2013年01月01日

NEW YEAR 2013


3017.jpg

今年もよろしくお願いしまーす!




3014.jpg


地球星より。。。。。
posted by 西久保毅人 at 01:01| 2013.1月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

み?

3024.jpg
「み」年だからでしょうか、、、?


今週の金曜日、1/11(金)に、
昨年夏に完成しました「三輪さんの家」
なんとなんと、新年早々、こんなイベントで紹介して頂くコトになっちゃいました!!

3023.jpg

年末に、突然、コロンビア大学の工藤先生という方からメールでお誘いを頂いて、

「、、、まぁ、何かの間違いだろう、、。」

と思っていたのですが、さすがアメリカ合衆国!!!!
あれよあれよといううちに、こんなポスターもでき、、、、、、、
なぜか三輪さんの名前が最初にあり、、、、、、、

僕の名前も、、、、、(汗)

、、、、、どうも三輪さんもグルだったようです、、、、。

そんな訳で、僕もよく分からなかったんですが、
この、STUDIO Xっていうのは、
コロンビア大学の大学院建築学科(GSAPP, Graduate School of Architecture, Planning and Preservation)
が、世界5都市に設けた研究拠点とのコト。。。。


そんなスゴそうな大学院の研究拠点のイベントに、

「はたして西久保がなんの用事があるのか、、、、?」

って話なわけなんですが、

「 New Year Wine Talk: Home Unique Home 」

新年だし、ワインでも飲みながら、ユニークな家について話しましょう、、、。


て、感じの意味なんでしょうか、、、、?

ケンチクの話しはニガテですが、、、、、お酒飲むのは得意です!


3025.jpg

さて、コロンビア大学、っていえば、、、、、、?

宇多田ヒカルが入学した大学、っていうくらいしか、予備知識ありません、、。

そして、
おそらくアメリカの大学主催だから、英語もたくさん飛び交うのでは、、、?と予想されますが、
佐賀弁と東京語しか話せない僕はこんなところに呼ばれて大丈夫なのか、、、?


、、、、と、
招待していただいて、うれしい反面、
どっちかっていうと、不安の方が大きい今日この頃。。。。。(汗)


でも、きっと素敵な出会いもあるだろうな。。。。


とにかく、新年早々、日本の面汚しにならないように、、、、
頑張ります。。。。


気軽なワインパーティで、入場無料とのコトですので、
興味のある方、コロンビア大学にいつか留学を、、、ともくろんでる方、
僕が、英語がしゃべれず、たじたじにフリーズしてるのをサカナにワインが飲みたい方、、、、など、

もしお時間のある方は、お気軽にご参加下さいね!

3021.jpg

そんな訳で、今年の目標。

3020.jpg

英語と、ギターと、ピアノと、歌と、サッカーを頑張る!!!!

3019.jpg

ボールを持ったら、もうパスとかしない。もうすぐ40歳だし、、、、。

3018.jpg

子供相手のゲームでも、シュートは本気で打つ。もうすぐ40歳だし、、、、。

3022.jpg

そんな訳で、今年もよろしくお願いします!
posted by 西久保毅人 at 01:15| 2013.1月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

一年検査

先日、昨年完成しました「尾崎さんの家」の取材とかねて、
一年検査に行ってきました。

3028.jpg

お天気も良く、撮影日和!
相変わらず、とても楽しそうに暮らしていただいているのが、
とてもとても伝わってきます。

3026.jpg

なんて言うかな、、、、、
洋服で言うなら、肩のこらないお気に入の普段着を
大事に着こなしていただいているような、、、、感じでしょうか?

3029.jpg

お気に入りだから、やっぱ毎日着るし、
だから、よごれもこすれもするんだけれど、
でも、お気に入りだから、そういうのも愛着になって、
いろんな傷跡も含めて、体の一部のようになって行く感じ、、、。

3030.jpg

いろんなトコに居場所があって、いろんな高さがあって、
近くにいるのに、息苦しくない感じ。

3031.jpg

なんか、その時々の、気分や、作業や、姿勢に応じて
いろんな場所がある感じ。

まず、「感じ」の点検は、合格です。


いい感じです。

3032.jpg

「感じ」の点検が終わると、
さらに、ニコ設計室では、
お鍋の使い安やすさや、モツ煮込みの煮込み具合、味までも、念入りに点検します、、、。
根が真面目なため、味見の回数は、惜しみません。

3033.jpg

一年検査なので、
台所の使い勝手や、お皿の並べ具合、サラダの盛りつけ、パーティー可能人数まで
念入りに点検します、、、。
時には、手を伸ばし、つつまみ食いするフリをしながら、アイランドキッチンの寸法が
ちょうど良かったのか、、、を確認します。


3035.jpg

検査で作ってもらったものは、残さないのも、鉄則です!
熱いうちに頂きます。
そして、「おかわりー」というのも大切。

「おかわりー」と言ったあと、お母さんがスムーズに持ってきやすい動線かどうか?
を厳密に検証するため、
僕は、何回も何回も「おかわりー」とか「あれ、もうお酒ないの?」とか言うのです!

3038.jpg

さらに通常、ここまで念入りに点検する設計事務所は少ないようですが、
ニコ設計室においては、
テレビの映り、wiiリモコンの設置台数、電波の状況、
さらには太鼓のたたき方まで、念入りに点検します。

そのため、ついつい夜遅くまでかかってしまいます。。。。

3037.jpg

そして検査終盤には、14.5人が、好きな場所に散らばってみて、
夜の空間における声の反響具合、暖房の場所による効き具合の点検、お酒の進み具合。

そして、食べ残し、飲み残しがないかも、念入りにチェックするため気が抜けません、、、。

3039.jpg

そして最後に、夫婦関係、

3040.jpg

施工者との信頼関係、

3041.jpg

設計者との信頼関係を確認しました。


特に大きな問題はなく、ホッと一安心です。


、、、、、とそんな訳で、
大人数で押しかけて、ごちそうさまでしたー!!!!!

また点検、呼んで下さい!
posted by 西久保毅人 at 02:33| 2013.1月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

ルイスカーン、赤いスケッチとダブル受賞!!!

さて、先日ご紹介していたコロンビア大学のトークイベント。
とても楽しい会でした!

3043.jpg

実は、コロンビア大学の工藤先生という方からの突然のお誘いだったんですが、
実は、あまりに突然のお誘いだったんで、

「どうしてですか???」

って、聞いてみていたのです。。。。。
そりゃぁ、そうです、
あまりに、僕とコロンビア大学が縁がなさ過ぎて、、、、、。

3042.jpg

そしたら、
「、、、実は、僕も若い頃、赤でスケッチ描いてたんだよ!」

とのコト、、、、。

写真端のオシャレなおじさんが工藤先生。中央は三輪さん御夫婦。
3044.jpg


、、、、、、そんだけ???

らしいです。。。。。


世の中、何が起こるか分かりません、、、、、、が、
続けるもんです。

3045.jpg

実際にお会いして、その話しで盛り上がって、
「なんで赤で描いてるの??」
って聞かれたんですけど、、、
「、、、、いや、、、、、なんとなく、、、。」

てぐらいしか、ホントになんとなく、、、のため、答えようもなかったんですけど、

「赤は、赤でもさ、いろんな赤があってね、、、、、、
でも、まぁ、とにかく、赤で描いてると、自分も興奮しちゃっていいんだよねー。。。。
まぁ、ようするにさ、赤つながりだね!」

とのコト。
そんな、不思議な不思議なご縁だったんですけど、
実はこの工藤先生。

なんと、なんと、なんと、
実は、
あのルイスカーンの晩年の事務所にお勤めされていらっしゃった方なのです。

3046.jpg

ルイスカーン。
おそらく建築をやっている人で、知らない人はいないくらい有名な
20世紀アメリカの建築家。
エンシェリックハウス等、世界中で有名な小住宅から、アメリカ、中東、インドの
大規模建築までを手がけた巨匠中の巨匠です。

たぶん、歴史でいえば、徳川家康くらい有名な建築家ですし、
あんまり建築家、好きじゃない僕ですら、時々、うっとり作品集眺めてますし、、、、。

まぁ、僕が説明するとコトがナンセンスなくらいの
伝説のの建築家なのです。

そんな方のお弟子さんと出会えるなんて、、、、。
僕も勉強不足で、まさか、ルイスカーンに日本人の弟子がいるなんて
今回まで知らなかったんですが、そんな意味でも、とてもとても
光栄な機会でした。

ほーんと、不思議。
そして、誰にも相手にされなくても、自分が「なんとなく、、、、、、。でもいい。」
って思えるモノを続けとくもんだなぁ、、、、、。
そしたら、何かにつながるもなんだぁなぁ、、、。

って、つくづく思う39歳、今日この頃です。

3047.jpg

さてさて、それも嬉しかったんですけど、
何より、この会、実は、「三輪さんの家」の三輪さんが、御自分のお仕事と絡めながら
施主として、自邸の構想から設計、完成までをご自身でプレゼンする、っていうコトが
メインだったんですけど、
こんな機会も、二度とないくらい素敵な経験でした。

通常、こういうのって、設計者が設計プロセスや、いろんな完成までの想いをエラそうに
プレゼンするのはよくありますが、そのすべてを、施主がプレゼンするって、めったにないコトです。

それを、もう、僕が口を挟む出番のないくらい、楽しそうに、楽しそうに、
そして、どれだけ満足しているかを、それはもう、、、、楽しそうにお話していただいて、
設計者としては、もう、こんな嬉しい機会はないくらい楽しい会でした。

設計させていただいた家の建て主さんに、こんだけ話していただけたら、
もう僕が自分で営業する必要、一切ないですね。。。。

そんな訳で、三輪さんには、ニコの営業部長になっていただくコトになりました!
頑張って営業お願いしまーす。。。。。

そうそう、練馬区の営業部長、尾崎さんもよろしくお願いしますね!
100%LIFEっていうウエブマガジンに、掲載して頂いています!!!!



3050.jpg

さて、そんなコトと、あわせたように嬉しいお知らせ!

東京ガスが、毎年主催している「住まいの環境デザイン・アワード2013」
に、256点の応募の中から、
なんとISANA三輪さんの家が、ダブル受賞!

3053.jpg

これもですね、、、、
実は、独立してから、もー、、、、、、
イヤになるくらい、毎年毎年、応募しては、「、、、、ふー、またダメか、、、。」

と、ほーんと、かすりもしなかった賞でして、
たぶん、出した回数で賞がもらえるなら、僕はたぶんかなり上位な自信があるんですけど、、、、。(涙)

と、前にも書きましたが、ほーーーーーんと、
こういうのに、無縁のニコ設計室だったんですが、
まさかの、ダブル受賞!!!

もう、、、、、この、なんというか、
ふだんは、一切、かすりもせずに、淡々と負け続け、
10年に一回だけミラクルの波がくるペースは、
佐賀の高校野球かっていう感じなんですが、、、、、。

ホント、人生、何があるか分かりません。。。


唯一、言えるコトは、、、、、
ナニゴトも、続けるもんです、、、、、。

posted by 西久保毅人 at 02:00| 2013.1月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

タイミング

11月から
学校のインターンとしてニコにきていた川上くん。
昨日が最終日でした!

3055.jpg

インターン初日にまさかの飯島さんちの上棟式に始まり、、、、、

3056.jpg

地鎮祭、わいわい祭り、一年検査、、忘年会、新年会、、、と、
まぁ、来てた時期も時期だから、、、、ではあるにしても、
よく考えたら、お酒まみれのインターン期間だったのかも知れません、、、。

お酒以外でも、短期間に、これだけケンチクが生まれ、使われるいろんな場面に触れられるなんて
実はかなりラッキーなタイミングだったんじゃないかな、、、と思います。

どうでしょうかね、、、、。

3057.jpg

でも、僕たちみたいな小さな設計事務所に来るっていうのは、
ほーんとタイミングによって経験できる事も様々で、時には3ヶ月くらい上棟式のない
時期もあれば、1ヶ月に2件のおうちのオープンハウスがある時期もあるし、
1ヶ月間、みんなでお酒を飲むコトのない時期も、、、、、、????

そんな意味では、すごくニコでも濃厚な期間だったような気がします。

そもそも、来た初日が上棟式だなんて、
きっと、お酒の星の下に産まれて来たのかも知れませんねっ。。。。


とてもくだらないコトのようですけど、僕はこういう
タイミングって、実はとっても大切なような気がしています。
能力とか、そういうコトよりも。。。。

サッカーで言うと、ポジショニングみたいなものでしょうか?

「あいつ、なぜかいっつも、点にからむいいトコにいるんだよなぁ、、、」

というよように、川上くんは、

「あいつ、なぜかいっつも、酒にからむいいトコにいるんだよなぁ、、、」

って感じかも知れません、、、(笑)
3058.jpg

そういえば、僕も、大学4年生の頃、
なんとか行ってみたい、、、、と思っていた象設計集団に
自分で電話番号を調べて、電話して、、、、

とーーーっても緊張して行った初日に、実は、

「さっ、今日はこれから飲みに行くよー。」と
完成したライブハウスに連れて行ってもらったのが、いまだに嬉しかったのを
覚えていますし、

「このヒトタチ、いい人かも??」

と思ったおかげで、勘違いして、今こうして独立してしまっていますし、、、、、(笑)


そういえば、ホソダくんも、
実はニコに来た初日が、たまたま中澤さんちのオープンハウスで、
なぜか、打ち上げまで参加して、

「、、、、まぁ、邪魔にならないように、、、、、いれば。。。。」

というコトになり、今では立派に、オープンハウスの荷物の運搬には
欠かせないドライバーとして成長しております! し、、、。

3059.jpg

そんなコトもあれば、
せっかくニコで働きたいと思ってくれていて、
僕も、一緒に仕事がしたいなぁ、、、、と思いつつも、
残念ながらそんなに仕事もなくって、縁がなかったコトも多々ありますし、、(涙)

ニコに設計を頼んで頂いて、とても楽しそうだから僕もやりたいなぁ、、、と思いつつも、
珍しく忙しい時期に重なっちゃって、泣く泣くお受けできなかったコトもあります。。。。


そういう意味で、ほーんと、人生タイミング。


はたして川上くんが将来、どうなるのか?
、、、、ちゃんと、立派な酒飲みになるのか???


長い目で楽しみにしておきますねっ。。。
posted by 西久保毅人 at 01:14| 2013.1月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

教会通りの課外授業

今年の大学の授業は、先週で終わったんですけど、、、、、。

実は昨日、西久保班、延長戦を行ないました!

3060.jpg

実は、荻窪に、教会通り商店街、っていう、
とても素敵な商店街があります。
チェーン店や、大型店舗化ばかりがもてはやされる中、
地域に根付いた、小さなお店のつらなる、とてもいきいきとした商店街です。

3061.jpg

昭和初期からつづくお店、古いお店をリフォームして若い人が営むお店。
業種はいろいろなんですが、いろんな雰囲気が入り交じって、肩肘張らない
生活感のある地域にとっても根付いた商店街なのです。

僕も、かれこれ荻窪在住、15年くらいなんですが、
住みはじめた頃からときどき散歩する商店街。
なんだか、商店街と住宅街のあいのこみたいな、、、、不思議な魅力のある街。

3062.jpg

大学で3年生の授業をすることになってから、

「、、、、さて、何をしようか、、、?」

って、正直、結構悩んでですね、、、、。

「、、、うーん、引き受けたものの、、、人様に教えるようなコトないしなぁ、、、、(汗)」

って正直思って、だったら、僕が教える事がない変わりに、
学生達に、何かを教えてくれるような、考えさせてくれるような、、、、

そんな体験のできる授業にしようっ!

って、思った訳です。。。。
そしたら、ジブン、からっぽ人間で、いい訳なので、、、、(笑)

3063.jpg

そして、できれば、舞台は、街にしよう、敷地とかやる事決めずに、
学生達がそれを探すところから始める課題にしようっ、
って思った訳です。。。。。
そしたら、ジブン、敷地決めなくって、いい訳なので、、、、(笑)


、、、、とそんな訳で、舞台として考えたのが、
この教会通り商店街だったのです。

3064.jpg

実際にある、いきもののような、商店街。
いきものだから、細胞がどんどん入れ替わりつつも、なんとなく「雰囲気」や「らしさ」を
もっている商店街。

いきものだから、成長したり、元気だったり、笑顔だったりしつつも、、、時には病気にもなる商店街。

時には、ちょっとした事で、死んでしまう商店街、、、、。

3065.jpg

はたして、何が大切なのか?
何を失ったらいけないのか?
なんで、いきいきした商店街と、死んでしまう商店街があるのか?

それは、僕たちが何とかできるものなのか??

3066.jpg

そんな、ちょー漠然とした、学生達にとっては、迷惑な授業。

課題タイトルは、「さしだすデザインの発見」。

とりあえず、ケンチクなんかどうでもいい。
まずは、建築学科の学生であるコトなんか、忘れてしまう事。

3067.jpg

、、、、と、
こーんな授業ではあったんですが、ほーんとみんな真剣に真剣に、
街に向きあうっていう事をしてくれて、その成果はもちろん個人差あって、
てんでばらばらなんですが、とても素敵な資料ができました。


だから、この学生達の、エネルギーの集大成を
僕の手元だけに持っておくのは、あまりにももったいなさ過ぎるなぁ、、、、、、
といっつも思っていたのです。。。。

3068.jpg

そんな中、学生の1人の笠巻くんが、
商店街をまとめていらっしゃる方に直接お願いをして、
なんと、教会通り商店街で実際にお店を経営されている方々に
発表する機会を頂いてきてくれたのです!

えらいっ。

3069.jpg


、、、、と、長くなりましたが、
そんな訳で、学校の授業はもう終わったんですが、
昨日は、そういう意味で、番外編。

いよいよ商店街の方々に、プレゼンする日だったのです!!!

3070.jpg

さすがに、授業ではないので、全員参加にはなりませんでしたが、
10人以上の、いろんな年齢、いろんな職種の経営者の皆様に集まって頂き、
緊張の、プレゼン会を行ないました。

3071.jpg

しかし、学生はすごいなぁ、、、、って思うんですが、
授業も含めると、これで3、4回目かな、、、、、彼らの発表を聞くの、、、。

それが、回を増すごとに、だんだん発表が上手くなって行くのですね!

だから、昨日はですね、、、、
もちろん勉強不足のこともたくさんあるんですが、
自分達が考えた事、気づいた事を、実際に課題の舞台である
教会通り商店街のの方々を目の前にしながら、
それぞれものおじせず、堂々と発表していました。

そして、ありがたい事に、商店街の方々からも、それぞれの立場から、
たーくさんの意見や感想、質問をいただき、
終始、たじたじになりつつも、想いを伝える事が無事、できました。

3072.jpg

写真を見返しても、それぞれ、学校では見たことないくらい、
真剣で、とてもいい顔してるなぁ、、、と
思うんですけど、、、
それは、商店街の方々が、
学生の夢物語を真剣に聞いて頂けたおかげなのだと思いますし、
とにかく、本当に伝えられて、嬉しかったんだろうなぁ、、、と思いました。

いい経験です、、、、。ホントに。

3073.jpg

商店街のみなさんからも、とてもあたたかい言葉をいただき、
プレゼンが終わると、全員で二次会に突入!

舞台は、もちろん教会通りの居酒屋で、
お酒を交えながら、ざっくばらんにいろんな話しをさせて頂きました。

みなさんほとんど初めてお会いするのに、
学生達にしっかりと目線を合わせて頂き、とても親密で濃厚な宴会。

3074.jpg

そんなにぎやかな中にも、
これから出て行く社会について、教えて頂いたり
商店街のそれぞれの実情について、教えて頂いたり
ケンチクだけでは何も変わらないという事、、、、、など、
それぞれ、経営者としての立場から教えて頂き、

ホントに、僕たちも勉強になるような貴重なお話を
たーくさんいただく事ができ、とても実りのある一日でした。
(そうそう、実は、せっかくなので、ニコのみんなも参加させて頂いたのです!)

3075.jpg

そして、最後にこのせっかくの出会いを、今後も続けて行きましょう、
毎年、明治の学生さん、待ってますよーっ、と、


僕にとっては、ちょっとプレッシャーにもなる挑戦状もいただき、、、、(汗)

3076.jpg

始まるまではどうなる事かと、、、、ちょっと不安もあったんですが、
寛大な商店街の皆さんのおかげで、
とてもとても楽しかった発表会。

いただいた挑戦状に答えるべく、
この課題は、しばらく続きそうです、、、、!


来年も、また盛大な発表会、しましょうねー! 教会通りのみなさんっ。

お付き合い頂き、どうもありがとうございましたー。
posted by 西久保毅人 at 01:42| 2013.1月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸太くらぶ

先日工事が始まった、高円寺の山崎さんちでは、家の中にふとーい丸太を使う予定。。。。

そんな訳で、東京の西の方にある材木屋さんに丸太を探しに行ってきました!

3077.jpg

そもそも、なんで丸太を使おうかと思ったかといいうと、
山崎さんちの敷地は、新防火地域っていう、最近古い木造の密集地で
適用されている用途地域でして、もうこれがムカつくのです。。。。

なんでかというと、ほとんどの構造材を耐火被覆といって、燃えないように
壁や天井の中に隠さないといけなくてですね、、、
そうすると、要するにせっかく木で作っても、ほとんど、家の中には
構造材があらわせないというなんとも、切ない法律なんです。

3078.jpg

もちろん、燃えにくい事は、大切なんだけど、同じくらい木に触れながら
暮らすのも子供達には大事なのだ!と僕は思う。

、、、で、実はこの被覆の仕方には裏技というか、木を使う方法あってですね、、、
被覆って言っても、どんなに被覆をしても、建物は完全に燃えない訳ではなくて、
最低限何分間、火に耐えられるか?という性能で建物は作られています。

だから、いわゆる準耐火建築物っていうのも、時間で言えば火に45分耐えるように
被覆されているだけなので、それ以上の時間、木が現れてても大丈夫ならいいのです。

3079.jpg

それが、実は、燃えしろ設計というもので、
たとえば、普通木造では、10センチから12センチの木の柱を使うんですが、
45分以上大丈夫なようにするには、要するに「太く」しちゃえばいいのです!

で、およそ、その「燃えしろ」がだいたい10センチだから、
つまり、20センチ〜22センチ以上の太さがあれば、堂々と木の柱を安全に
家の中で使うコトができるのです。

20センチ以上って、けっこうな太さですけど、
そんな大きな木が、家の中になったら、めちゃくちゃ楽しそう!

せっかくだったら、もっと太くして、、、だったらどうせなら丸太にしたら、
抱きついても気持ちいいし、、、、、何よりそういう太い丸太が家を支えている
なんて、めちゃくちゃ山崎さんちぽい、、、、、、。

3080.jpg

と、そんな訳で、
とても小さく、高円寺らしい街にたつ山崎さんちには、
家の中に木が生えているように、太ーい丸太の柱がでーんとおかれる予定。。。。

3081.jpg

で、そんな訳で、今回、いろんな工務店さんに、

「、、、あの、できれば30センチくらいの太い丸太を使いたいんですが、、、、?」

って、聞いてみたんですが、そんな丸太、フツウ、使わない訳で、、、、、、、。

だから、「ない」とか、「その太さは集成材しかないね。」とか、
「あっても、べらぼうに高いよ、、、。」とか。。。。。。

大抵、そういう返事で、どうも、なんか、、、、、引き気味のお返事が多くてですね、、、、

僕たちとしても、あまりに高すぎるんだったら、あきらめるけど、
世の中には、たくさん、木がはえてる訳だし、、、、、別に高級なものを欲しいと
言ってる訳でもないし、、、、しかも、節だっていっぱいあっていいし、
どうせなら、ちょこっと、枝とかもついてても楽しそうだし、、、、、、という
イメージだったんですが、なかなか上手く進まなかったので、
いろいろ探して、たどり着いたのが、
以前にも御世話になった、東京の西のほうの多摩の浜中木材さん。

3082.jpg

、、、、、あります、、、、ごろごろあります、、、、。

やったぁ、、、、。

ほーんと、こういう場所は、ワクワクします!

3083.jpg

さて、どうやって運ぶか、、、、等、まだまだ多少難問はありますが、
山崎さんち、楽しくなりそうです!



もー、、、、、、あるじゃん。。。。。丸太。
いっぱい。
posted by 西久保毅人 at 20:37| 2013.1月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

ゆき

そういえば、ジブン、
スキーした事ありません、、、。

そりゃぁ、この歳になると、大抵のコトは、、、、、したことあるつもりなんですが、
この歳くらいにもなれば、大抵の人がしたコトがあるものの中で、
僕に欠落している経験と言えば、
スキーとゴルフでしょうか、、、、、??

3084.jpg

、、、そんな訳で、軽井沢で工事中の山本さんの家。
実は、こんなにたくさん雪が積もっている風景を初めて見ました。。。。。

雪も、トウキョウみたく、べちゃーって感じじゃなくて、
なんだかさらさらです。。。

3085.jpg

けっこうな量の雪が積もってたんですが、
朝目が覚めると、こういう雪景色って結構素敵だろうなぁ、、、、。

しかも、雪だから寒いかと思いきや、
白くて光を反射するからなのか、結構家の中も明るいし、
思ったよりもあたたかい。。。。

3086.jpg

3087.jpg

工事はいよいよ終盤で、
色を決めたりしているんですが、こんだけ夏と、秋と、冬で
色味も景色も変わってしまう場所も珍しいかも知れないですね。。。。

今回、木の板の外壁なんですが、
何色かに染色した木の板を、モザイクみたいに貼って仕上げるコトにしました。
こういうのは、どんなに検討してもできあがるまでなかなか実感として
イメージがつきにくいんですが、
とても、楽しみです!

こういうメンドクさいコトに対応してくれる工務店さんに感謝。

3088.jpg

しかし、香川の竹安さんの家をつくってくれたセンコー産業さんにしても、
今回の長野の谷川建設さんにしても、田舎の工務店さんはいつも感激するくらいに
丁寧で、熱心だなぁ、、、と思うのは僕だけでしょうか、、、?
3089.jpg

通りでは、近所の兄弟が、ソリを片手に散歩していました。

いいなぁ、、、。

こういう場所で育つ子供達は、きっとタフで、
感性豊かに育つんでしょうねー。。。。

3090.jpg

冬は冬で、
夏は夏で、
秋は秋で。

軽井沢のくらしは楽しそうです!
posted by 西久保毅人 at 01:18| 2013.1月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

ダサイというほめ言葉

今日はお天気も良く、上棟日和。
目黒区で工事中の、安藤さんの家の上棟の日でした!

3091.jpg

敷地は50平米くらいで、密集地に建つとても小さなおうちなのですが、
半地下を作ったので建ち上がると結構りっぱなたたずまいです。

3092.jpg

さて、安藤さんちは、いつもとてもおもしろく打ち合わせをさせて頂いているのですが、
そのたんびに、出てくる、安藤さんちのキーワードとも言うべき言葉は、

「ダサイ」というコト。。。。。

「、、、なんていうか、ダサイ感じの家がいいんです!」

って、あまりにまじまじとにこやかに言われるもので、
これはなかなか難しいぞ、、、と思うのです。実は!


だって、「ダサさ」って、結構ひとそれぞれじゃないですか、、、?

むしろ、カッコいいとか、美しいとかっていう方が
そういう意味では、意外と作り出しやすいというか、
納得しやすいというか、、、、
共有しやすいカンカクなのかも知れないなぁ、、、って思います。

「こっちの方が、カッコいいですよねっ!」

って言われると、そっかぁ、、、、って思っちゃうし、
ジブンでそう思っていなくても、
洋服屋さんとかで、

「こっちの方が、絶対カッコいいっすよ、ゼッタイ。」

とか言われちゃうと、ジブンでそう思ってなくっても、

「、、、、、そ、そうっすか、、、、。じゃ、これにしちゃおうかなぁ、、、」

って感じで買っちゃうし、、、、。

3093.jpg

そういう意味では、
かっこよさとかって、ジブンでそう思ってなくても、
なんとなく、雑誌に載ってるからとか、流行ってるから、とか、
あの人もやってるから、とか、、、、、

そういう、外の情報に影響を受けやすいものかも知れません、、、。

3094.jpg

しかし、「ダサさ」って、、、、、
もう少し日常的っていうか、
主観的なカンカクのような気がしますし、
そういう意味では、究極の「らしさ」なのかも知れません、、、、。

もー、、、、、、超難しい。
でも、なんだか、思考に開放感があるっていうか、自由さがあるっていうか、
ちょっと固くなりがちな頭をドロドロに溶かしてくれそうな、
感じでとても楽しいのです!


施主力8割 設計力2割のニコ設計室。
さてさて、どんな「ダサい」家に仕上げるコトができるでしょうか、、、?

3095.jpg

しかし、、、、、、、、
ホソダくんが担当だと、ついついカッコ良くなっちゃうからなぁ、、、。

全身からにじみ出てしまいがちだからなぁ、、、、、、、、カッコ良さが、、、。

3096.jpg


できあがって、

「カッコいいからやり直して下さい!」

って、言われちゃわないように、、、、。

「愛すべきダサさ」を目指して、
新たなニコワールドができそうで、これからが楽しみです!


、、、、、もはや施主力8割だから、安藤ワールドですけどね、、、、。
posted by 西久保毅人 at 11:15| 2013.1月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする