2018年10月10日

オワッタ気、第一弾。

今週末は、HPの方で告知させていただいていますが、
杉並区で設計をさせていただきました「麻生さんの家」のオープンハウスです。




8863.jpg


いつものコトですが、
竣工間際は、なんだかソワソワして落ち着きません。

あれは大丈夫かな〜、とか、これは間に合うかなぁ、、、とか、
天気は大丈夫かなぁ、、、、とか。


そういう気持ちと同時に、
やはり家づくりは、長い時間がかかって完成するものですので、
どこかで、

「いよいよ終わった感」

っていう気持ちになる時がきます。

8857.jpg


これについては、
建築家の人、それぞれにいろんなタイミングでの「終わった感」が
訪れるんだろうなぁ、、、と思うのですが、
僕にもいつかのそういうタイミングがあります。

そのひとつが、
こういうセルフ工事。


8861.jpg

工事、って言っても、
ペンキを塗ったり、和紙を貼ったり、、、っていう
子供でも参加できちゃうような工事なんですが、
ニコでの家づくりでは、お施主さんは、半ば強制的にこういうセルフ工事をさせられます(笑)。


8858.jpg



先日も、麻生さんご家族とそのお友達家族も一緒に、
一部屋の塗装と、和紙ばりを行ってきました!

最初はみんな若干の緊張気味ですが、
だんだん大胆になってきたり、こだわりが出てきたり、、、、、。

何より自分の家に、自分で手をかける、っていうコトで、
急に家に愛着が沸く瞬間なのかも知れません。

同時に、

「なーんだ、家づくりって、専門の人しかできないって思ってたけど、
 シロウトでも時間があれば、案外、壁の仕上げくらいできちゃうんだなぁ、、。」

って思ってもらえる瞬間になればいいなぁ、と思います。


「じゃあ、引っ越して時間がある時、

 また自分でやってみようかなー。」

って、欲が出てきたら、最高です。


あとは、存分に、麻生さん色に染めてあげてください。




8859.jpg


そして、一緒に作業しながら、麻生さんもボソッとおっしゃってましたが、

「いやぁ、これは、職人さんはすごいなぁ、、、。」

っていう、職人さん達の技術を、自分がやってみるコトで発見できたら、
素晴らしいなー、って思います。


だから、やるコトは、ほーんと何でもいいのですが、
この一日って、
僕たちにとっても、
ご家族にとっても、
実は、とても大切な一日なのです。



8860.jpg


そういう一日を一緒に過ごしたら、

「ああ、ようやく引き渡しなんだなぁ、、、。」


っていう気持ちになり始めるですよね〜。不思議なコトに。



8862.jpg

とまぁ、
こんなコトを言ってると、
マリオンに、

「まだぜんぜん終わってないですよー、引き渡しのシリョウもいっぱいアリマスシ、、、、」

と怒られそうですが、

あくまで第一弾。


オワッタ気、第一弾です、、、、、。



ご来場希望の方は、こちらまでお問い合わせくださいませー。


posted by 西久保毅人 at 19:58| 2018.10月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

「麻生さんの家」のオープンハウス

先週末は、「麻生さんの家」のオープンハウスでした!

曇り空の天気ももって、ほっ。
たくさんの方にご来場頂きました。

8890.jpg

そして、いつものように、子供達が

くるくると、

ぴよんぴょんと、、、。


8864.jpg


そういえば、麻生さんちが出来上がるまでにも、
たくさんのオープンハウスがあったのですが、
麻生ファミリーは、ほとんどのオープンハウスに来ていただいたんじゃないかなぁ、、、と
写真を見返すと思い出します。

8865.jpg


まぁ、家は完成してしまいましたが、
今後も、ぜひ、来てくださいねー。


そういえば今回も、これまでのニコのおうちに住んでいただいているご家族も
たくさん来てくれました。
嬉しい限りです!!!



8866.jpg


さて、麻生さんちは、
「旗竿敷地」
と呼ばれるような、通路付きのシキチです。

四角いシキチと比べると、
ちょっと敬遠されがちな形状ではあって、
昔は僕も、

「旗竿か〜。」難しいなぁ、、。

って思っていた時期もあります。


8867.jpg

でも、考え方が変わったのは、
お引越しをされてから、数年経ったいろんな旗竿敷地のおうちに
行くようになってからかなー。


8868.jpg


旗竿敷地っていうのは、つまり「通路」をもっている敷地のコトです。
それは、大きな魅力でもあって、

まずは、道路から通路で10m以上離れているコトが多いので、
なんだか、隠れ家っぽい、というコト。


それと、その通路っていうのが、また魅力的で、
うまく植物が育つように計画しておくと、
モリモリ植物が育ってきて、
数年経つと、超、素敵なアプローチになっていくのです!




8869.jpg

家も建てて、おまけに素敵な緑道のアプローチが手に入るなんて、
なーんと贅沢なコトでしょう!!!


8872.jpg


そんな訳ですので、
麻生さんちも、道路から、家に帰るアプローチを
ぜいたくに楽しめるような計画としています。

道路から見ると、ちょこんと可愛いらしい平屋の玄関棟がお出迎え。
その脇を通ると、南側の庭まで回り込むコトができます。

8875.jpg

行き止まりの敷地なんですが、
南側の敷地周辺は、お庭だったり、大きな木が生えていたりと、
街の突き当たりなのに、
森に抜けていくような雰囲気です。


8870.jpg


こういう意外な抜けが、
より一層、堪能できるのも、旗竿敷地の醍醐味でもありますねー。


8871.jpg

家の中に入っても、その続きのように、
すぐに2階まで登る階段があります。

8873.jpg


8874.jpg




8876.jpg


8877.jpg


8878.jpg



さて、
1階は割とワンルームな空間なのですが、
2階に登ると、
ちょっと不思議な構成になっています。
8879.jpg

将来、二つに分けても使えるような大きめの寝室と、
細い部屋や、畳の部屋や、机のコーナーや、、、。


8880.jpg


まだ小学生の二人のお子さんとの親子の距離感を
住みながらいろいろ楽しめるといいなーという想いを込めて、
立体的なひとつながりの空間としています。


8891.jpg




8882.jpg

親子の関係は、
育ってしまえば、
たった10数年の出来事かも知れません。

だから、さっさと人数分、部屋を作ってしまった方がラク、って考え方も
一方であります。



8883.jpg

でも、やっぱり僕は、

なんとも表現しがたいですけど、
親子が、だらだらと、団子のようにくっついて、
時には離つつも、やっぱりくっついて、、、、

っていうような、そんな時期や、そんな時間が好きです。


だから、ただただ広くて見通しのいい家じゃなくって、
声は聞こえるけど、姿は見えない場所とか、空気は繋がっているけど
隠れられる場所とか、小さな居場所、、、そんな場所を
ひとつながりの空間の中にたくさん作ります。

8884.jpg

せっかく家をつくるんだから、
そんな時間が、1日でも長く続きますように。。。。



8885.jpg


そして時が来たら、
自分たちで仕切りを作っちゃってもいいし、
困ったら、僕たちに、

「あのー、、、、そろそろ本格的に仕切りたいんですけど、、、。」

って相談したっていいですし、、、。



8886.jpg


って
そのくらいに、自由でゆる〜い家族のための家。


そういえば、遊びに来てた子供達は、

「またかくれんぼしにくるね〜っ!」

とのコト。

8887.jpg


さてさて、麻生さんち。

お引越し後に伺うのが、今から楽しみです!

posted by 西久保毅人 at 22:16| 2018.10月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

来週は、江戸川区でオープンハウス!

麻生さんちのオープンハウスが無事に終わったぁ、、、と思ってたら、、、



来週は、江戸川区葛西でオープンハウスなのです!

8892.jpg



詳細につきましては、
こちらまでお問い合わせくださーい。
posted by 西久保毅人 at 13:29| 2018.10月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

渡邊さんのおうちの上棟式

先日は、世田谷区で工事中の渡邊さんのおうちの上棟式でした!


8893.jpg

渡邊さんのおうちは、地下1階地上3階建なんですが、
コンクリート造。

なので、木造の場合の、一日で一気に組み上がる上棟と比べると、
1階分ができあがるのに、約1ヶ月。

8895.jpg

なので、地下から考えると、4、5ヶ月をかけて、ようやく上棟というコトになります。

うーん、長いですよねぇ〜!


8894.jpg


ですので、ようやく3階まで建ち上がったところで
無事に上棟式を迎えました。

コンクリート造は、頑丈でいいのですが、
未来のいろんな生活の変化を考えると、それはそれで不自由。

なので、ちょっとしたポイントを木造にして、
それが将来の暮らしの変化やリノベーションの際に

「抜いちゃう??」

っていう選択が可能なように考えています。

8896.jpg


実際は、ずーっと完成形のまんまでもいいんですが、

「いつかこの天井はずして、、、、。」

なーんていう、妄想しながら生活できるのは、
僕は、とっても贅沢なコトだよなぁ、、、って思うタイプなんですが、
みなさんは、どうなんでしょうねぇ。


8898.jpg


そうそう、そういう意味では、
渡邊さんちの上棟式には、
なんと、90歳の、元気なひいお婆ちゃんが
駆けつけて来てくれたんですよ!


お酒もたくさん飲まれて、元気で感動的でした!

8897.jpg


90歳か〜。

そんな想像もつかないような時間の長さにも、
臨機応変に変わっていけるようなおうちになるといいなーって思いました!





と、
そんな訳で、
あさっての土曜日は、永井さんちのオープンハウス。

8892.jpg


永井さんちも、
そんな今の暮らしと、
未来の風景を、同時に感じられるような家になったと思います。
posted by 西久保毅人 at 21:23| 2018.10月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

おおきいちいさい たかいひくい

先週末は、江戸川区で永井さんちのオープンハウスでした!

午前中は雨予報でしたが、お天気も良く、
たくさんの方に見に来ていただきました!

8900.jpg


いつも、

「建物の説明が足りない。」

とか、

「なんでこうなったのかホントは聞きたい。」

とか怒られがちなので、、、、、、今日は頑張って説明してみましょう(笑)。

8901.jpg


そういえば、今回、いらっしゃった建築家の方から、

「ニシクボさんは、どこから最初に考えるの?」

って質問されました。

「、、、えぇと、、、、いろいろ同時に、、、。(汗)」

っていうのが、正直なところなんですが、
まずは、大抵、要望を頭に詰め込んで平面を考えます。
同時に、外観、っていうよりも、「たたずまい」を考えます。

「たたずまい」を決めるにあたってのポイントはいくつかあるのですが、
まずは、この江戸川区や葛飾区というのは、海抜が0メートル以下の地域なのです。

そして海も案外近い事から、周囲にも、少し地盤を上げたり、基礎が高い建物が
見受けられるんですが、それは万が一の津波や洪水の可能性が上げられます。


8902.jpg

心配し過ぎるとキリがないのですが、
そういう意味でまず、床を1mくらい上げておきましょう、というコトになりました。

でもそれは別の効果も実はあります。
永井さんちは、のんびりとした角地なのですが、
角地というのは、明るい反面、不特定多数の人の視線にさらされるという運命を背負っています。

お店なら最高の立地、というところでしょうけど、
住むには、少し気になります。

その解決策としては、

「塀で囲っちゃえ案」

が一番簡単なんですけど、それは僕は、一番嫌な解決策。


8903.jpg

家を作ろうが、ビルを作ろうが、
街の見通し、安全、など、実は角地は街の中で社会的な役割もあるのです。

角地に住む、というコトは、きっとそういうコト。

角地は、半分街のもの、なのです。

そういう意味で、床を少し上げる、というのは、暮らしが道から切り離されるため、
それだけで少し守られ感を作るコトができます。

塀を作らなくても、安心安心。

8905.jpg


アプローチ部分には、大きな軒を出すコトで、さらに家に奥行きがうまれ
さらに生活が守られた感じがしますし、
雨の日にも気持ちのいい場所になります。

将来車椅子でも出入りできるように設けたスロープも、玄関までの距離を
作り出すだけでなく、少し浮いたようなデザインにするコトで、
街と暮らしの縁を切るような効果が少しだけある気がします。


さらに、道路側にこれから木々を植えるコトで、
実際の長さ以上に、街との距離感を保ちながらも、
素敵な街角になっていくコトでしょう。

街の人にとって、素敵な街角でありつつも、

「あぁ、もしかしてこの街そのものが、私たちの敷地なんじゃないかしら??」

って思ってもらえるコトが、僕が目指す世界。


写真右側の空き地は、
実は将来、貸し駐車場にする予定の場所。
なので、ぽっかりと空いています。

8906.jpg


さてさて、中に入りましょう。


8907.jpg




8908.jpg


このおうちのもう一つの特徴は、
何度もニコのおうちを体験していただいた方には分かりやすいですが、
天井や、廊下の幅など、
あらゆるところが、普通より広く、高いところです。



8909.jpg

似たようなおうちでは、
前に設計させていただいたマシューズさんちもそうでしたね。

身長190センチをこえるマシューズさんは、普通の高さだと頭ぶつけちゃうから、、、という
コトで、いろんなところを高く作ったんですが、

永井さんも体が大きいので、

「トイレとか廊下とか窮屈なのはいやだ。」

という事でした。

そこで、
高さに加えて階段とかの幅も広めに設計させていただきました。


8910.jpg


こういう時に、

「普通って??」

って思われると思うんですが、
木造住宅の場合、大抵は、廊下や階段や扉の幅は、
普通は、75センチ前後が一番一般的です。

それを永井さんちでは、20センチだけ広い95センチ程度に
設定させていただいたのです。

20センチっていうと、バナナ一本ぶんくらい。
でもたったそれだけで、階段を大人がすれ違えたりして、
ほーんとゆったりするのです。

8911.jpg



8912.jpg

でも、

「じゃぁ、ただどこでも高くして、広げればいいでしょ??」

ってしないところが、まぁ、、、、僕たちの性格の悪いところ(笑)。

8913.jpg


やっぱり人間は、昔お腹の中で赤ちゃんだった訳だから、
安心できる大きさ感や、包まれ感、っていうのが
家の中でも必要なのだと思うんですよね〜。

永井さんちでは、
周りがとてもゆったりしているからこそ、
小さな場所、薄暗い場所、包まれる場所が
より一層、引き立つような感じになるといいなと思いました。



8914.jpg

そして、どんなにバリアフリー、と言ったって、
やっぱりちょこんと座れるような段差は、
やっぱり不可欠なのも、人の振る舞いを見ていると分かります。


8915.jpg

そして、
途中で変更して良かったなぁ、と思ったのは、
この仕事部屋です。

8916.jpg

家の基礎を上げたのはいいのですが、
そのぶん、大きな床下空間がうまれました。

そこで、永井さんの仕事場だけは、家の中から80センチくらい下げるコトにしたコトで、
天井の高い仕事部屋になったばかりでなく、
写真左の四角い穴から、床下に潜り込めるようにできたのです。

おかげで、たくさんの床下収納も、とても使いやすくなりました。






8917.jpg






8919.jpg


こういう風に、1階の吹き抜け越しに、
2階のテラスや空が見えるのもいいですね!

8934.jpg


キッチンは、作業場が広く、とても使いやすい感じになりました。
今回は、オールステンレスのシステムキッチン。
広いから、打ち上げの飲み会の時には、さっそく不思議と「女子会」の場になっていたりして、
田舎の家での親戚の集まりっぽくて良かったなー。

個人的には、キッチン脇にある家事コーナーの小さな天窓が
やめなくて良かったなー、って思ったところです。
敷地の一番奥なのに、
1日中、自然光が入ってくる場所。

8935.jpg

8936.jpg



8921.jpg


さて、2階へ。

(ちょっと疲れてきたので、、、、、、短めに。。。)

そう、実は永井さんちって、
道路が北側なのです。

しかも、真南には、大きなアパートがでーーん、と建っているため、
視線もきになるし、ほとんど光が期待できませんでした。

そのため、南側は、上の方に、光取りの窓だけが付いているんですが、
それが大正解で、とても明るい吹き抜け空間になりました。


8922.jpg





8923.jpg


2階は、敷地の角にあるルーフテラスが、
子供室にも、吹き抜けにも面しているのが
一番のミソかなぁ、、、。

おかげでどこにいても、テラス越しの空や街を感じるコトができるように
なっています。

これは、想像よりもよかったなー。



8924.jpg



8925.jpg



8926.jpg


そして、お風呂!

まぁ、お風呂も大きいのですが、
大きさよりも、注目すべきは富士山でしょう。(笑)


8927.jpg


日本の女性で一人しかいないという
銭湯絵師、田中みずきさんに、壁画を書いていただきました!

8937.jpg


そんな訳で、
子供部屋も、富士山カラー(笑)。

セルフペイントですけど、、、、。

8928.jpg

こういう風に、壁を2色で上下で分けるなんて、
永井さんちじゃなければやるコトにならなかったと思うんですが、
これがなかなか新鮮でいいなー、って思っています。

前々から、汚れやすい子供の高さや人の高さだけに色をつける、っていうのを
考えていたんですけど、ようやく実践できました。

なかなかいいです。


8929.jpg


ふぅー。

長くなりましたが、これで一通りおうちの説明をしてみました。



こういう風に説明してみると余計に思うのは、
結局、説明すればするほどに、一番大切な事が伝えきれてないなー、っていうコト。


さて、何をしたんだろう?


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

オープンハウスが終わって、恒例の打ち上げ。



「もう、今日は、昼から飲みましょうよー。」

と永井さんは、朝からうずうず、うずうず。。。



アパートに戻っては、ビールを運び、戻ってはクッションを運び。

戻ってきては、

「もう飲みましょうよー。」

と永井さん(笑)。


8938.jpg

いよいよ夕方になると、
ご両親から、お姉さんから、ハロウゥン帰りのおいっこから、
一堂に集まって、たくさんの手料理が運ばれてきました。

「そ、そろそろいいですよねっ。」

と永井さん。


きっとご家族みんなで、
今日の日を楽しみにされていたんでしょうねー。




「いやぁ、もう、大満足!なんの不満もありません。」

と永井さん。

「もうね、、、、あまりに嬉しいので、今日はここで寝ます。」

と永井さん。



8931.jpg


もうずいぶんと昔から、この家の家主だったかのような永井さん。

毎年、ここで親戚の集まりをしてたかのような
「いつもの」感のある永井家のみなさん。


あぁ、やっぱり永井さんちは、永井さんちだなぁ、って思う。

それ以外のなにものでもない。

そしてこんな風に
新しい答えに出会うたびに
ほーんと良かったなぁ、って思う。



答えはいっつも古臭くって、懐かしく、
そして体温に包まれている。



あぁ、いい家だなぁ、、、。


設計の話なんかよりも、ずっと、ずーっと。



posted by 西久保毅人 at 18:39| 2018.10月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする