2016年10月05日

正体

ちょうど、いま設計中の家が全部完成すると、
ニコで設計させていただいたおうちが、100件を超えます。

100件も設計したら、全く同じ家があってもおかしくないのになぁ、、、と思いつつ、
振り返ると、ぜんぜん違うのに自分でも驚きます。
この調子だとしたら、1000件くらいしないと、同じ家ってできないんじゃないか、、、
っても思う今日この頃。。。。
でも、1000件作ったって、きっとそれでも同じモノはできないんだろうなぁ、、、。

なんでだろ?

って思うんですけど、
それは、この「ぜんぜん違う」、っていうのが、
別に僕たちの個性でもなんでもなくて、
それだけ、ぜんぜん違う「100組のご家族」と「100種類の敷地」
に出会ってきただけだからだろうなぁ、、、と
改めて思う訳う今日この頃です。


僕にとっては、ぜんぜん違う100件の仕事。
一つとして、同じだと感じたコトはありませんでしたし、
いまなお、そんな新鮮なカンカクです。
正確には、最初、同じかも?とか似てる?、って少し思うコトは
ありますが、
よくよくお会いしてお話すると、、、、やっぱりぜんぜん違うんだよなぁ、、、。
僕にとっては。
だから、しかたない。

でも僕にとって大事なのは、その量、っていうよりも、
そういう
一つ一つの出会いの中で生まれた発見、っていうのかな、、、、。

「ああ、こんなコト、そんな暮らし、あんな設定。

 僕たちだけだったら、しようとも思わなかったし、
 気づきもしなかったよ。」

っていうコトが尽きるコトなく、ただただ続いているだけで、
そんな発見の連続が、実はニコの仕事の中核をなしているのだと
思いますし、
そんな発見や気づきから生まれたすがたやかたちが、僕たちの仕事の正体です。


せっかくだからこの機会に
もっと本当に、正直なコトを言うと、
そんな出会いの中で、
「おおっ!これは絶対にいいに違いない!!」って最初から確信を持って作るものも中にはあるけれど、
完成するまで、

「、、、、うーん。僕はイマイチぴんときてない、、、。」

っていう状況で作るものも、実はいままで正直けっこうあって、
これを言っちゃうと、作り手としては、
とても無責任に思われるんだろうけど、でも不思議なコトに、そこに向き合って考え始めてみると
前者よりも後者の方が、できあがった後に、

「なるほどーっ!!!こーれは素晴らしい! 僕は考えもしなかったけど、、、、。

、、、、しかも、ここだけのハナシ、出来上がるまで、僕、結構反対だったんだけど、、、。(笑)」

ってなるコトが思いの外多いコトに、ある時に気がつきました。

うーん、、、。
逆に言えば、同じようなコト考えて、同じような教育を受けた設計者だけで
あれこれ考えたって、世界が狭くてつまんない、ってコトに、ある時に気がついたんです。
ケンチクの外側にある世界の方が、よっぽど感動的。

こういうのは、僕自身の能力のなさや、想像力のなさが、ある意味、
いい具合に幸いしたのだろうな、、、と思うんですけど、
だから、いまだに

「こんなコト、そんな考え方、生き方、価値感があるなんて、
あなたに出会うまでは、考えたコトも想像したコトも、一ミリもなかったよ。。。。正直。
でも、なんか、楽しそう、、、、それ。。。。」

って思いますし、同じくらい、

「えー、ないない。それ、、、、絶対ない。ここだけのハナシだけど、、、。」

っていうのも、おかげさまでいまだに結構あるんですよー。
面白いから言いませんけど、、、。(笑)


ぶっちゃけ、、、、、。

いいか悪いかなんていうのは、正直、たいした問題ではないのだ。

大切なのは、熱量と摩擦。


だからどちら側から始まるにしても、産まれてくるのが楽しみで、
その学びは感動でしかありません。

自分だけでは、とうてい実現も想像もできなかった未来と出会う訳ですから、、、。



で、真面目な話、
そういうのは具体的には、
平面図や断面図、っていう基本図に現れる時もあれば、図面には現れない質感の時もあります。
タイル、金物、段差、色、窓枠みたいな小さな部位の時もありますから、それこそ、物件ごとに、
どこに現れるかは千差万別です。

でも、それがどこに現れようと、そうやって立ち現れた空間には、
そのご家族としか作り上げられなかった発見や試みがたくさん詰まっていて、
それはいまだに尽きるコトがありません。

「次はどんな発見と出会えるだろうか?」

という果てしないワクワク感が、僕に限らず、ニコのスタッフ全員の仕事への尽きるコトのない
エネルギーの源なのだなぁ、、、とつくづく思ったりしますし、だからこそ、自分たちの仕事に愛情が湧くんでしょう。

この楽しさ、
職人さんまで含めると、本当に多くの人の手によって産まれざるをえない、
ケンチクの醍醐味なんでしょうね。きっと。
関わった人の数だけ、意見や個性があるわけですから、、、、。


話は変わりますが、僕は子供達に、

「勉強も、スポーツも、身に付けて、覚えて、やってみるのが先で、
その意味を理解するのはずっとずっと後だって、ぜんぜんいいんだよ。」

って言うコトがあります。
それは、行儀や、作法だって同じ。

これが教育として正しいかどうかは、よく分かりませんけど、
一つ言えるのは、その方が、きっと人生気楽で楽しい、っていうコト。


それは、僕自身がとても成長が遅くて、20歳過ぎるまで、
何一つ、意味を理解してやってなかったからかも知れません。
、、、、あれ、30歳過ぎるまでだったかな、、、。35くらいまでだったかも、、、(汗)

でも、もう40歳を過ぎて、子供たちも大きくなり、
さすがに自分がやってきたコト、身につけたコトの
意味を、少しづつ、理解し始められるようになってきました。
それでもまだまだ到底全部ではありません。そのほんの一部くらいは、、、。

そんなほーーーーーんの一部を、
これから少しづつ、時々、今までとは違う形でここに書き留めていきたいと思っています。

どういう書き方をするかも、まだ未定なんですが、
ニコの「正体」みたいなものになればな、、、、とだけは思っています。


あーあ。書いちゃった。
、、、とはいえ、まだまだまとめるつもりは、全然ありませんけどね〜。。。

ではお楽しみに。

初回は、「棺桶のための扉のはなし」です。

7231.jpg
posted by 西久保毅人 at 00:59| 2016年10月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

「棺桶のための扉のはなし」


「あのー、、、ちょっと今更なんですけど、、、。」


本間さんちもいよいよ終盤、ほぼ設計がまとまってきた頃の話。

7241.jpg

「あのー、、、この家、死んだ時、棺桶出ますかねぇ、、、??」



そういえば、本間さんちがいわゆる1階リビングになった事も、実は

「、、、僕は高いところがどうも落ち着かなくて、死ぬ時は地面のそばがいいんです。
 だから2階リビングの良さも分かるんですけど、やっぱ1階で、、、。」

という事から決まったのですが、次は棺桶の話。
いまから11年くらい前の事です。



7240.jpg

外観を見ても分かるように、本間さんちは、一見、街に閉ざしたような姿をしています。
それは、北接道でもあり、密集している事もあり、中庭形式のプランでもあるし、
なんか、変な色気もあり、、、、で、
当初はあまり道路に開くような予定をしていなかったのです。今ではちょっとビックリですけど、、、。

そんな中での、本間さんの言葉。

「うーん、、、今の玄関の感じだと出ませんねぇ、、、、。」

と答えつつ、いつだか分からない棺桶のために、扉をつける必要が
あるのかなぁ、、、とも半分くらいは思っていました。

「、、うーん、棺桶を出すための窓をつけるとすると、
 およそ1.2m四方くらいの窓になりますねぇー。。。
 そうすると普段、結構人目が気になっちゃうかもだから、いっそ壁ががばっと開く
 感じにしましょうか?」

「じゃあ、せっかくだから普段も使えるように、網戸もつけてもらえますか?」


という具合に、ほーんとに設計の終盤の終盤に、開く事になったのが、
この扉なのです。

そう、これは小さな図面では、見過ごしてしまうような、
ほんの、たった一枚の扉の話。


7242.jpg

本間さんちの設計上の工夫は、他にもたくさんあるんですが、
でも、僕はこの扉を開けさせてもらった事が、
この家の快適さにとって、実は一番大きな事だったんじゃないかと
完成後、伺う度に、思うようになりました。

とにかくとにかく気持ちのいい扉なのです。

屋内は、
ちょっとほの暗い土間のダイニング。
扉を開けると、そこにふわーっと光が差し込み、道路から風が流れてきます。
風だけでなく、なんていうか、街の音や、気配のようなものと家の中が急につながるのです。

それは、ガラスの窓のつながりとは、少しちがった、ちょっと劇的な感じ。

あぁ、この街の中に住んでいるんだなぁ、、、と思える瞬間。


7233.jpg

さらには、街から見ると、
時々通りががると、この扉が半開きの時があります。
ああ、ご在宅なのだな〜、と感じるけれども、道路からは、中はそれほど見えない程度の
いい塩梅。

気持ちのいい日だから、風を通してお昼寝でもされてるのかもなぁ、、、と想像すると
こちらまで幸せな気持ちになりますし、
最近では、初孫のおもりで、この扉から赤ちゃんの声が聞こえる時もあり、
ピンポン押さずに、ここから「本間さーんっ」って言いたくなっちゃったり、、、。

7239.jpg


中にいると、とても守られているんだけれど、
同時に、圧倒的に街とつながっている。

そんな暮らしを、このたった一枚の扉が調整しているのです。

7235.jpg

前述したように、たぶん本間さんの言葉というか、要望がなければ
おそらく開く事のなかったこの扉。
正直当時の僕は、作るあげる事や、今を満たす、という事で頭がいっぱい。

もちろんそれも大事だけれど、現在に、ずっと先の未来を重ねてみると言う事。

当たり前ですよね、何十年も住む家だもの。。。
そんな本当は当たり前の事を、本間さんの家を通して教わりました。
もちろん気が付いたのは、後からですけど、、、、(笑)

7232.jpg

とてもとても未来のコトを考えたしつらえが、
とてもとても近い日常を豊かに、ふくよかにするコト。

7234.jpg

地面や街とつながっているコトの優雅さ。

できれば家で死を迎えたい、というコト。

そして、産まれる、というコト。


7236.jpg

そういうのって、忙しい日常の中では、
忘れがちなコトばかりです。

気持ち良さとか、快適さってはたしてなんだろう?

答えは分かりませんが、
家がどれだけの時間を射程にした物語を持っているか、というコトが、
実は目に見えない心地よさや、快適さ、
そして生きている安心感につながっていくんじゃないのかなぁ、、、、
というのを、この扉を思い出しては、いつも考えるのです。

7231.jpg


そして、その度に、

トウキョウだからとか、田舎だからとか、密集地だからとか、、、、、
ついつい環境を言い訳にモノゴトを決めちゃいがちだけど、

ホントは、何も諦めなくていいんだなー、っていうコトを、
10年以上経った本間さんちに行くたびに、つくづく思うのです。


とてもとても未来のコトを考えたしつらえが、
とてもとても近い日常を豊かに、ふくよかにする、というコト。

posted by 西久保毅人 at 17:11| 2016年10月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

インナーテラスちゃん

いつの頃からか、「インナーテラス」っていう言葉が、
僕たちの図面の中に現れ始めました。


ケンチクの設計は、おおざっぱには内側を作る事だと思われがち。
でも、気持ちのいい内側を作るためには、
実は、気持ちのいい外側がないと、内側は気持ち良くならないのです。

7243.jpg

しかも僕は、閉所恐怖症ぎみなんで、
ついつい、内側の設計よりも、居心地のいい外側の設計にばっかり気がいってしまいがち、、、。

先日も、

「、、、ニシクボさん、、、この案、とても気持ちよさそうですけど、、、、、
  さすがに中が狭すぎます、、、。」

って、言われたような気が、、、、。(汗)

気のせいかな、、、、。

7245.jpg

まぁ、でもなんでも自分の都合のいいようにとらえて、
何度転んでもへこたれないところが僕のいいところなんですけど。。。。。

要は、半分外で半分中のような場所のコトで、
インナーテラスって言ったり、ピロティーって言ったり、言い方はいろいろなんですけど、
そんなどっちつかずの場所があると、暮らしはとても豊かになるなぁ、、、って思うのです。


7247.jpg

さて、ではなんで気持ちよさそうな場所なのに、なかなか実現しにくいかっていうと、
それは、そのどっちつかずさが原因でもあります。

ていうのは、そういう空間は屋根や壁がある訳だから、
あと一歩で「内側」なんですよね。。。。

ってコトは、窓さえつけたら「内側」になるのにもったいない、、、、っていう心理が
どうしても働いてしまうのです。法律的にも床面積に入っちゃいますからね、、、、。

どうしても「もったいない感」がでてしまう、、、、という切ないインナーテラスちゃんなのです。

あと一歩で「内側」
あと一歩で「外側」

書いてると、このあと一歩を残すコトが大事なのかなぁ、、、っても思います。


「あと一歩で感」、とでも言いましょうか、、、。

7244.jpg

と、そんな訳で、
へこたれない僕は、ここ数年、
機会がある度に手を替え品を替え「インナーテラスちゃん」をプレゼンの中に
仕込んできたんですけど、なかなか実現しない、、、、っていうのが実際のところ。
うーん、なかなか難しい、、、。

そういう意味で、
実は、初めて実現させていただいたのが、この写真の「奥原さんの家」だったんです。

残念ながら、オープンハウスをしなかったんですけど、
そういう意味で、ニコのインナーテラスって言えば、実はこの奥原さんちが実現したのが最初。


7246.jpg

完成したのはもう3年前になるんですが、
つい先日、ぶらっと寄らせていただきました。



奥原さんは、植物を育てるのをとても楽しみに家を建てられたんですが、
地面から生えた蔦がインナーテラスまで伸びてきて、とっても素敵なインナーテラスに
育っていました!
外観としても、この場所のおかげで、カーテン閉めなくても過ごせますし、
中にいても、雨の日も晴れの日も、のんびり窓を開けて風を通すコトができます。

少し閉じたようなこの場所のおかげで、
かえって街や外とつながったような暮らしが実現するってうのが不思議ですね〜。
いろいろ工夫しながら、楽しんで住んでいただいているご様子で、
あぁ、何よりこの場所、作ってよかったなぁ、、、、って思いました。


そう、
どんなアイディアでも、一つ目を作らせていただくっていうのが、
一番難しいのです。そしてこうやって経過を見せていただくコトも、、、、。


これが最近では、例えば今年できた若井さんちのインナーテラスに発展してつながっていくんですけど、
こういう風に連鎖して、実感を持って進んで行ける、っていうのがとてもありがたいなぁ、、、って思う
今日この頃でした。

奥原さん、どうもありがとうございました!
posted by 西久保毅人 at 17:51| 2016年10月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

掲載中!

ちょっとお知らせが遅くなりましたが、
現在発売中の二つの雑誌にニコのおうちを載せていただいています!

7248.jpg

一つ目は、&homeに鴻巣さんち。

鴻巣さんちは、かれこれ4年前に完成したお家なんですが、
時間が経ってからも取材していただいてありがたい限り。。。。

ていうか、前回書いたように、おうちは時間が経ったほうが絶対いい感じになるので、
もう

「5年以上たたないと載せません。。」

っていう雑誌があってもいいのになぁ、、、って思うんですけどね〜。

7249.jpg

そうそう、そういえば、鴻巣さんちは、
実は設計の最初は、ご夫婦お二人で、
若いカップル、って感じだったんですが、
今ではわんぱく盛りのにぎやか4人家族!!
もうすっかり「肝っ玉お母さん」が板についていらっしゃいました。

、、、、打ち合わせ中、虫きらーい、って言ってたの、誰でしたっけ、、、?(笑)

7250.jpg

さていろんな家づくりがありますが、
実は、設計中に妊娠しました〜ってご報告がニコではとても多いんです。

まぁ、それだけ仕事が遅い、、、、、ってコトかも知れませんが、
家づくりを通して、「産みたーい。産んでもいいかも〜??」って
思っていただけてるといいなぁ、、、きっとそうだろうなぁ、、、、って、
自分に都合のいいように僕は考えてるんですけどね、、、、。

本間さんちのお葬式じゃないけど、
家が「ここで産みたい場所」であったら素晴らしいなぁ、、、っていうのが、
僕の思いでもあります。

そのうちニコのおうちで自宅出産する人がいたら素晴らしいなぁ、、、、、。
そう思ってもらえるような家になるといいなっていつも思っています。


そして、いつか助産院の設計、ぜひしてみたいです、、、。


さて、もう一つはLIVESに、大山さんちです。
7251.jpg

ええと、大山さんちは、、、、、家の取材を偽装した飲み会風景(笑)。

ほーんと、美味しいもの好きで、料理に対する探究心の半端ない大山さんち。
おかげで僕たちは、うかがうたんびに食べたコトもないようなご馳走に
ありつけるので、ニコの中では、大山さんちはもはや家っていうより、
食堂という位置付け、、、なのです。

7253.jpg

家作りでいうと、
鴻巣さんちと比べると、大山さんちはもう子供達も大きかったので、
ずいぶん設計の仕方も変わってきます。

、、、、っていうか、もう子供達は自分勝手にするだろうから、
親が楽しい家にしましょうね〜っていう感じ。

そういう意味では大人4人が
それぞれ学校や職場に出撃するための
英知とパワーを充填する基地っていう感じでしょうか?

7252.jpg

そんな訳で、子供達はさておき
飲み会シュミレーションばっかりさせていただいたおかげで、
ほーんとご飯の美味しいおうちになりました。

お兄ちゃんも、高校生にしてタイミングよくいい感じの熱燗をつけてくれるし、
僕ら酔っ払いをにこやかに軽くいなすテクニックもあるし、、、、。
もう5年もすれば一緒に飲めますしね、、、。


そんな楽しい飲み会の紙面になっています。
取材の時の様子は、こんな感じ。

、、、、、ただの飲み会です。


そんな訳で、
またどなたか、楽しい飲み会の取材をしていただける雑誌社さんがいらっしゃいましたら、
ぜひご連絡ください。

飲み会できたら
何のテーマの雑誌かは特に気にしません。
釣り雑誌、料理雑誌、スイーツ雑誌、日本酒雑誌、日曜大工雑誌、本の雑誌、お受験雑誌、、、、、

あっ、danchyuがいいかも???(笑)

7254.jpg
posted by 西久保毅人 at 20:46| 2016年10月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする