2015年04月07日

わしわし

先日、ちょっとトウキョウを抜け出して、
京都へ行ってきました。
たまたま思い立って、、、っていうか、、、、
しばらくずーっと行きたかったんです。

5269.jpg

一番の目的は、今年、使えたらいいなぁ、、、って
思っている、京都の綾部市っていうところで作られている
黒谷和紙の職人さんに会いに。
京都市内からさらに車で2時間程でちょっと遠いんですけど、、、。

5260.jpg

5261.jpg

とはいえ、どんなところなのかとか、
どこまで見せてもらえるのか、、、、とか、
行ってみるまで分からなかったのですが、たまたま職人さんたちもいて、
和紙の作られ方を丁寧に教えて頂きました。


5262.jpg

コウゾを伐採して、煮るところから始めて、
何度も何度も、細かく細かく木の繊維を解きほぐし、
解きほぐしては洗いを繰り返し、
最後にまた一枚の和紙になるっていう、、、、、。

5263.jpg

5264.jpg

なんていうか、和紙っていうと、ちょっと高級品だったり、
日常とあんまり縁のない素材のように思いがちだったんですが、
その工程を見ていると、
なんだか、食べるための料理を作っているような感じで、
本当はとても身近な素材なんだなぁ、、、って思いました。

とても原始的で、
電気も、機械も、スイッチも、、、、。
なーんにもないすべて人力の工程。

5275.jpg

5267.jpg

そして、ご自宅でもあるアトリエで
いろいろな和紙の貼り方を実践されている様子も見せて頂きました。

5268.jpg

床にはったり、

5265.jpg

壁にはったり、

5273.jpg

くるんでみたり、

5271.jpg

包んでみたり。

5270.jpg

仕事柄、紙にはとても興味があるんですが、
書くための紙だけではなく、暮らしを包み込むようなこんな和紙の使い方って
とても新鮮っ、っていうのと同時に、
こんなに身近な素材なのに、なんでケンチクにあんまり使われないんだろう??
って不思議な気持ちになりました。

ほーんと、和紙で包まれた空間や、モノ達は、
とてもやさしい肌触りで、その場にいるだけで気持ちも空気も優しくなる感じ。
そして、その和紙の上に置かれたモノ達も、他の場所に置かれているよりも、
なんだか静かにいきいきしてるというか、、、。

なんていうか、コップやテーブルが、屋外の森や草原に置かれていると
魅力的なのと似ているのかなぁ、、、、。和紙はもともと木だし、、、。
そっか、、、、
てコトは、木から作られた和紙の空間は、屋外の自然を家の中に引きこんで来てくれるのかな、、、。

とにかく、中でも外でもないような、、、、不思議な空気を感じました。

しかし、ほーんとこの空気感は、
なかなか写真で伝えるのは難しいなぁ、、、、、、。


5272.jpg

そういう意味でも、
実際に見にいって、触れて、
これはぜひいろいろ使ってみたいなーって思ったのでした。

5274.jpg

うーん、やっぱ、
写真には写らない美しさ、ってやつは、この世にあるもんだなぁ、、、。
posted by 西久保毅人 at 22:56| 2015.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

まけるな実物!(マシューズさんの家)

さて、今週末はマシューズさんちのオープンハウスです。

5254.jpg

いつもそうなんですが、
お引き渡しが近づくと、ホントにマシューズさんがイメージした家に
はたして近づくコトができただろうか?
そんなコトばかりが気になりだして、あれやこれやと最初のメールから何から
見直してしまいます。。。。

5298.jpg

そうそう、始めてご連絡頂いたのは、実は2年前の、
たまたまですが、僕の誕生日であったコト。

しかも、カタカナのお名前だったので、
はたして、僕たちのコテコテジャパンな言語能力で通用するのだろうか?
と、少々不安でもあったコト。。。。

5297.jpg

でも、それより何より、
異文化で生まれ育ったマシューズさん御夫婦が、
僕たちに日本での終の住処を頼もうっ!て思って頂いた事の方が、
何よりもうれしかったです。

まぁ、言ってしまえば、日本人だからといっても気が合わない人
もたくさんいますから、そんなのは関係ないんですけど。。。。。

5285.jpg

5301.jpg

、、、、と、そんなスタートだったんですが、
初回の御提案してしばらくしてから、
マシューズさんから、模型が届きました。

もう、その時の感動と言ったら,,,,,。

5286.jpg


5287.jpg

なんというか、、、、、、、

「わたしたちは、こんな家に住みたいんですー!」

と、言葉以上に語りかけてくるような、そんな模型でした。

上手とか下手とかそういう次元ではなくって、
伝えるっていうのは、こういうコトなんだなぁ、、、と
いうコトと、
もの作りそのものの、喜びや、楽しさが伝わってくるような、、、。

5302.jpg

5288.jpg

それからも、お部屋ごとの、いろんな模型を作って
イメージを伝えて頂きましたし、
僕たちも、シンディーさんの模型をとても楽しみにしていましたし、
なんとかその模型達に実物が近づけば良いなぁ、、、、
むしろ、そのまま実物もできたらいいなぁ、、、、
と思いながら、進めさせて頂きました。

5290.jpg


5291.jpg


5292.jpg

だからですね、、、、、
こうやって
模型写真と実物写真を並べてみた時に、
どっちが実物か分からないといいなぁ、、、と思いますが
いかがでしょうか?

5303.jpg

5293.jpg

うーん、きっと模型は、植物もモリモリとしているから、
きっと完成後、5年後くらいでしょうか?

5300.jpg

そして実はまだまだマシューズさんの暮らしが入っていないから、
厳密にはまだまだ完成していません。

なので、お引っ越しされて、5年くらい経った時には、
本当に模型なのか、実物なのか分からなくなるといいなぁ、、、
と真新しい現場にいると思います。

5294.jpg

5299.jpg


5295.jpg

さて、そんな訳で、オープンハウス。

週末が楽しみです!
天気がいいといいなぁ、、。

5296.jpg

5284.jpg

マシューズさんは雨男なのだそうですが、
僕は晴れ男なんですよ!

さて、どうなることやら、、、。
posted by 西久保毅人 at 22:57| 2015.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

ようこそ、マシューズさんの家へ!

さて、シンディーさん、おはようございます!
おまたせしました。

5306.jpg

ようこそ、マシューズさんの家へ!

5305.jpg



5304.jpg

そうそう先週末の土曜日のこと。
天気予報は90%の雨の予報の中、
マシューズさんちのオープンハウスをさせて頂きました!

超雨男で有名なマシューズさんと、超晴れ男で無名な西久保さんが一緒にいる日なので、
はたしてどうなるでしょうか、、、、?

マシューズさんの方がずいぶん大きいから、パワーが強いかなぁ、、、、
と、思っていたのですが。。。。。

5390.jpg


5307.jpg

結果は、なんと
午前中、雨がちらほら降りつつも、
午後には完全に雨が上がるっていう、まさに雨も晴れも
両方とも楽しめる、贅沢な一日となりました!

そして、終わったとたん、また降り出すという、、、、。

まぁ、両者ゆずらず、、、、、というところでしょうか。。。。

5308.jpg
■■■■玄関の引き手は、木のモチーフに「c」はシンディーのc。■■■■
5309.jpg
■■■■玄関は、石を埋め込んだ洗い出し仕上げ。■■■■

5310.jpg

そんな天気だったのですが、
なーんと、100人を越えるご来場!!!

5311.jpg

ほーんとに、たくさんの方に見に来て頂き、
とても感激でした!!!

しかも、その半分は、実は子供たちなんじゃないかっていうくらい
にぎやかなオープンハウスでした。

中には、現在設計をさせて頂いている御夫婦の御両親まで。

5312.jpg

その年齢層、っていったら、、、、、

5387.jpg

もーう幅広くて、
お腹の中の赤ちゃん(2名)、1月に出て来たばかりの赤ちゃん(1名)から、
推定70歳まで。

産まれる前から、おじいちゃんおばあちゃんまでという、
すべての世代の方々にご来場いただいたっていうコトになりますねー。

すごいコトですね!

5313.jpg

いつもシキチの境界を感じないような世界を作りたいと思っているんですけど、
それ以上に、こういう風に世代っていう境界もなくなるといいなぁ、、、とも思いますし、
今回はアメリカで育ったマシューズさんの家を設計させて頂いた訳ですが、
もはや人種っていう境界すらも、僕はまったく関係ないなぁ、、、って思います。


5314.jpg
■■■■塗り分けた子供室1。よじ登るとリビングへつながります。■■■■


5315.jpg

空間や場所を楽しんだり、
「気持ちいいね」「楽しいね」っていうのには、

ほーんと、年齢も、人種も、国も、関係ないのですから。

唯一、

「好き」

を共有できるかどうかだと、僕は最近、思うのです。
それだけ共有できたら、あとは境界はありません。

5316.jpg
■■■■塗り分けた子供室2。よじ登るとリビングへつながります。■■■■


5317.jpg

さてさてマシューズさんち。
最初に訪れたシキチには、
この松の木と梅の木と紅葉が、からまるように残っていました。

日本の木、の代表選手のようなこの3本の木。

このあたりが、マシューズさんのセンスなんだろうなぁ、、、って思います。

5318.jpg

だから、この木々をはじめ、
周辺の街の抜けや、空地と呼応するように建物の設計を始めました。

「あぁ、この街を選んで良かったぁ。」

と思えるように。

5319.jpg

あとはもう、
マシューズさんたちの好きなものたちをちりばめるだけ。

5320.jpg

5321.jpg

5322.jpg

シンディーさんの、想いのこもった模型達に
ぼくらも負けずとエネルギーを頂きつつ、、、、、。
5323.jpg
白樺や、、、、。
5324.jpg
フジサンや、、、、。
5325.jpg
レールや、、、。
5326.jpg

あれ、、、。
僕たちの提案、ほとんどないかも、、、、、(汗)


という訳で、
毎度、毎度、
施主力まかせのニコ設計室でしたが、、、、。

5327.jpg

5328.jpg

5329.jpg

そうそう、このぴょこん、っていう
可愛らしい家の出会い方は、数少ないぼくらの御提案かなぁ、、、。

ちょうど道と接しているこの部分だけ、斜線制限がゆるくなるので、
それを利用して、突き当たりの印象的な出会い方を考えました。

5330.jpg

そうそう、この地域、実は斜線制限が厳しくて、
あんまり高い建物をつくれないんですが、
なにせ、マシューズさんは、192センチ!!!

5331.jpg

さすがにいつもの寸法では頭打っちゃうでしょうし、
居心地悪いでしょうから、
少しでも天井は、高く高く。

5332.jpg

その中にも、しっかりとコントラストを付けるように、
2階のリビングは、空に繋がるようにしました。

5389.jpg


5333.jpg



5334.jpg

5335.jpg

だから、台所やカウンター等、
いつものニコのお家よりも、高い場所が多いのですが、
おかげで大きなマシューズさんが、大きく見えないお家になって、
ほっと一安心です!

反面、小さなウシがカウンターに立つと、
子供のお手伝い風景に見えて、ちょっと笑えるんですけど、、、、(笑)

5336.jpg

キッチンは、ながーいモルタル製で、
窓からは、庭越しに、街の向こうまで見通せる特等席。

5337.jpg

5338.jpg

小川さんちのちびっちょも、初の国際交流でしょうか?

5391.jpg

5339.jpg

そして、午後は、とても気持ちのいいお天気になりました!

5340.jpg

こういう小さな形や素材の写真を見ていると、
マシューズさん達との検討の紆余曲折が思い出されますねー、ほんと。

こういう丸い床の切り込みも、マシューズさん達のアイディア。
僕たちだけだと、絶対出てこないアイディアだよなぁ、、、ホント。

5341.jpg


5343.jpg

そして、テラスは、立体的になっていて、
だんだんと1階の庭まで下りられるようになっています。

、、、、山崎さんがはーちゃんとデート中、、、。
5388.jpg

5346.jpg
いつもおしゃれな長谷川夫妻。
毎回のように、もう皆勤賞ですねー。ありがとうございます!

5347.jpg

暖炉の後ろにある、緑色のライブラリーっていう空間は、
リビングに対して、少し薄暗い空間なのですが、
ここは、小さなスキップフロアになっていて、1階の子供部屋まで
繋がっているのです。

5348.jpg

子供達はきっと、
よじ登ってくれると思うんですが、、、、。

5351.jpg

5352.jpg


5354.jpg

もう1つの、キミドリのお部屋は、
洗濯室兼、子供達の実験室のようなスペース。

そうそう、マシューズさんちの子供達の工作や実験は
前に家の時からとても面白くて、ダイナミックでしたので、
彼らがこの家で、どんな実験をしてくれるのかも、
お引っ越し後の楽しみです!

5355.jpg

いろんな道具が引っ掛けられるように、
穴のあいた「有穴ベニヤ」の仕上げにしています。


5357.jpg



5360.jpg


5364.jpg

そして今回も、たくさんの今まで設計させて頂いた「ニコファミリー」が
見に来てくれました!
写真は、坂本さんちのファミリー。

大きくなったねぇ,,,。と孫のように感慨深いですー。

5365.jpg

5366.jpg

さて、楽しい時間はあっという間。。。。。


5367.jpg

雨から始まり、お天気になりと、
一日でガラリと違う雰囲気を楽しめた今日ももうおしまい。

5368.jpg

しかし、だんだんと薄暗くなっていくマシューズさんちも
雰囲気があってとても素敵です。

5369.jpg
お風呂。

5370.jpg
白樺の木立の畳コーナー。


5372.jpg
暖炉とライブラリー。


5374.jpg
シンディーさんの模型。
5375.jpg
夕暮れ。

5376.jpg

5378.jpg
エキゾチックな紅一点。

5371.jpg
、、、、とそうこうしているうちに、
シンディーさんがキッチンへ。

なんだか人の家にお邪魔しているような気分になってきました、、、、。


5380.jpg

なんだか、もうすでに、

「マシューズさんの家」

になっちゃったみたいに、マシューズさん一家が、とてもよく似合います。

5381.jpg

子供達までよく似合います。

なんだか夕暮れとともに、

「マシューズさんの家」

になってしまったようですね。。。。。

5382.jpg

とても長い時間、お待たせしましたが、
ほーんと、マシューズさんご家族がよく似合う家になって良かったなぁ、、、
って思いました。

マシューズさん達との、たくさんのエピソードが思い浮かぶのですが、
忘れられないのは、いろんなやり取りをしている中で、

「、、、、隔靴掻痒(かっかそうよう)な気持ちです。。。。」

っていうメールを頂いた事。

こんな4字熟語、見た事もなかったんですが、意味を調べると、

「、、、靴の上から足のかゆいところをかく様。もどかしい。」という意味でした。

僕たちのいい加減さもあるのですけれど、やっぱり言葉が十分に伝わらないような
もどかしさがあるのだろうなぁ、、、そういう気持ちにさせているのだろうなぁ、、、
と、反省したのを覚えています。

5383.jpg

しかしオープンハウス後の、恒例の打ち上げの際、
そんな話をマシューズさんにしたのですが、

「、、、、えっ?僕、そんなの送りましたっけ??」

とのコト、、、、。
ただ和訳ソフトで調べた熟語をそのまま使ったので大した意味はないよ、、、、とのコトでした(笑)


ほーんと、コミュニケーションは、面白いですねー!

5384.jpg

いちおう、ダイニングにはそのうちにテーブルを置かれる予定なんですが、
こういう何にもない、っていうのも、
ピクニックみたいでいいなぁ、、、と思いました。

5386.jpg

おうちは何とかできましたが、
お家の中で日々、四季折々、ピクニックをしているような、
そんな楽しいマシューズさんちの暮らしがはじまるのがとても楽しみです!

そして、マシューズさんちは、もう、ぜーったい
お引っ越し後のほうが素敵な家になるに違いないので、
お引っ越し後がとても楽しみです!!!


ご来場して頂いた皆様、マシューズさん
楽しい一日を、ありがとうございましたー!
posted by 西久保毅人 at 22:55| 2015.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

木もれ日シアター

現実は、想像よりも素敵だ!

5392.jpg



5393.jpg



5394.jpg



5395.jpg

、、、、ていうか、
想像すらしてませんでしたけどね、、、、、、。

木もれ日シアター。


日頃の行いがいいからだなー、きっと。。。。。
posted by 西久保毅人 at 22:20| 2015.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

にじゅうはち

中2になったリンタロウ。

靴が壊れただの、足が痛いだの、、、、。

こないだ買ったばかりじゃん。
もう、、、ただでさえ、バッシュ、高いんだから、、、、、。


て、思っていたら、

足のサイズが、、、、、、、

5397.jpg


なーんと、28センチになったとさ。。。。。

驚き!!!

はたしてこれは、何ゲノムでしょうか、、、、、?

5396.jpg


まぁ、動きはあいかわらず、、、、、、

5398.jpg



「、、、、なんのスポーツ??」

っていう感じではありますが、、、、、、。(笑)
posted by 西久保毅人 at 22:53| 2015.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

来週、埼玉県でオープンハウスをさせて頂きます!

だんだん暖かくなってきましたねー。

5401.jpg

来週からゴールデンウイークですが、5/2(土)に、埼玉県鶴ケ島市で設計をさせて頂きました
「田口さんの家」
のオープンハウスをさせて頂く事になりました!


5403.jpg

こないだウシが、あたかも和紙張り隊長かのような横取りレポートをを書いていましたが、
そうそう、、、、、、、、その田口さんちです。

いろんなご縁があって、ニコは和紙ブームなんですが、
思いついたら押しつけずにはいられないのが、ニコの性(さが)。

見合いを強引に勧める田舎のおばちゃんのように、

「ねっ、ねっ、とりあえず会ってみるだけでいいからさっ。悪い人じゃないし。。。。。」
という具合で、サブリミナル効果のようにさりげなく事務所に和紙張りの見本を置いていたり、、、、。

あげくの果てには、
コソっと仕上げをすり替え、気がついたら初の和紙張りワークショップを
させて頂いた田口さんち。

僕たちは「コソっと」のつもりなんですが、
いつも、きっとしっぽは見えているんだろうなぁ、、、、と思いますが、、、、。

5404.jpg

まぁ、そんな
頭隠して尻隠さず、がモットーのニコ設計室。

僕たちの思考や習性は、
長く付き合って頂くと、すぐにバレてしまうようですので、
先日もさっそく、もうすぐ着工の大山さんには、

「、、、、早めに言っときますけど、、、、、、

 ウチは和紙、い・り・ま・せんからねー(笑)」

と念を押されてしまいました、、、、。

またぁ、、、、。。。。

、、、、、まぁ、都合の悪いコトは、
言われてもすぐ忘れるのが僕らの性(さが)でもあるのですが、、、、。

馬耳東風。。。。。


「頭隠して尻隠さず」なくせに、「馬耳東風」って、結構最悪ですね、、、(笑)

5405.jpg

さて、田口さんち。

5406.jpg

いろんな世代のご家族の家作りをさせて頂いているんですが、
田口さん御夫婦は、もうお子さんも独立した、年齢的には大先輩の御夫婦です。

そういう意味では、終の住処のような家づくりでした。

でも、、、、終の住処って何でしょうね?
絶対に、2人寂しく暮らす家ではないはず!

むしろ、ジンセイが、もう一度花開くような。
さらに世界が広がってくような、、、、。

きっとそんな家のはずです。


5407.jpg

そして、ほーんと、人と人の関係って、
年齢じゃないなぁ、、、、って思うんですけど、
御夫婦とも、ほーんと若々しくて、
気を抜くと、僕の方がオヤジだなぁ、、、、、って思わされるコトも多々あり。。。。

共有できるカンカクや、「これいいですよねーっ!」って思えるコトが
たーくさんあって、
むしろ僕たちの方が、素敵な価値観や楽しみをたくさん教えて頂きました。

最近は、親子のような歳の差のお友達ができるコトが多いなぁ、、。
年齢と共に、どんどん自分の境界がなくなっていっている気がします。。。。

5408.jpg

そんな訳で、家としては、御夫婦の住まいなんですが、
奥様の洋裁のアトリエがあり、
新居では、お洋服の展示会をしたり、時にはカフェのようなイベントをしたりと
家ができるコトで、
たくさんの人が集まれるような空間を目指して設計をさせて頂きました。


5409.jpg

歳を重ねてから建てる家が、

第二の人生を、よりにぎやかにしてくれるように。

たくさんの新しい素敵な出会いが起こるように。

そして、いつの日か孫達が、

「おばあちゃんちに今日も泊まりにいくーっ!!!」

って楽しみにしてくれるような家になるように。。。。

5410.jpg

、、、、とそんな訳で、
引っ越す前から、

「ねぇねぇ、引っ越しパーティーでは、キクチさん達、何食べたい??」

と、

ありがたいコトに
やっぱり、相変わらず、
食べるコトと飲むコトの打ち合わせばかりをさせて頂いています。。。。

5411.jpg


まぁ、こんなコトだから、
気がついたら壁が和紙になったりするんですけどね、、、、、、。


みなさん、気をつけましょう!


東京からは少し遠いですが、
内覧をご希望の方はぜひぜひ、お問い合わせ下さい。
こちらまで。
posted by 西久保毅人 at 22:56| 2015.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする