2014年04月02日

施主力100% 

稲城市に、隠れ家的な多国籍料理の店、Bar de HASEGAWA(バル・デ・ハセガワ)っていう、
粋な御夫婦が、気まぐれにオープンするお店があるそうです。

4151.jpg

聞くところによると、
一見、見た目は、料理屋には見えないよ、、、とのコト。


それもそのはず、
なんてったって、その御夫婦の家づくりの注文は、

「玄関入ったら、左は、バイク屋さん、、、

4168.jpg

右は、洋服屋さん。


4149.jpg

、、、、、そんなおうちにして下さい。」

だったそうなのです。

そりゃー、料理屋だって、分かる訳がありませんよねぇ、、、、。


だから、たいていは、
そこで引き返すお客さんが多いそうなんですが、
紹介してくれた人によると、、、、、



4148.jpg

「、、、、まぁ、そこはだまされたと思って、2階に登ってごらん。。。。。


そうでなくても、きっと到着する頃にはね、
家の外まで、おいしそうなニンニクの香りがぷんぷんしてるだろうから、
まぁ、登らない訳にはいかないだろうけどね、、、、。

そう、
目だけじゃなく、時には、鼻だけを定規に進むコトだって、大切な事だよ、、、。


4152.jpg

そして、無事、2階にたどり着いたら、どうしたらいいかって??



まず、そこにはこだわりのキッチンの前で、
鍋の火加減をこまかく気にしている男がいるだろう?

4155.jpg

そいつが、伝説のシェフの、ハ・セガワ=エスパニュールだ。


4153.jpg

そして、おそらくその横のカウンターには、

「一見この店の常連さん、、、??」

かのように、酒を片手に酔ったように振る舞いつつ、
シェフの目を盗んではするどい眼光で、ちょいちょいキッチンに立つ女性もいると思うんだが、、、、。


4159.jpg

その女性は、エアリー・ハセガワ

伝説の酔拳の使い手だ。気をつけろ!(笑)


4165.jpg

その2人こそが、この店のオーナー兼、シェフな訳だが、、、、。


、、、、、、、、
まぁ、そこまでたどり着いたら、それから先はお楽しみ、
自分の目と、鼻と、舌で、、、というコトで。」


とのコトでした。

4158.jpg


たどり着くまで、ちょっとドキドキでしたが、
ほーんとうわさ通りの隠れ家的なお店!!

隠れ家的っていうか、だれかのおうちのようで、そうでもないような、
どこかの設計事務所が設計したようで、そうでないような、、、、。

4167.jpg


、、、、っていう、、、、

まぁ、先日、長谷川さんにお招きいただいて、
さんざんただ、食って、飲んできましたよ、っていうそんな話な訳なんですけど、、、、。


4163.jpg

かれこれお引き渡しから、半年くらいでしょうか?

ゆっくりお邪魔したのは久しぶりだったのですが、
とても楽しく、長谷川ワールド全開で暮らしていただいている御様子が、
とても嬉しかったです。

そんな訳で、以前までは、よく施主力7割のニコ設計室、ってよく書いていたんですけどね、、、、


4164.jpg


すみません、撤回します。
長谷川さんちに関しては、もはやこの時点で、施主力100%って感じで、
隅から隅まで長谷川さんち、でしたし、
でも、まだまだこれからも、どんどん長谷川さんのカスタムで、
成長していくんだろうなぁ、、、楽しみだなぁ、、、、
と思って嬉しかったです。

こうなれば、もうニコの僕たちなんて、
お酒飲んで酔っぱらってればいい訳ですし、、、。


4150.jpg

まぁ、とにかく、

愛されてるなぁ、、、、、長谷川さんち。

って思えた夜でした。



ちなみに、二度目の来店からは、
クラシックギターの生演奏が聞けるらしいので、はやくまた行きたいです!

おそくなりましたが、ごちそうさまでしたー。

おしまい。
posted by 西久保毅人 at 18:32| 2014.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

そうそう、建もの探訪、飯島さんち、明日4/4に放映ですー。そして。

今日のマシューズさんちの地鎮祭レポートは、
牛(ぎゅう)に、まかせておくとして、、、。



そうそう、
すっかりと、告知が遅くなってしまいましたが、

4178.jpg

明日4/4(金)のテレビ朝日「渡辺篤史の建もの探訪」にて、
飯島さんちが、いよいよ放映されます。

4175.jpg

時間的には、明日って言うよりも、今日の夜中、って言った方が早いような、
早朝の朝4:30〜の放映ではありますが、
ぜひ、早起きして、もしくは録画して、見ていただけたらと思います!

4171.jpg

撮影中は、、、、、、


毎度のコトながら、僕は撮影に立ち会うには立ち会うんですが、
渡辺さんが家を見ている間は、僕たち設計者は近くにいてはいけない、という、
建もの探訪のきびしいルールがあってですね、、、、


4172.jpg

「、、、ハイハイ、ニシクボさんは、この椅子でも持って、そとそと。
 カメラに写らないとこにいて下さいねー。」

と、笑顔で2時間程、そとに放り出され、1人、放置プレイなのです、、、実は。。。。

なので、立ち会った、っていうよりも、
ちょっと遠くで、こっそりと眺めていただけなので、内容は分かりませんが、
飯島さんちのコトだから、きっと楽しい事だと思います。
楽しみです。


4170.jpg

、、、、、というか、
飯島さんち
小さすぎて、30分持つのでしょうか、、、、??

という、余計なお世話の、心配もあるにはあるのですけれど、、、、。

4177.jpg


目下の悩み事としては、


さて、これから、放映まで起きている方がいいのか、
もう寝た方がいいのか、、、、、、?


4179.jpg

どうしようかなぁ、、、、。


4180.jpg

そして、来週末4/13(日)は、
いよいよ、ニコ初関西のおうち、
神戸の「曽根さんの家」のオープンハウスを予定しています!

内覧をご希望の方は、上のお知らせの絵をクリックしてお問い合わせ下さい。

posted by 西久保毅人 at 17:36| 2014.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

そして死について。

先週末、世田谷でこれから工事の前川さんの家の地鎮祭でした!

4185.jpg

そういえば
土地も決まっていないころに、会いにきていただいて、かれこれ1年半くらい
経ったのかなぁ、、、と最初の時を思い出します。
そもそも前川さんたちものんびりで、僕たちも、のんびりで、、、、、。

そんな訳で、ようやく着工です、、、。

4188.jpg

地鎮祭の後、いろいろ雑談をしていて、

「あぁ、将来、家で死ねたらいいな、最近つくづく思うんです。。。」

と前川さん。

暗い話のようだけど、実は家のもつ役割の、いちばん大切なコトなのだと
時々思います。

4186.jpg

実は、人生のホントの最後を、家で過ごせる人って、とても少ないそうです。
いろんな状況や、事情があるんでしょうけど、、、。

4187.jpg

そんな話しをしていたら、本間さんちを思い出しました。

本間さんと打ちあわせをしていた頃って、かれこれ10年くらい前かなぁ、、、。
メール見返したら、ほんとピッタリ10年前でした、、、。
時の経つのは早いですねー、本間さん。

とは言いつつほとんど、打ち合わせを肴に、お酒ばっかり飲んでいた気がしますが、
実は本間さんからも、同じようなお話を聞きました。

4183.jpg

そんな訳で、
本間さんちの道路側の大きな扉は、
実は、将来、棺桶を家から出すために設けたものなのですが、
ほんとは、あける予定のなかった壁が、大きく開く、っていうコトが、
実は、本間さんちの日常の中で、とても大事な開口部だったなぁ、、、
と行くたんびに思います。

4181.jpg

もし、そんな話がなかったら、きっとこの壁は開かなかったんだと思うのです。

なんというか、、、、

とてもとても、未来のコトをイメージしたものが、
とてもとても、近い日常を豊かにする、というコトに、この時に勉強させていただいたのです。


4182.jpg

とてもとても、未来のコトをイメージしたものが、
とてもとても、近い日常を豊かにする。



とてもとても、未来のコトをイメージしたものが、
とてもとても、近い日常を豊かにする。



前川さんちも、そんな家になるといいな。

すべての家が、そんな風になるといいな。

すべての街が、そんな風になるといいな。




そしてそして、今週末は、
そんな街の未来を考えた、神戸の曽根さんちのオープンハウスな、訳なのです!

完成間近、今日、行ってきましたが(曽根さんと飲みに、、)、とても良かったです。
街になじみすぎて、最近、通り過ぎちゃうんですけどー、、、、(汗)

4180.jpg

内覧をご希望の方は、こちらまで。
posted by 西久保毅人 at 00:54| 2014.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

曽根さんの家、オープンハウスでーす。

さてさて、
いよいよ今週末は、神戸で設計をさせていただきました、曽根さんちのオープンハウスです。

4180.jpg

前回の香川県の竹安さんちに続き、今度は関西でのニコ初仕事!です。

4189.jpg

でも、実は、曽根さんに最初にお問い合わせを頂いたのは、
竹安さんちよりも早くて、、、、、、、2010年のコト。

それから、時々、ぽつりぽつりとやり取りをさせて頂いていましたが、
僕も、遠距離恋愛初めて、、、、、っていう、コトもあり、
正直、

「、、、この人達、本気なんかなぁ、、、、??」

と、半信半疑ではあったのですが、、、、、


4195.jpg

1年以上しばらくして、かなり突然、ニコにご家族全員で、しかも、おなかには
夏に産まれる赤ちゃん付きで、総勢5人でいらっしゃった日のコトは、
今でも忘れられません。

きっと、あの日が、曽根さんちのスタートだったのかなーと思います。

「おっ、本気だ!」


、、、、とそんな訳で、
いつものごとく、楽しくも、ちょいちょいご迷惑もおかけつつ、、、、、(汗)
ようやく完成を迎える事ができました。

、、、、ちょいちょいでもなかったかなぁ、、、。。。。。

4197.jpg

その時、おなかにいた赤ちゃんも、もう、こんな大きくなっちゃって、
時の経つのは、早いものです、、、、。

4193.jpg

さて、曽根さんちのある場所は、
観光地のハーバーランドまで徒歩圏内なんですが、すぐそばには高速や大通り。
高い容積率のために、ビルやマンションに囲まれた環境の中に残る、木造長屋の連続した古い町です。

4190.jpg

敷地は道路に面して20mの長さなのですが、
奥行きは3m〜5mと、敷地というよりも、道のような場所でした。

4192.jpg

古いものと新しいもの

高いものと低いもの

速いものとゆっくりとしたもの

そんな真逆の風景が入り混じる奥様の生まれ育った街の中。



4194.jpg



曽根家5人家族の暮らしを守りつつも、
街とのんびりと連続しながら、気取らず笑いの絶えない暮らしができるよう、

昭和の風景のように、道ばたで子供たちがボールとバットで遊んでいるのがよく似合う、
この下町のようなのどかな街並が、これからもつながっていくよう、楽しく考えた住まいです。

4196.jpg

内覧をご希望の方は、ぜひぜひお問い合わせ下さいませー。
こちらまで。
posted by 西久保毅人 at 00:06| 2014.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

上棟

4198.jpg

小川さんの家






さて、神戸へ
4180.jpg
posted by 西久保毅人 at 04:19| 2014.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

曽根さんの家のオープンハウス、、、のような飲み会

先週末、初の関西、初の神戸で設計をさせていただきました、
「曽根さんの家」のオープンハウスでした!!!

4223.jpg

僕らにとっては、完全アウエー、な場所なんですけど、
ホームだよー、って思わせていただけるようなそんな嬉しいお客様の数々。

海をわたり、香川の竹安さんご家族もかけつけてくれて。

4201.jpg


そんな訳で、ホルモンをつまみに、飲み会。

飲み会風、オープンハウス。


4247.jpg

オープンハウス風、宴会です、、、。

4200.jpg

今回は、関西で活躍されている建築家の方々も、
来ていただいて、とてもうれしかったのですが、

「オープンハウスで酒盛りしてるのは、初めてですよー!」

と、かなり、きょとん、、、、とされていました。

4202.jpg

えー、知らないの?? これが関東風です。。。

4203.jpg

4204.jpg

さてさて、曽根さんの家。

4205.jpg

ほーんと、最初にシキチを見せていただいた時に、

「ここです。」

って言われた場所が、あまりに長ほそくて、ビックリしました。
20mくらい、道に接してるんですけど、
奥行きがうすくて、車がはみ出しちゃうくらい。。。。

4206.jpg

今思うと、
もし奥様が、この場所で産まれ育っていなかったら、
この土地に家を建てようなんて、思わなかったんじゃないかなぁ、、、、。

でも、きっとこの場所にもともと古い長屋が建っていて、
そに暮らしがあったコトを知っているから、漠然とした「住めるっ!」
っていう、自信みたいなものがあったのかなぁ、、って今では思います。


4207.jpg



4208.jpg

だからか分かりませんけど、
そういうえば、打ち合わせをしている時も、
狭いとか、もっと広く、、、、っていうような、
ケンチクにありがちな話しは一切した記憶がないなぁ、、、。

不思議と。。。。


4209.jpg

4210.jpg

最後はいつも、なんとなく、

「わたし、よう分からんねん。。。

それより、そろそろお酒だしましょかー、、?」



4211.jpg

4212.jpg

でも、それは、遠い僕たちに設計を頼むっていうコトの、
どう考えたって悪い条件も、実は同じようなコトかも知れないなぁ、、、
とも実は思います。

どっちも、なんていうか、、、、
物理的な問題です。

4213.jpg

物理的な、大きさ、広さ、小ささ。

物理的な、距離、遠いコト、近いコト。



4214.jpg

どうしても、僕たちはそういうブツリテキなものにしばられます。

数字で表現できるもの。
数字で表現されたら、どうしようもないもの。


あたりまえのコトなんですけど、、、。


4215.jpg

ましてやケンチクなんて、まさにその典型なのかも知れませんねー。
クリックひとつでかえませんし、
メールだけではできませんし、、、。

それはもうあたり前で、しかたのない事なんですけれど、
このインターネットでなんでも繋がっちゃう世界とは真逆の、
超アナログな世界。

4216.jpg

でも、ほーんとにもう、
申し訳ないんですけど、、、、、
そんな世界で生きてるからかも知れませんけど、、、

僕、数字で表現されるものに興味がないっていうか、信用してないっていうか、、、。


一応、理系なんですけど、
だから建築学科、僕に合わなかったんだなぁ、、、とつくづく思うんですけど、、、。

4217.jpg

理屈は、そうだけどさぁ、、、。
数字でいえば、もちろんそうかもしれないけどねぇ、、、。

それが、もちろん正論で、正しいってコトくらい、
頭ではわかるよ、もちろん。

4218.jpg

でも、それが、
HAPPYかどうかは、
いいな、って思えるかどうかは、
また別の問題だよなぁ、、、、と思うのです。

メンドクさいんですけど、
僕が世の中でいいな、って思えるコトは、数字で表現できないコトだらけ、、、。

4219.jpg

そんな訳で、
ぼくだけこんな風に思ってても、なにもうまれませんし、
こんなメンドクさい僕らに共感してくれる人達との出会いなんて
めったにある事ではないだろうなぁ、、、っていつも思ってるんですけど、
今回も
曽根さんご家族とは、最初にお会いした時から、
なんか、他人の気がしなかったなぁ、、、、。

なんだろうな、この不思議なカンカク。。。

曽根さんたちも、そういう風に感じてくれてたのかな、、、。

4220.jpg

もう、なんていうか、
とても言葉で表現できない不思議なカンカク。


すみません、ほんとに説明できません、、、。


4221.jpg

でも、そんなとてもテキトーで、あやふやなカンカクなんですが、
一昨年は四国で、同じように竹安さんと出会い、
その竹安さんのオープンハウスに、曽根さん達が来てくれて、
今回は、もうおうちできたのに、
竹安さん家族が、曽根さんちに来てくれて。

4222.jpg

なんだろう、この親戚のあつまりのような輪は、、、。


41歳にもなって、
もう新しいお友達のできる年でもないはずなのに、
ほんとの親戚だって、きっとこんなに仲良くないのに、、、。


こういう、いびつで、偶然で、必然で、適当で、ゆるくて、いいかげんで、、、、。
なのに言葉では表現不可能なとても強い結びつきを

もしかしたら、、、、
吉阪 隆正の言葉をかりると、「不連続統一体」、とでも言うのだろうか??


4224.jpg

4225.jpg

4226.jpg

4227.jpg

4228.jpg

独立した時は、
こんなコトが起こるなんて、夢にも思わなかったです。

そして、ケンチクってすごいなぁ、、、、とつくづく思います。

4229.jpg

たとえば、住宅にしても、ビルにしても、
本当にテキトーに、何の愛情もなく作られているものはたくさんあります。

売るために作る、税金対策のために作る、投資として作る。。。。。

4230.jpg

別にどんな作られ方をしても悪い事ではないし、
それだけケンチクって、だれでも、どんな目的でも作れちゃうものでもある訳なのだけど。

4231.jpg

打ち合わせなんかしなくてもできるし、
現場にいかなくったってできちゃう。
愛情も、感情もなくったって、できちゃう。

モノだから。

4232.jpg

そのくらいケンチクって、ある意味、簡単で、あたり前なもの。

4233.jpg

でも、だからこそ、ケンチクには可能性が無限にあって、
原始的だからこそ、日常に直結していて、
人の暮らしや風景や、未来をかえていく力も同時にあるのだ、、、と僕は思います。

4234.jpg

はたしてケンチクとはなんだろうか?

いまだによく分からないけれど、
僕が経験した事実だけを考えると、
人と人を紡いでいく力のあるものなのではないだろうか?

大きくて、1人ではできないものだからこそ、
人と人をつなげたり、時には、切り離したりするものなのではないだろうか?


4235.jpg

「あぁ、このまま時間が止まればいいのに。。。」

なんていう、
40過ぎた馬鹿オヤジがいまだに感動してしまう程の、
心ふるわせる魅力的な世界のコトなのではないだろうか?


4236.jpg

子供たちが、全身で感じ、
忘れられない風景になるものではないだろうか?

4237.jpg

座ったら、動きたくなくなるものではないだろうか?


4238.jpg

不完全で、少し薄暗いものではないだろうか?

4239.jpg

あたり前の出来事が、ちょっと楽しくなるものではないだろうか?

4240.jpg

思い通りにならないコトを、
受け入れて初めてたどり着く世界のコトではないだろうか?

4241.jpg

4242.jpg

、、、、とそんな訳で、
グダグダと書きましたが、
もう、僕たちが設計させていただいたコトを忘れるくらい
楽しく、嬉しいオープンハウスでした。


4243.jpg


4244.jpg

そして、夜は夜で、
曽根さんのお友達を交えて、また宴会!

4245.jpg

たくさん人が集まって、時間を忘れて飲んで、食べて、仲良くなって。

、、、、、しかしほんと、食べるコトと飲むコトしか考えてないなぁ、、、。

なんの職業だか、忘れてきたなぁ、、、、最近。。。。


4246.jpg

一応、設計という仕事をしている事務所の所長の談話でした、、、、。

また飲みに泊まりにいきますねー。

おしまい。
posted by 西久保毅人 at 00:42| 2014.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

小川さんの家の上棟式

4265.jpg

先週、調布市で進行中の、小川さんちの上棟式でしたー!

4250.jpg

小川さんの家は、もともとの庭に生えていた大きな紅葉や、キンモクセイを
残したままの計画にしています。
なので、出来上がると、ぜーったいに素敵な場所になるはずなんですが、
残したまま工事をする、っていうのは、意外と大変、、、。


4251.jpg

枝葉に職人さんがぶつかったり、家の中に、ニョキっと木の枝が入り込んできたり、、、。

そんな訳で、職人さんにとっては、ちょっとメンドクくさい上棟ではありましたが、
大変なだけあって、やっぱりその骨組みに登ると、いつもの上棟の雰囲気とは、
なんか違う空気、というかとても素敵な場所になりました!

4254.jpg

そして、あんまり意図した事ではなかったのですが、
たまたま木を残すために計画した空地が、実は、街の中でぽっかりと
抜けた場所に連続していたりして、、、。

こういうコトが、ケンチクは面白いなぁ、、、って思います。

4255.jpg

残す、って、それにしばられるコトでもあるし、
悪く言うと、すこし不自由になる、ってコトでもあります。

でも、思いもよらないアイディアや素敵な世界って、
実は不自由さの中から見つかるコトがとても多いですし、
その方が、圧倒的に楽しい世界が待っているのだなぁ、、、、というのを
いっつも仕事の中で感じます。

4258.jpg


4257.jpg


、、、、とまぁ、まじめな話はさておき、
日をあらためた夕方から盛大な上棟式!
ちょーど、外が気持ちいい気候になってきましたので、
お庭でバーベキューをしていただきました!

4259.jpg

今回、工務店さんは、匠陽さん。
監督は、ニコでは、三輪さんち山崎さんちを見てくれた若い加藤さんです。

実は、小川さんと初めてお会いしたのが、三輪さんちのオープンハウス。
4260.jpg

「つながりましたねーっ!」

って、こういう巡り合わせも本当にHAPPYなデキゴトです!

4256.jpg




4261.jpg

そうそう、、、

4262.jpg

実は、小川さんの奥様は、カメラマン!
なので、今回、上棟の風景をずーっと撮影されていたんですが、
その写真を大きく現像してくれて、上棟式に持ってきてくれたのです!!!

これは、もう、とっても素敵なサプライズ!!!!!!

職人さん達も、とても喜ばれていましたし、
なにより、
写真を飾るとこって、部屋の中だけじゃなくっていいんだなぁ、、って
改めて思いました。


4249.jpg


職人さんって、カッコいいんだよなぁ、、、。

そして現場の、モノができていく風景って、とても面白く、迫力があるのです。

4263.jpg

こういう経験や、風景って、ほーんと子供達に知って欲しいなぁ、、、といつも思います。

そんな訳で、このまましばらく仕上げないで現場ギャラリーとして1年くらい使うっていうのは
いかがでしょうか、、、、、??

4268.jpg


もうお酒が進まない訳にはいかない、、、なんとも楽しい上棟式!

夜がふけるにつれ、次々と小川さんのお友達も駆けつけてくれて、
前にリフォームをさせていただいた阪本さんも、僕のむちゃぶりにも関わらず、
スペシャルゲストとして飲みに来てくれて、、。

今後、ニコで企画中の、
オープンハウスならぬ、、、、オープン上棟式です!!!第1回。

4266.jpg

まぁ、言っちゃえば
ただの飲み会なんですが、

これから生まれるケンチクの中で、
「ただの飲み会」が、時間を忘れるくらいとても楽しい、っていうのは、
なんとも素晴らしいコトじゃぁないですか?

ねぇ、、、。

だって、ケンチクは皆で楽しく飲み食いするところなのですから、、、。






、、、、、、しーん(涙)

posted by 西久保毅人 at 23:08| 2014.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

僕もこんなうしろ姿で。

久しぶり、ノノの試合。

こないだ始めたかと思ったら、、、、、もーう中3。

はやっ。。。。最後の夏です。


4269.jpg

これまでいろんな角度から、彼女達の写真を撮ってきたんですが、
バスケの試合は、ディフェンス側から撮影する方が、僕は一番好きかなーって思いました。

、、、、ていうか、
結果的に、そういう、うしろ姿が好きっていうか、、、
カッコいいなぁ、、、と思います。

4270.jpg

、、、、なんでだろう?


4272.jpg

それはバスケっていうスポーツが、
守備の選手、攻撃の選手っていう分かれ方をしてなくて、
すべての選手が、ディフェンスもオフェンスもするからかなぁ、、。

まぁ、なんのスポーツもそうですが、特にその切り替えが早いというか、、、。




4275.jpg

だから、すべてのディフェンスは、攻撃への一手。

4277.jpg
加速する手前の、


4280.jpg
切り替わる瞬間、、、、。


4278.jpg



4279.jpg

僕もこんなうしろ姿を

4273.jpg



4271.jpg


僕もこんなうしろ姿を
posted by 西久保毅人 at 23:30| 2014.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする