2016年06月04日

進化論

なぜか、運動会好きな、我が家。
っていうか、キホン、学校行事好きなんですよね〜。


クラスマッチで泣く家系です、、、(笑)


6215.jpg

さて、今回のリンタロの運動会。
中学最後っていう事もあったし、
コジン的にも宿命のライバル達との戦いもあったようだし、
実行委員長としても毎日声が出ないくらい練習、頑張っていたので
楽しみにはしていたんですけど、、、、

もう、なんていうか、、、、、


「運動会って、こんなに感動するもんだっけ???」


って、思うくらい、
ちょっとひとコトやふたコトでは、言えないくらいに、
感動的で、ドラマチックな運動会でした!

びっくり!!!


写真見返す度に、
いまだにうるっ、、、、ってきますし、
最後、
悔しさと、嬉しさと、感謝の気持ちがぐちゃぐちゃになって
あふれて、あふれて止まらない涙ながらに
ステージの上で閉会の言葉を話している時は、もう、
聞いてる僕たちも涙があふれてきました。

6219.jpg

朝からたくさんドラマがあったからなぁ、、、、。
久々、あんなに感動したなぁ、、、。

他の子達も勝っては泣き、
負けては泣き、、、、親達はそれにもらい泣き、、、、とそんな一日。


でも、そんなにも想いが溢れるって、素晴らしいなぁ、、、、って思いましたし、
そんな本気で競える仲間ができてよかったなぁ、、、って正直思いました。

そして、あぁ、もうそんな歳になったんだなぁ、、、、っていう、、、。


想いが溢れて止まらない、というコト。。。。


まぁ、僕もキホン溢れがちなんですけど、
でも、想いが溢れるコトと、結果は必ずしもイコールとは限りません。
想いが溢れれば溢れる程に、
結果がでなかった時には、その分、ガックリくるものです。

大事なのはその時にどうするか?


堂本監督も、

「負けたコトがある、というのがいつか財産になる。」

とおっしゃっていましたしね。。。。。

きっとリンタロには、その時に思い浮かべるお友達の顔がたくさんあったんだろなぁ、、。





「本気で走るって、、、、どういうコトか初めて分かった、、。」

今回のリンタロの名言です。

6212.jpg

めちゃくちゃ悔しい思いもして、めちゃくちゃ嬉しい思いもして、
個人の想いと、実行委員長としての想いのバランスを
なんとか取ろうとしたんだろなぁ、、、、。

それをやりきって溢れた涙だったんだと思います。

なんかですねぇ、、、、、



自分の格好わるい姿も皆にさらしながら、

「、、、3年生の姿はみなさんの目にどう映りましたか?」

と全校生徒に語りかけるリンタロ。


我が子ながらびっくりするくらいカッコ良かったのです!!!

、、、、もう親バカが過ぎますけど、、、、。

6213.jpg

言ってしまえば、たかが運動会。
でもその短いたった一日の中で、
リンタロはずいぶん成長したんだろうなぁ、、、って思います。


、、、、学校行事で成長する家系ですし、、、(笑)


でも、本当は僕たちの目に見えたのがたまたまその日だっただけで、
リンタロは、僕らの知らない間に、成長していたんでしょね、きっと。。。。


そりゃあもうすぐ15だもんなぁ、、、。

15と言えば、、、、、、15の夜だもんなぁ、、、、。


走り出しちゃうよなぁ、、、、。

6217.jpg


そして同時に思ったのは、

「やばっ、このままではそのうち、リンタロにマジで負ける、、、。」

ってコト。
それは半分実は、嬉しくもあるんですけどね、、、。
まぁ、負けませんけど、、、、。

うーん、
だから男の子は面白いんだろうなぁ、、、。


そんな時、ふと進化について考えました。

生き物はどうやって進化し続けて行くのだろう?

ダーウインの進化論もいまいちピンとこなかったんですが、
ようやくピンときたのです。

何も進化って、本当はそんな論にするほどたいしたコトではなくて、
子供が親を越えていく。

ただそれだけの繰り返しなんじゃないかと。

親のコトなんて意に介せぬくらいのスピートで成長していこうとしている
子供達を見てると、そんなコトを思うのです。


6214.jpg

まぁ、僕も、一応はジタバタしてみようと思うのですけどね、、、、。

そんな訳で、いろんな意味で、とても感慨深い一日でしたよ。


しかし、思い出してみると、ノノも同じ感じだったなぁ、、、、。



さて、後日談。
そんなリンタロに影響を多少うけたのか、
ソラもお友達と早朝ランニングを初めた模様、、、、。


学校行事好きの親にとっては、
まぁ、なんともなんとも、親孝行な子供達です(笑)!
posted by 西久保毅人 at 19:30| 2016.6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

虫愛

ちょーど、今朝家を出ようとしたら、
ビックリ!!!


玄関のガラスに、結構大きめのでんでん虫がくっついていました。


6219.jpg

、、、、で、
なんでビックリしたかっていうと、
別にでんでん虫にびっくりした訳でも、その大きさにびっくりした訳でも
ないんです。


実は数日前、出かけ際に
このでんでん虫を玄関先の踏まれそうなトコで発見してたので、
葉っぱのところらへんに避難させといたんです。

すっかり忘れてたんですけど、
今日見てビックリ。


どう見ても、その時のでんでん虫。
これは、ウチに遊びに来たに違いありませんね、、、。


、、、、、なついた??

でんでん虫もなつくの??


と、

僕は、子供の時からの虫好き中年のため
結構これはこれで、かーなり興奮ぎみな出来事だったんですがね、、、。


もーーーう、ウチの家族の虫愛のないコト、ないコト、、、、。


これだけセミだ、なんだと虫に騒ぐ父を持ちつつも、
ほーんとウチの子供たちは、

「、、、、、別に。」

「、、、ほら、入ってくるから早く閉めて!」


と、無関心、、、、、。

なんだろ、この僕以外の家族の、虫愛のなさ。。。。



ほら、
絶対こっち見てるのに、、、、、、。

6221.jpg

ねぇ、、、、。


あーーーー、もうーーーー、、、、、共有したい、、、、。
posted by 西久保毅人 at 20:55| 2016.6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

じょうずに飛べば、いいけれど。

7月末の完成に向けて、現場も終盤の島岡さんの家。

6225.jpg

そういえば、

「さて、どういうお話の展開からこういうコトになったんでしたっけ、、、?」

って、
じじいは記憶があやふやですが、
内外の左官仕上げの壁に、葉っぱと鳥たちのレリーフを
埋め込む予定なのです。


6223.jpg


そうそう、ついつい、左官って聞くと、

じゃぁ、何埋めようか、、、、って、

どろ遊びカンカクになっちゃてですね、、、、。

これまでも、葉っぱやら、化石やら、タイルやら、、、、と、
いろいろ埋めてきたんですけど、、、。

6222.jpg


そんなわけで今回は、
手作りレリーフに挑戦しています。


作業風景は、ほとんどおかし作りですけどね、、、。リーフパイ?


こういうコトが実現するのも
ほーんと、協力的な職人さんたちのおかげなのです。感謝!

6224.jpg


そんなわけで梅雨入りですが、これから楽しみ楽しみ。。。。



さてさて、
じょうずに飛べば、いいけれど、、、。



、、、、あっ、、、、

隠れキャラのでんでん虫、島岡さんにナイショで、
こっそり作っておくの、、、、すっかり忘れてたーっ!!!(涙)


がーん。。。。
posted by 西久保毅人 at 19:48| 2016.6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

決断

設計の仕事、、、にかぎらず、
たぶんすべてのコトは、きっと決断の連続なんだろうなぁ、、、
って思います。

意識しているかどうかに関わらず、
たぶん、僕たちは毎日毎日たくさんの決断を
きっとしているんでしょうね。

朝寝坊しちゃった、、、、っていうのすらきっと、
無意識の決断。

6930.jpg

、、、、、て、
別に固いハナシじゃないんですけど、、、、。

6929.jpg


決断するっていうのは、
言い換えれば「正しさ」を選ぶ、っていうコトなんだろうなぁ、、って思うんですが、
正直、何が正しいかなんて、僕はさっぱりわかりません。

一応、仕事上は、プロってコトになってるから、
その都度その都度、一生懸命決断しているんですが、
それが正しいのかどうかは、、、、、。

でも、
正しさは分かんないけど、
出会って、体感して、
無駄な確信があることだけは、けっこうあってですね、、、、
その中の一つ。


6927.jpg


「畳で犬飼う人に、悪い人はいない。」(笑)



6226.jpg

、、、、、、すみません、これ言いたかっただけです。。。


「、、、、しかも二匹も同時に、だ、   矢沢、、、、。」



ちなみに
僕は愛犬家でもなんでもないんですけど、
ただ、いきものが好きなだけ。


こういうの見ると、
なんか、一緒に生きてる、っていう、
言葉にするまでもない
ただのあたりまえの決断なんだろうなぁ、、、って思います。
好きな場所に、ただ一緒にいるだけ、っていう、、、。


正しさはもはや、どうでもいいのだ、って思う瞬間。
posted by 西久保毅人 at 19:31| 2016.6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

「棟(むね)」 「上げ」

棟上げって言えば、
前に香川では、「棟上げのむねちゃん」っていう人がいたなぁ、、、って
ふと思い出しちゃうような、、、、そんなのどかな景色の中、

先週、千葉の外房にて工事中の太田代さんちが無事に上棟しました!

6933.jpg


こーんな、見たコトもないような、
ちょーかわいい屋根垂木と梁の仕口をコソっと作ってくれるような、
村上建築工房さんに工事をお願いしています。

6931.jpg

この仕口見ただけで、
あぁ、この家は安心安心、大丈夫だなぁ、、、、って思うんですよねー、、、、、

なんていうか、仕事に「愛」がある、っていうか、、、。


6934.jpg

そんな村上さんのお勧めもあり、
今回は、すべての木材を、地元で採れた杉材で作っいただいているんですが、
木の匂いにしても、木目にしても、
そういうのも、とても新鮮。


6938.jpg


そうそう、今では、太田代邸プロジェクトの影のフィクサーとなりつつある
港区在住、◯ジマ夫妻もですね、、、、、


6950.jpg

もちろん、日暮れとともに駆けつけてくれて、チェックチェック。
あとは、飲むだけですね、、、。

6951.jpg

そうそう、
今回、珍しく上棟式に神主さんを呼んでいただいたんです。
実は長いニコの歴史の中でも、神主さんを呼ぶ上棟式はこれで2回目。

しかも、地域によっても、風習が違うから、どんな上棟式になるんだろうなぁ、、、って
思っていたんですが、、、、、、

6954.jpg

なにやら、棟木からたらりと下げられた二本のさらし。。。。。

はて??

って思っていたんですが、

6953.jpg

「さぁ、お集まりの皆さんで、えいっ、えいっ、えいっ、と棟木を引き上げる気持ちで
 布を引っ張りましょう!」

とのコト。

6952.jpg

まさに風景は、大人の綱引きみたいな感じなのですけど、
大工さんたちも、えーっ、、、って照れながらも、
みんなで布を引っ張りました。

少し気恥ずかしくもありますが、なんかみんなでやるっていいなぁ、、、。

なかなかやらないですからね、大人になってこんな共同作業。


本来は、最後の一本の棟木を、
こうやってみんなでえいっ、えいっ、と引き上げてたのだそう。

なるほどー、まさに「棟」を「上げる」なんですね、上棟式って!



6957.jpg

さてさて、そんな興奮さめやらぬ中、
綱引きで、ちょっと距離の縮まった職人さんたちと
あとは、飲むだけ。

6956.jpg

今回も、太田代さんにたくさんのお料理を準備していただいて、
まだまだ日の長い明るい夕暮れの中、
とても盛大な上棟式を準備していただきました!

6955.jpg

さてさて、さすが陽気で若い荒海の職人さんたち。


「、、、、で、ニシクボさんたち、もちろんこのまま帰りませんよね、、、? 

 まさかね、、。」


6958.jpg


、、、、という訳で、
僕らは海の海賊たちに、なかば連れ去られ、
きっとそのうち、この海賊たちの大ボスになるであろうと僕が勝手に
妄想しているフィクサー◯ジマさんも一緒に
宴は第二ステージへ。。。。


いやー、楽しいな、海の職人さん。



ワンピースみたい。
posted by 西久保毅人 at 20:48| 2016.6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

バカ親妄想通信

はい、
バスケファンの皆さん。

2年周期くらいに訪れる熱血バカ親バスケブログへようこそ!

6959.jpg

先日発売された、あひるの空、最新刊は、もう30回くらい読み返されたでしょうか、、、、?

6972.jpg

さて、いよいよリンタロの中学バスケも最終シーズンに突入!
地区大会の真っ最中です。

6971.jpg

もう、ほーんと子供の成長は早いなぁ、、、、。
こないだ入学したかと思うと、もう最後の大会。

見るたんびに感動したり、不甲斐なかったり、、、、、中学生だから、
いろんな問題も抱えつつなんですが、
ようやく噛み合い始めたように見える今日この頃。
あぁ、もっともっとこのチームで見ていたいなぁ、、、って思うのになぁー。


、、、せめてもう2年くらい、なんとかならないもんでしょうか、、、?

6963.jpg

そんな訳で、
勝ち進んでも、負けても、最後の大会。

だからか、この数試合、
僕らバカ親集団は、
歳のせいもあり(ほとんど歳のせいで、、、、)、
みな涙腺がバカになってる感じがする今日この頃。


、、、他人の子の写真見返してても、うるっ、、、、とします。(笑)

6964.jpg


本当は、めちゃくちゃ強いんだよ、おまえらは、、、、。


6961.jpg

ほら、だってさぁ、、、こんなかっこいいじゃん。

6960.jpg

そんなコトを言いたくなるくらいに、
ほーんと普段の暮らしでは見たコトもないような顔や姿を、
瞬間瞬間のプレーの中の彼らは見せてくれます。


、、、、まぁ、そもそも僕は、マンガの知識しかありませんけどね、、、バスケ。

6966.jpg

去年、3年生が抜けた時、

「ほーんとこいつらでやっていけるのかね、、、、。」

って思ってたメンバーが皆たくましく、
体も心もここ数ヶ月で、
ほーんと、日々、日々、成長しているのが見ててわかります。

すごいなぁ、、、子供達って。。。。

今では、もうみーんなそれぞれ自分の持ち味があり、個性的で、、、、、。


、、、、て、何度も言いますけど、マンガの知識しかありませんけどね、、、バスケ(笑)。

6968.jpg

そんな反面、
写真だけ見てると強そうですけど、、、、、

残念ながら、
そもそもそんなに強いチームでも、優勝候補でもない訳で、
だから、この大会が始まるまで、
正直、あんまり勝ったコトはない。


これは、そんなチームの物語。

6969.jpg

6967.jpg


6973.jpg

なので、ほーんと先行きは分からないんですけどね、、、、

最後の大会、
なんとか今のところ、危なげなく2回戦まで勝ち抜いて、
次は、鬼門の3回戦!!!

6974.jpg

相手は、これまで公式戦で勝ったコトないんじゃないかなぁ、、、
っていう、優勝候補の一角のチームなんです、、、。

6965.jpg


でも、まぁ、過去は過去。

「、、、なーんか、前ほど、止められない、って思わないんだよねー。」

とリンタロ。

6975.jpg

そう、今は今。

6970.jpg


今のおまえらだったら、ぜーったい勝てると思うよ。

6962.jpg

なんたって、バカ親ですから、、、。



「過去と他人は変えられないけど、自分と未来は変えられる。」
、、、んだそうだよ。




勝て。
posted by 西久保毅人 at 20:50| 2016.6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

リアル

ちょうどリンタロが、ひとまず部活を引退して今日で3日目。

「他の3年生が部活に行くらしく、、、リンタロも慌ててバッシュ持って出て行ったよー。」

とのコト。

まぁ、そうそうすぐに子供達の日常が切り替わる訳もなく、、、、。

いたいだけ、体育館にきっと帰っていくんでしょうね〜、、、。

、、、、、受験生のはずですけど、、、、。

6983.jpg


そうそう、
ちょうど、最終戦を迎える前の週の試合の後に、
これまで撮りためた、彼らの写真を冊子にまとめて3年生全員にあげました。


大勝負を迎える彼らになにか一言だけ、言葉をあげたいなぁ、、、と思って、
最後に、

「想像できる事はすべて、リアルである。」

というピカソの言葉を添えました。

これは仕事の上でも、大学で学生に向き合う時にも、いつも僕の根っこにあるような言葉。
ケンチクも、バスケも、、、、。なんだって同じなのです。(笑)、、、たぶん、、、ね。
















さて、日曜日の3回戦。
中学バスケの公式戦は、第1から第4ピリオドという8分ごとに4節に分けて試合が行われます。
分かりやくすいうと第1、第2が前半、第3、第4が後半という感じ。

そういえば、スタムダンクは、前半、後半でしたね。
高校生になったら変わるのかなぁ、、、。


まぁ、ともかく運命の32分間が始まりました!


相手は優勝候補。
まずは、相手に、、、っていうよりも、
会場の大きさに飲まれたのでしょう。。。
前に前に、っていう気持ちが空回りして、
あっという間に、たったの3分で13対0。

、、、、、おいおい、、、、、、って感じの序盤ではあったのですが、
だんだん調子を取り戻してきました。

大丈夫、大丈夫、
こんな感じのスタートで勝つ試合、マンガで読んだコトあるし、、、、。


と、特には心配はしませんでしたが、
やっぱり相手は、大舞台慣れしている試合巧者です。


もう少しで、10点差になろうとすると、バタバタと確実に点を取られ、
なかなか追い詰めるコトができません。
そのたんびに流れに乗れず、点差は15点差から20点差を行ったり来たり、、、。

そんな訳で、一度もリードするどころか、
第1、第2、ピリオドともに、15点差以上をつけられて後半戦に突入。


まだ噛み合ってないなぁ、、、、というのが、
誰が見ても明らかだったし、何より大舞台で一番空回りしているリンタロを見ながら、
それでも
最終ピリオドの8分間を10点差以内で迎えられたらなんとかなる、ってずっと思っていました。

、、、、、これもマンガに書いてあったしね。。。。リョーちんも言ってましたよね?
山王戦の時。。。。


でも、やっぱり相手は強豪校。
考えるコトは相手だって同じでしょうし、
読んでるマンガも同じです。(たぶん、、、。)

試合を通して、ほーんとそつなく、ムラない試合展開で、
点差を詰めさせてもらえず、
結果的に、最終の第4ピリオドのスタートを、16点差という、
しがみつくには、ほーんとギリッギリの点差で迎えるコトになってしまったのです。。。。。

6979.jpg

がーん、、、。

ドキドキ。
しかも、この時点で、リンタロ、なーんと4ファール。。。。。
最後になるかもしれない試合なのに、、、。

後一つのファールで、退場になってしまう、、、、そう、あの陵南、魚住のパターンですね、、、。
黒子のバスケでいうと、決勝の日向の展開、、、、。


もーう、、、どうして、うちの子達は、もう、、、、。
そういえば、2年前のノノの最終戦も、同じ展開で退場になってたよなぁ、、、
と苦い記憶がよぎります、、、。もう。。。。


やってるリンタロだって、まさかこんな試合でそんな展開、、、。
もう、精神的にも、ぎりっぎりだったんでしょうけどね。。。。。

マンガで読んだコトがあるとはいえ、、、、。


でも、結局はやるか、やらないか。
縮こまって負けたくない。


リンタロの中で、
どっかで、ぴきーんと、何かがぶちぎれる瞬間があったのでしょうか?

残り時間 4分52秒。
スコア 58対42。
点差  16点。
まさに崖っぷち、、、、。


しかし、、、、、。

ここからの約5分間の彼らのプレーは、
今まで見たコトもないくらい、
思い出しただけでも、鳥肌の立つような5分間でした!!!!!

もう一回やれっていっても出来ないだろうなぁ、、、、っていうくらい。

終盤で足の止まりかけてた相手に対し、
怒涛のオフェンスとディフェンス。
もう、1ゴールだってあげられない状況の中、
これまで一切縮まらなかった点差が、あれよあれよと無くなっていきます。
6991.jpg


10点差きって、いけるっ!って思い、
8点差になって、勝てる!って思い、、、、、、。

なーーーんと、16点差もあったのに、
残り30秒で、ワンゴール差まで追い詰めたのです!!!

60対58。

この5分で許した得点はたったの2点だけ!

そしてバスケの試合においての30秒って、
動く時は、4、5点動くので、
もう、どっちが勝ってもおかしくない状況まできたのです!!!!

6988.jpg

すごーーーーい!!!!


ほーら、やっぱり強いじゃーん!!!!


リンタロも4ファールながら、ひくどころか、ようやく全開。

ちょっとすごかったなー、、、、リンタロ。
そしてもちろん、みんなも。

、、、、、まぁ、おせ〜よ、、、、って思いもありつつですけど、、、、(笑)

6976.jpg

さて、、、、、。


、、、、正直言って、
ここから先の短くて長い30秒間の試合展開は、
もう、あまりの興奮で、
たぶん、バカ親軍団、全員泣いてたから、ほぼ記憶がありません。。。。。
おかげで写真も、ひとっつもピントが合っていません、、、。


すみませんね、ちょーうど、いいとこなのに、、、、(汗)


6990.jpg
















気がつくと、試合はもう終わっていて、
掲示板には、62対58。


ブザーの瞬間、
なんだかとても不思議な感情なんですが、
僕たちも、子供達も、しばらく涙が溢れていたけれど、
単純に試合に負けて悔しい涙じゃなかったんだよなぁ、、、、。

むしろ、、、、、、

最後の最後に、
な、な、なーーんていう試合を見せてくれたんだろう、、この子達は、、、!!!

っていう、感激っていうか、感謝っていうか。。。。

なんて、子供達の可能性は、無限なんだろう、、、、っていうコトを、
まざまざと見せつけられたような、、、、正直、そんな感情だったんです。
だからでしょうか。

試合後、
見たこともないくらいに、晴れ晴れとした顔をした彼らがいました。


ほーんと、おじさんには少し眩しいくらいの、キラキラした笑顔でした。


そういえば今年は、
もう、何度、この子達の悔し涙を見ただろう、、、、。



、、、、そしてなんとまぁ、、、、、アホなバカ親だろう、、、(笑)

僕が子供だったら、、、、、嫌だな。。。。

6989.jpg





さて、
ちょうどリンタロがひとまず部活を引退して今日で3日目。

「他の3年生が部活に行くらしく、、、リンタロも慌ててバッシュ持って出て行ったよー。」

とのコト。

まぁ、そうそうすぐに子供達の日常が切り替わる訳もなく、、、、。

いたいだけ、体育館にきっと帰っていくんでしょうね。


6985.jpg




「想像できた事は、すべてリアルである。」



僕は今でもそう思うよ。







6992.jpg

ほらね、、、

ちゃーーんと、手が届いただろっ??

リンタロっ。



その手にしたカンカクは、、、、、、、、たぶん一生もの。





(中学バスケ編、おしまい。)
posted by 西久保毅人 at 19:49| 2016.6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする