2012年12月01日

7年

ずーいぶんと、久しぶりに、植木さんの家に行ってきました。。。。。

2949.jpg

そういえばオープンハウスをさせてもらったのが、2005年の12月だったので、、、、、
ちょーど、まる7年目!


、、、、と、なんか遊びにいったような口ぶりですが、、、
実は、ちょっと前に不具合のご連絡をいただいていてが、
行きそびれてしまっていたのです。。。。。すみません、、、。

2950.jpg

そうかぁ、、7年かぁ、、。
7年て、早いようで、ずいぶん時間がたったようで不思議なものです。
そういえば、ソラと同じ歳でもあるのだな、、とふと思ったり、、。

植木さんの家は、
独立して、ちょうど10件目のおうちでした。

まぁ、今でもたいしてうだつもあがりませんが、当時は、うだつって言葉すら
知らなかったような、、、、、そんな時期。
植木さんに初めてお問い合わせのお電話いただいた日を思い出します、、、。


さてさて、今回は、数年ぶりに伺ったのですが、
植栽や、アプローチも、いい感じ苔むしていて、
外壁の色も、少しだけ色あせた感じがとてもいいなぁ、、、、、
白の窓枠も、新鮮でいいなぁ、、、と思い、
玄関を開けると、、、、

2951.jpg

2952.jpg

なんか、、、、、、ほとんど当時のまんま。。。。。

ホントにそんな印象で、ちょっと感動的でした!!!

2953.jpg

もちろん、いろんな材料が古くなり、木は木なりに、古くなっているんですが、
いい味わいになっていて、
やっぱ、時間を楽しめる材料はいいなぁ、、、とつくづく思いましたし、
そんな材料とはうらはら、植木さんの最大のこだわりで選んだ大理石の床は、
いまだにピッカピカ!

その対比が、時間が経ってまた素敵でしたし、

2954.jpg

ほんとに大切に、家を楽しんで住んで頂いているんだなぁ、、、、と
とても感動的でした。

2955.jpg

当時からすれば、気がつけば僕も50件以上のおうちを設計させて頂き、
もちろん、経験や、知識は今の方があるでしょうし、
知ってるコトも増えたとは思うんですが、、、、、、、、。

設計をする上で、そういうのって、大抵が邪魔なもので、
経験や、知識をないものとして考える、っていうコトが何より大切なのだといつも思って
仕事をしているんですが、
ついつい、そういうのに、しばられちゃう時が、時々あります。。。

2956.jpg

だから逆に、
7年前の自分を見るようで、とても新鮮な気分でしたし、、、、

実は、植木さんの家、とても変形した、ギザギザのプランなんですが、、、、
そういう意味では、ニコの変形した不思議な形のプランの第一号なのです!、、、、たぶん。

、、、、だから、つくる時も、やっぱ、たいへんで、
大工さんには苦労をかけたんですが、

ああ、やっぱ、このプランやたたずまいで良かったんだなぁ、、、、、と
今回、改めて思ったのでした。

2957.jpg

そう思うと、どっちかっていうと、よく7年前、このプランを気に入って頂けたなぁ、、、、、
とも思いますし、
植木さんも実は、プラン見た時、ギョッとしたんじゃないのかなぁ、、、、

とか、、、、ちょっと冷静に考えると思っちゃうんですが、
植木さんとの当時の打ち合わせを思い返すと、
僕たちがいろいろ考えて、何を提案しても、いつもニコニコしながら、

「いやぁ、、、また考えてもらってありがとうございます!」

って、言って頂いたのを、思い出しました。

、、、、実はその度に、「、、、ふーっ、よかったぁ、、。怒られなくて、、、。」
と思ってたんですが、、、。(、、、汗)

思い返せば、
その時の植木さんの寛大さのおかげで、今があるようなものですよ、、、。きっと。

ニコの仕事は、ぜーーーんぶ、つながっていますから、、、、。

2958.jpg

2959.jpg

そして、今回久しぶりに訪れて思ったのは、
やっぱり空間の骨格っていうのは、スゴいなぁ、、、ってコト。。。。

ケンチクは、一度、作っちゃうと、何十年もあるわけですが、
すべての部位の寿命が何十年もある訳ではありません。モノですから、、、。
もちろんその中には、劣化するもの、
メンテナンスが必要なもの、どうしてもその時はかなわないもの、
いろいろとあります。

2960.jpg

だから、もしかしたら、また10年くらい経って、
塗り直したり、貼り直したり、
ぜーんぜん違う色になったり、、、、、、。

そんな時もあるかも知れません。

でも、表面が、どんなに変わろうとも、
それでも変わらない空間の骨格みたいなものがきっとあって、
どんな風に変化していっても、

「あぁ、これはやっぱり植木さんの家だなぁ、、、。」

と思えるような強い骨格を作るコト、、、、

それが、実は、ケンチクを作る価値なんじゃないかと僕は思います。

2961.jpg

そうそう、最初からそういう風にずーっと思いながらひとつひとつ設計をさせて頂き、
気がつくと独立して10年が過ぎたんですが、


やーっぱ、大事なもんは大事なのだ!!!!  間違えてねえな!!!

と、そんなコトを7年前に考えさせてもらった植木さんの家に行って
改めて思ったのでした!

おしまい。
posted by 西久保毅人 at 01:33| 2012.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

点検日和

ねんまつーっていう感じですね。。。(汗)

2962.jpg

さて、
おうちが完成して1年すると、1年点検というのをさせて頂くんですけど、
テンケン、っていうのは、まぁ、形式的なもので、
どっちかっていうと、

「1年経って、どういう風に住んで頂いているんだろう、、、?」

2963.jpg

っていう、興味が正直なところ、僕はほとんどです。。。。

そんな訳でこの年末、いろいろ行かせて頂いているんですが、
先日は、池田さんの家と、井上さんの家に行ってきました。

2964.jpg

家って、とてもおもしろいのですが、
完成したすぐだと、どーも、空間と、生活がお互いによそよそしい、、、
っていうか、なまなましいっていうか、、、、、

ちょっとした違和感があります。。。。

2965.jpg

そりゃ、そうですよね、、、、。

生活って、家具にしろ、持ち物にしろ、
家ができる前からずーっと継続している訳だから、蓄積された年期っていうか、
味わいのあるもの。

それを、シンチクの家に持って来ちゃう訳だから、、、、。

2966.jpg

でも、それが1年くらいすると、
ふっ、と馴染むというか、家の材料も少し色あせてきたり、
木の色も、ちょっと濃くなってきたり、、、、。

まぁ、ようはいい感じになる訳です!

2967.jpg

そして、そういう中に、
「あぁ、、池田さんちだなぁ、、」っていう池田さんらしさがにじみでてきたり、

「あぁ、、井上さんちだなぁ、、」っていう井上さんらしさがにじみ出てきたり、、、。

2968.jpg

そういう「らしさ」が、どんどん家にしみだして来てるのを感じるのは、
とっても幸せなコトですし、その「らしさ」って、みーんな違います。

だから、ニコの家は、ぜーんぶ違いますし、
おかげで相変わらず、作風に縁のない設計事務所です、、、、。(笑)

さて
そう思うと、「その家族らしさ」って、料理で言うと、「ダシ」みたいなものでしょうか、、?
あーなるほど、

まさに「ダシ」みたいなものかもです。

だから、完成したての家は、
きっと、「ダシ」の入ってないみそ汁みたいなものなのかも知れません、、、。

見た目はいいけど、味がしない、、、、、みたいな。。。

2969.jpg

だからちょーど、1年くらい経つと、ダシの風味が効いてきて、
ようやく家も完成を迎えるのかも知れませんね、、、。

2970.jpg

その「ダシ」が、何風味か??

とんこつなのか?
カツオなのか?
いりこだしなのか?
マヨマヨ風味なのか、、、?

2971.jpg

それを、実は家ができる前に感じとるコトが、
実は、仕事の9割くらいをしめていると個人的には思っていて、
それさえつかんじゃえば、正直、設計はできたようなもの。。。。


もちろん、設計の仕事だから絵も描きますし、図面も書きますが、
そんなものは、正直どうにでもなるのです。。。

でも、大切なのは、絵を描く時、図面をかく時に
しっかりと定規になる「ダシ」を感じてるかどうか、、、?


2972.jpg

初めてあった時や、お打ち合わせの中で感じたコトが
正しかったか、間違っていなかったか、、、、、?
っていうコトの成果が分かるのが、この1年検査みたいなもの
なんじゃないかなぁ、、、と僕は思っているので、
実は、いちばん、ドキドキなのです、、、。

2973.jpg

完成検査なんかよりも、ずっと。。。。

2974.jpg

さてさて、池田さんちも、井上さんちも、
そういう意味で、とってもあー、池田さんぽいなぁ、、とか、
井上さんちっぽいなぁ、、、っていう風に住まわれていて、
ほっとひと安心!!!!


2975.jpg

ひと安心しちゃえば、あとはもう、、、、

2976.jpg

ただただ、楽しくお酒が飲めたらいい、、、、っていう、
今年も、飲んだくれの年末なのでした、、、、、。

おさそい大歓迎です!!!
posted by 西久保毅人 at 02:04| 2012.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

3ねんせい

早いもので、明治大学での2年目の授業も、あと数回。

2977.jpg

去年は7人だった西久保班も、今年は10人。

授業っていっても、教壇に立ってしゃべる訳ではなくて、
僕の出した課題に対して、一人一人が考えてきたコトを、みなでテーブルを囲んで、
1人ずつエスキースをしていく感じなので、時間もかかります、、、。

2978.jpg

去年より3人増えただけなのに、毎週昼から始まる授業も、
気がつけば外は真っ暗。。。。。

半ば、ジンセイ相談のような展開の時も、、、、。

2979.jpg

そりゃそうだよね、まだみんな3年生だもの。。。。

と、僕は、そう思うんだけど、
学生にとっては、もう3年。
もうすぐ4年。

さて、就職するか、大学院にいくか、、、、?

そんな、一つのジンセイの分岐点のような時期でもあります。

2980.jpg

それにしても、最近の学生の設計は、一見、とても良くできています。
良くできているように見えちゃうのです。

それは、図面やプレゼンテーションを、みんなパソコンのソフトでやるからで、
能力とは別に、見栄えがよくて、一見、プロみたいな作品もあります。

2981.jpg

でも、良ーく付き合うと、やっぱり3年生。
3年生なりに、出来る事もあれば、3年生なりに、出来ないコトもたーくさん。

そりゃそうなのです、まだまだ3年生なんだから。。。。

でも、僕たちの頃は、パソコンなかったから、ぜーんぶ手書き。
だから、出来る子、出来ない子、が一目瞭然だったのです。

、、、、、もちろん、僕は、出来ない子、日本代表みたいな感じでしたから、
優秀なまわりの人達を垣間みては、

「きっと人種が違うんだろう、、、、な、きっと。。。。くる場所間違えた、、、。」

2982.jpg

と、まさかこうやって、独立しているなんて、恥ずかしくて口にも出せなければ、
思うコトすらしてなかったですね、、、、。(涙)

だってあまりに違うし、、、まわりと。。。。。

しかも、そもそも3年生の今頃って、女の子にふられて、そもそもセッケイどころじゃ
なかったコロだな、、、、。。。。

2983.jpg

、、、、、て、思うと、ほーんと10人とも、みんな、真面目にもがいてくれています。

2984.jpg

そして、話してると思うのは、
みんな自分の中に、イメージや熱い想いは、たーくさんかかえているけれど、
それを、カタチにする手段を知らない、というコト。

そりゃ、3年生だもの、、、しょうがない。
そういうのが、だんだんそれぞれに見えてきて、なんとかしてあげたいなぁ、、と
思うのです。

例えば、サッカーでも、バレーボールでも、
楽しむには、最低限、ルールを知っていないといけないし、最低限思った方に
ボールが蹴れるだとか、走れるだとか、パスが出来るとか、、、、。

そういうのがないと、やっぱゲームを楽しめないのと同じように、
ケンチクも、少しだけそういう基本動作みたいなものがあります。

2985.jpg

そういうのって、どうしたら身に付くかって、実は、
サッカーだって、とにかく夢中でボールを蹴りまくる、触りまくるように、
バレーボールだって、壁に向って、一時期夢中でパスをするように、
ケンチクだって、一時期、作りまくる、描きまくる時期、っていうのが
やっぱり必要なんだと、僕は思います。

2986.jpg

ヘタとか、上手いとか、いいとか、わるいとか。。。。。。

そういうの、とにかく気にしないで、模型を作りまくる、
絵やスケッチを描きまくる。。。。。

何ができるかが大切なんじゃなくて、とにかく夢中になる事が大切で、
それが模型でもいいし、絵でもいいけど、その中で発見がきっとあります。
その発見をしてくれるのは、自分かもしれないし、他人かもしれないけれど、、、、。

2987.jpg

そして、自分でひそかにやっていたドリブルやパスの練習を、
いつかは人に見せないといけないように、
その膨大な作業を、できるだけ人に、先生に、友達に見せるコト。
そうすると、思わぬコトをアドバイスしてもらえたり、
自分では面白くないかも、上手くないかも、、、、?って思ってたコトが、
実は面白かったり、いいねっ、って言ってもらえるコトも時々はあったりして、、、。

2988.jpg

もちろん、他人の評価は、同じじゃないよ。
聞く人、見せる人、みんな違うかも知れないし、
もしかすると、1人も褒めてくれないかも知れなければ、
もしかしたら、1人、褒めてくれる人がいるかも知れない。

10人に聞いて、10人に褒められる人もいれば、
10人に聞いて、1人にしかいいねっ、て言われないかも知れない。

2989.jpg

そして、ここからがジンセイのコツなんだけど、
1人にでも、いいねって、言われたら、その自分に都合のいい言葉を
決してつかんで放さないコト。
もう、他の意見なんか忘れちゃっていいくらい、その言葉にしがみついちゃうような
バカさがとっても大切。。。。。

別に学校で褒められなくったっていいじゃん。。。。って、僕は思う。
でも、少なくとも誰か1人には褒められるようなモノを考えて欲しいと僕は思う。

その1人は、別に建築学科の人じゃなくったってゼンゼンいいし、
むしろその方がいいかもって、僕は思います。


2990.jpg

さてさて、そんな訳で西久保班。
10人みんなそれぞれ違った、とっても魅力的な面を持ちながら、
それぞれに出来ないコトも、まだまだたーくさんある子達。

せっかくの魅力を、できるだけ引き出してあげたいな、と思います。
せっかくの魅力を、できるだけ、伝えるすべを教えられたらな、と思います。

2991.jpg

今すぐどうこうっていうコトよりも、

「あー、この子は、10年後、どうなってるんだろうなぁ、、、?」


そんなコトを、10人分も想像できるなんて、
実は僕がいちばん贅沢な立場だなぁ、、、と思う今日この頃。。。。

2992.jpg

写真は、第一課題のみんなの模型達です。

さていよいよ、第二課題も終盤。
楽しみです!
posted by 西久保毅人 at 02:50| 2012.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

高円寺の佐賀の家

毎年、年末に完成するおうちが多いんですが、
今年は完成するかわりに、春完成にむけての着工ラッシュ。

いろんな現場が始まったり、工事中だったり、、、、、という
ニコ設計室の年末です!

2998.jpg

いろいろご紹介したいのですが、
まずは山崎さんの家。

2994.jpg

先週、無事に地鎮祭をむかえました!

2993.jpg

10年くらい仕事をしていると、
やっぱり佐賀のご縁でお仕事をさせて頂くコトも時々あって、
もう、それはそれはとっても嬉しい事なんですが、
なんと、山崎さんちは、御夫婦で佐賀の人!!!!

しかも、ご主人様は、ボクと誕生日まで同じです!

、、、、、もちろん歳は僕の方がずいぶんと上ですが、、、、、。

2995.jpg

「、、、、ちょっとためしに、【佐賀県出身 設計事務所】とかテキトーに入れて検索したら、
西久保さんの事務所の、載っとってですね、、、、。

見てみたら、誕生日まで同じじゃないですか!
、、、、、、、まぁ、、、、、ぶっちゃけ、理由はそれだけです、、、。」

とのコト。。。。

2996.jpg

、、、、ためしに、「佐賀県出身 設計事務所」ってググってみたら、
あらま、ホントにニコが出てきますー。びっくり。

しかし、まぁ、こんなテキトーな設計の頼み方もめったにないでしょうけど、、、、。

、、、、でも、じゃぁ、真面目な頼み方って、、、???
って、想像してみたけれど、
あんまり真面目に考えられたら、、、、、僕に設計を頼む人、いなくなっちゃうので、
この感じがやっぱ、いいです。。。。。。

、、、、自分、欠点だらけなので、、、、、。(涙)

でも、ホントに、ホントに嬉しいのです。
もう、佐賀の人っていうだけで、妙なアドレナリンが出てしまいます。
これは、もうしょうがないですね、、、、。

でも、別にえこひいきは、少しだけしかしませんので、
大分の人でも、福岡の人でも、四国の人でも、仙台の人でも、東京の人でも、、、、。

ぜひ、頼んでいただけたら嬉しいです。

2997.jpg

さて、そんな訳で、「東京のインドだっ!」とも言われ、ある意味、
ザ、東京って評してもいいような、楽しい街、高円寺で始まる、
ザ、佐賀のご家族の家。

いろんな意味で、楽しみです!!!!


、、、、、と、考えてたら、そういえば、ありました。

「、、、、やっぱ、近い方がいいと思って、【荻窪 設計事務所】って入れてみたら
出てきたので、、、、。そんだけですみません、、、、。」

ってコトから、設計させて頂いたおうち。。。。。

そうそう、本間さんちー。


人生は楽しい!
posted by 西久保毅人 at 02:14| 2012.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

妄想の宝庫

そういえば、去年、
突然、明治大学で二年生の「設計論」っていう授業で、
90分レクチャーを依頼されたコトがありました。。。

とにかく、そういうの、、、、、、

もう、ちょー、ニガテで、、、、。(汗)

2999.jpg

いつもの、マンツーマンな感じだと大丈夫なんですが、
教壇で、百人以上も前にいると思うと、もう、何話していいやら、
誰に話していいらやと、ほーんと、具体的、とか、対個人、、、、とかでないと、
本領を発揮できないタイプです、、、、。

、、、、、大人数の飲み会で、埋もれるタイプです、、、、。

3000.jpg

、、、、さて、
で、その時に、何話そうかといろいろ考えたんですが、
何でもいいって言われたんで、お言葉に甘えて考えたテーマは、

「デザインのもとは、

街や現場にあふれている。」

っていう、内容の話にしました。

いつも、街と現場にしか、キホン、いませんので、、、。

3001.jpg

でも、ホーント、僕は、あんまり賢くないのだな、、、とよく思うと言うか、
想像力が、決定的に欠落していると思うのは、
どうも、図面とか、机の上でもいちおう、考えるんですけど、
やっぱり、それだけでは自信がなくて、現場にたって初めて気がつくコト、
イメージが湧いて来るコトが、多いですし、
机の前に座ってる時よりも、現場とか、街を歩いている時に見た風景から、
確信したり、思いつく事ばかりなのです、、、、。実は。


まぁ、だからいつまでたっても、初めての現場のように楽しいっ、
ていうコトなのかもしれませんが、、、。

3002.jpg

特に、現場は、なんでこんなにいろいろ発見したり、興奮したりするんだろう、、、?
って思うんですが、それは、やっぱりモノがホントに作られて、
産まれてくる場所だからなんだろうな、、、と思います。

さて、先日も、ちょーど現場真っ最中の神宮前の家の現場にて、
ちょっとワクワクするような発見がありました。

3003.jpg

現場に行くとおもむろに、こんな六角形の木枠が転がっていました。
これは、天窓の枠の材料なんですが、こうやって床にごろりと転がしたてあると、、、、

なんか、別のものみたい。。。。
家具みたい、、、。


僕、あんまり幾何学って、どーも、固くて強すぎて好きじゃないと言うか、
正三角形とか、正六角形とか、、、プランでは絶対書かないのです。。。。机の上では。

でも、目の前にあるのは、なんか、かわいい。
無垢の木だからでしょうか、、?

木の厚みも、大きさも、なんかいろいろ、ちょーーどいい感じ。。。

「何に、、、?」

3004.jpg

、、、、、うーん、何に?って、言われてもナニにかは、、、、、ともかく、
とにかく、なんか、ちょーーど、いい感じ。。。。



こういうのが、いっぱい転がってたら、たのしいなー。
いっぱいつんでも、たのしいな、、、。

外にあってもたのしいな、、、、。

持ち運べたら、たのしいな、、。

3005.jpg

子供達が、持てるくらいの重さだったら、なおたのしいな、、、。

くっつけて、テーブルになったらたのしいな、、、。

イスになってもいいし、本棚になってもいいし、、、、。

ちょーど、子供がすっぽり入るような大きさだし、
かくれんぼもできちゃうそう、、、。

何これ? 実は、世紀の大発見、、、、!!?!


と、もう、妄想の宝庫です、、、、!

でも、ホントに、百個くらい作ってみたいなぁ、、、、、。

どなたか、依頼して下さい、、、、、。
posted by 西久保毅人 at 23:45| 2012.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

初めての本

もう、いよいよ、今年もあと少し、、、。

もう、お休みのはずなのになかなか、今年が納まりません、、、、コジン的に、、、(涙)

こういう時は、もうインフルエンザになっちゃうか、
国外逃亡するしか道はないのです、、、、。

3006.jpg

と、そんな訳で、大晦日から、今年は久しぶりに佐賀に帰る(逃げる)予定の今日この頃。。。。

さて、そんな年の瀬に、
エクスナレッジという出版社さんから、
「日本の住宅をデザインする方法2」建築家が語る「住空間」の作法

という本が出版されました!

3007.jpg

7組の建築家による、それぞれの考える住空間について、
いろんな切り口で編集された一冊の本なのですが、
ナマエを見ても分かる通り、みなさん、著名な大先輩ばかり、、、、。

谷尻さんと僕だけ、かろうじて30代ですが、
あとは独立前から、「スゴいなぁ、、、。」と雑誌で眺めていたような方々。

3008.jpg

まぁ、谷尻さんは、ワカルにしても、あきらかに僕だけ、
あからさまに格下の、補欠のようなラインナップですね、、、、ははは。

そうそう、こういう時は、笑うか、逃げるしかありません、、、、。


しかし、よーく、このラインナップにニコを入れようとした出版社の人も
出版社の人ですね、、、、。
野球でいうと、ドラフトにはかけたくないけど、気合いはあるみたいだから、
練習生で見てみようか、、、、?  的な感じでしょうね、きっと。。。

3009.jpg

と、そんな訳で、
この7人で行きますよー、って言われた時から、
どうせなら、僕たちらしく、というコトで、ニコ設計室がこれまで考えてきたコトを
なるべく素直にまとめさせて頂きました。


3010.jpg

、、、、しかし、
本を作るって、思いの外、とても大変な作業でした。。。。実は。

3011.jpg

図面から、写真から、文章から、、、、キホン、ぜーんぶ
ニコでの作業。。。。
もちろん、最終は、出版社さんなのですが、素材選び、素材つくり等、
かなりの膨大な作業だったのです、、、。

だから、ニコの若者達、ほぼ総動員での資料作り。
それぞれ、担当の仕事、現場をしつつだったので、
実は、みんなに大変な労力をかけさせてしまいました、、、、。

だから、他の建築家の方々も、まとめあげるの、大変だったろうなぁ、、、
と、分かります。

3012.jpg

できて、本になってしまうと、そういうの分からないんですが、
そういう意味で、みんなのおかげでできあがった本です。。。。

でも、途中は、その膨大な作業に埋もれそうになりながらも、
これまでの仕事を、改めて見直す時間でもあったので、ある意味、
とても有意義な時間をいただいたのかもなぁ、、、とも思います。

こんな機会でもないと、なかなか、自分達の過去をまとめる機会って、
なかなか出来ないですから、、、。


3013.jpg

、、、、と、そんな想いや背景でできあがった本です。
僕たちだけでも、これだけの想いがあるのだから、それが7組分な訳ですから、
7組の血と汗と、涙の結晶みたいな濃ーーーーい内容ですよ!!!


どっちかっていうと、
一般の方向け、っていうよりも、設計の実務的な資料としての本ですので、
設計をしている方が手元においておくような本なのかも知れませんが、
そんな訳で、僕たちは、一般の建築や家づくりに興味があるような方にも分かりやすく
伝わるような内容を目指して書かせていただきました。
ポストまで含めると、20数件分のいろんな事例を紹介する事ができました。

こういう本を作れるっていうのも、
そもそも、これまで僕に設計を頼んで頂いた方々のおかげですので、こんな場で
申し訳ありませんが、、、、、、本当にありがとうございました!!!!

もし、本屋さんで見かけるコトがありましたら、ぜひ、ご覧になって下さい。
もちろん、僕以外の建築家の方々の資料は、

「おー。さすがっ。なーーーるほどーねーっ!」

って、とても勉強になるような内容が、ギュウギュウにつまっていますよー!
posted by 西久保毅人 at 02:44| 2012.12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする