2019年05月07日

なんにもないは、なんでもある、、、、。そしていよいよ江頭さんち??

佐賀の人は、たいてい、

「佐賀は、何にもなかけんねー。」

といい、逆に東京に対して、

「トウキョウは、何でもあってよかねー。」

と言います。


九州近県の人にも、

「佐賀??何にもないとこよね?」

って言われるので、佐賀は、よっぽど何にもない印象なんでしょうねー(笑)。

きっと、何にもなさそうな県ランキングでもあれば、
おそらく優勝候補の筆頭の県です。


さて、
ちょうど、僕が高校2年生の時に、平成という時代になりました。
突然の休日に、ポーカーン、として過ごしつつ、
やっぱり当時の僕も、

「佐賀は、何にもない。トウキョウはなんでもありそう。

 だから、とにかく、トウキョウに行くのだ!」

と思っていたし、そういう意味では、
大学なんかに行くコトよりもむしろ、
「トウキョウ」という場所に行くコトの方が、
僕の中では、大きな想いでした。

そんなコトに、理由もクソもありません。
テーマソングは、いつも長渕剛とラブストーリーは突然に、でしたから、、、(笑)。


とにかく「平成」という時代の始まりは、僕にとっては
「なんでもありそうなトウキョウにいく」っていう、
訳のわからない妄想に取り憑かれた時代の幕開けだったのです。

心から、「佐賀はなんにもない。」って思っていたんだよなぁ、、、、。


そういう意味では、今振り返ると、とても分かりやすくて、

何にもない県ナンバーワンの県から、
何でもありそうな県ナンバーワンの県へ、

っていうのが、まさに僕の平成史だったなぁー、とこの30年を思います。

さて、そんな決意でトウキョウに出てきて、まもなく30年。

たしかに、佐賀に無いものが、たくさんあったような気はします。
たくさんあり過ぎで、何があるのか、よく分からないくらい。

でも、「たくさんある状態」っていうのは、
案外、慣れるもので、慣れてしまうと、

「うーん、、、ホントに何でもあるのかな??」

っていう想いも膨らんできました。


何でもある、ような代わりに、その何でも、っていうものは、
とても移ろいやすくて、
例えば、初めて駅を降りた時に、

「今日は、なんの祭りの日??」

って思って興奮した渋谷の街も、駅を降りると
もう、最近は、あまりに変わりすぎて、別の街みたいな感じです。
でも、ちょっと歩くと、相変わらず変わらない路地や、建物もちゃんとある。



逆に佐賀に帰ると、

「(笑)、まだそのまんま??」

っていうくらいに、
あきれるくらいに、変わらない景色や街がそのまんまあって、
ちょっとその、変わらなさ加減に、感動しちゃうくらいなんですが、
逆に、変わり果ててしまったエリアもあります。
トウキョウにとっては、「ただの一手」のようなつもりの開発が、
田舎では、「一刀両断の一手」になり、血の巡りを完全に変えてしまうコトもあるのです。



嬉しいコトに、
ここ最近、九州の仕事をようやく頼んでいただけるようになって、
ここ数年は、この30年間に一度もなかったくらいの頻度で
佐賀に帰っているんですが、帰れば帰るほどに、30年前の想いと、
まったく逆の気持ちに、ふつふつとなっていく気がします。

「佐賀には、素敵なものが、なんでもあるぞ!」


というような。


「なんでこんなに素敵なものが、たくさん溢れているのだ!」


というような。


でも、逆に、「トウキョウが嫌いになったのか?トウキョウには、何にもないと思うようになったのか?」

というと、そうでもないんですよねー。


やっぱ、トウキョウには、トウキョウという街でしか、産まれも、成立もしなかったであろう、
素敵な街や関係や距離感や、飲み屋や、飲み屋、、、がたくさんあって、
やっぱりトウキョウも、いればいるほど、好きなんですよねー。
僕の子供達も、完全なトウキョウっ子、ですしね。

そして、ケンチクを学ぶフィールドとしては、僕にとっては、トウキョウで良かったな、と
思うし、トウキョウじゃなかったら、僕は役に立たなかっただろう、とも思うんです。
トウキョウで設計するコトは、やっぱり楽しい。
密集地、ごちゃごちゃしてる街、小さな家、大好き(笑)。


だからこそですが、
トウキョウで必要とされているコトと、
九州や佐賀で必要とされているコトが、
なんだか、少し違う。

というのも、体感として感じるようにもなりました。

おそらく、問題の主軸が、少しだけ違うのです。


でも最近は、
江頭さんの家のおかげで、佐賀の旧友たちとのミラクルな再会がいくつかあり、
僕が、この30年かけて、トウキョウで学んだコト、経験したコト、身につけたコトが、
故郷の役に、少しくらいは立つかもしれない。
というワクワクした感情も、最近は持つようになってきました。


そもそも、「なんでもある」からだとか、「なんにもない」からだとか、、、、
そんな考え自体が、間違っていたんでしょうね、きっと。


何かがあるとか、何かがないとか、
そういうコトは、ただの一つの見方のであって、
ワクワクするとか、ドキドキするとか、好きだとか、美しいだとか、という
ふつふつと湧き上がる感情には、何にも関係ないのです。


トウキョウにだって、佐賀以上に素敵な田舎みたいな街があり、人たちがいるし、
佐賀にだって、トウキョウ以上に、トウキョウ、みたいな場所があり、人たちもいる。


佐賀とか、トウキョウとかは、もう関係なくって、
ようは、同じ想いかどうかなのだ!
想いさえ、通じてれば、何とでもなるのだ!

最近は、そんな気持ちなんです。


そんな風に考えると、
この平成という30年間の時代は、僕にとっては、

佐賀から出なくてはいけなかった時代。

トウキョウという街に、徹底的に挑戦し、教えていただいた時代。

だったんだなぁ、、、と改めて思いました。



どちらが欠けても、後でも、先でも、きっとダメだったんだろうなぁー。


そして、どっちも好きだなぁ、と改めて思うのです。



まぁ、そんな訳で、
こんな風に書くと、

「ん??ニシクボさん、いよいよ佐賀に帰る宣言??」

と誤解されそうですよねー、、、、

僕の生活も、仕事も、トウキョウが中心であるコトには、
今後も変わらないんですけど、
次の令和の時代は、
佐賀での仕事はもちろん、これまで出会った愛すべき人や街が、
関係や立場や距離を飛び越えて、


「つなげる、ひろげる、むすぶ」


コトのできる自分になれるように、志を新たにしたいと思いました!


、、、、、ていう、

令和のご挨拶でした(笑)。ニュー西久保に乞うご期待!!!

まぁ、たいして変わり映えは、しないでしょうけど、、、、、。



さて、、、、、


、、、、かーらーのー、佐賀の江頭さんちのオープンハウスブログにしたかったんですけど、
あまりに挨拶が長すぎたため、
今回も、江頭さんちのご報告は、残念ながら延期、というコトで、、、、、(笑)。



佐賀、なんでんかんでん、あるやんね。


9327.jpg
写真は、江頭さんの家でした。
posted by 西久保毅人 at 19:00| 2019.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

輪島塗で楽しむ、美味しい新井薬師〜お味噌汁と、和菓子と、珈琲と

今週末5/12(日)に、こんな素敵なイベントが開催されます。


9334.jpg



輪島塗で楽しむ、美味しい新井薬師〜お味噌汁と、和菓子と、珈琲と〜


内容:新井薬師の美味しいものを取り入れたお味噌汁と小さなおかずたち 
   つなぐ、が選ぶ和菓子と珈琲 

場所:中野区新井1−31−5(薬師あいロード商店街内)


時間:11時〜16時半


1階【輪島塗の展示及び、珈琲の提供】
   通りを歩いているお客様にもふらっと入ってもらえるスペースとします。
   輪島市よりお借りした輪島塗の展示しつつ、ご希望の方には、お好きな器を選んでいただいいての珈琲セットを振舞います。
   ●珈琲セット内容(400円)
   ⑴その場でドリップする珈琲
   ⑵あいロードのお菓子(薬師但馬の甘いお豆さん)
   珈琲提供「つなぐ、コーヒーのセレクトショップ」の田邊さん。
   http://tsunagu-coffee.com/

2階【予約をいただいた方(現在予約数:大人15名+2歳のお子様1名)のお食事スペース】
  予約のお客様に1階で受付(リストバンドお渡し)をし、輪島塗の展示を楽しんでもらった後、
  好きなお椀を1つ選んでもらって、2階でお食事を楽しんでもらいます。
  来場タイミングは11時〜16時半のうちいつ来てもらっても帰ってもらっても良い自由な感じにしようと思っています。
   ●食事内容(お一人2,000円 ※未就学のお子様無料)
   ⑴初夏の豚汁(坂本商店のお味噌、佐藤精肉店のお肉を使用)
   ⑵小さなおかず3〜4品程度(中野通りにある自然食品ビーンズや、佐藤精肉店のお肉などを使用。できる限りあいロードで揃える予定    です)メニュー案:人参しりしり、卵焼き、しいたけの肉詰め、初夏の野菜スティック(味噌をつけて食べる)
   ⑶冨士見野のおいなりさん(輪島の海塩とレモンの皮をトッピング)
   ⑷デザート:珈琲(田邊さんドリップ)と和菓子(冨士野のかのこ餅)
   
   珈琲&デザートタイムにはお客様に1階に行ってもらい、再び輪島塗のカップを選んでいただきます。

   ●演出
    母の日なので、あいロードの花屋さんでカーネーションを仕入れて、2階に飾ります。
    予約のお客様の中には、お母さん、妊婦の友人もくるので、帰りにお渡しします。

9341.jpg


実はですね、
この4月から、約3年間、ニコで設計をさせていただいた小田原さんの家を、
僕たちでお預かりする事になったのです。


そんな訳で、先日4/20に、Bird プロジェクト というイベントをしたところ、

この場所で、

「あれやりたい」

「これやりたい」

っていう、たくさんのご意見をいただく事ができました。



9335.jpg


この商店街のみなさん、

実はこの「小田原さんの家」に興味津々だったみたいです。

9333.jpg



そんな訳で、

その場で、たくさんの素敵な人と出会ったんですが、

今回のイベントを企画された松尾さんも、そのうちの一人。

9336.jpg


特に、小田原さんちは、

1階は、
街に開いたギャラリーやイベントができますし、

9337.jpg


2階は、使いやすいキッチンと、備え付けのテーブルがあるので、
美味しいもの好き、料理好き、な人たちのためのイベントにピッタリなんですよ。

9338.jpg


うーむ、これから、いろいろ楽しいイベントができそうです!


そんな第一回は、
まずは、プレオープンイベントとして、

1階も、2階もフルに使った、とても美味しそうなイベントを
松尾さんつなぐ珈琲の田邊さんに企画頂きました。

、、、という訳で、
今回は、いつもと違い、僕たちは、ノータッチ戦法。

だからこそ、実は当日、とても楽しみなんです。


僕も、終日、現地にいる予定ですので、
(きっとヒマそうにブラブラしているでしょう、、、(笑)、

もし興味がある方や、のぞいてみたい方、
何かイベントしてみたーい、という方など
ぜひぜひ、のぞきに来てみてくださいね!


あ、もちろん、ニコに設計頼みたい人も(笑)。


9339.jpg


詳細、お問い合わせは、こちらまで。
posted by 西久保毅人 at 19:42| 2019.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

空中の楽園

9347.jpg


大好きだからこそ、


ケンチクの話は、いったん置いておいて




9344.jpg


それでもにょきにょきっと、アスファルトを突き破ってさえ、


生えてくるような建築の世界を目指しましょう!



9342.jpg

9346.jpg


9343.jpg


9345.jpg



そんなメッセージのような。
今日は、村上建築工房の見学会でした!

また、現場やりましょうねー、村上さん。
島根くん、いい仕事!






、、、、、あっ、また江頭さんちがアップできず、、、、(笑)。
posted by 西久保毅人 at 01:08| 2019.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

入居後オープンハウスのお知らせっ! 築7年の三輪さんのおうちです。

こんにちは、西久保です。

5/25(土曜日)に、
もうすぐ築7年になる「三輪さんの家」の入居後オープンハウスを
させていただくコトになりました!!!!




9348.jpg


三輪さんの家は、都会のど真ん中なんですが、
生産緑地に面しています。

そのロケーションを最大限生かし、
30坪の、
しかも、旗竿敷地に建っているとは思えないような
のんびりとした住まいとして、設計をさせていただきました。


9350.jpg


ご入居後のため、完全予約制のオープンハウスとなりますので、
ご希望の方は、お早めにお問い合わせくださいませ。


9349.jpg





あ、

そうそう、あさっての金曜日は、ハタノワタルさんと講演会です。
posted by 西久保毅人 at 12:44| 2019.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

船で航海にでる時、


華やかなテープカットや、鼓笛隊の演奏やらが鳴り響き、
あたかも、出発する人だけが主役のような描かれ方をするけれど、
見送る人や、帰りを待ってくれる人がいるから、
そもそも出発できる。


飛行機だって、
パイロットが主役のように描かれがちだけど、
航空管制官が、地上で見ていてくれるから、
安心して大空に羽ばたける。



絵画だって、
しっかりとしたキャンバスがあるから、思いっきり絵の具を叩きつけられる。




要は、
硬い地面があるから、思いっきりジャンプできるのだ。



時には、あたりまえに気がついたコトを、
忘れないように文字にしてみようと思う。


忘れないように。



僕も歳だからねぇ(笑)。




「えーーっ、30代かと思ったぁ。うっそぉ、みえなーいっ。」

って時々、言われない訳でもないコトもなくも、ない訳でもなくもないけども、、、、、。
posted by 西久保毅人 at 23:00| 2019.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

江頭さんの家、第1話 猿山のできるまで

さて、お待たせしました!


9394.jpg


誰よりも、江頭さん、お待たせしました!!!!(笑)。

「佐賀で一番よか家大賞」候補の、
江頭さんの家です。

9354.jpg

るうちゃん、ごめんねー、お待たせしました。

9400.jpg

さて、
ここまでの写真を見ての通り、
江頭さんの家は、猿山のように、屋根を存分に楽しめる家です。


9351.jpg


オープンハウスは、二日間とも晴天で、
北は東京から、南は宮崎県から、と近県からもたくさんご来場いただき、
ありがとうございました。

お子さんの近所の友達も、待ちに待ったとばかりにたくさん
遊びに来てくれたんですが、
幼稚園時から、小学生から、大人まで、
家の中にいるよりも、屋根の上にいる方が長かったかも??
というくらいに、屋根の上が、大人気!


9352.jpg


怪我ひとつぜず、
思い思いに、走り回る子供達。


ほんとに猿山のようでした(笑)。


9404.jpg


さて、なんでこんなコトが実現できたかというと、
屋根の勾配が緩かったり、
屋根の素材を、滑りにくい素材にしているコトも理由のひとつですが、
何よりも、

「屋根を一部だけ、地面にできるだけ近づけた」


ことがポイントだと思うのです。





9353.jpg


だから、なんか
屋根の上なのに、怖くない。


そして、低い屋根の下は、自転車置き場にちょうどいい高さです。


正直、たったそれだけの工夫なのですが、
ほんの一部だけの屋根を、極端に低くするコトで、
正面から見た時に、

「あれ?この家、なんか、よく見る家と、なんか、、、違う。なんだろ??」


っていうカンカクを覚えると同時に、

「家なのに、、、、なんか親しみやすい。」

というような、フレンドリー&ウエルカムな、家に人格があるような、
そんな佇まいになっているのです。



9399.jpg

、、、まぁ、
想像していた以上に、
フレンドリーな猿山。


もう、縦横無尽な猿たちに、大人はお手上げです(笑)。


裏テーマとしては、
残った庭に、フットサルコートでも作った時には、
屋根の上が、スタジアムの観覧席になるといいなー、って思ったのが、
この屋根の始まりなんですけどね、実は。


9405.jpg

だから、江頭さん、
あまった場所に、
頑張って、サッカー場作ってください!


9356.jpg


さて、屋根の話で終わりそうなので、今日は冷静に。

家の中に入りましょう!


そんな訳で、

「サッカーこそ我が人生」

の江頭さん。

もちろん、玄関あけたら、ロッカールーム、な訳です。

家族全員分のロッカーを玄関に作りました。

9357.jpg


玄関には、鮮やかな壁に、手洗いがあります。


9358.jpg


玄関で靴をぬぐと、こんな風景。

江頭さんの家は、ほぼ平屋の家なのですが、
平面図は、十文字型になっています。

中央に、多目的なパントリーを作っていて、その周りをぐるぐるぐるぐると、
回遊できるようなプランです。



9402.jpg

大雑把には、
左に曲がると、庭に連続したみんなの場所やお客さんを招くパブリックな場所。
右に曲がると、お風呂やクローゼットや寝室などのプライベートな場所に、
それぞれ性質分けをしているので、
来客時ににも、気楽な計画にしています。



9359.jpg

まぁ、とりあえず、左へ曲がってみましょうか?


9360.jpg


ここは天井の高いひとつの大きな空間なのですが、
土間続きの食堂のような空間と、
一段上がった板の間に分かれています。


9361.jpg

そんなダイナミックな大空間とは対照的に、
奥には、なにやら動物の巣のように、
ぽこぽこと穴の空いた壁面が見えますねー。

9362.jpg


9363.jpg


9364.jpg


9365.jpg


9366.jpg

おや、
上には、僕の佐賀の大先輩、

構造設計のオサジマさんが、、、、。

なんだか、東京で会う時よりも、楽しそうで、
子供みたいな笑顔です。

よっぽどこの中は、楽しいのでしょか?



9367.jpg


そう、この白い壁の中は、
子供たちだけのスペースになっているんです。

「まだまだ子供部屋はいらないし、分けなくっても大丈夫。

 でも、将来は、分けてたくなるかもなぁ、、、、。」



9368.jpg


そんな絶妙に楽しい時期を、そのまんま楽しめるように、
子供部屋は、ちょっと未完成。


9369.jpg


その代わりに、床が、だんだん、だんだん、と
スキップ状になっていて、
ハシゴや台を利用すれば、どんどん上まで登って行けちゃうのです。


9370.jpg

ほーんと、
こういうよく分からない怪しげな場所は、子供達は
たまりませんよね。

そんな訳で
もうすでに、悪の巣窟の香りが、、、、、。

子供達の隠れ家ですね。

9371.jpg


でも、ちゃんとリビングにはちょこちょこ繋がっているので、
完全に閉じこもれる訳でもなく、、、、。

頭隠して尻隠さず、、、な子供室です。

9372.jpg


9373.jpg


さて、
無事、一番上まで登れたら、
屋根側に、キャットウォークになる予定の橋があります。


9374.jpg


この日の時点では、
まだスカスカだったんですが、
こないだ行ったら、ちゃんと歩きやすく板が貼ってありました。

9375.jpg


でも、子供達は、このまんまでも、ひょいひょい歩いて行くんですけど、、、、、

9376.jpg


9377.jpg


そう、この家のもうひとつの特徴は、
最初に説明したように、
屋根の家に外からでも登れますが、
こうやって、家の中のキャットウォークからでも、登れちゃうコトです。

だから、平屋なんですが、
立体的に屋根を通じて、家をくるくると立体的にも、回遊可能なのです。



9378.jpg


そんな訳で、
ますます猿たちには、好都合な、江頭さんの家(笑)。

9379.jpg


9380.jpg

オープンハウス当日は、
江頭さんの弟さんが、テントを貼ってくれました。

家に、テントに、猿山に、、、、、。
いいなぁ、、、、。羨ましい。

9355.jpg




9381.jpg


さて、また中に戻って、
今度は、プライベートエリアの右に曲がってみましょう。

9382.jpg

きれいなオレンジの壁に導かれるこのエリアは、
お風呂や洗面、クローゼットがまとまっていて、
物干しテラスもあるため、家事が一箇所で済みますし、


9383.jpg


どろだらけのサッカー小僧も、
練習後に、まっすぐお風呂に直行できて、
着替えてリビングへ、ととても便利です。

スポーツ少年は、臭いですからねー(笑)。


9384.jpg



9385.jpg


いまのところみんなの寝室は、
とても深いブルーの塗装で仕上げています。

9386.jpg

裏庭の光も、なんだかきれい。

9387.jpg

ここは、中央のパントリー。
通り抜けもできるので、
2重にも、くるくる動線になっています。


9388.jpg


さて、そんな感じで、
リビングに戻ってきました。

なんだか、家の中も、
猿山状態ですね(笑)。

9389.jpg


9390.jpg


9392.jpg

9393.jpg

家の中が騒がしい時は、
屋根の上に、逃げちゃった方が、気楽だよねー。


小学生男子は、
うるさいからねっ!


、、、と、こんな風に、
家の中にも、屋根の上にも、
たくさんの「逃げ場」があります。





9395.jpg


家族みんな

「家」にいるのに、

こんなにも、ひとつながりなのに、


それぞれ気分で、好きな場所で、気ままに過ごせる。


9396.jpg


江頭さんの大らかな家族への愛情や、

どんな人でも迎え入れてくれる人柄や、

見ず知らずだった東京にいる僕に、設計を頼んでくれる思い切りの良さや、


9397.jpg


魂のこもった仕事への情熱や、


超ー、分厚いツボノートや、古いものへの愛情や、


まぁ、とにかく飲みましょうよ、っていう
ほぼ、設計の話はせずに、佐賀に帰るたんびに、深夜までお酒飲んでばっかりだった打ち合わせ?や、


飲みすぎて帰って、うっかり家の鍵持っていない事に夜中に気がついて、
家に入れず、「車の中で朝まで寝ちゃって風邪ひきましたよー」、っていう日や、


そんな僕たちを、
呆れながらも、時がくるまで、見て見ぬフリして放っておいてくれた
奥様の佐賀の女の人らしい気前の良さや、、、、、


9398.jpg


そんな、あげたらきりがないような、
家づくりとも、設計とも、
一切、まったく、完全に
関係のないエピソードの数々。


9401.jpg


でも、それが設計なのだ、と僕は思うのです。


これが、まさに建築なのだ、と僕は思うのです。



まぁ、出来上がったのは、ゆかいな猿山でしたけどねー(笑)。


そんな訳で、
今日は
このくらいにしておきましょうかねぇ、、、、江頭さん。



まだ、何もかもが、
ようやく始まったばっかりなんですから。



(江頭さんの家、第1話 猿山のできるまで。 おしまい。)
posted by 西久保毅人 at 05:50| 2019.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする