2015年12月02日

写真には写らない 美しさが あるからねっ!

さて、2015年もあと少しになりました。

ニコが今年、何元年??だったかっていうと、しいていえば、、、、

5749.jpg


和紙元年!

っても言えるかなーって思います。

5751.jpg

そうそう、年の初めにハタノさんの和紙に出逢って、
春に京都まで会いに行って、
ハタノさんに和紙すきの工場や、たくさんの和紙の貼られたご自宅を見せて頂いて、、、。

5750.jpg

なんか、これまでの「紙」のイメージが覆ったような気がしましたし、
和紙って、こんなにも身近で、いろんな使い道があるんだなぁ、、、、って
感動して帰ってきました。

5766.jpg

でも、こんな感じで自分の手柄風に言ってますが、
本当のコトをいうと、
ハタノさんの和紙のコトを知ったのは、僕らが探した訳ではなくて、
現在、鎌倉で工事中の「中道さんち」の中道さんが、

「うちで、この和紙、ぜったい使いたいんですぅー!!」

と突然見つけてこられて、それで出逢った訳なんですけどね、、、。
中道さん、ありがとうございました!

5753.jpg

そういう意味では、
ほーんと相変わらず他人よがりな僕たちではあるんですけど、、、、

それがニコのいいところ、っていうか、うり、っていうか、
すべて、、っていうか、、、

だと最近は開き直りつつあります。。。。

5756.jpg

これまでも、たくさんの素材やモノや場所や人と出逢ってきて、
その出逢いが、今のニコを作り上げているんですが、
おそらく、その半分以上は、お施主さんが見つけてきたものだったり、
すきなものだったような気がしますよ、、、、、ホント。

5755.jpg

だから、

「施主力8割がモットーのニコ設計室!」

っていうのも、あながちウソではないのです。。。。。

5754.jpg

、、、と、そんな訳で、春の「田口さんち」の時は、
手探りで自分達だけで、和紙張り仕上げをやってみたんですが、
今回は、京都からハタノさんご自身に来て頂き、約1週間にわたり
「あささんの家」の2つの部屋の和紙張りをお願いすることができました。



ひと部屋は、ハタノさんが漉いた和紙に土を塗ったものをちぎり貼り。
もう一部屋は、柿渋を塗った和紙を紺色に染めたものを、
大判で貼った上にオイルを塗った濃紺のしっとりした仕上げ。

5761.jpg

どちらも、とても優しい質感になったんですけど、
うーん、僕の写真では、その良さが半分も伝わらないんじゃないかなぁ、、、、。

5760.jpg

いろんな素材がありますけど、
ホント、この和紙のふわふわした素材の魅力は、

写真では伝わらない美しさ

だなぁ、、、、ってつくづく思いました。

5762.jpg

それにしてもほーんと、今回のハタノさんとの時間は、
ケンチクに限らず、今後もっと楽しい出来事につながっていきそうで、
来年も楽しみです!

5758.jpg

さて、、、、、、、、。
余談ですが、
ニコの他人よがりっぷりは、とどまるところ知らず。。。。

和紙張りの最終日。
ちょーど、現場の前を通りがかった大山さんちの大山さんが、
僕らがいるのを知って、

「、、、そろそろお昼ですし、、、お腹空いてますよね??
 、、、じゃあ待っててください!」

と、なんとおいしいお昼ごはんを作って持ってきてくれました!

5759.jpg

京都からハタノさんに来てもらったのはいいけれど、
どうももてなし下手なニコの僕たち、、、。

でも、大山さんの美味しい手料理のおかげで、


「今回の東京は楽しく、美味しい現場だったなぁー。

 また来たいなぁ、、、、。

 、、、、鯛飯のお礼に、大山さんち、和紙貼らなきゃなぁ、、、。
京都帰ったら、さっそく和紙漉こうかな、、、、、、頼まれてないけど、、、。」


って、、、、。
きっと思って帰って頂いたはずだと思います!

、、、、、もう何から何までありがとうございます、、、、皆様。。。。

5765.jpg


さて、そんな訳で、
ブルーハーツな、「あささんち」


土曜日、お天気がいいとうれしいな!
posted by 西久保毅人 at 21:54| 2015.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

三日月

そういえば
月について考えていた時があった。



天文学的な、、、、というよりも、直感的な意味で。


僕はどうしても満月よりかは
少しでも欠けた月に惹かれるのだけど、何でかな、、、、という具合の
他愛もない事。

ただの形の趣味??とも思ったけれど、どうも違う気がした。


ある時、

あれは、「欠けている」のではなくて、「隠れているのだ」

という事に気がついて、なんだかすっと腑に落ちたような気がした。


どんな状態の月でも、
よーく目を凝らして見ると、丸い輪郭がぼんやりと見える。


ようするに、影だ。


もし、本当に欠けているのだとしたら、
欠けた部分を絵の具で埋めたら丸になるのだろうけれど、月はそうではない。

逆に影がだんだん取り払われる事で、少しずつ丸くなる様子を僕たちは見ている。


つまりは、満月以外の月は、影をまとって浮かび上がっているのだ。


欠けてできたかたちと、影をまとったかたち。



かたちは同じでも、たぶん全然違うのだと僕は思った。


5767.jpg


そうそう、


そういえば土曜日は、朝から月が出ていた。



朝から月が出ていた。
posted by 西久保毅人 at 22:55| 2015.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

ダブルのハタノさん。

あささんの家では、
前に書いたようにハタノワタルさんていう京都の和紙職人さんに
和紙張りのお部屋を作ってもらいました。


それにとどまらず、他にもいろんな方にご協力を頂いてできあがったんですが、
その中に、実はもう1人のハタノさんがいらっしゃいます。


5768.jpg

その方は、波多野裕子さんというガラス作家さんなんですが、
別に和紙のハタノさんの親戚でもご家族でもなんでもありません。


たまたまのダブルハタノさん。


でも、またこの波多野さんの作品の素晴らしさも、

「写真には映らない、、、、」

ブルーハーツ系なんですよねぇ。。。。

徹底的に磨き上げた肉厚のガラスは、
手触りも、なんか人の肌みたいで、
たまたまこないだ飲んだ席で、彼女の作品のぐい飲みで日本酒をくいっと
飲ませて頂いたんですけど、
もう、その口当たりの良さと言ったら、、、、、。


、、、、、すみません、口当たりはやっぱり写真では、、、、、、(涙)


5769.jpg

な、訳なんですが、

ランプシェードも、明かりがついてない時は、ぼんやりと薄くブルーが
透けて複雑な透明感があり、
とても存在感がありつつ、
まわりの素材を引き立てる様にとても存在感のない、
ていう、不思議な質感のガラスなのです、、、、。


5772.jpg

和紙にしても、ガラスにしても。

ひとつの素材に徹底的に惚れ込んで、
自分の手で作品作りをしてらっしゃる方は、ほーんと素敵だなぁ、、、と思いますし、
実際、素敵な方ばかりなのです。

たいてい、酒飲みですし、、、、、。


手で作るから、
一度にたくさんはできないというコト。


一日に出来る量が限られているというコト。


それはその人の時間を分けて、頂いている、という事なのかも知れませんね。



とりあえず、ぐい飲み欲しいなぁ、、、。
posted by 西久保毅人 at 21:54| 2015.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

あささんの家のオープンハウス、たくさんのご来場ありがとうございました!

こんにちは。
ニコ設計室の西久保です。

5795.jpg

きらいな言葉。


5798.jpg

えらぶ。


5783.jpg

まとめる。



5799.jpg

しぼる。


5816.jpg

好きな言葉。


5800.jpg

「、、、や、やっぱりさ。」

5779.jpg

「せ、せっかくですし、、、。」


5773.jpg

、、、、、、。

5778.jpg

はい、改めまして
こんにちは。
えらばず、まとめず、しぼらず、がモットーの
ニコ設計室の西久保です。
先週の土曜日、
無事、「あささんの家」のオープンハウスをさせて頂く事ができました!

、、、そんな訳で、
今回も大量の写真にうもれるている今日この頃なのですけれど、
一応ですね、泣く泣く選んでみました。。。


5785.jpg

いつもより短い時間設定だったのでしたが、
終わってみると100人を越えるご来場!

本当にありがとうございました。

そして遠くは、愛知県から2組のご来場。
とても光栄ですし、同時に不思議です。

僕のご先祖様が、愛知県と何かご縁があるのでしょうか、、、?
血統書付きの佐賀人のつもりだったんですけど、、、、。

5774.jpg

今回特に面白かったのは、
同じ通りに住んでいるご近所さん達のご来場の多いコト多いコト。

「楽しみにしてたのよ〜っ。」

と、次々と、
子供を連れて、孫を連れて、、、、とご来場して頂きました。

5817.jpg

新しい家ができるというコト。

5789.jpg

家に限らずとも、建物をつくる事は、
古い景色を消しさって、新しい景色を作る事でもあります。

5794.jpg

どっちも残れば、一番なんでしょうけどそれは無理。
躊躇するくらいなら、

「じゃあ、つくらないし、変えない。」

っていうのが、実は究極の選択肢のひとつなのかも知れません。


5780.jpg


でも、
「僕はその選択は絶対にしない。」

これは独立した時に僕が決めた、実は唯一の決め事です。


5781.jpg

同じように、
新しい家に住むというコト。

これもまた、ご家族にとっては、住み慣れた街から引きはがされて
移り住む訳だから、すべてがワクワクだけではないのだろうな、、、、と思います。


5782.jpg

新しい家の暮らしは自分達にしっくりとくるだろうか?

新しい街は、自分達を受け入れてくれるだろうか?

5784.jpg



5819.jpg

完成が近づくと、そんなコトばかりが頭をよぎります。
どちらも、考えても仕方のないコトなのかも知れません。
そういう意味では、僕は
新しいモノを設計するという事が、限りなく向いていない設計者
なんだろうなぁ、、、、きっと。

5787.jpg




さてさて、あささんの家。

いつにも増して、子供達の多いコト多いコト!


5818.jpg

初めて会う子もいれば、
すでにニコの家に住んでくれているご家族のお子さん達もいて、

「大きくなったねぇ、、、!」

と、感激もひとしお。

5802.jpg

最近では、いろんな場で出くわすコトもあり、
ニコの仕事が遅いのもあり、、、、、

5790.jpg

最近では、
顔見知りのお施主さんのお子さん同士が
なかよく遊んでいる光景が、よく見られてですね、、、、。


時間がかかる、って、、、いいコトですね!

5804.jpg


5791.jpg

同時に、
今年は、縁日を始めたりしたおかげで、
余計にいろんな場で出くわすコトもあり、
ニコの仕事が遅いのもあり、、、、、


5801.jpg

建て主さんの奥様同士も、なんだか、以前よりもずいぶん仲良くなられているようで、

「久しぶりー」

とか声が聞こえてきたりして、、、、。

なんだか恐ろしーいヒソヒソ話が
いたるところで繰り広げられる、オープンハウスとなりつつある今日この頃、、。

時間がかかる、って、、、、、恐ろしいですね、、、、。(笑)


5803.jpg
そのうち、僕らの知らないところで
オフ会でもあるのではないでしょうか、、、、?

5820.jpg

そんな風に、家と街の境界どころか、
建て主さん同士の境界すらなくなりつつある
ニコ設計室。

現在、設計中のご家族。
工事中のご家族。
どうしようかなぁ、、、と迷われているご家族。
もう10年も前にでき上がって、ニコの家に住んで頂いているご家族。


5821.jpg

時間を越えて、数えきれないくらいのご家族が
いろーんなご縁でつながっていっているような気がしますし、
あささんの家だって、これまでのたくさんの設計をさせていただいた
家のつづきだからこそ、できた家です。

多すぎて、もはや僕もコントロールする気もないんですけど、
さっき、書いててふと、

これって、「街のような感じ」かもー?

って思いました。


5805.jpg

、、、街って、結局は家と道です。

街っていうひとつのかたちは実はないし、つくる事はできません。

長い時間の中で、土地との結びつきの縁でつながった
ひとつひとつの家ができていく事でしか、街っていうのは本当はつくれないのだと
思いますし、それがある瞬間、
「街」として鼓動をはじめるのではないのかな、、、、と思うのです。

5796.jpg

だから、もう、僕たちのコントロールの外側で、
勝手に動き出しはじめているニコのお施主さん同士のつながりを見ていると

あぁ、これは、きっと「街のような感じ」だ。

と、ふと嬉しく思いました。

場所も、すがたかかちも、大きさも、つぼも。
ぜんぶそれぞれ違うけれども、
なんだかご近所さんのような、ママ友のような、
同じ街に住んでいるような関係。

ほーんと、嬉しい限りです。

5786.jpg

5793.jpg

さて、、、、、。
そういえばひとつだけ。。。


完成の少し前、夜道を一緒に歩いている時にふと、あささんに

「、、、、そういえばニシクボさんて、盟友っていうか、長年の戦友っていますか?」

って質問された事がありました。

5792.jpg

盟友、戦友。

5797.jpg

それはきっと、
同じ土俵で長い間勝負をして、
きっとそれが1回きりではなくて、
何回も何回も勝負をして、
長い時間の中で、
勝ったり負けたりもするだろうけれど、その勝敗の結果以上に
なんていうか、、、お互いにまだ生きている、成長している、というコトを
確認しあえる相手の事なんじゃないだろうか、、、、。

5809.jpg

たとえば、一人旅の最中、
偶然少しだけ道中を共にした人と、

「では、またどこかで、、。」

と別れつつも、
旅さえ続けていれば、また必ずどこかで会えると信じられる、
そんな相手の事なんじゃないだろうか?

5815.jpg


5808.jpg

また戦いたい。

逆に、またあいつと戦いたいと思われたい。

という相手の事なんじゃないだろうか?

5810.jpg

、、、、と
そんなコトを想像しました。


5814.jpg

その時は、あいまいにして答えなかったような気がしますが、
僕にとっての、盟友、戦友、って、、、。

5812.jpg


5813.jpg

盟友、戦友。

何度でも戦いたい相手。


5806.jpg

僕にとっては、
実はそれは、建築家でも、同級生でもなくて、
これまで設計を依頼して頂いた方々すべてだなぁ、、、、、、。

だから、毎年、毎年、増えていく盟友、戦友。

盟友が増えていくなんて、
ちょーメンドクサイ事ですね、、、冷静に考えると、、、、(汗)。

5807.jpg

しかもこの勝負、
引き渡しと同時に、こちらの手のうちをすべて渡すのだから、
まぁ、圧倒的に不利っちゃ、不利。。。。
しかも、相手は、中に住みついてしまっているときている。。。。

打ち合わせ中も含めて、付き合いも長いから、もう弱点はバレバレだし、
もう、相手のものになってしまった以上、
いまさらこっそり直す事さえできません。。。。

再戦の相手としては、ちょーめんどくさいな、、。


でも、その上で、

機会があれば、
もう1回やりたい、って思う。

今すぐにでも、もう1回、頼まれたいと思います。

5811.jpg

だからですね、、、
いつ再戦の時がきたとしても、

「うっ、、、、ニシクボさん、そ、そんな必殺技、いっ、いつの間にっ、、、、。。。」


と、いつでも立ち向かえる自分でいたいな、と思っていますし、
そう思われる自分でいたいな、と思っています。


何度でも。



あささん、
ほーんと、設計を頼んでいただいて、
ありがとうございました!!!

これからだんだんと「あささんち」っぽくなっていくのを、楽しみにしていますね!
posted by 西久保毅人 at 21:50| 2015.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

聖夜の飾り付け

そうそう先日、マシューズさんちのクリスマス会に招待して頂きました!

5822.jpg

実は、家づくり期間中を含めると、
マシューズさんちにクリスマス期間中にお邪魔するのは3回目。

2回は、前のお住まいの時で、
その時は普通の古い木造の貸家にお住まいだったんですが、
それでも、そのクリスマスの飾り付けの素敵なコト素敵なコト、、、。


5823.jpg

「あぁ、ホンモノのクリスマスって、こんななんだなぁ、、。」

って、感動したのを覚えています。

5824.jpg

たぶん、日本のクリスマスと一番違うのは、
誰か他人のため、っていうよりも、
自分達家族のため、っていうことと、
クリスマスまでの間、少しずつ飾り付けて、
キリストの誕生日を待つ、っていうところなのかなぁ、、、って
ぼんやりと思いました。

5828.jpg

そういう意味では、
今ではあまりないけれど、田舎の日本のお盆に似ているのかなぁ、、、。

神妙な感じでもないけれど、
夜になると照明を落として、
なんか、家の中に聖域が出来ていく感じが、
とても暖かでした。

5825.jpg

さて、そんな訳で、今年は新居でのマシューズ家の初クリスマス!!

シンディーさん、
どーんな飾り付けをしてくれるんだろうなぁ、、、と
実は一番楽しみにしていたんですけど、、、。

5826.jpg

もう、
言葉はいりませんねー!


5827.jpg

玄関から、リビングから、、、、

もう、あらゆるところにクリスマスのしつらえが施されて、
もう、あとはサンタさんを待つばかり、、、。

こんな素敵な飾り付けで待たれた日にゃ、
サンタさんも、たくさんのプレゼントをあげたくなるんではないでしょうかね、きっと。


ほーんと、贅沢で素敵なひと時を過ごさせて頂きました!

いいなぁ、、、マシューズ家の子供達。

5829.jpg

そんな訳ですので、
これから毎年行きますからねー、マシューズさん。


ちなみに、この飾り付け、
日本だともう12/26日には、一瞬にしてクリスマスがなくなりますが、
マシューズさん達にとっては、新年の1/6までは飾っておくのが
正式なんだそうです。。。。


5830.jpg


そうそう、先日発売された、この書籍に
マシューズさんちを掲載して頂きました!


クリスマス特集の取材とかあればいいのになぁ、、、、、。
posted by 西久保毅人 at 21:55| 2015.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

今年もたくさんありがとうございました!

ようやく今年も終わりそうです。


あっという間だったなぁ、、、と思いつつも、
写真や記録を見返すと、あれもこれも今年の出来事かぁ、、、って
思うくらい、盛りだくさんの一年だったと思います。


5834.jpg

会いたいけど、会えなかった人もたくさんいたなぁ、、、。

それが何よりざんねんです。

5837.jpg

来年は、もっとたくさんの御世話になった方々と
会えたらなぁ、、、って思います。

そういう意味で、
来年こそは、分身の術を身につけないと、、、、。

5836.jpg

そういえば、、、、、なんですけど、
2001年の末にニコ設計室をつくって
はや、来年で15年目を迎えます。

なんか、若干、節目っぽいような気もしますが、
でも、そういうのをあまり意識する瞬間ってなくて、
やっぱ、一年一年っていう意識の方が強いなぁ、、、、

あぁ、今年もなんとか、12/31日までたどり着けたなぁ、、、
もう明日ではあるけど、新年を迎えられるなぁ、、、、って。。。。


、、、やってないコトもたくさんありますけどね、、、。

5835.jpg

さて、年末にふっと背中を押されるような話しを聞きました。

5838.jpg

ある人の仕事に対する意識の話なんですけど、


もし、目の前のものが相手の要求を満たしていないと判断した時は、
どんな局面であっても修正しなければならない。


というようなコト。

5839.jpg

とても何気ない話だったのですが、
そこで言われている「要求」っていう言葉の意味は、

たぶん、分かりやすく言葉で表現されたものでも、指示された事でもではないのだろうな。
メールで伝えられたコトでもないのだろうな。
図面に書いてあるコトでもないのだろうな。

って僕は思いました。

5840.jpg

きっと感じたコトや違和感みたいなものなのだろうな、、、、きっと。


そこに全身の感覚を研ぎすませて、目の前で起こっているコトを判断する事。


5841.jpg

まぁ、とにかくジタバタする、というコト、、、、なのかも知れません。


違う職業ではあったのですが、
なんか分かるなぁ、、、って思いました。

5842.jpg

だって、、、、、

ジタバタした場所で飲むお酒が、やっぱりいちばん美味しじゃないですか?
一緒にジタバタした相手と飲むお酒が、やっぱりいちばん美味しいじゃないですか?

それはもう、
何年経ったって、そうなのです。


そんな訳、、、、、ですので、
来年もみなさまにたーくさんご迷惑をお掛けする予定なんですけど、
ぜひ一緒にジタバタしましょう!

よろしくお願いします!


それではしばし休息、
良いお年をお迎え下さいませ。
posted by 西久保毅人 at 18:16| 2015.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする