2015年07月01日

本気

「ぼく、あれがつくりたかったのに。。。」

るーくの言葉と表情が忘れられません。


5536.jpg

そう、実は登録させて頂いているザ・ハウスさんと
夏休みに、子供達と家づくりワークショップを企画しています。

子供達のイメージする家ってどんなすがたをしているのでしょう?

たいていの人がいちばん最初に目にする家は、新聞の折り込みや
不動産屋さんに貼られている間取り図みたいなものでしょう。

でも、本当は、地球上には人の暮らしの数だけ家の形はあって、
その個々の暮らしが形になったものが家な訳です。

5537.jpg

だから家って、決まった形があるわけじゃなくて、
もっと自由なんだよっ!

っていう事を、もの作りを通して楽しむイベントなのですが、
なにせ、企画したはいいものの、ザ・ハウスさんも僕たちもはじめての試み。。。。

なので、とはいえ限られた時間の中で、
どんなコトができるんだろう?

というのを僕らも体験するために、去年完成した中島さんちの子供達
協力してもらって、先日リハーサルをしてみたのです。

5538.jpg

どうも、実質2.3時間しか取れないらしい、、、と聞いていたので、
その中で楽しんで、完成できる作り方を考えておこう!
と、大人が知恵をしぼって、製作マニュアルみたいなものを作っていたんですが、、、、。

5539.jpg

開口一番、

「あれが作りたかったのに、、、、。」

とるーくくん。

その指先には、僕らが仕事で作っているいろんな家の模型がありました。
どうも、ニコさんとこで、本物の模型が作れる、と楽しみにして来たらしいのです、、、。

5540.jpg

そりゃそうだよね、、、

「あれ」に比べたら、僕らの企画書なんて、子供だましみたいなものだよね、、、。
そりゃぁ、がっかりするよね、、、、せっかく来てくれたのに、、、。

そして、そんなるーくの表情を見ていて、
「家のかたちは自由だ!」なーんて、いいつつ、
自由ではない「決まったもの」を作らせようとしていたコトをいきなり反省しました、、、。

それこそ、子供達をバカにしているよなぁ、、、、。

そんなんじゃぁ、その3時間を「またやりたいっ!」
って思えないよなぁ、、、、。

そして、それは仕事で言うと、
本や雑誌やHPを見て、胸を高鳴らせて僕らに会いに来てくれたご家族に、
「いや、ウチは決まった家しか作りませんよ。」
って言ってるのと同じコトだよなぁ、、、、、。

と、そんなコトを思い、猛反省、、、、、。(汗)


5541.jpg

と、そーんな訳で、開始早々、企画撃沈した訳ですが、
開始10分で、

「よし、じゃあ、、、ホンモノつくろっ!」

と、方向転換。

それからの子供達のすごいコトすごいコト、、、、。

どこかで「、、、しかしぜったい完成しないよなぁ、、、。」って思っていたんですが、
ものすごい集中力で、賞味、2時間ちょいのあいだに、
2人それぞれに、いーっさいのの妥協のない、
「自分の家」を作り上げやがりました、、、。

正直、脱帽です。
す、すごいな、子供って、、、、。

5542.jpg

そして、その時間、、、、、、、

何より僕たちが楽しかった。
子供達が本気だから、僕たちも本気でした。

子供達にバカにされて帰られてたまるかって、思った。

あぁ、こういうコトだよなぁ、、、家づくりって。。。。。
僕らも現場で職人さんに、同じようにいつも感動するもの。

なんてこの人達本気なんだろう、、、、って。
なんてさわやかに本気なのだろうと。

だから僕は、40過ぎてもケンチクが楽しくて楽しくてしょうがない。


それが仕事だろうと、ワークショップだろうと、
本気の大人に触れるというコト。

それ以上の「体験」とか「感動」ってないんじゃないだろうか?

それ以上に、「伝える」方法はないんじゃないだろうか?


子供達の集中力に
そーんなコトを考えさせられた一日でした。

ご協力頂いた中島さんファミリー、
ほーんとにありがとうございました。

本番は、もっとすごいコトにしてみせます!!!!!
posted by 西久保毅人 at 23:57| 2015.7月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

続いてるっていう、ただそれだけのコト。

そういえば、政治家の世界では二世議員がとても煙たがらたりして、
政治家に関しては、「そうだよなぁ、、」とも思ったり、
大きな会社のお家騒動なんかがあると、世襲制だからだ、と声高く攻められたり、、、。

5556.jpg

まぁ、どっちの世界も僕にはあんまり関係はないけれど、
それは、決して悪い面ばかりじゃなくて、きっといい面もあるはずで、
古くから存在する業界であればあるほど、血のつながりの中でしか獲得できない何かが
あるのあだろうなぁ、、、と思いますし、
前に書いた佐賀の眼鏡屋さんなんて、まさにそんな感じ。

僕にはまだ到底分かりません、、、。

逆に、新しい業界は、特にIT業界なんかは、ほぼ1代目だから、
こないだのソフトバンクの孫さんが、
後継者候補をグーグルから160億で引き抜いた!なんて、ニュースを
見ると、継ぐにしてもいろんな「継ぐ」があるんだなぁ、、、って思ったり。。。。

5555.jpg

ていうのは、
今日たまたま夜ごはんをみんなで食べてて、

「ニシクボさん急にころっと死んだらどうする??」

っていうニシクボさん死亡説で盛り上がってですね(笑)、、、、


「、、、まぁ、なんとかなるんじゃない?」


「そもそもさぁ、ニシクボさんて、
 CGで出来てて、ホントはいなかった設定でやっちゃうとか、、、(牛)」

とか、

「そん時は、来る仕事来る仕事、ばんばん取っちゃおうねっ!!!(キク)」

とか、、、、。

うわー、その状況、楽しそう!
そして、なんかイキイキしてる、、、。

まぁ、むしろ僕は、その状況を真面目に俯瞰で見てみたいなぁ、、、、。
実際、ニシクボさん、いてもいなくてもニコ変わんないね、、、、ってなったりして、、、。


で、

「、、、、まぁ、時々、ソラでも打ち合わせに座らせとけばいいんじゃない??
 似てるし、後ろ姿、、、、。」

的な、、、、。

5557.jpg


という、

まぁ、僕の死亡説はともかく
世襲制って、世間一般では、「そんな時代じゃない」と煙たがられがちなんですが、
やっぱりお医者さんとか、八百屋さんとか、肉屋さんとか、、、。

その地域で何代も続いているとそれだけで安心できますし、
こんなありとあらゆる職業の選択肢のある世の中に産まれてもなお、
世代を超えて続いている、っていうコトは、それだけで素晴らしいコトだよなぁ、、、
って僕は思うのです。

続けることの方が、なんでも難しいですから、、、。

5558.jpg


さて、そんな世の中、
実は、僕たちのいつもお世話になっている工務店さんや職人さんは何代も続いていたり
親子でやられていたりという会社も多くて、もちろん跡継ぎがいなくてやめる職人さんも
いらっしゃいますが、建築現場では、親子で働く職人さんもめずらしくありません。
兄弟で現場で活躍する職人さんコンビも、実はけっこう多いのです。

いろーんな職業が世の中にありますが、
同じ現場で、
こんなに親子、兄弟率が多いのは、珍しいんじゃないかなぁ、、、、。

って思いますし、(あとは、、、、芸能界くらい??)
そういう職人さん達がいる現場は、上手い下手の差はあるにせよ、
なんか、安心できるなー、って思うのです。


建物って、思いの外、長くもつものです。
作る時も大事だけど、作った後の時間の方がとても長いものだというコトを
最近改めてよく考えるようになりました。
もつ、っていうコトは、続いていく、っていうコトです。

僕たちは設計者ですから、実際の工事をするコトはできません。
だからこそ、愛情を持って、その後にも気をかけて頂ける工務店さんや
職人さんのいるチームにパスしたいな、ってつくづく思うのです。

5560.jpg

関係ないようですけど、
だから、現場でもできるだけ雑談をします。
楽しそうに仕事そっちのけで、オヤジの話や家族の話、趣味の話、時にはお酒の失敗談、、、を
してくれる人達は、なんか不思議と信用できます。

その人にとっての仕事が、ちゃんと暮らしの中にあるのだなぁ、、、、と思うのです。




僕がトウキョウ出身でもなく、
ニコが代々続いている設計事務所でもないからこそ、
僕の中にはない地域の物語や、時間の物語が家づくりに流れ出して、

ニシクボさんトコに設計頼んだら、
親戚やら、めんどくさいじいちゃん達いっぱい増えたねー

なんてコトになったら最高だな、と思うんですけど、、、、。


5559.jpg

そして、
代々続く時間や血脈の中で、

「この人の仕事は断れねーなぁ、、、。いっちょやってやるか?」

みたいな、もしかしたら今の時代では、とてもくだらない関係の連鎖が、
家や街を豊かにしてくれるんじゃないかなぁ、、、きっと。。。。。


続いてるっていう、ただそれだけのコトが、実は一番むずかしく、
感動的だなーって思うたびに、
こんな原始的な建築の仕事を選んで良かったなぁ、、、、と思うのです。
posted by 西久保毅人 at 22:52| 2015.7月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

表紙のきもち

いーやー絶対ね、、、、。

まぁ、僕たちなんかが雑誌とかに掲載してもらえたりするだけでも
正直ありがたい訳で、、、、。

それも、星の数程、たーくさんある設計事務所の中で
掲載してもらえるだけでも、ほーんとに光栄なコトなんです。。。。

だから、ましてや、ひょ、表紙なんて、、、、。

て、心の中では思いつつも、
我が子には、めちゃくちゃ偏った愛情を感じてしまう僕としては、
いざ、撮影、ってなったらなったで、
雑誌社さんの撮影に立ち会うたんびに、

「まぁ、みなさんには悪いけど、今回はうちの子がぶっちゃけ表紙でしょ。ぜったい。。。。

 だって、こーんなに楽しそうに暮らしてもらってて、ご家族にピッタリの家なんて
 そうそうある訳もないし、、、、。


しかも、今日は撮影日和。もう間違いないですね!
そして良かったですね〜、カメラマンさん。
今日は表紙になる家の撮影で、、、、。ねー。」

って、思うんですよ。いっつも。。。。

5569.jpg
「、、、だからね、カメラマンさん、どれが表紙がいいですかね??ねっ??」

って、言うんですけど、、、、、。

「、、、ふふふ。まぁ、、、、そうっすね、、、。 (シーン、、、、。)」


みたいな感じ、、、、。

そっか、まだ言えない訳っすね、、、、さずがに。
大人のアレもありますしね、、、、、。アレも、、、。


って思って、発売を待つんですけど、
残念ながら、発売されるとガーン、、、、、、。

でも、発売されれてからも、いっつも思うんですけどね、、、。
やっぱ、ニコの家が一番いいのに〜って。。。。

ほーんと、こういうへこたれない性格は、
何度すっぽかされても、何年経っても
変わらなくってですね、、、、。

まぁ、
ムダに女の子に何度もフラれたかいがあるってもんですよ、正直。。。。

しかしあまり続くものだから、最近は、ずいぶん僕の性格もヒネクレてきて、

1.いっつもいちばん良いのに表紙にならない。(僕的に)

2.良いものが表紙にならないってコトは何か別の理由がある。(ウラの)

3.表紙ってのは、大人のアレコレの事情で決まるもの。

4.てことは、僕には縁がない、、、。(しかたがない、、、。)

みたいな悪の妄想に最近
凝り固まってしまってたんですよ、正直、、、、。


それがですね、、、、、、

それがですね、
小川さんちの撮影の後なんですけど、
撮影中は、またいつもの感じで、「シーン、、、。」だったんですけど、しばらくして、

来たんですよ!実は。。。。

「ぜひ、小川さんちを表紙に採用したいんですけど、、、、いいでしょうか?」

っていう御連絡が!!!!


なんと、そんな訳で、

5562.jpg


ほーんとうに申し訳ありませんでした、数々の雑誌社さん達。。。。。。
あまりにも表紙にならないもんで、ジブン、正直、ヒネクレて、
あらぬオトナの妄想で片付けようとしていたのです、、、、。

ほーんと、スミマセン、、、、。

でも、、、、、。
ホントにいいなって、思って頂いた写真がホントに表紙になるんですね!!!!
てコトは、今までは、なんかが、一歩足りなかったんですね、きっと。。。

それを、もう、、、、、、
大人の事情で片付けようとしていたジブンが恥ずかしく思うと共にですね、、、、、

、、、、と、そんな訳で、、、、、。

5563.jpg


興奮のあまり、前置きがアホみたいに長くなっちゃったんですが、
現在発売中のLIVES、「空と緑と太陽の家」にて、
小川さんの家を、なんとなんと、なんと、表紙掲載して頂きました!!!!!

なったらなったで、
ちょっと気恥ずかしい気持ちもあるのですが、
ほーんと、とても光栄で、うれしい限りです。

ありがとうございました!

5564.jpg

ていう、そんな興奮冷めやらぬ僕らの想いとは別に、
いつも思うんですが、

そもそも家は、設計はさせて頂くんですが、僕たちのモノではありません。

だからお引き渡しをしてしまったら、もう僕たちのモノではありません。

だからこそ、こういう取材にしても、内覧にしても、何でもそうですが、
お引き渡し後も仲良くさせて頂いて、大事に住んで頂いている事の
1つの結晶なのだなぁ、、、とつくづく思いますし、
そもそもが「施主力8割」のニコ設計室なので、
ほぼ、住んで頂いているご家族の「施主力」のおかげなのです。

入居後は、限りなく施主力10割に近い気がしますけど、、、、。

5570.jpg

今回の小川さんちは、ほーんと「空と緑と太陽の家」っていう雑誌のテーマにピッタリな暮らしぶりで、
前に撮影の日のコトを書きましたが、これからもとても楽しみです!

ぜひ、本屋さんで見かけましたらご覧い頂くとともに、
久しぶりにこんなコトも、、、、、、、してみようかなーって、思ってます。



小川さん、ホントにありがとうございましたー!!!

5566.jpg


posted by 西久保毅人 at 21:55| 2015.7月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

言葉少なに、、、。

届きたいのだな、、、って思いました。

「届けたい」のではなくって。

5582.jpg


仕事であれ、スポーツであれ。。。。。

5581.jpg

なんであれ。。。。

posted by 西久保毅人 at 22:36| 2015.7月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする