2020年03月12日

「描く」ねぇ、、、。

先日、とあるカフェに打ち合わせに入った時のコト。


とてもキレイな色のいい感じの床だったので、なんだろう?とじーっとよく見てみると、
どうも、見たコトのない仕上げっていうか、素材っていうか、、、。

まさか、、、。

9812.jpg


と思って、もっとよく見ると、
なんと平らなコンクリートの床に、タイルが、「描いて」あったのです!

グリッドの線は、墨出しの線??または鉛筆??

その四角の枠の中に、おそらく「はみ出さないように」っていう程度の
決まりだけで塗ったであろうたくさんの、青くていびつなしかくが描いてありました。


9813.jpg


青い四角が微妙に全部違うのも、なんかいい感じでした。

「描くねぇ、、、。」

今までタイルを選んだり、張ったコトはあっても、
描こうと思ったコトはなかったので、かなり目から鱗。


そのうち真似する可能性大、です(笑)。


しかし、、、、、。


どういう経緯で、「描く」コトにしたんでしょうね??

なぞ。。。。
posted by 西久保毅人 at 23:42| 2020.03月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

神事



先日は、新宿区で設計をさせていただいている山田さんのお家の地鎮祭。

とてもいいお天気で、地鎮祭日和。

9816.jpg



この仕事をしていると、お祈りや、お清めといった神事に接する機会が
とても多いです。
そういう意味では、職業によっては、まったく縁がない人も多いんでしょうね。

僕自身は、もともと宗教心のないタイプなのですが、
年間、かなりの数の神事に立ち会わせていただいています。


地鎮祭は、神主さんが「とこしずめ」とおっしゃるように、
地面の神様に、その上に建つ家が安全であるようにお祈りする儀式です。


9814.jpg


かしこみーかしこみー


と神主さん。


神事にどんな意味があるのか、やらないとダメなのか、、
いろんな考え方があると思うのですが、
僕はきっと、人間の力ではどうすることもできない環境を扱う時に、
きっとこういう儀式が大切なんじゃないのかな、とぼんやり思います。


どんなに小さいと言われる住宅だって、
人間よりは圧倒的に大きくて、倒れてきたらとても支えらえないですし、
そもそも地面の下なんて、本当はどうなってるのかなんて分からないですし。。。。

数十メーターの範囲で多少調べたところで、限界があります。地球はもっと大きいから。

それに、雨風、台風、雪、晴れ、曇り、、、と
作るそばから自然現象にさらされまくりです。

よく分からない事だらけの中に、いつもケンチクは佇んでいます。

9815.jpg


さて、新宿区、と言ってものんびりとして、とても素敵な環境に建つ山田さんの家。



みんなに愛される家になりますように!!!


9817.jpg



かしこみーかしこみー。
posted by 西久保毅人 at 18:59| 2020.03月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

こういう時こそ

世の中、物々しい雰囲気になってきましたねー。

コロナウイルス、オリンピックの延期。

ちょうど重なる時は、なんでも重なるもので、この3月でニコを離れる細田くんとマリオンの
送別会を月末に盛大にやりたいなーと思っていたのですが、
さすがにそういう雰囲気でさえなくなってきてしまいました。

子供達の卒業や入学、甲子園もそうですが、
世の中、大変な時期だというのは分かりつつも、どうも僕はオトナゲナイので、
それはそれで大事だけど、これはこれで大事なのだ、とどうしても思ってしまいます。


あーオトナゲナイ。


そうそう、昨年から、中野の月のとびらを運営していましたので今回のコロナウイルスについては、
かなり直接的にその怖さを知ることになりました。

1月までは、今が嘘のようにいろんな国々からのゲストがAirbnbを通して宿泊してくれて、
とても素晴らしい出会いを体験させていただいたいていました。
その時期、すでに3月、4月の予約はほぼいっぱいで、近い未来のゲストの方々との出会いを心待ちにしていたんですが、
アメリカ、ヨーロッパが厳戒態勢、出入国規制になるや否や、次々とキャンセル都なってしまったのです。

なんていうか、商売がどうこう、っていうよりも、
つながっていたはずの世界が、急に断裂されてしまったかのような、、、、そんな気分です。


それまでの、何でもかんでも繋がって、リンクしていく、という世の中の流れについては、
どちらかというと僕は苦手だったのですが、
人と人が距離を超えて出会ったり、共に過ごす、という意味でのつながりは、僕は大好きでした。
それは、設計の仕事を頼んでいただく出会いと、どこか似ています。

体温のある出会いというか。

でも、このコロナウイルスの問題というのは、その体温を感じる距離感で共に過ごすことを拒絶しないといけないという、
そこが、僕は一番辛いことだなーと思います。

そして、大人でさえこんなに切ないのに、子供達がそれを強いられる、っていう状況がさらに切ない気持ちになりますね。

何かの映像で、小学校を再開するにあたり、接触を避けるために教室の机を離しておけば授業が再開できそう、
というのをやっていたんですが、
そんなの、休み時間になったら、やっぱり揉みくしゃで団子のように遊ぶのが子供達です。
揉みくしゃで遊ぶのを、止めないといけない教育現場なんて、無理に違いないと思うのです。


そんな事も含めて、1日でも早く事態が終息してくれたらいいなーと心から思います。


さて、こんな身動き取れない時に、少しでも楽しんでいただけたらなーという思いもあり、
散々更新をサボっていたニコ設計室のホームページを、若干ですが見やすく、そして近作もできるだけまとめてみました。

そして、新しいお家だけでなく、懐かしいお家も、大きな写真で改めて見てもらえるようにしてみました。

もっと掲載したいお家はたくさんありますが、順次、お待ちくださいませ。

でも、まだまだなーんか見にくいですよねー(汗)。

そんな苦情や、アドバイスもぜひお待ちしております!


9819.jpg

それと、
ちょっとインチキくさいですが、グーグル翻訳機能を使うと、いろんな言語に翻訳されるという技を知り、
簡易ですが、いろんな言語に翻訳されるような仕組みを取り入れてみました。

これはなかなか面白い機能で、例えば、いったん英語版にした上で、ホームページ上のこのブログをクリックすると、
なんとこのブログも英語版になる、という。Google先生、あっぱれです(笑)。


そんなコトを考えていたら、実は、こんな時こそ、文章だったり、ウエブでの発信というのが、
唯一、今、僕たちができることなのかもなーと、柄にもない事を考えたりします。


そんな訳で、チコちゃんに「ぼーっと生きてんじゃないよ!」と言われないように、
この時期、今だからできる事を考えて、少しでも世の中を明るくしていきたいなーと思う今日この頃です。


そうそう、でもやっぱり僕は人と出会うのが好きなので、
スタッフ募集にも、興味のある方はぜひお問い合わせくださいませ。

この時代を楽しく乗り越えていきましょう!

posted by 西久保毅人 at 02:09| 2020.03月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

リモートな打ち合わせ、開始しました!

さて、3月も終わろうとしていますが、
コロナウイルスの影響は、まったく沈静化するどころか、先行き見えない状況です。

このまんまの状況がしばらく続くとすると、
しばらくは、建て主さんご家族と会えない事も増えるかも知れませんが、
そんな状況でも、僕たちらしく楽しく家づくりを進めていけたらなー、と前向きに考えています。


9820.jpg


さて、そんなコトもあり、
先日、ニコ初めてのリモート打ち合わせを実践してみました!

最初のお相手は、九州の福岡県で設計をさせていただいている道山さんの家。

「ウェブミーティングでも大丈夫ですよー」

と、前向きに道山さんに背中を押していただいたコトもあり、遅ればせながら初実践でした。

さて、せっかくなので楽しい打ち合わせにしたいなーと思って、どうしたものかと考えたんです。

やっぱり建築のうちわせなので、図面を見ながらになるのですが、

紙をカメラに写しても見にくいしね、、、、

かといって、キャドの作業画面を共有しても、なんか、いまいち臨場感がないよなー、、、、と
いろいろリハーサルをしてみました。

やっぱ、その場で、お話をしながら、リアルタイムでいろいろ鉛筆で書き込むような、いつもの
打ち合わせっぽくしたかったので、今回選んだ手段は、こんな感じです。


9821.jpg

1.打ち合わせに使用する図面を、全部画像データにして、フォトショップ上に並べておく。

2.そして、そのフォトショップの作業画面を、道山さんと画面共有して、そこに僕が話しながら、
変更点や、メモを画面上に書き込んでいく。

という結構、アナログな作戦でしたが、
道山さんとお話ししながら、

「こんな感じですかー?それとも、こんな感じ??」

と、僕が、道山さんご家族の見ている前で書き込んでいくので、

「うん、そうそうっ」とか「いや、そっちじゃなくて、、、。」


とか、リアルタイムに共有できて、なかなか充実した打ち合わせになりました!

そして、最後には、たくさんの書き込みのしてある図面が、お互いの議事録代わりになりました。


まだまだ完璧ではないですが、最後に道山さんに、

「いつもの打ち合わせの感じでできて安心しました!」

と言っていただいたので、ほっと一安心です。

9823.jpg


僕たちののコトを知ってる人が聞いたらビックリされるくらい、そういう事に
疎かった僕たち(笑)。


でも、道具や手段が何になろうと、みんなで工夫してこの状況を突破していきたいなー、と
心を新たにする3月31日です。


これを読んで、「もっとこうしたら??」っていうアイディアがあったら、ぜひ教えてくださいねー!

そのうち、リモート飲み会もしてみたいですね!


あ、細田くんとマリオンの送別会を、ZOOMでやってみるか(笑)。

posted by 西久保毅人 at 22:12| 2020.03月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする