2018年03月03日

君の声がきこえる

3月ですね〜。

今年、西久保家は、数年に一度訪れるという
卒業と入学がダブルで重なる年。

ソラが小学校を卒業し、ノノは高校を卒業。

特に小学校を卒業しちゃうと、3年刻みに入学、卒業があるので、
ノノなんて、

「つい、こないだ高校入学してたじゃん、、、。」
「去年もリンタロの高校の入学式、なかったっけ、、?」

って思ってたら、もうJK卒業なのです。


そんな訳で、
超、ありがたみの薄い卒業と入学の春に突入なんですが、
今日はさっそく、ノノの高校の卒業式でした。


高校の卒業式なんて、
自分のコトを思い返すと、

「親なんて来てたっけ??、、、、、、親、行く必要ある??」


って思ってたんですけど、行ってみるとすごーい親の数。

一学年500人くらいいる高校だったので、
親も多い多い、、、、多い。

多い割に高校生ともなると、他の親なんて知らないから、
、、、、、まぁ、退屈。
中学までは、なんとなく地域感があったんですけどねー、、、、。

生徒数が多いから、卒業証書もクラスごとに返事をするだけで、
代表の子が取りに行くような進行で、いつの間にか
僕は寝てしまっていました、、、、、。
高校の卒業式なんて、そんなものでしょう。

ふっと気がつくと、式は、もう終盤。
最後の卒業生の合唱が始まりました。

子供達は、親の方には背を向けているし、ノノ、どこにいるのか分かんないし。
500人もいるから、迫力はあるんだろうなぁ、、、ってくらいに聞いていたら、、、、。

500人の大合唱の中に、
すぐにノノの声に気がついて、、、、ドキッとしました。

500人の声の中から、一人の声が聞こえるなんて、
そんなコトがあるのかどうかよく分からないんですけど、
それが親子、っていうコトなのかもなぁ、、、、。

ノノの声を聞きながら、そんなコトを思いました。


保育園の時も、小学校の時も、中学の時も。

すがたは見えなくても、
なぜか、いつもノノの声だけははっきり聞こえてきました。


録音された合唱のテープの中にだって、すぐにノノの声は見つかりました。


きっと、これは、どの親子の中にも起こる事なんでしょうね。
だから、僕が特別な訳ではないんだと思います。


「親子」ってなんだろう?


ノノももう、18歳。

抱っこして歩くコトもなくなり、
手をしっかりとつないで街を歩くコトもなくなり、
そのうち一緒に住むコトや、
会うコトだって滅多になくなるかも知れません。




でも、まぁ、
どこで何してたって、
すがたが見えなくっても、


君の声はきこえる。歌声はきこえる。


それが究極的には、「親子っていうもの」なのかもなぁ、、、。


なんだか、そんな気がした卒業式でございました!



あぁ、忙しい春。
もう一回あるのかぁ、、、、、(笑)


8360.jpg



posted by 西久保毅人 at 21:25| 2018.3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

順番。

今日、木を植えました。

8364.jpg


なんと、フツウのコトを、、、、。

って感じですよね。

そうなんです、
木を植えるコト自体は、
ほとんどすべてのニコの家づくりで完成間際の最後に行うので、
珍しいコトでもなんでもないんです。

超、フツウのコト。

でも、今回、フツウじゃないのは、、、、、。

8363.jpg

「おうちを作る前に、木を植えたコト。」

です。

シキチの、一番いい場所に。


しかも、このために随分前から山で庭師の小野みちさんに探してきていただいた
野性味あふれる大きな大きな木。

根鉢を見ても、、、、、、でかいですよね(笑)。

8366.jpg

たぶん、完成してしまえば、
順番がどっちでも、きっと同じコト。

、、、、なんだと思うんですけど、
僕は、その順番が、時に、とても大事なんじゃないかなぁ、、、と
思います。

8362.jpg

工事をする人にとっては、きっと、ちょっと邪魔な存在。

でも、工事現場で過ごす職人さんたちにとっては、
真夏には木陰ができたり、大きな木の下でお昼を食べたり、休んだり、
きっとそんな場所になるでしょう。

でももしかすると、
木があるコトで、思い通りにいかないコトや、諦めないといけないコトも
あるかも知れません。


8365.jpg

そんないいコトも、悪いコトも含めて、この大きな木の周りに
「私たちの家」って思えるような物語が
生まれますように。




8367.jpg

通りがかりの人も、

「あら公園になるのかしらね、、?。ここ。」


とのコト。


そういえば、4年くらい前のマシューズさんちの工事中に、
こんなコトを書いてました。


それから、5年前の飯島さんちでは、
こんなコトに感動しました。



新しくできるこの場所も、
家が先か、街が先か、木が先か、、、、、
何が先かすら分からないくらいに
街にしみしみと染み込んでいきますように。


という訳で、
窪田さんちも、先に木を植えましょうね〜っ。
posted by 西久保毅人 at 20:48| 2018.3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

新さんのおうちの、オープンハウスのお知らせ

来週末になるのですが、
杉並区で設計をさせていただきました「新さんの家」の
オープンハウスをさせて頂きます!


8368.jpg


ちょっとタイミングが早いのですが、
桜の時期には、うっとりするような大きな桜の木の点在する
素敵な街です。

8371.jpg


さて、今日、嬉しかったのは、
オープンハウスのご案内をメーリングリストで
送らせていただいたんですが、
いろんな方から、お返事をいただけたコト。

行ける行けないに関わらず、です。


そのお返事に、ちょこっと添えられた小さな言葉たちが、
なんだか、とても嬉しくてですねー。

8370.jpg

いろんな立場、
いろんな状況の
いろんな方に、僕たちは支えていただいているんだなぁ、、、、、

と改めて感じて、とても嬉しかったです。

8369.jpg

その一つ一つは、

「ふふっ」

って思うような、とても小さな喜びなんですけど、
集まると、何かに包まれたような大きな喜びになりました!



まるで、満開の桜の木々に包まれた時のような、、、、、。





あれ?うち案内メール届いてないよ〜、とか、
内覧を御希望の方は、ぜひ、こちらより
お問い合わせください。


送ってるつもりで、届いてないコトもよくありますので、、、、。


それでは、来週末、
いろんな方とお会いするのが楽しみです!
posted by 西久保毅人 at 21:51| 2018.3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

和ラガントな空間ーそしてまた白はなかった。

さて週末は、「新さんの家」のオープンハウスです。

8376.jpg

ほっとくと家の中に白がなくなりがちなニコの家づくり。

やっぱり新さんちでも、
便器とバスタブ以外は、白は見当たりません、、、、。

8377.jpg

自分のコトを誰よりも分かっていない僕ですが、
数少ない分かっているコトといえば、
どっちかっていうと、「和」な空間や暮らし方が好きっていうコトかなぁ、、、。

座卓派ですしね。。。。

かといって、こってりコテコテな和風な空間だとなんか
物足りなくて、そんな時によく思い出すのは、
香川で設計させていただいた「竹安さん」のコトバ。

「、、、、うーん、なんていうか、、、、。

 例えて言うなら、伝統的な日本家屋に、日本大好きな外国人が住むんだけど、
 どこかやっぱり文化が違うから、
 勘違いして解釈されて住んだり、カラフルに塗られたりして、
 そのミスマッチ感が意外で楽しい。
 
 そんなお家に住みたいのです。」



8383.jpg


分かる分かる。その感じ、、、、、。


8382.jpg

新さんのツボノートも、
そんなコトバに近いところがありました。

こってり和風で、場末の居酒屋で熱燗、って感じも好きなご夫婦でありつつ、
どこか失わないエレガントさがあるっていうか、、、、。


漢字で書く「和な暮らし」とカタカナで書く「エレガント」さ。

和ラガントな空間、とでも言うのでしょうか?

8378.jpg


今回も、桜色と草色の和紙は、
京都のハタノワタルさんに貼ってもらいました!



ちょっと可愛い、和ラガントな空間の完成です。

8380.jpg








8373.jpg



、、、、あれ?

マリオンがなんか千切ってる、、、、。


8375.jpg

そう、
もう一つだけ、
数少ない僕が分かっている
自分のコトとしては、

「、、、とにかく、なんか自分たちで仕上げをしたい!、、、、その方が愛着わくし、、。」

っていうコト。


8374.jpg

そんな訳で、
今回もハタノさんに、自分たちで貼る分の和紙も漉いてきてもらって、
最後の一部屋だけ、みんなで貼りました。

8379.jpg


せっかくなので、
このお部屋だけ、唯一、白っぽい和紙のお部屋にしました。



、、、、、、決して、色決めに疲れた訳ではありません(汗)。

8372.jpg



決して。。。。。。


8368.jpg

週末が楽しみでーす!!!
posted by 西久保毅人 at 22:20| 2018.3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

ニコの「つぼノート」

気がつくと桜満開!

8384.jpg


先週末は晴天の中、
新さんの家のオープンハウスをさせて頂きました!

たーくさんの方にご来場いただき、
とても楽しい一日でした。

8385.jpg

さて、新さんのおうちが建つ街は、入り組んだ路地が多い街。
そのおかげで、車通りはほとんどないので、とてものんびりした住宅街です。

あんまり道路が整備されていないのが幸いして、
どこまでが道で、どこからが敷地か、ぱっと見、曖昧な街です。


新さんのお家は、そんな露地の突き当たりにあります。

8386.jpg

敷地は、69u。
そんなに大きくはありません。


でも、一軒家の場合、
そんな数字を意識して暮らすわけでもなく、
街や道や風景とのつながりの中で、

「あぁ、まさに、この街がシキチなのだ!」

って思えたら、
いくらでも、気持ちのいいおうちは、作る事ができるんじゃないかなー、といつも思っていますし、
コジン的には、
なんだか、人間の大きさに近いこのくらいのサイズ感は、
僕は、とても好きなのです。


、、、、、、あー、だから、超豪邸!って感じの仕事がニコには来ない訳だ、、、、、(笑)

8387.jpg


8388.jpg

さて、
どのおうちでも、僕が一番大切にしているのは、

「つぼノート」

です。

8444.jpg

そのご家族ごとのイメージの詰まったこの「つぼノート」には、
そのご家族ならではの「好き」や「たのしい」や「気持ちいい」が
たくさん詰まっていて、

そのご家族ごとの「好き」や「楽しい」や「気持ちいい」と、
街をどう繋げていくか?
っていうのが、本当に安心して暮らせるおうちになるカナメだと思っているからです。


8389.jpg

、、、、、あっ、
山崎さんがお子さんと来てくれたようなので、ちょっと中断。

8390.jpg

新さんのおうちの前には、
こんな風に使えるような、穴の空いた小さな壁を、
家と街のあいだに作りました。

8391.jpg

人通りのない路地も、こんな風に楽しめたら、子ども達もたのしいだろうなー、
っていうのと、
結構密集した住宅地ですので、安心して窓が開けて暮らせるためには、
何かしらのスクリーンを作ったほうがいいな、と思ったから。

8392.jpg

とはいえ、
ゆるやかに、街とは繋がった感じで、、、、、。

8393.jpg

ほんの、ちょっとしたしつらえなのですが、
この塀と穴のおかげで、
シキチ全体を楽しめるような空間になっています。


8394.jpg


8395.jpg

そのままお庭からおうちに入ると、こんな感じ。

ちょっと くいっ、とへの字に曲がったテーブルと、
大黒柱がお出迎え。

庭の続きのような吹き抜けの空間に、
モルタル仕上げの部屋が浮いているのが分かります。

8396.jpg

玄関から入ると、、、、

8397.jpg

こんな感じです。

8398.jpg


8399.jpg

玄関の脇には、
綺麗な色のトイレと収納があります。

玄関の向こうにトイレがあるのって、
個人的には僕、好きなんですよねー。
昔のお家みたいで、ちょっと気分転換にもなるし、
何より、お客さんも気兼ねなく使えますしね〜。

出がけに、「あっ、おしっこーっ」
って時にも、、、、、。

8400.jpg

そうそう、新さんのおうちの特徴は、
超密集地でありながら、
1階リビングである事です。


8401.jpg

せっかく道路を取り込んだようなおうちなんだから、
子供達が、

「ただいま〜」

と直接帰ってこれるようなおうちだといいですよね〜。

8402.jpg



8403.jpg

キッチンの奥には、
華やかな柄の壁紙のパントリー。

8404.jpg

その隣の小さなお部屋は、
ハタノワタルさんの和紙ばり仕上げ。


、、、、という具合に、
小さなお家なのに、その中に、
小さなお部屋がちょこちょこあるのも、
新さんちのポイント。

8405.jpg

結構、暗めの色の内装なんですが、
こんな密集地でも、自然光がたくさん入ってくる1階リビングって
できるのです。

昔の日本家屋がそうだったように、
実は、家の中って、
少し暗めのほうが、逆に窓や外の光が印象的に感じられて、
気持ちが外に飛んでいく、、、、っていうか、
外部と一体な感じがするんですよね〜。。。。

8406.jpg


そして、丸太は、
必要以上に太いコトが大切(笑)。

8407.jpg

このピンクの和紙ばりも、ハタノさん。
その裏に、テレビ台とエアコンがあるんですが、
弧を描く素敵な壁にするコトで、
小さな家の中で、テレビやエアコンが目立たないようにしています。


さて、2階へ、、、、。

8408.jpg

2階へ上がると、
ちょうど吹き抜けに面したこんな場所にでます。

8409.jpg

2階は、中央に吹き抜けに面したちょうど寝室があって、、、、


8410.jpg

そのうらのクローゼットと寝室も、廊下をかいしてクルクル回れるし、


8411.jpg



8412.jpg

小さな平面なのに、
テラスをかいしても、クルクル回れる。


名付けて、

「2重クルクルプラン」

なのです。

8413.jpg

これは、寝室に開いた穴から、
1階や、テラスを見ているところ。

8414.jpg

どのシーンもそうですが、
空間の奥に空間があって、その奥にまた空間があって、街があって、、、、
っていう具合に、
多重に空間が重なり合っていくようになっています。

8415.jpg

数字だと、「数メートル」や「数歩」の距離でも、
こういう具合に、重なり合うコトで、
体感としての奥行きがうまれるんでしょうね。

8416.jpg

空間ごとに、割と強い素材で切り替わっているのも、
大切なコトで、奥行き感を倍増します。

特に「外壁みたいな」ワイルドな素材は、
不思議と、家の中に、「外感」を
連れて来てくれるのです。


8417.jpg

これは、2階の奥のファミリークローゼット。

8418.jpg

ブルーは、ポーターズペイントのフレンチウォッシュなので、
ムラがとても綺麗です。

8419.jpg

黄色いお部屋は、将来の子供部屋です。

廊下部分は、
なんていうか、渡り廊下感や、橋感を出して、
外の道みたいに感じてもらえるといいなと思って、
デッキ材を、デッキを張るように貼ってもらっています。

こういうのも、結構大切。


8420.jpg

そして、3階にあがると、、、、、

8421.jpg


8422.jpg


3階は、お風呂とテラスなんですが、
斜線制限で、ギリギリできた小さなスペースを、
畳の間にしています。

通称、「不思議な間。」


8426.jpg

奥のほうは、立てない位に低いんですが、
和室だから落ち着きます。

「洗面所から入る和室??」

って変な感じですが、
3階で洗濯物干して、取り込んで、、、、、、
って思うと、
きっとここに一旦、洗濯物を取り込むのに
重宝しそうです。

しかも、
この奥の開口から、洗濯物を落すると、
実は、
下がクローゼットになっていたりするんですよー、実は!

8427.jpg

僕が泊まる時には、
ここに寝たいものです、、、、、。(笑)

8423.jpg


3階のお風呂は、
登るの、少し大変かも知れませんが、
その分、テラスもあったり、空が見えたり、、、、、と
3階ならではのリッチな空間。


8424.jpg


8425.jpg

僕は、個人的には、
和室もあるし、
この3階で一人暮らしできそうです。



8428.jpg

密集地ですが、
街の空地と連続しているので、それも気持ちいい。

8429.jpg


、、、っていう具合に、
3階までご案内しましたので、
下に降りてみましょう。

8430.jpg


もっともっと説明したいコトは、
溢れるくらいにあるんですけどね、、、、、

でも、
正直言うと、
結局は、新さんのおうちで実現したかったのは、
子ども達のこんな風景。

8431.jpg

まだまだトウキョウだって、捨てたもんじゃなくって、
内でも外でも関係なく、
道端で座り込んで遊ぶ子ども達が、いつまでもいて欲しい。

敷地境界や面積や地価なんて、街の子ども達には関係ないですから、、、、。



8432.jpg


そんな風景を、
一生懸命、家を設計しているフリをして
作っていきたいな〜、といつも思っているんですけど、、、、。







8433.jpg


僕のフリ、バレてないかなぁ、、、、、。

8434.jpg


バレバレだろうなぁ、、、、、。

8435.jpg


でもね、、、、

一つだけ、僕が心から確信しているのは、

たとえば、虫がたくさん食べに来る野菜が一番美味しいように、

子供達や野良猫が寄ってくるような家や街が、
いちばん居心地がいいに違いない、

っていうコト。

だって彼らは、本能で、身体で、感じる生き物だから、、、。

8436.jpg


8437.jpg


8438.jpg


さて、
夜も更けてきました!

8439.jpg

新さんの「つぼノート」

新さんらしい暮らしのイメージや、たくさんの「好き」が
詰まっていて、
中には、

「ソレ、確かにいいですけど、、、、、

 好き、って言うだけはタダですけどね、、、、お金かかりますよぉ、、、もう、、、。

 しかも、シキチ、そんなに大きくないですし、、、、。」

っていうのもあったりして、どこまで実現できるか分からなかったんですけど、
完成してみたら、
僕たちの想像以上に、新さんご家族っぽい家になった気がしました。


なんでも、言ったもん勝ちですね〜(笑)!新さん。

8440.jpg

でも、、、、。

実はつぼノートにはなかったんですけど、
写真を見返していると、
一番最初に、新さんがおっしゃってたおうちのイメージが
実現できたような気がして、
それが、僕は一番嬉しかったかなー。

8441.jpg


「、、、起きてる間は、ほとんど家族みんな一緒の場所で、食べたり飲んだり、ごろごろしてて、

  眠たくなったら、、、、、、、、ハイ、解散。みたいな。」


そんなおうち。



さて、お引越し後にうかがうのが楽しみです!
posted by 西久保毅人 at 22:21| 2018.3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

吉祥寺に、話題のパン屋さんが、あるらしい、、、、。

Lile aux pains(りーるおぱん)って知ってます??

僕も、割と近くに住んでて知らなかったんですけど、
偶然、ちょうどいま発売中の

「住まいの設計」を見てたらですね、、、、、


8455.jpg

「小さなお店のある暮らし」

っていう特集があってその中に、
美味しそうなパン屋さんが載ってたんですよね〜!

これこれ。

8456.jpg


読んでみると、
どうやらフランス育ちの奥様が住宅地でオープンしたお店のよう。

Lile aux pains(りーるおぱん)っていうのは、
フランス語で、
「パンの島」
っていう意味らしいです。

言われれみると、
確かに看板も、パンが島みたいになってますね〜。

8446.jpg

おまけに
設計も良さそうなので、
行ってみようかなぁ、、、って思ってインターネットで調べてたらですね、、、


8448.jpg


やっぱり美味しいパン屋さんっていうのは、
どんな場所にあっても、噂は広がるんですねー。

もう、すてに吉祥寺界隈では、
話題のお店のようなのです。

8457.jpg

この吉祥寺ファンサイトでも、
そうそうに取り上げられていていました!

いやぁ、、、読むだけで食べたくなっちゃいます、、、、。

8447.jpg


食パンが超絶美味しいって書いてあるけど、
僕は、こういう硬めのバケットも食べてみたいなぁ、、、、。


8458.jpg

他にも、
いろんな味のパンもあるみたいなんですよね〜。

どれも美味しそう!

8449.jpg


しかも、
こういう風に、店主が手作りしてる様子が垣間見れるのも、
ますます食欲がそそりますよねー。

ちょうど焼きたてのタイミングだったら、
ぜひ、その場で食べてみようと思います。


8450.jpg

、、、、、、そうそう、
超、余談なんですが、、、、、、、。


8452.jpg


噂によると店主は、家づくりの話もお好きなようです。

このパン屋さんのある素敵なおうちも、
最近建てられたようなんですが、
ずいぶん紆余曲折、盛りだくさんのエピソードがあったようで、、、。


8453.jpg

だから、時々、お客さんが少ない時にパンを買いに行くとですね、、、、

家づくりのエピソードやアドバイスも、
話してくれる時があるらしいのです。

「、、、、ニシクボさん、
人の話聞いてるようで、ぜんぜん聞いてないですからねっ、要注意!」

とか、

「基本、メールの返信とか、遅いから、
 その辺は、最初からあてにしない方がいいですよー。

 でも、ちゃんと考えてくれれるから大丈夫!

 天パの原始人と付き合ってるような気分でねっ。」

とか、、、、。

やっぱり、家づくりなんてみんな初めてだから、不安なもの。
こういう話は、経験者の話が一番安心できますからね〜。


そういう方にもオススメですよねっ!

8454.jpg


美味しいパンも食べられて、
家づくりの経験談も聞けるなんて!


僕もぜひ、行ってみたいところです!(笑)。
posted by 西久保毅人 at 22:29| 2018.3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする