2017年12月04日

働きもののニコの家 〜実は泊まれる の巻〜

もう、、、、、

ほーんと、イイジマさんは、突然。

たいてい、突然。。。。


8087.jpg

そして、たいてい事後報告。。。。

おや??


、、、、、ここまで書いてて、なんだか
ボクの事を書いているような気になってきましたが、、、、(笑)

今回は、
イイジマさんのコトです。


そんな訳で、今日も突然、一冊の本が送られてきました。

あまりに大きなAmazonのダンボールに

「お歳暮、イイジマ」

とだけ書いてあり、箱の大きさの割に、ずいぶん軽いので、

「まさか、新手のバクダン??」

と恐る恐る開封すると、中からは、手のひらサイズの小さな可愛い本。


「ん??

 読んで勉強しろっ」

ってコトかしら、、、、、。と思って開いてみると、、、、

8091.jpg

結構なページ数に渡って、
イイジマさんちの写真とインタビューが掲載されていました。

「ニッポンの新しい小屋暮らし 光文社」

、、、、、ううむ。
またもや、単独取材決行の事後報告(笑)。。。。


8088.jpg


、、、、、と、
そんな訳でですね、
ほーんと、イイジマさんには、頭が下がります。

どれだけ宣伝していただいているコトか、、、、、、、。勝手に(笑)。


それに加えて今回は、

「そろそろ飲みに来いよ!」

ていう、お誘いでしょうか?

「そんなトコに、グズグズしてると、置いてっちゃうよ、私たち、先進んじゃうよっ!」

っていう、、、、部下に対するハッパでしょうか?


大きな軽いダンボールに、小さな、小さな本。

なんだか、いろんなメッセージを
受け取ってしまった気がしました。

8089.jpg


さて、、、、、、。

この本にも書いてあったし、
もう出版されてるので、せっかくなので、皆さんにお知らせです。
お知らせするタイミングを逃していたので、、、、。


実は、ですね。

イイジマさんち、って、

「泊まれる」のです。

知ってました??


詳しくは、AirBnBのウエブページを見ていただきたいんですが、
数年前から、実は、イイジマさんは2拠点居住をされていましてですね、、、、、。

ウイークデーは、もちろん東京の、このイイジマさんちに。
週末は、外房の千葉県某所に。

と、いう生活をされています。

そうすると、週末は、東京の、この素敵なイイジマ邸が空く訳ですよね、、、、、。

8090.jpg

これがイイジマさんの凄いトコで、

「じゃあ、いない間は、誰かに貸して家に働かせよう!」

というコトになったのです。
、、、、、これも、モチロン、事後報告でしたが、、、、(笑)

カップルくらいが、ちょうどいいイイジマさんち。
もちろん、小さなお子さんがいたって楽しいイイジマさんち。
一人で東京のど真ん中で過ごすのも贅沢なイイジマさんち。

トウキョウのホテルって、小さな部屋でも、結構高いですよね〜。

どうせなら、優雅に一軒家をまるまる借りちゃえたら、どんなに優雅なものか、、、、。
そして、ちょっとした旅行でも、一泊だけでも、
白金の森の中で、朝目が覚めたら、、、、、、

きっと、イイジマさんと目指した、

「この街に住んでいる、というカンカク。」

「この街を手に入れたカンカク。」

を感じてもらえるんじゃないかなぁ、、、、、、、、。

と、そんな訳で、
毎週末は、国内からはもちろん、海外からも、たくさんの旅行者が、
イイジマさんちに宿泊されている模様です。

だから、一部では、ワールドワイドに人気のイイジマ邸。

今では、AirBnBの数ある物件の中でも、7期連続の「スーパーホスト」という最上位の
ステータスに格付けされているんだとか、、、、、。さすがだなぁ、、、イイジマさん。

スーパーホスト=イイジマ。似合うなぁ、、、、。

宿泊の口コミなどは、こちらをご覧ください。


それほどは高くないので、
都内近郊でも、ニコのおうちに泊まりたいな〜、って方。

最近は、九州や四国、関西のお問い合わせもあるので、
打ち合わせに行くついでに、イイジマさんちに泊まっちゃえ、っていう方。

などなど、ご検討されてはいかがでしょうか??


そういう意味では、
島岡さんちの「Lile aux pain(りぃーるおぱん)」にしても、
イイジマさんちにしても、中道さんちにしても。

働きもののニコの家が、ちょっとずつ誕生しつつあります。

我が子が自立していくような、
そんな気分です。

なんか、嬉しいな。

でも、、、、、、、置いていかないで下さいね〜!!!! イイジマさん!
posted by 西久保毅人 at 20:48| 2017.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

続・家族の物語

先週末のとてもお天気のいい日、

春に完成した「入ル。」もとい、
くすかめくのくの邸の雑誌の取材に行ってきました!

8092.jpg

最新住宅事情の特集だったのですが、
3世帯住宅である「くすかめくのくの邸」は、多世帯住居の新しいカタチとして。

もう、「くすかめくのくの邸」ほど、
これからのニッポンの住まい方の未来を体現しているものは
他にないんじゃないでしょうか、、、、?
半年経って
ようやく「家」になったなぁ、、、と
思いながら、そんなコトを感じました。

8095.jpg

このお家ができたいきさつは、
ある意味、とってもシンプルな動機だなぁ、、、って何度聞いても思います。

「両親も年取ってきたし、姉弟それぞれに家庭を持った。
 親は親で、だんだん不自由も出てくるだろうし、
 子供達はは子供達で、共働きでの子育ては、意外と大変。。。。。
だからね、、、、


8094.jpg



8096.jpg

あのさ、、、、。


 もう一回、一緒に住んじゃおうか?」

8093.jpg


たぶん、要約すると、それだけのコト。


8097.jpg

住宅の設計をしつつ、いつも僕の頭のどこかにある事。

子供を持った親として、いつも僕の頭のどこかにある事。


それは、

家族は、いつかバラバラになる、という事です。

8098.jpg

だからこそ、
一緒にいる時間が、親にとっては愛おしいものだし、
逆に子供にとっては、だんだん煩わしくなるものであるのだと思う。

子供たちは、必ず巣立たなければならないのだ!


そうでなくてはならない、と僕はどこかで思っています。

8099.jpg


そんな自己矛盾を抱えながら、
だからこそ、愛おしく住宅の設計をしているんですけど、、、
家族の物語には、
僕が想像している以上に、
まだまだ続きがあるのだなぁ、、、、

そんな事を、この「くすかめくのくの邸」プロジェクトを通して、
勉強させていただきました。


8100.jpg



「あのさ、、、、。


 

8104.jpg



8101.jpg


8105.jpg


もう一回、一緒に住んじゃおうか?」


8103.jpg





8102.jpg

お婿さんも、お嫁さんも、孫たちもみーんな一緒に!!!

8106.jpg

そんな続きが、あるなんてね。。。



8107.jpg

なんと素晴らしい続・家族の物語でしょうねー!!!


どういう紙面になるかも楽しみですが、
とても雑誌の数ページで紹介しきれなそうなので、
一冊の本にしたい今日この頃です。。。。
posted by 西久保毅人 at 19:48| 2017.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

来週末は、今年最後のオープンハウスでーす。

年末ですね〜。
1日が、二時間くらいで過ぎますね、、、、。

さて、ひとまず告知だけさせて頂きます!

8110.jpg

12/23(土)に、遠くに海を臨む超絶景の場所で設計をさせていただきました

「加藤さんの家」

のオープンハウスをさせて頂くことになりました!



ここ数回、予約制の入居後オープンハウスでしたが、
今回は、予約は入りませんので、ぜひぜひいらして下さい。

ご案内をお送りするのは来週になると思いますが、
ご希望の方は、こちらまで。


これでようやく年が越せそうです!!!!(笑)


8109.jpg
posted by 西久保毅人 at 21:51| 2017.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

スーパーマリオ ん?

さて、昨日はニコの忘年会!

僕が最近、あまりに、

「カニ食べたい、カニ食べたい、カニだけ食べたい。
 カニ以外は食べたくない。
 最近はカニの夢まで見る、、、、、。」

と言い続けたおかげで、
新橋にある「かに地獄」(笑)というお店に連れて行ってくれました!

8113.jpg

なんでも、言い続けたら、大抵は叶うのです!


さて、、、、。

8112.jpg

もう、ご存じの方も多いと思いますが、
ニコに今年、新しいスタッフが入りました。

マリオンです。

8111.jpg

ちょうど5月の終わり。
どー考えても、日本人ではない名前のマリオンから
ニコで働きたい、っていうメールをもらいました。

嬉しく、びっくりした反面、「うーむ、、、外国人かぁ、、、、。」

ていうのが、正直な感想でした。

というのは、お友達なら何ジンでもいいし、
逆にお客さんなら、いままでだって、マシューズさんちもそうだし、
ISANAもそうだったから、全然大丈夫ーっ、逆に面白そうだし、いろんな文化を知りたい、知りたい、て思えるんです。

でも、ニコのお客さんの大半は、やっぱり日本人。

その人達を、受け止める側の僕たちが、「日本人」じゃない、というのは、、、、、
果たして大丈夫だろうか、、、?

正直、そんな不安がありました。
ごめんね、マリオン。


8115.jpg


でも、そんな不安な時間なんて、、、、、、

実はあっという間でした!


それどころか、
マリオンがいてくれるおかげで、
実は、いままで当たり前だと思って口にしなかった事、
分かってるつもりで、スタッフ間で口にしなかった事、
そう、日本人同士だと、今風にいえば、「忖度」しちゃうようなコトを
いちいち、言葉にして、説明するというような習慣が、僕の中にも、
スタッフのみんなの中にも、この半年で芽生えたような気がしています。

マリオンも、一生懸命、理解しようとしてくれる。

だから、僕たちも、間違って教えたくないから、改めて学ぶ。調べる。というような。。。。

だから、ニコがもうすぐ丸16年を迎える今年、
「特別だったいろんなコト」が、「あたりまえのコト」になっちゃいがちな今、
彼女が来てくれたコトが、実はとても幸運なコトだったように思うんです。


、、、、、とまぁ、
そんな受け入れ側の僕たちの心境を知ってか知らずかは、分かりませんが、
いつもマイペースで、
スポンジのような吸収力のマリオン。

今となっては、下手な日本人よりも、根性があるなぁ、、、って感心してばかり。
そりゃそうだよね、海を越えて来たんだから。


もう今では、すっかりニコの一員です。


そんな意味で僕にとっては、
育った文化が違う同士が一緒に働くって、ほんとに素敵なコトだなぁ、、、
ってつくづく思った2017年でした。
次は、ナニジンが来てくれるかなぁ、、、、、。


8114.jpg

と、
そんな訳ですが、とはいえまだまだ社会人1年生。
至らないところも多いですが、
建築も、生活も、気持ち良さも、美味しいお酒も。
よく考えたらみーんな世界共通言語ですからねっ。

大事なのは「ナニジン」ではなくって、ハートですね、ハート。
おかげでニコの仕事も来年からは、EU圏が射程に入りました!!!


あ、、、、、、、。

そうそうマリオンは、
普段、大人しそうにネコ被っていますが、
お酒飲むと超毒舌。。。。

お箸上手ですね、とか日本語お上手ですねー、とか言われると
「イラッ」とするので、気をつけましょう。


まぁ、付き合ってみると
ただの酒癖の悪いフランス人ですが、、、、、、(笑)

皆様、どうかよろしくお願いしまーす!



さて、、、、、、。




8109.jpg

週末は加藤さんの家のオープンハウス。

ここまで書いたのに、当日はマリオンは、不在です。

なぜなら、フランス人だからクリスマスまでにはどうしても国に帰りたい、とのコト、、、。


うーむ。。。。。

国際化っていうのは、こういうコトなのだなぁ、、、、。
posted by 西久保毅人 at 20:52| 2017.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

我が家感

週末は、加藤さんちのオープンハウス。
お天気は良さそうです!


8116.jpg

さて、加藤さんといえば、
たーくさんのオープンハウスにいっつもご家族で
来ていただくんですが、
面白いなぁ、、、と思うのは、
どこのオープンハウスでも、靴を脱いだら最後、
家主とばかりに、「我が家感」が漂うところです。(笑)


8125.jpg

なので、見つけるといっつも、

「加藤さんっ!  まだ我が家感、、、、出過ぎてますよっ!!!」

と言うんですが、
よく考えると、この我が家感、

出したくても、誰でも出るものではありません。

いいなぁ、、、、「我が家感」。

8126.jpg

「我が家感」、といえば、加藤さんだけでなく、
ニコのウシジマさんの我が家感も、ご覧のとおり、、、、

まぁ、どこにお邪魔しても、ひどいもんです。(笑)

同化力、とでも言いましょうか、、、。

8122.jpg

「我が家感」

辞書で引くと、

1.我が家のようにくつろぐ様。
2.自分の家のように自然と振る舞う感じ。


出し方
・.靴下は脱いだ方が出しやすい。
・出にくい時は、ただいま、と言ってしまおう。


と書いてあります。

なるほど。。。。。

8121.jpg

さて、
そんなウシジマさんが担当した「加藤さんの家」

完成してみると、
こんなぴったりな組み合わせも滅多にないなぁ、、、と
ちょっと思い出して笑ってしまいました。

まぁ、僕の絶妙のマッチング、というところでしょうね!

8124.jpg

そうそう、マッチングと言えば、
実は、加藤さんの家は、
ザ・ハウスさんというプロデュース会社さんからご紹介いただいた
お仕事でもあります。
こちらも、矢野さんというコーディネーターさんが、
僕と加藤さんを引き合わせて下さったんですけど、
加藤さんは、どう思ったかは、明日飲みながらでもお話ししたいところですけど、
僕は、加藤さんご家族とお会いした時から、

「楽しいおうちになりそうだなー。」

って思いました。

こういう僕の勘も、大抵外れません。(笑)

8117.jpg

長い時間のかかる家づくり。

長い旅のようなものです。
感動あり、予期せぬトラブルあり、笑あり、涙あり。

でも、なんていうか、
お互いに最初に掴んだものが間違っていなかったら、
お互いに、想像もしてなかったような、素敵な世界にたどり着くんだよなぁ、、、

なーんていう当たり前のようなコトを、
養生の外れた、完成した空間を感じながら、改めて思い出してみたのでした。

そして何よりも、

「加藤さんぽい家になったなぁ、、、。」

とまじまじと思えたのが、うれしかったなー。

8123.jpg

さてさて、オープンハウス。

そんな最強の「我が家感が溢れちゃう」人達でできあがったおうちは、
ご来場のみなさんにも「我が家感」を感じてもらえるでしょうか??




8110.jpg


もちろん
「我が家」に帰ってきたようなつもりで内覧いただけたら、光栄でーす!


ご来場の挨拶は、「ただいまー、お風呂わいてる??」で。。。。
posted by 西久保毅人 at 20:52| 2017.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

軌跡

年末の先週、横浜で完成しました「加藤さんの家」のオープンハウスでした!

8128.jpg

お天気も良く、
クリスマス前の休日にもかかわらず、
たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました〜。

8154.jpg

8129.jpg


さて、、、、。

8116.jpg


最初にこの敷地に来た時、
あんまり眺めがいいので、

「海に向かうトンネルのような居場所のあるおうちになるといいなー。」

って思ったのを思い出します。

8160.jpg

それから、紆余曲折、
加藤さんにも気に入って頂きつつ、
その想いは、
いろんな案に変形していったのですが、
完成してみると、不思議と最初に描いたような骨格が、
しっかりとできたなー、って思いました。

8131.jpg

8132.jpg

良かったですね〜、加藤さん!

8136.jpg

、、、、、というのは、
一番最初のご提案では、
一階の玄関は、本当にトンネル状のテラスみたいな場所でしたし、
何をかくそう、
この丸い筒の中には、螺旋階段が入っていたのです(笑)。

土間もこんなに丸くはなかったですし、、、、。

8119.jpg


8133.jpg

こういうのは、
加藤さんちに限ったコトではありませんが、
設計というのは、なんていうか、、、、、

僕が自分ちを作る訳ではないので、
いろんな想いを重ね合わせるような、
そんな作業です。

8155.jpg

おおざっぱに言えば、
加藤さんご家族と、僕たちの想いの重ね合い。


一番最初の提案っていうのは、
僕たちからしたら、夜中に書いたラブレターのようなものなのです(笑)

8134.jpg

だから、それはどんな場合でも、
始まりはたいてい、少しはズレていて、
特に僕の場合はたいてい、

「ニシクボさん。

 気持ちは分かりますけどね、、、、オモイ。。。そしてクドイ。」

と公私ともに言われがちなので、
それをチューニングしていくような作業が
僕たちの設計のやり方かも知れません。。。。


8135.jpg


8157.jpg

でも、
一言でチューニング、って言っても、
引くコトもあれば、足すコトもあったり、
変形するコトも、、、、、と
それは、まちまち。

どの選択がいいのか、、、?

というコトにも、正解はないような気がしています。

8137.jpg

8138.jpg

そんな意味では、
加藤さんちは、最初のご提案から、完成するまでの、
やりとりや想いの「軌跡」のようなものが、
そのままカタチとしてのこっていくような、、、、、
そんな家づくりだったなぁ、、、。

と、
出来上がった家の中にいると、思いました。

8118.jpg

奥さんの実家に帰るとみんなでコタツで過ごすのが、とても居心地がいい、という話。

8139.jpg


やっぱ、畳でしょ、っていう話。


8140.jpg

そのくせ、イメージ写真は、
超モダンでかっこいい空間だったり、、、、。


8141.jpg

螺旋階段ではなくなったのに、

「でも、せっかくだから、丸は残したいんですよねぇ、、、、。」

っていう話。

8158.jpg


8142.jpg

お子さんの要望に、

「、、、、いじけるところが欲しい。」

って書いてあって、

「確かにねぇ、、、」

って思ったコト。

8143.jpg

しゅっ、としてるだけじゃぁ、
子供達にとっては居心地悪いからねー。

隠れるところもなくっちゃ。。。。。

8144.jpg

手仕事で塗られる質感に、とても感激されたコトや、

8159.jpg

木目にまでこだわり、細かいところもあると思いきや、、、


8161.jpg

どう使うのか、よく分からない場所は、
まぁ、そのうち、、、、と
そのまま残っていたり、、、、、、(笑)


8166.jpg


8117.jpg

、、、、と、
思い返すとキリがないですが、
そういう、
大らかなところと、細やかなところが同居して、
一つ一つのいろんなエピソードの軌跡が、
変に抽象的にならずに、そのまんま重ね合わされているような、、、、
そんな気がしたのです。


8148.jpg


8149.jpg

「うーーん、これはもう、

まさに、加藤さんの家、だなぁ、、、。

そして、加藤さんとでなくっちゃ、産まれなかった家だよなぁ、、、。」

って言うような。。。。。



僕にとっては
それが、一番うれしかったコトですねっ!


8152.jpg


さてさて、、、、、


8153.jpg



いやぁ、、、しかし、
昼間も気持ちいいおうちなんですが、
日が沈むと、その絶景さが、際立ってきます!

8151.jpg

もうこれは、
ふつうの家の夜景じゃぁ、、、、、、ないですよね〜!

かなり普通のご家族のおうちなのに、、、、。

コタツ大好きなおうちなのに、、、、ね。

そういうところもまた、
加藤さんちっぽいんだろうなぁ、、、、。

しかも、この日は、
遠くに八景島の打ち上げ花火まで家から見るコトができました。


8164.jpg

ひとまずはお引き渡しですが、
4人家族の暮らしが始まってからの方が、
どっちかというと楽しみー!!


もっともっと、
生活の軌跡が刻まれていって、
より一層、

「加藤さんの家」

になっていきますように!!!!



これが、まさに「家なのだ!」っていうような。。。。
posted by 西久保毅人 at 20:48| 2017.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

新年もよろしくお願いしまーす!

旧年中は、大変お世話になりました!

とても楽しく、素敵な出会いの一年。

8167.jpg


新年も、よろしくお願いしまーす!!!!

8169.jpg
posted by 西久保毅人 at 18:18| 2017.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする