、って
コトも、つくづく分かって面白かったです!(笑)

4422.jpg

僕たちが、設計以上に大事にしている言葉やイメージ。

4423.jpg

僕にとっては、これがケンチクです。

4426.jpg

でも、この中のたった一枚にでも、ひと言にでも、
共有してもらえるものがあれば、
距離も、人種も、年齢も、
大人か、こどもかすら関係ないなぁ、、、、、っていうのも正直思いますし、
敷地が大きかろうが、小さかろうが、
家であろうと学校であろうと、街であろうと、飲み屋であろうと、、、、
なんでも一緒にできちゃう気がするのです。

4424.jpg

と、そんな感じでした。
何十枚もあるので、ここでは一部しか紹介できませんが、
そのうち、まとめられたらいいなぁ、、、、と思っています。

4417.jpg

さて、そんな訳で、
伝わったかなぁ、、、、。

いままでのジンセイ経験上、大抵、僕の想いはカラ回りなんですが、、、、、、、、、(涙)


そして、こんなデキゴトがあるのなら、
そのうち、インドから、突然電話があってもいいのになぁ、、、って妄想してしまいます。

なぜなら、ISANAのご主人様は、インド人なんですから、、、、。

posted by 西久保毅人 at 22:00| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

長谷川さんの家ー昼の部

4427.jpg

前回、長谷川さんの家ー夜の部をレポートしたんですが、
今回は、久しぶりな、、、、昼の部。

4428.jpg

そんな訳で先週、雑誌の取材撮影のお話をいただき、
長谷川さんの家に行ってきました!

4429.jpg

玄関入ると、トルソーにかかったかわいい衣服がお出迎え。

4434.jpg


4430.jpg

ほーーーんと、
とても楽しんで住んで頂いているというかですね、、、
うかがうたんびに、家が、カスタムされていく感じで、
家が、もう、長谷川さん達の「素材」って感じ!!!

4431.jpg

4432.jpg

衣装室は、お洋服屋さん。

4433.jpg

4445.jpg

そして、圧巻は、もう、ガレージです。

4450.jpg

「引っ越したら、こういう感じにしたい。」

っていう、イメージはたくさんいただいてたんですが、
引っ越しから、わずか半年くらいですっかり長谷川さんのイメージ通りの
ガレージになっていました、、、。
4449.jpg

すごい。。。

4451.jpg

しかも、長谷川さんちでいまだに面白いなぁ、、
って思うのは、
ガレージのカスタムや、
おおきなバイクをあやつるのが、
男性ではなく、どっちかっていうと、見た目か細い奥様だっていう
ところなんだなぁ、、、、。

ほーんと華奢なのに、世界観はとても男気あふれて、ワイルドで、
僕たちは、とっても大好き。

4452.jpg

4443.jpg


と、そんな訳で、
雑誌の取材の人達も、

「、、、長谷川さんち、1回じゃ、もったいないから、
  いろんな特集に登場して欲しいですねっ!」


っていうくらい、
一部屋一部屋、物語があって、ひとつの家じゃないみたいです、、、、ほんと。

4438.jpg

でも、実は長谷川さんちって、
そんなにおおきなおうちではなくて、
そもそも、建ぺい率も、容積率も、
40/80っていう、とてもきびしい条件で計画したおうちでもあるのです。
そういう意味で、数字上の広さや大きさは、あきらめてからのスタートでした。

だから、設計をさせて頂いておいてなんですが、

「、、、おかしいなぁ、、、こんな広いはずはないんだけどなぁ、、、。」

と、自分でも不思議に思っちゃうのですが、、、、、。

4439.jpg

こんな風に、いろんな家に訪れるたんびに
ちかごろ、
ほーんと、家の大きさって関係ないなぁ、、、って思います。

4440.jpg

家の大きさよりも、イメージする世界の大きさ。

それが、僕が言っている「施主力」ってコトかもですね、、。
そして、僕たちの仕事は、その本来みーんながそれぞれに胸に秘めている
「施主力」を存分に発揮できる舞台を作るコトなのかも知れません。

4441.jpg

部屋や場所に、不動産屋さんの広告に載ってるようなnLDKや
何畳、とか、子供室は最低何畳、、、とか。
そんな記号を求めてしまうと、とたんに数字的に狭いとか、広いとか、が
住む人にとっても評価軸になってしまいます。

数字はあくまで、足し算引き算だから、どうしようもない部分があります。

4444.jpg

でも、たとえ6帖でも、ここはバイク屋さんなのだ、とか、
たとえ3帖でも、ここは、お洋服屋さんなのだ、とか。
ここは玄関だけど、街なのだ、、、、とか。

4446.jpg

リビング、ではなく、ここは、多国籍料理の店、Bar de HASEGAWA(バル・デ・ハセガワ)
なのだ、とか、、、(笑)

そんな風に、
正直、なんでもいいと思うんですが、
そういう、

「見立て」

をしていくコトで、
くらしは、とても豊かになっていき、
気持ちは、どこまでも、どこまでも、飛んで行って、
感じる世界はどんどん広がっていくのです。

僕たちは、その世界が無限に広がっていくための、
「加速装置」を作っているのかも知れません、、、。

4447.jpg


長谷川さんちは、家もそうだけど、家にあるモノ達も、
ひとつひとつ、いろんな物語や出会ったエピソードにあふれています。

もしかすると、長谷川さん達に質問したら、
1日くらいじゃ、とても説明しきれないような、たくさんの物語でしょう。。。きっと。

そんな、小さいけれど、たくさんの物語が、
長谷川さんちを、とてもおおきな家に感じさせてくるんだなぁ、、、
と、改めて思いましたし、
この、設計させていただいた家そのものも、長谷川さんの「物語」に
しっかりと参加していくといいなぁ、、、、、、。


、、、、って、、、、。
飲み会編じゃないと、わりかしまじめな内容の西久保でございました、、、(笑)


雑誌は、LIVESさんですが、発売が楽しみです!
posted by 西久保毅人 at 22:23| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

かけつける、ということ

先週、梅雨の合間のお天気の日。
世田谷で工事中の、前川さんちの上棟式をしていただきました!

4453.jpg

たくさんの職人さん。
水道屋さん、電気屋さん。
遠方からかけつけてくれた御両親。
構造の桑子さん。
総勢、20人以上がかけつけてくれました。

ながーいテーブルも、足りないくらいです、、、。

まぁ、いわずもがな、ニコは毎回、ほぼ全員参加。

4456.jpg

途中、近所に住まわれている前川さんの保育園友達家族も、
お迎え途中に、「おいでおいで」と現場で夜ごはん。

ほーんと、いろんなお友達が、気軽に寄れる家になりそうで、
うれしい限り!

4457.jpg

まだまだ、ウチだか、ソトだか分からないような木組みの中で、
時々、降ってくる雨もまた、心地よいくらい。

4459.jpg

水道屋さんの社長さんが、ご挨拶の中で、

「、、上棟は、マラソンで言うと折り返し地点。」

っておっしゃってたんですが、まさにその通りですねー。

なんとか無事、ここまでたどり着きましたねっ、っていう、達成感と、
まだこれから、いかようにも想像できるという自由と未来。

4460.jpg

いままで模型でしかなかった家のホンモノの現場に、
たくさんのお料理とお酒を持ち寄って
気ままに飲み食いし談笑しつつ、
そんなコトを想像しながら過ごせるっていうのは、
たぶん、ケンチクの仕事の中で、いちばんぜいたくな瞬間なんじゃないかなぁ、、、。

4462.jpg

そして、
これだけ食って、飲んだからには、
この日の楽しさ以上に、
完成したら、もっと楽しい宴会ができるような家にしなくては、、、!!!

と、
ムダに、
さらなる重圧と責任感を感じる日でもあるのでした、、、、(笑)


ほんとに、楽しみです、、、、、、、。宴会。


上棟式も、あと4,5回あっても、僕たちはぜんぜん構いませんけれど、、、、。
posted by 西久保毅人 at 00:59| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

で、、、、、。

で、、、、、

結局どうなったんですか、、、、?
ってよく聞かれるんです。
男子バスケ部の、その後、、、。

4463.jpg

すみません、
ちょうど、僕が出張中に二回戦だったんですが、
惜しくも、ワンゴール差で負けちゃったんですが、
それでも、試合前は、100点ゲームで負けるんじゃ、、、、っていう前評判の
チームに後一歩の善戦だったみたいで、やっぱり一回戦のミラクル勝利が
効いたんでしょうねー。。。

きっと彼らは、一試合終わるごとに、
一試合の間にすら、刻々と成長して、強くなっていってるんでしょう!

4464.jpg

で、
僕にとって、今のところメインの、女子バスケ。。。。

4465.jpg

こちらは、危なげなく勝ち進み、ようやくベスト4まで勝ち進みました!
ベスト4だってすごいと思いますが、ここからが本番のようです、、、。

2チームしか都大会へ行けないので、
今週末が、実は大一番!

4466.jpg


、、、、もうトウキョウに20年以上住んでるんですけど、
いまいち、都大会っていわれると、ピンとこないんですけど、
いわゆる「県大会」ですね。
だから、今は、「郡大会」ってコトかな、、、、。そう思うとすーっと理解できます、、。

4467.jpg

実は、去年も結局ベスト4どまり。
都大会まで後一歩で、涙をのんだのですが、
ベスト4の顔ぶれは、去年と1チームを除いて今年も同じなのです、、、。

4479.jpg

ほーんと、去年は、
あと一歩だったんですが、
そのおかげで、
体育館であまりにキラキラ輝いている彼女達に感動して、

「こんな世界があったのか??」

と、僕も、まさかまさかの、バスケファンになっちゃいました、、、、。

4480.jpg

、、、、中学女子限定ですが、、、。

4468.jpg

ていうか、ノノ達のチームが好きなんだな、、、。

4469.jpg

そんな訳で、
中学3年間、入学した時は中3なんてまだ先だろうなぁ、、、って
思っていましたが、もう、じじいには時の経つのが速い速い。

あっという間に、最後の大会。

4470.jpg

ノノ達も言っているけど、
勝ち進んで欲しいとか、
都大会に出て欲しいとか、、、、、。

4471.jpg

正直、そんなコトはどうでも良くて、
一試合でも多く、
1日でも長く、
バスケの試合を見に行きたいなぁ、、、、、。

4472.jpg

正直、ただそれだけ。

4473.jpg

どうせなら、このチームであと5年くらいすればいいのに、、、。
とか、、、、、、バカ親ファンとしては思うんですけど、
終わりがあるから、必死になったり、感動したり、成長したり、
後悔したり、、、、、、するんでしょうけどね、きっと。

4474.jpg

そんな訳で、
目下、ワールドカップが、あんなコトになっちゃった今、
ワールド、っていうには、
小さな小さな地域の、中学生の女子バスケ部の、

4475.jpg

今週末の試合を思うと、夜も眠れない、今日この頃、、、、、。

4476.jpg

去年からの試合の写真を、見返しては、物思いにふける、今日この頃、、、、。

4477.jpg

勝つといいなぁ、、、、。

なんか、僕にできるコト、ないかなぁ、、、、、。

4478.jpg


ないよなぁ、、、、、。(涙)

4481.jpg

親は黙ってみてろっ!!!

って、

感じだよなぁ、、、、、きっと。。。。。。。


がんばれ!
posted by 西久保毅人 at 22:14| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

均衡

4485.jpg

もはや、
設計事務所のブログでもなんでもない今日この頃。。。。。

4502.jpg

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

4493.jpg


4486.jpg

初めての方は、はじめまして。

こちらは、サッカー好きという割に
スラムダンク、黒子のバスケ、あひるの空、ダッシュ勝平、、、と、
バスケマンガを大人買いしまくり、
子供たちがモノゴコロつく前から、絵本の読み聞かせがめんどくさくて、
ただ寝る前に自分が読みたいから、、、、という理由で擬音語ばかりのスラムダンクを

「シュッ」「リバーン」「むぎゅーっ」「オレは今なんだよっ!」

と、読み聞かせ、枕元に放置しておいた結果、
子供たちの、まさかまさかの「サッカー離れ」という予想外の悲劇を経験し、

「、、、バスケがしたいです、、、。」

という子供たちの言葉に、
一時は絶望の縁に立たされた、ある佐賀県出身、トウキョウ在住の男が、
40歳にして初めて、マンガではない本物のバスケに出会うという奇跡を通じて、

今では事務所で、

「、、、悪いけど、僕、日曜は絶対仕事しないから、、、。試合だし。。。。バスケの。」

って言うようになるまでの、
愛と青春をつづった感動の学園物語です。。。。。。


4488.jpg


、、、、まぁ、キャプテン翼も、シュートも、タッチも、、。
全巻、同じように転がってたんですけど、、、。

4507.jpg

さて、
そんな訳で、
先週末。

都大会をかけた、ノノの中学のバスケの準決勝でした。

4505.jpg

試合結果はというと、、、、、

4491.jpg


4514.jpg

4516.jpg


4513.jpg

4503.jpg

4490.jpg


4489.jpg

もーーーーーーーーーーーー。

4511.jpg


4515.jpg

おしくも、

おしくも、

おしくも、

おしくも、、、、、。

おしくも、わずか

わずか、1点差で、負けてしまいました、、、、。(涙)

珍しく、最初のゴールがノノという、、、、、、
ロースコアを予想させる準決勝は
序盤からめったにないくらいのシーソーゲーム。
シーソーっていっても、
試合を通して、ほぼ傾かないシーソーゲームでした。

1ピリ、2ピリ、3ピリ。
ほとんど点差の開かない試合展開。

両チームとも、勝てば都大会、ってコトで、緊張も、ふだんしないミスも
たくさんあったような気がしますが、
でもそれはお互い様で、ほーんとぴったり互角の好ゲームでした。

大抵、どんな接戦の場合だって、勝っても負けても、
少し開いては、追いつき、追い越しては、追いつかれ、、、
っていう試合展開が、多いような気がするんですが、
ここまで最後まで、ピターっと、点差が開かないゲームは、
初めて見たような気がします。

そういう意味では、最後の最後まで、
どっちのチームも、勝ってる気も、負けてる気もしなかったんじゃないかなぁ、、、。

唯一の誤算といえば、最近は気をつけてファールの少ないノノが、
前半でまさかの4ファール。。。

まぁ、湘北VS陵南戦の、魚住的な、、、、アレです。
もう、あとひとつもファールが許されないっていう、、、。

親としては、あーあぁ、この大一番で、、、、、、って
感じだったのですが、
しかし、なんとか残り5分の退場まで、なんとかコートに立ち続けました。

まぁ、こういうゲームの場合、残り5分が重要な訳なんですけどね、、、、(涙)

さて終盤、若干のリードを許すも、1点差で迎えた残り1分。
バスケで残り1分ていえば、あと2ゴールくらい入ってもおかしくない
残り時間。


今思うとですね、、、
ほーんと、あまりに均衡した試合だっただけに、
この差に気がつけなかった、っていうのが、もしかすると敗因だったのかも知れません。

それは、ほんの少しの、でも、とても大きい「経験」の差。


残り1分。1点差。
この点差はないようなもの。
そして、流れ的に、必ず追い越せる。

そう、見てるみんなが思っていたと思います。


両チームともに、指先は勝利に触れてるような、、、、そんな状況。
あとは、どちらかがたぐり寄せるだけ。

しかし、
力はおなじでも、流れがたとえこちらでも、、、、、。

敵チームにはあって、こちらにないモノ。


それは、

「勝ち抜いて、それを手にしたコトがある、っていう経験。」

きっとこれが、点差以上に、大きな差だったんだろうな、、、、。
まさに、こんな状況の「経験」。


時計はただただ秒針を刻んでいきます。

今でも最後の30秒を思い出すと、
もしかすると、1点差が結果的に3点差になっちゃうとしても、
一か八か、逆転するためのシナリオっていうのがあったんじゃないかなぁ、、、、
と、いまだに思うのです。


しかし、
最後の30秒間。
大一番の最終局面。

突然、試合運びを切り替えて、ただただ冷静にボールをまわす相手チームに、
結局、彼女達は呆然と手を出せないまま、終了のブザーを聞く事になりました。。。。。

4500.jpg

あぁー、もう、、、、、。

あと一歩、ていう程の差もなく、
もう、小指のツメの先くらいの差だってあったかどうかっていう、試合だっただけに

「負けた気がしない、、、。」

感じでしたよ、、、、、ほーんと。
だから、よけいに悔しいですね、、、。


でも、残念は残念ですが、初めての大舞台。いい試合でしたし、
やっぱりまだまだ、このチームの試合、あと4.5年くらいのんびり見ていたいなぁ、、、、。


来年はきっと勝てるだろうからさ、、、、留年しないかなぁ、、、、みんな、、。


と、正直思うのですが、、、、、。

4501.jpg

さて、、、、、、、。
気をとり直して、今度は週末の3位決定戦。

留年しなければ、最後の公式戦です。

最後にみんな楽しんで、のびのびとしたプレーが見れたら、いいなー。


posted by 西久保毅人 at 15:48| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

ニコニコ不動産

マシューズさんの家の工事が始まりました。

4521.jpg

僕の昔からの自論なんですが
基礎ができた時に、そのケンチクの気持ちよさが決まるって思っていて、
それは、基礎に、そのケンチクの意思が、一番分かりやすく出るからかな、、って思います。

そうじゃない時も、もちろんありますが、
近くの家々、街とどうかかわっていきたいのか?
土を残したいのか、残したくないのか?
周囲の空地とのバランスは良いか?
等々。

とにかく、基礎はしゃべらないけど、そのケンチクのたくさんの意思を
伝えてくれます。


そんな訳で、マシューズさんち。
実は、もともと敷地に、数本の木々が残っていて、ぜひぜひ残したい、っていう
マシューズさんの意思をうかがって設計を始めました。

購入した土地なので、その木々はもともとマシューズさんのものでもなくて、
前の家の人が庭木にしていたものでしょう。
松や紅葉があったりするから、もしかしたら和風のお庭だったのかも知れません。

4520.jpg

ともかく、そういう木々を残しながら、よけながら
設計をさせて頂いたのですが、そんな風に出来上がった基礎は、
そういう意思を伝えるように、蛇行しながら地面に現れてきました。

基礎が現れてみると、実は、その建てずに残した場所が、
近隣の小さな抜けや、庭と、実はつながって存在しているコトが
浮き彫りになってきて、ちょっと感動!

街の魅力とつながって、想像以上にいい家になるコト、間違いなしですっ!


ちょうど、まったく同じコトを、今工事中の小川さんちでも感じたんですが、
小川さんちも、実は、もともと生えていた大きな木を数本残して計画したんですが、
木を残したコト以上に、その木が生えていた場所が、
実は、近隣の庭や、植物、街の抜けと連続していたりして、これって偶然でもないのかもなぁ、、
と、最近考えるようになりました。

4518.jpg

そもそも、大きな木が生えて育っている、っていう事は、
そもそも、その場所が日当りが良かったり、街の中での風通しが良かったり。

きっと、敷地ではなく、街の中で、
環境のよい場所だったのでしょう。

そして、自分の敷地の庭も、逆にいえば、近接する家々の庭や空地と連動して、
あちらの家の環境も良くしていたのでしょう、きっと。

だから、何十年も、木が生えているっていうコトは、
逆にいえば、何十年も、その場所が街の中でのいい場所だった、っていう、一番信頼性の高い
情報を、その木々は、伝えているのかもなぁ、、、、って思うのです。

だから、その木々を残せば、多少設計はへたくそでも、自動的にいい場所になるよ、っていう、
メッセージなのかも知れません。

、、、、て感じで、
施主力8割だけでなく、
今後はさらに、プラスして土地力も2割加えていけば、
設計力は、0でラクチンになるなぁ、、、、。


と、そんな自分がラクすることばかり考えていたら、せっかくなら
不動産屋さんも、こんな感じで土地を売ればいいのにっ、て思いつきました!

4517.jpg

「植木付き分譲地」です。
大抵、街の中で、小割にされて売られる分譲地って、
もとは、大きなお屋敷であるコトが多いのです。

まぁ、それはいろんな事情があって仕方がないとしても、
全部更地にしなくっても、、、、、っていつも思います。
特に、そういうお屋敷って、大きな立派な木が生えてるコトも多いですし、、、。

だから、古い家は、解体しても、木はできるだけ残して分譲するっていうのはどうでしょう?
その方が絶対価値があると思いますし、
木をよけて建てる、っていうルールだけあれば、誰が設計しても
気持ちのいい家になるのでは、、、、??って、まじめに思うんですけど、、、、。


不動産屋さん、始めようかなぁ、、、、植木付きの。
スポンサー、募集中です!(笑)
posted by 西久保毅人 at 00:14| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

トウキョウ建築賞

4529.jpg

その日は、どなたが飾ってくれたのか分かりませんが、
ISANAにいくと、郵便ポストの上に、一輪のかわいいらしいチューリップが
お出迎えしてくれました。

4528.jpg


4535.jpg

そうそう、実はこの日は、4月初旬の、とても天気のいい日で、
バシストさんが、この日何度目かの、打ち水をしてくれていましたので、
ちょうどいい具合に、地面が湿って、植物達もいきいきとしていました。

4525.jpg

実は、「東京建築賞」っていうのがありまして、
40年の歴史ある賞で、今年は第40回。
その現地審査の日。

この賞の特徴は、完成してから、1年以上経過している建物という条件であるという
コトと、
建築賞、っていうように、住宅や、共同住宅だけでなく、
学校や、幼稚園や、教会や、役所や旅館や、、、、、っていう、
ありとあらゆる分野や規模のトウキョウ近郊の建築のなかから選ばれる賞、っていうコトでした。

そんな中で、約3年たったISANAは、共同住宅部門でノミネート。

でも、こういう賞だと、大きさも、何百uのものもあれば、何千uのものもあるはずで、
そんな中では、ISANAは、たぶん、一番ちびっちゃいと思われたんですが、
なんとか予選を勝抜いて、現地審査でした。

4524.jpg


、、、まぁ、いつものごとく、
僕らごときの身分では、
お会いしたコトもない、でも名前は存じ上げている、、、、という
審査員方々数人がいらっしゃる訳なので、、、、、、、

しかも、1時間から2時間くらいは、見る予定です、、、って、事前に言われてたんですけど、
それはたぶん、何千uのケンチクを見る時間であって、
こんなに小さいときっと思ってないだろうなぁ、、、、と思いつつ、
説明って言われても、そんなに話すコトないですし、
沈黙したらどうしよう、、、、とか、、。

もう、困った困った、、、、、って思ってたんですけど、、、。

4538.jpg

ですけど、もう、、、、、


4537.jpg

ハイッ、

ニコの話のオチは、
もう、聞き飽きたってくらい、いっつもワンパターンで
申し訳ないんですけどね、

この時や

この時や、

この時や、

この時や、、、、、。

、、と、例をだすときりがない、、、、というか、
いかに僕が大一番で何もしてないのが、バレバレなんですけど、、、。

4542.jpg


で、今回もですね、、、、
もう、オーナーのバシストさんの入れてくれるチャイが、
審査の雰囲気をほんわりとやわらげてくれて、
さらに、バシストさんの、家づくりの物語、故郷インドの風習の話、
そして、日本のこのISANAでの、家族と住人の方達との素晴らしい物語を
とても実感のこもった言葉で、ユーモアを交えながら話して頂いてですね、、、、。

とても、にこやかで、あっという間の審査時間にしていただきました。


、、、、、ええと、いつものごとく、僕の出る幕なし、、、、ていう訳でした、、、。(笑)


4540.jpg

、、、、、そんな訳で、
まわりに甘やかされ過ぎて、
僕のトーク力は、
いつまでたっても、成長しないんですけど、、、。


、、、、、、でも、
それは、、、、

信じられないと思いますが、本当は演技で、、、、、

僕的には、試合中にワザと9割存在感を消してる、メッシのようなつもりなんですけど、、、、


、、、だらーーーっと、何にもしていないようなフリをしながらも、
常に全神経をフィールドの隅々までにはりめぐらせ、一瞬のプレーで
決定力のある働きをする、佐賀生まれのメッシと呼ばれているんですけど、、、、。

、、、、、、、しーん。

4541.jpg

、、、と、それが、4月のデキゴト。

そして、ずいぶん時間がかかったんですが、
実は、先週、そんなバシストさんのおかげで、賞をいただくコトになりまして、
表彰式にみんなで行って来たのですー!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
結果は????
.
.
.
.
.
.
.
.
.



4533.jpg


じゃーん。

4536.jpg

なんとですね、
ISANAは、ありがたいコトに、
なんと、共同住宅部門で「最優秀賞」をいただくコトになったのです!!!!

しかも、他の受賞者には、竹中工務店とか、久米設計とか、、、、。
大学生の頃のアホな僕にとっては、就職どころか、面接を受ける権利すらなかったような、
あまりに図々しすぎて、申し込む気すらおこらなかったような、そんな会社が並んでいてびっくり、、、。


とても嬉しいというか、恐縮してしまう、、、、というのが正直な感想でした。
そして、時々、書きますが産まれてこのかた、
一番とか、一等、とか、「最」っていうような字に縁がなかった僕にとっては、

、、、、、、オンナの人に「最低」って言われたコトは何度かありますが、、、、。


ジンセイ初の、「最」優秀賞になりました!!!

4531.jpg

でも、
ほーんとにですね、
賞の在り方上、設計事務所が代表していただく訳ですが、
前述したように、ほぼ、9割は、バシストさんご家族の賞みたいなものです。

それと、工事をしてくれた山縣さん。


ニコは、、、、、、、、、、、メッシですから。


でも、こんな風に、この3者のうち、一者いなかったら、、、、
違ったら、、、、。

絶対に生まれないケンチクという世界。


だからケンチクは、楽しいなぁ、、、、と心から思います。
この楽しさは、学生時代はまったく分からなかったなぁ、、、、。

そんなコト、教えてくれませんし、、、。

4534.jpg

と、
長くなりましたが、そんな表彰式。

4532.jpg

あまりに不慣れな舞台に、
最初、みんな緊張気味でしたが、、、、、、。

4530.jpg

まぁ、結局、
二度とないから、食わなきゃ損々。

と、まぁ、
どこにいっても、
食い散らかして、
飲み散らかすコトには、変わりはありませんでしたとさ。



まぁ、しかし、
佐賀人と、インド人と、鹿児島人が描いたケンチクが、
トウキョウ建築賞の「最」優秀賞とは、、、、、。

まだまだ、世の中、捨てたもんじゃないな、って思うのです。
posted by 西久保毅人 at 21:38| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

最終戦のあとで、、、、。

4543.jpg

気がつくと、ノノの最終戦から10日がたっちゃいました、、、。

なんかすーっと気が抜けたというの半分、
書くと僕の楽しみ、ホントに終わっちゃうじゃん、、、、ていうの半分、、、(笑)

4549.jpg

そんな訳で勝っても負けても最後の3位決定戦!

なぜか、ここ3試合くらい、キクちゃんが応援に来ているのは
気のせいでしょうか?

4605.jpg

たいてい、現場も事務所も、、、、、。
空港での待ち合わせすら遅れてくるのに
バスケの試合だと
30分前に現場に到着しているのは気のせいでしょうか、、、、、(笑)

4545.jpg



4546.jpg



4547.jpg

さて試合。
写真でみるとカッコいいけど、
先週の準決勝で、多少、気が抜けたところもあったのでしょうか?

前半はもう、
見たコトのないくらいパスミス、シュートミスの連続で、
20点近くの差をつけられての前半折り返し。。。。

4548.jpg


えーーーっ、マジで!!!!
何この試合、、、、、最後なのに、、、、。

4550.jpg

って、感じでした、、、、。

4551.jpg

試合が終わってしばらくしてから
思ったことなんですが、
きっと、こういううのが、「子供」っていうコトなのかなぁ、、、
って思いました。

4552.jpg

見た目も、体格も、もう大人みたいな中学生。
でも、中身はまだまだ中学生。


4544.jpg

ときどき、僕たちが見ても、ドキッと感動するような表情やプレーを
見せてくれるけれど、中身はまだまだ中学生。

4553.jpg

きっと、でもだからこそ、
その一瞬が、ほーんと奇跡みたいで、はかなくて、
魅力的なのだろうなぁ、、、、と
彼女達の写真を見返すと、そう思うのです。

4555.jpg

大人が期待する以上に、
子供たちは子供たちなりに、いろいろ受け止めたり、
悩んだり。。。。
最後であるコトに対して、それぞれの空回りする思いがあったり。

そんな、彼女達の「子供らしさ」満載の、、、、、思わぬ前半。


、、、見てる最中は、ちょーーーーイライラしましたけど、、、。

4556.jpg



4603.jpg

しかしもう、、、、、
これもすごいなぁ、、、と思うんですが、
さすがに彼女達も、お尻に火がついたのか、後半戦からようやく
スイッチ入った模様。

スイッチさえ入れば、もう別人のように切り替わる。
これも、きっと、子供ならでは、、、、なんでしょうねー。

4557.jpg



4558.jpg



4559.jpg



4560.jpg



4561.jpg



4595.jpg



4597.jpg



4598.jpg



4599.jpg



4600.jpg

そんなドタバタな試合でしたが後半、
あっという間に逆転し、
最後は、10点以上の差をつけて勝ち、何とか笑顔で最終戦を終えるコトになりました!
嬉しくもあり、、、、ちょっと悔しくもある3位でした。

でもねー、、、、
そんなギリギリの戦いのできるチームの一員になって、
中学から始めたのに、上手な子達にまじって1/5になれたのは
すごいコトだよなぁ、、、と改めて思いますし、
ノノのおかげで僕は、とても楽しかったです。。。。。


、、、、あーぁ、終わっちゃった、、、(涙)

ホントにいいチームだったなぁ、、、、。



ノノ卒業だけど、
来年からは、専属カメラマンになろうかなぁ、、、、、中学女子バスケの、、、。

4601.jpg



4554.jpg


、、、、とも思ったんですけどね、、、。

偽りのバスケ好きの仮面をかぶって、これまでお送りしてきましたが、
ノノも引退だし、、、、。
いまだに、ルール、いまいち分かんないし、、、、。




そんな先日のコト。

ソラの、こんな素敵な七夕のたんざくを発見しました。
やっぱり、そろそろ本業にもどろうかなぁ、、、と思います。


4602.jpg

まぁ何を隠そう、そもそもサッカー派ですからねーっ!!!
屋外スポーツ派ですからねー!!!

僕とソラは。。。。


と、そんな訳で、
さらば、バスケットボールよ!!!  またいつの日か!


、、、、そしてこれを機に、キクちゃんが30分前にくるようになりますように、、、、(笑)

posted by 西久保毅人 at 21:56| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

1日目のセミ

僕のウラの顔が、セミの幼虫ハンターであるコトは、意外と知られていない。

だから夏に、

「いやーん、セミ、きもちわるーーーい!!!」

っていう女が全体的にキライです、、、、。

4606.jpg

さて、先日の日曜日、
ノノの、合唱コンクールを聞きに、府中の森というところに行きました。
途中、3時ごろにすごーいゲリラ豪雨があった日です。

合唱が終わって、結構ひろい公園なので、セミの幼虫いないかなぁ、、、でも
時間的にまだ早いかなぁ、、、、と思って地面を見ながら歩いていたらですね、、、

4607.jpg


びっくり!

樹の幹とか、葉っぱに、たくさんのセミの幼虫がいました!

4608.jpg

この、ぼくのテンションの上がり具合を、どう伝えたらいいのか、いまいち
分かりませんが、
ふつう、セミの幼虫って、夏の日の夕方、少し薄暗くなりかけた頃、
地面からいよいよ羽化をするために地上に現れます。
だから、意外と見つけるの、難しくて、夕方は蚊も多いし、、、。
そんな訳で、こんな明るい時間に、幼虫が登りはじめているなんて、かなりレアな光景。

4609.jpg

僕の推測ではですね、、、、。

その日は、
きっと、あまりのゲリラ豪雨のため、地面の中にいるセミの幼虫も、
あまりの水攻めに、おぼれそうになってですね、
身の危険を感じて、早めに木に登りはじめたのでは、、、、、

そのせいか、あちらこちらに、登りはじめた幼虫達がいました!

ここ数年、セミの幼虫に出会いそびれていたり、見つけても一匹とかだったんで、
こんな早い時間に、こんなたくさんは、ジンセイ初めてです。

4610.jpg

さっそく捕まえてですね、
家の網戸で羽化するところを子供達に見せてあげようと、
僕はもういてもたってもいられないんですが、ソラとかリンタロウは、
シャボン玉するだの、、、せっかくだからバトミントンするだの、、、、。

4614.jpg

そんなのはさぁ、、、、いつだってできるじゃん。

それより、この幼虫さん達をはやく無事に電車で家に連れて帰るコトで
僕の心は正直、いっぱいいっぱいでもあり、
どうするー?電車の中で羽化がはじまっちゃったら、、、、、とか、
思うんですが、

まぁ、しかたない、、、、、。
しばらく付き合うコトにしました、、、。

4612.jpg

そうそう、僕のセミの幼虫との出会いは、かれこれ30年以上前かなぁ、、、、。
佐賀のおばあちゃんちの近くに大きな公園があってですね、
何がきっかけだったかは覚えていないんですが、
小学生の時、
夏の夕方になると、1人でそこにセミの幼虫を探しにいくのがとても楽しみでした。
この1人で、ってトコが相変わらず、いまだに引きずっている僕の性格の根っこなのですが、、、。

運良く捕まえると、網戸にくっつけて、夜に羽化するのを待ちます。
でも、その頃、あんまり遅くまで起きていられない子供だったから、
きちんと羽化するのを見れたのって、何回もなかった気がします。
起きたら、セミになっちゃってた、、、ってのは何回もありますが、、、、。

4611.jpg

あれからもう30年が過ぎ、
舞台は、佐賀からトウキョウに移ったんですが、

「パパ、なんでそんなに下ばかりみて歩いてんの?」

と、子供達はめんどくさそうに言うんですが、
やっぱり夏の夕方になると、アホみたいに木の根元をながめながら
歩いてて、運良く出会えたら、家に連れて帰って羽化させます。

正直、僕が子供達に伝えたいコトって、
ごはんを残さず一杯食べるコトと、
セミの羽化くらいかなぁ、、、、って思っているので、、、。


さて、話はそれましたが、そんな訳でしばらくシャボン玉とバトミントンに付き合い、
幼虫をつれて電車にのって、無事家に帰りました。

ほっ。。。。

そして、網戸にぽつり、ぽつりと、、、、。

4615.jpg

なんとなく、僕の経験上では、
羽化が始まるのは、9時とか10時ごろかなぁ、、、、、と思ってたので、
しばらく忘れてて、
8時ごろ見てみると、

4616.jpg

なんと、もう、一匹目が、
むにぃーーっと、殻から出て来てしまっていました。。。。

はやっ。

きっと、今日のゲリラ豪雨で、セミの時計も少し狂ったのかも知れません、、、。
しかし、いつ見ても神秘的だなぁ、、、、。

なんでこんな、メンドクさい生き方を続けてるんだろう、、、、セミって、、。

4617.jpg

で、それからしばらくすると、
くしゃくしゃだった羽も無事にきれいにのびて、
白いきれいなセミになりましたー。


4618.jpg

めちゃくちゃかわいいでしょう!!!!  ねっ、ねっ。
このつぶらな瞳!

やっぱ、この瞬間は何度見ても感動するなぁ、、、、。
この、羽化、っていうしくみは、ホントに謎です。

今回は時間が早かったので、子供達ものんびり見れて良かったなぁ、、。

せっかくだから今年、あと1回くらい、見れたらいいなぁ、、、、。
ゲリラ豪雨も、悪いコトばかりじゃないようです。


4619.jpg


僕のウラの顔が、セミの幼虫ハンターであるコトは、意外と知られていない。

夏の日の夕暮れ、
公園で、木の根っこと地面の穴ばかりながめながら歩いている英国風の紳士がいたら、
きっとそれは僕かも知れません、、、。

posted by 西久保毅人 at 22:32| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

夏と言えば、、、。

暑いですねー。


、、、、、仕事する気がしませんねー、、、、。


アイス食べたいですねー。


、、、、、プール行きたいですよねー、、、、。

と、そんな折り。。。。


「ニシクボさーん、坪井さんからお届けもの。
 なんか、書籍って書いてあるんですけど、、、。」


坪井さんの家の坪井さんから、、、、、、、






4627.jpg


なんと、段ボール箱一杯の、マンガのお中元!!!

キングダム。

そうそう、そういえば
マンガ通のみなさんに会うたんび、勧められるんですけど、
まだ、手をつけてないんですよねぇ、、、、キングダム、、。
って、こないだ坪井さんに会った時にお話したのでした、、。


これは、もう、さっさと帰って
クーラーの効いた部屋で、
ゴロゴロしながら
ポテトッチップ片手に、
コーラ飲みながら、
全巻読み終わるまで、
仕事しなくていいですよーって、


コトですよね、、、?


4629.jpg


きっと。


posted by 西久保毅人 at 18:10| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

マシューズさんの家の上棟と上棟式

夏真っ盛りのカンカン照りの先週末、
マシューズさんの家が上棟しました。

4636.jpg

暑すぎて、外にいるだけで汗が吹き出るような、そんな日。
職人さん達も、一日で真っ黒です、、、。

4637.jpg

夏の現場は、もう、夏っ、て感じで、
それはそれで冷たい飲み物がおいしくて、
もう、みんななりふり構わずに楽しいところもあるんですが、
それにしても暑すぎです、、、、、。


4638.jpg

4639.jpg

しかし、おかげで現場に行く度に
まわりの植物も大きくなっていて、
この木の骨組みと、もともとあった植物達が
絡み合うような姿は、とても素敵だなぁ、、、、と
思うんですけど、

4640.jpg

「あんまり伸びてたので、木、少し切りましたよー。」

とのコトでした。

4641.jpg

4642.jpg

さて、それから1週間後の、
そんな日とはうってかわった台風前の週末。

屋根までかかったところで、上棟式をして頂きました!

4643.jpg

雨の日、っていうより、台風前らしく、
ザーッと降ったり、やんだり、、、、。

夏の雨の気持ちよさを楽しめるような、そんな日。

4644.jpg

「僕たちの結婚式も、こないだの上棟式も雨でしたよー。」

と、マシューズさん。

4645.jpg

ほっ、良かった、僕が雨男じゃなくて、、、、、。(笑)

4646.jpg

僕たちにとっては、こんな上棟とか、上棟式をすることとか。
結構、あたり前だと思っているんですけど、
マシューズさんが出張中に、アメリカの人にこの上棟の工事映像を
見せたところ、

「、、、これは、いつの時代??ホントに現代??」

と、驚かれたのだそうです!

アメリカの工事風景は想像つきませんが、そんなに違うのかなぁ、、、、?

4647.jpg

しかし、こういう上棟式そのものも、
トウキョウではほとんどやらないコトが多いらしく、
「こんなに盛大にやるの、最近ではニコさんだけだよーっ。」
と、どこいいっても職人さん達に言われるんですけど、
そんなものなのでしょうかね、、、、最近のニッポン。


4648.jpg

ニコでは、いよいよ榊さんまで上棟式で焼き鳥焼くようになり、
すくすくスタッフ一同、成長しているんですけど、、、、、。

4649.jpg

そうそう、先週から高知県から研修に来ている大森くんも、
上京早々、こんな上棟式に参加できてラッキーだなぁ、、、。

大森くんは、この後、歌まで歌ってくれました!

4651.jpg

そして、子供達!

子供達にとっては、やっぱ、工事現場はワクワクするよねー。


4655.jpg

たとえば、ドキドキした!とか、

焼き鳥おいしかった!とか、

酔っぱらったおやじどもが気持ち悪かった、、、、、とか。

どんなキオクでもいいと思うんですが、
立場や、年齢や、国籍。
そんなものをいったん忘れて、
ともに作るあげる場所で、一緒に飲み食いして、

4652.jpg

笑って、話して、気がつくと日が暮れていく。

4653.jpg

そういうひとつひとつが、愛着に変わっていくんじゃないかなぁ、、、。

と僕は思っています。

4650.jpg

最後は、子供達も、みーんな打ち解けて仲良くなって。
ケンチクは、大人がつくるものだけど、
子供達のためにあるのだろうな、、、きっと。

4654.jpg

さて、これから現場、いよいよ本番です。
完成まで楽しみです!
posted by 西久保毅人 at 22:40| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

夏休みのしゅくだい

「、、、あのさぁ、、、今年はセミでよくない?? そういう年だし、、、。」


、、、と、話すたんびに勧めてるんですが、

「、、、、セミは嫌だ! セミ以外で!」

と、断固拒否を続けているソラ。


そう、夏休みの自由研究のはなしです。

恐竜がいいとか、カブトムシがいいとか、海がいいとか、、、、
いうんですが、いまいち今年は、セミ以外にに僕がのりきれないため
交渉は難航中、、、、、。
夏休みも終盤となってきました、、、。

4666.jpg


そんな訳でですね、自由研究はですね、、、、、
たぶん僕の好きなヤツにらならそうなので、、、(涙)
しかたないので、自分で夏休みの宿題をつくりました。自分に。

僕の夏休みの宿題。

「ソラにリフティングを10回できるようにさせる!」

サッカー好き好き言うわりに、夏休み、ゲームしてるかマンガ読んでるかで、
だらりだらりと過ごし、もはや丘サーファーっていうか、丘メッシ状態。。。。

このままでは、ただのでかいヤツにしか育たなそうな気配は最近はぷんぷんするので、
残りの夏休みで、なんとかソラをリフティング10回できる男にしたてあげるという
プロジェクトです。
そんな訳で、徐々にできる回数を増やしていくっていう感じで
進めているんですが、本日、ようやく7回達成!


なんとか今のところは順調に進んでいます。


さて、あと10日で10回まで増えるかなぁ、、、、。


でも書いた以上は、僕もミッション完了しないといけないので、
あと10日、楽しみです!
posted by 西久保毅人 at 00:50| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

ナショナルフォトグラフィック

先日の、いいお天気の日、
飯島さんの家の、雑誌の撮影に立ち会ってきました!

4670.jpg

飯島さんちに限らず、いろんな取材に立ち会うのですが、
その都度、いろんなカメラマンさんに出会います。

写真の詳しいコトはよく分からないので、
僕が言うのは失礼ですが、
いい雰囲気で撮影して頂いてるなぁ、、、、っていうのは
なんとなく感じます。


4672.jpg

なんていうか、、、、、、、。

撮らなきゃいけないから撮る、っていうより、
撮りたいから撮る、っていうようなコト。

しかも、なんて言うか、、、、
ケンチクの仕事だからケンチクっぽく撮る、っていうよりも、
その場の空気を撮る、、、、、みたいな。。。

4673.jpg

なんか、
森の中でそーーっと野生動物を撮影するみたいな、
ナショナルジオグラフィックの撮影に立ち会っているような、、、、

そんな感じ。


、、、、、最後は茂みの中まで入って撮影されていたから、
余計そう感じたのかも知れませんが、、。

4671.jpg

そんな、、、
ちょっと素敵な空気感をまとったカメラマンさんでした!

4669.jpg

撮られた写真はぜんぜん見ていませんが、
きっと素敵な写真なのだろうなぁ、、、、、。

楽しみです。

posted by 西久保毅人 at 22:17| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

スペック

坪井さんにもらったキングダム。


三十数冊、
子供達は、あっという間にみんな読み終わり、


「続きないの、、、??」


「、、、、は??」


4635.jpg

そう実は僕、小学校の時は、
子供達に言えないくらい、ファミコンとかのゲームばっかりしててですね、、、。


その頃の訓練のおかげでスーパーマリオとかのゲームは、
はっきりいって、いまだにその辺のシロウトのガキンチョには、
負けないくらいの自信があるのです。


「やっぱ、マリオはおねえちゃんとパパが上手いよね!!!」

と、たいして練習しなくても、そんな訳で
ゲームに関しては家ではそこそこの地位が確保されており、
やっぱ、子供の頃に身につけた技術は一生モンだなぁ、、、、
って、改めて思うんですけど、
逆にダメだなぁ、、、って思うのは、記憶力と吸収力。。。。

4631.jpg

ふだん、仕事してる分にはそんなに感じないんですけど、
子供達といると、記憶力と吸収力の著しい低下を
まざまざと感じさせられてしまいます、、、、、

ゲームも、今のヤツでもできるのはできるんですけど、
どこに抜け道があるとか、隠しコインがあるとか、、、、。

そういうの、もはや一切覚えられません、、、。

というか、今さら覚える程、やる気ないんですけど、
逆に、子供達にとっては、そういう
僕が「覚えられないコト」
がとても不思議な様です、、、。

4634.jpg

子供達はもう、
画面の隅から隅までキオクしていて、
どこに何があるやら、どこを通るといいやら、、、、
ホントすごいよなぁ、、、、。

4633.jpg

キングダムだって、
結構、難しい話なのですが
隅から隅まで、セリフまでキオクしてるようです。

、、、、、、ええと僕はですね、
結構頑張っているつもりなんですけど、
特にこういう中国の歴史物は、3.4回くらい読まないと
脳が吸収しないようで、、、、、。

4630.jpg

と、
そんな具合に時々、あからさまなスペックの違いというか、
新しい最新OSと、20年前のパソコンの違いのような状況を
突きつけられる今日この頃、、、、、。

4632.jpg


僕にも新しいOSのダウンロードのお知らせが来ないかなぁ、、、。

posted by 西久保毅人 at 22:37| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

渡辺さんの家

4676.jpg




4675.jpg




4674.jpg


posted by 西久保毅人 at 22:00| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

鴻巣さんちの撮影!

さてさて
最近いろいろ盛りだくさんで、書きたいコトもたくさんあるんですが、、、、、。


4688.jpg

最近、トウキョウはなんだか肌寒い日も多いんですが、
そんな合間のとっても天気のいい日、
かれこれ2年前にできた「鴻巣さんち」が雑誌の取材をしていただく日でした!

4678.jpg

雑誌の取材って、実はとても縁やタイミングのもので、
紹介したいなぁ、、、と思っていても、お休みとかのタイミングがあわなくて実現しなかったり、、、
雑誌社さんも締め切りのある仕事なので時期が合わなかったり、、、。
と僕たちの意志だけで実現するものではないので、
そういう日に、とっても天気がいいとめちゃくちゃ嬉しいです。


そう、なにより、設計させて頂く家々は、
なにを隠そう、僕たちのモノではないのですから、、、、。


そして、なにを隠そう、ニシクボさんは、
HPの更新をなかなかしませんから、、、、、(汗)


4679.jpg

そんな訳で、よーやく実現した鴻巣さんちの取材!

ニコのお客様のご家族にも、鴻巣さんちはとても人気者なので、
喜びもひとしおでした!

そういえば時間のたつのも早いもので、
思い返すと
実は家づくりの一番最初は、御夫婦おふたりのための
家づくりだったんですけど、工事中に3人家族になり、
つい最近、4人家族になり、、、、。

4681.jpg

と、そんなおめでたい時期の晴天の日に
撮影なんて、とても良かったなぁ、、、、と思いました。
きっとご家族にも、いい記念になったのでは、、、、。

4686.jpg

黒板の壁も、もう
学校の教室のように使い倒されて、
すごーく、いい味になっています。

ここで、子供の寺小屋でも始めたらいいのに、、、、。


4677.jpg

そんな訳で、できた時よりも
ますますパワーアップした感のある鴻巣さんの家。

子供達の成長も楽しみです!!
posted by 西久保毅人 at 22:03| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

三輪さんの家、Beerフェスタにのっかって、、、、。

先週末、三輪さんの家の入居後オープンハウスをしていただきました!

4700.jpg

、、、、といっても、今回
入居後オープンハウスって言ってるのは僕達だけで、
三輪さんちができてから、恒例になった、Beer フェスタのお誘いがあってですね、、、

「、、、僕たちはもちろん行きます、行きますっ!
 で、、、、、。
 
 お誘いに乗っかってすみませんが、せっかくなので、
 ニコで今、設計中とか工事中のご家族を招待してもいいですかー??

、、、、、いいですよね??」

4690.jpg

と、そんな僕たちのむちゃぶりを、ニコの荻窪営業部長、三輪さんがこころよく
引き受けていただきましての開催でした!

なので、正直
あの人もこの人もーっ、って感じなのですが、
ご契約進行中のお客様で、三輪さんち見たコトない方、
ニコの実例をご覧になったコトのない方、
ちょうど、工事中で、これから仕上げを決めたり、、、の方、
等の数組を泣く泣く限定案内させて頂きました。

ご案内できなかった方、次回はぜひ!

4691.jpg

もちろん、三輪さんち主催のBeerフェスタなので、
三輪さんのお友達やその子供達も混じって、
思い思いに、三輪さんちを堪能しつつ、
自分ちでは、こうしたいなぁ、、、って想像しつつ、
お酒を飲みつつ、、、、。

4693.jpg

そして、説明はといえば、
荻窪の渡辺篤史、三輪部長が、いろんな設計中のエピソードや
ニコのいいかげんなところまで、事細かに説明していただき、
僕たちは、いつもの通り、飲んで食べるだけ、、、、。

さすがです、部長!

4695.jpg

最近、三輪さんちに限らず、
ニコの家に住んで頂いているご家族の御厚意で
こういうイベントを時々させて頂いています。

独立して、10年以上たって、ようやく、って感じです。。。

むかーし、独立した頃、
僕がいつもあたふたと完成直後のオープンハウスを
させて頂いているのを垣間みて、
僕の、大好きな先輩が、

「ニシクボーっ、あのさ、本当のオープンハウスっていうのはさ、
 家を開くって意味だろ??

 家ってのはさ、、、、生活がなきゃ、家じゃないだろ??

 だから、本当のオープンハウスってのはさ、、、、
 入居前じゃなくて、入居後の落ち着いた頃にやるべきだと俺は思うよ。
 ホームパティーみたいにさ。。。。」

と、お酒をご一緒するたんびに、いーっつも言われててですね、、、
そのたんびに、ムカつきつつ、、、、(笑)
そりゃぁ、そんなコトができたら理想だけどさぁ、、、、
そんなに甘くはないですよー、現実は、、、、。

って、思ってました。

4692.jpg

でも、、、、いつかできたらいいなぁ、、、そんな夢みたいなコト。

って、ひそかに思っていたんですけど、、、、。


三輪さんちで、自分ちのように飲んだくれながら、
その先輩が言ってたオープンハウスって、
きっと、こういうコトなんだろうなぁ、、、って、
しみじみと思いました。

やっぱ、いいなぁ、、、。

うれしいなぁ、、、、、。

ほーんと、三輪さんはじめ、ニコの家に住んで頂いている
皆さんに感謝感謝です!

4698.jpg

さて、とはいえ、、、、

新しい家のオープンハウスも、もちろん今後やりますよー。
って、
実は、
来週からお知らせ始めますが、
9月、10月で、4件程開催予定!

敷地も、場所も、大きさも。
ぜんぜん違いますので、お楽しみに。。。。

4696.jpg


さて、
そんな、
のんだくれの大人達の子供達。

ひそひそと何をしてるのかなぁ、、、と思ってたら、
子供達は、子供達で、
自分達の場所を見つけていましたよ!

三輪さん、ありがとうございましたー。
そして、ごちそうさまでした。

posted by 西久保毅人 at 23:00| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

パリへーまずはコートからー

ありがたいコトに、いろんな雑誌に掲載していただいています。

これは、ミセスという女性誌の現在発売中の11月号。
4701.jpg

その中の、キッチン特集っていうコーナーに、
飯島さんちを取材していただきました!
飯島さんちは、ニコ最小、ってくらい小さな小さなおうちなんですが、
反面、料理はプロ級!
だから、飯島さんのこだわりの機器や料理風景を取材して頂きました!
キッチン、大きければおいしい料理が作れるって訳ではありません。

そういえば余談ですが、
僕はいっつも外食の時、気にして見てるんですが、
おいしい料理屋さんであればある程、
キッチンが最小限で、ビックリするくらいスッキリしているコトが
多くないですか??

プロってそういうコトなのかなぁ、、、、。

4702.jpg

そんな訳で、まぁ、、僕は単なるおまけなんですが、
食べにいったら、写真撮ってもらいました!


4703.jpg

そして、これは、韓国の住宅雑誌。

4704.jpg

これには、鷲巣さんの家を掲載していただきました。
偶然にも、飯島さんちと形が兄弟のような鷲巣さんち。

時々、外国の雑誌社さんからこうやって掲載の依頼があるんですが、
言葉もよく分からないですし、ホントに掲載されるのかなぁ、、、?
と半信半疑なんですが、、、、

4705.jpg

無事に掲載していただいたようで、本が届きました!
ただし、何が書いてあるのかは、、、、、、、

さっぱりわかりませんが、、、、(涙)

4706.jpg

そしてこれは、
住まいの設計という雑誌のこれまでの記事をまとめた
ムック本というものです。

4707.jpg

この中に、「ニコ設計室の方法」っていう、
数ページにわたって数件のおうちや僕たちが大事にしている考え方
などをまとめて載せて頂きました!

4712.jpg

さて、
今月は月末にまたいくつか掲載して頂く予定があります。
その中で、9/20発売の「住む。」っていう素敵な季刊誌があるんですけど、、、、、。

実は、今季秋号は、「家と街のあいだに」っていう特集! なんです。

まさにニコっ!!ていうテーマというか、僕がずーっと家づくりを通して
いつも考えているコトを代弁するような言葉なんですけど、
そんな気持ちが、ぴぴぴぴぴーっと伝わったのか、
編集長さんより

「、、、そんな訳で、今回は、写真、文章、スケッチ、すべて西久保さんに、、、、、。」

という、スペシャルむちゃぶりオーダーをいただいてですね、、、、。

まぁ、そんな依頼、とても嬉しいコトは嬉しいんですけど、
、、、、、、職種、完全に違うんですけど、、、(笑)

と、そんな訳で、とても大変ではあったんですが、
「家と街のあいだに」というテーマで、尾曲がりさんち飯島さんち山崎さんち
3つの家の物語を書かせていただきました!

恥ずかしながらも、発売された暁にはぜひ、ご覧下さい。

そんな訳でですね、、、、
いつもお世話になっている
ライターの方や、写真家の方や、編集の方の大変な苦労が
一気に身にしみた今日この頃でございましたとさ!

料理も、本も、ケンチクも。
なんでも作って人前に出すっていうのは、、、、、大変ですねー。
posted by 西久保毅人 at 21:00| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

オープンハウスのお知らせ

先日書きました通り9月〜10月にかけてはオープンハウス月間!

まずは、来週の9/21(日)に、杉並区で設計をさせていただきました「中島さんの家」
のオープンハウスです。


まえにこんなコトを書きましたが、わんぱく盛りの3人のお子さんのいる、若いご家族のためのおうちです。


4715.jpg

敷地は、70uほどの結構交通量のある角地。
角地は、いい面もたくさんあるんですけど、やっぱり生活するとなると
まずは、暮らしを守る必要があります。

とくに、わんぱく盛りの子供たち、すぐ飛び出しちゃうし、、、、。

だから、子供達をてきとーに放っておいても安心できる器でありつつ、
やっぱり、あぁ、いい街の中に住んでいるなぁ、、、っていう
気持ちはシキチを飛び越えて、街とつながっていく。

そんな、両面をもった角地でのくらしを設計させて頂きました!


それと、ニコの新鮮な試みとしては、
どうしても、設計をしていけば行く程、
素材にこだわればこだわる程、コストが高くなってしまって
ついつい家の値段が上がりがちで良くないなぁ、、、、っていう
日頃の想いもあり、
もう少しカジュアルにニコの家ができないものか、、、、?
っていうもんもんとしたコトを考えていましたので、
ちょうど、中島さんの想いとも重なり、
少しローコストにできる事を意識しながらも、
僕たちがいつも考えているコトを実現できるような
仕様や設計を御提案させていただいたおうちです。


さて、明日は恒例のセルフペイント!
少しずつ、家が僕たちの手元から、中島さんちになっていく、、、、
そんな瞬間です。

4716.jpg

そういう意味では、これからの4つのオープンハウスは、
シキチの大きさも、ご予算も、立地条件も、御要望も、工務店さんも、ニコの担当も!
面白いくらいに違うおうちなので、それぞれ僕たちも楽しみなのです。

ちなみに、こんな感じ。

9/21(日)  中島さんの家  杉並区  シキチ70u、  延べ床面積64u
10/4(土)  坂巻さんの家  埼玉県  シキチ313u  延べ床面積111u(うち30uは将来お店)
10/11、12  小川さんの家  調布市  シキチ301u  延べ床面積175u(うち42uはガレージ)
10/26(日) 前川さんの家  世田谷区 シキチ101u  延べ床面積80u


そんな訳で、
いつものように、内覧をご希望の方は、こちらまでお問い合わせ下さいませー。
posted by 西久保毅人 at 23:10| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

シュウカツ

さて、今週日曜日は、「中島さんち」のオープンハウス!

いろんな方にお問い合わせをいただく中に、
なつかしく、とっても嬉しいご報告がありました。

もう、かれこれ8年前に設計をさせていただいた泉水さんからなんですが、


4725.jpg

お引き渡しから、はや8年、
大きくなったお子さんが、なんと、

「今年の夏休みの自由研究に自分ちの模型を作ったんですよ〜!」

とのコト!

写真も送ってくれました!
感激ですー。

4717.jpg

すごーくリアルに作ってくれていて難しかったそうで、

「これ考えた人と作った人、すごいねー。」

とのコト。

まあね、、、、、。
まぁ、気づくの遅いけどねー!

4721.jpg

しかし、この8年後、っていうのが、
なんとも嬉しいじゃないですか!

8年て、ほぼその子にとっては、ジンセイのほとんどな訳で、
それはもう、「日常」だったり、「あたりまえ」だったりするような時間。
そんな歳月の後に、
模型を作ろう、って思ってくれるなんて!

なんだか、おじさん、素敵なプレゼントをもらったような気持ちでした。

、、、当時は僕もまだ、ギリギリお兄さんだったような気がしますが、、、、。
4723.jpg

でも、泉水さんちに限らず、今年は工事中のマシューズ家でも、
自由研究は、自分の家の工事中の模型。

これも見せてもらいましたが、もう、お母さん譲りのとても精密な模型!

実は、僕も独立してかれこれ、10数年たつので、
最近では、お子さんが就職したり、大学に行ったり、進路を考えたり、、、、っていう
ご報告もいただきます。
中には、住宅、建築系に進学したり、就職したりっていう
子供達も実は、ちらほら出て来ていて、そのジンセイの進路に、
少なからず住んでいる家や、工事中の思い出、現場の記憶みたいなものが
影響しているのを聞くと、とても嬉しく思います。


実は来週からまた、大学の後期の授業が始まるんですが、
何も学校で教えるコトだけが、
ケンチクの楽しさや魅力を伝える手段ではないんだよなぁ、、、というコトを
つくづく思うのです。


さて、そんな訳で、中島さんち。

もう完成しちゃうんですが、
中島さんちの子供達は、実はとても絵が好きで、
いっつも、事務所の打ち合わせの合間にずーっと片隅で絵を描いててですね、、、

見ると大抵、色鉛筆で模型を見ながら自分の家を書いてて、
とても上手で感心してたなぁ、、、と打ち合わせの頃をなつかしく思います。


現場もたくさん来たし、
現場で御飯も食べたし、
自分で壁にペンキも塗ったし、、、。

4719.jpg

いつか、この子達も、
模型を作ってくれたら嬉しいなぁ、、、、。


そのうち、ニコで働きたいっていう、子も出てくるかなぁ、、、、?

もう、こちらはウエルカムウエルカム、な訳ですけど、、、。

4715.jpg

と、そんな訳で、
今週末、オープンハウスな訳です、、、。
posted by 西久保毅人 at 23:19| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

リンダ リンダ

夏に引退した女子バスケ部。

引退して、勉強でもしてるのかと思いきや、、、、、。


4733.jpg

、、、、今度は、音楽活動だそうです(笑)

音楽の秋!



4737.jpg

4748.jpg

と、そんな訳で、ちょうど先日、
ノノ達の中学の文化祭がありまして、
そこでの初ステージに行ってきました。

実は去年も4人組で、歌とピアノとバイオリンをやったんですが、
今年は、バスケ部5人で、ギター、ベース、ドラムも練習してバンドしタイル。

ほーんと、こいつらすごいなぁ、、、、と
ただただ感動してしまいます。。。。。。

4734.jpg

まぁ、まず、なんていうか、スケジュール構成がすごい。

実は前の日まで中間テストだったので、前日までほぼ徹夜で勉強して、
塾いって、そのまま、またみな集まって、直前までバンドのリハーサル。
なんていうか、寝る時間っていうのが、この人達のスケジュール構成には
あまり入っていというか、、、、。

4731.jpg

だからといって、あきらめる、とか、
ひとつ減らしてみる、、、、

っていうコトも頭にはないみたい、、、、。

それがすごいな、って思う。

好きなコト、やりたいコト、やってみたいコト。

とにかく、全部する。

4741.jpg


だって、そのほうが楽しいじゃん。。。。。

4742.jpg

4747.jpg

4732.jpg

ほーんと、子供達は、親の想像をどんどん超えていきます。

あっという間に、親なんか、楽々と飛び越していきます。

4736.jpg

この子達のうち、3人は、
実は保育園で6ヶ月の赤ちゃんの時からずーっと一緒。
小さな時から性格もキャラも、ぜんぜん違うんだけど、
(親のキャラも三組全然、違いますが、、、、)
同じノリで全部やる、っていう意味では
ある意味、3つ子のようなものかも知れません。

だからなおさら感動的なのかも知れませんが、
ほーんと、聞いててですね、、、

久しぶりに号泣してしまいました、、、。

いやぁ、、ただただ子供ってすごいなぁって思うんです、、、。
すごいエネルギーだなぁ、、、。


録音したやつを聞き直しても涙がでてきます、、、、、。

4738.jpg

4746.jpg

僕も、ぜんぶやろっと。とりあえず、大人になるまでは、、、。

4740.jpg

ほーら、高知のオオモリくん。

音楽やめてる場合じゃないよ!

ぜんぶやるのです。

全部。
posted by 西久保毅人 at 22:43| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

オープンハウスのお知らせでーす!

こんにちはー。

今週末、10/4(土)に、
埼玉県比企郡、という場所で、オープンハウスをさせて頂きます!

「坂巻さんの家」

205.jpg


ニコで初めての自然素材の外壁や屋根材を使わせていただいたりして
のんびりした風景の中で、のんびりとした、たたずまいのお家になりました。


例えば、本物の焼き杉の外壁(触ると炭がつきます、、、焼き杉だから。)
例えば、シダーシェイクっていう木の板で葺いた屋根(そのうち、苔むしていきます、、、木だから)
そして、2本のえんとつ。

自然の中で朽ちていくコトそのものを、
楽しめるようなそんな素材達。

4749.jpg

しかも将来お店になるスペースと、自宅という
お店の顔と、家の顔、両面を合わせもった住まいです。


人も、ケンチクも。


二面性がある、っていうコトが、きっと暮らしを豊かにしたり、
街や人と繋がっていくきっかけになるのでしょうねー。


と、そんな訳で、まずは、告知まで、、、。

お問い合わせはこちらまで。

posted by 西久保毅人 at 14:25| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

ブルーハーツ日和

今晩はー!ザ・ブルーハーツです!

4750.jpg


4751.jpg

さて、、、、。

4752.jpg

先週末、雨の予報もなんのその、
好天の青空の中、「中島さんの家」のオープンハウスをさせて頂きました!

お天気も良かったのと、久しぶりだったのもあってか、
100人以上のご来場をいただき、とても楽しい一日でした。

4753.jpg

さて、見ての通り、「中島さんの家」は、角地に建つ家です。
視線の集まる、僕のもっとも、苦手な、、、、、、。

4789.jpg

、、、、て、
事あるごとに、いーっつも言ってる割には、なぜか
角地の御依頼もとっても多くてですね、、、、、

みなさん、ドSですね、、、、、と思う今日この頃。。。。

4754.jpg


4755.jpg

もう、同じ敷地条件がないように、同じ角地っていうのはありません。
なので、設計する機会を頂くたんびに、あれこれと考えるんですが、
とにかく、家である以上は、暮らしを守る、っていうコトが
まず、最低限、家に求められる性能になります。

4756.jpg

じゃあ、壁で囲い込んじゃえばいいじゃーん、
ってなりがちなんですが、それだと、なんていうか、
せっかくの二面接道した気持ちのいい場所に住む楽しみが半減っていうか、、、、。

4757.jpg


4758.jpg

そうそう、
角地の何が難しいって、実は角地って、街の中のへそのような場所で
とても好条件がそろっているのだけれど、
なんていうか、ネタが良すぎて、調理しづらいっていうか、
素材の味を生かすのには、こっちの絶妙な火加減、さじ加減が必要で、
そこを上手くしないと、
じゃあ、安い肉でも良かったじゃーん、ってなっちゃうという、
あからさまに、こっちの腕を試される場所なんじゃないかなぁ、、、、って
思うんです、、、。


4759.jpg


だから、苦手。
4790.jpg

4760.jpg

そして、たったひとつのおうちなんだけれど、
たくさんの目にふれ、
近所のおばあちゃん達に、

「昔はこの街も良かったのにねー。」

なんて言われちゃうかも知れませんから、さらに責任重大な訳です、、、。

4761.jpg


4762.jpg

でもね、、
もし、とっても上手にできたらきっと、
そこに住む中島さんご家族だけでなく、日々通り過ぎる子供達や街の人、
いろんな街の人達も、ちょっとハッピーな気持ちになって、
いろんな人と家ができた喜びを分かち合えるのではないか、、、、っていう
そんな大きな可能性も秘めているのであります。

4763.jpg

つまりは、
中島さんにとっての快適さと、
街の人達にとっての快適さ。

その両方をつかまえて初めて「できて良かったねー!」ってなる訳です。

4764.jpg


4765.jpg

でも、そういう小難しいコトを考えてるって言うよりも、
どんな家づくりもそうですが、
街と家をつないでくれるのはいつも子供達。

4766.jpg

中島さんちも、わんぱく盛りの3人の子供達がいて、
まずは、その子達が、道路に飛び出して危なくないか、、、、とか、
とはいえ、子供達の友達や、ママともたちが遊びに来やすい家がいいな、とか、
たくさん友達がきても、
季節折々、

昼は昼で、

夜は夜で、

いろんな楽しみ方ができたらいいなぁ、、、、、とか。

4767.jpg

結局は、
そんな日々起こるであろうたくさんの日常の出来事が楽しくなるように。

4768.jpg

中島さんちの子達が、地域のなかで安心して愛されていきますように。

4791.jpg

お父さんが、家に帰るのが楽しみになりますように。

4769.jpg

お母さんが、忙しい家事の合間にも、
ふっと空を見上げたり、風を感じたり、木々のうつろう光にホッとできたりして、

「あぁ、この街に住んでほーんと良かったなぁ、、、。」

って思えますように。

4770.jpg


4771.jpg

ていうようなとても普通日常の先に、きっと僕たちの描きたい風景があるのだろうなぁ、、
といつも思いますし、
そういうコトを、考えれば考える程、

「家と街のあいだの場所」

の、ちょっとしたデザインが大切なのだなぁ、、、、って思うのです。

4772.jpg


4773.jpg


さて、
今回も、いろんな方に見に来て頂きました。

初めてお会いする方から、
今、まさに設計をさせて頂いている方。
もう、ニコの家に住んで頂いているご家族。


4774.jpg

そんな中で、山崎さんなんか、これから設計をさせていただくご家族に

「ニコの使用上の注意あれこれ」

を説明していただいたり、、、、。

「、、、、先輩ぶって、いっぱい話しちゃいましたー、、、、。」

っておっしゃっていましたが、
ほーんとこういうのが、いちばん嬉しいですねー。

できれば、毎回、レギュラー出演でお願いします、、、。

4775.jpg

だって、そんなの、ネットでどんなに検索したって
ぜったい分からないコトですし、いいコトも悪いコトも、
まさに、そのまんま、でしょうから、、、。

4776.jpg


4777.jpg

そして、あと嬉しかったのは、

「ニコさんのおうちって、写真で見るより実物のほうがずーっと良くて安心しましたー。」

っておっしゃる方が、たくさんいらしたコトかなぁ。。。


4792.jpg

4778.jpg

まぁ、写真てほとんど僕が撮ってるから
伝える能力に限界がありますし、、、、、ってのもあるけれど、

でも、これって、実はすごーく昔から言われてたコトでもあって。。。。


「、、、ニシクボっちの作るものってさぁ、、、その場に来たら良さが分かるんだけど
 写真で伝わりにくいから損してるよねー、、、。」


って、いつもアドバイスをくれる構造設計の名和さんにも、
いっつも言われてたんですよねー。昔から。。。。

4779.jpg

ケンチクって、
持って歩けないからですね、、、、
写真で伝わるかどうかって、実は結構重要な面もあるのです。


そして、世の中には、写真で伝わりやすいケンチクっていうもの確実にあって、
うらやましいなぁ、、、って思ってみたりしつつ、
でも、僕の頭の中、そもそも分かりにくいメンドクサ構造システムだし、
写真だってなかなか選べなくてこんな感じだし、、、、
うーん、こればっかりは、どうしようもないなぁ、、、、、、。

お笑い芸人にもいますよねー、
ライブは面白いのに、テレビではいまいち、、、、、的な、、、。

4780.jpg

と、そんなコトを、ウジウジ考えてた頃もあったんですけどね、、、、。


最近はもう、40過ぎたし、吹っ切れまして、、、、



そう、気持ちはブルーハーツ!!!


4781.jpg


4748.jpg

4782.jpg

リンダリンダな気分なのです。。。。

4783.jpg


4784.jpg

でも、それでも、
なんとか、手に入れたいと思う。

4785.jpg

いつか手に入れられたらいいな、って思う。

4786.jpg

だから僕は、シャッターを押す。

4787.jpg



4788.jpg
だから、僕は、シャッターを押す。









、、、て、そんな訳なんですが、
中島さん、ありがとうございましたー。
また宴会しましょうねー。


そうそう、週末はコレです。
205.jpg
posted by 西久保毅人 at 19:42| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

土曜日はオープンハウスです!

4796.jpg

205.jpg


4793.jpg


4800.jpg


屋根にものれるし、お店もあるし、、、。

これ、自分ちにしたいなぁ、、、、って思いました、、、。
事務所兼、自宅。

、、、、、、、、坂巻さんの家ですけど、、、(涙)

4799.jpg

お問い合わせはこちらまで。
posted by 西久保毅人 at 21:34| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

今週末のオープンハウスは、、、??

さーて、
今週のオープンハウスは??





キクチです。

4803.jpg

もー、毎週毎週やんなっちゃうわー、、、、って冗談ですけど、
なんと今週のオープンハウスは、なんと久々の2日間の拡大版!
天気がいいといいなぁ、、、。

小川さんちは、ガレージがあるから、ガレージセールやるってウワサも、、。
大森くんのライブもあるかな?

さーて、次回は、

ホソダ、鍋焼きうどん。
キクチの金魚すくい。
サカキ、子煩悩。
ニシクボ、ウシに踏まれる。。。

の4本、スペシャル版でーす。

今週もまた来て下さいねー。

4801.jpg

せーの、

じゃんけんぽん。



、、、、てな訳で、お問い合わせはこちらまで。
posted by 西久保毅人 at 21:57| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

はじまりのこと

さて、週末は、小川さんの家のオープンハウスです。


4804.jpg


よくよく記憶をたどると、
初めて小川さんとお会いしたのは、三輪さんちのオープンハウス。

めずらしく営業部長、三輪さんから、

「オープンハウス、行きますよーっ。」

って、連絡頂いたりして、、、、、。


4806.jpg

たぶん三輪さんは、そういう経緯をご存じないので、
こういう偶然のめぐり合わせはとても嬉しいです。。。。

4805.jpg

お引き渡しに向けて、改めて最後の図面を描きながら、
いろんなコトを思い出します。


たいていは、はじまりのこと。


4807.jpg


週末、てんきがいいといいなぁ。


そしてまた、


いろんな偶然に出会えるといいな。
posted by 西久保毅人 at 13:17| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

名前のない場所

さて、時間は少しさかのぼり、

先週末、
埼玉県で設計をさせて頂きました「坂巻さんの家」のオープンハウスを
させて頂きました!


4835.jpg



4809.jpg

ちょっと不便な場所で、車じゃないと行きにくいところだったので、
来てもらっても2〜3組かなぁ、、、と思っていたんですが、
たくさんの方が見に来てくれて、子供達も楽しそうで、
のんびりと、とてもいい時間の流れるオープンハウスでした。

4851.jpg

結構、電車とタクシーでいらっしゃる方もいて、
最後の方は、駅前のタクシーの運転手さんに、

「あーぁ、あのちょっと住宅っぽくない変わった家でしょ??」

と、言われるくらいになっていたそうです!(笑)

4843.jpg


4810.jpg

「将来、家でお店をしたくて、、、、」

ていう要望だけが少し変わっているだけで、
他は本当にごくごく普通のご要望でできたプラン。

ただ、お店をしている時に、あんまり生活を見せたくないだろうし、、、とか、
とはいえ、お店の客さんにとっても、のんびりとくつろげる方がいいし、、、とか、
その両面を実現できるように、
ながーい平屋のお店部分と、
ころっとした2階建てのお家をくっつけたようなシンプルなプラン。

4811.jpg

4812.jpg

なのですが、来る人来る人、


「、、、で、この場所、何ですか?ナニする場所ですか?」

って聞かれるコトが多くて、なんか、面白かったというか、
意外だったというか、、、、、。

4813.jpg

それはこの、インナーテラスとかって、てきとーに
呼んでいた場所。

4855.jpg

まぁ、
屋根があるテラスだから、インナーテラスでいいんじゃん、
っていうそれだけの場所なんですが、
お店のお客さんがくつろいでもいいし、
お店やってない時は、子供達が遊んででもいいし、
しかも、こういう場所があるだけで、ちょっとお店と家のゆるい境界ができたら
いいな、、、、とか。


4852.jpg

そんなコトを考えてもうけた場所なので、
何の場所とか、名前とか、
あるようで、ない場所。

4808.jpg


4815.jpg

でも、できあがってみると、
なんだかよく分からないけれど、
とても気持ちのいい場所。

4857.jpg

「沖縄そばでも食べたいよねーここで。」

とか、想像してしまうような場所。


4816.jpg

4817.jpg

それは、家の中にはいってもそうなんですが、
実は、

「ここ、ナンノバショデスカ、、、?」

って聞かれる場所であればあるほど、
なんか気持ちいいっていう、、、、。

4818.jpg

4819.jpg

そういうのは、とても不思議です。

4820.jpg

4821.jpg



4822.jpg


4823.jpg



4824.jpg

4825.jpg

「なまえ」って、何でしょうね?

時にはとても大事なコト。

4826.jpg

だって、もし、自分に名前がなかったら、それはそれは、
とても不安だもの、、、、。存在していないようで。

4854.jpg



4827.jpg

だから、子供が産まれたら名前を付ける。
いろんないろんな想いをこめて。

4828.jpg

4829.jpg

でも、名前があっても、子供達はどんどん変わっていく。
自分の意思で。

だからこそ。
変わっていってしまうからこそ、名前を付けたくなるのかも知れませんね。

4830.jpg

4831.jpg

でも、場所やケンチクは、自分の意思では変わってはいけません。


唯一、人間の想像力だけが、場所やケンチクの意味を変えるコトができます。


4832.jpg

4833.jpg

だから、名前のない場所を手にするコトは、
自由を手に入れるコトなのかも知れないなぁ、、って思います。

使い方も、意味も、自由だもの。


4842.jpg


4853.jpg

唯一、実現すべきは、気持ちいい場所であるコト。

それだけ作れたら、
名前はなければない程、優雅なのかもしれないなぁ、、、、。

と、そんなコトを、坂巻さんちで過ごしながら思いました。


ほーんと、気持ちのいい場所なんです。。。。

この、「名前のない場所。」

4837.jpg


4839.jpg

ケンチクは、住宅にしろ、ビルにしろ、なんだって
なにかしら目的を持って作られます。

だから、それを満たしつつも、名前のない場所やしつらえが
とても大切なんだよなぁ、、、ってホントに思います。

4841.jpg

そんな意味で、まぁ、住むっていうコト以外は、
まだ名前のない坂巻さんち。


4844.jpg

4845.jpg

名前がないって自由だなぁ。

4846.jpg

名前がないって、楽しみだなぁ、、、。

4847.jpg


4848.jpg

4849.jpg

4850.jpg

坂巻さんちの未来が、とてもとても楽しみです!!!
posted by 西久保毅人 at 20:53| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

さてー、今年最後のオープンハウスは?

なんだか急に朝晩寒くなりましたね〜。

先週末は、小川さんの家のオープンハウスでしたが、
2日間ともお天気に恵まれて、とーっても楽しかったです!

一時は、ここは保育園?、

もしくはニコのお客様どうしの覆面座談会場か、、、?

、、、、と間違えるくらいにぎやかで、100人以上のご来場。

遊びに来て頂いた方、ありがとうございました!

で、、、、、、、写真は、、、、???


それはまぁ、やる時はやる男、ニシクボさんに任せるとして、、、、。



4867.jpg

さーて来週のオープンハウスは?


ヒロシです、、、

いや、
ホソダです、、、、、。


4868.jpg、、、、、、、。



9月〜10月のオープンハウス4連ちゃんも、これで最後!
実は、今年のオープンハウスは、これでおしまいらしいっすよ。

やっぱ、素材感とか、広さ感とかは、写真ではなかなか分からないもんっす。
前川さんちも、新しい素材とか、仕上げとか、、、。

自分的には実際に見て欲しいなぁ、、、って
思うポイント満載なんで、ぜひ来て欲しいっす。。。。

今回、工事をお願いしたTHモリオカさんは、
初めてお願いしたんですけど、超良かったっす!

また頼みたいっすー。



さーて、次回は、


キクチ、秋の身支度。
ホソダのワイルド体操。
サカキ、ウシの見分け方教えます。
ニシクボ、熱燗の季節。

の豪華4本立てでーす!

今週もまた遊びに来て下さいねーっ。


せーの、
じゃんけん、

4864.jpg


.



.



ぽん。

4869.jpg

お問い合わせはこちらまで!

※最近、ご案内のメールをお送りしているのに、届いていなくて行けなかった、、、
というメールのトラブルがあるようです。原因は分かりませんが、お気づきの方は、御連絡下さいませ。
posted by 西久保毅人 at 21:47| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

エース不在

書きたいコトはいーっぱいあるんですが、、、、(汗)
昨日のリンタロウの試合、ちょっと感動してしまいました。。。。

ちょうど今は、新人戦の季節。
昨日は、区大会の二回戦。

シードも何もないリンタロウ達のチームは先週1回戦を突破して、ようやく2回戦。



ノノ達の時は、なんか、ベスト4からが本番って感じだったんですが、
男子は、何回勝つかなぁ、、、、って感じで期待うす、、、、。

4874.jpg

1年生のリンタロウも、ちょこっとだけ、おつまみ程度には
出してもらえるようになったけれど、
まだまだ主力、って感じはほど遠い感じ、、、。

チームは2年生主体で、2人くらい、上手くて結構どことやっても通用するような子が
いるんですが、あとは小粒で細いから、この先どうかなぁ、、、、、。

そんな、先週までの様子でした。。。。


だから、2回戦っていっても、ここで消えるか、次に進めるか?っていう
子供達にとっては大事な試合な訳で、、、。

親としては、いまいち頼りないなぁ、、、、っていうのが大方の感想ではあるんですが、
ちょうど先週、コーチに、

「、、、てな訳で、次の試合、微妙ですよねーっ。」

って話してたら、コーチの見方は、ずいぶん違う様子で、

4875.jpg

「、、、いやー、勝ちますよ、あの子ら。」

とのコト。。。。


親は、なんだかんだと、「断片」と「直接的な結果」しか見てない訳で、
毎日見てくれているコーチの見方は違うもんなんだなぁ、、、ホントかなぁ、、、
って思っていたんですが、、、。

てな訳で、
そんな風にむかえた2回戦だった訳なんですが、
試合前にちょっとざわざわ、、、。

ちょっとトラブルが起きました。

4883.jpg


実は、弱小チームの中でも、一番デカくてチームの大黒柱のエースくんが、前日より高熱で
今日は出られるかどうか分からない、、、とのコト、、、、。

もちろん、病気の方が心配ではありますが、
同じくらい、あの子がいないと、そもそも試合にならないじゃん、、、、って、
バカ親どもは、そんな会話の試合前。。。。。

ざわざわ、、、。

なんとか出て欲しいなぁ、、、、でも難しいだろうなぁ、、、、、。

親はそんなコトしか考えないんですけど、、、、。


それを一番、重大事件として考えてたのは、、、、、


実はチームの子供達でした、、、、。


試合開始。
やっぱりエースくんは、ベンチ。
彼がいないと、ほーんと小さなチームに見えます。

4877.jpg

エース不在の動揺か、簡単なシュートも全然はいらず、ミスもかさみ、
あれよあれよと点差がつきだして、あぁ、、、やっぱ今日だめかな、
って思いはじめたその時。

彼が言い出したのか、、、、分かりませんが、
急遽エースくん登場!

できればギリギリまで出したくなかったんでしょうけど、
やっぱりいるかいないかは、、、ぜんぜん違うのです。


4878.jpg

おかげでチームの芯は通るけれど、やっぱ顔面蒼白のエースくん。。。。

そんな中、この試合、いちばんすごかったのは、彼以外の他の選手達でした。
なんとか、病気のエースくんを少しでも楽にしようって気持ちだったのでしょうか?

そんなミーティングをしたのか、
それとも、一人一人が、そういう思いでコートにたったのか、、、。

4879.jpg

それは分かりませんが、これまで見たコトないような、
一人一人が、積極的で果敢なプレー。



もちろん、ミスもたくさんあるんだけど、そのミスすら、プレーの前向きさに
どうでもいいと思えるくらい、
そのミスですら、チームが盛り上がって相手を圧倒するような、、、、
そんなプレーの連続でした。

いつもはどこか先輩任せの1年生達が、
今日は不調のエースを支えます。
大好きなんだろうなぁ、、、先輩達が。

4871.jpg

まぁ、バカ親で申し訳ないんですが、
それまでリンタロウも、チラチラと試合には出ていたんですが、
なんか、あと一歩をあきらめるとか、ふにゃふにゃしてる、、、とか、
見ていてもどかしいようなプレーばっかりで、
もう、、、いつになったら変わるのかなぁ、、、変わらないのかなぁ、、、
って気持ちだったんですけど、
昨日は、なんていうか、人間が変わったかのように、
スタートからガンガンゴールに向う果敢なプレーの連続でした。

4872.jpg


終始、ワンプレー、ワンプレーが、みずみずしくて、
ミスだって、なんとか勝とうとする意志の先にあるから
そのままチームの勢いに変わります。



そんなプレーがコーチに通じたのか、結果、初めてのほぼフル出場。

小学校の時のサッカーから、ミニバス、中学、運動会、、、と、
いろんな本番でのリンタロウを見てきましたが、
こんな姿のリンタロウは初めて見たなぁ、、、、、、という感じでした。


どうした品川?

っていうか、どうしたリンタロウ??

って感じでしたよ、、、、。

4873.jpg

試合はというと、
そんな展開で、6.7点差でなんとか後半まで食い下がり、
ミスは多いものの、あきらかに勢いで勝っていたので、
どこかで逆転するだろうな、この試合、って、みんなが思っていたんですが、
最後、3点差まで追いすがったものの、、、、、、、
大事なところで点が取れず、結局負けてしまいました、、、。


残念。

見てた人達も、
「あーぁ、勝てた試合だったのにねぇ、、、、、。」
と、ちょっとがっかり。


そんな訳で、新チームでの初の公式戦。
2回戦負け、っていう結果だったんですが、その結果よりも、

4881.jpg

「、、、このチーム、実はめちゃくちゃ強くなるかも、、、?」

っていう、キラキラした可能性にワクワクしてしまう試合だった、
というのが、僕たちの正直な感想でした。


それにしても、すごかったなぁ、、、リンタロウ。

あんまり、、、ていうかほとんど僕は子供を褒めたコトないんですけど、
はじめて自分の子供をカッコいいなぁ、すげーなぁ、、、って思いました!(笑)



、、、、とそんな訳で、、、、、。

負けたけど、今日のリンタロウは100点だったなー。

4882.jpg

っていうと、

「それってさぁ、、、、何点満点??」

と、リンタロウ。

「まぁ、、、、1000点満点だけどね。。。」

4880.jpg

しかし、子供って、一瞬で変わるんだなぁ、、、、って思いましたよ。
しかも、中学生にもなると、変わるスイッチは、
きっと親ではないんだな、、、、とも思いました。


だから、ホントの原因は実は分かりません。

でも、「エース不在」っていう、思いもよらなかったピンチのおかげで、
思わぬ力を発揮した子供達。


こういうシンプルな素晴らしさは、女子にはなかったかなぁ、、、、。

こういう単純さは、男の子ならではなのかなぁ、、、とも
思ったりして、、、、


4876.jpg

とまぁ、そんな訳で、
いったんは、決別したはずの僕のバスケ人生。

女子バスケを卒業した僕は、
また新しい楽しみを見つけたのでありました。


、、、、、、まぁ、ぶっちゃけサッカー派ですけどね、、頑張れサガン鳥栖!!!!!


posted by 西久保毅人 at 22:24| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

できちゃった!小川さんの家

さて、ようやく写真の整理がつきましたので、
小川さんちのオープンハウスの巻〜っ。です。

4884.jpg

、、、、といっても、2日間もあったし、いいなぁ、、って写真が多すぎてもう、
いつものように泣く泣くですけど、、、。

いつになったら捨てられる男になるのでしょうか、、、、、。

まぁ、今回も、選べてませんが、、、。(汗)
4885.jpg

4804.jpg

さて、そんな訳で小川さんちのオープンハウス。
ひさしびりに、2日間もさせて頂きましたが、両日ともお天気に恵まれて、
100人以上のたくさんの大人達、子供達が遊びに来てくれました!

4886.jpg

中でも今回は、

「ずーっと通るたんびに何ができるか楽しみにしてたのよーっ。」

っていうご近所さんも多くてですね、、、、

4887.jpg

そういう意味では、ご近所さんにも温かく見守られながらようやく完成した
小川さんの家。

こういうのは、赤ちゃんが産まれるコトに似ているなぁ、、、って思いました。

4889.jpg

大きなお腹をみんなで触りながら、

「おなか、とんがってるから男の子かねぇ、、、。」

なんて、みんなが余計な妄想をしつつ、誕生を楽しみにする赤ちゃん。

そんな風にケンチクも産まれてくるといいなぁ、、、といつも思います。

まぁ、小川さんちは、妄想され過ぎて最終的には、

「、、で結局何屋さん??。おいしいパスタ屋さんっていう、ウワサだけど、、、。」

とのコトでしたが、、、(笑)

4890.jpg

そういえば、明治大学でやっている僕の授業は、
実はそういうコトも、テーマのひとつにしていて、

「ケンチクが、産まれる。」

っていうコトについて、一生懸命考えてくれる学生も毎年います。

ほーんと、永遠のテーマだな、、、ケンチクが、産まれるというコト。


4891.jpg

さて、オープンハウスと平行して、完成したガレージにて、
はじめて小さなガレージセールも行ないました。


4892.jpg

船乗りだった小川さんのおじいさんが、いろんな国々からお土産に持ち帰った品々。
税関を通った年代を見ると、僕もうまれる前のモノがたくさん!

4893.jpg

新しくできた孫の家で、おじいちゃんのモノをいろんな人に引き取ってもらって、
これも、ある意味、命が繋がっていくようで、とても小川さんらしいイベントだなぁ、、
と思いました。


4894.jpg

4805.jpg


さて、小川さんの家。

4895.jpg

最初にお会いしたのは、三輪さんちのオープンハウスだったので、
約2年前、、、。



4896.jpg

ここにはもともと、おばあちゃんの家が建っていて、
その建て替えのご相談。
まわりには、大きな保護樹林があったり、畑がたくさんあったり。
東京のとても便利な場所なのに、とてものんびりした街にこの敷地はありました。


4897.jpg

「家の中」のお話もたくさんしたのですが、
山登りや、キャンプ、ボルダリング等、、、、小川さんのお話は
たいてい、「家の外」のお話ばかり、、、。

だから一応、家の中もあるのですが、
できるだけ建物をつくりすぎないように。

4898.jpg

暮らしの中で、いつも外や街とつながっていられるように。

4899.jpg

もともと生えていた大きなキンモクセイと、大きな紅葉の木をそのまま残しながら、
そんな事を実現できる案をいろいろ考えさせて頂きました。


4900.jpg

4901.jpg

4902.jpg

ほんとにたくさん、いろんなコトを話し、考えたんですけど、
ケンチクの事を言葉で説明するのはどうも、どうも苦手分野なんですが、、、、。

そういえば、ウシがこの間、いろいろ書いていましたように、

今発売中の「住む。」という季刊誌に、

「家と街のあいだに。」

というテーマで、ニコのお家を紹介させて頂きました。

完成した小川さんの家にずっといながら、
あぁ、まさに小川さんちは、その言葉を体現するような場所になったなぁ、、、
って思いました!

4903.jpg

敷地はたまたま大きいけれど、
街と敷地、街と家、家とガレージ。。。。

そして、ありとあらゆる「2つ」の場所やモノのあいだ。

そんな、あいだの場所やしつらえについて。。。。。

、、、、、まぁ、2コ、設計室な訳ですからね、、、、。

4904.jpg

4905.jpg

結局、家に限らず、ケンチクの気持ちよさや優雅さって、
中だけの快適さよりも、
そのあいだの場所の気持ちよさが決定するのではないかな、、、、って、
いつも考えます。

4906.jpg

4907.jpg

そんな意味で、小川さんちの1階は、少し高床。

地面と2階のあいだ。

4908.jpg

4909.jpg

4806.jpg

テラスと洗面所のあいだにあるお風呂場は、
使わない時でも、気持ちよく。

4910.jpg

4911.jpg

お風呂と洗面所のあいだの鏡は、開閉できるように。

4912.jpg

4913.jpg

畑と廊下のあいだには、えんとつ。

4914.jpg

4915.jpg

4916.jpg

4917.jpg

キンンモクセイと寝室のあいだの窓枠は、広めに何かおけるように。

4918.jpg

4919.jpg

4920.jpg

時にはラフに、仕上げと下地のあいだのように。

4921.jpg

建物と植物のあいだのハンモック。


4922.jpg

、、、とそんな具合に

「家と街のあいだに。」


4807.jpg

家と街のあいだのコトを考えるコト、、、、それは
街を手に入れるための合言葉。

4923.jpg

自分の街を好きになるための合言葉。

4924.jpg

そんな「あいだ」の場所をたくさんちりばめた小川さんの家。

4925.jpg

「ねぇ、ここどっちー? おうち?お庭??」

4926.jpg

そんな子供達の声が聞こえてきますが、、、、。

4927.jpg

4928.jpg

そうそう、「あいだの場所」は、子供達への挑戦状!
子供達が、帰りたくなーい、って言ったら僕の勝ち。

実はケンチクを通しての、僕の一番の真剣勝負だったりします、、、、。


4929.jpg

家と街のあいだ を考えること

外と内のあいだ を考えること



それは、
家ってなんだろう?
街ってなんだろう?


4930.jpg

外ってなんだろう?
内ってなんだろう?

4931.jpg

そんなコトを考えるというコト。

そんなコトを考えていると、だんだん、

じゃぁ家って、なんだろう、、、?っていう究極の疑問にたどりつくんですが、

もう、考えるの、めんどくさいですし、
もはや家であってもなくても、居心地がよかったらどっちでもいいよなぁ、、、って
思っちゃうんですよね〜、、、最終的には、、、、正直。。。。。

屋根さえあれば、、、。

そのうち、こんな保育園作りましょうね〜、小川さん!(笑)

4932.jpg

、、、、まぁ、その前に、
この場所に、小川さんの山仲間がたくさん集まって、
敷地中にテントを張る、っていう事らしいですし、
ほんとに、この場所をみなで使い倒していただけそうで、
とても楽しみです。

4933.jpg


4934.jpg

4935.jpg

特に小川さんのお友達は、来る人来る人、
テンバとか、スラブとか、登れそうとか、、、、、意味不明の単語でこの家を
カンサツされていらっしゃったので、もはやその人達にとってこの家は、
もはや、家っていうより、
ただの新しい地形、なのかも知れません、、、、。

いろんな意味で、何が起こるか、、、、、楽しみです。。。。

4936.jpg

いやぁ、、、しかしまぁ、、。

4937.jpg

できちゃいましたね〜、、、、、、。少し残念。

4938.jpg

あとは、飲みに行って、お風呂に入って、泊まるくらいしか、
能のない人間ではありますが、、、、、。

そんな感じでもよろしければ、
今後ともよろしくおねがいしまーす!!!!

4941.jpg


そうそう、
4864.jpg

日曜日は、オープンハウスなのですよっ!
posted by 西久保毅人 at 22:55| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

ほーんと、大学生の時、

尾崎豊の

「こーの支配からの、卒業〜。」

というノリで佐賀から上京したというコトもあり、
高校時代、

「文化部は敵」

っていう、田舎ならではの超、偏った価値観でもあったため、

ケンチク学科に入学したものの、
ケンチク学科で話される先輩や、同級生達の
何かの呪文のようなケンチク用語、ゲイジュツ用語にも
一切ついていけず、

「、、、あぁ、ケンチク学科、つまんない、、、(涙)。」

とずーっと思っていました。

授業も、あまりにサボり過ぎて、もはやさっぱりついて行けず、、、。

4945.jpg

でもケンチクや街のコトが嫌いだったっていう訳でもなくて、
いいな、好きだな、、、って思う場所やケンチクはあったんですが、
どれもこれも、その当時「著名な」雑誌をにぎわす建築家が作ったものではなく、
それどころか、誰が作ったかすら分からないような場所やものばかり、、、、。

ようは、僕がいいな、って思うものは、
ケンチク雑誌には載っていなかったし、先輩や同級生の会話の中には
出てこなかった、、、、ってだけなのかも知れません。

それらは、いっつも、道ばたとか、インドとか、、、、、、、。
そんなところにありましたし、それらはいっつも、人と共にありました。

あぁ、やっぱ、僕がしたいのは、セッケイでは、ないなぁ、、、、って
旅するたんびに思って帰って来て、24歳頃までの僕の
結構真剣に考えていた進路は、「海外青年協力隊にとりあえず行く事」でした。


そんな感じだったので、いわゆるケンチクの勉強はほーんとに身が入らなかった変わりに、
いろんな本に出会いました。

そんな中の、1人、
赤瀬川原平さんが、先日亡くなってしまったとの事。。。。

4942.jpg

確か、去年かな、
久しぶりに、文芸春秋の中で赤瀬川さんのインタビュー記事を見つけて読んだのですが、
もうその時も闘病とリハビリでとても大変そうな内容でした。


言わずもがな、
路上観察学会、超芸術トマソン、少年とオブジェ、純文学の素、東京ミキサー計画、、、、等々。


あげればきりがないですが、
特に1990年頃までの赤瀬川さんの本、っていうか多面的な活動、思考に出会い、
なんか、目からウロコと同時に、

こーんなアホな事を、大人として、真剣にやってる人がいるのだなぁ、、、、と

思いながらも、どこか、ケンチク学科にいる自分の不満を、

「そんなのちっちちゃい、ちっちちゃい。
世界はもっと広くて、面白くて、世の中は訳の分からん謎に包まれているのだよ、、、」


笑い飛ばしてくれている様な気がして、そんな本の中に逃亡していました。

自分の世界と重なるなんて、夢にも思っていませんでしたが、
赤瀬川さんを知るにつれて、その関係する人達や思想にも興味を持っていきました。

例えば、その根っこが、民俗学者、今和次郎さんの考現学にあるコト。
考現学とは、
集落や街をひたすら歩いて、そのありのままの姿を観察して、
片っ端からメモし、
片っ端から絵としてひたすら記録し続けた記録。

そんな今和次郎さんは、実は建築学科でもあり、柳田邦男の弟子でもあり、
その民俗研究のような記録「日本の民家」が、実は日本で最初の民家研究書であったこと。

などなど。

4944.jpg
掘り下げれば、掘り下げる程、面白くて、
一見、まったく、デザインとか、設計とかと関係のないような、一見ほーんと
バカみたいな事が、実はケンチクにつながっているのだ、というコト。
答えは身の回りにたくさん転がっている、というコト。

こんな楽しい世界、
残念ながら、大学では一切教えてくれませんでした。

そして、そんな中で、唯一、ここで仕事をしたいな、、、と思えた象設計集団の設立者達が、
実は、吉阪隆正さんという、今和次郎の生まれ変わりのような、
ひと言では、「ケンチクカ」とは言えない、
摩訶不思議で、
ケンチクを通して一生、人間とは??営みとは??という事を考え続けた
人類学者のような人の研究室の出身であったコト。。。。など。

とにかく、このあたりから、

「なーんだ、大学や、流行の雑誌の中のケンチクだけが、ケンチクじゃないんだぁ。。。」

と、一見、変態のような先人達の足跡と出会う度に、
思えるようになって、少し、気が楽になったのを覚えています。。。。。


「あっ、実はぜーんぶつながっているんだ、、、。」

っていう、気づきが僕の中にありました。

まぁ、それでも、っていうか、だからこそ、

「やっぱ、進路は、まずは海外青年協力隊だな、、、。」

って真面目に思っていたんですけど、、、、。(笑)


そんな脱線ばかりしていたんですが、
そんな、自分の世界がすこしずつ、ケンチクとつながっている、っていうか、
僕みたいな人間も、ケンチクとつながっていていいんだなぁ、、って思えた
きっかけだった赤瀬川原平さん。


僕の中に何を残してくれたんだろう、、、、?って、思うのですが、
それは、ひと言で言うと、「目」だな、と思います。


世界を見る目、日常を見る目、道ばたを見る目、人を見る目。。。

どんなに、一見、つなまらそうで、あたりまえで、ありきたりなもののように
見える風景の中にも、

気づく好奇心と、立ち止まりカンサツする目をもてば、
たーくさんの「なんでだろう?」がつまっています。

4947.jpg

このブログ、「ニコの気づきとカンサツ」も、
実はこんな理由で付けたタイトルです。

そう思うと、全然世の中、捨てたもんじゃなくて、
むしろ、沸き上がる「なんで?なんで?」は、
もはや、一生かけても、解き明かせそうにもない謎でいっぱいです。

おかげで、もう、100件程の住宅を設計させて頂いたのですが、
もう、謎は深まるばかり、、、、。

あきたどころか、やればやる程、

「ほーんと、まだまだ僕は、なーんにも、分かっちゃいないなぁ、、、。」

と思い知らされて、

「こんなんですみません、、、、、。」

という気持ちで、家を引き渡して、、、、。

そして、また新たなご家族と、街との出会いに感動して。


、、、、て、
こんなコトを毎日考えながら過ごしている訳ではないんですけど、
ふと、突然の赤瀬川原平さんの訃報を聞き、
何者にもなれそうもなかった20代の自分を思い出してしまいました。

まだまだ何者でもないけれど、
少なくとも、今、僕がこうしてケンチクの仕事を通してご飯を食べられて、
ケンチク楽しいな、難しいな、、、、、でも楽しいな、しかし謎だな、、、って
思っていられるのは、

赤瀬川さんがくれた「目」のおかげだなぁ、、、、、と思うのです。


その「目」のままでいいんだよ、まぁ、覚悟があればね、、、って、
20代のアホな僕に教えてくれたのだろうな。


「むしろ、俺の目の方が、何百倍も変態的だぞ」と。。。



そして、答えはいつも道ばたにあるぞ、、、、、と。

4943.jpg



心からお悔やみ申し上げます。

posted by 西久保毅人 at 22:42| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

前川さんの家オープンハウスでしたよっ。

さて。

4950.jpg

怒濤の4連続オープンハウス。
もはや、中島さんちのオープンハウスが遠い昔のデキゴトのようですが、
無事、先日、「前川さんの家」のオープンハウスをさせて頂き、お引き渡しをしました。

4951.jpg

何より4回とも、お天気に恵まれて、
最後の「前川さんの家」は、東京ですが少し行きにくい場所だったにも
かかわらず、最終的に120人以上のご来場!

実は一番ご来場者が多かったのも嬉しかったです!

4996.jpg

しかし、、、、、。

4952.jpg

世の中的に見れば、
ひとつの会社で、年間何千とか、何百、何十とか、の家を作っている会社もある訳で、
もしかするとそういうのが、きっと世間一般の数なのかも知れません。

いやー、信じられないなぁ、、、。

だから、4つくらいで大げさなのかも知れませんが、
僕たちにとってはもー、ギリギリもギリギリ、、、なのでございました、、、、(笑)

4953.jpg

今回、とても嬉しかったのは、
完成時期が近かった事もあり、毎回のように来て頂いた方々もいらっしゃった事。
そして、そうしているうちに、ご家族同士顔見知りになって頂いたりして、

「そう、実は来週ウチなんですよ〜、オープンハウス!」

みたいな会話を小耳に挟めたりして。。。。

4954.jpg

そして、きっと僕たちのいないところで、

「、、、で、ぶっちゃけニコさんどうでしたぁ〜?」

「、、、そうそう、もー、聞いてくださいよ〜、うちの担当、
 天パかと思ってたら、人工なんですって!!人工。
 だから、どうもカールが不自然だと思ってたんですよねぇ、、、。 」

「まぁ、、、ひどいわねぇ、、、。」

なんていう、内輪話なんかもあっていたに違いありません。。。。。(汗)

4986.jpg



そして、今回も今まで設計させて頂いたニコの家々のご家族も、
たくさん見に来て頂いたのですが、
さんざん新しい家を見て帰り際、

「、、、でも、やっぱ、自分ちが一番好きです。」

なんていうコトを言って頂けたのも、とても嬉しかったなぁ、、、、。

そうですよー、自分ちが一番!


4965.jpg

ニコのキャッチフレーズにしようかなぁ、、、、


「自分ちが一番!」

4955.jpg

4956.jpg

さて、
前川さんの家。

4995.jpg


4957.jpg

前川さんの家は、世田谷区の新しく分譲された区画の中にあります。
案の定、
というか、まぁ、いつものコトですが
ニコの家がまぁ、いちばんペースが遅くって、、、、、
お隣なんて、つい最近、上棟したのにもう完成っぽい、、、、、。

4958.jpg

実は、前川さんには、土地を決めるずっと前にお問い合わせを頂いていてですね、、、
事務所でいろいろお話をうかがいつつ、
その後、土地が決まって、設計を御依頼頂きました。

4959.jpg

実は、これも、いつか話そうかなぁ、、、って思ってたんですけど、
本当は、土地も僕たちが紹介できたりしたらいいんですけど、
そういう商売してなくてですね、、、、、

で、よく、

「土地はどうやって決めたらいいんですかー?」

とか、

「こういうフツウの土地だと、イメージ湧きませんよねぇ、、、。?」

とか、、、、。

4960.jpg

時には、僕らを多少、気遣ってくれるような言い方をされる時もあって、
すごーく、恐縮してしまいます、、、。


で、ぶっちゃけですね。。。。

4961.jpg

もう、
正直、この際、言っちゃいますけどね、、、、。

4962.jpg


正直、土地は、どこでもいいんですよー!!!


どこでもいいんですよー!!!


ですよー!!!


よー!!!


4963.jpg

4964.jpg

っていうのがですね、
実は結構、僕の本心なのです。。。。。


もちろん、法律的にムリとか、工事がとてもしにくそう、、、とかの
アドバイスはさせて頂きますけれど、、、、。

4966.jpg

で、
唯一、大事かな、って思うのは、
どんな理由でもいいから、その土地に、愛着があること。

土地じゃなくても、その街に、その地域に、「どーしても住みたいっ」
っていう、思いや、理由があること。

4967.jpg

土地の形とか、ロケーションとか、設計しやすそう、、、なんかよりも、
そっちの方が、よっぽど大切です。。。。って僕は思うのです。

何でかって言うと,、、、そこに「住む」わけですから、、、、。

4968.jpg

例えば、前川さんち。

もともと、このご近所のアパートにご家族で住んでいらっしゃいました。

4969.jpg

それはそれでいろんな理由があるのでしょうけれど、
住むうちに、お子さんが産まれて、お子さんを通してご近所にも
今ではたくさんのお友達がいらっしゃいます。
保育園だって、一度入ったら、なかなか転園って、実は難しいと聞きます。

4970.jpg

そして、やっぱり何より、
保育園や学校を通してでできた地域の仲間って、
なかなか作り直せるものではありません。

僕も、子供達を通して、実はまったく同じ経験をしています。
ニコがここにあるのも、まったく同じ理由なのだから、、、。

「だから、このあたりに住みたい。」

4971.jpg

それ以上の、決め手って、別になくていいんじゃないかなぁ、、、。

4972.jpg

もちろん、それは人それぞれで、ぜんぜんいいと思いますし、
好きな飲み屋があるでも、街の雰囲気が好きでも、実家のそばとか、
通勤に便利とか、、、、、

正直、ほーんと何でもいいんですが、
たぶん、家って、そこが一番のスタートなんじゃないかなぁ、、、、って
僕は思うのです。

そして、ニコの家って、実はほぼすべて、そんな事が物語の始まりなのです。。。。

4973.jpg

そこさえはっきりしていればですね、、、、

4994.jpg

もう、あとは、大船に乗ったつもりで、、、、、、。


4974.jpg

、、、、、、見た目はドロ舟風ですが、案外、沈みませんし、、、。

見ての通り、動力は、人力のため遅いですけど、、、、。

4975.jpg

ええと、、、、ところどころに見える穴の痕は、ですね、、、、、。

いちおう塞いでいますから安心!

旅の勲章ってやつです、、、。

4976.jpg

ただ、、、、、。

方向感覚だけはですね、超抜群な自信があってですね、、、、。

なんのレーダーも装備してやいないのですけど、
しいていえば、ニコニコレーダーっていう、まぁ、人力レーダーなんですが、、、、


それが、ふしーぎなコトに、
フラフラとより道しながらも、


「あぁ、すっかり忘れてたけど、ココ、ココ。行きたかったのは!!!」

っていう、思い思いのそれぞれの場所に、
それぞれを送り届けるコトだけには、
自信があるのです。。。。。

4977.jpg

たぶん、、、、。

4978.jpg

4979.jpg

4980.jpg

だから、ほーんと、
土地は、そういう具合に、超個人的な、超家族的な理由で
決めてくださいねーっ。

直感で決めていいですからねーっ。

そしてその後で、いろんな話をしましょう。

4997.jpg

もちろん、部屋の話とかも大事ですが、
それ以外のどうでもいい話を。

4981.jpg

他人にとっては、どうでもよくても、
自分にとっては、大切な話を。


4982.jpg

社会にとっては、どうでもよくても、
家族にとっては、大切な話を。

4983.jpg

ふだんの暮らしの話しを。

4984.jpg

日曜日の話しを。

4985.jpg

雨の日の話しを。

4987.jpg

食べ物の話を。

4988.jpg

道は長いですから、時にはお酒でも飲みながら、、、、。

4989.jpg

そして、ほーんと
前川さんとも、たーくさんお話しましたが、
心に残っているのは、ケンチクとは関係のないお話ばかり、、、。

盛大な上棟式からあっという間でしたが、
前川さんっていう世界で唯一の定規をあてながら、
とても前川家らしい家になったなぁ、、、と心から思います。


4991.jpg

さて、夕暮れ。

ぞくぞくと、たーくさんの前川さんのご近所のお友達が
駆けつけてくれました。


4990.jpg

前川さんちは、玄関、2つあるようなものですから、
何人集まっても大丈夫。

「子供達のお友達家族が、何組来てもいろんな居場所があって。

おやじはおやじで、
お母さん達はお母さん達で、
子供は子供で。

4999.jpg
時間がたつと、おのおの好きな場所で、飲み始めてですね、、、、、

みんな近所ですし、最後らへんは、
もう、ごろりと寝ちゃうおやじがいても全然平気っていう、、、、」

5000.jpg

そんな家で良かったんでしたよねー、前川さん!


また飲みにゆきますー。
posted by 西久保毅人 at 22:47| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

その「場」

昨日から、新宿の紀伊国屋ホールではじまった劇を、ニコのみなで見に行きました。

5001.jpg

なんとなく、バタバタした日々が続いていたので、まぁ、、、、、、

ニコの「文化の日」でしょうか?

前にも書いたコトありますが、ナカツルは、大学の同級生で同じ研究室出身の仲間。
(、、、もちろん、、、、ケンチク学科ですよ!)

このトラッシュマスターズという劇団は、そのナカツルが主催する劇団です。

ナカツルそのものは何にも変わらないのですが、
ていうか、変わらないコトが一番すごいのですけれど、
ここ数年、演劇界のいろんな賞をとり、
ようやく大きな劇場で公演をする機会も増えてきて、
せっかくなので、時々、ニコ文化部の活動として、皆を連れて行くコトにしています。

昨日は、そんなこけら落としの日。

ある意味、彼のおかげで、僕も少ないながら学生の頃からちょこちょこと
こういう舞台を見に行く機会もあったのですが、
ニコの若者達の目にはどう映っているのでしょうか?


今ではお互いに40歳を過ぎ、大学を卒業してから20年近くの時が過ぎました。
職種は違えども、お互いによく続けているなぁ、、、と思いますし、
結局、見渡すと同級生のおバカチームだけがいろんな形で独立して、
未だに続けている、、、、って感じなんですけど、、、(笑)

いいかえれば、ろくに就職活動しなかった組。
いいかえれば、そもそも当時は就職活動したとしても、
きっとどこにも受け入れられなかったであろう、、、、組。

そういえば、学生の頃。
なんていうか、職種の違いというものが
とても大きな差や違いであるように感じていたような気がします。
ちょっとした差や違いを許せず、絶望を感じたり、その違いに怒りや劣等感を感じたり、
違う道を行くのねと、決別を感じたり、、、、。

よく例え話にあるように、職業を選ぶという事が、あたかも交差しない別々の道を
選ぶかのように思い込みながら生きていたような気がします。

でも、いつの頃からかな、、、
たぶん独立してしばらくしてからかな、、、。

職業って、なんでも同じなんだな、ってある時から思うようになって、
とても楽になったっていうか、
世界の見え方がかわったのを覚えています。
そうすると、すべての職業がつながって見えてきて、

結局は、自分がいいと思うか、ダメだと思うかだけしか違いはないな、と思うようになりました。
もっというと、ドキッとするかどうか?

だったら、ドキッとするかどうかだけの自分さえあれば、
あとは極力全部まっ白であった方が人生得だな、と思いました。
だから、ファミレスの店員さんからも、ラーメン屋さんからも、居酒屋の店長さんからも
学ぶことだらけで、逆に、同業者から学ぶコトの方が、以外と少ないな、、、、と
思ってみたり、、、、。


たとえ作っているもの、扱うものが、同じではなくっても、
目に見えるモノであってもなくっても、
その先に人がいる限り、考えている事は、結局はみんな人のコトなのかな、と。

人として 人と出会い、
人として 人に迷い、
人として 人に傷つき、
人として 人と別れて、、、

っていう、、、、そうそう、人生、武田鉄也の歌の通りだなぁ、、って(笑)


そう思うと、職種なんかよりも、
1人の目の前の人と、いわゆる「人間」という全体像との間の矛盾にどうつきあうのか、っていう
コトの方が重要だな、、、と。

それは、僕の仕事でいうと、
一組の目の前のご家族と、
「家族とは?」「家とは?」という「」でくくられるような一般論との間の矛盾や、
目の前の街をいいな、と思う自分と、
「理想の街とは?」っていうコトを語る際の矛盾に
どう向きあっていくのか?というようなコトでもあります。

ようは、ありとあらゆる「」でくくられるもの達と、
どうしても「」からはみだしてしまうものとの間にどのように立つか、、、
というようなコト、、。


これは職種なんかよりも大きな問題で、
じゃあ、どっちが正しいのか、、、とか、どっちへ進むべきか、、、?って、
思っていた時期もあるんですが、
最近は、一見、歩き方やスタート地点、生きた時代が違っても、
「実は、どの世界でも、僕の好きな人達は、結局は同じようなところに向っていたのでは?」
と思えるようになってからは、正直、どうでもよくなってきました。

そして、大事なのはどっちかが、明らかに正しいのではなくて、
どっちもホントなんだ、という立場に立たない限り、
片目を塞いでいるようなものだな、、、と。

じゃあ、どっちも同じところに向っているなら、
どうせなら自分がドキッとする方を選んで進んだ方が楽しいな、とも思うようになりました。

こういうのって、正直言うと、長い時間の中で目の前の仕事を通しながら、
右かな、左かな、、、といつも迷いつつも、肌で感じて
だんだんと身にしみてきたようなカンカクでしかないのですが、
ある時、
小林秀雄さんが生前の講演会での録音の中で繰り返し、

「個人の直感の中にしか、歴史も真実もないのだ。」
「主観なしには、客観はうまれないのだ。」

とおっしゃるのを聞いて、

「、、、ん?なんか似てるぞ、このカンカク、、、、。」

と思ったりして、、、、。



さて建築と演劇。

インターネットやら、ビッグデータやら、、、、。
あっちの世界では何でもかんでも、びゅんびゅんつながっているような、、、この時代。
数の論理でなんでもつながって、広がるコトだけが正しく自由であるような、この時代。

びゆんびゅんに乗っかるには、きっと「」でくるんだ方が楽に違いないのでしょうし、
もはや、自分の意識とは関係なく、気がつくと自分の断片が「」の中に吸い取られてしまっています。


そんな時代のまっただ中で、建築も演劇も、、、、

時代に逆行するかのように、
未だにその「場」にふれないコトには、結局は何も分からないモノをお互いに作っているのだな、
と、今回、舞台を見ながら、ふと思いました。

今時、こーんな不効率なコトはありゃしないと思いますし、
そういう意味で、毎回、全力の試合をしないと次に進めない、、、、っていう
年甲斐もない仕事の仕方のような気がするんですけど、、、。

たぶん、そうしないと、先に進めない人種なんだろうなぁ、、、。

でも、ケンチクは多少、
あっ、ちょっと待って、、、、とか、
、、、、すみませーん、、、、ここ実は、、、。
が効くからなぁ、、、、。

演劇は、
幕が開いたら、
編集も、取り直しも、修正も不可能な、ノンストップの世界。
観客の息づかいさえもが、その公演の一部と化します。

でも、だからこそ、ナカツルが、
一発勝負の演劇という舞台に、人生をかけてこだわる理由も、
なんとなくは分かるのです。。。。


と、そんなわけで、
気がつくと無駄な長文となってしまい、
珍しく友達の宣伝でもしようかなぁ、、、、と思いつつも、
ナカツルの劇については、ほぼ触れず、、、、、、(汗)
なんのために書いたのやら、今ではさっぱり分かりゃあしませんけれど、、、、、


まだチケットあるかも知れませんので、
興味のある方は、ぜひぜひ、足をお運び下さいませー。水曜日までですよー。

posted by 西久保毅人 at 21:25| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

欲望

そうそう、明治大学の3年生の後期の授業が始まっていて、
今年で早いもので4年目になります。

5002.jpg

僕の班の課題は、毎年恒例の、「さしだすデザインの発見」っていう
タイトルの、2つの商店街を舞台にした課題です。

今年、ひとつだけ課題にサブタイトルを付け加えました。

「街の物語を描く。」という言葉。


決まっているのは、実存するある商店街、っていうだけで、
あとは自由。各自、練り歩いた気づきとカンサツをもとに、
それと、自分の人生経験を照らし合わせて、その街の未来の物語を
描いてください、という課題。

5003.jpg

ケンチク学科の課題としては、
超適当な課題だと思いますが、、、、、

、、、だって、課題は、先生達好きに決めていいです、、、って言われたんで、、、、。

5004.jpg

好きな先生の課題を選んでいい授業でもあるので、
僕の課題を選んだ学生に、なんで僕の班、選んだの?って聞くと、
いろんな理由がありつつも、

「自由そう!」

っていう子が多いのですが、、、。

5005.jpg

僕的には、

「ふっ、、、また今年もはまったな、、、ニシクボトラップに、、、、。」

っていう。。。。。ふふふ。

5006.jpg

「、、、自由ほど、難しいものないんだよ。」

5007.jpg

授業が進む程、
これまで器用に課題をこなして来た子程、
悶々と悩みはじめます。。。。

器用さは役に立たない課題だからなぁ、、、、。

5008.jpg

「はたして何をしたらいいんだろう?」

「街の物語を描くのに、ケンチクは必要なのだろうか、、、?」


5009.jpg

あなたなりの「気づきとカンサツ」にもとづいてさえいれば、
何をしてもいいという課題を与えられた時、

はたして、あなたは何で答えをだしますか?
何を問題だと思いますか?
どういう風景をみたいと思いますか?

5010.jpg

僕が、彼らと考えたいのは、実はそういうコトで、
街の営みの中には、もちろんケンチクも必要だけれど、それはあくまでひとつの要素でしか
ないのだ、という事。

ケンチクって、どれだけ重要??
もしかしたら、植木鉢や看板のほうがケンチクよりエラいんじゃないの?
建物のカタチなんかより、素敵な雰囲気のおいしいお店一件のほうがよっぽど
住みたい街になるんじゃないの?

「自分」っていうものの好みや、原風景や原体験を引っ張り出してこないと
実は、答えが出せない課題でもあります。

5011.jpg

しかし、こんな超適当で、むちゃぶりの課題を出す以上、、、、ですね、、、、
僕もそれなりの決心が必要な訳で、、、。

僕が決めているのは、

「個々の目を通した小さな気づきに徹底的につきあい、発見を広げてあげる。」

ってコトと、

5012.jpg

「街の物語を描こうとする提案であれば、どんな答えも受け入れる。
 、、、、とりあえず、僕も、ここがケンチク学科であるコトを忘れる。。。。(笑)」

というコトかな。。。

5013.jpg

だから、僕も結構、真剣勝負なんですけど、
これが、ほーんと毎年、面白いのです、、、。

、、、そもそも僕も答え分かってないし、正解ないから疲れますけど、、、(笑)

でもですね、、、、
その子、その子で、興味のあるところが全然違うから、
ほーんと僕も、彼らにエネルギーをもらいます。

そして、こんだけ自由で、何やってもいいよぉ、、って言われながらも、
やっぱりそれぞれ、もがきながらもケンチクで答えを出したい子は、
最後はなんとか自分なりのケンチクの設計で、答えを出そうとしてくれるのも
不思議だなぁ、、、って思います。


5014.jpg

、、、、ん、そもそもケンチクって、何だっけ?

、、、、そもそも、街って何なんだっけ?


5015.jpg

そんなコトを、悶々としながら半年間考え続けてくれたら、
その時間は、将来、絶対財産になるだろうなー、っていう僕なりの
教育方針にもとづいてはいるのですけどねー、一応、、、、。

5016.jpg

と、そんな訳で、
先週、まずは、第一課題の発表会。

ゲストに構造家の名和研二さんをお呼びしての開催だったんですが、
前の週まで、

「ほーんと、こいつら提出できるのかしら、、、?」

という雰囲気だったんですけど、いやー、毎年ながら
学生の根性と集中力はすごいです!

5017.jpg

それぞれの欲望や想いのよく現れた、素晴らしい作品となっていました。
まさに、今の彼ら、そのもののような、、、、。

5018.jpg

さてさて、来週からの第二課題!

後半戦も楽しみです!
posted by 西久保毅人 at 22:15| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

ときどき、、、。

ときどき、
こんな写真が事務所にプリントして置いてあって、

「あれ? これ誰の家の完成写真だっけ、、??」

っていうような、会話があるのですけど、、、、

5019.jpg


実は、これらは、マシューズさんちの、通称、、、、、「ツボ模型」。

うしじまさんが、上手いコト、マシューズさんの模型を命名してくれたので、
そのまま採用ー!!!

たしかに、、、、、ツボ模型ねー、、、、なるほど-、まさにその通りです。

5020.jpg

なんどか、マシューズさんの模型は紹介しているんですけど、
現場に入り、どんどん大きくなっていく、マシューズさんの奥様のお手製の模型達。

ときどき、写真を見せてもらうんですけど、
かれこれ模型歴、20年近い僕たちからしても、

「どうやって作ってるんだろう、、、?」

と、
どうしても実物が見たくて、こないだお家に見に行ってきました。


5021.jpg

なんていうか、
本当に、言葉以上に、伝わるっていうか、

「あぁ、こういうおうちにしたいんだなぁ、、、、。」

っていうのが、ジンジンと伝わってくる模型です。
なんというか、
ものづくりの楽しさが、伝わってくるような、、、、。

5022.jpg

「えっ、ニコさんのお客さん達は、みなさん作らないんですか??」

と、マシューズさんは冗談半分におっしゃっていましたが、、、、(笑)

、、、ええと、100件近く設計させてもらったんですが、こんなのは初めてですよ、、、。

5028.jpg

なんというか、
言葉では上手く言えないんですけど、

「したいコトが伝わる」っていうコトと、
「正確に作る」っていうコトは、
実は違います。

そういえば以前、
海外の大学の建築学科の学生の模型や図面を何度か見たコトあるのですが、
その時点で、日本の学生の模型とは、実はぜんぜん違ってですね、、、、
ひと言で言うと、迫力があるっていうか、
一瞬でひきつけられる、っていうか、、、。

でも、よくみると、細かい部分は作りが荒いのです。

でも逆に、
日本の学生の模型って、学年が進めば進む程、正確で、材料の継ぎ目が分からない程
職人的にはなっていくのですけど、
それとひきかえに、「魅力」を失っていくコトが実はとても多いのです。
もちろん、そうでない子もいるけど、大きな傾向としてはそんな感じ。

特に、最近は、学生も課題を3DソフトのCGとかで表現する子もいるのですけど、
なんか、一般的な日本人の考えるリアルや正確さを追求すればする程、
見る側としては、さめるっていうか、、、、。

もうこれは、国際的な学校教育の問題だなぁ、、、、、。


5023.jpg

このへんのニュアンスは、とても伝えにくいのですけど、
大事なのは、
結局は、図面も、模型も、CGもスケッチも、、、、
しょせんは、想いを伝えるための手段でしかない、ってコトなんじゃないかしら。。。

だから、大事なのは、「上手さ」や「正確さ」ではなくって、

「うわーっ! なになに、これ、、。」

って思えるかどうか、、、。

その方が、実は、コミュニケーションとしては、正確に意志を伝達できる、
っていうのが、ほーんと、人間の面白いところだなぁ、、、って思います。

とはいえ、マシューズさんの模型は、実は、とてもとても正確なんですよ。
正確なんだけど、どこかデフォルメされているというか、、、、。

もはや僕の言語能力ではうまく表現できません、、、。

アーティストですね。きっと。。。。

5024.jpg

、、、、、と、
議論は、国際的な教育問題とコミュニケーション論にまで
発展しそうな感じではあるんですが、
それにしても、とても伝わるマシューズさんのツボ模型。

僕の学生達に、お手本として見せてあげたいなぁ、、、。


5025.jpg

そして、おうちができた暁には、
マシューズさんの模型展覧会をしたいくらいです!


、、、、もちろん、その時にはニコの模型は、、、、、、

すみーーーーーーーーーっこの目立たない場所に
置かれる予定ではありますけど、、、、。(涙)


、、、、とここまで書いて気がつきましたが、
はたして、僕たちが使っている日本語の「ツボ」っていう言葉の意味、、、、。
英語では何というのでしょうか、、、??

たぶん、辞書に載っていないんじゃないかなぁ、、、と思われますので、
よく分からなかったら今度、ご説明しますねー、、、、、、マシューズさん。
、、、、うまく説明できる自信は、ありませんけど、、、、。
posted by 西久保毅人 at 21:49| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

正月感、、、。

先週末、秋晴れのとても気持ちのいい日に、
春にお引き渡しをしました神戸の曽根さんちへ行ってきました。


5030.jpg

そうそう、家の横幅が長過ぎて、写真に納まらないと話題沸騰中の曽根さんち。。。。

5031.jpg

遠方だったので、お引っ越し後は、行く行くと言いつつも、
結局年末になってしまったのですが、、、、
かえってとても楽しみでした。

5033.jpg

外まわりも、
ホントにここに車三台うまく止まるかなぁ、、、、と
思っていたんですが、すっかり車も納まっていて、
なんだか、ますます一軒家じゃないみたい。

古い長屋のつらなりの中に、すっかり馴染んでいました。

5045.jpg

引き手も、、、、こうなるのにいろいろあったなぁ、、、。

ドラえもんのしっぽ風。

5034.jpg

玄関も。

5044.jpg

トイレも。

5035.jpg

いたるところに、
曽根さんらしい可愛らしいしつらえがあって、

家になってるなってるっ。!

と、あたたかで、とてもいい雰囲気でした。

5036.jpg

しかし、不思議なもんだなぁ、、、、、って思うのは、
曽根さんち
床面積でいうと25坪くらいしかないんですが、
ながーくて、ほそーい、せいか、
いろんな場所場所が中庭をはさんでとても遠く感じて、
子供たち3人居るのに、
なんか、あまってる感じすらしてしまいます。。。。

5043.jpg

5042.jpg

一部屋一部屋は、とても小さいんですが、
とても不思議な体感。

生活がはじまって、ますますそう感じました。

5041.jpg

工務店さんもとても丁寧な仕事をしていただいていたので、
いろんな仕上がりがとても綺麗でした。
ほーんと遠方で出会う工務店さんには恵まれてるなぁ、、、。


5037.jpg

と、
そんな訳で、
さらっと点検風のコトもしつつ、
その後は、もう実家のようにのんびりとさせていただきました。

5038.jpg

お風呂も入らせていただき、
畳のお部屋に泊まらせていただき、、、、。

ソラも、曽根さんちの子供達に遊んでもらって
最初はネコをかぶっていたものの、
慣れてくると、いつものふてぶてしい感じでしたが、
とても楽しかった様です。

5039.jpg

しかし、
戻って、写真をプリントしてみると、、、、、

「なんかさ、曽根さんち、正月感満載だよね〜。」

とみんなの声。

うーん、
それはねぇ、、、

ひとつは、ソラのあまりにもふてぶてしい田舎のおやじ風な態度と、
あとは、こたつでしょうかねぇ、、、、。

実は、ニコのおうちって、
冬は「こたつ」
っていう家、結構多いのですよ。

やっぱ、日本は、床座にこたつに、みかんにテレビ、ですよね、、、、、冬は。



5040.jpg

そうそう、そして曽根さんちのダイニングテーブル、
実は長さが4mあるんですが、
これもとっても使いごこちが良さそうで、たくさん座れてよかったです。


こんど、長ーいいつものダイニングテーブルが
冬はこたつにもなっちゃうやつ、
設計してみたいなぁ、、、、。

最強だなぁ、、、、、きっと(笑)


そんな訳で、とっても気持ちのいいお天気の中、
日曜日は、曽根さん達と中華街の食べ歩きも満喫。

仕事が終わると、あとはもう、飲んで食べるだけですからね、、、、
新しいマンガ情報も、曽根さんちで仕入れたし、、、。


また神戸、遊びに行きま〜す!
posted by 西久保毅人 at 23:51| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

あそび

ちょーど、ストーブが恋しい季節に突入しました。

5057.jpg

そんなナイスなタイミングにあわせたように、
10月に完成しました「小川さんの家」
引っ越しそばパーティーにお呼ばれして、みなで行ってきました。

5058.jpg

小川さんのたくさんのお友達とともに、
その日は、お友達のプロのそば職人さんが、おそばを打つ道具を一式持参!


5066.jpg

そんな訳で、まあるい台所が、
まさにこんな時のために設計した舞台かのように大活躍でした。

いいなぁ、こういう台所。。。。

なんか、昔、親戚の家で、おばちゃん達が集まって
おにぎりを作ってたのを思い出します。。。。(笑)

5068.jpg

まわりには、ねらったかのようなギャラリー席もあり、
おそばを打つ、っていう、ちょっとめんどくさそうな手間ひまのかかる事も、
みんなでワイワイと楽しめる場所。

計算したかのような、お酒のおけるちょうどいい幅の穴が空いていたり、、、、。
まさに、飲み会のために設計したような、、、、そんな家ですね。。。。


ていうか、ニコは飲み会以外のために、
設計をするコトは、ほぼないんですけど、、、、。

5069.jpg

職人さんも、こんなにギャラリーに見つめられながら
おそばを打つ事も、めったにないんでしょうけど、、、、。

5062.jpg

そして、、、、、。

なんという事でしょう!

ちょっと見下ろせば、玄関の土間にある薪ストーブが
パチパチと家中をあったかくしてくれていて、、、、。

ただの「玄関」も、こういう風につかうと、あたたかな火の場所になります。


5070.jpg

リビングにあるストーブも、もちろん素敵ですが、
「玄関の階段は、寝る前の夜のリビング」
っていう、打ち合わせの時にお話していた通りの場所ですねー。

もちろん、ウイスキーでも飲みながら、、、。


いいなぁ、、、。

5071.jpg


5072.jpg


5067.jpg

そんな、、、まぁ、

結局は
いつもの、ただの飲んだくれの会、、、、、、、

ではあるんですが、この日は、
みんなで代わる代わるおそばを作らせていただいて、

「自分で食べる分は、自分で切るルール」

とのコト。

5073.jpg

そんな訳で、
各自、後半は酔っぱらいながらも、
自分で切ったおそばを食べさせていただきました。

5074.jpg

みんなそれぞれ、上手だったり、下手だったり、あばれたり、、、、なんですけど、
味は、とてもおいしかったですよー。

ニコでもしてみたいな、、、、。

5075.jpg

しかし、ニコの中では、、、、、ですね、、、。

キクチさんと僕が、
そばを切るの、
へたくそナンバーワンと、ナンバーツーのありがたい称号を頂きまして、、、。

どうも、そばがダントツで太かったらしいのですけど、、、。

5077.jpg

たしかに、、、、、図面も、字も、、、、、態度も太いですからね、、、、、。(笑)

5078.jpg

さて、
そんな訳で、ろくに点検するでもなく、
たくさん飲んで、食べて、最後には、お風呂にも入らせていただいて帰ってきたのですが、
こんなに楽しいパーティができる家になって、ほーんと、嬉しいなぁ、、って
思いました。

まさに、「小川さんち」

って感じ!


あんまり屋内にいるような気がしなかったです。。。。。

5079.jpg

むしろ、どこか外の場所で、
たまたま気持ちがいいから、みんなで集まって、
火をおこして、おもいおもいの場所に腰をおろして、、、、、、。

5080.jpg

そんな風に感じるくらい、ほーんと、小川さんらしい場所になったなぁ、、

5059.jpg


くらしはあそび

あそびはくらし。


5060.jpg


いえはそと

そとはいえ。


このゆびとーまれ!
posted by 西久保毅人 at 22:57| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

マンガは、ガマン。

さてさて、
日々の飲んだくれた、みだれた生活の結果、、、、。

ほぼ父親としての役目も存在価値も、失いつつある今日この頃、、、。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか、、、?


そんな訳で、
もう残された僕の父親としての数少ない役割としては、

「、、、時々、おもしろいマンガを大量に持ち帰る、、、。」

くらいしか感謝される場面がない訳ですが、

坪井さんに丸ごともらったキングダムも、もう読み終わっちゃったし、、、
最近、なんか、ハマれるマンガないなぁ、、、、
って思っていた昨今。。。。


先日、神戸の曽根さんちで、曽根さんの子供の漫画棚をほじくり返して、
出会ったダイヤのエースっていう、野球漫画。

最初は、

「えー、今さら野球マンガー??」

って、思ってたんですけどね、、、、、。

読み出すと、これがこれが、面白くて、、、、。

5081.jpg


キャプテン翼、タッチ、シュート、スラムダンク、あひるの空、黒子のバスケ、
ジャイアントキリング、、、、等々、と脈々と続く西久保家のスポーツマンガ史に
また新しいスポーツマンガが仲間入りしました!


しかも、、、、。
家族の皆様のですね、、、、

「こっ、これは、、、おもしろーい!!!!!」

っていう、
おほめの言葉もちょうだい致しましたので、
あとは、、、、、迷わず買いまくるのみなのです!

もう、よんじゅう何巻かまで出てるらしいですので、読み応えも満載!


、、、と、そんな訳で、、、、。


まぁ、僕的には、大人ですから
マンガくらいは、いっぱい買えちゃうので、
すぐにでも全巻そろえちゃいたいんですけどね、、、、、、。

それはそれで、教育上、よくないかなぁ、、、、っていうか。。。。


やっぱ、マンガのとても大切な楽しみ方の中には、
次の巻をドキドキしながら待つ、、、、、っていうのも、やっぱある訳で、


「はたして、どういう展開になるのか、、、?」

を妄想したり、何度も読み返す、、、、っていうのが、
やっぱ、一番の醍醐味なんじゃないかなぁ、、、。

って、思うんですよねー。。。。。その待つ時間が。

そして僕は僕でですね、、、全部、買っちゃうとですね、、、


、、、、また終わっちゃうし、、、、、、(涙)


て、
そんな訳で、
僕の精神衛生上の問題と、
子供達の次を待つ楽しみ育成、、、、という意味で、
今回はガマンして、
ちょっとずつ買うようにしようかなぁ、、、って思ってます。

もったいないから。。。。


、、、、で、そんなこんなの昨晩のコト。

続きを何冊か買って帰って、
もちろん僕が先に読んでから、置いといたらですね、、、、。

起きたら、ソラ以外、もう家族全員、読了ー!!!はやっ。

朝会う早々、

「パパ、14巻、もーーうめちゃ、ヤバかったー!!! 感動ー!

 最近のマンガで一番面白いね、ヤバい!」

と、リンタロウ達、意気揚々と学校に行きました。



、、、、ふっ。。。
まぁ、パパが少し本気になれば、まぁ、こんなもんだけどね、、、、。(笑)



それにしても、、、、。
どーんなくだらない事でもいいと思うんですけど、
なにより
9歳から40代までが、同じもの読んで、同じように感動できるってコト自体、
嬉しいなぁ、、、って思うし、それこそが感動だなぁ、、、って思います。

そして読み物に対する子達の、
むさぼるようなこのスピード感がまた、いいな、って思う。。。。
、、、、マンガですけど、、。

、、、、、とまぁ、そんな訳で、、、、。

僕もあやうく消滅寸前の「偉大なチチオヤ感」を無事奪回し、めでたしめでたし、、、。

ありがとうございます、曽根さん!!!


そして、まぁ、こんな立場の僕をかわいそうに思われる方は、
どうか、お勧めの面白いマンガがある際には、
遠慮なく、教えてあげてくださいね、、、。ぜひ!!!

できたら汗と涙のスポーツ系がいいんですけど、、、、。


そんな訳で、、、。
さてさて次、いつ買おうかいなぁ、、、、。

しかし、、、、、続き、読みたいなぁ、、、、。


ガマンガマン、、、、、、ガマン。
posted by 西久保毅人 at 22:42| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

年末の掲載!NIKO DESIGN STUDIO

ちょっとお知らせが遅くなりましたが、
現在発売中の「住まいの設計」に、鴻巣さんの家を掲載していただいています!

5082.jpg

鴻巣さんの家は、2年くらい前にできたお家なんですが、
雑誌掲載は、実ははじめて。

ニコに御依頼のご家族の中でも、「鴻巣さんち好きー。」って
言っていただけるコトが多いのでとても良かったです。

その間に子供達もどんどん大きくなって、
遊びに行くたんびににぎやかになる鴻巣さんちらしい紙面でしたー。

5083.jpg

「空を感じる家、緑と寄り添う家」

っていう特集なんですが、、、、、、。

5084.jpg

鴻巣さんち、この2年間で緑と寄り添い過ぎて、
道からだんだん外観が見えにくくなってきてますが、、、、(笑)。

とっても素敵なアプローチに育っています。

5085.jpg

家ってやっぱ、建ってからどんどん良くなるなぁ、、、、って
つくづく思いますねー。



さて、それと、この年末、
実は、いろんな国のウェブページに、ニコのおうちを掲載していただけるコトになりました。
雑誌は、これまで台湾とか、韓国とかで載せていただいた事があり、
そういえば、今年の春にはシンガポールからテレビの取材をしてもらったなぁ、、、とか
思っていたんですが、まぁアジア圏。

でもね、、、
いろんな国、って言ったってね、、、、。
そーんなにコテコテジャパンのニコに興味のある人達いるのかな、、、
とりあえず、まずは、ISANAから、、、。

って思っていたらですね、、、。

あれよあれよと今現在掲載してもらっているのは、

designboom(イタリア)
http://www.designboom.com/architecture/niko-design-studio-isana-house-12-05-2014/

Architecture Lab(レバノン)
http://architecturelab.net/isana-tokyo-niko-design-studio/

morfae(ギリシャ)
http://www.morfae.com/2990-isana-by-niko-design-studio-in-musashino-city-tokyo-japan/

Architonic -Facebook(スイス)
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.10152546905241818.1073743753.274138756817&type=3

competitionline.com(ドイツ)
http://www.competitionline.com/de/projekte/57025

ArchDaily(チリ)
http://www.archdaily.com/575563/isana-niko-design-studio/

AEC Café(アメリカ)
http://www10.aeccafe.com/blogs/arch-showcase/2014/12/11/isana-in-tokyo-japan-by-niko-design-studio/


あと今後、インド、アメリカ、、、などなどらしいです。。。

何より、掲載されるまでのスピードがめちゃくちゃ早くてビックリです。外国。。。。こわ。。。


ビックリですが、僕が撮影した写真もたくさん掲載していただいて
うれしい限り。新鮮な年末です。

そして、こんなに掲載していただいて、中にはコメントなんかもあるっぽいんですが、、、、。

悲しいかな、、、
読めません、、、、、(涙)。



そして、その反響か、英語のメールや、中には、どうやら外国の学生がインターンに
来たいとか、、、、らしいメールもあるんですが、悲しいかな、、、、。

返せません、、、、。(涙)


と、

とっても残念な、ニコ設計室でありました、、、、。


そんな訳で、来年こそは、英語の勉強まじめにしよう!
と気持ちを新たにしている西久保でありました。


お家ができたら、マシューズさん、英語の特訓してくださいね、、、、。(笑)
よろしくお願いします。。。。

壁、いっぱい塗りますので、、、。
posted by 西久保毅人 at 22:50| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

加筆

なんだか最近、
子供達の試合もオフシーズンなので、
ほとんどマンガブログになりつつある今日、このごろ、、、。


ついに、我が家のスタムダンクにつぐ、バイブル的存在、
「あひるの空」の39巻が発売されました。。。。(、、、、なんじゃそりゃ、、。)

5086.jpg

ずいぶん前に、書きましたが
いろんなバスケマンガありますが、
もちろん、黒子のバスケは、それはそれで面白かったんですけどね、、、
高校スポーツを描いたマンガで、ちょっとこの「あひるの空」は、異彩をはなってるんじゃ
ないかなぁ、、、。

まぁ、ともかく、
僕にとってはまことにザンネンながら、、、、
西久保家が、バスケにどっぷりとハマってしまう、きっかけになったような
マンガなのです、、、、。

で、ですね、、、。

別に、マンガが発売されたってコト自体は、
まぁ、普通の事ですし、わざわざ書くようなコトではありません。
だって、連載が、きゅーっと集まっただけですからね、、、、、フツウは、、、。


しかし、この39巻の場合は、ちょっと違います、、、。

1つは、前巻が発売されて、約1年半ぶりであるというコト。
まぁ、でも、これは、休載の多い漫画家さんなので、
こんなもん、、、、かなぁ、、、って思ってたんです。


だから、正直、読むまで、そんなに期待はしてなかったんです。

だって、新刊っていっても、連載をまとめただけですからね、、、、フツウは。
連載も、途中からガマンできずに読んでたので、、、コンビニで。


それが、ですね。
読んでビックリ!!!!

なんと、連載時のものに加えて、かなりのページが「加筆」されて
発売されたのです。

ちょっとこれは、すごいなぁ、、、、、って正直思いました。
もちろん、大筋は変わらないし、連載時のページはほぼ同じなんです。

ただ、その間に織り込まれた新しく書かれたページやストーリーが加えられて、
連載とは、ちょっと別物になっていました。


、、、、、こんなコト、していいの、、、、?

ってくらい。

スラムダンクだって、僕も連載全部読んでましたが、
「加筆」ってないんじゃないかなぁ、、、、。

そりゃ、休載も多い訳だ。
発売も、遅い訳です、、、、、。


でもですね。
とても気持ちが分かるんです。

実は、僕達も似たような仕事の仕方をしている、、、っていうか
同じような決断を迫られる局面が、多々あるのです。

設計の仕事も、いろんなタイミングで、締め切りがあります。
基本設計。実施設計。そして工事契約。

その締め切りのたんびに、「これが最後!」

って気持ちで、案をまとめますし、

「ニシクボサン、コレ最後ですよ、、、。」
って、毎回イワレマス、、、。

もちろん、確認申請だしたり、工事契約したら、大筋の「ストーリー」は、
決定なんですけど、、、。



きっと週刊誌への連載が、きっとコレにあたるんでしょうね、、、。


とにかく、いろんな条件の中でいったん、最後と思って下した決断。

5087.jpg

でもね、、、、。
もし、その後に、本当に現場ででき上がるまでのあいだに、
少しでも考える時間を与えられたら、、、。

やっぱり、

「本当にこれで良かったのか、、、?」

って、思ってしまいます。
もしくは、

「何かを少し足したり、ひいたりする事で、より一層、
そのストーリーが、鮮明に描けるのではないか?」

って、完成する瞬間まで思うんです。。。

いったん、締め切りっていっても、それは、「今の今」から見たら、
あくまで過去の自分の決断。
だから、ニコの建物は、工事契約時と隅々までまるっきり同じ、っていう最終形は、
これまで1つもありません。

他の人達はどうか、僕は知りませんけど、
これが、どうしようもなくバカな僕たちのやり方です。


だから、かなぁ、、、、。

職種はまったく違うんですけど、
この漫画家さんのやったコト、
とても分かるなぁ、、、、って思いました。

そして、物語としても、とても強くなっていましたし、、、、。
でも、まわりの人達には、


「まっ、マジですか??このタイミングで??

もう、連載、しちゃってますよ、、、、、。
そのまま、まとめて売っちゃえば、楽じゃないですか、、、、ねっ、ねっ。」


って、言われたんだろうなぁ、、、、、。
自分のコトのように、容易に想像できます、、、。(笑)

しかしですね、、、。
マンガでやるかね、、、こんなコト、、、。

って思ったんですけど、
どこの世界でも、似たような人はいるもんだなぁ、、、、。



、、、と、そんな訳でですね、
また、変な「勇気」をもらったおかげで、
さらにみなさんに迷惑をかけそうな、
年末なのでした、、、(笑)


おしまい。
posted by 西久保毅人 at 23:51| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

年末の上棟式

あやうくマンガのブログで年が明けちゃいそうでしたが、、、、(笑)
年の瀬の先週、

5088.jpg

杉並区で設計をさせていただいています「寺尾さんの家」の上棟式を
していただきました!


5089.jpg

冬の夜で、外でごはん、、、、にはちょいと寒い季節なんですが、
それも何のその、、、、、

5090.jpg

ぎょうざあり、、、

5091.jpg

カレーあり、豚汁あり、、、、

5092.jpg

熱燗あり、三輪さん差し入れのホッとワインあり、、、、と
いつもに増して大人数の、
ぽかぽかの上棟式となりました。


、、、ん??三輪さん、、、、???

5093.jpg

そうそう、
ニコの営業部長、杉並支部の三輪さんです!

今回は、若い御夫婦の家づくりにいても立ってもいられん、、、、、
とばかりに、自転車で駆けつけてくれました!
そして、スーパーレクチャー、、、、というか、、、

5094.jpg

「西久保さん達はねぇ、、、もー、ホントいいかげんだからねぇ、、、
こういうトコ、気をつけたほうがいいよー」、とか、

「うちなんか、上棟の日に現場で突然、
お風呂が天窓になっちゃったんだよもう、、、」とか。。。。

(、、、気に入ってるくせにー、、、(ニシクボ心の叫び、、、))

、、、と、それだけですめばいいんですが、

寺尾さん達も、まぁー、乗っかっていただき、

「、、でーーすーーよーーねーっ!!!」


と、もー、止まらない止まらない。。。。。


5095.jpg

その後、ニコの高円寺支部局長、山崎さんも駆けつけていただき、またまた

「、、でーーすーーよーーねーっ!!!」



もう、ちょっと目を離すと、

「ごめんごめん、またみんなでニコさん、ディスっちゃってたー。」

5099.jpg

、、、、と、そんな具合で、
外の気温は寒いのに、話しの火種はつきることなく、
ニコのダメだし大会で盛り上がっていただきました。

、、、、まぁ自分、よかったです、火種にくらいにはなれて、、、、、。(涙)


5096.jpg

そして、そんな話の締めには、
鳶さんによる「木遣り」の歌声!

木遣りというのは、昔、上棟を祝って、現場の鳶さんが歌ってくれていた、という
古い祝いの歌なのですが、伝統を絶やさないように仕事の合間に、歌の稽古もされている
とのコトでした。ほんと、感動です。

僕たちも練習したいんだけど、やっぱ、鳶さんが歌うのがいいんだよなぁ、、、、きっと。

5097.jpg

そんな訳で、ニコでいちばん若い御夫婦の家づくりは、
たくさんの熱い熱い、熱燗のようなおやじ達に見守られて、ようやく折り返し地点。

完成が楽しみですし、もー、今回みたいにみんなが目を光らせてますからね、、
ご安心くださいませ。。。。


しかしほーんと、今回も改めて思ったのですが、
家づくりは、僕たちの声だけでは足りない局面がたくさんあります。
足りないっていうか、、伝えられないっていうか、、、。
きっと、みなさん不安なのだろうなぁ、、と思います。

でも、それを僕たちだけがする必要もないかもなぁ、、、と最近よく思うのです。。。

ふふふ、、、

そうそう、僕の必殺技、

「忍法、他人まかせの術」。。。



今回の三輪さん山崎さんはじめ、
飯島さん佐藤さんシェフ長谷川さん尾崎さん本間さん、、、、、そうそう、ムーンウォーク安藤さん、、、、
もー、すみません書ききれませんが、
そして、、
今年できた前川さんにも、小川さん中島さん坂巻さん、にもお願いしますよっ。

もー、引っ越したからってね、終わったぁ、、、って思われたら困りますから!!!

これからですよ、こ・れ・か・ら!

ニコに頼んだのが運のつき、、、、と思っていさぎよくあきらめてください。


四国には、香川うどん局部長、竹安さん、関西には神戸ホルモン支部長、曽根さん

そして、もしかしたら来年は鹿児島にも、、、?

僕ら以上に、ニコの事を隅々まで知っていて、

「ニコさんはねぇ、、、」

って話だしたら、あるコトないコト、いーっぱい話してくれる方たちが
今では数えきれない程、いらっしゃいます。

来年は、ニコも14年目になるのですが、

より一層、皆様に甘えながら、、、、、ですね、、、、

「ニコの新しいステージ」の幕開けになるような、2015年になればいいな、、、
いや、そうしよう!と、1人、誰もいない事務所にて、決意を新たにする
西久保でありましたとさ。


みなさま、良いお年をお迎え下さいませ。




                        2014 西久保毅人




、、、、、さて、ようやく締まった締まった、、、と思いきや、、、、、。

「はい、ニシクボさん、コレ全部、コメントお願いしますね、、。」

と、さっきウシとキクが大量の年賀状を置いて帰った訳ですが、、、、、、(涙)
posted by 西久保毅人 at 01:30| 2014年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする