2013年08月02日

うみがめ荘

、、、、、、、まぁ、
完全にワタクシゴトですが、
先日、神戸に行った帰り、早めの夏休みを取って、ソラとリンタロと、三人で
淡路島を渡り、徳島の海に行ってきました!


子供のときから、ウミガメがたまごを産みにくるところに行ってみたいなぁ、、、
と思ってたんですけど、

神戸辺りの地図を眺めてたら、

「あれ?徳島って、もしかしてそういう場所じゃなかったっけなぁ、、、?」

と調べてみたら、、、、、。

ありました! うみがめ荘。


ちょーど、6月、7月が産卵シーズン。
どんぴしゃなので、これは行ってみようと一気に徳島県の美波町っていう海沿いの町へ。

でも、なんていうか、もうコレばかりは自然のものなので、
美波町の役場のホームページ情報によると、続けてウミガメがくる日もあれば、
一週間ぜんぜん来ない日もあり、年によってもかなりウミガメの来る数もバラツキがあり、、、。

まぁ、一週間いる訳にもいかないし、最大で二日だなぁ、、、、と思いつつ、
うみがめ荘へ。。。。。

着いてみて、ビックリしたのは、
ウミガメ保護規制っていうのがあってですね、、、、、。
この季節は、街が明るかったり、うるさかったりすると、ウミガメが帰っちゃうから、
8時過ぎたら街を真っ暗にするんだそうです、、、。

だから花火とかする訳にもいかず、夜は部屋で待機、、、。

そして、どうやってウミガメが来たのが分かるかって言うとですね、、、、、
街に着くと、ウミガメールっていう、携帯のメーリングリストに登録するんですが、
そうしとくと、ウミガメの調査してる人達が、ウミガメが来たら教えてくれるという
しくみになっていました。


さっそく登録したんですが、初日は待てども待てども、メールは来ず、、、、。

時間も、今までのデータを見ると、夜の10時くらいの時もあれば、
夜中の3時すぎの事もあり、、、、、と、幅も広くって、うっかり寝ちゃったら、、、、
と思うんですが、まぁ、そうそう待てる訳もなく、、、。

で、
結局、初日は来なかったので、
せっかくだから二日目も同じところに泊まるコトにしました。。。。
超古ーい、国民宿舎だから、いい宿って訳じゃないんですけどねぇ、、、、。

昼間は、近くの海で遊んで、さて運命の最終日。
不便な場所だから、二度と来ないかもなぁ、、、、とか思いながら、
メールは待てども待てども、やっぱり来なくてですね、、、、。

「そもそも、メールの登録、間違ってんじゃないの、、、かな。。。」

とか思いながら、うとうとしていた、ちょうど、夜の12時半。


ふっと、携帯見たら、待ちに待ったウミガメール!!!!!

3722.jpg


子供達を叩き起こして、浜辺にいくと、
もうすでにウミガメが上陸してて、穴掘ってたまごを産みはじめたところでした。

そんなに明かりはないんですが、
1mくらいのアカウミガメが、少しずつ時間をおいては、
ぽこぽこぽこぽこ、ピンポン球のようなたまごを穴に産み落としています。。。。

おお、、、これぞ、子供の時にテレビで見た光景だ、、、、。


もう、感動っていうか、、、、、、
ホントにウミガメってこうやって
浜にたまごを産みに帰ってくるんだなぁ、、、、と、
月明かりの中、
夜だし、なんか現実じゃない感じの光景を見る事ができました。

そう思うと、こんな光景に立ち会えて
なんとぜいたくな、ソラとリンタロウ。。。。。
子供のくせに、、、、、。

産卵時間は、ほんの30分くらいだったでしょうか?

100個以上のたまごを産み終わると、ウミガメは今度は一生懸命、その穴を埋めはじめて、
後ろ足でペンペン叩いては、また土をかぶせて、、、、を繰り返し、
満足すると、また海に向って帰っていきました。

もっと歩くの遅いかと思ってたんですが、帰りは海に向う下り坂で、
意外と歩くの早かったです、、、、、、ウミガメ。


ウミガメ調査隊のおじさんによると、
その日に来たウミガメは、どうやら3年前に産卵に来たウミガメだったそうです。

3721.jpg


しかし、
ずーっとひろい太平洋を泳いでて、どうやってこの場所を覚えてるんでしょうね、、、。

そういうコトはまったく解明されていないそうです。

摩訶不思議。


なんだか、未知との遭遇みたいな、、、、、

そんな体験でした。


徳島の海は、とっても綺麗でしたよ。
また行きたいなぁ、、、。
posted by 西久保毅人 at 01:11| 2013.8月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

TOKYO

ぶらっとリンタロウのミニバスの試合を見に行ったら、


「、、、、、あれっ??ニシクボさん??」

3724.jpg

振り向くと、もう6年くらい前に設計をさせていただいた若杉さんちの若杉さん!


「、、、、なんでこんなトコにいるんですか、、、?
  にしくぼさんちって、、、、サッカーでしたよねぇ、、、。??」



「、、、、、、、。」


「それはですね、、、、涙抜きには語れない諸事情がありましてですね、、、、諸事情が、、。

いましゃべれって言うならしゃべりますけど、、、、2.3時間しゃべりますよ、、、、。」

3725.jpg

、、、と、そんな訳で、体育館でバッタリお会いしたのでした、、、。
ちょうど、敵チームで、お子さんがバスケを始めたとのコト。

そっかぁ、、、思い起こせば、若杉さん、いっつもバッシュはいてたもんなぁ、、、、等と
思いつつ、長くやってると、お客さんとも、こーんな予期せぬ関係になったりして、、、、
時々、面白いです!!!こういうの。

3727.jpg

なんでも、思い通りにいったらいったで、
それはそれで楽しいですけど、
思い通りでない、ってコトは、自分の選択肢になかった、っていうコトだから、
僕はそっちの方が楽しいかな、、、、。

自分の世界が思いもよらぬ方向に広がる訳だから。。。。。

なんか、ケンチクみたい、、、。

3728.jpg


、、、、と、そんな訳で、
おかげさまで、行ったこともない、TOKYOのいろんな場所の体育館に
行く訳ですが、、、、、、、

体育館天井の、気持ち悪い色の照明だけは、何とかして欲しいなぁ、、、、(涙)
なんで、オレンジと蛍光色がランダムに混じってるんだろう、、、、??
posted by 西久保毅人 at 00:00| 2013.8月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

街に住んでいるような、、、

ほっとくと、すっかり忘れちゃうのですが、
最近もいろいろ雑誌にニコのおうちを掲載して頂いています。

3729.jpg

LIVESは、前号に、坂本さんの家
今月号に、三輪さんの家をそれぞれ取材していただきました!


それとは別にですが、もうずいぶん内容は進んでいるんですが、
実は、毎号LIVESに、「飯島家の住まい顛末記」っていう見開きのエッセイが
掲載されてるんですが、これは実は飯島さんちのできるまでの、、、、、
っていうか、そのずーっと前からの、飯島さん御夫婦の、住まい方、生き方の記録なのです、、。

中古のマンション購入、リノベーション、、、、それから、一転、賃貸暮らし、
そして、土地を購入して一軒家にたどり着くまでの、、、、そしてその先の、、、、?
飯島家の、その時々の住まいに対する価値観の変化を時系列で、自筆によって、
せきららに描かれています。

3730.jpg

、、、、、そんな物語の連載はそろそろ中盤。
そんな訳なので、まだまだ実は、ニコのニの字も登場していないんですが、
そろそろ次回くらいから、土地探し編。

飯島さんの文章で、ニコとの家づくりが、どう料理されるのか、、、?

、、、、まぁ、僕たちは、まな板の上のコイというか、焼き網の上のサバみたいな
ものなので、、、、、今後の連載を、恐る恐る楽しみにしています。。。。。


3731.jpg

それと、現在発売中の住まいの設計には、
尾曲さんちを掲載していただきました!


3732.jpg

どのおうちもそうですが、場所は違えど、
もちろん決まったシキチの中での計画ではあります。

ただ、
実は、、、、
ぶっちゃけていうと、、、、

僕の意識の中に、あんまりシキチっていう意識はありません。。。。

なんで??って、

聞かれても、ないものはないからしかたないんですけど、、、、、。

もちろん、道にはみ出してはさすがに設計しませんけれど(いちお大人だから、、、)、
気持ちや意識は、いっつもシキチからはみ出しています。

何回も書いてますが、根本的には、僕が閉所恐怖症気味であるコトが、
とても影響していると思うんですが、別に露出狂って訳ではありません、、、。

露出狂と、閉所恐怖症は、ちがうのです、、、。(笑)

そして、閉所恐怖症ではあるんですが、かといって、あまり目立つところも好きではないし、
どっちかというと、人見知り、、、、、ようは、メンドクさい感じですね。。。。。。

だから、シキチはそれぞれ決まった大きさですが、
そういう境界線を感じないくらいのびのびと、、、、

その街そのものが自分のシキチなのだ!
、もっと言えば、
地球そのものがシキチなのだ!、って思えたら、、、、、

それが最高に気持ちいいんじゃないかなぁ、、、と僕は思います。


そうそう、そういえば、こないだ完成した山崎さんちには、井戸があったんですが、
井戸って要するに、地球のわき水ってコト。。。。。ですよね、、。

つまり、街との平面的な繋がりだけでなくて、地球ともつながってるってコトだなぁ、、
って思うと、ちょっと感動しました。
井戸がなくても、ちゃんと土の地面があるだけで、水がしみ込んで、草が生えて、
虫がいて、、、、、と地球のおまけがたくさんあります。

、、、、そうそう、ただでもらえるおまけは、絶対使った方がいいですよね。。。。


土地を買うと、もれなくついてくる、街や、道や、雨や、空や、地球というおまけ。


それだけの話です。きっと。。。。


と、性格がわざわいして、こんなコトばかり10年以上考えてきたんですが、

先日はじめてご相談にいらしたご家族のいただいた御要望書に、

「街に住んでいるような家がいいです。。。。」

って書いてあってですね、、、、。

結果的に、ニコにいらっしゃるのは、そういう暮らしを望まれるご家族がほとんどなんですが、
言葉で直接書かれてたのは、、、、、実は初めてだったかもー??

、、、、かなり嬉しかったです。

なんでも続けるもんですね、、、、、。

3733.jpg
posted by 西久保毅人 at 01:18| 2013.8月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

そうそう、、、、

ニコの

3734.jpg

夏休みのお知らせでした、、、!
posted by 西久保毅人 at 22:00| 2013.8月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

あまちゃん



3736.jpg



3737.jpg


じぇじぇじぇ!



posted by 西久保毅人 at 22:12| 2013.8月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

8ばんへ  

昨日、家に帰ったら、リンタロがなにやらめずらしく
手紙らしきものをいっぱい書いていて、宛名に「8ばんへ」
って書いてありました。。。。


「じぇじぇじぇ!!!!

まさか、、、いよいよモテ過ぎで、女の子を番号で呼ぶようになったの??

だれ、8番て? 、、、、で、1番は??」


「、、、、、、、、、。

 ぜんぶ、8ばんだよ、、、、。」


「、、、、??」


実はちょうど、明日から3日間、千葉でミニバスケットの合宿試合があってですね、、、、

対戦相手になる同じ番号の子に、手紙を書いて渡すコトになったのだそうです、、、。
だから、宛名はぜーんぶ、


「8ばんへ。」

3743.jpg

なんだか、4月からのリンタロのバスケットへのハマりっぷりは、
異常なほどで、ほとんど土日は、朝から晩まで練習と試合。
よくも、まぁ、このくそあつい時に一日中体育館にいれるもんだと
関心してしまいます。。。。。

かといって、ヘトヘトで疲れて帰って来る訳でもなく、、、、。

こないだなんかは、
練習足りなかったからと、夜の9時すぎまで、
大人に交じってバスケして帰っきやがりました、、、、。

こういうの、怒っていいもの、、、、??って感じです、、、、。
まぁ、一生懸命やってる訳なので、、、、、。

まぁ、6年生から始めたから、面白いっていうのもあるんでしょうけど、、、。

3742.jpg

でも、よかったなぁ、、、と思うのはですね、、、、

ずーっとサッカーをしていたんですが、学校のサッカーチームそのものも、なんていうか、
ほのぼの系だったっていうのもあり、強い訳でもなく、試合しても、いつも圧倒的に負けちゃうから
勝つ喜びっていうのもなかったのかも知れないし、
育ち盛りだし、なんか体力を持て余していたのかも知れません。。。。

それと、、、、、。

僕がうちの子供達みんなに思うコトなんですが、
3人とも、なぜか、みーんな学年でいちばんデカいほうなんですね、、、。

大きいコトは、他人から見るといいことのように言われますし、
もちろんいい面もあるんでしょうけど、
僕は自分の子供達を見てて、
子供の時に、あんまり大きいのは、それはそれでかわいそうだなぁ、、、、
とちょっと思うのです。。。。。


3741.jpg


僕自身が、小学生の時、小さかったからよく分かるんですが、
同じ学年で、大きい子って、単純にそれだけで怖いものです、、。
特に小学生の頃って、同じ学年でも、ものすごく体の大きさに差があるから、、、、。

でも、残念ながら、、、、脳みそは、体の大きさに比例しないのです。

脳みそは、みーんな小学生。
リンタロなんか、特に、中身はまだ堂々とフルチンで恥ずかしくもない、
低学年並みの脳みそです、、、。

だから、ばかなコトばっかりしたり、ケンカしたりするんですが、
そういう時に、たとえば小さい子が、思いっきり大きい子に向っていっても
大したコトはないんですが、大きい子が小さい子に本気で向っていったら、
時にはけがをさせてしまう事もあるでしょうし、軽く叩いたつもりでも、
小さい子にとっては、強く殴られたようになっちゃう事もありますし、
そういう小競り合いは、客観的に見てると、どうしても、大きい子の方が
暴力的に見えてしまいます、、、。


極端に言うと、
スタインベックの小説、二十日鼠と人間、みたいな感じですね、、、。

3744.jpg


だから、そんなコトで、よくリンタロは、怒られてきたんですが、
リンタロが悪い時も、そうでない時も、どっちにしても、リンタロが悪役風、、、、。

親だから、
大きいんだから、本気でやるなよ、、、、って言わないといけないところもあるんですが、
それはそれで、なんか、かわいそうっていうか、、、、、。


ようは、体が大きかろうが、小さかろうが、子供なんだから、子供らしく
スポーツでも喧嘩でも、なんでも、全力でやらせてあげたいなぁ、、、、と思うんですが、
学校ではなかなかそうもいかない感じではありました。

ところが、一転、ミニバスケットを始めたとたん、、、、、。


敵チームには、リンタロがまったく太刀打ちできないような大きくて、
パワフルな小学生がいーっぱいいました。
もちろん、リンタロは、ほぼ初心者だから、大きい子達や、すばしっこい子達に
コテンパンにやられます、、、。
しかも、バスケって、接触も多くて、力勝負のぶつかり合いっぽいトコもあるから、
大きくても細いリンタロは、時には手も足も出ません、、、、。

まぁ、本人はくやしかったりするんでしょうけど、
それより何より、本気でぶつかったり、飛んだり、走ったり、、、、。
全力でぶつかっても、それでも全くかなわない、っていう状況が、
とても嬉しいのかも知れないなぁ、、、、
と、見てて思いますし、なるほど、そういう意味では、
バスケットに出会えて良かったんだろうなぁ、、、、、、と思います。


3746.jpg

、、、、、まぁ、とはいえ、
たかだか、小学6年生の話ですし、
この先、ホントにさらに大きくなるのか、、、、
はたまた
小学生の時は一番大きかったんだけどね、、、、、となるか、、、。

まだまだジンセイ、ながーーーーいし、
僕だって、自分のジンセイどうなるか、、、、いまだに分からないから、
子供のジンセイなんか、まったく予想もできませんが、、、、、
ちょっと今までとは別人のように気合いの入りようのリンタロが、
今後、楽しみです。。。。。。

3745.jpg

まぁ、何にせよ、、、、、、
意外な展開でしたが、小学校の最後に夢中になるものに出会えて、なによりでした。。。。

いまのところ、、、。
posted by 西久保毅人 at 02:11| 2013.8月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

育つ家

残念ながら、ちょっとタイミングがあわず、
オープンハウスが出来なかったんですが、、、、、、。

先週末に、杉並区で設計をさせていただきました奥原さんの家のお引き渡しをしました。

3747.jpg

いっつもそうですが、僕たちは現場にはたくさん行きますが、
大抵は工事中。。。。

なので、完成したおうちの、しかもまだお引っ越し前のからっぽの状態を
感じられるのって、実は意外と短いんです、、、、。

お引っ越し前のほんの一瞬くらい。。。。

3751.jpg

現場でのいろんな決断や、
そのまだ、ずーっと前のスケッチの状態。
頼んで頂いた時の、忘れられない言葉など、、、、、。

実現しなかった案もふくめて、
図面通りかどうか、、、、っていうよりも、
家づくりの中の、いろんな局面での思いや、デキゴトを想像しながら、
そういう空気や、想いや言葉が、
ちゃんとつまってるかを、確認できるひと時。。。。。

3750.jpg

実は、ほんとうは、まだ完成じゃなくて、
これから家具が持ち込まれたり、生活が始まって、
完全に、

「あぁ、奥原さんぽい家だなぁ、、、、。」

って思えて初めて完成だと僕は思うんですけど、
それでも、
やっぱり、
この、素っぴん の状態での完成も、やっぱり大切です。。。。。



3748.jpg

と、、、、、、そんな妄想をしていると、
ピンクのシャツ着た奥原さんがさっそうと現れました!

別に、なにもしめしあわせた訳でもありませんが、
なんていうか、この家に似合うこと、似合うこと、、、、、。

全体的に、木を黒っぽく染色した外壁なんですが、
その外壁と、植物と、ピンク。

3752.jpg

ちょーど、天気も、少しくもり気味でしっとりした空気の中、
いろんなモノが、すーっとどちらからともなく馴染む瞬間。。。。。


3753.jpg

今回も、燃えしろ設計っていうのを利用して、
軒裏まで木材を使っているので、新建材の外壁で建ち並ぶ新しい家々の中、
もうすでに、なんか、いい味を出しています。。。。


これから植木もモリモリになって、
外壁も、雨風にさらされてますます、いい味になって。。。。


この街の中で、
どんどん、すくすく「育つ家」になりそうで、ちょっと嬉しくなりました。



3757.jpg

これからがめちゃくちゃ楽しみです!!!!
posted by 西久保毅人 at 00:25| 2013.8月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

大きなもの

足立区で工事中の渡辺さんの家。

10月の完成に向けて現場真っ最中です!

3758.jpg

家の2階に、なんというか、アーチというか、馬蹄形をした局面の大きな棚があるんですが、
大工さんの凄腕により、ようやく形ができてきました。
2層分なのでとても迫力があるんですが、奥行きもあるから棚ではあるんですが、
なんか、住宅のパーツではないみたいな、、、、スケール感です。

3759.jpg

ちょっと土木的というか、人の暮らしのスケールよりも、
もっと大きな存在感。。。。


3760.jpg

どんなおうちも、そうですが、家は、人が暮らすものだから、
生活に関わるものは、人間のスケール感でできていきます。
でも、じゃあ、人間のスケール感だけしか身の回りにないか、、、、、?
っていうと、そうでもなくて、
見方をかえると、家は街にあるわけだから、街っていうスケールの中にそもそも暮らしているし、
もっと広げると、日本だったり、地球だったり、、、、、の上に家はあります。

3761.jpg

見上げると、大きな空があり、雲がゆっくり動いていて、
雨が降ったり、晴れたりと、大きな営みの下に家はあって、
時間だって、僕たちはまだ数十年しか生きていないけれど、
何百年、何千年の過去があり、同じくらいの未来があります。

ようは、いろんなスケールの中に、家があり、暮らしがあります。。。。

3762.jpg

かたや、リンタロウが学校で怒られてきてムカついたり、
「パパ、明日遊園地いくから、お金ちょーだい。。。。」ってノノからメールがきたり、、、、
という、超現実的というか、ちっちゃい暮らしもありますね、、、、。(笑)


どっちも大事。

その両方のスケール感を行ったり来たりしながら、いつも設計をしていて、
こういう風に、形として現れるスケール、形には現れないけれど、窓から見えるスケール。
現れ方は、いろいろですけど、あたり前の日常のスケールの中に、ちょっと違うスケール感が
入り込むと、なんか、とても特した気分になります。。。。


3763.jpg

なんていうか、意識のスケール感、とでもいうのかな、、、?
特に意識や気持ちはお安いモノで、気分次第でどこにだって飛んでいく事ができます。。。。
ブタもおだてりゃ、木に登る。


ゼンゼン違う話のようですが、
そーんなコトを、ちょーどさっきまでお邪魔していた飯島さんち
思いましたとさ、、、、、、。酔っぱらいつつ、、、、、、。
posted by 西久保毅人 at 23:09| 2013.8月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする