2013年06月03日

民衆の歌




たたかう者の 歌が聞こえるか??

鼓動が、あのドラムと  響きあえば


3438.jpg

あらたに熱い  命がはじまる

明日がきた時  そうさ明日が!!!


「民衆の歌」♫




3442.jpg

3440.jpg


勝利へむかう歓喜の輪の中にいること。


3439.jpg

たとえばその輪が、どんなにちいさくっても、、、。



posted by 西久保毅人 at 19:07| 2013.6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

まがりん。

ちょっと前ですが、
昨年お引き渡しをしました「尾曲さんの家」に雑誌の取材でうかがいました。

3342.jpg

とても楽しそうに住んで頂いていているのもそうですが、
土のまんま、ぐるりと残した路地に、たくさんの植物が生えていて
それがとっても素敵でした!

尾曲さんちらしくて。。。。


3343.jpg

3344.jpg

「あー、、、もーう、、、、。。。

 次から次から草が生えてきて、めんどくさくてたーいへん、、、。」

って言えるような土のまんまの路地にしたいです、、、、。

と尾曲さん。。。。


そんな言葉を聞けるだけで、僕はもう、
めちゃくちゃ幸せです。。。

3345.jpg

そういうのに、理由もいらないし、説明も、意味もいりません。

3346.jpg

意味なんか、ぜんぜんなくていいと思います。

3347.jpg

そうそう、そういえば、
最近、久しぶりに、赤瀬川原平さんの文章を読みました。
20代のころ、もうたくさん読んで、
路上観察学とか、トマソンとか、、、、、。
すごく影響を受けました。

ケンチク学に興味のなかった僕にはもう、教科書のように。

3348.jpg

もう76歳になられたそうですが、
度重なるご病気で、現在お体を悪くされているそうなのですが、、。

3349.jpg

そんな赤瀬川さんの手記の中に、

「なんでも最近、意味のあるものが重いんです、、、。」

「意味のあることが、つらいのです、、。」

とありました。。。。。

3350.jpg

僕の受けとり方が違うのかも知れないけれど、、、、
失礼なコトかも知れないけれど、、、、

なんか、ちょっと分かるような気がしました。

もしかすると、世の中のいろいろなものを発見しては、
「意味」付けをしてきた赤瀬川さんの言葉だから、なおさらそう思ったのかもしれませんが、、、。

3351.jpg

、、、意味なんて、
正直どうとでもなるものです。
意味があるって、要は説明できるかどうか、ってコト。


でも、世の中、意味のないもの、説明のできないものはどんどん排除されていきます。

3352.jpg

意味をつけるために、説明をするために、
モノごとは、数値化されていきます。

数値化されると、比べられます。

もちろん、そのいい面もあるけれど、

3353.jpg

でも、ホントは、意味や、説明の前に、

「、、あっ、なんか、いいねっ。」

っていう、直感や感動があります。

3354.jpg

設計なんていうのは、その典型で、
意味や、説明のためのただの手段でしかありません。

ようは、どうとでもなるもの。。。。

3355.jpg

でも、直感や、感動は、どうとでもなりません。
頭で理解しても、理論でねじ伏せられても、、、、、

やっぱ、いいと思うものは、いいし、やなものは、いや。

3356.jpg

僕らが設計させて頂いたものが、
もし、いつか、意味を失った時。

3357.jpg

それでも、いいって思えるかどうか、、、、?

3358.jpg


3359.jpg




3360.jpg

、、、、、あれ、、、なんの話だったっけ、、、、???

3361.jpg


3362.jpg

3363.jpg

3364.jpg

そうそう、尾曲くんのはなし。。。。


posted by 西久保毅人 at 02:00| 2013.6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

飲み会特集

そうそう先日、2週連続で「三輪さんの家」の取材がありました。

3443.jpg

ひとつは、「渡辺篤史の建もの探訪」
もうひとつは、雑誌LIVES。

3444.jpg

どちらもちょうど空梅雨の撮影日和!
実は、建もの探訪は、桜の時期にあわせて撮影しましょう、っていう
案もあったんですが、それだと緑地の緑がイマイチなので、少し時期を
待って頂きました。

そのかいあって、もりもりの緑地です。

3445.jpg

建もの探訪は、最初の本間さんちから、植木さんち白石さんち吉原さんち
中澤さんち鷲巣さんちと、そういえばかれこれ7回目。

すごいなぁ、、、と思うのは、建もの探訪は、カメラマン、音声さん、、、など、
スタッフが全く変わらないコト。ある意味旅芸人のようなプロの職人集団なのです。


3446.jpg

そして三輪さんとは実は、設計を頼んで頂くまで、
ながいおつきあいだったんですが、
そのきっかけが、実は、本間さんちだったっていう事も、
何か感慨深いものがコジン的にはあります。

ほんと、仕事って、ぜーんぶ少しずつリレーのように繋がっているのですねー。

3447.jpg

3448.jpg

3449.jpg

3450.jpg

3451.jpg

、、、、さて。

撮影であれ、なんであれ、
三輪さんち、といえば、飲み会。

3452.jpg

そんな訳で、両日とも、
ほぼ、撮影というより、飲み会メインで進行しました。。。

3453.jpg

建もの探訪の時は、三輪さんの子供達の友達家族飲み会。

3454.jpg

LIVESの撮影の時は、三輪さんのお友達と、ニコの飲み会。

3455.jpg



3456.jpg

ほーんと、家っていうのはさぁ、
ごはんとお酒が美味しく飲めて、
いい気分でお風呂に入れたら、それだけでいいのだ!

3457.jpg

そーんな、ごくごくあたり前の事をつくづく感じます。

それは、家じゃなくても、お店でも街でも、ケンチクはすべてそうなんだけど、、、。

3458.jpg

そして、そんなコトを、ホントに実感として考えはじめたきっかけが、
本間さんちを作らせて頂いたコトだったなぁ、、、、などと、
酔っぱらった頭で考えていました。。。。。

3459.jpg

そうそう、三輪さんちの取材では、僕は酔っぱらってるだけでいいのです。

なぜなら、家については、毎回三輪さんが、
僕より詳しくコンセプトからプレゼンしてくれるので、
僕はやるコト、ほーんとないのですよ、、、、、ホントに、、、。


少しは、僕にもきいてよー、、、、と思いつつ、、、(涙)

posted by 西久保毅人 at 01:28| 2013.6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

はっぱ・れりーふ

まもなく完成の「山崎さんの家」

3461.jpg

高円寺ということもあり、
佐賀ということもあり、
、、、、、まぁ、いろいろあり、、、、、。(笑)

はっぱのレリーフに挑戦してみましたー。

ようは、、、、、、、、なんか、したかっただけばい。


3463.jpg

描いて、、、、

3464.jpg

描いて、、、、
3465.jpg

描いて、、、、

3466.jpg
埋めて、、、、

3467.jpg
ぺりって、はがして、、、、


3468.jpg
おーーーーっ。

3469.jpg

自画自賛。

3470.jpg
、、、、、の間に、2、3回は飲んだくれて、、、、(汗)



3462.jpg
ちょっと残して、、、、、。


3471.jpg
煙にまみれて、、、、。

3460.jpg

、、、、、とそんな訳で、
6/29(土)にオープンハウスな訳なのです!
posted by 西久保毅人 at 01:31| 2013.6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

すむすむ。。

6/21発売の「住む。」尾崎さんの家を掲載して頂きました!

3472.jpg

「仕事場のある、小さな家。」

という特集なのですが、尾崎さんのオープンされた「STROOL」という雑貨屋さん
に対する尾崎さんの想いを記事にして頂いています。

3473.jpg

何屋さんでもいいと思うんですが、
お店といういろんな人が立ち寄れる場所が、家と一緒になっているだけで、
暮らしも、その街も、がらっと変わります。
でも実は、昔ながらの商店街や江戸の街って、1階がお店で2階が家っていう
事がとても多いですよね。。。。。

その事での不都合もあるんでしょうけど、僕は、街が「いきいきする」ためには
絶対になくしてはならない形態だと思います。
それは、街に対してもそうだけど、子供達にとっても絶対大切な事だと思います。
そういえば、実は、僕の佐賀の母の実家って、駄菓子屋さんをしていました。
うちは、サラリーマンだったので、家にお店があるっていうのが、とても新鮮で
おばあちゃんの家に行くのはとても楽しみでしたし、家に他人が来る、っていうのが
子供ながらにとても新鮮でした。。。。

家がお店だと、家族や親戚以外のいろーんな人がやってきます。。。。。

子供達にとっては、家でもあり、小さな社会でもあって、たぶんそこで暮らす事で、
知らず知らずと学ぶ事は多いと思いますし、そういうお店があるってことは、
街の子供達にとっても、いつも見守る大人がいるっていうコトですよね、、、、。

だから、特に住宅地にお店があるっていうコトは、街の防犯的にもとっても
有効な事なのだと思いますし、無駄に警察がウロチョロしてるよりも、よっぽど
安心な街になるんじゃないかなぁ、、、って思うのです。。。。。。

もう、法令で、

「住宅地には、10件に一件は、家にお店をつけないとないといけません。。。。
そのかわり、、、、、たくさん補助金を出します。」

とかにしちゃえばいいのに、、、、、、。ほーんと。


そう考えると、ここは商業地域、ここは住宅地域って、わけちゃう都市計画が
そもそもダメなんだろうなぁ、、、、。

混ざってた方が、ぜーったい楽しいのに、、、、。


まぁ、そんな話はさておき、
本屋さんで見かけたら、ぜひお手に取ってみて下さいね。

3474.jpg

、、、、、さて、そんな訳でですね、、、、
杉並区一、いろんなものがごっちゃまぜの、そう、あの街で、
来週末オープンハウスなのです!

内覧をご希望の方は、こちらまで。
niko@niko-arch.com


posted by 西久保毅人 at 01:30| 2013.6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

まさかまさか、、、、

まさかまさか、
男40歳にして、
僕のジンセイにバスケットボールなんていうスポーツが
入りこんでくるなんて、

夢にも思っていなかったなぁ、、、、。

したいと思ったコトもないし、、、。


3475.jpg

と、そんな僕の気持ちはさておき、
ノノもリンタロウも今やバスケットにのめり込み、
ソラも、

「僕はね、、、サッカーもするけど、バスケもする、、、、。」

と、多少、親に気を使いつつ、、、、、徐々に茶色いボールに犯されつつある今日この頃、、、。
皆様いかがお過ごしでしょうか、、、、、?

そんな訳で、バスケなんか、、、、、、、見に行ってやるもんか!

と、ずっと見に行ってなかったんですが、
最近、ちょうど大会シーズンなので、ちょこちょこ見に行ってるんです。

最初なんか、1人で見に行って、
そもそも、どっちが敵か見方かも分かんないから、
おっ、見やすい席があいてるなぁ、、、、と思っておとなしく座って見てたら、
どうも、ホームとか、アウェイって、席が分かれてたみたいで、
どうも、まわりに知らない人しかいないなぁ、、、と思ってたんですが、
敵のベンチ側だったらしいのです、、、、。

僕なんか、人と話すの面倒くさいから、見やすいしちょーど良かったんですが、
終わったら、

「、、、、、、。

 パパさぁ、、なんで敵のベンチの、しかも最前列の、しかもど真ん中にいる訳???
 オレンジみたいな派手な色着てさぁ、、、!  恥ずかしいから。
 
 今度、敵チームに座ったら、二度と口聞かないからね!!!!わかった??」

とのコト、、、、。

あー、めんどくさいスポーツっ!

サッカーだったら、どこで見たっていいのに、、、、広いし、、、。(僕的には、、、。)
やっぱ、サッカーだな。。。。。
なんていうか、自由な感じだもん。空あるし、、、、。(僕的には、、、。)


と、若干、最悪なすべり出しだったんですが、何度か見ると、
面白さも徐々に分かってきてですね、、、、、。

何より、
相変わらずたくさん写真を撮るんですが、
なんでか知らないけれど、見返すとカッコいいんだなぁ、、、、動きが。

瞬間瞬間の、動きやプレーが、いちいちこんだけカッコいいスポーツって
ないんじゃなかろうか、、、、?

そんなコトを、たかだか中学生の区大会の写真を見返しながら思います。。。。。

前に、こんなコトも書いたんですが、
なんか謎が解けたような気がしています。

バスケのプレーって、その瞬間を静止画で切り取ると、ちょーカッコいい。
基本的に90分かけて1点で決まるようなサッカーみたいなスポーツとは違い、
ひたすら点を積み重ねる往復往復のスポーツだと思うんですが、
時間にすると、2秒くらいの間でディフェンスからシュートまでの一連のプレーが
完結するため、その短い時間の中にたくさんのプレーが凝縮されています。


目では追いつかないようなプレーが、
写真や絵という瞬間を切り取る道具を使うコトで、浮かび上がってくるのです。

スポーツマンガはいろいろあるけれど、
なんでバスケマンガだけが、どんどん絵が上手くなるのか?

それは、0.0何秒っていう、瞬間の動きや気配をなんとか切り取らないといけない、という
漫画家にとっては、超高いハードルのあるスポーツだからなのかも知れません、、、。

そんなコトを最近思いました。


この子達の瞬間の写真を残してあげられたらな、、、。


、、、、、、、新しいレンズでも買おうかな。(笑)

3478.jpg


そうそう、今週土曜日、オープンハウスです!

ケンチクはバスケットと違ってピクリとも動かないからいいよなぁ、、、。

3474.jpg
posted by 西久保毅人 at 01:35| 2013.6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

鳥はね、、、の唄


3480.jpg



鳥はね、、、、
鳥類はね、、、、

A4に一生懸命、三羽も描いてみたんだけどね、、、、、

結局、あつかいが小さいのです、、、。

3482.jpg


鳥はね、、、、
鳥類はね、、、、

小さくしか載せられないくせにね、、、、、、

毛が多くて描くの、ちょー大変なんです、、、。

3479.jpg


しかもね、、、
フクロウなんてね、、、


人間みたいで、描けば書く程気持ち悪いんです、、。

3481.jpg



(サビ)

あー、やっぱり鳥は食べるのが一番。
あー、鳥は食べ物。

やきとりかけば良かった、、、。高円寺だし、、、。
やきとりかけば良かった、、、。高円寺だし、、、。

(サビくりかえし。)




3474.jpg

posted by 西久保毅人 at 01:44| 2013.6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

出会い

明日は、「山崎さんの家」のオープンハウスです。

いつもに増して、こってりとした仕上がりになりました。


3484.jpg

いろんな人の手の跡ののこる家です。

いろんな人が関わるというコトがケンチクそのものです。

3486.jpg

いろんな人が関わるから、間違いも起こります。

偶然もたくさん起こります。

3487.jpg

間に合ったり、間に合わなかったりします。

怒ったり、イライラしたり、ホッとしたり、嬉しかったりします。
泣いたり、笑ったりします。

ぜんぜん、思い通りにはいきません。

でも、おかげで、思った以上に出会えます。


3488.jpg



いいとか、わるいとか、そういうコトではありません。

いろんな人が関わって、ひとつのものができ上がる。

それそのものが、僕の好きな、ケンチクそのものなのです。

現場には、それぞれが、それぞれの、想いだけを持っていこう!


あとは足せば、なんとかなる。
posted by 西久保毅人 at 02:25| 2013.6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする