2013年01月01日

NEW YEAR 2013


3017.jpg

今年もよろしくお願いしまーす!




3014.jpg


地球星より。。。。。
posted by 西久保毅人 at 01:01| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

み?

3024.jpg
「み」年だからでしょうか、、、?


今週の金曜日、1/11(金)に、
昨年夏に完成しました「三輪さんの家」
なんとなんと、新年早々、こんなイベントで紹介して頂くコトになっちゃいました!!

3023.jpg

年末に、突然、コロンビア大学の工藤先生という方からメールでお誘いを頂いて、

「、、、まぁ、何かの間違いだろう、、。」

と思っていたのですが、さすがアメリカ合衆国!!!!
あれよあれよといううちに、こんなポスターもでき、、、、、、、
なぜか三輪さんの名前が最初にあり、、、、、、、

僕の名前も、、、、、(汗)

、、、、、どうも三輪さんもグルだったようです、、、、。

そんな訳で、僕もよく分からなかったんですが、
この、STUDIO Xっていうのは、
コロンビア大学の大学院建築学科(GSAPP, Graduate School of Architecture, Planning and Preservation)
が、世界5都市に設けた研究拠点とのコト。。。。


そんなスゴそうな大学院の研究拠点のイベントに、

「はたして西久保がなんの用事があるのか、、、、?」

って話なわけなんですが、

「 New Year Wine Talk: Home Unique Home 」

新年だし、ワインでも飲みながら、ユニークな家について話しましょう、、、。


て、感じの意味なんでしょうか、、、、?

ケンチクの話しはニガテですが、、、、、お酒飲むのは得意です!


3025.jpg

さて、コロンビア大学、っていえば、、、、、、?

宇多田ヒカルが入学した大学、っていうくらいしか、予備知識ありません、、。

そして、
おそらくアメリカの大学主催だから、英語もたくさん飛び交うのでは、、、?と予想されますが、
佐賀弁と東京語しか話せない僕はこんなところに呼ばれて大丈夫なのか、、、?


、、、、と、
招待していただいて、うれしい反面、
どっちかっていうと、不安の方が大きい今日この頃。。。。。(汗)


でも、きっと素敵な出会いもあるだろうな。。。。


とにかく、新年早々、日本の面汚しにならないように、、、、
頑張ります。。。。


気軽なワインパーティで、入場無料とのコトですので、
興味のある方、コロンビア大学にいつか留学を、、、ともくろんでる方、
僕が、英語がしゃべれず、たじたじにフリーズしてるのをサカナにワインが飲みたい方、、、、など、

もしお時間のある方は、お気軽にご参加下さいね!

3021.jpg

そんな訳で、今年の目標。

3020.jpg

英語と、ギターと、ピアノと、歌と、サッカーを頑張る!!!!

3019.jpg

ボールを持ったら、もうパスとかしない。もうすぐ40歳だし、、、、。

3018.jpg

子供相手のゲームでも、シュートは本気で打つ。もうすぐ40歳だし、、、、。

3022.jpg

そんな訳で、今年もよろしくお願いします!
posted by 西久保毅人 at 01:15| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

一年検査

先日、昨年完成しました「尾崎さんの家」の取材とかねて、
一年検査に行ってきました。

3028.jpg

お天気も良く、撮影日和!
相変わらず、とても楽しそうに暮らしていただいているのが、
とてもとても伝わってきます。

3026.jpg

なんて言うかな、、、、、
洋服で言うなら、肩のこらないお気に入の普段着を
大事に着こなしていただいているような、、、、感じでしょうか?

3029.jpg

お気に入りだから、やっぱ毎日着るし、
だから、よごれもこすれもするんだけれど、
でも、お気に入りだから、そういうのも愛着になって、
いろんな傷跡も含めて、体の一部のようになって行く感じ、、、。

3030.jpg

いろんなトコに居場所があって、いろんな高さがあって、
近くにいるのに、息苦しくない感じ。

3031.jpg

なんか、その時々の、気分や、作業や、姿勢に応じて
いろんな場所がある感じ。

まず、「感じ」の点検は、合格です。


いい感じです。

3032.jpg

「感じ」の点検が終わると、
さらに、ニコ設計室では、
お鍋の使い安やすさや、モツ煮込みの煮込み具合、味までも、念入りに点検します、、、。
根が真面目なため、味見の回数は、惜しみません。

3033.jpg

一年検査なので、
台所の使い勝手や、お皿の並べ具合、サラダの盛りつけ、パーティー可能人数まで
念入りに点検します、、、。
時には、手を伸ばし、つつまみ食いするフリをしながら、アイランドキッチンの寸法が
ちょうど良かったのか、、、を確認します。


3035.jpg

検査で作ってもらったものは、残さないのも、鉄則です!
熱いうちに頂きます。
そして、「おかわりー」というのも大切。

「おかわりー」と言ったあと、お母さんがスムーズに持ってきやすい動線かどうか?
を厳密に検証するため、
僕は、何回も何回も「おかわりー」とか「あれ、もうお酒ないの?」とか言うのです!

3038.jpg

さらに通常、ここまで念入りに点検する設計事務所は少ないようですが、
ニコ設計室においては、
テレビの映り、wiiリモコンの設置台数、電波の状況、
さらには太鼓のたたき方まで、念入りに点検します。

そのため、ついつい夜遅くまでかかってしまいます。。。。

3037.jpg

そして検査終盤には、14.5人が、好きな場所に散らばってみて、
夜の空間における声の反響具合、暖房の場所による効き具合の点検、お酒の進み具合。

そして、食べ残し、飲み残しがないかも、念入りにチェックするため気が抜けません、、、。

3039.jpg

そして最後に、夫婦関係、

3040.jpg

施工者との信頼関係、

3041.jpg

設計者との信頼関係を確認しました。


特に大きな問題はなく、ホッと一安心です。


、、、、、とそんな訳で、
大人数で押しかけて、ごちそうさまでしたー!!!!!

また点検、呼んで下さい!
posted by 西久保毅人 at 02:33| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

ルイスカーン、赤いスケッチとダブル受賞!!!

さて、先日ご紹介していたコロンビア大学のトークイベント。
とても楽しい会でした!

3043.jpg

実は、コロンビア大学の工藤先生という方からの突然のお誘いだったんですが、
実は、あまりに突然のお誘いだったんで、

「どうしてですか???」

って、聞いてみていたのです。。。。。
そりゃぁ、そうです、
あまりに、僕とコロンビア大学が縁がなさ過ぎて、、、、、。

3042.jpg

そしたら、
「、、、実は、僕も若い頃、赤でスケッチ描いてたんだよ!」

とのコト、、、、。

写真端のオシャレなおじさんが工藤先生。中央は三輪さん御夫婦。
3044.jpg


、、、、、、そんだけ???

らしいです。。。。。


世の中、何が起こるか分かりません、、、、、、が、
続けるもんです。

3045.jpg

実際にお会いして、その話しで盛り上がって、
「なんで赤で描いてるの??」
って聞かれたんですけど、、、
「、、、、いや、、、、、なんとなく、、、。」

てぐらいしか、ホントになんとなく、、、のため、答えようもなかったんですけど、

「赤は、赤でもさ、いろんな赤があってね、、、、、、
でも、まぁ、とにかく、赤で描いてると、自分も興奮しちゃっていいんだよねー。。。。
まぁ、ようするにさ、赤つながりだね!」

とのコト。
そんな、不思議な不思議なご縁だったんですけど、
実はこの工藤先生。

なんと、なんと、なんと、
実は、
あのルイスカーンの晩年の事務所にお勤めされていらっしゃった方なのです。

3046.jpg

ルイスカーン。
おそらく建築をやっている人で、知らない人はいないくらい有名な
20世紀アメリカの建築家。
エンシェリックハウス等、世界中で有名な小住宅から、アメリカ、中東、インドの
大規模建築までを手がけた巨匠中の巨匠です。

たぶん、歴史でいえば、徳川家康くらい有名な建築家ですし、
あんまり建築家、好きじゃない僕ですら、時々、うっとり作品集眺めてますし、、、、。

まぁ、僕が説明するとコトがナンセンスなくらいの
伝説のの建築家なのです。

そんな方のお弟子さんと出会えるなんて、、、、。
僕も勉強不足で、まさか、ルイスカーンに日本人の弟子がいるなんて
今回まで知らなかったんですが、そんな意味でも、とてもとても
光栄な機会でした。

ほーんと、不思議。
そして、誰にも相手にされなくても、自分が「なんとなく、、、、、、。でもいい。」
って思えるモノを続けとくもんだなぁ、、、、、。
そしたら、何かにつながるもなんだぁなぁ、、、。

って、つくづく思う39歳、今日この頃です。

3047.jpg

さてさて、それも嬉しかったんですけど、
何より、この会、実は、「三輪さんの家」の三輪さんが、御自分のお仕事と絡めながら
施主として、自邸の構想から設計、完成までをご自身でプレゼンする、っていうコトが
メインだったんですけど、
こんな機会も、二度とないくらい素敵な経験でした。

通常、こういうのって、設計者が設計プロセスや、いろんな完成までの想いをエラそうに
プレゼンするのはよくありますが、そのすべてを、施主がプレゼンするって、めったにないコトです。

それを、もう、僕が口を挟む出番のないくらい、楽しそうに、楽しそうに、
そして、どれだけ満足しているかを、それはもう、、、、楽しそうにお話していただいて、
設計者としては、もう、こんな嬉しい機会はないくらい楽しい会でした。

設計させていただいた家の建て主さんに、こんだけ話していただけたら、
もう僕が自分で営業する必要、一切ないですね。。。。

そんな訳で、三輪さんには、ニコの営業部長になっていただくコトになりました!
頑張って営業お願いしまーす。。。。。

そうそう、練馬区の営業部長、尾崎さんもよろしくお願いしますね!
100%LIFEっていうウエブマガジンに、掲載して頂いています!!!!



3050.jpg

さて、そんなコトと、あわせたように嬉しいお知らせ!

東京ガスが、毎年主催している「住まいの環境デザイン・アワード2013」
に、256点の応募の中から、
なんとISANA三輪さんの家が、ダブル受賞!

3053.jpg

これもですね、、、、
実は、独立してから、もー、、、、、、
イヤになるくらい、毎年毎年、応募しては、「、、、、ふー、またダメか、、、。」

と、ほーんと、かすりもしなかった賞でして、
たぶん、出した回数で賞がもらえるなら、僕はたぶんかなり上位な自信があるんですけど、、、、。(涙)

と、前にも書きましたが、ほーーーーーんと、
こういうのに、無縁のニコ設計室だったんですが、
まさかの、ダブル受賞!!!

もう、、、、、この、なんというか、
ふだんは、一切、かすりもせずに、淡々と負け続け、
10年に一回だけミラクルの波がくるペースは、
佐賀の高校野球かっていう感じなんですが、、、、、。

ホント、人生、何があるか分かりません。。。


唯一、言えるコトは、、、、、
ナニゴトも、続けるもんです、、、、、。

posted by 西久保毅人 at 02:00| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

タイミング

11月から
学校のインターンとしてニコにきていた川上くん。
昨日が最終日でした!

3055.jpg

インターン初日にまさかの飯島さんちの上棟式に始まり、、、、、

3056.jpg

地鎮祭、わいわい祭り、一年検査、、忘年会、新年会、、、と、
まぁ、来てた時期も時期だから、、、、ではあるにしても、
よく考えたら、お酒まみれのインターン期間だったのかも知れません、、、。

お酒以外でも、短期間に、これだけケンチクが生まれ、使われるいろんな場面に触れられるなんて
実はかなりラッキーなタイミングだったんじゃないかな、、、と思います。

どうでしょうかね、、、、。

3057.jpg

でも、僕たちみたいな小さな設計事務所に来るっていうのは、
ほーんとタイミングによって経験できる事も様々で、時には3ヶ月くらい上棟式のない
時期もあれば、1ヶ月に2件のおうちのオープンハウスがある時期もあるし、
1ヶ月間、みんなでお酒を飲むコトのない時期も、、、、、、????

そんな意味では、すごくニコでも濃厚な期間だったような気がします。

そもそも、来た初日が上棟式だなんて、
きっと、お酒の星の下に産まれて来たのかも知れませんねっ。。。。


とてもくだらないコトのようですけど、僕はこういう
タイミングって、実はとっても大切なような気がしています。
能力とか、そういうコトよりも。。。。

サッカーで言うと、ポジショニングみたいなものでしょうか?

「あいつ、なぜかいっつも、点にからむいいトコにいるんだよなぁ、、、」

というよように、川上くんは、

「あいつ、なぜかいっつも、酒にからむいいトコにいるんだよなぁ、、、」

って感じかも知れません、、、(笑)
3058.jpg

そういえば、僕も、大学4年生の頃、
なんとか行ってみたい、、、、と思っていた象設計集団に
自分で電話番号を調べて、電話して、、、、

とーーーっても緊張して行った初日に、実は、

「さっ、今日はこれから飲みに行くよー。」と
完成したライブハウスに連れて行ってもらったのが、いまだに嬉しかったのを
覚えていますし、

「このヒトタチ、いい人かも??」

と思ったおかげで、勘違いして、今こうして独立してしまっていますし、、、、、(笑)


そういえば、ホソダくんも、
実はニコに来た初日が、たまたま中澤さんちのオープンハウスで、
なぜか、打ち上げまで参加して、

「、、、、まぁ、邪魔にならないように、、、、、いれば。。。。」

というコトになり、今では立派に、オープンハウスの荷物の運搬には
欠かせないドライバーとして成長しております! し、、、。

3059.jpg

そんなコトもあれば、
せっかくニコで働きたいと思ってくれていて、
僕も、一緒に仕事がしたいなぁ、、、、と思いつつも、
残念ながらそんなに仕事もなくって、縁がなかったコトも多々ありますし、、(涙)

ニコに設計を頼んで頂いて、とても楽しそうだから僕もやりたいなぁ、、、と思いつつも、
珍しく忙しい時期に重なっちゃって、泣く泣くお受けできなかったコトもあります。。。。


そういう意味で、ほーんと、人生タイミング。


はたして川上くんが将来、どうなるのか?
、、、、ちゃんと、立派な酒飲みになるのか???


長い目で楽しみにしておきますねっ。。。
posted by 西久保毅人 at 01:14| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

教会通りの課外授業

今年の大学の授業は、先週で終わったんですけど、、、、、。

実は昨日、西久保班、延長戦を行ないました!

3060.jpg

実は、荻窪に、教会通り商店街、っていう、
とても素敵な商店街があります。
チェーン店や、大型店舗化ばかりがもてはやされる中、
地域に根付いた、小さなお店のつらなる、とてもいきいきとした商店街です。

3061.jpg

昭和初期からつづくお店、古いお店をリフォームして若い人が営むお店。
業種はいろいろなんですが、いろんな雰囲気が入り交じって、肩肘張らない
生活感のある地域にとっても根付いた商店街なのです。

僕も、かれこれ荻窪在住、15年くらいなんですが、
住みはじめた頃からときどき散歩する商店街。
なんだか、商店街と住宅街のあいのこみたいな、、、、不思議な魅力のある街。

3062.jpg

大学で3年生の授業をすることになってから、

「、、、、さて、何をしようか、、、?」

って、正直、結構悩んでですね、、、、。

「、、、うーん、引き受けたものの、、、人様に教えるようなコトないしなぁ、、、、(汗)」

って正直思って、だったら、僕が教える事がない変わりに、
学生達に、何かを教えてくれるような、考えさせてくれるような、、、、

そんな体験のできる授業にしようっ!

って、思った訳です。。。。
そしたら、ジブン、からっぽ人間で、いい訳なので、、、、(笑)

3063.jpg

そして、できれば、舞台は、街にしよう、敷地とかやる事決めずに、
学生達がそれを探すところから始める課題にしようっ、
って思った訳です。。。。。
そしたら、ジブン、敷地決めなくって、いい訳なので、、、、(笑)


、、、、とそんな訳で、舞台として考えたのが、
この教会通り商店街だったのです。

3064.jpg

実際にある、いきもののような、商店街。
いきものだから、細胞がどんどん入れ替わりつつも、なんとなく「雰囲気」や「らしさ」を
もっている商店街。

いきものだから、成長したり、元気だったり、笑顔だったりしつつも、、、時には病気にもなる商店街。

時には、ちょっとした事で、死んでしまう商店街、、、、。

3065.jpg

はたして、何が大切なのか?
何を失ったらいけないのか?
なんで、いきいきした商店街と、死んでしまう商店街があるのか?

それは、僕たちが何とかできるものなのか??

3066.jpg

そんな、ちょー漠然とした、学生達にとっては、迷惑な授業。

課題タイトルは、「さしだすデザインの発見」。

とりあえず、ケンチクなんかどうでもいい。
まずは、建築学科の学生であるコトなんか、忘れてしまう事。

3067.jpg

、、、、と、
こーんな授業ではあったんですが、ほーんとみんな真剣に真剣に、
街に向きあうっていう事をしてくれて、その成果はもちろん個人差あって、
てんでばらばらなんですが、とても素敵な資料ができました。


だから、この学生達の、エネルギーの集大成を
僕の手元だけに持っておくのは、あまりにももったいなさ過ぎるなぁ、、、、、、
といっつも思っていたのです。。。。

3068.jpg

そんな中、学生の1人の笠巻くんが、
商店街をまとめていらっしゃる方に直接お願いをして、
なんと、教会通り商店街で実際にお店を経営されている方々に
発表する機会を頂いてきてくれたのです!

えらいっ。

3069.jpg


、、、、と、長くなりましたが、
そんな訳で、学校の授業はもう終わったんですが、
昨日は、そういう意味で、番外編。

いよいよ商店街の方々に、プレゼンする日だったのです!!!

3070.jpg

さすがに、授業ではないので、全員参加にはなりませんでしたが、
10人以上の、いろんな年齢、いろんな職種の経営者の皆様に集まって頂き、
緊張の、プレゼン会を行ないました。

3071.jpg

しかし、学生はすごいなぁ、、、、って思うんですが、
授業も含めると、これで3、4回目かな、、、、、彼らの発表を聞くの、、、。

それが、回を増すごとに、だんだん発表が上手くなって行くのですね!

だから、昨日はですね、、、、
もちろん勉強不足のこともたくさんあるんですが、
自分達が考えた事、気づいた事を、実際に課題の舞台である
教会通り商店街のの方々を目の前にしながら、
それぞれものおじせず、堂々と発表していました。

そして、ありがたい事に、商店街の方々からも、それぞれの立場から、
たーくさんの意見や感想、質問をいただき、
終始、たじたじになりつつも、想いを伝える事が無事、できました。

3072.jpg

写真を見返しても、それぞれ、学校では見たことないくらい、
真剣で、とてもいい顔してるなぁ、、、と
思うんですけど、、、
それは、商店街の方々が、
学生の夢物語を真剣に聞いて頂けたおかげなのだと思いますし、
とにかく、本当に伝えられて、嬉しかったんだろうなぁ、、、と思いました。

いい経験です、、、、。ホントに。

3073.jpg

商店街のみなさんからも、とてもあたたかい言葉をいただき、
プレゼンが終わると、全員で二次会に突入!

舞台は、もちろん教会通りの居酒屋で、
お酒を交えながら、ざっくばらんにいろんな話しをさせて頂きました。

みなさんほとんど初めてお会いするのに、
学生達にしっかりと目線を合わせて頂き、とても親密で濃厚な宴会。

3074.jpg

そんなにぎやかな中にも、
これから出て行く社会について、教えて頂いたり
商店街のそれぞれの実情について、教えて頂いたり
ケンチクだけでは何も変わらないという事、、、、、など、
それぞれ、経営者としての立場から教えて頂き、

ホントに、僕たちも勉強になるような貴重なお話を
たーくさんいただく事ができ、とても実りのある一日でした。
(そうそう、実は、せっかくなので、ニコのみんなも参加させて頂いたのです!)

3075.jpg

そして、最後にこのせっかくの出会いを、今後も続けて行きましょう、
毎年、明治の学生さん、待ってますよーっ、と、


僕にとっては、ちょっとプレッシャーにもなる挑戦状もいただき、、、、(汗)

3076.jpg

始まるまではどうなる事かと、、、、ちょっと不安もあったんですが、
寛大な商店街の皆さんのおかげで、
とてもとても楽しかった発表会。

いただいた挑戦状に答えるべく、
この課題は、しばらく続きそうです、、、、!


来年も、また盛大な発表会、しましょうねー! 教会通りのみなさんっ。

お付き合い頂き、どうもありがとうございましたー。
posted by 西久保毅人 at 01:42| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸太くらぶ

先日工事が始まった、高円寺の山崎さんちでは、家の中にふとーい丸太を使う予定。。。。

そんな訳で、東京の西の方にある材木屋さんに丸太を探しに行ってきました!

3077.jpg

そもそも、なんで丸太を使おうかと思ったかといいうと、
山崎さんちの敷地は、新防火地域っていう、最近古い木造の密集地で
適用されている用途地域でして、もうこれがムカつくのです。。。。

なんでかというと、ほとんどの構造材を耐火被覆といって、燃えないように
壁や天井の中に隠さないといけなくてですね、、、
そうすると、要するにせっかく木で作っても、ほとんど、家の中には
構造材があらわせないというなんとも、切ない法律なんです。

3078.jpg

もちろん、燃えにくい事は、大切なんだけど、同じくらい木に触れながら
暮らすのも子供達には大事なのだ!と僕は思う。

、、、で、実はこの被覆の仕方には裏技というか、木を使う方法あってですね、、、
被覆って言っても、どんなに被覆をしても、建物は完全に燃えない訳ではなくて、
最低限何分間、火に耐えられるか?という性能で建物は作られています。

だから、いわゆる準耐火建築物っていうのも、時間で言えば火に45分耐えるように
被覆されているだけなので、それ以上の時間、木が現れてても大丈夫ならいいのです。

3079.jpg

それが、実は、燃えしろ設計というもので、
たとえば、普通木造では、10センチから12センチの木の柱を使うんですが、
45分以上大丈夫なようにするには、要するに「太く」しちゃえばいいのです!

で、およそ、その「燃えしろ」がだいたい10センチだから、
つまり、20センチ〜22センチ以上の太さがあれば、堂々と木の柱を安全に
家の中で使うコトができるのです。

20センチ以上って、けっこうな太さですけど、
そんな大きな木が、家の中になったら、めちゃくちゃ楽しそう!

せっかくだったら、もっと太くして、、、だったらどうせなら丸太にしたら、
抱きついても気持ちいいし、、、、、何よりそういう太い丸太が家を支えている
なんて、めちゃくちゃ山崎さんちぽい、、、、、、。

3080.jpg

と、そんな訳で、
とても小さく、高円寺らしい街にたつ山崎さんちには、
家の中に木が生えているように、太ーい丸太の柱がでーんとおかれる予定。。。。

3081.jpg

で、そんな訳で、今回、いろんな工務店さんに、

「、、、あの、できれば30センチくらいの太い丸太を使いたいんですが、、、、?」

って、聞いてみたんですが、そんな丸太、フツウ、使わない訳で、、、、、、、。

だから、「ない」とか、「その太さは集成材しかないね。」とか、
「あっても、べらぼうに高いよ、、、。」とか。。。。。。

大抵、そういう返事で、どうも、なんか、、、、、引き気味のお返事が多くてですね、、、、

僕たちとしても、あまりに高すぎるんだったら、あきらめるけど、
世の中には、たくさん、木がはえてる訳だし、、、、、別に高級なものを欲しいと
言ってる訳でもないし、、、、しかも、節だっていっぱいあっていいし、
どうせなら、ちょこっと、枝とかもついてても楽しそうだし、、、、、、という
イメージだったんですが、なかなか上手く進まなかったので、
いろいろ探して、たどり着いたのが、
以前にも御世話になった、東京の西のほうの多摩の浜中木材さん。

3082.jpg

、、、、、あります、、、、ごろごろあります、、、、。

やったぁ、、、、。

ほーんと、こういう場所は、ワクワクします!

3083.jpg

さて、どうやって運ぶか、、、、等、まだまだ多少難問はありますが、
山崎さんち、楽しくなりそうです!



もー、、、、、、あるじゃん。。。。。丸太。
いっぱい。
posted by 西久保毅人 at 20:37| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

ゆき

そういえば、ジブン、
スキーした事ありません、、、。

そりゃぁ、この歳になると、大抵のコトは、、、、、したことあるつもりなんですが、
この歳くらいにもなれば、大抵の人がしたコトがあるものの中で、
僕に欠落している経験と言えば、
スキーとゴルフでしょうか、、、、、??

3084.jpg

、、、そんな訳で、軽井沢で工事中の山本さんの家。
実は、こんなにたくさん雪が積もっている風景を初めて見ました。。。。。

雪も、トウキョウみたく、べちゃーって感じじゃなくて、
なんだかさらさらです。。。

3085.jpg

けっこうな量の雪が積もってたんですが、
朝目が覚めると、こういう雪景色って結構素敵だろうなぁ、、、、。

しかも、雪だから寒いかと思いきや、
白くて光を反射するからなのか、結構家の中も明るいし、
思ったよりもあたたかい。。。。

3086.jpg

3087.jpg

工事はいよいよ終盤で、
色を決めたりしているんですが、こんだけ夏と、秋と、冬で
色味も景色も変わってしまう場所も珍しいかも知れないですね。。。。

今回、木の板の外壁なんですが、
何色かに染色した木の板を、モザイクみたいに貼って仕上げるコトにしました。
こういうのは、どんなに検討してもできあがるまでなかなか実感として
イメージがつきにくいんですが、
とても、楽しみです!

こういうメンドクさいコトに対応してくれる工務店さんに感謝。

3088.jpg

しかし、香川の竹安さんの家をつくってくれたセンコー産業さんにしても、
今回の長野の谷川建設さんにしても、田舎の工務店さんはいつも感激するくらいに
丁寧で、熱心だなぁ、、、と思うのは僕だけでしょうか、、、?
3089.jpg

通りでは、近所の兄弟が、ソリを片手に散歩していました。

いいなぁ、、、。

こういう場所で育つ子供達は、きっとタフで、
感性豊かに育つんでしょうねー。。。。

3090.jpg

冬は冬で、
夏は夏で、
秋は秋で。

軽井沢のくらしは楽しそうです!
posted by 西久保毅人 at 01:18| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

ダサイというほめ言葉

今日はお天気も良く、上棟日和。
目黒区で工事中の、安藤さんの家の上棟の日でした!

3091.jpg

敷地は50平米くらいで、密集地に建つとても小さなおうちなのですが、
半地下を作ったので建ち上がると結構りっぱなたたずまいです。

3092.jpg

さて、安藤さんちは、いつもとてもおもしろく打ち合わせをさせて頂いているのですが、
そのたんびに、出てくる、安藤さんちのキーワードとも言うべき言葉は、

「ダサイ」というコト。。。。。

「、、、なんていうか、ダサイ感じの家がいいんです!」

って、あまりにまじまじとにこやかに言われるもので、
これはなかなか難しいぞ、、、と思うのです。実は!


だって、「ダサさ」って、結構ひとそれぞれじゃないですか、、、?

むしろ、カッコいいとか、美しいとかっていう方が
そういう意味では、意外と作り出しやすいというか、
納得しやすいというか、、、、
共有しやすいカンカクなのかも知れないなぁ、、、って思います。

「こっちの方が、カッコいいですよねっ!」

って言われると、そっかぁ、、、、って思っちゃうし、
ジブンでそう思っていなくても、
洋服屋さんとかで、

「こっちの方が、絶対カッコいいっすよ、ゼッタイ。」

とか言われちゃうと、ジブンでそう思ってなくっても、

「、、、、、そ、そうっすか、、、、。じゃ、これにしちゃおうかなぁ、、、」

って感じで買っちゃうし、、、、。

3093.jpg

そういう意味では、
かっこよさとかって、ジブンでそう思ってなくても、
なんとなく、雑誌に載ってるからとか、流行ってるから、とか、
あの人もやってるから、とか、、、、、

そういう、外の情報に影響を受けやすいものかも知れません、、、。

3094.jpg

しかし、「ダサさ」って、、、、、
もう少し日常的っていうか、
主観的なカンカクのような気がしますし、
そういう意味では、究極の「らしさ」なのかも知れません、、、、。

もー、、、、、、超難しい。
でも、なんだか、思考に開放感があるっていうか、自由さがあるっていうか、
ちょっと固くなりがちな頭をドロドロに溶かしてくれそうな、
感じでとても楽しいのです!


施主力8割 設計力2割のニコ設計室。
さてさて、どんな「ダサい」家に仕上げるコトができるでしょうか、、、?

3095.jpg

しかし、、、、、、、、
ホソダくんが担当だと、ついついカッコ良くなっちゃうからなぁ、、、。

全身からにじみ出てしまいがちだからなぁ、、、、、、、、カッコ良さが、、、。

3096.jpg


できあがって、

「カッコいいからやり直して下さい!」

って、言われちゃわないように、、、、。

「愛すべきダサさ」を目指して、
新たなニコワールドができそうで、これからが楽しみです!


、、、、、もはや施主力8割だから、安藤ワールドですけどね、、、、。
posted by 西久保毅人 at 11:15| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

若者の主張

さて、2月です。

2月といえば、、、、、、

あれですよ、アレ。

いよいよコジン的には、花の30代にさようなら、、、、(涙)

そして、ようこそ40代、、、、、、。

という、精神が肉体に追いつかぬまま、
ついに2回目の成人式を迎えようとしている今日この頃な訳なのですが、

僕の30代最後を記念すべく、こんなオーディションの最終選考に選ばれています。。。。

ザ・ハウスさんという会社の主催する、
第8回、若手建築家オーディションっていうやつです、、、。

3098.jpg


とはいえですね、、、、、
投票開始からしばらくほっといたら、
気づくとかなり敗戦濃厚な感じになってしまっていてですね、、、(汗)
なんとか奇跡の逆転優勝に向けてぜひぜひ、投票して頂けると嬉しいです!!!!!!

そんな30代最後の若者の主張。。。。。。


さてしかし、、、、
世の中では、ワカテワカテって言うけれど、
ワカテの基準って、一体何だろうなぁ、、、、と時々思う訳で、そろそろ年齢的にも
ワカテって言われるの、正直ちーょっと、こそばゆいっちゃぁ、こそばゆい、、、、。

この、ザ・ハウスさんの若手オーディションは、条件として

「、、、、30代までの若手建築家とします。」

って書いてあったので、39歳までが、最近の建築業界ではワカテなのかも知れません、、、。
そんな訳で、ギリギリセーフ、、、、、、でしょうか??

と、こうして
こんなコトを書いてると、独立した時のコトを思い出します、、、。
そうそう、ちょうど僕が独立した頃のコト。。。。。

今でもですけど、建築の設計の業界ってとても不思議で、
40代とか、50代とかでも「ワカテ」っていう様な風潮があります。。。。
10年前は、もっとそういう風潮が強くてですね、、、、、、

なーんか、ずいぶん、普通の社会とズレた業界だなぁ、、、、、、

って、正直思っていました。。。

3099.jpg

というのも、僕はいつも、いろんなコトを、佐賀の友達基準とか、
子供達の同級生の親基準で考えてたので、
40代、50代、って言ったら、普通に会社に勤めていたらもうベテランだし、
部下なんかもいたり、それなりの責任をまかされるような、そんな年齢。
たぶん、若手なんて呼ばれないんじゃないかなぁ、、、、。

なのに、なぜか建築界では、そういう年齢で「若手建築家」とか言われたりしていて、、、、
僕が生きている普通の世の中とのズレが、なんだかとても気持ち悪くてですね、、、、、。

そういう、普通の世の中の感覚とズレたケンチクカには、絶対なりなくないなぁ。。。。

、、、、って
後先考えない生意気盛り、当時2人の子持ち28歳の僕は真面目に考えていたのです。。。。。

まぁ、、、、それ以外にも、
建築業界の風潮や、常識みたいなコトが、僕はどーも苦手で、、、、、、。
そんなコトもあり、とにかくうまくいってもいかなくても、、、

20代のうちに独立しーちゃおっ、

って思ったのが正直なところだったのです。。。。


さてさて、そういう訳で、月日はながれ、あれからかれこれ12年。

うーん、、、、。
こないだ30歳になったような気がするのにおかしいなぁ、、、、。

こんなコト考えてたんで、
僕基準では、ギリギリ「ワカテ」って、呼んでもらってもいい期間は、、、、あと一週間(笑)

ヤバい、、、、。

そんな訳ですので、ぜひぜひ、ポチッと投票をお願いしまーす!

抽選で5000円、当たるらしいですよぉぉ、、、、。


3097.jpg

さて、写真は、先日の、安藤さんちの上棟式。
奥様のお父さん手作りの、たーくさんの美味しい料理を現場で頂き、いつものごとく、
さんざん飲み、、、、、、。

みーんなこんなにいい笑顔だから、きっといいおうちになるの、間違いなしっ。。。。ですねっ。
posted by 西久保毅人 at 01:13| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

40前後の3日間のデキゴト

ちょうど、土曜日、
天気もいいので、午前中に行きそびれた高円寺の山崎さんちの現場へぶらり。。。

30100.jpg

そしたら、なんと山崎さんもぶらりご近所さんとお話中。
もちろん、打ち合わせって、きめて合うのも大事だけど、
こういう感じで、

「おお、奇遇ですねぇ、、、、。」

的に現場で会うのはいいですねぇ、、、。

3101.jpg

それで一緒に、山崎さんのお気に入りのカレー屋さんの外壁を見にぶらり。

天気もいいし、

そのまま高円寺で昼から高円寺で飲んじゃいますかっ?
あさって誕生日ですしね、お互い。。。。。

って、お互い言い出したい顔をしつつ、、、、、、、

僕はめずらしく次の予定があったので残念、、、、、。
そう、僕と山崎さんは、おなじ誕生日!

3102.jpg

さてさて、去年できた鴻巣さんちの点検へ。。。。。

いつ行っても、直太郎くんに大歓迎のキクチさん。
必殺、べろべろチュウ攻撃!

いいですね、子供ってだけで、、、、、、、。
40歳にもなると、捕まりますよね、、、、、。

今のうちだけだぞ、直太郎!!
なめとけなめとけっ!


さて、
その後は、新しい本棚を頼まれている小林さんちへ。
本棚をつくる仕事なんですけど、話はいろんなところへ飛躍して、
せっかくだから、ちょっと新しい作り方を考えてみたいなぁ、、、、と
シノハラさんと盛り上がる!

3103.jpg

そうそう、翌日ぶらりと西澤さんちへ。
西澤さんちの、この外構やポスト、なんと、この黒いタイルそのものまで、
実は、西澤さんの手作りなのです!
行くたんびに、ちょっとづつ、手が加えられてて、いつも感動!


3105.jpg

そして、「あっ」と思い出して、
善福寺川沿いの、気になってた住宅までぶらり。
3104.jpg

そうそう、この家、僕が設計した家ではないんだけど、
なんか、この縁側感というか、のんびりした感じがいいなぁ、、、
と通りがかる度に思ってて、いつもちゃんと見てなかったので、改めて観察。

柵は残念だけど、なんかいい雰囲気の家。
ロケーションも最高です。


3106.jpg

そうこうしているうちに月曜日。
神宮前の家では、屋根のスレートがようやく貼り始められています。

3107.jpg

スレート職人さんが、1人で複雑なカタチに「、、、うーん。。」
とうなりながら丁寧にイチマイイチマイ施工されています。

うーん、、、、これは時間かかりそう、、、、、。

3108.jpg

3109.jpg

そして、いよいよ本田くん左官の、左官工事も始まるので、
地層のような外壁を目指して、サンプルを確認。

しかし、外壁はとても大きいから、小さな見本だけだとなかなかイメージがつきません。

そんな訳で、塗りながら、何段階か、仕上げ具合を確認させてもらう事に
してもらいました。。。。。楽しみです。



3110.jpg

3111.jpg

という感じで過ごしているうちに、気がつくと、、、、あらら40歳!

べろべろすると、捕まる年齢に突入です、、、、(涙)

しかし、
なんとなんとっ!

前回、皆さんに投票をお願いした時点では、20票の6位くらいで
かなりもう、、、、、惨敗濃厚だったのですが、

御陰さまで
なんとなんと、奇跡のように200票をこえて、
今の時点で
堂々二位まで急浮上です!!!!

3114.jpg

すごーい。

もう、感激です。
皆さん、どうもありがとうございます!!!!!

投票締め切りまで、あと二日。


もし投票まだの方、いらっしゃいましたら、
ぜひぜひ、ぽちっとお願いしまーす!!!!
posted by 西久保毅人 at 01:28| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

作品

昔からなんですが、
僕はいろんな人の出会いや関わりの中でできあがるケンチクを
「作品」って呼ぶのが、どうも好きではないのです、、、。

ていうか、キライ。。。。。。ていうかピンとこない。

3115.jpg

ピンとこないものは、ピンとこないから仕方がないのだけれど、
じゃあ、なんて呼べばいいのか、、、、、?

、、、、、それもよく分かりません。

ケンチクは、ケンチクなのです。


ケンチクは、、、、、、、ケンチクなのです。

3116.jpg

でもね、、、、、
唯一、学生時代の課題だけは、
僕は、「作品」って呼んでいいんじゃないかなぁ、、、って思っていて、
それは純粋に、自分の中から絞り出したモノだから。。。。。かなぁ。。

3117.jpg

写真は、今年の西久保班の、第二課題の作品達。
それぞれ一生懸命悩んで、絞り出した作品達。

3118.jpg

ちょーど、最終提出の日に早めに行って、
みんなの図面や模型をひたすら写真に収めてみました。

最後の最後まで、みーんな見事にジタバタしてくれて、
その成果や、やりきれたか?、不完全燃焼か?はあるにしても、
よく自分に向きあってくれてなぁ、、、、と思いました。

3119.jpg

もちろん、ここでの完成度も大事だけれど、
ジンセイはもっと長い。。。。

まだ3年生なのだから、今の優劣なんて、ほーんと、あってないようなものです。。。
だから、成績なんか、とりあえず気にしない。

3120.jpg

それよりも、やりきれたかどうか?
くやしかったかどうか?
それだけが、とても大切。

ちゃんと、ジタバタしたかどうか?
それだけが、とても大切。

3121.jpg

カタチにできたかどうかはともかく、みんな、それぞれに、
キラキラしたもの、熱いものを胸に秘めていて、
それが、10人ともぞれぞれ違うのが、付き合っていてとても楽しかったです!


そして、とってもおもしろいんだけれど、
実は、3年生の頃から20年経った今、僕が思うのは、
褒められたかどうかはゼンゼン別として、
その頃に、設計で興味を持っていたコトと、今僕がケンチクを設計しながら
定規にしているコトって、意外とそのまんま。

3122.jpg

そう、人間って、いつまでたっても変わらないんだなぁ、、、、、
ってコトを、最近思います。。。。。

僕も、つい先日まで、3年生だったような気がしているので、、、、(笑)

3123.jpg

表現や、つく仕事によって20年後はいろいろだと思うんですが、
だから、結局、この作品の中に、自分の中の根っこのようなものが
にじみ出てるんだろうなぁ、、、、って思います。

20年前は考えもしなかったけれど、、、、。ねぇ、、、、。

3124.jpg

さて、
そんな訳で、明治大学での2年目の授業が終わったんですが、
自分でも不思議なカンカクだなぁ、、、って思うのは、
授業は自動的に、いちおう終わるんだけど、
僕の授業をとってくれた子達のコトは、なんていうか、
終わっても気になって仕方がない、、、、、という不思議な感覚がありましてですね、

3125.jpg

去年の子達が、今年は4年生になったので、
先日、卒業設計の審査会に行ってきたんですが、、、、、
そこでも、やっぱり、去年の僕の班の子達の作品が一番、楽しみ。

3128.jpg

それぞれ掲げたテーマに悩みつつ、絞り出した卒業設計。
1年でおっ、と成長したり、伸び悩んだり、相変わらずがむしゃらだったり、、、、
と、いろんなコトを感じたんですが、

そんな中でも、去年、僕の班の中で、でちょっとくやしい想いをしたであろう林くんが、
街にしみ込むような魅力的な小学校の設計で
建築学科賞を受賞するという快挙!!!!おめでとう。

学生の卒業設計って、今までも何度も見てきたんですが、
今年からは、そういう意味で、見方が変わってしまった、、、というか、
何だか、親目線なのです、、、、、。

3127.jpg

そういう意味では、この子達も、
来年の卒業設計では、またぜんぜん変わっちゃうんだろうなぁ、、、、。

3126.jpg


コジン的には、
今回、くやしい想いをした子達の、来年が楽しみだな、、、、、。(ニヤリ)


さて、投票も残り一日。
もしまだでしたら、、、、、、、ぽちり。
posted by 西久保毅人 at 01:10| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

ぶるーたす

現在発売中の、BRUTUS(マガジンハウス)に、
2010年にお引き渡しをさせて頂いた「鷲巣さんの家」を掲載して頂きました。

3129.jpg

Casa BRUTUSは、住宅に毎号特化した雑誌ですが、
こっちのほうのBRUTUSで住宅を特集するのは、なんと10年以上ぶりとのコト。
だからか分かりませんが、
紙面を見ると、もちろん新しいおうちもあるんですが、
ここ10年くらいの結構時間を経過した住宅も取材されていて、
そういう意味で、ちょっと新鮮な紙面。
なんだかんだと完成してすぐの家ばかりの雑誌が多いですから、、、、。


そんな号で、取材していただいて、とても光栄です。
コンビニでも、買えますからきっと、佐賀でも買えるはず!



鷲巣さんちも、かれこれもうすぐ3年。

3130.jpg

毎回うかがうたびに、楽しく生活をされていて、
先日は、屋上への階段や駐輪場を改めて設計させて頂いたりと、
完成してからも進化する鷲巣さんちです!

3131.jpg

今回の取材は、「わがままな家ができるまで」という
鷲巣さんとの家づくりの始まりからエピソードを主に取材していただきました。

そんな訳で、
鷲巣さんから最初に頂いた家のイメージイラストが、どーんと
大きく掲載されています。

改めてこうして、紙面で見ても、素敵なイラスト!!!
もーー、鷲巣さんのイラストが表紙だったら良かったなぁ、、、。
一枚の中に、家に対する想いが、たーくさんつまっているのです。。。。


突然、このイラストが送られてきた日のコトを思い出してしまいました、、、。

「おー、これは絶対プロだプロだ、プロのシワザだー。。。。。。

 そんな人がニコに依頼なんて、きっと何かのマチガイか、カンチガイ、、。

 困ったな、、、、どうしよう、、、、。」

、、、、、とそういえば、ニコでは大騒ぎ。。。だったんです。。。。

3132.jpg



しかしそのうち、 鷲巣さんにBRUTUSからイラストの依頼がくるかも知れませんねー。。。。


そうそう、先日の投票ではたーくさんのポチッと、をありがとうございました!!!!
お願いするまでは、20票くらいで、やばー、、、、っと思ってたんですが、
最後の日には240票以上になっていまして、おそらく堂々2位でみごと予選通過!

どうもありがとうございましたー!
posted by 西久保毅人 at 23:24| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

粘土派

粘土でつくりながら考えると、
いろんなコトを思いつきます。。。。

3137.jpg

もちろん、僕のおおすすめは、、、、、




3134.jpg

一輪ざし付き洗面台!!!




そうそう、そういえば、
むかし、こんな便器を見かけました。



3138.jpg

素晴らしい。
きっとこの人も、粘土派のはず、、、、。
posted by 西久保毅人 at 01:57| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

マル派

現場で作ってもらうサンプルとか見本って、
たいてい四角。

たくさん作ってもらっても、まぁ、サンプルはサンプルだし、
使い道もイマイチ思い浮かばず、捨てちゃうコトが多いんですが、
こないだ、軽井沢の山本さんちの玄関の仕上げ用につくっていただいた
仕上げサンプルは、なんと、丸。

丸いサンプルは、初だなぁ、、、さすがに。

3139.jpg

サンプルっていうより、、、、
そのまんまでも、なんか、かわいいですし、
お菓子のおかき、みたいですし、、、、
せっかくだから、、、、

3140.jpg


、、、、、、という訳で、


3141.jpg

捨てるの、もったいないですし、
もすこしたくさん作ってもらって、
玄関の土間に埋めちゃうコトになりました!
3143.jpg


既製品ではないものを、わざわざ作るコトは、
大変そうだったり、高かったりします。。。。。

丸いタイル作って下さい、、、、とかいうと
丸だと型枠が高いからなぁ、、、、ってなるのが世の常。。。。。

これも、ある意味、手作りタイルとも言えなくもないですが、
型に使われているモノは、実はペンキの蓋だったりして、
きっと、

「、、、、だって、ペンキのふた、余ってるし、、、、。」
っていう、ただの節約術なのでしょうけど、

そういう職人さんのちょっとした遊び心ある知恵は、
固っ苦しく考えがちなケンチクを、
もっと初原的で、誰でも参加できる自由なモノにしてくれます。

3142.jpg


そんな訳で、ケンケンぱぁ、の玄関。


何か、うまれる時は、たいていこんなもんです。。。。(笑)
posted by 西久保毅人 at 01:25| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

木のほうが、えらい街

ニコでは、春に完成に向けていろいろ現場が進行中。
そんな訳で、昨日、今日と連日で完了検査でした!
両方とも無事、合格。

ふうっ、、、。

3147.jpg

そんな訳で、3月は
17日(日)は軽井沢で、
20日(水曜祝日)は、港区で、二日間オープンハウスを開催予定なのです。。。。

3145.jpg

さて、まずは、20日にオープンハウス予定の、港区の飯島さんの家。
実は、ニコって、都内でたくさんのおうちを設計させて頂いているんですが、
山手線の内側って、ほとんど事例がないのです、、、。

それは、きーっと、僕が田舎モンで、
まだまだトウキョウの中心部で設計をさせて頂くには、10年早い、、、、という
コトなのだと、自覚しているんですが、
飯島さんの家の港区の敷地は、もう、まさにトウキョウのど真ん中!

ようやく、僕の、都会的なスーパーハイセンスがバレてしまったか、、、と
ウキウキしながら敷地を見に行ったんですが、、、、、、。

3146.jpg

駅から敷地へ向うにつれて、巨木巨木。
しかも、めったにお目にかかれないくらいの幹の大きさの木が
あちらこちらにはえています。
3153.jpg
トウキョウのいろんな場所で、ミニ開発が進み、そのたんびに木が切られて
白々しい住宅地ができていますが、それはきっと、なんて言うか、、、、

「人間がいちばんえらい。」

っていう考え方なんだと思うんですが、
この街では、むしろ、

「木が一番エラいのだ!」

っていうコトが、街のいたるところで感じられます。
3152.jpg
建ものの塀、柵、駐車場、家、、、、。

いろんなものが、巨木をさけて計画されているんです。

そんな意味で、いよいよトウキョウのど真ん中っっていうあわい期待は
裏切られましたが、、、、、、、(涙)。
最初に敷地を訪れた時、とても感動しました。

なんでも更地にしてしまえばいい、なんて考え方は根本的に間違っています。
更地にしてしまったら、もう、面積っていう数字しか残りません、、、。

こういう風に巨木がある事は、便利か不便かっていうと、間違いなく不便で不自由。
でも、そういう不便で不自由だからこそ、
思いもよらないアイディアがうまれたり、ふふっ、って思わず笑ってしまうような
ユーモアのある街になるのだと思いますし、そういうほうがぜーったい、楽しいのです。

3151.jpg

さらにこの街は、地形も高低差があり、
そんな森のような小道を抜けて、階段をぬけると敷地はありました。
この場所を選んだ飯島さん、素敵だなぁ、、、って思いました。


、、、、しかしまぁ、そうそうウマい話はないもので、
街は素晴らしいんですが、、、、、、とにかく敷地が小さい!

ここだけの話ですけど、、、、、

飯島さんち、ニコ史上最小のおうちです。

3144.jpg

緑の多い、森のような巨木の街とは、真逆の極小の家の話。

3150.jpg

きっとこれは、飯島さんからの、なぞかけだったのかも知れません。。。。。

3149.jpg

トウキョウの、ど真ん中の、森のような場所に、
ちょこんと居場所をつくる。

「私たちは、この森のような場所に住んでいるのだ。」

3148.jpg

それだけを感じられるような、小さな小さな、、、、、。

だったらいっそ、小ささすら感じなくなっちゃえばいい。


そんな家になりましたよ。

ただ、目下の悩みはですね、、、、、、
オープンハウスをどういう風にするか?ってコト、、、。

たくさんの方に、感じて頂きたい反面、
なにせ、とっても可愛くて小さなおうちですから、、、、、、。

困った困った、、、、。
posted by 西久保毅人 at 02:05| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

軽井沢でオープンハウスです!

今週末の3/17(日曜日)に、
長野県の軽井沢町で設計をさせて頂きました「山本さんの家」の
オープンハウスをさせて頂きます。

3161.jpg

3162.jpg

軽井沢は、避暑地として有名ですが、
一年を通して訪れてみると、こーんなに行った時々で表情の変わる場所
も珍しいのではないかな、、、、と思ったりして、
それが実は、一番の魅力なのかも知れないなぁ、、、と思いました。

3165.jpg

最初に行ったときなんかは、真夏で、なんだか踏み入れるのが
ちょっと怖いようなうっそうとした森のような場所でしたし、

3164.jpg

3166.jpg

秋はすっかり紅葉し、街中落ち葉のカーペット。


3155.jpg

そしてあっという間に冬が来て、
あたり一面雪景色!

実は、葉っぱが落ちてから現場に行った時なんか、
あんまりにも景色が違うんで、

「、、、こんな景色じゃなかったし、敷地間違えたな、、、。」

と、思ったほど、、、、。

3157.jpg

それを毎年毎年繰り返していく訳で、
もちろんその季節ごとに、大変なコトもたくさんあるそうですが、
こんな一年間を毎年過ごせるなんて、
山本さんちの子供達は楽しいだろうなぁ、、、、
羨ましいなぁ、、、、と思います。

3158.jpg



3160.jpg

ただ、設計の方は、、、、というと、
これだけめまぐるしく景色がかわり、
どこまでが敷地か、、、、ほんとどうでもいいような場所な訳で、
僕にとっては、何をよりどころにするか、、、、?っていうのが
正直、大変、、、、、。

3167.jpg

そして、こういう自然って、見た目は美しいけれど、
実際は、無防備な人間にとっては、時には怖い、っていう事も、同時に感じました。


だから、建もの作るっていうよりも、
いろんな季節や、家族のデキゴトを、
大きく包むような、ちょっといびつな屋根を考えました。

森の中の、大きな屋根の下。

森に住む、ちょっと不思議な生き物のような、デンとしたたたずまい。

3159.jpg

東京からはちょっと遠いですが、

「そうそう、ちょーーど、今週末にかけて軽井沢に出張、出張っ♪」

という方もたくさんいらっしゃると思いますので、、、、(笑)

ぜひ見に来て下さい。

3163.jpg

軽井沢もずいぶん雪が溶けて、そろそろ春。

こんな下見板張りの外壁が目印です!

内覧をご希望の方はこちらまで御連絡下さい。
posted by 西久保毅人 at 00:33| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

ふたつのオープンハウス

いよいよ明日は、軽井沢の「山本さんの家」のオープンハウス。
実は、3/20(水、祝日)には港区の「飯島さんの家」のオープンハウス
予定していて、たまたま同時期に2つのおうちが完成しました。

3169.jpg

でも、おもしろいなぁ、、、と思うのは、
完成に向けて改めてふたつのおうちの断面を描いてみると、
なんか雰囲気が似ててビックリ!

どっちも起伏の豊かな場所との関係があるコトに気がつきました。。。



3168.jpg

ただ違うのは、
実は山本さんの家の軽井沢の敷地面積は、1000u以上というニコ史上最大。

飯島さんの家の敷地面積は、34uと、ほぼニコ史上、最小なのです。。。。

3171.jpg

とても良く似ている部分もありつつ、
最大と最小っていう真逆のおうちが同時に完成するっていうのは、
なんだか不思議な縁を感じます。

でも、共通するのは、
どっちも「木の方が、エラい場所」っていうコトでしょうか、、、?

どちらも、とても気持ちのいい優雅な家になりましたよ!

3170.jpg

そうそうあと、もひとつ共通するのは、、、、、、

3172.jpg


ニコの
「もじゃもじゃのほうの人」
の、ご担当というコトでしょうか、、、、。


内覧をご希望の方は、こちらまでお問い合わせ下さい。
posted by 西久保毅人 at 17:38| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

自分のまいたタネ

たとえば、僕たちが小さい頃って、なんだかんだと野球部がモテてたし、
マンガと言えば野球マンガだったような気がします。

タッチに代表されるように、野球少年が恋愛や学園ドラマでも主人公だったし、、、、。

そんな中、キャプテン翼がサッカーマンガっていうジャンルを確立して、
シュートやイレブンや、、、他にもサッカーマンガがあるけれど、
翼くんの
「日本をワールドカップで優勝させるのが夢だ!」

っていう、そもそも、Jリーグもなければ、一度もワールドカップにも出た事のない
時代に、そんな大風呂敷を広げてみせた高橋洋一に僕は夢中になりました。

、、、、とはいえ、超内向的な小学生の僕はといえば、
サッカー部に入りたいと心では思いつつも、活発なそのサッカー部っていう
集団に自分から近づくコトもできず、学校から帰っては、1人で
家の前の神社でひたすらロベルトの残したノートに書かれている通り、ドライブシュートの
練習をし、いつか、点の取れるミッドフィルダーになれるように、、、、、、そんな
コトを夢見て、シュート練習をしている子供でした。

あぁ、サッカー部というものに入ってみたい、、、、、、。
しかし、結局はサッカー部にようやく入れたのは、いい大人になってから。

僕はこんなですが、やっぱ高橋洋一はすごかったんだなぁ、、、って思うのは、
佐賀の僕でさえこんな感じな訳で、結局、日本サッカーをワールドカップに連れて行ったのは、
キャプテン翼世代の、サッカー選手だったコト。

マンガって、特に子供の時に読む漫画の影響力ってすごいのです、、、、。

さて、時代は変わり、
最近、気がついたんですが、僕らの高校生くらいのマンガって、
その内容が恋愛であれ、バトルマンガであれ、学園ものであれ、、、、
ちょっと学校でカッコいい男の子キャラって、制服姿でリフティングしてるような
モデルのような男の子が、「カッコいい象徴」みたいな感じだったような
気がするんですが、最近、少女漫画にしろ、学園ものにしろ、、、、、
そこに登場するモテる役割のキャラの男の子は、実は、、、、、、、

バスケしてる絵が、とっても多い事に気がつきました。

なんていうか、今の10代にとっては、モテる、の象徴がもはやサッカーではなく、
バスケのようなのです、、、、。僕の気のせいかなぁ、、、、、

たぶん、そうです。

さて、バスケマンガっていえば、、、、、、、、
ちょっと前までは、唯一無二のスラムダンクです!

これは、連載もずーっと読んでたんですが、大人になってふと、
「、、、あ、あの、センドウと牧の試合の最後のところ、読みたいな、、、。」
って思って、14巻だけ買ったのが運のつき。。。。。

結局、全巻買いそろえて、子供達がマンガが読めるようになったら、
キャプテン翼とスラムダンクは絶対読ませよう、と思ってたら、子供達も
スラムダンク、セリフ覚えるまでに熟読していて、そういうのは親心として
とても嬉しくて、、、、。

そんな中、ノノが中学生になってバスケ部に入ると同じくらいの時期に、
ジャンプで「黒子のバスケ」っていうのが始まりました。
前にも書いたけれど、やっぱ、バスケマンガって、スラムダンクがあまりに
偉大すぎて、どうも読む気がしなかったんですが、読み始めるとけっこうおもしろくて、、、、

、、、、っていうか、どっぷりハマってしまい、
しかも、なんていうか、僕、大人なんで、マンガくらいはいっぱい買えちゃうから、
一気に全巻揃えてしまいました。。。。。。大人買いです、、、。

そんな訳で、子供達も、黒子のバスケにハマって、西久保家は空前のバスケブーム。
なんでしょうね、、、、、バスケマンガって、、、。

で、それだけでやめとけば良かったんですが、
そんな折り、行きつけの飲み屋でよく会う、
元バスケ部っていう常連さんとバスケマンガの話をしていたら、

「、、西久保さん、あのね、、、、、
 あひるの空って、バスケマンガがあるんスけど、
 設定とか、超リアルで、自分、バスケ部だったんスけど、、、、「あひるの空」超いいっスよ。
 お勧めッス。
 ちょー泣けるっス。女子バスケとのからみとか、、、。」

って、勧められてしまった訳で、、、、。

で、もちろん、大人買い。。。。。。

今では、もちろん、全36巻、ある訳で、、、、、。

あひるの空、
これは、まだ完結してない連載中の高校バスケマンガなんですが、
なんていうか、ある意味、設定がリアルというか、非現実的な必殺ワザとかは
全然ない変わりに、高校生の部活っていう一人一人の登場人物の揺れる心の描写が
とても多くて、脇役が1人もいない変わりに、ものすごーく進行の遅いマンガ
なんですが、よくここまで描くなぁ、、、、ってくらい繊細な高校生達の部活での
心理描写とバスケが描かれていて、読み出すとめちゃくちゃハマります、、、。

あひるの空が来てからというもの、
案の定、子供達も、、、、、、
「黒子のバスケはさ、、、、ありえないよね、、、、やっぱあひるの空、ちょー泣けるっ!」

、、、ってコトで、目下中学バスケ部のノノも、5年生のリンタロウも、あひるの空に夢中。
あひるの空は、さすがに一年生のソラには難しいですが、、、、、。

しかし、、、、、、
なんでしょうね、バスケマンガって、、、、。
スポーツマンガの中でも、バスケって、なんだか不思議です。

おもしろいのは、スラムダンクもそうでしたけど、黒子のバスケにしろ、
あひるの空にしろ、、、、。
とにかく、連載が進めば進むほど、マンガ家の画力が、ビックリするくらい
上がるのです。。。。。バスケっていう題材にそういう魔力があるのかなぁ、、、、。
だから、よけいにマンガにのめり込んでいってしまいます。。。。。

他にもマンガ、たくさん読みますが、やっぱ、バスケマンガって、なんか
特殊な気がします、、、、。

ながくなりましたが、そんな訳で、
スラムダンク全巻、黒子のバスケ全巻、あひるの空全巻完備の西久保家、、、。

僕個人としては、バスケマンガは好きなんだけど、
実際にバスケをしたいか?って言われると実はそうでもなくて、
プレーするなら、やっぱサッカーなんですけどね、、、、。

しかし、、、、、それは基本、サッカーマンガで育った大人の話。

スラムダンク全巻、黒子のバスケ全巻、あひるの空全巻完備の家で育った子供がどうなるか、、、?


もはやリンタロウも、サッカーにはほぼ興味ナシ。
気がつけば傘でゴルフのスイングしてしまうおじさんのように、

街を歩きながら気がつけば、シュっ、とジャンプシュート。
もちろん、左手はそえるだけ、、、、。

「、、、バスケがしたいです、、、、。」

そして、いつの日か、体育館で、制服のシャツのボタンを半分くらい開けて
ユニフォームを着たバスケ部の連中をさわやかに抜いて、
ダンクを決めるのが夢のようです、、、リンタロウは、、、、。


しかも、制服で、、、、、っていうのが、チャラい、、、、(涙)

いずれにせよ僕が無計画にまいたタネは、
こうして発芽しつつあるようです、、、、。


ちなみに、、、、、、
僕の中では、バスケマンガっていえば、、、、、。
実はダッシュ勝平が原点なのです!
いよいよついに、、、、、とっておきのダッシュ勝平のあかねシュートを
子供達に見せる時期が来たかな、、、
と目下計画中、、、、、なのでした!
posted by 西久保毅人 at 01:11| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

旅の途中、でさえあれば、、、。

3218.jpg

3174.jpg


3175.jpg


3176.jpg


3217.jpg


3177.jpg

3215.jpg

3179.jpg



3181.jpg

3182.jpg



3183.jpg


3220.jpg

3184.jpg

3185.jpg

3186.jpg

3187.jpg

3188.jpg

3189.jpg

3190.jpg


3191.jpg


3192.jpg


3216.jpg


3193.jpg

3194.jpg

3195.jpg

3196.jpg

3197.jpg




3198.jpg

3199.jpg




3200.jpg

3201.jpg

3202.jpg

3203.jpg

3204.jpg

3205.jpg

3219.jpg

3206.jpg


3207.jpg


3208.jpg

3209.jpg

3210.jpg

3211.jpg

3212.jpg

3213.jpg

3214.jpg

、、、、という訳で、
飯島さんの家のオープンハウスは、天気も良く、100人以上のご来場を頂きました。
どうもありがとうございましたー!!!!

、、、、さて、
いつものようにグダグダと書くところでしたが、
想いもよらなかったタイトルの言葉がふっと浮かんで、
写真を見てたら、言葉、いらないかな、、、、、、と思いましたのでやめます、、、。




飯島さんちについては、こちらをどうぞ。
posted by 西久保毅人 at 22:57| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

今週末、佐藤さんの家オープンハウスです。

4月ですねっ!

みなさんは、何年生になりそうですか???

3223.jpg


さて、告知が遅くなってしまいましたが、
今週の日曜日4/7に、東京都品川区にて設計をさせていただきました「佐藤さんの家」の
オープンハウスをさせて頂くコトになりました!


内覧をご希望の方は、こちらまでお知らせ下さい。


折り返し、ご案内を送らせて頂きます!!!!
posted by 西久保毅人 at 13:46| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

香川の長期優良住宅

昨日は、ほーんと奇跡的な晴天で、「佐藤さんの家」のオープンハウス、
たくさんの方に見に来て頂きました!

また案の定、写真が多すぎるので佐藤さんの家のコトは、またまとめてから書きます、、、。

3242.jpg


さて、
ちょうど3月の終わりに、ぶらりと香川の「竹安さんの家」
行ってきました。。。。
去年の11月にお引き渡しをしてから4ヶ月ぶりです。


3231.jpg

、、、、ほーんとに、「ぶらり」って感じで行っちゃったので、

「もうー、来るなら来るで、、、、、せめて、もすこし早く言ってよねー。。。。」

と、竹安さん。。。。。


すみません僕、ホントに「ぶらり」と行くタイプなのです、、、、。
あれ、、、、、こういうタイプだって言ってませんでしたっけ、、、?


3230.jpg

さて、そんな感じで押しかけてしまったのですが、
とても楽しそうに住んで頂いている御様子で、とても嬉しかったです。

いろんな生活のものが置かれて、あー竹安さんちだなぁ、、、と
感じるコトができましたし、家でのいろんなエピソードをうかがって
竹安さん達だけでなく、おじいちゃんおばあちゃん達も
とてもいきいきとされていて、ほっと一安心でした!!!

3232.jpg


3233.jpg

さて、そんなたくさんのお話の中で、いちばん嬉しかったのは、
竹安さんのお子さんの、保育園のママ友達がたくさん集まった日のお話。。。。。

その日は、たくさんの子供達とそのママ達がたくさん集まって、
中には初めてちゃんとお話するようなママ達もいらっしゃったので、
竹安さんにとっては、ちょっとドキドキの日。。。。。

3241.jpg

さてどうなる事かと思ってると、みーんな居心地よくて、予想外にくつろいで、
気がつくと思ったより長い時間が経っていました。
すると、その中のママの1人が、
「ちょっと下の子、お迎えに行ってくるね。。。。また帰ってくるからっ!!!」
と、車で出かけて、子連れてまた竹安さんちに帰って来てくれたそうです。

そして、またノンアルコール飲み会はえんえんと続き、、、、。

と、そんな話。。。。

3234.jpg

はたして、僕は何を目指して設計をしているのだろう、、、?って

時々、そんなまじめなコトを考えたり、見かけによらず、いまだに悩んだりするんですが(笑)、
ああ、こういうコトなのだなぁ、、、とつくづく思いました。

初めて出会った人達が、みんな、なぜかリラックスして親密になったり、
いつまでもいたくなったり、、、。
なぜか、いつの間にか本音でお話ができたり、、、。

僕たちが作るケンチクが、
人と人との距離や関係を、あっという間に近づけたり、安らげたりする手がかりになれば最高です。

3236.jpg

家の中ではどうしても泣き止まない赤ちゃんを、
抱っこしてちょっと外に連れ出すと、急に泣き止む事があります。

家の中では話せない事も、ちょっと散歩していると自然と話しやすくなる事があります。

家でテレビを見ていると、あっという間に過ぎるお昼の時間が、
公園にいると、結構遊んでも、一時間くらいしか経っていない事もあります。

3237.jpg

そんな守られながらも、外にいるような状態が、
赤ちゃんが泣き止むような空気が、
家の中でも感じられたらいいな、、といつも思いますし、
それは、僕がいちばん居心地がいいと思う空気感なのです。。。。。

でも、こいうのって、僕だけ思ってても、ただのコジン的性癖みたいなものなので、、、、
そういうのが、竹安さんにもそうだけれど、そのまたお友達にも
共有できるって、とても感動。。。。


、、、、、まぁ、あとの半分は、僕が「閉所恐怖症」ぎみであるコトに起因していますが、、、、(汗)

3238.jpg

さてさて、そういえば、ちょっと前に竹安さんに頂いたメールでのエピソード。
うれしいなぁ、、、って思ったので、いつか紹介できたらと思っていたので
この場を借りて紹介しますねー。

3239.jpg



竹安さんより

役所の言う「長期優良住宅」ではないとは、薄々感じていましたが(笑)
念のために、問い合わせました!

はっきり言って、私達にとっては、かなりの優良住宅なんだけどな、、、。
今日も、子供の友達が遊びに来て、テーブルの下に隠れたり、家中を上ったり下りたり(笑)
外では、石山に上ったり!とっても楽しそうでした。

これを優良住宅と言わずして、何を優良住宅というのでしょーか?なんて、思いましたよ!
すでに、リビングの床には、キズもついたり、表面の色も変わってきたり、
竹安家になりつつある今を楽しみ、また何十年か先の我が家の姿も楽しみであります!

やはりウチは、「長期優良住宅」だと思うのです(笑)

あー早く、西久保さんやキクちゃんと、我が家でダラダラ飲みたいです!

たけやす。


3243.jpg

と、そんな訳でですね、、、、
これからも、ニコ流、長期優良住宅の確立を目指してですね、、、、、

日々、精進いたします!!!!


3240.jpg

次回は、「ぶらり」の二日前くらいには、、、、、、、お知らせします、、、、。(汗)

にしくぼ
posted by 西久保毅人 at 01:10| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

佐藤さんの家

3244.jpg

日曜日の佐藤さんの家のオープンハウス。
天気予報や、前日の天気がウソのような、ミラクル晴天に恵まれて、
とーても気持ちいいピクニックのような一日でした!!!!

3245.jpg

おかげでたくさんの方にご来場いただいて、

「なんだか、家の中に街があるようですねっ!」

と、とても嬉しい感想をみなさんに頂きました。

3246.jpg


どうもありがとうございます。

3247.jpg

そうそう、、、、、、

思いおこすと実は、
佐藤さんに初めて家づくりのご相談をいただいたのは、
2009年頃なので、、、、、、もう3年以上前ですねー。。。。

3248.jpg

もうずいぶ前で、土地も何にも決まっていない頃。。。。。

その時に、佐藤さんがこれまで行ったキャンプや野山の素敵な素敵な
風景の写真を見せてくれて、家とか、生活とか、、、、、そういうコトに
ついての佐藤さんの価値観を聞かせてくれて、とっても感動したのを覚えています。

例えば、雨について。
例えば、屋根について。

3249.jpg

別にケンチクの話でも、難しい話でも、
なんでもない、ただの佐藤さんの好きなものや気持ちいい野山の場所の話しなんですが、
そのお話は、とっても初原的で、
雨が降ったら、その雨音が感じられるテントみたいに、
家もただただ、頑丈で、堅牢で、外を感じない息苦しいものではなく、
家にいても、いろんな天気や季節の変化を感じられような、
そんな場所が僕たちはいいんです、、、。

と、そんなようなお話をうかがいました。。。。

もう、あんまり前で、ちゃんとは覚えていませんけれど、
なんていうか、、、、佐藤さんが伝えようとした「カンカク」はとても
よく覚えています。。。。。

3250.jpg

3251.jpg

そうそう、「カンカク」ってとても主観的なもの。

だから、よく「カンカクでモノを考えるなっ!」

とか、バカな上司がいうシーンがありますが、
僕なんかに言わせたら、自分のカンカクで判断してモノを考えないと、
絶対人に伝わらないし、信じられないな、、、、と思いますし、
カンカクが伝わらない限り、信頼関係なんかうまれないよなぁ、、と思うのです。。。

3252.jpg






3253.jpg

3254.jpg

もちろんたくさんの御要望を頂く訳ですが、
要望って、情報だから、処理しちゃえばどうとでもなりますし、
だから、設計なんていうのは、どーとでもなるんですけど、、、、


「カンカク」に答えるっていうのだけは、そう簡単にはいかないのです、、、、。


3255.jpg

3256.jpg

3257.jpg

3258.jpg


西品川の、密集地の20坪に満たない小さな角地。
しかも、新防火地域で、しかも三階建て。

いちおう、家づくりではあるので(笑)、、、、、、

3259.jpg

もしかすると、佐藤さんの「カンカク」とは、
真逆のような敷地条件かもしれません。

でも、街という自然の中に、自分達の居場所をこっそり手に入れたような、
地面とつながりながら、その時々の雨や風、光のそのままを感じられるような
暮らしが送れる場所になるといいな、、、、と思いながら設計をさせて頂きました。

3260.jpg

3261.jpg

3262.jpg


3263.jpg


なんとなく、家の中央が、大きく吹き抜けた家の中の街のような場所で、
その両側の2つの三角の固まりが、無防備な場所をがっしりと守っているような
そんな空間。。。。

吹き抜けに面した小窓から、洗濯物でも吊るしたら、
ヨーロッパの街路のようなシーンができるかもですねっ、
と、そんなコトをお話ししながら設計を進めさせて頂きました。


3264.jpg

3265.jpg

3266.jpg

ですが、ホントにそういう風に感じて頂けるかな、、、?


そういうのって、できあがるまで、なかなか知るコトはできないんですが、
できあがって、

「おーっ、なんか山にいるみたーいっ!!!」

って、佐藤さんの声が聞こえて、よーーーやく一安心、、、、。

とても喜んでいただいて、ホッとしましたし、
敷地はとても古い街なんですが、通りすがる近所のおばちゃん達が口をそろえて、

「素敵になって良かったわぁ、、、。この角地、どうなる事かと思ってたのよ。。。」

と声をかけて頂いたのも、とても嬉しかったです!

3267.jpg

3268.jpg

3269.jpg

そうそう、
ちょうど、そんなおり、
鷲巣さんの家の鷲巣さんのブログを読んで、
なんか、そうそう、そうだよなぁ、、、って思ったので
紹介しておきます。。。。。。

これこれ。

鷲巣さんのお話は演劇についてなんですが、
実はケンチクも、持って歩けないし、その場で体験しないと
絶対にホントのトコは、分からないものです。

その場にいなければ、絶対に味わう事ができないもの。。。。

3270.jpg

逆に、その場にいなくても、写真やDVDで伝わる程度のものは、
あくまで情報の断片でしかありません。
それももちろん、大切なんだけれど、
そこで抜け落ちるものが、僕は一番大切だなー、、、、といつも思います。

鷲巣さんは、それをライブの感覚とおっしゃっていますが、
それって、最初に書いた佐藤さんの「カンカク」に近いものだなぁ、、、
って思って読みました。。。。


3271.jpg

図面とか、模型とか。。。。。。

それでは絶対表現できない原寸の肌合い、カンカク。

鷲巣さんがおっしゃるように、それは、とても手間がかかり、危うく、一度きりのもの
なのだけれど、そういうカンカクをやっぱり信じていきたいなぁ、、、、と
思うのです、、、。

3272.jpg

3273.jpg

3274.jpg

3275.jpg

3276.jpg

3277.jpg

3278.jpg

3279.jpg

3280.jpg

3281.jpg

3282.jpg

3283.jpg

3284.jpg

3285.jpg

3286.jpg

3287.jpg

さて、、、、、、

3288.jpg

オープンハウスのあとは、、、、、
佐藤さんの計らいで、僕たちと、佐藤さんのご友人家族と一緒に
恒例の宴会。


3289.jpg

3290.jpg

3291.jpg

3292.jpg

3293.jpg

やっぱり、完成した家で、飲めるのは最高ですね!!!

また、お引っ越し後にうかがうのも楽しみですが、
ようやく仕事を離れて、ざっくばらんに敷居なく、
ほどよくお酒もまわりながら、これまでやこれからについて、、、、。

3294.jpg

ニコの家ではですね、、、、
楽しく宴会のできる家、っていうのだけは、
頼まれなくても、そうなりますからご心配なく、、、、、。

3295.jpg

そして、ご覧の通り、ホソダくんは、花のトウキョウでも
女性には苦労していないようですので、、、、

鳥取の御両親、、、、ご心配なく、、、、、。

3296.jpg

posted by 西久保毅人 at 01:37| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

ハッピー

先週末、足立区で着工しました渡辺さんの家の上棟式でした!

3310.jpg

「最近は、上棟式するトコ、ニコさんとこくらいですよぉ、、、、」

と構造設計をお願いしているなわけんジムの下田さんがおっしゃっていましたが、
やっぱね、、、、上棟式はしないと、、、。

やっぱね、、、、現場で飲まないと。。。。(笑)

3312.jpg

別に、その規模ややり方は、その時々で、いろいろでいいと思うんですけど、
上棟式は、これから本格的に始まる工事のいろんな職人さん達とご家族の
顔合わせの時間。
まぁ、仕事も大切ですけど、つかの間、仕事ではない時間を、現場で、ともに過ごす、
ってコトが、なんか、大事だと思うんです、、、。

なんか、、、、ですけど。

3309.jpg

建築でもなんでも、

なんか、大事、、、、、ってコトが、とても大事です。。。。


そうそう、なんか大事っていうと、
今回工事をお願いしている、山口工務店さん。

こういうお祝い事とかの、なんか大事な時に、いっつもお揃いのはっぴを
みなさんで着用されるのです、、。

かっこいいなぁ、、、。といつも思います。

とても古くさくて、こんな工務店さん、初めてなんですが、
なんか、いいですよね。こういうの。。。。

なんか、気が引き締まりますし、
なんか、節目って感じがしますし、
なんか、はっぴだけに、ハッピーな感じがします。。。。。よね。。。。

そして、若い大工さん。

「ジブン、まだ見習いなんで、、、、。」とのコト。

見習い。

これも、ずいぶん、古くさい言い方。。。
でも、なんかいいですよね。。。。見習いっていう言葉を使えるって。

そっかぁ、、見て、習うんだもんね、ホントに。
研修とか、オープンデスクとかって最近よく言いますが、
見習いの方が、ちゃんとプロを目指してる感じがします。

3313.jpg

いいなぁ、、、なんかいいなぁ、、、、。


ニコも、こういう、ハッピーはっぴを作ろうかなぁ、、、、。

そして、見習いも、くるといいなぁ、、、。

くるといいなぁ、、、。

くるといいなぁ、、、。
posted by 西久保毅人 at 01:40| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

くらしの残像

先日、雑誌「住む。」の取材で尾崎さんちにうかがいました。

「住む。」は、とっても素敵な雑誌です。
なんていうのかな、、、、、。

3305.jpg

たぶん、タテモノが雑誌の主役じゃないところかなぁ、、、。

そして、何十年も前から変わらないもの、
何十年後の未来も、きっと「いいよね、、。」と思えるもの。。。。

そういうものだけを伝えようとしているからかな、、、、と思います。

3304.jpg



3303.jpg

尾崎さんは、「STROLL」っていう雑貨屋さんを家でOPENされているんですが、
お店に並んでいるもの、尾崎さんが選ぶ商品も、
そんなモノ達。
尾崎さんが、自分でさわって、自分で使って、良かったモノ達。

3302.jpg

だから、お店で売ってるものの多くは、
ホントに尾崎さんの台所にあります。


3299.jpg


「人間のくらしなんてね、、、、
100年前も、100年後も、、たいして変わりゃしないのよ。」

「いいなぁ、、って心から思えるものなんてね、、、、
100年前も、100年前も、たいして変わりゃしないのよ、、、。」

3298.jpg


「日本人なんてね、、、、、
美味しいおにぎりが食べられたら、それだけで幸せなもんなのよ、、、。」


尾崎さんちのモノ達、尾崎さんちのくらしの残像をぼーっと眺めていると、
そんな声が、どこからか聞こえてくる気がします。。。。。

それは、きっと、本物のくらし、そのものだからでしょうね、、、、、全部。

3297.jpg

尾崎さんによって、家ふきこまれた命が、
ちゃーんと、写真に映ってるといいな、、、。


3301.jpg

本になるのが楽しみです!

3306.jpg
posted by 西久保毅人 at 01:59| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

そらとくも。

どこまでが街で、どこまでが家で、

3320.jpg

どこまでが子供で、どこまでが大人で、


3314.jpg

どこまでが完成で、どこまでが未完成で、

3315.jpg

どこまでが設計されたもので、どこまでが持ち込まれたもので、

3317.jpg

どこまでが、上手くて、どこまでが下手で、
どこまでが新しくて、どこまでが古くて。

3319.jpg

そんないろんなモノごとが、もう、しっちゃかめっちゃかで、
まじりあって、もはや、そんなコトがどうでもいいくらいで、

ただ、一度まじりあったら、もう終わりはなくて、
終わりがないというコトは、いつまでも続いていくというコト。

いつまでも途中であること。

重ねて、重ねて、重なり続けること。

3321.jpg

先日、LIVESの撮影でうかがった1年後の坂本さんの家。
子供達の居場所の天井に、空と雲がペイントしてあり、
扉は、ピンクに塗られていました!

ほーんと、素晴らしいなぁ、、、って思います。
設計者冥利につきます。。。。。

もっともっと。

もっともっと。
posted by 西久保毅人 at 02:20| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

ちょっとご不便かけます、、、かけるかも??

ニコのホームページを作って、はや10年。。。。。

結局、あいかわらず自分で作っているものだから、更新も、、、、(汗)デザインも、、、(涙)
いろいろ、イマイチ、アナログなまま、、、、ではありますが、
それでも10年間活躍してくれました。。。。

で、できればそのまんまで良ければ良かったんですが、
急にホームページやメールを登録していたプロバイダさんが、そういうサービスを
やめちゃう事になり、、、、、

今、ニコでは、大慌てで、別のサーバー(っていうのかな??)
というのにデータを引っ越しする作業をしています、、、、、、シノハラさんが、、、。


そんな訳で、しばらくホームページが見られなくなったり、
もしかすると、メール送ったのに届かない、、、、とかいう不具合があるかも知れません、、。

こういうの初めてなので、そもそも何が起こるか分かりません、、、、。


なので、もし、メール送ったのに返事がない、とか、帰って来ちゃった、、、とか、
の場合は、こういう事情なので、事務所までお電話下さいませ。

ニコ設計室  電話 03-3220-9337


しばらく、ご迷惑をおかけします。。。。。

......................................................................................................................................................,

さて、
年末〜今年にかけて、いろんな出版社さんから再掲載の御依頼をいただいて、

「いいっすよ。」

と、快諾し続けていたら、たくさんの雑誌が届きました。
まとめてご紹介します!


まず、「最高に美しい住宅案内」には、宗次さんの家が再掲載されています。
3322.jpg
とても、表紙のキレイな本!





「幸せが訪れる住まいの作り方」 には、井上さんの家の再掲載。
3323.jpg




「my HOME+ マイホーム・プラス VOL.32 2013 SPRING」には、

三輪さんの家。
これは初めての雑誌掲載です!!!!
3324.jpg




「最高の間取りが欲しい」と、
3325.jpg



「126家族の間取り」
3330.jpg

には、なんともう8年前の本間さんちが再掲載!
あいかわらず、いいおうちです。。。。。




「部屋別・間取りアイデア300」と、
3326.jpg

「最高の間取りを手に入れる本」には、
3327.jpg
中澤さんちと坂田さんちが事例として紹介されていて、



「素住susu 2013.no16」には、
頼みたい建築家101のコーナーで、ニコ設計室が紹介されています!
3328.jpg




コンフォルトの二月号には、
「はなれのような距離感を家の中に」というテーマで、
宗次さんの家が、紹介されていて、
3329.jpg



最後に
「MY HOME 100選 vol.12」建てて正解!ホッとする家、元気になれる家
という本には、
鷲巣さんの家と、溝口さんの家のリフォームの2件を掲載して頂きました。
3331.jpg


気がつくと、結構たくさん。。。。


しかも、三輪さんち以外は、
何年も前に設計させていただいたおうちなので、
このように改めて掲載して頂くと、なんだかタイムスリップしたような
気分にもなります。

家は、完成してから、何十年もあり続けるもの。

こういう形で、時間をこえて

「やっぱり、いいなぁ、、。」

と、思っていただけるのは、とっても嬉しいですね!!!!


さて、そんな訳で、
ホームページやメールでは、しばらくご迷惑をお掛けしますが、
よろしくお願いしまーす。。。。。
posted by 西久保毅人 at 02:16| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

カメレオン

旗竿敷地はそんなに悪くない。

3334.jpg

むしろ、囲まれている事を逆手にとって、
カメレオンのように街に同化し、
忍者のような技をつかって、

3337.jpg


どこまでが街なのか、

3336.jpg


どこからが家なのか、

3335.jpg

そんな事を考えているうちに、
街自体を手に入れてしまおう。

3339.jpg

何も家は、お金で買った分、だけじゃない。

3333.jpg

大人の買い物にも、おまけは必ず、ついている。(2008)

3332.jpg

、、、と、まさにそんな家になりつつある
完成から5年程たった西澤さんの家


最近、メンテナンスで行かせて頂いているんですが、完成時から見違えるくらい
すくすく育てて頂いています!

外構も、追加されたインテリアも、すべてご自身の手によるもの。

「、、、、やりたいコト、いっぱいあってさぁ、、、。」

と、まだまだ、
きっと住み続ける限り、手を加えていかれるんでしょう。

3338.jpg

そんな父ちゃんの背中を見てか、

「最近、子供が将来、この家欲しいっていうんだよね。 」

とのコト。。。。。

ちゃんとメンテナンスをしながら、
何十年後かの子供達の代に引継がれていくと最高だなぁ、、と思います!
posted by 西久保毅人 at 01:58| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

オープンハウスのお知らせー。

こんにちは!

今週の土曜日5/25に、
目黒区で設計をさせていただきました「安藤さんの家」のオープンハウスを
させて頂きます!

3340.jpg

シキチは50平米ほどで、道路も狭い密集地なんですが、
地下一階、地上二階のおうちです。


安藤さんちは、
リビングを「作業場」と呼びます。

作業、っていうのは、もちろん生活もあるし、勉強、
ダンス、ドラム、音楽鑑賞、、、、などなど。

要するに、家族みんなでたのしく何でも共有してやるのを
作業、っていう言葉でおっしゃっているのかも知れません。。。。。


無意識に口に出してしまう「リビング」とか「ダイニング」とか、、、、、そういう
既製の言葉にみんなどうしても、無意識にしばられてしまいますし、

だから「リビングといったら、こういうもんだ」

という知らず知らずに刷り込まれたイメージを定規にしてしまうから、
うちのリビングは広い、とかうちは狭い、とか、、、、
そういう判断基準になってしまいます。


そんな意味で安藤さんの常識にしばられない自由な言葉やイメージに
負けないように、楽しく設計をさせて頂きました。


、、、そういえば、地下リビング、1階食堂って、
もう50件設計をさせて頂いて初めてだなぁ、、、、、。

完成してみて、意外とありですよ!!!

3341.jpg

安藤さんのおかげで、
とても小さなシキチの密集地に、とても楽しい家族のすみかができましたので、
ぜひ見に来て頂きたいと思います。

内覧をご希望の方は、下記までお問い合わせ下さいませ!
shinohara@niko-arch.com

※いつもご案内を差し上げる方にはですね、、、、
おそらく水曜日くらいにご案内をお送りする予定です、、、、(汗)
posted by 西久保毅人 at 10:50| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

安藤さんの家のオープンハウス、、、ていうか飲み会について

土曜日の安藤さんの家のオープンハウス。

とても気持ちのいい晴天で、たーくさんの方々にご来場いただきまして、
ありがとうございました!

3365.jpg

ちょーーど、ノノの運動会と重なってしまい、、、、
一瞬、抜けて運動会に見に行ってきたんですが、その間にもたくさんの
方に見に来て頂いたようで、、、、、お会いできなかった方、、、すみません。。。。

完全に、私用です、、、(汗)



3366.jpg
玄関より

3431.jpg

さて、安藤さんの家、
とても楽しく設計をさせて頂き、
安藤さんの気さくで自由な人柄が、家からにじみ出ているような
そんな家になりました。


3367.jpg

安藤さんから次々飛び出す、いろんなイメージが、

「、、、、、この人たち、、、どこまで本気で言ってるのかなぁ、、、、(汗)」

と、思いつつも、

「、、、、しかし、なんか、おもしろそう!」

という連鎖になり、
なんか、肩肘はらない自由な気持ちにさせていただき、
結果的に、そんな自由な空気に包まれた家になったのだと思います。


3368.jpg
2階の子供部屋は小上がり

3369.jpg

だから、オープンハウスはそれはそれで、
楽しみだったんですが、それ以上に、これから始まる安藤さんちの暮らしが
とても楽しみで、どんだけ安藤さんらしく住みたおしてもらえるだろうか、、、?
っていうのを、想像する方が、もっともっと楽しみで、
その「使用後」を見せて頂けるのが、

何よりも、何よりも、
この仕事の特権なのだと、僕は思いますし、
すみませんが、ほとんどその感動ために、僕は仕事をしています。


3370.jpg
2階より見下ろす

3371.jpg
おふろ


3372.jpg
洗面所とおふろ

3373.jpg
おっ。

3374.jpg
カウンターを見る。

3375.jpg
食堂のかんじ。

3376.jpg

ねらってたら、凄いのせ上手だなぁ、、、、安藤さん。。。。


ほぼ雑談しかしてなかったような、気もします。。。。。

3377.jpg
だいどころ。

3378.jpg

でもまぁ、何かを学ぶ時や、発見があるときって、
大抵、こんなもんで、ケンチクの話なんていうのは、なんの役にも立ちません。

結局、期間がある仕事なので、
どこかで決めなくてはいけないんですが、
決めた事が答えかっていうと、そうでもなくて、
子供達が一生懸命夢中で遊んで、遊び疲れて次の瞬間、スイッチが切れたように
寝てしまったときのような、
その場に残った子供達の遊びの残像のようなものなのかも知れません。。。。。


3379.jpg
2階に登ったとこ。

3380.jpg
ちょいと地下のコンクリートのなごり。。。

3381.jpg
逆光。

3382.jpg
もじゃもじゃ。

3383.jpg
ふるいもの。

3384.jpg
すみっこ。

3385.jpg
ざらざら。

3386.jpg
なんで??

3432.jpg


3387.jpg
トイレ。

3388.jpg
ごはん。

3389.jpg
ちらり。

3390.jpg
なんとなく、、、。

3391.jpg
ぽつりぽつり。。。。

3434.jpg


3392.jpg
キミドリと深い青は、意外といい。(事後報告、、、、。)

3393.jpg
まじめ、、、、。

3394.jpg
おやおや、、。

3395.jpg

3396.jpg
もじゃもじゃ2号。

、、、、、さて、ホソダくんが、ゲロゲロしている間に、、、、、

3397.jpg


こっそりノノの運動会へ、、、、。


3436.jpg

あぁ、、、僕も、運動会、出たいなぁ、、、、。

なんで、大人になると運動会、ないんだろう、、、、(涙)


3398.jpg
玄関。

3399.jpg
うふっ。。。。

3400.jpg
コーナーは、さ、、、、やっぱりさ、、、

3401.jpg
街の中で、、、、。

3402.jpg

3403.jpg
こだくさん。

3404.jpg
洗面所。

3405.jpg
おふろとテラス。

3406.jpg

3407.jpg

それと、いつもいつも嬉しいのは、
完成したニコの家に住んで頂いているご家族が、
いつもみんなで来てくれる事です。

3408.jpg

ニコの子供たちは、みんな御世話好き!

3410.jpg

、、、、余計なおせわ好き、、、、、。

3411.jpg

設計中のご家族、もう住んで頂いているご家族、ご検討中のご家族、
入り乱れて、もはやだれの子供か一瞬組み合わせがまじっちゃう位。。。。

ホントに微力すぎて、できないコトの方が多くって、
いつも申し訳ないなぁ、、、、と反省ばかりなんですが、
こうしていつまでも、いつまでも、見に来て頂いて、元気な顔を見れて、
とても嬉しいですし、
だから、いつまでも、いつまでも、変わらないで、、、、少しずつは成長して、
そんなニコ設計室でありたいなぁ、、、、と思います。。。。。

3412.jpg
ちょっと上がるとやっぱいいね!

3413.jpg

3414.jpg
道路より、、、。

3435.jpg

3415.jpg
正面のかんじ。

3416.jpg
おきゃくさん。

3417.jpg
タイルいろいろ、色、いろいろ。。。

3418.jpg
タイル屋さん、すごいねっ。。。

3419.jpg

3420.jpg
いつもありがとうございます!

3421.jpg

3422.jpg
ギター弾くと似合いそうな、窓辺、、。

3423.jpg

3424.jpg

3425.jpg
いらっしゃい。

3426.jpg
イケメン、ラーメン、、、、、、僕つけ麺。

3427.jpg
地下の作業場。


3433.jpg
さて、オープンハウス終了後の夕方、
安藤さんのたくさんの手料理やお酒が運ばれて来て、
安藤さんのお友達もたくさんいらして、大宴会。

オープンハウスの日のはずなのに、
もはや、だれかんちでの、親戚の飲み会の風景です!(笑)



3428.jpg

そもそも設計の話なんて、ほとんどしてませんでしたが、
家もできた訳なので、さらに話は脱線し、
なんだか、あっという間に家になり、
次々と人が入れ替わり、気がつくと深夜まで宴会は続きました。


さてさて、どんな暮らしが始まるのかなぁ、、、?
そして、等身大マイケルジャクソンはどこに置かれるのか、、、?
角松敏生のレコードは、無事、玄関に置いてもらえるのか?
そして、地下室での、オヤジダンサーズの練習は上手くいくのか、、、?

などなど、これからますます楽しみです。


3429.jpg

、、、、もはや、どっかのいなかの、
親戚の飲み会。

アットホームとか、、、、、、そんなオシャレな横文字でではなくて、、、、、、。

3430.jpg


5自由に!!(ごじゆうに)
posted by 西久保毅人 at 02:33| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

民衆の歌




たたかう者の 歌が聞こえるか??

鼓動が、あのドラムと  響きあえば


3438.jpg

あらたに熱い  命がはじまる

明日がきた時  そうさ明日が!!!


「民衆の歌」♫




3442.jpg

3440.jpg


勝利へむかう歓喜の輪の中にいること。


3439.jpg

たとえばその輪が、どんなにちいさくっても、、、。



posted by 西久保毅人 at 19:07| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

まがりん。

ちょっと前ですが、
昨年お引き渡しをしました「尾曲さんの家」に雑誌の取材でうかがいました。

3342.jpg

とても楽しそうに住んで頂いていているのもそうですが、
土のまんま、ぐるりと残した路地に、たくさんの植物が生えていて
それがとっても素敵でした!

尾曲さんちらしくて。。。。


3343.jpg

3344.jpg

「あー、、、もーう、、、、。。。

 次から次から草が生えてきて、めんどくさくてたーいへん、、、。」

って言えるような土のまんまの路地にしたいです、、、、。

と尾曲さん。。。。


そんな言葉を聞けるだけで、僕はもう、
めちゃくちゃ幸せです。。。

3345.jpg

そういうのに、理由もいらないし、説明も、意味もいりません。

3346.jpg

意味なんか、ぜんぜんなくていいと思います。

3347.jpg

そうそう、そういえば、
最近、久しぶりに、赤瀬川原平さんの文章を読みました。
20代のころ、もうたくさん読んで、
路上観察学とか、トマソンとか、、、、、。
すごく影響を受けました。

ケンチク学に興味のなかった僕にはもう、教科書のように。

3348.jpg

もう76歳になられたそうですが、
度重なるご病気で、現在お体を悪くされているそうなのですが、、。

3349.jpg

そんな赤瀬川さんの手記の中に、

「なんでも最近、意味のあるものが重いんです、、、。」

「意味のあることが、つらいのです、、。」

とありました。。。。。

3350.jpg

僕の受けとり方が違うのかも知れないけれど、、、、
失礼なコトかも知れないけれど、、、、

なんか、ちょっと分かるような気がしました。

もしかすると、世の中のいろいろなものを発見しては、
「意味」付けをしてきた赤瀬川さんの言葉だから、なおさらそう思ったのかもしれませんが、、、。

3351.jpg

、、、意味なんて、
正直どうとでもなるものです。
意味があるって、要は説明できるかどうか、ってコト。


でも、世の中、意味のないもの、説明のできないものはどんどん排除されていきます。

3352.jpg

意味をつけるために、説明をするために、
モノごとは、数値化されていきます。

数値化されると、比べられます。

もちろん、そのいい面もあるけれど、

3353.jpg

でも、ホントは、意味や、説明の前に、

「、、あっ、なんか、いいねっ。」

っていう、直感や感動があります。

3354.jpg

設計なんていうのは、その典型で、
意味や、説明のためのただの手段でしかありません。

ようは、どうとでもなるもの。。。。

3355.jpg

でも、直感や、感動は、どうとでもなりません。
頭で理解しても、理論でねじ伏せられても、、、、、

やっぱ、いいと思うものは、いいし、やなものは、いや。

3356.jpg

僕らが設計させて頂いたものが、
もし、いつか、意味を失った時。

3357.jpg

それでも、いいって思えるかどうか、、、、?

3358.jpg


3359.jpg




3360.jpg

、、、、、あれ、、、なんの話だったっけ、、、、???

3361.jpg


3362.jpg

3363.jpg

3364.jpg

そうそう、尾曲くんのはなし。。。。


posted by 西久保毅人 at 02:00| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

飲み会特集

そうそう先日、2週連続で「三輪さんの家」の取材がありました。

3443.jpg

ひとつは、「渡辺篤史の建もの探訪」
もうひとつは、雑誌LIVES。

3444.jpg

どちらもちょうど空梅雨の撮影日和!
実は、建もの探訪は、桜の時期にあわせて撮影しましょう、っていう
案もあったんですが、それだと緑地の緑がイマイチなので、少し時期を
待って頂きました。

そのかいあって、もりもりの緑地です。

3445.jpg

建もの探訪は、最初の本間さんちから、植木さんち白石さんち吉原さんち
中澤さんち鷲巣さんちと、そういえばかれこれ7回目。

すごいなぁ、、、と思うのは、建もの探訪は、カメラマン、音声さん、、、など、
スタッフが全く変わらないコト。ある意味旅芸人のようなプロの職人集団なのです。


3446.jpg

そして三輪さんとは実は、設計を頼んで頂くまで、
ながいおつきあいだったんですが、
そのきっかけが、実は、本間さんちだったっていう事も、
何か感慨深いものがコジン的にはあります。

ほんと、仕事って、ぜーんぶ少しずつリレーのように繋がっているのですねー。

3447.jpg

3448.jpg

3449.jpg

3450.jpg

3451.jpg

、、、、さて。

撮影であれ、なんであれ、
三輪さんち、といえば、飲み会。

3452.jpg

そんな訳で、両日とも、
ほぼ、撮影というより、飲み会メインで進行しました。。。

3453.jpg

建もの探訪の時は、三輪さんの子供達の友達家族飲み会。

3454.jpg

LIVESの撮影の時は、三輪さんのお友達と、ニコの飲み会。

3455.jpg



3456.jpg

ほーんと、家っていうのはさぁ、
ごはんとお酒が美味しく飲めて、
いい気分でお風呂に入れたら、それだけでいいのだ!

3457.jpg

そーんな、ごくごくあたり前の事をつくづく感じます。

それは、家じゃなくても、お店でも街でも、ケンチクはすべてそうなんだけど、、、。

3458.jpg

そして、そんなコトを、ホントに実感として考えはじめたきっかけが、
本間さんちを作らせて頂いたコトだったなぁ、、、、などと、
酔っぱらった頭で考えていました。。。。。

3459.jpg

そうそう、三輪さんちの取材では、僕は酔っぱらってるだけでいいのです。

なぜなら、家については、毎回三輪さんが、
僕より詳しくコンセプトからプレゼンしてくれるので、
僕はやるコト、ほーんとないのですよ、、、、、ホントに、、、。


少しは、僕にもきいてよー、、、、と思いつつ、、、(涙)

posted by 西久保毅人 at 01:28| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

はっぱ・れりーふ

まもなく完成の「山崎さんの家」

3461.jpg

高円寺ということもあり、
佐賀ということもあり、
、、、、、まぁ、いろいろあり、、、、、。(笑)

はっぱのレリーフに挑戦してみましたー。

ようは、、、、、、、、なんか、したかっただけばい。


3463.jpg

描いて、、、、

3464.jpg

描いて、、、、
3465.jpg

描いて、、、、

3466.jpg
埋めて、、、、

3467.jpg
ぺりって、はがして、、、、


3468.jpg
おーーーーっ。

3469.jpg

自画自賛。

3470.jpg
、、、、、の間に、2、3回は飲んだくれて、、、、(汗)



3462.jpg
ちょっと残して、、、、、。


3471.jpg
煙にまみれて、、、、。

3460.jpg

、、、、、とそんな訳で、
6/29(土)にオープンハウスな訳なのです!
posted by 西久保毅人 at 01:31| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

すむすむ。。

6/21発売の「住む。」尾崎さんの家を掲載して頂きました!

3472.jpg

「仕事場のある、小さな家。」

という特集なのですが、尾崎さんのオープンされた「STROOL」という雑貨屋さん
に対する尾崎さんの想いを記事にして頂いています。

3473.jpg

何屋さんでもいいと思うんですが、
お店といういろんな人が立ち寄れる場所が、家と一緒になっているだけで、
暮らしも、その街も、がらっと変わります。
でも実は、昔ながらの商店街や江戸の街って、1階がお店で2階が家っていう
事がとても多いですよね。。。。。

その事での不都合もあるんでしょうけど、僕は、街が「いきいきする」ためには
絶対になくしてはならない形態だと思います。
それは、街に対してもそうだけど、子供達にとっても絶対大切な事だと思います。
そういえば、実は、僕の佐賀の母の実家って、駄菓子屋さんをしていました。
うちは、サラリーマンだったので、家にお店があるっていうのが、とても新鮮で
おばあちゃんの家に行くのはとても楽しみでしたし、家に他人が来る、っていうのが
子供ながらにとても新鮮でした。。。。

家がお店だと、家族や親戚以外のいろーんな人がやってきます。。。。。

子供達にとっては、家でもあり、小さな社会でもあって、たぶんそこで暮らす事で、
知らず知らずと学ぶ事は多いと思いますし、そういうお店があるってことは、
街の子供達にとっても、いつも見守る大人がいるっていうコトですよね、、、、。

だから、特に住宅地にお店があるっていうコトは、街の防犯的にもとっても
有効な事なのだと思いますし、無駄に警察がウロチョロしてるよりも、よっぽど
安心な街になるんじゃないかなぁ、、、って思うのです。。。。。。

もう、法令で、

「住宅地には、10件に一件は、家にお店をつけないとないといけません。。。。
そのかわり、、、、、たくさん補助金を出します。」

とかにしちゃえばいいのに、、、、、、。ほーんと。


そう考えると、ここは商業地域、ここは住宅地域って、わけちゃう都市計画が
そもそもダメなんだろうなぁ、、、、。

混ざってた方が、ぜーったい楽しいのに、、、、。


まぁ、そんな話はさておき、
本屋さんで見かけたら、ぜひお手に取ってみて下さいね。

3474.jpg

、、、、、さて、そんな訳でですね、、、、
杉並区一、いろんなものがごっちゃまぜの、そう、あの街で、
来週末オープンハウスなのです!

内覧をご希望の方は、こちらまで。
niko@niko-arch.com


posted by 西久保毅人 at 01:30| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

まさかまさか、、、、

まさかまさか、
男40歳にして、
僕のジンセイにバスケットボールなんていうスポーツが
入りこんでくるなんて、

夢にも思っていなかったなぁ、、、、。

したいと思ったコトもないし、、、。


3475.jpg

と、そんな僕の気持ちはさておき、
ノノもリンタロウも今やバスケットにのめり込み、
ソラも、

「僕はね、、、サッカーもするけど、バスケもする、、、、。」

と、多少、親に気を使いつつ、、、、、徐々に茶色いボールに犯されつつある今日この頃、、、。
皆様いかがお過ごしでしょうか、、、、、?

そんな訳で、バスケなんか、、、、、、、見に行ってやるもんか!

と、ずっと見に行ってなかったんですが、
最近、ちょうど大会シーズンなので、ちょこちょこ見に行ってるんです。

最初なんか、1人で見に行って、
そもそも、どっちが敵か見方かも分かんないから、
おっ、見やすい席があいてるなぁ、、、、と思っておとなしく座って見てたら、
どうも、ホームとか、アウェイって、席が分かれてたみたいで、
どうも、まわりに知らない人しかいないなぁ、、、と思ってたんですが、
敵のベンチ側だったらしいのです、、、、。

僕なんか、人と話すの面倒くさいから、見やすいしちょーど良かったんですが、
終わったら、

「、、、、、、。

 パパさぁ、、なんで敵のベンチの、しかも最前列の、しかもど真ん中にいる訳???
 オレンジみたいな派手な色着てさぁ、、、!  恥ずかしいから。
 
 今度、敵チームに座ったら、二度と口聞かないからね!!!!わかった??」

とのコト、、、、。

あー、めんどくさいスポーツっ!

サッカーだったら、どこで見たっていいのに、、、、広いし、、、。(僕的には、、、。)
やっぱ、サッカーだな。。。。。
なんていうか、自由な感じだもん。空あるし、、、、。(僕的には、、、。)


と、若干、最悪なすべり出しだったんですが、何度か見ると、
面白さも徐々に分かってきてですね、、、、、。

何より、
相変わらずたくさん写真を撮るんですが、
なんでか知らないけれど、見返すとカッコいいんだなぁ、、、、動きが。

瞬間瞬間の、動きやプレーが、いちいちこんだけカッコいいスポーツって
ないんじゃなかろうか、、、、?

そんなコトを、たかだか中学生の区大会の写真を見返しながら思います。。。。。

前に、こんなコトも書いたんですが、
なんか謎が解けたような気がしています。

バスケのプレーって、その瞬間を静止画で切り取ると、ちょーカッコいい。
基本的に90分かけて1点で決まるようなサッカーみたいなスポーツとは違い、
ひたすら点を積み重ねる往復往復のスポーツだと思うんですが、
時間にすると、2秒くらいの間でディフェンスからシュートまでの一連のプレーが
完結するため、その短い時間の中にたくさんのプレーが凝縮されています。


目では追いつかないようなプレーが、
写真や絵という瞬間を切り取る道具を使うコトで、浮かび上がってくるのです。

スポーツマンガはいろいろあるけれど、
なんでバスケマンガだけが、どんどん絵が上手くなるのか?

それは、0.0何秒っていう、瞬間の動きや気配をなんとか切り取らないといけない、という
漫画家にとっては、超高いハードルのあるスポーツだからなのかも知れません、、、。

そんなコトを最近思いました。


この子達の瞬間の写真を残してあげられたらな、、、。


、、、、、、、新しいレンズでも買おうかな。(笑)

3478.jpg


そうそう、今週土曜日、オープンハウスです!

ケンチクはバスケットと違ってピクリとも動かないからいいよなぁ、、、。

3474.jpg
posted by 西久保毅人 at 01:35| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

鳥はね、、、の唄


3480.jpg



鳥はね、、、、
鳥類はね、、、、

A4に一生懸命、三羽も描いてみたんだけどね、、、、、

結局、あつかいが小さいのです、、、。

3482.jpg


鳥はね、、、、
鳥類はね、、、、

小さくしか載せられないくせにね、、、、、、

毛が多くて描くの、ちょー大変なんです、、、。

3479.jpg


しかもね、、、
フクロウなんてね、、、


人間みたいで、描けば書く程気持ち悪いんです、、。

3481.jpg



(サビ)

あー、やっぱり鳥は食べるのが一番。
あー、鳥は食べ物。

やきとりかけば良かった、、、。高円寺だし、、、。
やきとりかけば良かった、、、。高円寺だし、、、。

(サビくりかえし。)




3474.jpg

posted by 西久保毅人 at 01:44| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

出会い

明日は、「山崎さんの家」のオープンハウスです。

いつもに増して、こってりとした仕上がりになりました。


3484.jpg

いろんな人の手の跡ののこる家です。

いろんな人が関わるというコトがケンチクそのものです。

3486.jpg

いろんな人が関わるから、間違いも起こります。

偶然もたくさん起こります。

3487.jpg

間に合ったり、間に合わなかったりします。

怒ったり、イライラしたり、ホッとしたり、嬉しかったりします。
泣いたり、笑ったりします。

ぜんぜん、思い通りにはいきません。

でも、おかげで、思った以上に出会えます。


3488.jpg



いいとか、わるいとか、そういうコトではありません。

いろんな人が関わって、ひとつのものができ上がる。

それそのものが、僕の好きな、ケンチクそのものなのです。

現場には、それぞれが、それぞれの、想いだけを持っていこう!


あとは足せば、なんとかなる。
posted by 西久保毅人 at 02:25| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

直感

拝啓、
山崎さんの佐賀の御両親様。

3489.jpg

「唐津の親が、毎日ブログば待っとるごたっとですよ。。。。」

と息子さんからうかがっていましたが、ずいぶん遅くなってすみません、、、。

あんまり遅かけん、

「、、、ほんなこて、トウキョウで家の建ったとやろか、、、、??
トウキョウでだまされたとじゃ、なかろうか、、、??」

3490.jpg

て、心配されたコトでしょう、、、。

ええとですね、、、、無事完成しましたよー!

3491.jpg



3492.jpg

ほら、この通り!!!!

3557.jpg

僕の事務所はですね、、、、
全部じゃないんですが、タイミングがうまくあえば、
お引っ越し前に、オープンハウスていう、内覧会をさせて頂いていてですね、、、、
ちょうど土曜日は、お天気も良くて、
100人くらいのいーろんな方が見に来てくれました!

3493.jpg

つい先月完成した安藤さんちも、ご家族でご来場。
早くも2件目のご相談でしょうか、、、、??

3545.jpg


3494.jpg

そうそう、そういえば、
ご挨拶もなにもしてませんね。。。。。

僕は、ニコ設計室という、設計事務所をしております、西久保といいます。
もう、かれこれ佐賀を出て、22年になりますが、血統書付きの佐賀人でして、
佐賀と言っても、唐津とは反対側の、有明海の方の、東与賀町の出身です。

唐津のきれいな海側ではなく、ムツゴロウの飛んでる方ですね、、、(涙)

3495.jpg

かれこれもう、気がついたら人生の半分以上、東京におりまして、
もうこれだけいたら、トウキョウ人になるのかなぁ、、、と思うんですが、
そうそう上手くいかないもので、、、。

3496.jpg

むしろ、なんていうか、歳も歳だし、
よけいにカッコつける必要もなくなってきてですね、、、、
ますます気持ちは昔に戻りつつある今日この頃。。。。

3497.jpg

そうそう、だから、山崎さんに最初にお問い合わせをいただいて、

「、、、なんで、うちみたいな設計事務所にしたんですか??」

と質問しましたら、

3498.jpg


「、、、、特に意味はないんですけど、
テキトーに 佐賀県出身、設計事務所 って検索してみたら出てきたので、、、、。
ほんと、そんだけなんですけど、、、、。 」

とのコト。。。。

3518.jpg



なんていうか、、、、、、



3499.jpg

僕は、こういうのが、いちばん嬉しい訳です、、、、。


3500.jpg


正直、設計なんて、誰でもできるわけじゃないですか?
設計事務所なんて、世の中余るくらいある訳ですし、、、、、。
僕のところよりも、しっかりしてるところの方が多いですよ、きっと。

しかも昔は大工さんだけで作ってた訳ですし、
今でも、地球上では自分達で家を作って住んでる人達の方が多いくらいです。

しかも、出来たものを買う訳でもないから、
何ができるか分かりませんしね、、、、、。(汗)



3501.jpg





3502.jpg




3503.jpg

特に今は情報がありすぎて、何がホントかなんて、だれも分かりません。
だから、いろいろ見ても、選んでもしょうがないから、
どうせなら、大切な事は、自分も一番信用できる、、、、自分の根っこのようなコトで決める、
っていうのが、実は一番なんじゃないかなぁ、、、

そんなコトを思いますし、僕も大抵、買い物するにしても、お酒飲むにしても、、、、
何するにしても、
結局はそんな感じで決めることが多いです。

3556.jpg

そうそう、実は、建物の構造設計をして頂いた筬島さんも、
実は佐賀出身なんですよー。。。。。

3559.jpg

僕が独立以来、実はいちばん、頼んでいる構造の先生なんですが、
これも「、、、なんで??」っていう理由は、
もちろんしゃべればいろいろあるんですけど、やっぱり佐賀の人だから。

っていうのが、一番の理由ですかね、、、、。

3504.jpg

3505.jpg

なんでも、シンプルがいちばん。

とくに大切なものであればある程、
きっと単純で、直感的で、理屈の通らない、
説明できないような理由で決めるのが、
僕は大事だと思っています。

そんな感じなんで、まじめなんだか、いいかげんなんだか、
他人から見たら正直、よく分かりませんけれど、途中、何度かつぶれそうになりつつも、
気がつくと、独立してもう10年以上、仕事をさせていたいていましてですね、、、

実は僕の言ってるコトなんか、学校で勉強したことっていうより、
頼んでいただいたみなさんや、職人さん達に
実感として仕事の中で教えて頂いたコトばかりなんですよ、、、実は。

3506.jpg




3507.jpg

話はそれますが、
そういえば、僕がスタッフを雇う時も実は結構直感なんですよ、、、、結局。
今何ができるかとか、、、、そういうコトではなくて。。。。

そんな訳で、見ての通り、優秀な若者達が勢揃いしる訳なんですけど、、、、(笑)

3508.jpg

今回、みっちり担当しました大塚くんも、そういうスタッフの1人です。
神奈川県の育ちですが、茅ヶ崎という、サザンオールスターズの
歌にも出てくる海の町の出身なのですよ!!!  見た目の通り、、、、。

今では、僕なんかよりよっぽど、お客さんにも、職人さんにも信用されてですね、、
もー、、、、、、、、、、、、、、   

ただのやきもちです、、、。

3558.jpg


そういう意味では、唐津とは海つながり。
なので、きっと磯の香りのするおうちになってのではないかと思うのですが、、、。


3509.jpg




3510.jpg

、、、、さて。

もう半分、自分でもあきらめ気味な事なんですけどね、、、、

僕の欠点と言えば、文章が長いコトと、写真が多すぎるコト、、、。(汗)

まぁ、、ようは、まとめられないタイプでして、
ホントは、キャッチフレーズひと言でズバッとか、
写真も、一枚でズバッ、とか、、、。

そんな感じになりたいなぁ、、、、といつも思うんですけど、
なかなかできないんだなぁ、、、、。

だって、どれもこれも、なんか捨てがたいですし、
それぞれがなんか、いい感じしゃないですか、、、、。

ホントは、もっとあるんですけど、泣く泣くですよ、、、、泣く泣く、、。

3512.jpg

そんな訳で、またまた今回も、めちゃくちゃ写真も多く、
だらだらといろいろ書いてますが、
テキトーに好きなトコだけ見て頂けたら嬉しいです。

3513.jpg

でも、このまとめられない性格、、、、。

恥ずかしながら、
まさにニコの住宅そのものだなぁ、、、、とも最近思います。。。。。


むしろ、
「なんで、まとめないといけないの??」

「なんで、明確で、分かりやすくないといけないの??」

と、ちょっと開き直っているくらいで、、、。

3514.jpg

いろんなものが、ごっちゃまぜで、
引き算よりは、せっかくだから足し算で、、、。

3515.jpg



試験結果よりは、冒険結果で。



3516.jpg



必然よりは、偶然を楽しんで。



3517.jpg



不変よりは、変わり続けるコトの普遍を信じて。



3519.jpg



形よりは、言葉をめざして。



3520.jpg



誰よりも一生懸命考えるけれど、



3521.jpg

昨日の事は、昨日の事。
今日はまた違うというコト。

3522.jpg


反射する素材よりは、しみ込む素材を。


3523.jpg

街を反射するケンチクよりは、街にしみ込むケンチクを。

3524.jpg



雨のたくさんしみ込む地面を。



3525.jpg


飲む前には、白ご飯を!

3526.jpg




3527.jpg

そして、だれだって関われるケンチクや街を。。。。

3528.jpg




3529.jpg




3530.jpg




3531.jpg

3532.jpg


3560.jpg



3533.jpg




3534.jpg

3535.jpg




3536.jpg





3537.jpg




3538.jpg



3539.jpg




3540.jpg

3541.jpg





3542.jpg





3543.jpg






3544.jpg







3546.jpg




3547.jpg

3548.jpg






3549.jpg






3550.jpg

3551.jpg



、、、、、てまぁ、
長ったらしい
中年オヤジの主張、みたいなコトは、さておきですね、、、。


3552.jpg







3553.jpg


子供達がいつも元気なこと。


3554.jpg



何より
ごはんの楽しい場所であるコト。



3555.jpg



、、、、そんな訳で、あいかわらず
いつも通り、長々と失礼しました、、、、。(汗)

続きは、上京される時にでも、一升瓶でも抱えながら、お話ししましょう。。。。

それではいつか、お会いする日を楽しみにしています!!!!



2013.07.04 西久保毅人
posted by 西久保毅人 at 13:32| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

のろけ顔

そうそう、明日、遠藤君の結婚式なのです、、、。

3563.jpg

遠藤君は、知る人ぞ知る、実はニコの若者卒業生1号。
2005年から2008年頃まで、ニコでバリバリ働いてくれていました。

それまでは、僕も自分で手一杯だったので、
未経験の子っていうよりも、
経験のある人を選んで一緒に仕事をしていたんですが、
そんな意味で、いまではニコも若者達がうじゃうじゃ出入りしていますが、
遠藤君が若者スタッフとしては、初めてだったのです。。。。


ただ、遠藤君がふつうの新卒の子と大きく違ったのは、
学生時代からモノ作りや、左官仕事や、現場が好きで、実際に自分達の手だけで
小屋を造ったり、塗壁をしたり、、、とちょっと変わった経歴の持ち主でした。

だから、遠藤君が来てくれるようになってから、
なんていうか、設計だけでなく、モノをつくっちゃう、というコトが、
急にニコで身近になっていきました。

丸ノコ買ったり、インパクト買ったり、カンナかったり、、、と急激に
大工道具を買ったなぁ、、、、、遠藤君に言われるままに、、、(笑)

毎日来てくれる、っていうのも、とても新鮮で、そのわりに仕事も暇だったんで、、、、

3564.jpg

家具作ったり、、、。

3565.jpg

ええと、マジで暇だったから、庭にデッキ作ったり、、、、(笑)

時々は仕事もしてましたが、、、、。

あとは、遠藤君が、光る泥団子作っていいですか〜??っていうから、
泥団子つくったり、、、、、。


まぁ、こんな感じの子だったんで、
現場に行っても、どこに行っても、職人さん監督さん、みんなに気に入って
もらって、大抵僕より仲良くなって帰って来てました、、、。


最初から、「僕はいつかは甲府に帰って独立します。」って言ってたんですが、
遠藤君の一番すごいのは、有言実行ってことかな、、、。

「ちゃくちゃく」っていう言葉がよく似合います。

今では、資格をとって、地元で事務所を構えて、地元に根をしっかりとはやすために
ちゃくちゃくと輪を広げて活躍しているようです。
それでも時々は、ニコの仕事を手伝ってくれたり、現場で指導をしてくれたり、、、、。

でも、さすがに、結婚だけは、「ちゃくちゃく」って訳にもいかないだろうなぁ、、、
遠藤君は結婚は遅そうだなぁ、、、、
と、事務所に来てくれるたんびに、

「仕事の話はいいからさぁ、、、、、、、で、彼女は???」

と、冷やかしていたんですが、

ちょっと前に、

「にしくぼさんにちょっとご報告があるんですが、、、、。」

とまさかの結婚報告!!!


もう、脱帽ですね、、、、、あまりのちゃくちゃくっぷりに、、、。


と、そんな訳で、明日は結婚式でスピーチです。。。。


しゃべるの得意じゃないから、
歌でも歌ってこようかなぁ、、、、。(汗)


まぁ、めでたしめでたし。。。。
posted by 西久保毅人 at 00:51| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

それにしても、、、、

3666.jpg












暑いですね〜〜〜。
3667.jpg
posted by 西久保毅人 at 00:02| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

火起こし番長


3670.jpg

先週、稲城市で工事中の長谷川さんの家が、無事上棟しました。

3668.jpg

長谷川さんの家は、現場に行くたんびに思うんですが、
敷地まで歩くアプローチといい、家から眺める景色といい、、、
もう、とっても素敵な高台の場所にあります。

3669.jpg

よくこんな場所を見つけたなぁ,,,と行くたんびに感心してしまいます。

センスというか、施主力というか、、、、。

3671.jpg

ほーんと、施主力でもっているような、ニコ設計室、、、、、。(汗)
3672.jpg

そんな訳で、先日、上棟式をして頂きました。
3673.jpg

ちょっと途中、雨が降ってきたんですが、
その雨もまた新緑をしっとりと濡らし、

「あぁ、雨の日はこういう景色を眺めて過ごすんだなぁ、、、、。」

と、2度美味しい感じの日。
3674.jpg

3675.jpg

当日はなんと、長谷川さんが、バーベキューセットを準備してくれて、
ぜいたくなバーベキューの上棟式、というサプライズ!

3676.jpg

しかし、ほーんとこういう時は、
現場の職人さんたちの知恵がとても役に立ちます。。。。

3677.jpg

誰よりも、外で働いている方達なので、
みんなが、火起こし番長!

3678.jpg

まぁ、火を焚いても怒られないロケーションがまず素晴らしいんですが、
せっかくなら、毎回、定例がバーベキューだと、
うれしいなぁ、、、、、。

3679.jpg

完成が楽しみです!!!!
posted by 西久保毅人 at 01:21| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

一瞬

AKBでもなく、ももクロでもなく、、、、

3680.jpg

あー、、、久しぶりにハマってしまったなぁ、、、、。
おニャン子クラブ以来だな、、、。



3691.jpg

その名も、女子バスケ、、、、、、、、、、、、ええと、、、中学校の、、、。(汗)

3682.jpg

3696.jpg

こないだも書いたんですが
もう、あまりにカッコ良くて、、、、。

3684.jpg

まぁ、下地は十分あったといえば、あったんだな、、、。

スタムダンクも、黒子のバスケも、あひるの空も全巻あるし、、、、。

3687.jpg

ただ、、、、こう、
なんていうか、、、、

自分に素直になれなかったんだな、、、、。

それが40歳になって、ようやくはじけちゃったんだな、、、。

3698.jpg

、、、と、
そんな訳で、
ノノがやってる中学校の女子バスケ部の、ほぼ追っかけの変態オヤジですが、

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

3688.jpg

デカいだけのノノも、こうやって少しの時間だけですが、
試合に出して頂いて、いいなぁ、、、こんな素敵なチームの一員で、、、。

僕も入りたいんですけど、、、、、、。輪に。

3689.jpg

結局、チームは先日、都大会をかけた三位決定戦で負けてしまったんですけど、
その最終戦が、ほーんと凄かった!

3690.jpg

序盤、不動のエースがケガで退場したりして、前半、あっという間に20点差。
スラムダンクでも、山王の監督が、20点差つけば、あきらめの気持ちになる、って
言ってたから、ありゃこりゃダメかなぁ、、、、とあきらめムードだったんですが、
足を引きずりながらも、頑張るエースにみんな引っ張られて、
後半にかけて、徐々に追いつき、なんと終了間際に追いついちゃったのです!!!

マンガみたい、、、、。

一時は、土壇場でリードし、そのまま終わるかと思ったんですが、
終了間際に、まさかの同点、、、、。

3692.jpg

結局、3分間の延長戦で、逆転されてしまい、
残念ながら都大会に進める事なく、3年生の夏は終わりました、、、。

3699.jpg

普段着の時は、
まだあどけなさの残る、どこにでもいる中学生の女の子達。

毎日部活漬けだから、余計にみんな子供っぽくて、
しかも、みーんな、びっくりするくらいちっちゃいんです、、、ホントに。。。。

だけど、試合中の彼女達は、ほーんと一瞬、一瞬が、カッコいい!


補欠ジンセイの僕にはなかったなぁ、、、、、こんなキラキラした一瞬。

3694.jpg

まぁ、子供達は、子供達なりに
いろいろあるんだろうし、これからまだまだ長ーいジンセイ。

でもね、、、、、
君たちの一瞬は、こーんなにカッコ良くて、
このおじさん、写真見ながらじーんとしちゃうくらい感動的なんだよ!!!

もう、このおじさん、1時間で700枚も写真とったのはじめてだよ、、、、。(笑)

ホントに。。。。


3693.jpg

という訳で、また、趣味、増えちゃいました、、、、、。ははは。

posted by 西久保毅人 at 00:05| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

そうそう、今週、三輪さんち放映です!

久しぶりに、本間さんちの写真を撮りました。
本間さんちも、かれこれ8年。

3700.jpg

あっという間かなぁ、、、。
もちろんいたんだり、汚れたりするところもたくさんありますが、
大事に住んで頂いているおかげもあり、コンクリートと太い木がメインの1階は、
時間の分だけ風格も出て、あい変わらずとてもいい感じです。

やっぱり、僕はこのくらいの暗がりと明るさは好きだなぁ、、、。

3704.jpg

人間は、8年もたつと、雷雨の中で踊りだすようになりますが、、、、、


そういう意味で、ケンチクは意外と、じっと、そのまんまです、、、。

3702.jpg

さて、そういえば、
今週の金曜日
7/19の早朝4:30より、
「渡辺篤史の建もの探訪」でいよいよ三輪さんちが放映されます。

3701.jpg

とっても、新緑のきれいな、抜群のお天気での撮影でしたので、
放映が楽しみです!

本間さんちと、三輪さんちは、いろーんな繋がりがあるんですけど、
設計そのものは、7年くらい時間差があります。。。

面白かったのは、三輪さんちができた時、
見に来たリンタロウが、

「パパさ、、、、この家、なんとなく、、、本間さんちと似てね、、、??」



ってボソっと言ったコト。。。。


3703.jpg

そんな訳で、写真を交互に載せてみました、、。


するどいねー、リンタロウ。

プランも、立地も、ぜんぜん違うけれど、
大事なところはおんなじ、かな、、、、。


朝早いので、ぜひ録画して、見てみて下さいね!!!
posted by 西久保毅人 at 01:11| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

しっくり

なんだかんだと、たまりにたまり、、、、、

という状態でしたが、

ようやく、ここ10件分くらいの完成したおうちの写真をHPにアップする
コトができましたー。

3705.jpg

ふーっ。。。。。

ホントはもっと掲載したいおうちや、その後の写真等も
たーくさんあるのですが、それはまたそのうちに、、、。


こういうのをアップする方法も、いろいろあるんでしょうけど、
どーも、きっとメンドクさい方法を取っているんだろうなぁ、、、、
とは思います。。。。。

ただ、なんというか、しっくりくる方法がなくてですね、、、。


便利な方法はたくさんあるんでしょうけど、、、、


しっくりって、大事だよなぁ、、、。


そんな訳で、お時間のある時にでも、
眺めてみて下さい!


しっくりきますかね、、、、。(汗)
posted by 西久保毅人 at 00:53| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

路地裏タイガース

先週、兵庫県神戸市で設計をさせて頂いています、曽根さんの家の地鎮祭のため、
神戸に行ってきました!

3706.jpg

思い起こすと、一番最初に曽根さんに御連絡いただいたのは、3年くらい前。。。。

まだ竹安さんの家も始まってない頃。
連絡を頂きつつも、遠いし、実現するかなぁ、、、、と思いつつ、
突然東京にいらしたのが、去年の4月ごろ、、、。

なんとなく、お会いしてから、ようやく現実的になってきたのを覚えています。

3709.jpg

それから、赤ちゃんが産まれたり、、、、といろんなコトがあったなぁ、、、
と思いつつ、ようやく地鎮祭にたどり着きました!
工務店さんは、いろいろ見積りをとりつつも、昨年の住宅建築賞でご一緒させていただいた
金野さんのご紹介の、住僖さんにお願いする事になりました。

いろんなご縁もあり、
ニコののんびりペースにも、歩調をあわせて頂けそうな素敵な工務店さんです。

3714.jpg

しかし、これまで何十回も地鎮祭に参加させて頂いてきましたが、
巫女さんのきた地鎮祭は、、、、、、、今回がはじめて。


でも、なんか、いいですねっ。
ちょっとおめでたい感じがして、、、。


3708.jpg

今回は、ちょうど夏休みという事もあり、
ソラとリンタロウも参加させて頂きました。

3707.jpg

さて、とはいえ、初日は工事契約やら、打ち合わせやらあるので、
どうなる事かとちょっと心配していたんですが、
あっと言う間に、曽根さんのお子さん達と仲良くなり、(仲良くして頂き、、、)


3715.jpg

近所の路地で、子供達は、路地裏タイガース。

3711.jpg

なんか、昭和の風景のようで、いいですねーっ、こういうの。。。。
テレビ見ながら、タイガースの応援まで教えてもらいました、、、。

3712.jpg

夜は、ごはんの後、細田くんが帰ったのを見計らって、、、、、、(笑)
ハーバランドまで散歩して、花火をしました。

何度も打ち合わせで神戸に行ってるんですが、海までこんなに近いとは、、、、、。
地鎮祭も終え、ようやく、そういうのも楽しめる感じでしょうかね、、、。

きれいな夜景の風景に、

「トウキョウより都会じゃん、、、、。」

と、子供達もずいぶん、神戸が気に入った模様、、、。

3713.jpg

さて、
そのまま、僕とソラとリンタロウは、そのまま曽根家に泊まらせて頂いたのは
言うまでもなく、、、、、、。

寝間着から、パンツから、、、、、すべてありがとうございました、、、。

これからの工事が(工事も、、、)楽しみです!!!
posted by 西久保毅人 at 01:23| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

うみがめ荘

、、、、、、、まぁ、
完全にワタクシゴトですが、
先日、神戸に行った帰り、早めの夏休みを取って、ソラとリンタロと、三人で
淡路島を渡り、徳島の海に行ってきました!


子供のときから、ウミガメがたまごを産みにくるところに行ってみたいなぁ、、、
と思ってたんですけど、

神戸辺りの地図を眺めてたら、

「あれ?徳島って、もしかしてそういう場所じゃなかったっけなぁ、、、?」

と調べてみたら、、、、、。

ありました! うみがめ荘。


ちょーど、6月、7月が産卵シーズン。
どんぴしゃなので、これは行ってみようと一気に徳島県の美波町っていう海沿いの町へ。

でも、なんていうか、もうコレばかりは自然のものなので、
美波町の役場のホームページ情報によると、続けてウミガメがくる日もあれば、
一週間ぜんぜん来ない日もあり、年によってもかなりウミガメの来る数もバラツキがあり、、、。

まぁ、一週間いる訳にもいかないし、最大で二日だなぁ、、、、と思いつつ、
うみがめ荘へ。。。。。

着いてみて、ビックリしたのは、
ウミガメ保護規制っていうのがあってですね、、、、、。
この季節は、街が明るかったり、うるさかったりすると、ウミガメが帰っちゃうから、
8時過ぎたら街を真っ暗にするんだそうです、、、。

だから花火とかする訳にもいかず、夜は部屋で待機、、、。

そして、どうやってウミガメが来たのが分かるかって言うとですね、、、、、
街に着くと、ウミガメールっていう、携帯のメーリングリストに登録するんですが、
そうしとくと、ウミガメの調査してる人達が、ウミガメが来たら教えてくれるという
しくみになっていました。


さっそく登録したんですが、初日は待てども待てども、メールは来ず、、、、。

時間も、今までのデータを見ると、夜の10時くらいの時もあれば、
夜中の3時すぎの事もあり、、、、、と、幅も広くって、うっかり寝ちゃったら、、、、
と思うんですが、まぁ、そうそう待てる訳もなく、、、。

で、
結局、初日は来なかったので、
せっかくだから二日目も同じところに泊まるコトにしました。。。。
超古ーい、国民宿舎だから、いい宿って訳じゃないんですけどねぇ、、、、。

昼間は、近くの海で遊んで、さて運命の最終日。
不便な場所だから、二度と来ないかもなぁ、、、、とか思いながら、
メールは待てども待てども、やっぱり来なくてですね、、、、。

「そもそも、メールの登録、間違ってんじゃないの、、、かな。。。」

とか思いながら、うとうとしていた、ちょうど、夜の12時半。


ふっと、携帯見たら、待ちに待ったウミガメール!!!!!

3722.jpg


子供達を叩き起こして、浜辺にいくと、
もうすでにウミガメが上陸してて、穴掘ってたまごを産みはじめたところでした。

そんなに明かりはないんですが、
1mくらいのアカウミガメが、少しずつ時間をおいては、
ぽこぽこぽこぽこ、ピンポン球のようなたまごを穴に産み落としています。。。。

おお、、、これぞ、子供の時にテレビで見た光景だ、、、、。


もう、感動っていうか、、、、、、
ホントにウミガメってこうやって
浜にたまごを産みに帰ってくるんだなぁ、、、、と、
月明かりの中、
夜だし、なんか現実じゃない感じの光景を見る事ができました。

そう思うと、こんな光景に立ち会えて
なんとぜいたくな、ソラとリンタロウ。。。。。
子供のくせに、、、、、。

産卵時間は、ほんの30分くらいだったでしょうか?

100個以上のたまごを産み終わると、ウミガメは今度は一生懸命、その穴を埋めはじめて、
後ろ足でペンペン叩いては、また土をかぶせて、、、、を繰り返し、
満足すると、また海に向って帰っていきました。

もっと歩くの遅いかと思ってたんですが、帰りは海に向う下り坂で、
意外と歩くの早かったです、、、、、、ウミガメ。


ウミガメ調査隊のおじさんによると、
その日に来たウミガメは、どうやら3年前に産卵に来たウミガメだったそうです。

3721.jpg


しかし、
ずーっとひろい太平洋を泳いでて、どうやってこの場所を覚えてるんでしょうね、、、。

そういうコトはまったく解明されていないそうです。

摩訶不思議。


なんだか、未知との遭遇みたいな、、、、、

そんな体験でした。


徳島の海は、とっても綺麗でしたよ。
また行きたいなぁ、、、。
posted by 西久保毅人 at 01:11| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

TOKYO

ぶらっとリンタロウのミニバスの試合を見に行ったら、


「、、、、、あれっ??ニシクボさん??」

3724.jpg

振り向くと、もう6年くらい前に設計をさせていただいた若杉さんちの若杉さん!


「、、、、なんでこんなトコにいるんですか、、、?
  にしくぼさんちって、、、、サッカーでしたよねぇ、、、。??」



「、、、、、、、。」


「それはですね、、、、涙抜きには語れない諸事情がありましてですね、、、、諸事情が、、。

いましゃべれって言うならしゃべりますけど、、、、2.3時間しゃべりますよ、、、、。」

3725.jpg

、、、と、そんな訳で、体育館でバッタリお会いしたのでした、、、。
ちょうど、敵チームで、お子さんがバスケを始めたとのコト。

そっかぁ、、、思い起こせば、若杉さん、いっつもバッシュはいてたもんなぁ、、、、等と
思いつつ、長くやってると、お客さんとも、こーんな予期せぬ関係になったりして、、、、
時々、面白いです!!!こういうの。

3727.jpg

なんでも、思い通りにいったらいったで、
それはそれで楽しいですけど、
思い通りでない、ってコトは、自分の選択肢になかった、っていうコトだから、
僕はそっちの方が楽しいかな、、、、。

自分の世界が思いもよらぬ方向に広がる訳だから。。。。。

なんか、ケンチクみたい、、、。

3728.jpg


、、、、と、そんな訳で、
おかげさまで、行ったこともない、TOKYOのいろんな場所の体育館に
行く訳ですが、、、、、、、

体育館天井の、気持ち悪い色の照明だけは、何とかして欲しいなぁ、、、、(涙)
なんで、オレンジと蛍光色がランダムに混じってるんだろう、、、、??
posted by 西久保毅人 at 00:00| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

街に住んでいるような、、、

ほっとくと、すっかり忘れちゃうのですが、
最近もいろいろ雑誌にニコのおうちを掲載して頂いています。

3729.jpg

LIVESは、前号に、坂本さんの家
今月号に、三輪さんの家をそれぞれ取材していただきました!


それとは別にですが、もうずいぶん内容は進んでいるんですが、
実は、毎号LIVESに、「飯島家の住まい顛末記」っていう見開きのエッセイが
掲載されてるんですが、これは実は飯島さんちのできるまでの、、、、、
っていうか、そのずーっと前からの、飯島さん御夫婦の、住まい方、生き方の記録なのです、、。

中古のマンション購入、リノベーション、、、、それから、一転、賃貸暮らし、
そして、土地を購入して一軒家にたどり着くまでの、、、、そしてその先の、、、、?
飯島家の、その時々の住まいに対する価値観の変化を時系列で、自筆によって、
せきららに描かれています。

3730.jpg

、、、、、そんな物語の連載はそろそろ中盤。
そんな訳なので、まだまだ実は、ニコのニの字も登場していないんですが、
そろそろ次回くらいから、土地探し編。

飯島さんの文章で、ニコとの家づくりが、どう料理されるのか、、、?

、、、、まぁ、僕たちは、まな板の上のコイというか、焼き網の上のサバみたいな
ものなので、、、、、今後の連載を、恐る恐る楽しみにしています。。。。。


3731.jpg

それと、現在発売中の住まいの設計には、
尾曲さんちを掲載していただきました!


3732.jpg

どのおうちもそうですが、場所は違えど、
もちろん決まったシキチの中での計画ではあります。

ただ、
実は、、、、
ぶっちゃけていうと、、、、

僕の意識の中に、あんまりシキチっていう意識はありません。。。。

なんで??って、

聞かれても、ないものはないからしかたないんですけど、、、、、。

もちろん、道にはみ出してはさすがに設計しませんけれど(いちお大人だから、、、)、
気持ちや意識は、いっつもシキチからはみ出しています。

何回も書いてますが、根本的には、僕が閉所恐怖症気味であるコトが、
とても影響していると思うんですが、別に露出狂って訳ではありません、、、。

露出狂と、閉所恐怖症は、ちがうのです、、、。(笑)

そして、閉所恐怖症ではあるんですが、かといって、あまり目立つところも好きではないし、
どっちかというと、人見知り、、、、、ようは、メンドクさい感じですね。。。。。。

だから、シキチはそれぞれ決まった大きさですが、
そういう境界線を感じないくらいのびのびと、、、、

その街そのものが自分のシキチなのだ!
、もっと言えば、
地球そのものがシキチなのだ!、って思えたら、、、、、

それが最高に気持ちいいんじゃないかなぁ、、、と僕は思います。


そうそう、そういえば、こないだ完成した山崎さんちには、井戸があったんですが、
井戸って要するに、地球のわき水ってコト。。。。。ですよね、、。

つまり、街との平面的な繋がりだけでなくて、地球ともつながってるってコトだなぁ、、
って思うと、ちょっと感動しました。
井戸がなくても、ちゃんと土の地面があるだけで、水がしみ込んで、草が生えて、
虫がいて、、、、、と地球のおまけがたくさんあります。

、、、、そうそう、ただでもらえるおまけは、絶対使った方がいいですよね。。。。


土地を買うと、もれなくついてくる、街や、道や、雨や、空や、地球というおまけ。


それだけの話です。きっと。。。。


と、性格がわざわいして、こんなコトばかり10年以上考えてきたんですが、

先日はじめてご相談にいらしたご家族のいただいた御要望書に、

「街に住んでいるような家がいいです。。。。」

って書いてあってですね、、、、。

結果的に、ニコにいらっしゃるのは、そういう暮らしを望まれるご家族がほとんどなんですが、
言葉で直接書かれてたのは、、、、、実は初めてだったかもー??

、、、、かなり嬉しかったです。

なんでも続けるもんですね、、、、、。

3733.jpg
posted by 西久保毅人 at 01:18| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

そうそう、、、、

ニコの

3734.jpg

夏休みのお知らせでした、、、!
posted by 西久保毅人 at 22:00| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

あまちゃん



3736.jpg



3737.jpg


じぇじぇじぇ!



posted by 西久保毅人 at 22:12| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

8ばんへ  

昨日、家に帰ったら、リンタロがなにやらめずらしく
手紙らしきものをいっぱい書いていて、宛名に「8ばんへ」
って書いてありました。。。。


「じぇじぇじぇ!!!!

まさか、、、いよいよモテ過ぎで、女の子を番号で呼ぶようになったの??

だれ、8番て? 、、、、で、1番は??」


「、、、、、、、、、。

 ぜんぶ、8ばんだよ、、、、。」


「、、、、??」


実はちょうど、明日から3日間、千葉でミニバスケットの合宿試合があってですね、、、、

対戦相手になる同じ番号の子に、手紙を書いて渡すコトになったのだそうです、、、。
だから、宛名はぜーんぶ、


「8ばんへ。」

3743.jpg

なんだか、4月からのリンタロのバスケットへのハマりっぷりは、
異常なほどで、ほとんど土日は、朝から晩まで練習と試合。
よくも、まぁ、このくそあつい時に一日中体育館にいれるもんだと
関心してしまいます。。。。。

かといって、ヘトヘトで疲れて帰って来る訳でもなく、、、、。

こないだなんかは、
練習足りなかったからと、夜の9時すぎまで、
大人に交じってバスケして帰っきやがりました、、、、。

こういうの、怒っていいもの、、、、??って感じです、、、、。
まぁ、一生懸命やってる訳なので、、、、、。

まぁ、6年生から始めたから、面白いっていうのもあるんでしょうけど、、、。

3742.jpg

でも、よかったなぁ、、、と思うのはですね、、、、

ずーっとサッカーをしていたんですが、学校のサッカーチームそのものも、なんていうか、
ほのぼの系だったっていうのもあり、強い訳でもなく、試合しても、いつも圧倒的に負けちゃうから
勝つ喜びっていうのもなかったのかも知れないし、
育ち盛りだし、なんか体力を持て余していたのかも知れません。。。。

それと、、、、、。

僕がうちの子供達みんなに思うコトなんですが、
3人とも、なぜか、みーんな学年でいちばんデカいほうなんですね、、、。

大きいコトは、他人から見るといいことのように言われますし、
もちろんいい面もあるんでしょうけど、
僕は自分の子供達を見てて、
子供の時に、あんまり大きいのは、それはそれでかわいそうだなぁ、、、、
とちょっと思うのです。。。。。


3741.jpg


僕自身が、小学生の時、小さかったからよく分かるんですが、
同じ学年で、大きい子って、単純にそれだけで怖いものです、、。
特に小学生の頃って、同じ学年でも、ものすごく体の大きさに差があるから、、、、。

でも、残念ながら、、、、脳みそは、体の大きさに比例しないのです。

脳みそは、みーんな小学生。
リンタロなんか、特に、中身はまだ堂々とフルチンで恥ずかしくもない、
低学年並みの脳みそです、、、。

だから、ばかなコトばっかりしたり、ケンカしたりするんですが、
そういう時に、たとえば小さい子が、思いっきり大きい子に向っていっても
大したコトはないんですが、大きい子が小さい子に本気で向っていったら、
時にはけがをさせてしまう事もあるでしょうし、軽く叩いたつもりでも、
小さい子にとっては、強く殴られたようになっちゃう事もありますし、
そういう小競り合いは、客観的に見てると、どうしても、大きい子の方が
暴力的に見えてしまいます、、、。


極端に言うと、
スタインベックの小説、二十日鼠と人間、みたいな感じですね、、、。

3744.jpg


だから、そんなコトで、よくリンタロは、怒られてきたんですが、
リンタロが悪い時も、そうでない時も、どっちにしても、リンタロが悪役風、、、、。

親だから、
大きいんだから、本気でやるなよ、、、、って言わないといけないところもあるんですが、
それはそれで、なんか、かわいそうっていうか、、、、、。


ようは、体が大きかろうが、小さかろうが、子供なんだから、子供らしく
スポーツでも喧嘩でも、なんでも、全力でやらせてあげたいなぁ、、、、と思うんですが、
学校ではなかなかそうもいかない感じではありました。

ところが、一転、ミニバスケットを始めたとたん、、、、、。


敵チームには、リンタロがまったく太刀打ちできないような大きくて、
パワフルな小学生がいーっぱいいました。
もちろん、リンタロは、ほぼ初心者だから、大きい子達や、すばしっこい子達に
コテンパンにやられます、、、。
しかも、バスケって、接触も多くて、力勝負のぶつかり合いっぽいトコもあるから、
大きくても細いリンタロは、時には手も足も出ません、、、、。

まぁ、本人はくやしかったりするんでしょうけど、
それより何より、本気でぶつかったり、飛んだり、走ったり、、、、。
全力でぶつかっても、それでも全くかなわない、っていう状況が、
とても嬉しいのかも知れないなぁ、、、、
と、見てて思いますし、なるほど、そういう意味では、
バスケットに出会えて良かったんだろうなぁ、、、、、、と思います。


3746.jpg

、、、、、まぁ、とはいえ、
たかだか、小学6年生の話ですし、
この先、ホントにさらに大きくなるのか、、、、
はたまた
小学生の時は一番大きかったんだけどね、、、、、となるか、、、。

まだまだジンセイ、ながーーーーいし、
僕だって、自分のジンセイどうなるか、、、、いまだに分からないから、
子供のジンセイなんか、まったく予想もできませんが、、、、、
ちょっと今までとは別人のように気合いの入りようのリンタロが、
今後、楽しみです。。。。。。

3745.jpg

まぁ、何にせよ、、、、、、
意外な展開でしたが、小学校の最後に夢中になるものに出会えて、なによりでした。。。。

いまのところ、、、。
posted by 西久保毅人 at 02:11| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

育つ家

残念ながら、ちょっとタイミングがあわず、
オープンハウスが出来なかったんですが、、、、、、。

先週末に、杉並区で設計をさせていただきました奥原さんの家のお引き渡しをしました。

3747.jpg

いっつもそうですが、僕たちは現場にはたくさん行きますが、
大抵は工事中。。。。

なので、完成したおうちの、しかもまだお引っ越し前のからっぽの状態を
感じられるのって、実は意外と短いんです、、、、。

お引っ越し前のほんの一瞬くらい。。。。

3751.jpg

現場でのいろんな決断や、
そのまだ、ずーっと前のスケッチの状態。
頼んで頂いた時の、忘れられない言葉など、、、、、。

実現しなかった案もふくめて、
図面通りかどうか、、、、っていうよりも、
家づくりの中の、いろんな局面での思いや、デキゴトを想像しながら、
そういう空気や、想いや言葉が、
ちゃんとつまってるかを、確認できるひと時。。。。。

3750.jpg

実は、ほんとうは、まだ完成じゃなくて、
これから家具が持ち込まれたり、生活が始まって、
完全に、

「あぁ、奥原さんぽい家だなぁ、、、、。」

って思えて初めて完成だと僕は思うんですけど、
それでも、
やっぱり、
この、素っぴん の状態での完成も、やっぱり大切です。。。。。



3748.jpg

と、、、、、、そんな妄想をしていると、
ピンクのシャツ着た奥原さんがさっそうと現れました!

別に、なにもしめしあわせた訳でもありませんが、
なんていうか、この家に似合うこと、似合うこと、、、、、。

全体的に、木を黒っぽく染色した外壁なんですが、
その外壁と、植物と、ピンク。

3752.jpg

ちょーど、天気も、少しくもり気味でしっとりした空気の中、
いろんなモノが、すーっとどちらからともなく馴染む瞬間。。。。。


3753.jpg

今回も、燃えしろ設計っていうのを利用して、
軒裏まで木材を使っているので、新建材の外壁で建ち並ぶ新しい家々の中、
もうすでに、なんか、いい味を出しています。。。。


これから植木もモリモリになって、
外壁も、雨風にさらされてますます、いい味になって。。。。


この街の中で、
どんどん、すくすく「育つ家」になりそうで、ちょっと嬉しくなりました。



3757.jpg

これからがめちゃくちゃ楽しみです!!!!
posted by 西久保毅人 at 00:25| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

大きなもの

足立区で工事中の渡辺さんの家。

10月の完成に向けて現場真っ最中です!

3758.jpg

家の2階に、なんというか、アーチというか、馬蹄形をした局面の大きな棚があるんですが、
大工さんの凄腕により、ようやく形ができてきました。
2層分なのでとても迫力があるんですが、奥行きもあるから棚ではあるんですが、
なんか、住宅のパーツではないみたいな、、、、スケール感です。

3759.jpg

ちょっと土木的というか、人の暮らしのスケールよりも、
もっと大きな存在感。。。。


3760.jpg

どんなおうちも、そうですが、家は、人が暮らすものだから、
生活に関わるものは、人間のスケール感でできていきます。
でも、じゃあ、人間のスケール感だけしか身の回りにないか、、、、、?
っていうと、そうでもなくて、
見方をかえると、家は街にあるわけだから、街っていうスケールの中にそもそも暮らしているし、
もっと広げると、日本だったり、地球だったり、、、、、の上に家はあります。

3761.jpg

見上げると、大きな空があり、雲がゆっくり動いていて、
雨が降ったり、晴れたりと、大きな営みの下に家はあって、
時間だって、僕たちはまだ数十年しか生きていないけれど、
何百年、何千年の過去があり、同じくらいの未来があります。

ようは、いろんなスケールの中に、家があり、暮らしがあります。。。。

3762.jpg

かたや、リンタロウが学校で怒られてきてムカついたり、
「パパ、明日遊園地いくから、お金ちょーだい。。。。」ってノノからメールがきたり、、、、
という、超現実的というか、ちっちゃい暮らしもありますね、、、、。(笑)


どっちも大事。

その両方のスケール感を行ったり来たりしながら、いつも設計をしていて、
こういう風に、形として現れるスケール、形には現れないけれど、窓から見えるスケール。
現れ方は、いろいろですけど、あたり前の日常のスケールの中に、ちょっと違うスケール感が
入り込むと、なんか、とても特した気分になります。。。。


3763.jpg

なんていうか、意識のスケール感、とでもいうのかな、、、?
特に意識や気持ちはお安いモノで、気分次第でどこにだって飛んでいく事ができます。。。。
ブタもおだてりゃ、木に登る。


ゼンゼン違う話のようですが、
そーんなコトを、ちょーどさっきまでお邪魔していた飯島さんち
思いましたとさ、、、、、、。酔っぱらいつつ、、、、、、。
posted by 西久保毅人 at 23:09| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

我慢の晩夏

昼間のコトはよく知らなかったんですが、
学童保育を夏でやめたソラは、
ヒマでヒマでしょうがなく、毎日、友達と虫取りに明け暮れている模様。。。。

3766.jpg

これを聞いて、僕はなんか、嬉しくて、、、、。

実は、僕も子供の時、虫ばっかり探していて、
夏になると、虫の図鑑と、セミ取りが大好きでした。

でも、実は、僕がすんでたところは、なぜか超ど田舎のくせにあんまり
セミがいなくてですね、、、、、。ザリガニはアホみたいにいましたが、、、。

なので、街にあるおばあちゃんちのそばの公園が大好きでした。
セミがたくさんいたし、夕方いくと、セミの幼虫が、穴からでてくる
ところに遭遇しました。。。。

それが、楽しみで、おばあちゃんちにいくと、いつも1人でセミの幼虫探し、、、、。


だから、いまだに、夏に公園や木のたくさん生えてるところを通ると、
地面の穴をのぞくのが僕の習慣なのです、、、、。


しかし、
それで、自分の子供達が、虫好きになるか?っていうと意外とそうでもなくてですね、、、。

結構、子供達を連れて行った気がするんですが、
ノノもリンタロも、意外と、虫には興味うす、、、、、。

リンタロが、虫取りに行きたいーっていうとこなんか、聞いたコトもないな、、、、。

3764.jpg

と、まぁ、、、、ようは、子供は親の思うようにならない、というコトで、、、、、ですね、
それはそれで、別にいいんですけどぉ、、、、(涙)


、、、、と、最近はもう、ずいぶん打たれ強くはなってきた40歳なんですが。。。。。



と、そんな時に突然始まった、ソラのまさかまさかの、虫取り生活!!!!

たまたま、仲いい友達が虫好きの友達だったから、、、、まぁ、つきあいで、、、、、、

というような、流れらしいんですけどね、、、、。
本当に子供のやるコトって、よくも悪くもお友達に影響受けやすいですから、、、、。

しかしまぁ、、、、動機はともかく!

「自分の子供はぜーったいに、当然虫好きになるはずだ!!!」

という、絶対的な夢をあきらめかけていた僕からしてみたらですね、、、

そう、もはや動機なんかはどうでもいいのです!!!!

3765.jpg

僕からしたら、


「ありがとう、その友達くん!!!」


こんど会ったら、アイスとかジュースとかおごるからねっ!!!


って、感じです、、、。


しかし、こうなると、また僕の干渉したがりクセが出てきそうなんですが、
それはそれで、友達同士の楽しみに水をさしては、元も子もないので、
今回は、しばらくは、そぉーっと、そぉーっと、ですね、、、、、

この虫取り生活が、いつまでもいつまでも続きますように、、、、、
そして、将来、大人になっても、木の根っこの穴が気になってしょうがない
大人になりますように、、、。
と祈りながら、
傍観しておこうかな、、、と思う今日このごろです、、、、、。


う、、、、、苦しい、口出したい、、、、。手も出したい、ところですが、、、。
posted by 西久保毅人 at 01:03| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

花火

ここ数年ではめずらしく、ピアノの練習をまじめにしています、、、。
(僕的には、、、、。)

3771.jpg

といいつつ、ノノが2年生から初めて、もう中二だから、
、、、、かれこれ7年目に突入。

ノノはもう、圧倒的に上手くなったのですが、
僕はやってる割に、結局ほぼ、進歩せず、いまだにまず、楽譜にド、とかミとか、
音符すべてにあらかじめ書いててから練習するから、
いっこうに、楽譜を読めるようにはなりません、、、、でした。

、、、、この技は途中であきらめたんだけけれど、、、。

3774.jpg

でも、いちお、、、、、なんだかんだと毎年、1、2曲は発表会でレンダンしてきたので、
あっ、ちょっと上手くなったな、、、、って時期もあったんですが、
うっかり去年1年間、ほぼピアノに触れずにいたら、もうすっかり7年前に逆もどり、、、、(涙)

「、、、、花道はこの数ヶ月、異常なスピードで、上達してきた。
 だから、ここで休んだら、それを失うのも、、、、、また早い、、、、。」

てなで訳で、花道か、、、って感じです。(スラムダンクより)

そういう訳で、ゼロスタートの7年目の今日この頃。。。。
今は、来年の春にむけて、チャイコフスキーの何とかっていうのを練習中で、

4ページ中、ようやく1ページをクリアしたところ、、、。

だから、、、、、より一生懸命な訳ですが、
そういうおりの、先日のレッスン。

ケーコ先生はスゴいなぁ、、、って思うのは、
僕なんかに対してでも、一生懸命練習して、下手なりに努力して弾くと、
本気になって、教えてくれる、というか、先生の本気さが
ひしひし伝わってきます。。。

身振り手振り、全身を使って、
本気で教えよう、伝えようとしてくれます。。。少しでもいい曲になるように。

、、、、そのかわり練習不足だと、「はいはい、おしまい!」と、
冷たくあしらわれますが、、、、、、。


申し訳ないなぁ、、、と思いつつ、
そういうのに、逆にこっちが感動しちゃう。
ドキドキしてしまいます。。。。

3772.jpg

おなじく、ノノに対してもそうで、

「、、、じゃ、今日は感動させてよねっ!!!」

というような、感じ。

だれでもそうだと思うんですけど、僕も40年生きてきて、
誰かに「感動させてよねっ!」なんて言われたコト、
記憶にありません。。。。。。

でも、「失敗しないでね、」とか、「ミスタッチのないようにね」とか、
言われるより、その方が、絶対、ぐっ、ときますし、
気持ちを乗せて弾こう、って思います。(ノノがどう思ってるかは知りませんが、、、。)


感動。


もしかしたら、とても安っぽい言葉に思われがちな、昨今かも知れないけれど、
やっぱ、何するにしても、まず感動がなくっちゃね、、、、って改めて
思い知らされます。。。。

3773.jpg

さて、もうすぐ、僕も3年目の大学の授業月間。
大学もそういうえば同じで、
時々、僕も心から感動してしまう学生の作品や姿勢に出会います。

ピアノも勉強も、仕事も。

なんでも同じだけれど、感動って、どちらも本気になった時にだけ、
時々であえる特別な感情のような気がします。

両方同時、っていうのは、実際はなかなか難しいけれど、
始まりや、きっかけを与えるのは、いっぽうでもたぶん、大丈夫。


大きな花火みたいに。。。。
posted by 西久保毅人 at 01:17| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

あせあせドロドロあめあめ。

小さな子供達とサッカーをする時に、
ボールは浮かさない、ってルールを作るだけで、
結構、大人と子供が真剣にゲームをすることができます。

3775.jpg

それは、サッカーは、基本的に、足もとのスポーツ、
つまり、地面のスポーツだからで、
身長的には大きな差があっても、子供も大人も、みんな地面に
足がついているという意味では、同じだからです。。。。。って思う。


そういう意味で、バスケットみたいに手でボールをつかむスポーツは、
基本的に、空中にボールがあって、高いゴールにボールを入れるスポーツだから、
身長差というハンデが、ゲームにおいて無くなる事はありません。。。。。たぶん。



て、、、、、、、まぁ、そんなコトは、どーでもいいんですけど、、、、


「やっぱ、

 サッカー、たのしーっ!!!!!!」


って、昨日、久々、ソラの小学校のサッカーの練習に行って思いました。




、、、、、、、、、、、そんだけ、書きたかっただけです、、、。

3776.jpg

ちょーーど、夏のおわり、くもり空。
今にも、雨が降りそうな中、

汗びっしょり、
ドロドロで子供達と走り回って、
地面に転がって。

ちょーーど、
ヘトヘトになった頃に、
ぽつぽつと、恵みの雨。

雨がうれしい!

やっぱね、スポーツはね、、、、、
なんてったって空の下、グランドです!!!
posted by 西久保毅人 at 01:42| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

10年点検

春頃から、

「そういえば、そろそろ10年だなぁ、、、。」


そんな事を思っていました。

何がっていうと、独立して僕が初めて設計させていただいたおうちができてから、、、です。


3778.jpg

そうそう、板橋の星さんち。

行こう行こうって、思いつつも、なかなかうかがうチャンスが作れなかったんですが、
先日、ようやくちょっと近くまで行く機会があったので、
ぶらりと寄ってみました、、、。

、、、、、まぁ、いわゆる突然の、ぬきうちチェックです、、、(笑)

、、、、、、いい迷惑ですよねぇ、、、。


なんていうか、
別に行く前に一本電話すればいいじゃん、って話ですが、
留守電とかだったら、行かないかもだし、先にいないのが分かったら、
やっぱ。行かないだろうし。
いてもいなくても、とにかく今日は、行くと決めたのだ。

そんな、、、、、迷惑な話です、、、。


そんな超、迷惑な訪問者なんですが、

「あーら、ニシクボさん、ひさしぶりー。。。。どーしたの?」

と、相変わらず明るいゆうこさん。

「いや、、、なんていうか、、、そろそろ十年ですし、、、。
近くっていうか、、、、まぁ、正直、そんなに近くに寄ったわけでもないんですが、
今日は、行こうかなぁ、、、、と思って。。。。」

と、そんな訳で、
久しぶりに、星さんちにお邪魔させて頂きました。

、、、、、ほんとの邪魔ですね、、、。(汗)

しかし、10年。
これが長いのか、短いのか分かりませんが、
ちょうど星さんちの子供たちと、うちの子供たちはほとんど同じだから、
お互いに子供たちも中学生、小学生になって、
大人同士は、あいかわらず、変わらないつもりだけど、
子供たちは大きくなりました。

家も、もちろん古くなるところ、塗り直した方が良さそうなところも
、この先の10年を考えるとあるんですが、家の骨格というか、
設計させて頂く時に大事にしたところ、たくさん話したところは、
やっぱりいいなぁ、、、、と改めて思いました。

やっぱ、住まい方もふくめて、やっぱ、星さんちらしいなぁ、、、、と。

ちょうど、70平米くらいの敷地の建坪10坪の家。

、、、、なつかしい、10年前のドリームハウスの記事。

そんな中で、星さんと話しながら、車を止めても少しでも土が残るように考えたお庭。
ほんと、残せた土は、それでもほんの少しだったんですが、
10年経って、らせん階段や、建物が隠れちゃうくらいに育った紅葉やユーカリの木。

建物は、成長しないけれど、かわりにみずみずしい植物が家を豊かにしてくれます。

3779.jpg


一通り見せて頂いて、いろいろ当時を思い出しながら、
しばらくお話をさせて頂きました。
そうそう、星さんちには、最初から、第二弾の計画があったのです。

そろそろ子供たちも大きくなってきたので、子供部屋を少し部屋っぽくする計画。

10年経って、また設計させてもらったおうちに関われるのは、
とても幸せなコトです。
そして、次の10年のために、少しメンテナンスをしておいた方がいいところ等、
せっかくなので、メンテナンスも楽しくできたらいいなぁ、、、と思いました。



、、、、そうそう、
そんなコトを書きながら、ふと気がついたんですが、
実は、、、、、

このブログ、星さんちの完成後から、実はスタートしたんですよ、実は!

その頃は、まだブログってなかったんですが、
日付をみたら、スタートが、なんと2003年9月25日!!!

このブログも、そろそろ10年点検、かなぁ、、、、???

posted by 西久保毅人 at 22:56| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

100円玉で買えるぬくもり税

増税増税と、世の中騒がしいですね、、、。

まぁ、別に増税そのものはいいんですけど、
ふと、100円のものが、108円になるってコト??

って思ったら、増税そのものよりも、計算がメンドクさいなぁ、、、
と思いました。

3784.jpg

こういうのって、
大人は別にいいんだけれど、
子供たちの買い物は、ちょっとかわいそうだよなぁ、、、、。

だって、小学生低学年でも、108円もって買い物しないといけないんだもの、、、、。


ちょうどソラは2年生。

ちょうど近所に、100円の自動販売機があって、
時々、ジュースとか、コーヒーをを頼むと、嬉々として走って買いに行ってくれます。

「パパは、ブラック??ビトウ??」

100円玉、二枚持ってお買い物。
2つで、200円。


これが、120円の販売機だと、ちょっと計算が複雑になりますし、
走って、おつりを落としますし、
そもそも、おつりを取り忘れてきますし、、、、、、、。


3783.jpg

やっぱ、100円、ワンコインって、シンプルでいいよなぁ、、、。

もし、、、、、、

25年前に消費税が導入されれたら、
尾崎豊は、ミュージシャンになってないかも知れませんし、
名曲、15の夜は、きっとうまれていないでしょう、、、。

だって、100円玉で買えるぬくもり、ってのが、大切なんだから、、、。

やっぱさ、ワンコインの美学っていうのが、あるよなぁ、、、。


そして、小学生から、108円だとか、216円だとか、、そんな買い物してたら、
なんか、チマチマした大人になりそうです、、。


そもそも、絶対、計算間違うよね。。。。。
買い物、楽しくないよなぁ、、、、。

きっとまたこんなコトになるだろうし、、、。


3785.jpg

そんなことを考えると、
別に、大人の税金はいくらあげてもいいから、
せめて、たとえば小学生までのお買い物は、税金かからないとか、
500円までの買い物は税金かからないとか、、、、。

そんな感じで、子供たちには、とてもシンプルなコインと計算で、
初めてのお買い物が楽しくなるように、そんな感じにならないものかなぁ、、、。


、、、、などと、
そんなコトを、一円足りず、困った夜のコンビニにて、
考える40歳、、、、、。


名づけて、「100円玉で買えるぬくもり税」。


ぜったい、いいと思うけどなぁ、、、、。
posted by 西久保毅人 at 01:45| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

Hey、タケトーーーつ!!!

冗談みたいな話なんですが、
リンタロウのやってるミニバスのチームに、

ソラくん、って子と
タケトくん、って子がいます、、、、。(笑)

3787.jpg


ちょっとー、、、、、、なんかの嫌がらせー、、、??

だから時々、コート上の、5人中3人が、
リンタロウ、ソラくん、タケトくん、、、、ってコトがあってですね、、、、

まぁ、要するにですね、、、、。
体育館に、西久保家の男子3人、勢揃い、な訳なのです!
、、、僕、やった事もないのに、、、、。

そんな訳で、試合中、時々監督から

「そこ走れよ!!、ホラ、ソラーーっ!!  

 やる気あんのかっ!ぼーっとしてるなら辞めちまえタケトーっ!!!

 声だせ、リンタロウーーーーっ。!!!!」

って罵声が飛ぶシーンが、よくあってですね、、、、。

「、、、また、ボクとパパ怒られてるねー。。。。」

と、
ソラと一緒に見に行くと、ちょっと自分達が怒られてるみたいだし、
となりのお母さんたちも、くすくす、、、、って聞こえてきて
か、な、り、、、恥ずかしいのです、、、。


、、、、と、そんな訳で、
ますます僕のバスケへ苦手意識の膨らむ今日この頃。。。。


まぁ、監督だけならまだしもですね、、、、、
試合中に、

「タケトーっ!パスパスーーーぅっっ!」

しまいには、
「Hey、Hey、Hey、タケトーーーーっっっ!!!!」

と、リンタロウにまで、呼び捨てにされる始末、、、、。


、、、、、微妙、、、。

しかも、家に帰ってまで、「今日、タケトがさぁ、、、」
っていうから、


「、、、あのさぁ、、、、、、
 タケトくんは、リンタロウより長くやってるし上手なんだし、
、、、、、、、きっと、人格もすばらしいと思うから、

敬意をこめて
最低限、さん付けて呼べよな、、。タケトさん。。。

もしくは、パパ、もしくは、おとうさん。

、、、、、わかった??」


「、、、、うん、わかった。」

とリンタロウ。


しかし、試合中に、

「Hey、パパーーーーっっっ!!!!」

って言われるのも、、、、、。



ほーんと、人生、何が起こるか、
分かったもんじゃありません、、、、。

まぁ、面白いけど、、、。
posted by 西久保毅人 at 05:27| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

見上げるとノノがいる

うちは、お世辞にもきれいともカッコいいともいえない、
僕と同い年くらいの、ふるーい一軒家です。


ちょうどこの前、出かけようと玄関を出たら、上から

「パパっ」

と、ノノの声。。。。

見上げると、屋根の上にノノがいました。。。。

3789.jpg

僕たちの頃は、屋根の上、っていったら、ドラえもん。

こないだ見にいった「風立ちぬ」も、そういえば、主人公が
子供の頃、屋根の上で夢を膨らませていました。

そういえば、子供の頃、近くの神社でかくれんぼとかする時も、
公民館の屋根の上に登ってたなぁ、、、、、。

時々、建築の仕事をしていても、高い所が苦手な人もいますが、
僕にとって、現場でいちばんの醍醐味は、
なにより屋根の上に登れるコト。。。。。

上棟したら、我先にと屋根に登りますし、とにかく屋根の上に自由に登れる
っていうのは、僕にとって、この仕事のいちばんの楽しみです!


なんでしょうね、、、屋根の上って、、、、。
なんで、こんなにワクワクするんだろう、、、、。
まぁ、バカと何とかは高い所が好き、、、、、っていう典型なんですけど、、、。


たぶん、これがルーフテラスだと、ダメなんだよなぁ、、、きっと。。。

もちろん、それはそれで気持ちはいいんですが、
なんていうか、屋根の上と比べちゃうと、感じが出ないっていうか、、、、。


きっと少しだけでもナナメっていうのが大事なんだろうな、、、。

そして、手すりも何もない、っていうのも、大事なんだろうな、、、。

そもそも、登るための場所じゃない、っていう事が大事なんでしょうね。。。

要するに、
居場所としては作られててない、というコト。

落ちるも、登るも、自己責任の場所だから??

3791.jpg

、、、まぁ、とにかく、
理屈はともあれ、あいかわらず子供部屋もない、うちの生活環境の中では、
1人になりたい時にも、大人みたいに、ふらっと飲みに出かける訳にもいかないから、
子供たちにとっては、


「、、、、まぁ、家の上にのってる分には、

  、、、、、ぎりぎり家でしょ。。。。なんか文句ある??」


という、家の中でもなく、
かといって外なんだけど、街でもなく、、、、という
子供たちの行動範囲のちょーーど、家と社会とのギリギリ境界線のような
場所なのかも知れませんね。

屋根の上って。。。。。


大人は、空き地がなくなっただとか、
都会には子供の遊ぶ場所がないとか、、、、、。

いろいろ言うけれど、
子供たちの方が、実はいっつも一枚上手で、
どんな環境でも、魅力的な場所を発見していくものです。


ほーんと大事なコトは、
いっつも、子供たちを見て気づくコトばかりです、、、、まったく。
posted by 西久保毅人 at 02:10| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

バトンを落とす、という経験

そうそう、先週の土曜日は、小学校の運動会。

うちは、相変わらず2人通ってるので、
それぞれの出番を見るのが忙しいのです、、、、。

3人同時に小学生のご家庭は、もっと大変でしょうねー、、、、。

3792.jpg

ちょーど、運動会の前の日だったかな、、。

3793.jpg

「どう、リレーの調子は??」

「、、、まあまあかな、、、でも、いっつも3番。」

と、ソラ。


3795.jpg

「でもさぁ、、、本番で、敵チームがバトン落としたり、転んだりするかも
知れないじゃん。。。。

たいてい、サッカーのPKでも、リレーでも、
いちばん上手い人がはずすんだよね、、、、、。
それは、たぶん、ふだん失敗をしたコトがないからだとパパは
思うから、
練習では、本番にむけて、バトンを1回くらい、落としとく方が
いいと思うよ、パパは。。。」

「、、、、ふーん。」

、、、、、まぁ、そもそもパパは、リレーとか、出た事ないけど、、、。

3798.jpg

とかなんとか、、、、、、テキトーに話してたんですけど、、、、。

あらら、、、、やっちゃいました、、、、、ソラ。


ほーらね。。。。。。

3799.jpg

でも、エラいなぁ、、と思うのは、
バトン落としても、あわてながらも、
まぁ、一生懸命、走るコト、走るコト。。。。。

僕なんかは、そもそも、リレーの選手にすら選ばれたコトなかったし、
だから、そもそも大事なバトンをもらう機会もなければ、落とす事すらできなかった
暗黒の子供時代。。。。。


3800.jpg

それからしたら、いい経験してるなぁ、、、、2年生の分際で、、、、。

と、うらやましく思います。。。。。

3796.jpg

大人になっても、どんなに一生懸命やってても、
せっかくみんなで繋いだバトンを落としちゃうコトって、
時々、あります。。。。

みんなで繋いだものだからこそ、そのショックたるや、
そりゃぁ、大きいもんです。。。。。
でも、きっと大事なのは、そこからどうするかってコト。。。。


もう、勝負はついちゃったかもしれない。

思い通りのレースでは、もうないかもしれない。

こんなはずではなかったかもしれない。

3802.jpg

でも、そんなの全部分かった上で、
ぜーんぶ抱えて、全力で走りきるコト。
笑顔で走りきるコト。


そうして初めて見える世界があるのだと、僕は思います。
建築も、リレーみたいなものだから。。。。


その先にこそ、見た事もない、素敵な世界があるのだ、
と僕は思うのです。


、、、、、まぁ、でかいコト言う前に、
1回くらい、リレー出てみろ、って話かも、、、、、しれませんけどね、、、、、。(笑)
posted by 西久保毅人 at 02:39| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

風立ちぬの、『した』

こないだ、ソラと本屋にいたら、


「ほら、風立ちぬの、『した』があるよ。」


とソラがいう。


「、、、えっ、なに、 『した』って、、、?」

と僕が聞くと、

「ほら、これこれっ。

『した』ってさぁ、、、、、、なにが描いてあるんだろね??
でもさぁ、『した』があるってコトは、、、、、、

、、、、もしかして『うえ』もあるのかなぁ、、、、??」

と、ソラなりになにか妄想をしている模様、、、。

3803.jpg


まぁ、、、、、ホントそれだけのコトなんですが、
まぁ、そのうち、本には上(じょう)中(ちゅう)下(げ)っていうのが、
あるのが、分かるんでしょうけれど、
こういうのは、僕の方が、はっとします。


風立ちぬの、『した』って、どんな内容なのだろう??

そして、『うえ』とは、、、、?


知らない、っていうコトは、とてつもない発想とイメージにあふれています。。。。

posted by 西久保毅人 at 22:51| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

コスプレ王国

ちょうど、ソラの誕生日だったので、おもちゃを買いに吉祥寺へ、、、、、
のつもりだった、日曜の午後。。。。


ふたりで、オギクボ駅のプラットフォームで電車を待っていました。
よくある事なので、気にもせず、ソラから目を離していると、

「、、ああっ、パ!」

という、ソラの途中で消える叫び声にふっと振り向くと、、、、、

なんと、ソラが1人で反対方面ゆきの電車に乗ってしまっており、
ちょうど、扉の閉まるところ、、、、。(汗)

もはや、どうしようもありません、、、。

僕も、なんだかんだ、15年間くらい父親業をしているんですが、
こんなコト、、、、、初めてです!!!!!

で、ゆっくりと発車する窓越しに、

「次の駅で、降りて待ってて!!!! すぐ行くから!!!!」

と、ジェスチャーを交えながら伝えたんですが、そもそも声が聞こえないので、
やばい、、、、、とちょっと僕も焦ってしまいました、、、。

すぐに、駅員さんに、子供が間違えて1人で乗っちゃったので、
急いで車内放送なり、なんらかの方法で、次の駅で降りさせてもらえませんか?
と伝えたんですが、
若い駅員さんだったからか、そんな事はできません、、、、的な、まどろっこしい
応対だったので、ここで時間使ってもしょうがないと思い、
とりあえず、次の駅で降りてから、あとは考えよう、、、、
と、次の電車にすぐ飛び乗ったのです。。。。。。

「あぁ、、いなかったらマズいなぁ、、、、。」

とちょっとドキドキだったんですが、、、、、。

次の中野駅のプラットフォームに、無事、顔面蒼白のソラ発見!

ほっとしました、、、、。

「、、、よく降りて待ってたねぇ、、、どうして?」

と聞くと、

「、、、、なんか、パパが言ってた気がしたから、、、。」
と、もう泣く寸前のソラ。

ほーんと、こういうの、初体験だけど、
トウキョウはこわいなぁ、、、、、、って、思った日曜の午後でした。


さて、実はこれは、プロローグで、、、、、、。


意外と簡単に見つかったもんだから、気が楽になり、
「ほんとは、吉祥寺に行くつもりだったけど、せっかくだから、
中野で降りてみる?? あんまり来た事ないけど、おもちゃ屋さんあるかもよ。。。
吉祥寺は、日曜、混んでるし、、、、。」

という訳で、急遽、中野でおもちゃ屋さんをさがす事になりました。

もう、荻窪に15年以上住んでいるんですが、
なんか、中野って縁がなくて、すぐ近くなのにほぼ降りたコトがなかったですし、
用事もないので、ほーんと、近いのにこれまで無縁の街、中野。

そんな感じなので、何にも予備知識も、期待もなくブラブラしたんですが、、、、。

3814.jpg

、、、、、、、何、この街???

なんだか、いたるところに、ちょっと私服っていうには、あまりにも奇抜な
服装の人達、、、、。

3815.jpg

商店街を歩いていると、
なーんと、フツウに黒子のバスケのコスプレしたおねえさん達もいるじゃないですか?

3807.jpg


しかも、ジャージまで、、、、。しかも、帝光中学時代の、キセキの世代のコスプレをして!
他にまわりを見渡すと、
プリキュアやら、

3813.jpg

銀魂やら、
3810.jpg

よくかわかんないのやら、

3811.jpg

しまいには寅さんまで!

3812.jpg

最初はびっくりしたんですが、みんなあまりにもあたり前のように歩いているので、

、、、、、やっぱ、私服??なのかも知れません、、、。



なんていうか、、、、、、
僕は、この40年間、実は、コスプレっていうのに、結構、抵抗があって、
ずーっと先入観で見ていたように思います。
意味が分からないっていうか、、、人種が違うっていうか、、、、。

3808.jpg


でも、なぜか、いろいろあった日だったからからも知れませんが、
この日は、とても、コスプレが楽しそうに見えました。
ああ、こういう自己表現もあっていいんだなぁ、、、、って、
なんだか、すーっと、胸に受け入れられたのです。。。。

それは、中野だったから、かも知れませんが、
なんか、「いろんな人がいて、いろんな趣味の人がいるけれど、
どんな人でも生きて楽しむ権利があるのだ!」
と言うかのような、、、、そんな、街としてのフトコロの深さを感じたからかも知れません。。。

その風景が、あまりにも日常的で、あたりまえ、だったので、、、。

たとえば、僕なんかはキャプテン翼が好きで、サッカーを好きになったんですが、
マンガをきっかけに、そのスポーツを好きになる人もいれば、
その格好そのものに憧れて好きになる人も、結局は同じなんじゃないかと、、、、。

ようは、スポーツでも、ケンチクでも、音楽でも。
憧れる対象が、その見た目であっても、内容であっても、どっちでもいいんじゃないかと。。。


3814.jpg

なんであっても、夢がないよりは、
何かに憧れるっていうコトや、
本気で近づこう、、、その人そのものになりたい、、、、っていう想いを持てた人は、
みんな幸せなんじゃないかと。。。。。


まぁ、暑苦しいですが、
そんな風に、ほーんと、心から自然に思えてですね、、、、、、
男、40歳にして、遅咲きながら、
ようやくコスプレに興味を持ってしまいました、、、、。(笑)

、、、上京して、22年。
いよいよ、自分、
トウキョウの人になります、、。


、、、、しかしホント、今年は、いろんな趣味の増える年だなぁ、、、。

3816.jpg

、、、、、、と、そんな訳で、、、、、、

「、、、じゃぁ、そんな訳だからさ、パパとソラで、そのうちコスプレしようか??」

と、1人では、さすがにできないもんだから、
ソラをいちおう、誘ってみてですね、、、、

「パパと、ソラは、大きさが違うから、、、、、、
たとえば、ドラゴンボールの悟飯と、悟空がいいんじゃない??
、、、もしくは、天津飯と、チャオズ、とか、、、、。」

と、ソラの興味のありそうなキャラをチラつかせつつ、、、
目下、妄想中です、、、、、、。


「、、、、やるなら僕は、ボケモンがいい。。。。。」
らしいですが、、、。

という訳で、
リンタロウの誕生日プレゼントは、
僕の独断で、黒子のバスケのユニフォームに決定!!!

黄色のカツラ付きで、、、。
posted by 西久保毅人 at 01:36| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

こういう、場所

街には、道があって、建物があります。

大抵の住宅街では、
建物と建物のあいだには、すき間があって、その間にはブロック塀があったりします。

シキチの境界線というのがありますが、
これはたいてい、塀とかフェンスとか、生け垣とかで視覚化されていない限り、
目には見えないもの。

人は飛べないので、道を歩いている時は、いわゆる地面の高さに大抵いますが、
建物の中に入った時や屋外階段を登った時だけ、
ちょっとだけ空中にいます。
でも、中にいると、いまいち空中感はないですけど、、、。

もちろん、街にいけば、歩道橋とか、ビルとか、空中にいれる場所はありますが、
住宅地だと、なかなかそういう機会はありません。


さて、さっき書いた境界線。
これは地面のルールなので、地面の高さには、塀やらなにやら作りたがりますが、
高くても大抵、2m程度。

なので、それより上にいると、空中には、そういう視覚化された線はなくて、
みんなつながっているのが、よく分かります。

たとえば犬は、地面に生きているから、こういう人間のルールにしばられますが、
そういえば、ネコ達は、この2mより上の世界で生きているので、
こういうルールはおかまいなし。

むしろ、塀の上が、ネコの道。。。。。
縦横無尽に街を徘徊しています。

3817.jpg

工事途中の現場に建てられた足場の上にいると、
いつもネコになった気分になります。
自由自在に、建物のまわりを移動できるのもいいですが、
天気のいい日に、足場に座っていると、とても優雅な気分。

おとなりの屋根にだって、乗り移れそうです。

できるからといって実際に乗り移るかどうかはともかく、、、、
こういう気分になれると、
なんだか、気持ちが開放されていきます。

シキチが何平米とか、建ぺい率が何%とかっていうのを超えて、

「ああ、街に住んでいるんだなぁ、、。」

っていう気分になります。




僕はこういう場所が、いちばん好きだなぁ、、、、やっぱり。
こないだ書いた、屋根の上のコトとなんか、通じる場所。

ぎりぎり家とも呼べず、でも、街でもなく、、、、
そのどちらでもあるような場所。


、、、、、と、そんな訳で、
時には
完成しても、残しておくといいかも知れませんよ。。。。

こういう場所。

posted by 西久保毅人 at 01:19| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

もんもん。

足立区で工事中の渡辺さんの家。


台風やら雨やらで、なかなか工事が思うように進まなかったのですが、
工務店さんのラストスパートで、いよいよ大詰め。

3818.jpg


ようやく養生もはがして、全貌が現れました。

いたるところに、職人さん達の小技やひと手間がたくさん。

3821.jpg

丁寧な下地を見る度に、

「このままで、、、、むしろこのままの方が、いいかもー??」

と思いつつ、
どこまで仕上げるか?

仕上げるにしても、どの程度の質感で??

3822.jpg

というのを、迷いながら、決断していきます。

ケンチクは、
仕上げてしまえば、いくらでもピッカピカになるもの。


だから、
「どこでとめるか??」

という選択が実はいちばん大切なんだよなぁ、、、、、と
思いつつ、
これが、いちばん、伝えるのが、難しいんだよなぁ、、、と。
答えはないですからね、、、そもそも。

3819.jpg

だから、なんとなく、最近のキーワードは、

「一歩、手前。」

そんなコトを、現場で悶々と考える、今日この頃です、、、、。


悶々。。。。


そういえば偶然ですが、今日、大学の授業の日だったんですけど、
学生が、

「、、、ワタシ、なんだかぜんぜん作業が進まなくて、、、、、

ずーっと悶々としてます、、、。」

っていうからですね、、、

もんもん、ってさ、どういう、、、意味??

って、聞いてみたら調べてくれてですね、、、

「、、、ええと、、、、、悶え、苦しむ様、です。。。。

ワタシ、悶え、苦しんでます、、。」

とのコト。。。。。。。

素晴らしいなぁ、、、、って思います!!!

学生時代は、とことん、悶え、苦しみましょう!(笑)

僕なんか、、、、40才になっても、いまだに悶々としてるんだから、、、。
posted by 西久保毅人 at 02:22| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

ソラとノノの産卵

そうそう、夏に徳島にウミガメの産卵を見に行きまして、
ソラは、それを自由研究にしたんですが、それが区の何かに選ばれて
最近、展示されたので、見に行きました。

共働きだと、自由研究とか、付き合う時間がなくて、ノノもリンタロウも
ほったらかしだったので、そういう意味では西久保家、初入選!

3826.jpg

見に行って、感動して、ものを作るって、
それは、ある意味産卵に似ているコトかも知れません。。。。

それは僕の仕事もそうで、不思議なご縁でお客さんにであったり、
街や土地にであったり、職人さんに出会ったり、、、、。
いただく言葉や、表情に感動して、
いちいち出会う感動が、基本的にものを考えたり、実現していくための
一番のエネルギーです。

ソラを連れて行ったんですが、いろんな子供たちの作品を見て、また触発されたのか、

「あぁー、図工したくなってきたー!」

とまた産卵の前触れでしょうか、、、、。


3828.jpg

さて、ちょうど、日曜日。
ノノの中学の合唱コンクールがありました。
よくあるクラス対抗、みたいなヤツですが、1年生から3年生まで境なく発表して
学年をこえて金賞とか、銀賞とかが選ばれるやつらしいんですが、
去年、賞がもらえなかったのが、よっぽどくやしかったらしく、

「今年は、金賞以外、ありえないからっ!」

と、始まる前から、超、気合いの入れ様。

まぁ、合唱、な訳だから、
1人だけ気合いが入ってても、、、、、、と思うんですが、

3827.jpg

「あんたたち、金賞じゃなかったら、、、打ち上げとか、しないからねっ!!!」



と、こわーい女教師みたいに、どうやらクラスの男子達を叱咤しつつ、
時間さえあれば、友達と歌っていました。
ただでさえ、デカいんだから、、、、、怖いでしょうねぇ、、、男子達、、、。

小学生の授業参観で、先生にあてられて恥ずかしくて1人だけ泣いてたノノとは、
別人の様です、、、、。


そうそう、中2って、いろんな意味で微妙な年頃だからなぁ、、、。
人前で歌うのが恥ずかしいとか、一生懸命するのが、恥ずかしいとか、、、。
そんな子だってきっといるはず。。。。。

そういえば、中2の頃。僕もひねくれてはいたけれど、歌を歌うのは好きで、
ちょうど、仲の良かった大輔と2人で全校朝会で校歌を大声で歌う、っていうのを
やってたなぁ、、、、。そういえば。。。。。


さて、発表会も無事、終わり、
めでたく打ち上げも開催できたようで何よりですが、
本番も終わり、
ふと、家に放り出してあった、合唱のノノの楽譜を見て、
ちょっと感動してしまいました。。。。。

もう、書き込みの多いこと、多いこと。

3832.jpg

こんだけ研究してもらったら、歌をつくった人も、作曲冥利につきますね。。。。。
そして、ケーコ先生や、音楽を通して出会った人達から知らず知らずと
受けた影響や感動が、ところ狭しと書かれていて、
誰よりも、曲を理解しよう、っていう気合いが伝わってきます。。。。。

まぁ、ある意味、これもノノの産卵。

3829.jpg

別に音楽だけやっている訳でもなく、
バスケでも、いろいろあるだろうし、
勉強でもいろいろあるだろうし、
友達ともいろいろあるだろうし、、、、、。

まぁ、日々、忙しそうなノノですが、まぁ、毎日楽しそうで、
こういう時間がずーっとノノの中で続いていくといいなぁ、、、と
夜中に楽譜をながめつつ、思うバカ親でありましたとさ。

3830.jpg

3831.jpg

いいなぁ、、合唱。僕もやりたい。

設計事務所対抗、合唱コンクールとかないかなぁ、、、、。
posted by 西久保毅人 at 01:32| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

これが、いいの??

仕事をしていると、いろんな職人さんに出会います。

頼む立場からすると、

「いつもいつもメンドクサくてすみません、、、。」ていう気持ちもあるけれど、
そういうのを超えて、向ってきてくれる職人さんにはホント、感動します。

3823.jpg

ちょうど、年末に向けて工事中の長谷川さんの家。
こないだ、現場にいったら、床に何やらぽつぽつと、、、、。

「、、、これ、何ですか??」

と聞くと、それは今回計画している曲面の木の格子を固定するための手のこんだ細工でした。
固定の仕方は、タダでさえめんどくさい設計なのでお任せしていたんですが、

「くぎも見せたくないし、この方が後々も、ズレないしね。。。」

とのコト。

「あー、あと50本もめんどくさー。。。」

といいながら、丁寧に施工してくれていました。

3838.jpg

なんでもそうですが、僕たちは現場でも少しでも良くなるように、
そして、図面では表現できなかったコトが少しでも伝わるように、
と思って職人さん達と話す訳ですが、
「、、、そこまでこだわるの??」
って言われちゃうコトも、多々あります。。。

建築は、そんなところが考えだしたら無限にあるので、
「もう付き合ってられない、、、。」
と、言われないように、
いつも多少の駆け引きの気持ちももちつつ、いどむのですが、
ちょうど、先日、大工の齋藤さんと打ち合わせをしていたら、

「、、、で、ニシクボさん、これがいいの??」

とのコト。。。。。。。

3837.jpg

これが、いいの? と、これでいいの?

似た言葉だけど、意味は全然違います。

ようは、いろいろ大変なコトもあるけれど、
せっかく作るなら、意思をもって「これがいいです。」
と、言われたモノを作りたい、っていう、齋藤さんのメッセージ。

これでいい、って言われたモノを作るより、
多少大変でも、これがいい、って言われたものを作りたい。

そんな気持ちは、立場は違えど、実は僕たちも同じです。

これがいい、って言葉は、
何よりもまさるガソリン。
なんていうか、花道流にいうと、

「ダンコたる決意」

ができる瞬間。。。。。

3835.jpg

作る時は、ちょっと大変でも、その瞬間の決断が何十年も残ると思うと、
少しでも、後悔のない決断をしたい。

後悔のない、ってどういうコトかというと、
僕の場合は、
一歩でも、頼んでくれている人のイメージに近づきたい、っていうコト。。。。。

そいいう思いが、いつも完成の瞬間まであって、
なので、しつこい、何を今さら、、、、と思われる事も多々、あるんですが、
こんな風に最後の瞬間まで、

「、、、で、ニシクボさん、ホントにこれがいいの??」

と聞いてくれる大工さんの言葉に、嬉しくなってしまいました。

そのうちに、大工さんからも、

「、、、まぁ、大変だけどさ、、、ニシクボさんがこれがいい、って言ったコトは
 出来上がってみるとさ、、、、ホントにいいからなぁ、、、、。」

って言われるようになりたいなぁ、、、、とも改めて思いましたよ!
posted by 西久保毅人 at 23:14| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

はしる

3842.jpg
はしる




3843.jpg
はしる




3839.jpg
はしる




3840.jpg
はしる




3841.jpg
はしる





3846.jpg
はしる
posted by 西久保毅人 at 00:55| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

わがままな素材

先日、ぶらりとアトリエベガさんへ。
ベガさんは、ニコのポストや表札や金物や、、、最近は、こういう手すりの木まで
作ってもらったりと、、、、、、

3849.jpg

もはや、鍛冶屋さんの領域をこえて、いろいろお願いしている工房なんですが、
ぶらっといったら、工房の外に無造作に、いい感じの赤錆の鉄板が置いてありました。
かっこいいから、きっと何かに使うんだろうなぁ、、、と思って聞いてみたら、

「、、、夏に作ったらせん階段を切り出したアマリなんだよね、、、でも鉄の彫刻みたいでしょ。
 こんだけ厚いと、30年くらい外にほっといても大丈夫ですよ。」
とのコト。

3847.jpg

おぉ、、てコトは、
僕が何かに使っても、いいってコトですよね、、、、?

と、いろいろ妄想が広がります。。。


こういうのって、いざ設計して注文すると、とんでもなく高い制作費になっちゃうけど、
ようは、端材だから捨てちゃう時もあるんでしょうね。

鉄に限らず、木材も、材木屋さんに行くと思うんだけど、
図面通りのものを探したり、加工したりするのは、やっぱり値段も高いし、手間もかかりますが、
そういうのをはずして考えると、材料として魅力的なものは、実は安値でごろごろしています。

それは、八百屋さんや魚屋さんや肉屋さんもきっと同じで、
味は同じなんだけど、店前に並べるにはなぁ、、、、っていうものも、お店の人と仲良くなると
安くもらえちゃったりします。

僕たちは、設計、っていう仕事だから、まず図面をこしらえて、そこから物ができあがるんだけど、
こういう事を考えると、必ずしも図面を優先する事がいいともいえないコトもたくさんあります。

3848.jpg

設計や図面は、もちろん大事なんだけれど、
もっと手前の素材との出会い。

結局ケンチクは、素材の集まりなんだから、たとえば、どうしても使いたい丸太があったり、
どうしても使いたい鉄板があったり、石や扉があったり。。。。。

そういう、加工してしまうと魅力を失うような、わがままな素材を前提に設計をしていくと、
もっと空間は楽しくなりそうだなぁ、、、と最近思います。


もっといろんな素材のそばで、仕事をしたいなぁ、、、。

posted by 西久保毅人 at 01:33| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

秋です!

秋です!

3856.jpg


3854.jpg

稲城市で工事中の長谷川さんの家は、完成にむけて、先週末にセルフペイントをしました。
やっぱり自分達の家の少しの塗装を、自分達で行なうっていうのは、
なんていうか、、、、

家がすぅ、、、っと、

急に自分達のものになっていく、瞬間のような気がします。。。。。



3850.jpg

3851.jpg

さてそんな訳で、今週の日曜日11/24(日)に、
オープンハウスを予定していますので、内覧ご希望の方は、
下記までお問い合わせ下さい。

niko@niko-arch.com

高台にあるロケーションを、そのまま手に入れたような、とても気持ちのいいおうちです。


いつも案内をお送りしている皆様にはですね、、、
おそらく水曜日頃には、案内をお送りする予定です、、、、。

3852.jpg

、、、ようするに、これから作る訳なのです、、、、(汗)
posted by 西久保毅人 at 07:44| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

オープンハウスのお知らせ

オープンハウスのお知らせです。

3857.jpg

なんだか、ホームページの調子が悪いので、こちらに載せておきますね。

内覧ご希望の方は、
下記までお問い合わせ下さい。

niko@niko-arch.com
posted by 西久保毅人 at 10:50| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

曽根さんの家、上棟式!

ちょっとパソコンの調子が悪くて、
写真作業がスムーズに進まない今日この頃、、、、(涙)

買い替え時かな、、、。

3861.jpg

という訳で、遅くなりましたが、先日、ニコ初の、関西は神戸市で進行中の
「曽根さんの家」がめでたく上棟を迎えました!!!!

3859.jpg

曽根さんにはじめて御連絡を頂いたのは、実は3年くらい前です。。。
その頃は、まだ遠方の設計をさせていただいた事がなかったので、
連絡はいただいたものの、ホントに実現するのかな、、、??と
半信半疑だったのを覚えています。

3858.jpg

でも、なんだか不思議だなぁ、、、、と思うのは、
香川の竹安さんちの時も感じたんですが、
お会いすると、「なんだか、初対面の気がしない、、。」というか、
実は、どこかでお会いした事があったんじゃないかなぁ、、、、
、、、、実は親戚??

というような、不思議なカンカクがありました。

、、、、まぁ、曽根さん達がそう思ってるかは知りませんが、、、、、。

3860.jpg

それは、なんていうか、実際の距離が離れていればいる程、
実はこういう出会いがあるのかも知れないなぁ、、、と時々思います。

不思議なコトですけれど、、、。


3863.jpg

さて、そんな僕の一方的な思い込みで設計させていただいた曽根さんの家も、
いよいよ上棟!
とにかく敷地がながーーーくてですね、、、、
こういう時は、図面や模型で見てても、どうもカンカクがついていかない
部分があるんですが、上棟してみて、実際に中に入ると、
想像以上に広々と、地域に馴染んだ家になりそうだなぁ、、、と
確認するコトができましたし、

3864.jpg

曽根さんちのわんぱくな3人の子供たちが、
今と変わらず道ばたで遊び、どこでも野球が始まって、泥だらけで
帰ってきて、、、、、、とそんな暮らしが眼に浮かぶようでした!

完成が楽しみです。

3866.jpg

さて、少し肌寒い中、
あつあつの手作りおでんの上棟式。

3867.jpg

はじめての関西の職人さん達ですが、みなさん気さくでノリのいい工務店さん
とも出会えましたので、あとはスムーズに工事が進むのを願うばかり。

3865.jpg

春の完成に向けて、よりいっそう曽根さんちっぽくなっていきますように!
posted by 西久保毅人 at 01:55| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

XMは、ドMです。

「あのさぁ、、、、。

 エックスエルとかあるけどさぁ、、、エックスエムっていうのもあんの??」

と、リンタロウ。。。。

「、、、、、。


エックスMは、、、、、、、


ドMってことじゃない。。。。つまり。」


3869.jpg

、、、という訳で、リンタロウもめでたく12歳。

ノノもソラも、意外と欲しいモノが分かりやすいので、
誕生日とかのプレゼントは選ぶの楽なんですが、
リンタロウは、イマイチ分かりにくくて、、、、。

聞くとゲームとか、ケータイとかいうので、
せっかくバスケに夢中になってるコトだし、、、、、
そんな訳で、迷ったあげく、、、、、


湘北高校、ルカワのユニフォーム。



まぁ、迷ったっていっても、、、、、
花道にするか、黒子のバスケの黄瀬にするか、青峰にするか、火神にするか、、っていう程度ですけど。



「まずは、日本一の小学生になりなさい。とりあえず、、、、。」


という想いをこめて。。。。
posted by 西久保毅人 at 01:59| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

長谷川さんの家

先日、気持ちのいい秋晴れの中、「長谷川さんの家」のオープンハウスを
行ないました!
急なご案内だったんですが、とても気持ちのいい日和の中、
たくさんの方に来ていただきました!

3901.jpg
外観(2階にぐるりと縁側がまわっています。)

ずいぶん、写真のアップが遅くなりましたが、いつものように
大量の写真の海に溺れていただけです、、、、。


3924.jpg


3892.jpg
1階のクローゼットより玄関を見たところ。

3871.jpg
2階に登ったところ。


3874.jpg
1階ガレージの扉は黄色に、長谷川さんのマーク付きです。

3875.jpg
2階の洗面所から浴室を見たところ。

さて、長谷川さんの家は、東京の稲城市という、新宿まで30分程度の場所なんですが、
その風景は、なんだか里山のように牧歌的で、のんびりとしたとても素敵な場所です。
最初にシキチに訪れた時、

「あぁ、この場所、欲しいなぁ、、、、。」

と率直に感じてしまいました、、。

3877.jpg
2階縁側からのながめ。いいなぁ、、。

もちろん、手にいれる土地の広さそのものは、一般的ですし、建ぺい率も40%と、
たくさん建てられる訳でもないんですけど、手に入れる風景や景色は、都心では
なかなか手に入れがたい雰囲気です。

いいなぁ、、、、。

3925.jpg


と、そんな印象から始まったので、
長谷川さんのイメージをふまえつつ、いかにこの場所で感じられる風景や、
気持ちのいい感じをそのまんま手に入れるか?ってコトを一番に考えさせていただきました。

3876.jpg
2階屋根裏へ登る階段と奥は浴室です。


家に対する長谷川さんに頂いたイメージも、初めてチャレンジするようなものでしたが、
なんだか、とても共感するところも多くて、
結局完成まで、あいかわらずジタバタとしてしまったんですが、プランや断面図だけからは
想像できないような、楽しい家になりました。

3878.jpg

オープンハウスでいろいろ質問を受けるんですが、

例えば、「この照明は、どうやって決めたんですか??」

「、、、うーん、長谷川さんの想いのままに、、。」

「この色はどうやって決めたんですか??」

「、、、うーん、長谷川さんの想いのままに、、。」

「このタイルは、、、、、、??」

「、、、うーん、長谷川さんの想いのままに、、。」


3879.jpg

という具合で、答えれば答える程、

「ぼくたち、何にもしてないなぁ、、、、(涙)」

という相変わらず、施主力だよりのニコ設計室な訳ですが、
そんな具合で、たくさんの初めてのコトにチャレンジさせていただき、
僕たちも楽しませていただきました!

3880.jpg
2階台所よりながめた感じです。

3921.jpg
外観(道路から見たところ。)

「、、、えと、

玄関入って、右は、洋服屋さん、左はバイク屋さん。。。みたいな。」


っていうちょっと住宅の要望とは思えないようなイメージも、
長谷川さんならでは。
いつも脇役になっちゃうクローゼットを主役の衣装室にしたり、ぐにゃりと曲がった
格子の寝室も、出来上がると、とっても長谷川さんちぽいなぁ、、、、と
思いましたよ!

3882.jpg
1階寝室から、衣装室と作業場を見た感じ。

3926.jpg


家づくりは、ある意味共同作業なので、
いろんなコトを考えながら、決断したり、ちょっとしたさじ加減を調整したり
するんですが、これから生活が始まって、どんどん長谷川さんちっぽくなっていくと
いいな、と思います。

3883.jpg
1階衣装室と寝室の雰囲気。



3884.jpg
2階縁側からの竹林の風景です。

しかし、何度、訪れても素敵な風景です!

3886.jpg
2階インナーテラスより台所をみたところ。

3887.jpg
2階台所はコの字プランで、流しはタイル、コンロはななめなスレンレス。

3923.jpg
道路より、細田くんを見上げたところ。。。



3888.jpg
2階のインナーテラスからの風景です。


3890.jpg
1階トイレは、ピンクと草むらペンダント。


3922.jpg
風景に大きく開けた外観。2階の縁側がのどかです。

3893.jpg
1階、寝室と衣装室はぐにゃりとしています。

3894.jpg
1階、ミシンを置いたりするところです。


3897.jpg
2階、街とちらちらつながるといいなと思います。

3899.jpg
2階、全開口の引き戸は気持ちいいですね。

3900.jpg
外観。いろんな扉、いろんな高さがあります。

3891.jpg
そうそう1階ガレージは、赤、クロ、グレーです。。

3902.jpg

3903.jpg

3904.jpg
道路からの出会い方はこんな感じ。
3905.jpg
1階玄関から寝室側を見る。


3927.jpg

3907.jpg
1階玄関より。

3908.jpg
同じく。

3909.jpg
2階の浴室は黒っぽい石のタイルです。

3910.jpg
2階の浴室。ガラスの向こうはインナーテラスです

3911.jpg
2階のインナーテラスは、扉がなくなって外みたいな場所です。

3913.jpg
2階浴室より見返すとこんな感じです。

3914.jpg
2階階段より見返すとこんな感じです。

3915.jpg
2階インナーテラスの夕方です。

3916.jpg

3917.jpg


3918.jpg
そうそう1階階段の奥は、バイクガレージです。

3919.jpg


3920.jpg
1階玄関からの夕方はこんな感じです。

posted by 西久保毅人 at 02:15| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

くるくる鏡

先日、完成した渡辺さんの家のためにデザインした
くるくる鏡を、アトリエベガさんに取り付けていただきました。

3932.jpg



3933.jpg

ベガさんには、とても細かく注文する時もあれば、
いろいろ話して、あとはお任せで、、、、、という感じで注文する時とがあるんですが、
今回も、

「、、、、て感じで、くるくる回る鏡にしたいんですが、、、、。」

という注文の仕方をしていたら、
鏡の裏側を、こんな風にしてくれました!

3928.jpg

鏡をくるくるまわす支柱を植物のツルに見立ててくれたそうですが、
とても素敵な裏側!



任せるって、とても難しいコトですし、全部責任を持つ、っていう立場からすると、
ちょっと無責任なのかな、、、、とも思いますが、
ちょっと視点を変えて、

「ご家族に、いろんな人の想いのこもった、とても素敵なものをプレゼントする。」

っていうコトを最終目標にすると、作り手と、ある程度の価値観の共有があれば、
あながち僕たち設計者が決めすぎない方がいい場合もとても多いなぁ、、、、と
思う事もたくさんあります。

3929.jpg

渡辺さんにも、とても喜んでいただきましたし、

こういう仕事をして頂くと、

「、、、じやあ次はベガさんに何を頼もうかなぁ、、、。」

と、僕たちの妄想も、どんどん広がって行くのでした。。。
posted by 西久保毅人 at 00:08| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

問題を見つける、ということ

気がつくとあっという間に、
今年の明治大学での授業も後半戦。

最初の年には7人だった西久保班も、去年は10人、今年は13人と増え、
まぁ、人数増えた分だけ大変といえば、大変なんですが、
みんなそれぞれに、個性的なテーマに対する向きあい方をしてくれて、
それぞれに、悩み、苦しみ、
僕も毎回、いろいろな発見をさせてもらってます。

ほーんと、みんなそれぞれ。。。。

3934.jpg

3年生の後期は、自分で好きな課題を選べるしくみになっていて、
まぁ、いろんな動機で、僕の課題を選んでくれたみたいですが、
実はたぶん、僕の課題が実はいちばん大変なんじゃないかなぁ、、、、と
やってみてそろそろ気がつきはじめている後半戦の学生たち。。。。


3935.jpg

なんでかっていうと、
建築学科の設計課題って、
たいていそうなのですが、まず設計すべき敷地や、条件が与えられる事が
ほとんどなので、少なくとも学生達が、そこを決めたり、迷う必要はありません。
これは結構、あたり前のコトではあるんですが、
それは学年が上がってもたいてい同じですので、ある程度、同じ土俵の上での設計となります。

3936.jpg

でも、僕は自分で授業をさせてもらう事になった時に、
せっかくなら
その敷地そのものを探したり、何を作るべきか、何を作りたいか、、、、

つまりは自分は、はたして何に興味があるのか?
自分は、何が、どーしてもゆずれないのか??

という問題そのものを探してもらう事を課題としたかったので、
提案する「街」を決めただけ、という課題にしました。

3937.jpg

問題を自分で見つける、っていうのは、
実は結構たいへんな事です。

問題なんて、与えられた方がよっぽど楽で、
普通の設計の授業なら、そんなに悩まなくても
器用さと、ちょっとした分かりやすいアイディアでのりきれる事もあるんですが、
問題を見つけるっていう事は、
実は自分と向きあうっていう事が必要だからです。。。。

3938.jpg

同じ街をフィールドにしても、
その街で何を感じるか、何に気がつくか、っていうのは、
ホント人それぞれ。

だって、自分が感じた事が、問題そのものなのだから、、、。


3939.jpg

だから、同じ授業なのに、
学生達の提案は、ほーんと人それぞれ。

どういう事に気がつくかなぁ、、、っていうのは、少しは僕も事前に想定するんですが、
毎年、想定をこえていく学生の発見に、僕も驚かされます。


3940.jpg

かたちにして表現しやすいテーマ、かたちにはどうしても表現しにくいテーマ。
生き物のような街がフィールドなのだから、必ずしも形あるものだけが、
正しいとは限りません。

だって、街は、なにも建築だけでできている訳ではなくて、
道や植木や看板や、街灯や、においや、お店の人や、通り過ぎる人達や子供たち、
聞こえてくる音楽や、明かりや、、、、そういうありとあらゆるもので構成されて、
生き物のように常に動き続けているもの、そのものが街なのですから、、、、。

3941.jpg

ついつい、建築学科というフィールドにいると、
建築物だけですべてが解決されると考えがちです。

でも、実は建築学科にいる人よりも、そうでない人が圧倒的に多いように、
設計の仕事をしている人よりも、そうでない人が圧倒的に多いように、
街のにぎわいや、雰囲気や、愛着をもたらす要素も、建築だけとは限りません。
むしろ、ケンチクはその、一要素でしかありません。

3942.jpg

僕たちがかかわる街やケンチクは、
専門家だけに評価されるものではなくて、街の人達、子供たち、みんなに
愛されるものだになるといいなぁ、、、といつも思いますし、
そういうものだけが、結局はずっと愛され、残り続けていくのではないかなぁ、、、と
思います。
それは、住宅でも、お店でも、ビルでも、、、きっと何でもそう。
モノだから構造的な強度も大切だけど、それは何十年も残り続ける理由では、実はないのです。

3943.jpg

そんな訳で、
西久保班の子達も、発表までのラストスパートにむけて、産みの苦しみ。

「はたして自分は何をしたいんだろう? 何に興味があるんだろう?」

っていう事に、今回もみんな素直に向き合ってくれていて、
そのせいで、

「、、、、ぜんぜん時間がたりません、、、、。」

て、感じみたいなのですが、

、、、、、、、、、最終発表がとても楽しみです。
posted by 西久保毅人 at 02:48| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

えんがわ



ちょうど、先日、ご相談に来ていただいた御夫婦とのお話の中で、
いろんなエピソードや、要望をうかがったんですが、

「、、、そうそう縁側、好きです。
えんがわ、っていう、、、、ことばも好きです。。。」

って、いうひと言が、とても印象的でした!

えんがわ。

縁のある側

っていうコトですよね。

ついつい、ここは縁側で、、、、、って、決まった場所のしつらえのように
使ってしまう言葉ですが、
きっとホントは、なにかの縁のある場所、
なにかとなにかを結びつける、縁をつなげてくれる場所、、、、
そんな意味を込めて呼ばれた場所だったのでしょう。

えんがわ。

えんのあるがわ、って思うだけで、
いろんな妄想がひろがっていく言葉でした!


こういう意味では、この場所も、

「えんのある、がわ」かなぁ、、、。
佐藤さんの家。

3945.jpg


posted by 西久保毅人 at 01:37| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

タイミング

さて、
ようやく、年末のビッグイベントのクリスマスが終わりました。

ふー、、、、、。肩の荷がおりた、、。


3949.jpg

ところで、、、、、。
サンタさんの秘密を子供たちにいうタイミングって、
どうしているんでしょうか、、、、普通の家は、、、、??
と、今回ふと思ったんですが、、、、、どうしてるんでしょうね、、。

うちの場合は、
中学二年生から、6年生、2年生、という年齢構成なので、
まぁ、ノノとか、リンタロウは、もはや、

「あぁ、めんどくさ、好きなの買ってよ、クリスマスくらい。。。」

という感じなんでしょうけど、
ソラが2年生だから、あと数年くらいは、サンタさんのプレゼントを楽しみに
させてあげたいなぁ、、、、と思っています。
そんな、親の心境を知ってか知らずか、ノノもリンタロウも、
ソラも前ではあまり露骨にクリスマスの事を話しません。。。

この、微妙な、空気、、、、、、、どうしたらいいんでしょうか、、、、??


さて、
ソラはソラで、
欲しい物はいっぱいあるようで、なんとか想いを届けようと、
クリスマス前は、サンタ探し。

そうそう、実は、こう見えて、僕は割とまめに毎年毎年、
ノノが産まれてからだから、かれこれ15年程、誰も欲しがらないクリスマスカードを
書いてるんですが、以前ノノに書いたカードを見つけたソラは、
そこに書いてあった、「ののちゃんへ」の筆跡に目を付けて、
大人を見つけては、
「、、、ねぇ、ちょっとさ、、、、ちゃん、って書いてみて。」
と、いろんな人に書かせて、サンタ探しをしていた模様。。。。


まぁ、そんな感じの、、、、複雑なクリスマス前の西久保家ではあります。

はて、、、自分の時はどうだったかなぁ、、、、と思うと、
何年生だったか、忘れましたが、ある日、棚の上に置いてあるガンプラを
見つけてしまったのが、僕のクリスマスの終わりだったような、、、、、。
うろ覚えですが、、、、。
そして性格の悪い僕は、きっと幼い弟に、そうそうと事実を教えた事でしょう、きっと。


そ、そんな自分の過去は完全に棚に上げてですね、、、、
父親になった僕としては、とにかくクリスマスは、サンタさんがプレゼントを持ってくるものだ、
という、ゆずれない一線があるというか、
そうでなかったら、プレゼントあげないからね、、、、、といか、
もはや、15年も続けているため、やめるにやめるタイミングを
完全に見失って迷走しているというか、、、、、(笑)


完全に僕の自己満足。
、、、、、まぁ、そんな12月、、、、。

という訳で、毎年、年末で忙しい時期に、
クリスマスプレゼントについて頭を悩ませる訳ですが、
やるからには、徹底的に、というのも、ありまして、、、、。

プレゼントを買うまではまぁ、いいんですが、
どうやって渡すか?っていうのも大切です。

まぁ、要はラッピング。
やっぱ、サンタって外人だから、外国からっていう設定にしないといけないので、
読みもしない英字新聞を買って包んだり。
リボンとか、包みとか、、、、、、。ディティールにもお店で買ったんではない風のこだわりが大切です。

そして、毎年恒例のクリスマスカードですが、、、、。

どうも、今年は、ソラの「ちゃん探し」があったため、
もはや日本語では疑われる心配があります。

サンタの危機です。

なので、今年は初の英文に挑戦!
、、、、もはや、ソラが読める読めないよりも、「、、風」にこだわる2013です。(笑)
しかも、中二のノノにも、「これは、もしや、、、ホントに。。。」となるように
筆記体で!


さて、こういう企画は立ち上げたとして、
一番のポイントは、こういう、男として、恥ずかしーい作業をどこでやるか?というコト。
まさか、家でやる訳にはいかないし、
以前は、事務所で、みんなが帰ったあとでこっそりやってたんですが、
最近はみんな遅くてそういう訳にもいかないし、、、、。
僕がかわいいリボンのラッピングをしている姿をさすがにスタッフに見せる訳には
いきません。。。。。威厳に関わります、、、、。

しかし、そんなに残された時間はない。

、、、、で、
実は今年、僕がひらめいた穴場ラッピングスポット。

安くて、広くて、机が大きくて、40歳の男が1人で英字新聞を広げて
可愛いラッピングをしてても怪しくない場所、、、。

そう、カラオケボックスです!

一人でカラオケボックスに入る事については、
実は歌の発表会の練習で、何度か経験済みのためこれはクリア済み。

あそこなら、個室だし、テーブル広いし、、、、、、
まさに、落ち着いて一目を気にせずラッピングをするのにもってこいです。

我ながら、ナイスアイディア。


そんな訳で、無事ラッピングも完了しました!
これからお父さんになる人には、
今回はなんという、ためになる情報満載でしょうか!!!


以上が、まぁ、ひくにひけない父親の苦労話な訳ですが。。。。。。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
さて、当日。
クリスマスイブの夜は、心なしか住宅街の明かりがいつもより暗い気がしました。
きっとどこご家庭でも、サンタさんを待って、早くお布団に入っているんでしょうね。
きっと。

家に帰ると
いつもはたいていどこか電気つきっぱなしの西久保家も、
年に一度の全消灯。

真っ暗でした。

そーっと家に入ると、テーブルの上に小さな小さなろうそくのような明かりが
ひとつだけ乗っていました。
あんまり暗いとサンタさんが分からないから、、、、という気遣いでしょうか?

3950.jpg

よく見るとテーブルの上には、クラッカーやら、ケーキのお皿やら。
クリスマスイブを楽しんだような、子供たちの可愛い残りもの。



正直言って、この年の瀬に、東急ハンズでラッピング道具を買ったり、
1人カラオケボックスに行ったり、、、、と、結構大変といえば大変です。

でも、なんか、
一年に一回、そういう日があってもいいかなぁ、、、とも思いますし、
同時に、あと何年できるかなぁ、、、、、とも思います。

朝起きて、プレゼントを見つけたら、どういう顔をするだろう。
ソラは今頃、サンタさんの夢でも見てるかな、、、。

そんな妄想を夜中に1人でできるのも、あと何回かなぁ、、、、、。
大変ですが、とても贅沢な楽しみを僕がさせてもらってるのかも知れません。



サンタがいるとかいないとか。
クリスマスは日本人に関係あるとかないとか、、、。

まぁ、そんなコトはどうでもいいんですけど、
そのうち、子供たちがいつの日か、親になったら、ぜひぜひサンタになってもらいたいなぁ、、、
とは思いますね。


その時、実は、サンタが子供たちにプレゼントをあげているんじゃなくて、
実は逆にサンタさんの方が、子供たちから、こんな幸せな時間をもらっているのだ、
という、クリスマスの秘密にようやく気がつくことでしょう!


と、そんな、相変わらずの自己満足と無意味な達成感にひたる、
2013年の年の瀬の40歳でありましたとさ。

おしまい。























posted by 西久保毅人 at 22:22| 2013年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする