2021年03月01日

ニコの、それからそれから、、、、。

家づくりの仕事の楽しいところ。
それは何を隠そうたくさんのご家族と出会える事です。

たくさんの街や敷地と出会える事や、職人さんたちと出会える事も魅力なのですが、
どっちか選べ、って言われると僕の中でのナンバーワンは、
やっぱり依頼主であるたくさんのご家族との出会いかなー。

10007.jpg


独立してまもなく20年になるのですが、それがこの仕事にいまだに取り憑かれている
原因でもあります。敷地条件はある程度似たものもあるんですが、出会うご家族は
本当に十人十色というか100人100色。
もちろん人間同士なのでやっぱり相性っていうのもありますが、
ご家族も100人100色のように、建築家も本当に100人100色なので、
きっとベストマッチングがどこかに必ずあります。僕とは180度も、200度も考え方の違う建築家の方も
世の中にはたくさんいらっしゃいますのでご安心ください。


さて、僕は小説やマンガが子供の時から好きです。要するに物語(ストーリー)を読んだり、想像したりする事が大好きで、
僕の人生、振り返るとほとんど小説やマンガに導かれ、勇気付けられてきたように思うのですが、(もちろんテレビドラマや映画も!)
家づくりの楽しいところは、なんといっても
ご家族の物語(ストーリー)に出会える事!
さらには、その土地とご家族の結びつきの物語です。
しかし残念ながら、大学の建築学科の授業ではこんな面白い世界があるなんて
おそらく知ることができないんじゃないかなぁ、、、。僕もそうでしたので家づくりの世界がこんなにも
興味深い物語に満ち溢れているなんて想像もできませんでした。

10004.jpg

どのご家族もみなさん自分の事を「ふつうなんですけど、、、。」って思われがちなんですが、
ほーんと僕にとっては出会う人出会う人すべて興味深くて、「ふつう」のご家族なんてどこにもいません。
そもそもふつうなんてありませんからね。自分が思ってるだけで。

だからみなさんが僕にとっては

「ふむふむ、それからそれから??」って聞きたくなるご家族ばかりです。

それもそのはず人が何十年か生きてきただけでも面白いのに、それがカップルになったり、家族になったり、
組み合わさったり、別れたり、、、ってするだけで本当にオリジナルの一大ストーリーだなーっていつも思いますし、
そんなプレイベートなご家族の物語にしばらくの間、寄り添えるのはとても特権だなーと
思います。

へー、そんな考え方あるんですねー。
へー、そんな職業あるんですねー。
へー、そんなな仕事の仕方考えもしなかったです。
へー、そんなお父様だったんですねー。
へー、そんな出会いあるんですねー。
へー、そんな場所があるんですねー。
へー、そんな食べ方あるんですねー。
へー、そんな調理法あるんですねー。
へー、そんなにお酒飲むんですねー。
へー、そんな音楽あるんですねー。
へー、そんなライフスタイルあるんですねー。
へー、そんな人生あるんですねー。

と、知れば知るほど「へー」ばっかり。とても楽しいのです。


さて、
物語には、完結するものもあれば、続・指輪物語とか、ドラゴンボールZ、とか
完結したはずの物語の続編が始まる事もありますよね。


とはいえ僕は家づくりは大変なお金がかかりますので、案外一話完結形式なんですが、
長く続けていると時々思わぬ形で、続・家物語が始まる事が時々あります。


ご家族の「さらにそれから、それから、、、」にまたおつきあいできるなんてもう、
なんという幸せ!


家づくりの仕事の楽しいところ。
それは何を隠そうたくさんのご家族の物語と出会える事。
そして描いた物語はずっと続いていくという事なのです!

10005.jpg


それから、それから、、、。
posted by 西久保毅人 at 13:54| 2021.3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

必殺仕事人!



今の世の中、いろんなウエブサイトやサービスができていて
僕たち設計事務所を紹介していただくためのサービスもたくさん生まれています。

僕も知ってますよ、もちろん。。。。

そしてそういうサイトを活用するのがいいに違いない!っていうのも
もちろん知っていますし、その方がいろんな方との出会うチャンスが広がることも知っています。

でもですねー。
そのためには写真をアップしたりとか、キャプションを書いたりとか、、、、っていう
何かしらの「ひと手間」っていうのが必ず必要でしてそこが僕みたいなグータラ設計事務所には
腰が重いのですよねー。
なので、ご紹介いただいたり、掲載しませんか?っていうお電話やお話まではいただくので、

「マジっすかいいっすねー!!!!」

ってまでは思うのですが、電話を切った瞬間、気がつけば1ヶ月、2ヶ月、、、、。。

まぁ、そんなもんです。
設計事務所なんて。

という訳で、存在は知ってるけど、そういう所にほぼ掲載せず、掲載している所には、

「ニシクボさん!、あんまりアップしないと、もう潰れたのかと思われますよ!!!」

とご指摘をいただいたりするのですが、それでも一向に動く気配のないニシクボさん。。。

そんなある時、プラナビさんという所から連絡をいただきました。
でもそんな状況のため、まぁ話は聞いても同じように掲載することはないだろうなぁ、グータラだから、、、と
思っていたのです。

でも、このプラナビで会いに来てくれた安川さんという担当の方が超〜〜〜がつくほどミラクルに優秀で。

お会いした時、

「でもですね、、、同じように誘われても、大抵電話切ったら忘れちゃって結局何にもやらないので
 おんなじだと思いますよ、、、残念ながら。」
と正直にお伝えした所、


「いやいや、そんなのはもちろん言われなくても知ってます。
 設計事務所って、多かれ少なかれそんなもんです。

 だから、、、、、、、、私がやるんですよ!!!!! い、ま、か、らっ!!!!!」


と、初回にあったばかりなのに、目の前で開いたパソコンでパチパチパチパチ。

圧巻!


10008.jpg

とそんな訳で、
出会ってからなんと2週間足らずで、なんだかニコ設計室のホームページよりも
見やすいページができてしましました!



正直、僕、何にもしていません。

なのに、ニコ設計室のホームページから適切に写真を抜き取り、だらだらと長すぎる文章もノーチェックで
品良く短くまとめていただきました。
実は、僕は結構、設計に限らずとも他人の仕事にはいろいろチェックしちゃう方で、直したくなることの方が多くて
周りの人にいつも「イラっ」っとさせちゃうタイプなんですが、(自分は何もしないくせに、、、。)
この仕事に関しては、なんていうか、完璧!

一言も文句ないどころか、感動してしましました!


いやぁ、すごいなー。


安川さんの仕事ぶりは、目からウロコでもあり、
学ぶところがとても多かったです。


必殺仕事人って感じでした(笑)。
建築家としてもこうありたいものです。
posted by 西久保毅人 at 23:27| 2021.3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする