2013年01月01日

NEW YEAR 2013


3017.jpg

今年もよろしくお願いしまーす!




3014.jpg


地球星より。。。。。
posted by 西久保毅人 at 01:01| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

み?

3024.jpg
「み」年だからでしょうか、、、?


今週の金曜日、1/11(金)に、
昨年夏に完成しました「三輪さんの家」
なんとなんと、新年早々、こんなイベントで紹介して頂くコトになっちゃいました!!

3023.jpg

年末に、突然、コロンビア大学の工藤先生という方からメールでお誘いを頂いて、

「、、、まぁ、何かの間違いだろう、、。」

と思っていたのですが、さすがアメリカ合衆国!!!!
あれよあれよといううちに、こんなポスターもでき、、、、、、、
なぜか三輪さんの名前が最初にあり、、、、、、、

僕の名前も、、、、、(汗)

、、、、、どうも三輪さんもグルだったようです、、、、。

そんな訳で、僕もよく分からなかったんですが、
この、STUDIO Xっていうのは、
コロンビア大学の大学院建築学科(GSAPP, Graduate School of Architecture, Planning and Preservation)
が、世界5都市に設けた研究拠点とのコト。。。。


そんなスゴそうな大学院の研究拠点のイベントに、

「はたして西久保がなんの用事があるのか、、、、?」

って話なわけなんですが、

「 New Year Wine Talk: Home Unique Home 」

新年だし、ワインでも飲みながら、ユニークな家について話しましょう、、、。


て、感じの意味なんでしょうか、、、、?

ケンチクの話しはニガテですが、、、、、お酒飲むのは得意です!


3025.jpg

さて、コロンビア大学、っていえば、、、、、、?

宇多田ヒカルが入学した大学、っていうくらいしか、予備知識ありません、、。

そして、
おそらくアメリカの大学主催だから、英語もたくさん飛び交うのでは、、、?と予想されますが、
佐賀弁と東京語しか話せない僕はこんなところに呼ばれて大丈夫なのか、、、?


、、、、と、
招待していただいて、うれしい反面、
どっちかっていうと、不安の方が大きい今日この頃。。。。。(汗)


でも、きっと素敵な出会いもあるだろうな。。。。


とにかく、新年早々、日本の面汚しにならないように、、、、
頑張ります。。。。


気軽なワインパーティで、入場無料とのコトですので、
興味のある方、コロンビア大学にいつか留学を、、、ともくろんでる方、
僕が、英語がしゃべれず、たじたじにフリーズしてるのをサカナにワインが飲みたい方、、、、など、

もしお時間のある方は、お気軽にご参加下さいね!

3021.jpg

そんな訳で、今年の目標。

3020.jpg

英語と、ギターと、ピアノと、歌と、サッカーを頑張る!!!!

3019.jpg

ボールを持ったら、もうパスとかしない。もうすぐ40歳だし、、、、。

3018.jpg

子供相手のゲームでも、シュートは本気で打つ。もうすぐ40歳だし、、、、。

3022.jpg

そんな訳で、今年もよろしくお願いします!
posted by 西久保毅人 at 01:15| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

一年検査

先日、昨年完成しました「尾崎さんの家」の取材とかねて、
一年検査に行ってきました。

3028.jpg

お天気も良く、撮影日和!
相変わらず、とても楽しそうに暮らしていただいているのが、
とてもとても伝わってきます。

3026.jpg

なんて言うかな、、、、、
洋服で言うなら、肩のこらないお気に入の普段着を
大事に着こなしていただいているような、、、、感じでしょうか?

3029.jpg

お気に入りだから、やっぱ毎日着るし、
だから、よごれもこすれもするんだけれど、
でも、お気に入りだから、そういうのも愛着になって、
いろんな傷跡も含めて、体の一部のようになって行く感じ、、、。

3030.jpg

いろんなトコに居場所があって、いろんな高さがあって、
近くにいるのに、息苦しくない感じ。

3031.jpg

なんか、その時々の、気分や、作業や、姿勢に応じて
いろんな場所がある感じ。

まず、「感じ」の点検は、合格です。


いい感じです。

3032.jpg

「感じ」の点検が終わると、
さらに、ニコ設計室では、
お鍋の使い安やすさや、モツ煮込みの煮込み具合、味までも、念入りに点検します、、、。
根が真面目なため、味見の回数は、惜しみません。

3033.jpg

一年検査なので、
台所の使い勝手や、お皿の並べ具合、サラダの盛りつけ、パーティー可能人数まで
念入りに点検します、、、。
時には、手を伸ばし、つつまみ食いするフリをしながら、アイランドキッチンの寸法が
ちょうど良かったのか、、、を確認します。


3035.jpg

検査で作ってもらったものは、残さないのも、鉄則です!
熱いうちに頂きます。
そして、「おかわりー」というのも大切。

「おかわりー」と言ったあと、お母さんがスムーズに持ってきやすい動線かどうか?
を厳密に検証するため、
僕は、何回も何回も「おかわりー」とか「あれ、もうお酒ないの?」とか言うのです!

3038.jpg

さらに通常、ここまで念入りに点検する設計事務所は少ないようですが、
ニコ設計室においては、
テレビの映り、wiiリモコンの設置台数、電波の状況、
さらには太鼓のたたき方まで、念入りに点検します。

そのため、ついつい夜遅くまでかかってしまいます。。。。

3037.jpg

そして検査終盤には、14.5人が、好きな場所に散らばってみて、
夜の空間における声の反響具合、暖房の場所による効き具合の点検、お酒の進み具合。

そして、食べ残し、飲み残しがないかも、念入りにチェックするため気が抜けません、、、。

3039.jpg

そして最後に、夫婦関係、

3040.jpg

施工者との信頼関係、

3041.jpg

設計者との信頼関係を確認しました。


特に大きな問題はなく、ホッと一安心です。


、、、、、とそんな訳で、
大人数で押しかけて、ごちそうさまでしたー!!!!!

また点検、呼んで下さい!
posted by 西久保毅人 at 02:33| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

ルイスカーン、赤いスケッチとダブル受賞!!!

さて、先日ご紹介していたコロンビア大学のトークイベント。
とても楽しい会でした!

3043.jpg

実は、コロンビア大学の工藤先生という方からの突然のお誘いだったんですが、
実は、あまりに突然のお誘いだったんで、

「どうしてですか???」

って、聞いてみていたのです。。。。。
そりゃぁ、そうです、
あまりに、僕とコロンビア大学が縁がなさ過ぎて、、、、、。

3042.jpg

そしたら、
「、、、実は、僕も若い頃、赤でスケッチ描いてたんだよ!」

とのコト、、、、。

写真端のオシャレなおじさんが工藤先生。中央は三輪さん御夫婦。
3044.jpg


、、、、、、そんだけ???

らしいです。。。。。


世の中、何が起こるか分かりません、、、、、、が、
続けるもんです。

3045.jpg

実際にお会いして、その話しで盛り上がって、
「なんで赤で描いてるの??」
って聞かれたんですけど、、、
「、、、、いや、、、、、なんとなく、、、。」

てぐらいしか、ホントになんとなく、、、のため、答えようもなかったんですけど、

「赤は、赤でもさ、いろんな赤があってね、、、、、、
でも、まぁ、とにかく、赤で描いてると、自分も興奮しちゃっていいんだよねー。。。。
まぁ、ようするにさ、赤つながりだね!」

とのコト。
そんな、不思議な不思議なご縁だったんですけど、
実はこの工藤先生。

なんと、なんと、なんと、
実は、
あのルイスカーンの晩年の事務所にお勤めされていらっしゃった方なのです。

3046.jpg

ルイスカーン。
おそらく建築をやっている人で、知らない人はいないくらい有名な
20世紀アメリカの建築家。
エンシェリックハウス等、世界中で有名な小住宅から、アメリカ、中東、インドの
大規模建築までを手がけた巨匠中の巨匠です。

たぶん、歴史でいえば、徳川家康くらい有名な建築家ですし、
あんまり建築家、好きじゃない僕ですら、時々、うっとり作品集眺めてますし、、、、。

まぁ、僕が説明するとコトがナンセンスなくらいの
伝説のの建築家なのです。

そんな方のお弟子さんと出会えるなんて、、、、。
僕も勉強不足で、まさか、ルイスカーンに日本人の弟子がいるなんて
今回まで知らなかったんですが、そんな意味でも、とてもとても
光栄な機会でした。

ほーんと、不思議。
そして、誰にも相手にされなくても、自分が「なんとなく、、、、、、。でもいい。」
って思えるモノを続けとくもんだなぁ、、、、、。
そしたら、何かにつながるもなんだぁなぁ、、、。

って、つくづく思う39歳、今日この頃です。

3047.jpg

さてさて、それも嬉しかったんですけど、
何より、この会、実は、「三輪さんの家」の三輪さんが、御自分のお仕事と絡めながら
施主として、自邸の構想から設計、完成までをご自身でプレゼンする、っていうコトが
メインだったんですけど、
こんな機会も、二度とないくらい素敵な経験でした。

通常、こういうのって、設計者が設計プロセスや、いろんな完成までの想いをエラそうに
プレゼンするのはよくありますが、そのすべてを、施主がプレゼンするって、めったにないコトです。

それを、もう、僕が口を挟む出番のないくらい、楽しそうに、楽しそうに、
そして、どれだけ満足しているかを、それはもう、、、、楽しそうにお話していただいて、
設計者としては、もう、こんな嬉しい機会はないくらい楽しい会でした。

設計させていただいた家の建て主さんに、こんだけ話していただけたら、
もう僕が自分で営業する必要、一切ないですね。。。。

そんな訳で、三輪さんには、ニコの営業部長になっていただくコトになりました!
頑張って営業お願いしまーす。。。。。

そうそう、練馬区の営業部長、尾崎さんもよろしくお願いしますね!
100%LIFEっていうウエブマガジンに、掲載して頂いています!!!!



3050.jpg

さて、そんなコトと、あわせたように嬉しいお知らせ!

東京ガスが、毎年主催している「住まいの環境デザイン・アワード2013」
に、256点の応募の中から、
なんとISANA三輪さんの家が、ダブル受賞!

3053.jpg

これもですね、、、、
実は、独立してから、もー、、、、、、
イヤになるくらい、毎年毎年、応募しては、「、、、、ふー、またダメか、、、。」

と、ほーんと、かすりもしなかった賞でして、
たぶん、出した回数で賞がもらえるなら、僕はたぶんかなり上位な自信があるんですけど、、、、。(涙)

と、前にも書きましたが、ほーーーーーんと、
こういうのに、無縁のニコ設計室だったんですが、
まさかの、ダブル受賞!!!

もう、、、、、この、なんというか、
ふだんは、一切、かすりもせずに、淡々と負け続け、
10年に一回だけミラクルの波がくるペースは、
佐賀の高校野球かっていう感じなんですが、、、、、。

ホント、人生、何があるか分かりません。。。


唯一、言えるコトは、、、、、
ナニゴトも、続けるもんです、、、、、。

posted by 西久保毅人 at 02:00| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

タイミング

11月から
学校のインターンとしてニコにきていた川上くん。
昨日が最終日でした!

3055.jpg

インターン初日にまさかの飯島さんちの上棟式に始まり、、、、、

3056.jpg

地鎮祭、わいわい祭り、一年検査、、忘年会、新年会、、、と、
まぁ、来てた時期も時期だから、、、、ではあるにしても、
よく考えたら、お酒まみれのインターン期間だったのかも知れません、、、。

お酒以外でも、短期間に、これだけケンチクが生まれ、使われるいろんな場面に触れられるなんて
実はかなりラッキーなタイミングだったんじゃないかな、、、と思います。

どうでしょうかね、、、、。

3057.jpg

でも、僕たちみたいな小さな設計事務所に来るっていうのは、
ほーんとタイミングによって経験できる事も様々で、時には3ヶ月くらい上棟式のない
時期もあれば、1ヶ月に2件のおうちのオープンハウスがある時期もあるし、
1ヶ月間、みんなでお酒を飲むコトのない時期も、、、、、、????

そんな意味では、すごくニコでも濃厚な期間だったような気がします。

そもそも、来た初日が上棟式だなんて、
きっと、お酒の星の下に産まれて来たのかも知れませんねっ。。。。


とてもくだらないコトのようですけど、僕はこういう
タイミングって、実はとっても大切なような気がしています。
能力とか、そういうコトよりも。。。。

サッカーで言うと、ポジショニングみたいなものでしょうか?

「あいつ、なぜかいっつも、点にからむいいトコにいるんだよなぁ、、、」

というよように、川上くんは、

「あいつ、なぜかいっつも、酒にからむいいトコにいるんだよなぁ、、、」

って感じかも知れません、、、(笑)
3058.jpg

そういえば、僕も、大学4年生の頃、
なんとか行ってみたい、、、、と思っていた象設計集団に
自分で電話番号を調べて、電話して、、、、

とーーーっても緊張して行った初日に、実は、

「さっ、今日はこれから飲みに行くよー。」と
完成したライブハウスに連れて行ってもらったのが、いまだに嬉しかったのを
覚えていますし、

「このヒトタチ、いい人かも??」

と思ったおかげで、勘違いして、今こうして独立してしまっていますし、、、、、(笑)


そういえば、ホソダくんも、
実はニコに来た初日が、たまたま中澤さんちのオープンハウスで、
なぜか、打ち上げまで参加して、

「、、、、まぁ、邪魔にならないように、、、、、いれば。。。。」

というコトになり、今では立派に、オープンハウスの荷物の運搬には
欠かせないドライバーとして成長しております! し、、、。

3059.jpg

そんなコトもあれば、
せっかくニコで働きたいと思ってくれていて、
僕も、一緒に仕事がしたいなぁ、、、、と思いつつも、
残念ながらそんなに仕事もなくって、縁がなかったコトも多々ありますし、、(涙)

ニコに設計を頼んで頂いて、とても楽しそうだから僕もやりたいなぁ、、、と思いつつも、
珍しく忙しい時期に重なっちゃって、泣く泣くお受けできなかったコトもあります。。。。


そういう意味で、ほーんと、人生タイミング。


はたして川上くんが将来、どうなるのか?
、、、、ちゃんと、立派な酒飲みになるのか???


長い目で楽しみにしておきますねっ。。。
posted by 西久保毅人 at 01:14| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

教会通りの課外授業

今年の大学の授業は、先週で終わったんですけど、、、、、。

実は昨日、西久保班、延長戦を行ないました!

3060.jpg

実は、荻窪に、教会通り商店街、っていう、
とても素敵な商店街があります。
チェーン店や、大型店舗化ばかりがもてはやされる中、
地域に根付いた、小さなお店のつらなる、とてもいきいきとした商店街です。

3061.jpg

昭和初期からつづくお店、古いお店をリフォームして若い人が営むお店。
業種はいろいろなんですが、いろんな雰囲気が入り交じって、肩肘張らない
生活感のある地域にとっても根付いた商店街なのです。

僕も、かれこれ荻窪在住、15年くらいなんですが、
住みはじめた頃からときどき散歩する商店街。
なんだか、商店街と住宅街のあいのこみたいな、、、、不思議な魅力のある街。

3062.jpg

大学で3年生の授業をすることになってから、

「、、、、さて、何をしようか、、、?」

って、正直、結構悩んでですね、、、、。

「、、、うーん、引き受けたものの、、、人様に教えるようなコトないしなぁ、、、、(汗)」

って正直思って、だったら、僕が教える事がない変わりに、
学生達に、何かを教えてくれるような、考えさせてくれるような、、、、

そんな体験のできる授業にしようっ!

って、思った訳です。。。。
そしたら、ジブン、からっぽ人間で、いい訳なので、、、、(笑)

3063.jpg

そして、できれば、舞台は、街にしよう、敷地とかやる事決めずに、
学生達がそれを探すところから始める課題にしようっ、
って思った訳です。。。。。
そしたら、ジブン、敷地決めなくって、いい訳なので、、、、(笑)


、、、、とそんな訳で、舞台として考えたのが、
この教会通り商店街だったのです。

3064.jpg

実際にある、いきもののような、商店街。
いきものだから、細胞がどんどん入れ替わりつつも、なんとなく「雰囲気」や「らしさ」を
もっている商店街。

いきものだから、成長したり、元気だったり、笑顔だったりしつつも、、、時には病気にもなる商店街。

時には、ちょっとした事で、死んでしまう商店街、、、、。

3065.jpg

はたして、何が大切なのか?
何を失ったらいけないのか?
なんで、いきいきした商店街と、死んでしまう商店街があるのか?

それは、僕たちが何とかできるものなのか??

3066.jpg

そんな、ちょー漠然とした、学生達にとっては、迷惑な授業。

課題タイトルは、「さしだすデザインの発見」。

とりあえず、ケンチクなんかどうでもいい。
まずは、建築学科の学生であるコトなんか、忘れてしまう事。

3067.jpg

、、、、と、
こーんな授業ではあったんですが、ほーんとみんな真剣に真剣に、
街に向きあうっていう事をしてくれて、その成果はもちろん個人差あって、
てんでばらばらなんですが、とても素敵な資料ができました。


だから、この学生達の、エネルギーの集大成を
僕の手元だけに持っておくのは、あまりにももったいなさ過ぎるなぁ、、、、、、
といっつも思っていたのです。。。。

3068.jpg

そんな中、学生の1人の笠巻くんが、
商店街をまとめていらっしゃる方に直接お願いをして、
なんと、教会通り商店街で実際にお店を経営されている方々に
発表する機会を頂いてきてくれたのです!

えらいっ。

3069.jpg


、、、、と、長くなりましたが、
そんな訳で、学校の授業はもう終わったんですが、
昨日は、そういう意味で、番外編。

いよいよ商店街の方々に、プレゼンする日だったのです!!!

3070.jpg

さすがに、授業ではないので、全員参加にはなりませんでしたが、
10人以上の、いろんな年齢、いろんな職種の経営者の皆様に集まって頂き、
緊張の、プレゼン会を行ないました。

3071.jpg

しかし、学生はすごいなぁ、、、、って思うんですが、
授業も含めると、これで3、4回目かな、、、、、彼らの発表を聞くの、、、。

それが、回を増すごとに、だんだん発表が上手くなって行くのですね!

だから、昨日はですね、、、、
もちろん勉強不足のこともたくさんあるんですが、
自分達が考えた事、気づいた事を、実際に課題の舞台である
教会通り商店街のの方々を目の前にしながら、
それぞれものおじせず、堂々と発表していました。

そして、ありがたい事に、商店街の方々からも、それぞれの立場から、
たーくさんの意見や感想、質問をいただき、
終始、たじたじになりつつも、想いを伝える事が無事、できました。

3072.jpg

写真を見返しても、それぞれ、学校では見たことないくらい、
真剣で、とてもいい顔してるなぁ、、、と
思うんですけど、、、
それは、商店街の方々が、
学生の夢物語を真剣に聞いて頂けたおかげなのだと思いますし、
とにかく、本当に伝えられて、嬉しかったんだろうなぁ、、、と思いました。

いい経験です、、、、。ホントに。

3073.jpg

商店街のみなさんからも、とてもあたたかい言葉をいただき、
プレゼンが終わると、全員で二次会に突入!

舞台は、もちろん教会通りの居酒屋で、
お酒を交えながら、ざっくばらんにいろんな話しをさせて頂きました。

みなさんほとんど初めてお会いするのに、
学生達にしっかりと目線を合わせて頂き、とても親密で濃厚な宴会。

3074.jpg

そんなにぎやかな中にも、
これから出て行く社会について、教えて頂いたり
商店街のそれぞれの実情について、教えて頂いたり
ケンチクだけでは何も変わらないという事、、、、、など、
それぞれ、経営者としての立場から教えて頂き、

ホントに、僕たちも勉強になるような貴重なお話を
たーくさんいただく事ができ、とても実りのある一日でした。
(そうそう、実は、せっかくなので、ニコのみんなも参加させて頂いたのです!)

3075.jpg

そして、最後にこのせっかくの出会いを、今後も続けて行きましょう、
毎年、明治の学生さん、待ってますよーっ、と、


僕にとっては、ちょっとプレッシャーにもなる挑戦状もいただき、、、、(汗)

3076.jpg

始まるまではどうなる事かと、、、、ちょっと不安もあったんですが、
寛大な商店街の皆さんのおかげで、
とてもとても楽しかった発表会。

いただいた挑戦状に答えるべく、
この課題は、しばらく続きそうです、、、、!


来年も、また盛大な発表会、しましょうねー! 教会通りのみなさんっ。

お付き合い頂き、どうもありがとうございましたー。
posted by 西久保毅人 at 01:42| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸太くらぶ

先日工事が始まった、高円寺の山崎さんちでは、家の中にふとーい丸太を使う予定。。。。

そんな訳で、東京の西の方にある材木屋さんに丸太を探しに行ってきました!

3077.jpg

そもそも、なんで丸太を使おうかと思ったかといいうと、
山崎さんちの敷地は、新防火地域っていう、最近古い木造の密集地で
適用されている用途地域でして、もうこれがムカつくのです。。。。

なんでかというと、ほとんどの構造材を耐火被覆といって、燃えないように
壁や天井の中に隠さないといけなくてですね、、、
そうすると、要するにせっかく木で作っても、ほとんど、家の中には
構造材があらわせないというなんとも、切ない法律なんです。

3078.jpg

もちろん、燃えにくい事は、大切なんだけど、同じくらい木に触れながら
暮らすのも子供達には大事なのだ!と僕は思う。

、、、で、実はこの被覆の仕方には裏技というか、木を使う方法あってですね、、、
被覆って言っても、どんなに被覆をしても、建物は完全に燃えない訳ではなくて、
最低限何分間、火に耐えられるか?という性能で建物は作られています。

だから、いわゆる準耐火建築物っていうのも、時間で言えば火に45分耐えるように
被覆されているだけなので、それ以上の時間、木が現れてても大丈夫ならいいのです。

3079.jpg

それが、実は、燃えしろ設計というもので、
たとえば、普通木造では、10センチから12センチの木の柱を使うんですが、
45分以上大丈夫なようにするには、要するに「太く」しちゃえばいいのです!

で、およそ、その「燃えしろ」がだいたい10センチだから、
つまり、20センチ〜22センチ以上の太さがあれば、堂々と木の柱を安全に
家の中で使うコトができるのです。

20センチ以上って、けっこうな太さですけど、
そんな大きな木が、家の中になったら、めちゃくちゃ楽しそう!

せっかくだったら、もっと太くして、、、だったらどうせなら丸太にしたら、
抱きついても気持ちいいし、、、、、何よりそういう太い丸太が家を支えている
なんて、めちゃくちゃ山崎さんちぽい、、、、、、。

3080.jpg

と、そんな訳で、
とても小さく、高円寺らしい街にたつ山崎さんちには、
家の中に木が生えているように、太ーい丸太の柱がでーんとおかれる予定。。。。

3081.jpg

で、そんな訳で、今回、いろんな工務店さんに、

「、、、あの、できれば30センチくらいの太い丸太を使いたいんですが、、、、?」

って、聞いてみたんですが、そんな丸太、フツウ、使わない訳で、、、、、、、。

だから、「ない」とか、「その太さは集成材しかないね。」とか、
「あっても、べらぼうに高いよ、、、。」とか。。。。。。

大抵、そういう返事で、どうも、なんか、、、、、引き気味のお返事が多くてですね、、、、

僕たちとしても、あまりに高すぎるんだったら、あきらめるけど、
世の中には、たくさん、木がはえてる訳だし、、、、、別に高級なものを欲しいと
言ってる訳でもないし、、、、しかも、節だっていっぱいあっていいし、
どうせなら、ちょこっと、枝とかもついてても楽しそうだし、、、、、、という
イメージだったんですが、なかなか上手く進まなかったので、
いろいろ探して、たどり着いたのが、
以前にも御世話になった、東京の西のほうの多摩の浜中木材さん。

3082.jpg

、、、、、あります、、、、ごろごろあります、、、、。

やったぁ、、、、。

ほーんと、こういう場所は、ワクワクします!

3083.jpg

さて、どうやって運ぶか、、、、等、まだまだ多少難問はありますが、
山崎さんち、楽しくなりそうです!



もー、、、、、、あるじゃん。。。。。丸太。
いっぱい。
posted by 西久保毅人 at 20:37| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

ゆき

そういえば、ジブン、
スキーした事ありません、、、。

そりゃぁ、この歳になると、大抵のコトは、、、、、したことあるつもりなんですが、
この歳くらいにもなれば、大抵の人がしたコトがあるものの中で、
僕に欠落している経験と言えば、
スキーとゴルフでしょうか、、、、、??

3084.jpg

、、、そんな訳で、軽井沢で工事中の山本さんの家。
実は、こんなにたくさん雪が積もっている風景を初めて見ました。。。。。

雪も、トウキョウみたく、べちゃーって感じじゃなくて、
なんだかさらさらです。。。

3085.jpg

けっこうな量の雪が積もってたんですが、
朝目が覚めると、こういう雪景色って結構素敵だろうなぁ、、、、。

しかも、雪だから寒いかと思いきや、
白くて光を反射するからなのか、結構家の中も明るいし、
思ったよりもあたたかい。。。。

3086.jpg

3087.jpg

工事はいよいよ終盤で、
色を決めたりしているんですが、こんだけ夏と、秋と、冬で
色味も景色も変わってしまう場所も珍しいかも知れないですね。。。。

今回、木の板の外壁なんですが、
何色かに染色した木の板を、モザイクみたいに貼って仕上げるコトにしました。
こういうのは、どんなに検討してもできあがるまでなかなか実感として
イメージがつきにくいんですが、
とても、楽しみです!

こういうメンドクさいコトに対応してくれる工務店さんに感謝。

3088.jpg

しかし、香川の竹安さんの家をつくってくれたセンコー産業さんにしても、
今回の長野の谷川建設さんにしても、田舎の工務店さんはいつも感激するくらいに
丁寧で、熱心だなぁ、、、と思うのは僕だけでしょうか、、、?
3089.jpg

通りでは、近所の兄弟が、ソリを片手に散歩していました。

いいなぁ、、、。

こういう場所で育つ子供達は、きっとタフで、
感性豊かに育つんでしょうねー。。。。

3090.jpg

冬は冬で、
夏は夏で、
秋は秋で。

軽井沢のくらしは楽しそうです!
posted by 西久保毅人 at 01:18| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

ダサイというほめ言葉

今日はお天気も良く、上棟日和。
目黒区で工事中の、安藤さんの家の上棟の日でした!

3091.jpg

敷地は50平米くらいで、密集地に建つとても小さなおうちなのですが、
半地下を作ったので建ち上がると結構りっぱなたたずまいです。

3092.jpg

さて、安藤さんちは、いつもとてもおもしろく打ち合わせをさせて頂いているのですが、
そのたんびに、出てくる、安藤さんちのキーワードとも言うべき言葉は、

「ダサイ」というコト。。。。。

「、、、なんていうか、ダサイ感じの家がいいんです!」

って、あまりにまじまじとにこやかに言われるもので、
これはなかなか難しいぞ、、、と思うのです。実は!


だって、「ダサさ」って、結構ひとそれぞれじゃないですか、、、?

むしろ、カッコいいとか、美しいとかっていう方が
そういう意味では、意外と作り出しやすいというか、
納得しやすいというか、、、、
共有しやすいカンカクなのかも知れないなぁ、、、って思います。

「こっちの方が、カッコいいですよねっ!」

って言われると、そっかぁ、、、、って思っちゃうし、
ジブンでそう思っていなくても、
洋服屋さんとかで、

「こっちの方が、絶対カッコいいっすよ、ゼッタイ。」

とか言われちゃうと、ジブンでそう思ってなくっても、

「、、、、、そ、そうっすか、、、、。じゃ、これにしちゃおうかなぁ、、、」

って感じで買っちゃうし、、、、。

3093.jpg

そういう意味では、
かっこよさとかって、ジブンでそう思ってなくても、
なんとなく、雑誌に載ってるからとか、流行ってるから、とか、
あの人もやってるから、とか、、、、、

そういう、外の情報に影響を受けやすいものかも知れません、、、。

3094.jpg

しかし、「ダサさ」って、、、、、
もう少し日常的っていうか、
主観的なカンカクのような気がしますし、
そういう意味では、究極の「らしさ」なのかも知れません、、、、。

もー、、、、、、超難しい。
でも、なんだか、思考に開放感があるっていうか、自由さがあるっていうか、
ちょっと固くなりがちな頭をドロドロに溶かしてくれそうな、
感じでとても楽しいのです!


施主力8割 設計力2割のニコ設計室。
さてさて、どんな「ダサい」家に仕上げるコトができるでしょうか、、、?

3095.jpg

しかし、、、、、、、、
ホソダくんが担当だと、ついついカッコ良くなっちゃうからなぁ、、、。

全身からにじみ出てしまいがちだからなぁ、、、、、、、、カッコ良さが、、、。

3096.jpg


できあがって、

「カッコいいからやり直して下さい!」

って、言われちゃわないように、、、、。

「愛すべきダサさ」を目指して、
新たなニコワールドができそうで、これからが楽しみです!


、、、、、もはや施主力8割だから、安藤ワールドですけどね、、、、。
posted by 西久保毅人 at 11:15| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

若者の主張

さて、2月です。

2月といえば、、、、、、

あれですよ、アレ。

いよいよコジン的には、花の30代にさようなら、、、、(涙)

そして、ようこそ40代、、、、、、。

という、精神が肉体に追いつかぬまま、
ついに2回目の成人式を迎えようとしている今日この頃な訳なのですが、

僕の30代最後を記念すべく、こんなオーディションの最終選考に選ばれています。。。。

ザ・ハウスさんという会社の主催する、
第8回、若手建築家オーディションっていうやつです、、、。

3098.jpg


とはいえですね、、、、、
投票開始からしばらくほっといたら、
気づくとかなり敗戦濃厚な感じになってしまっていてですね、、、(汗)
なんとか奇跡の逆転優勝に向けてぜひぜひ、投票して頂けると嬉しいです!!!!!!

そんな30代最後の若者の主張。。。。。。


さてしかし、、、、
世の中では、ワカテワカテって言うけれど、
ワカテの基準って、一体何だろうなぁ、、、、と時々思う訳で、そろそろ年齢的にも
ワカテって言われるの、正直ちーょっと、こそばゆいっちゃぁ、こそばゆい、、、、。

この、ザ・ハウスさんの若手オーディションは、条件として

「、、、、30代までの若手建築家とします。」

って書いてあったので、39歳までが、最近の建築業界ではワカテなのかも知れません、、、。
そんな訳で、ギリギリセーフ、、、、、、でしょうか??

と、こうして
こんなコトを書いてると、独立した時のコトを思い出します、、、。
そうそう、ちょうど僕が独立した頃のコト。。。。。

今でもですけど、建築の設計の業界ってとても不思議で、
40代とか、50代とかでも「ワカテ」っていう様な風潮があります。。。。
10年前は、もっとそういう風潮が強くてですね、、、、、、

なーんか、ずいぶん、普通の社会とズレた業界だなぁ、、、、、、

って、正直思っていました。。。

3099.jpg

というのも、僕はいつも、いろんなコトを、佐賀の友達基準とか、
子供達の同級生の親基準で考えてたので、
40代、50代、って言ったら、普通に会社に勤めていたらもうベテランだし、
部下なんかもいたり、それなりの責任をまかされるような、そんな年齢。
たぶん、若手なんて呼ばれないんじゃないかなぁ、、、、。

なのに、なぜか建築界では、そういう年齢で「若手建築家」とか言われたりしていて、、、、
僕が生きている普通の世の中とのズレが、なんだかとても気持ち悪くてですね、、、、、。

そういう、普通の世の中の感覚とズレたケンチクカには、絶対なりなくないなぁ。。。。

、、、、って
後先考えない生意気盛り、当時2人の子持ち28歳の僕は真面目に考えていたのです。。。。。

まぁ、、、、それ以外にも、
建築業界の風潮や、常識みたいなコトが、僕はどーも苦手で、、、、、、。
そんなコトもあり、とにかくうまくいってもいかなくても、、、

20代のうちに独立しーちゃおっ、

って思ったのが正直なところだったのです。。。。


さてさて、そういう訳で、月日はながれ、あれからかれこれ12年。

うーん、、、、。
こないだ30歳になったような気がするのにおかしいなぁ、、、、。

こんなコト考えてたんで、
僕基準では、ギリギリ「ワカテ」って、呼んでもらってもいい期間は、、、、あと一週間(笑)

ヤバい、、、、。

そんな訳ですので、ぜひぜひ、ポチッと投票をお願いしまーす!

抽選で5000円、当たるらしいですよぉぉ、、、、。


3097.jpg

さて、写真は、先日の、安藤さんちの上棟式。
奥様のお父さん手作りの、たーくさんの美味しい料理を現場で頂き、いつものごとく、
さんざん飲み、、、、、、。

みーんなこんなにいい笑顔だから、きっといいおうちになるの、間違いなしっ。。。。ですねっ。
posted by 西久保毅人 at 01:13| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

40前後の3日間のデキゴト

ちょうど、土曜日、
天気もいいので、午前中に行きそびれた高円寺の山崎さんちの現場へぶらり。。。

30100.jpg

そしたら、なんと山崎さんもぶらりご近所さんとお話中。
もちろん、打ち合わせって、きめて合うのも大事だけど、
こういう感じで、

「おお、奇遇ですねぇ、、、、。」

的に現場で会うのはいいですねぇ、、、。

3101.jpg

それで一緒に、山崎さんのお気に入りのカレー屋さんの外壁を見にぶらり。

天気もいいし、

そのまま高円寺で昼から高円寺で飲んじゃいますかっ?
あさって誕生日ですしね、お互い。。。。。

って、お互い言い出したい顔をしつつ、、、、、、、

僕はめずらしく次の予定があったので残念、、、、、。
そう、僕と山崎さんは、おなじ誕生日!

3102.jpg

さてさて、去年できた鴻巣さんちの点検へ。。。。。

いつ行っても、直太郎くんに大歓迎のキクチさん。
必殺、べろべろチュウ攻撃!

いいですね、子供ってだけで、、、、、、、。
40歳にもなると、捕まりますよね、、、、、。

今のうちだけだぞ、直太郎!!
なめとけなめとけっ!


さて、
その後は、新しい本棚を頼まれている小林さんちへ。
本棚をつくる仕事なんですけど、話はいろんなところへ飛躍して、
せっかくだから、ちょっと新しい作り方を考えてみたいなぁ、、、、と
シノハラさんと盛り上がる!

3103.jpg

そうそう、翌日ぶらりと西澤さんちへ。
西澤さんちの、この外構やポスト、なんと、この黒いタイルそのものまで、
実は、西澤さんの手作りなのです!
行くたんびに、ちょっとづつ、手が加えられてて、いつも感動!


3105.jpg

そして、「あっ」と思い出して、
善福寺川沿いの、気になってた住宅までぶらり。
3104.jpg

そうそう、この家、僕が設計した家ではないんだけど、
なんか、この縁側感というか、のんびりした感じがいいなぁ、、、
と通りがかる度に思ってて、いつもちゃんと見てなかったので、改めて観察。

柵は残念だけど、なんかいい雰囲気の家。
ロケーションも最高です。


3106.jpg

そうこうしているうちに月曜日。
神宮前の家では、屋根のスレートがようやく貼り始められています。

3107.jpg

スレート職人さんが、1人で複雑なカタチに「、、、うーん。。」
とうなりながら丁寧にイチマイイチマイ施工されています。

うーん、、、、これは時間かかりそう、、、、、。

3108.jpg

3109.jpg

そして、いよいよ本田くん左官の、左官工事も始まるので、
地層のような外壁を目指して、サンプルを確認。

しかし、外壁はとても大きいから、小さな見本だけだとなかなかイメージがつきません。

そんな訳で、塗りながら、何段階か、仕上げ具合を確認させてもらう事に
してもらいました。。。。。楽しみです。



3110.jpg

3111.jpg

という感じで過ごしているうちに、気がつくと、、、、あらら40歳!

べろべろすると、捕まる年齢に突入です、、、、(涙)

しかし、
なんとなんとっ!

前回、皆さんに投票をお願いした時点では、20票の6位くらいで
かなりもう、、、、、惨敗濃厚だったのですが、

御陰さまで
なんとなんと、奇跡のように200票をこえて、
今の時点で
堂々二位まで急浮上です!!!!

3114.jpg

すごーい。

もう、感激です。
皆さん、どうもありがとうございます!!!!!

投票締め切りまで、あと二日。


もし投票まだの方、いらっしゃいましたら、
ぜひぜひ、ぽちっとお願いしまーす!!!!
posted by 西久保毅人 at 01:28| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

作品

昔からなんですが、
僕はいろんな人の出会いや関わりの中でできあがるケンチクを
「作品」って呼ぶのが、どうも好きではないのです、、、。

ていうか、キライ。。。。。。ていうかピンとこない。

3115.jpg

ピンとこないものは、ピンとこないから仕方がないのだけれど、
じゃあ、なんて呼べばいいのか、、、、、?

、、、、、それもよく分かりません。

ケンチクは、ケンチクなのです。


ケンチクは、、、、、、、ケンチクなのです。

3116.jpg

でもね、、、、、
唯一、学生時代の課題だけは、
僕は、「作品」って呼んでいいんじゃないかなぁ、、、って思っていて、
それは純粋に、自分の中から絞り出したモノだから。。。。。かなぁ。。

3117.jpg

写真は、今年の西久保班の、第二課題の作品達。
それぞれ一生懸命悩んで、絞り出した作品達。

3118.jpg

ちょーど、最終提出の日に早めに行って、
みんなの図面や模型をひたすら写真に収めてみました。

最後の最後まで、みーんな見事にジタバタしてくれて、
その成果や、やりきれたか?、不完全燃焼か?はあるにしても、
よく自分に向きあってくれてなぁ、、、、と思いました。

3119.jpg

もちろん、ここでの完成度も大事だけれど、
ジンセイはもっと長い。。。。

まだ3年生なのだから、今の優劣なんて、ほーんと、あってないようなものです。。。
だから、成績なんか、とりあえず気にしない。

3120.jpg

それよりも、やりきれたかどうか?
くやしかったかどうか?
それだけが、とても大切。

ちゃんと、ジタバタしたかどうか?
それだけが、とても大切。

3121.jpg

カタチにできたかどうかはともかく、みんな、それぞれに、
キラキラしたもの、熱いものを胸に秘めていて、
それが、10人ともぞれぞれ違うのが、付き合っていてとても楽しかったです!


そして、とってもおもしろいんだけれど、
実は、3年生の頃から20年経った今、僕が思うのは、
褒められたかどうかはゼンゼン別として、
その頃に、設計で興味を持っていたコトと、今僕がケンチクを設計しながら
定規にしているコトって、意外とそのまんま。

3122.jpg

そう、人間って、いつまでたっても変わらないんだなぁ、、、、、
ってコトを、最近思います。。。。。

僕も、つい先日まで、3年生だったような気がしているので、、、、(笑)

3123.jpg

表現や、つく仕事によって20年後はいろいろだと思うんですが、
だから、結局、この作品の中に、自分の中の根っこのようなものが
にじみ出てるんだろうなぁ、、、、って思います。

20年前は考えもしなかったけれど、、、、。ねぇ、、、、。

3124.jpg

さて、
そんな訳で、明治大学での2年目の授業が終わったんですが、
自分でも不思議なカンカクだなぁ、、、って思うのは、
授業は自動的に、いちおう終わるんだけど、
僕の授業をとってくれた子達のコトは、なんていうか、
終わっても気になって仕方がない、、、、、という不思議な感覚がありましてですね、

3125.jpg

去年の子達が、今年は4年生になったので、
先日、卒業設計の審査会に行ってきたんですが、、、、、
そこでも、やっぱり、去年の僕の班の子達の作品が一番、楽しみ。

3128.jpg

それぞれ掲げたテーマに悩みつつ、絞り出した卒業設計。
1年でおっ、と成長したり、伸び悩んだり、相変わらずがむしゃらだったり、、、、
と、いろんなコトを感じたんですが、

そんな中でも、去年、僕の班の中で、でちょっとくやしい想いをしたであろう林くんが、
街にしみ込むような魅力的な小学校の設計で
建築学科賞を受賞するという快挙!!!!おめでとう。

学生の卒業設計って、今までも何度も見てきたんですが、
今年からは、そういう意味で、見方が変わってしまった、、、というか、
何だか、親目線なのです、、、、、。

3127.jpg

そういう意味では、この子達も、
来年の卒業設計では、またぜんぜん変わっちゃうんだろうなぁ、、、、。

3126.jpg


コジン的には、
今回、くやしい想いをした子達の、来年が楽しみだな、、、、、。(ニヤリ)


さて、投票も残り一日。
もしまだでしたら、、、、、、、ぽちり。
posted by 西久保毅人 at 01:10| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

ぶるーたす

現在発売中の、BRUTUS(マガジンハウス)に、
2010年にお引き渡しをさせて頂いた「鷲巣さんの家」を掲載して頂きました。

3129.jpg

Casa BRUTUSは、住宅に毎号特化した雑誌ですが、
こっちのほうのBRUTUSで住宅を特集するのは、なんと10年以上ぶりとのコト。
だからか分かりませんが、
紙面を見ると、もちろん新しいおうちもあるんですが、
ここ10年くらいの結構時間を経過した住宅も取材されていて、
そういう意味で、ちょっと新鮮な紙面。
なんだかんだと完成してすぐの家ばかりの雑誌が多いですから、、、、。


そんな号で、取材していただいて、とても光栄です。
コンビニでも、買えますからきっと、佐賀でも買えるはず!



鷲巣さんちも、かれこれもうすぐ3年。

3130.jpg

毎回うかがうたびに、楽しく生活をされていて、
先日は、屋上への階段や駐輪場を改めて設計させて頂いたりと、
完成してからも進化する鷲巣さんちです!

3131.jpg

今回の取材は、「わがままな家ができるまで」という
鷲巣さんとの家づくりの始まりからエピソードを主に取材していただきました。

そんな訳で、
鷲巣さんから最初に頂いた家のイメージイラストが、どーんと
大きく掲載されています。

改めてこうして、紙面で見ても、素敵なイラスト!!!
もーー、鷲巣さんのイラストが表紙だったら良かったなぁ、、、。
一枚の中に、家に対する想いが、たーくさんつまっているのです。。。。


突然、このイラストが送られてきた日のコトを思い出してしまいました、、、。

「おー、これは絶対プロだプロだ、プロのシワザだー。。。。。。

 そんな人がニコに依頼なんて、きっと何かのマチガイか、カンチガイ、、。

 困ったな、、、、どうしよう、、、、。」

、、、、、とそういえば、ニコでは大騒ぎ。。。だったんです。。。。

3132.jpg



しかしそのうち、 鷲巣さんにBRUTUSからイラストの依頼がくるかも知れませんねー。。。。


そうそう、先日の投票ではたーくさんのポチッと、をありがとうございました!!!!
お願いするまでは、20票くらいで、やばー、、、、っと思ってたんですが、
最後の日には240票以上になっていまして、おそらく堂々2位でみごと予選通過!

どうもありがとうございましたー!
posted by 西久保毅人 at 23:24| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

粘土派

粘土でつくりながら考えると、
いろんなコトを思いつきます。。。。

3137.jpg

もちろん、僕のおおすすめは、、、、、




3134.jpg

一輪ざし付き洗面台!!!




そうそう、そういえば、
むかし、こんな便器を見かけました。



3138.jpg

素晴らしい。
きっとこの人も、粘土派のはず、、、、。
posted by 西久保毅人 at 01:57| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

マル派

現場で作ってもらうサンプルとか見本って、
たいてい四角。

たくさん作ってもらっても、まぁ、サンプルはサンプルだし、
使い道もイマイチ思い浮かばず、捨てちゃうコトが多いんですが、
こないだ、軽井沢の山本さんちの玄関の仕上げ用につくっていただいた
仕上げサンプルは、なんと、丸。

丸いサンプルは、初だなぁ、、、さすがに。

3139.jpg

サンプルっていうより、、、、
そのまんまでも、なんか、かわいいですし、
お菓子のおかき、みたいですし、、、、
せっかくだから、、、、

3140.jpg


、、、、、、という訳で、


3141.jpg

捨てるの、もったいないですし、
もすこしたくさん作ってもらって、
玄関の土間に埋めちゃうコトになりました!
3143.jpg


既製品ではないものを、わざわざ作るコトは、
大変そうだったり、高かったりします。。。。。

丸いタイル作って下さい、、、、とかいうと
丸だと型枠が高いからなぁ、、、、ってなるのが世の常。。。。。

これも、ある意味、手作りタイルとも言えなくもないですが、
型に使われているモノは、実はペンキの蓋だったりして、
きっと、

「、、、、だって、ペンキのふた、余ってるし、、、、。」
っていう、ただの節約術なのでしょうけど、

そういう職人さんのちょっとした遊び心ある知恵は、
固っ苦しく考えがちなケンチクを、
もっと初原的で、誰でも参加できる自由なモノにしてくれます。

3142.jpg


そんな訳で、ケンケンぱぁ、の玄関。


何か、うまれる時は、たいていこんなもんです。。。。(笑)
posted by 西久保毅人 at 01:25| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

木のほうが、えらい街

ニコでは、春に完成に向けていろいろ現場が進行中。
そんな訳で、昨日、今日と連日で完了検査でした!
両方とも無事、合格。

ふうっ、、、。

3147.jpg

そんな訳で、3月は
17日(日)は軽井沢で、
20日(水曜祝日)は、港区で、二日間オープンハウスを開催予定なのです。。。。

3145.jpg

さて、まずは、20日にオープンハウス予定の、港区の飯島さんの家。
実は、ニコって、都内でたくさんのおうちを設計させて頂いているんですが、
山手線の内側って、ほとんど事例がないのです、、、。

それは、きーっと、僕が田舎モンで、
まだまだトウキョウの中心部で設計をさせて頂くには、10年早い、、、、という
コトなのだと、自覚しているんですが、
飯島さんの家の港区の敷地は、もう、まさにトウキョウのど真ん中!

ようやく、僕の、都会的なスーパーハイセンスがバレてしまったか、、、と
ウキウキしながら敷地を見に行ったんですが、、、、、、。

3146.jpg

駅から敷地へ向うにつれて、巨木巨木。
しかも、めったにお目にかかれないくらいの幹の大きさの木が
あちらこちらにはえています。
3153.jpg
トウキョウのいろんな場所で、ミニ開発が進み、そのたんびに木が切られて
白々しい住宅地ができていますが、それはきっと、なんて言うか、、、、

「人間がいちばんえらい。」

っていう考え方なんだと思うんですが、
この街では、むしろ、

「木が一番エラいのだ!」

っていうコトが、街のいたるところで感じられます。
3152.jpg
建ものの塀、柵、駐車場、家、、、、。

いろんなものが、巨木をさけて計画されているんです。

そんな意味で、いよいよトウキョウのど真ん中っっていうあわい期待は
裏切られましたが、、、、、、、(涙)。
最初に敷地を訪れた時、とても感動しました。

なんでも更地にしてしまえばいい、なんて考え方は根本的に間違っています。
更地にしてしまったら、もう、面積っていう数字しか残りません、、、。

こういう風に巨木がある事は、便利か不便かっていうと、間違いなく不便で不自由。
でも、そういう不便で不自由だからこそ、
思いもよらないアイディアがうまれたり、ふふっ、って思わず笑ってしまうような
ユーモアのある街になるのだと思いますし、そういうほうがぜーったい、楽しいのです。

3151.jpg

さらにこの街は、地形も高低差があり、
そんな森のような小道を抜けて、階段をぬけると敷地はありました。
この場所を選んだ飯島さん、素敵だなぁ、、、って思いました。


、、、、しかしまぁ、そうそうウマい話はないもので、
街は素晴らしいんですが、、、、、、とにかく敷地が小さい!

ここだけの話ですけど、、、、、

飯島さんち、ニコ史上最小のおうちです。

3144.jpg

緑の多い、森のような巨木の街とは、真逆の極小の家の話。

3150.jpg

きっとこれは、飯島さんからの、なぞかけだったのかも知れません。。。。。

3149.jpg

トウキョウの、ど真ん中の、森のような場所に、
ちょこんと居場所をつくる。

「私たちは、この森のような場所に住んでいるのだ。」

3148.jpg

それだけを感じられるような、小さな小さな、、、、、。

だったらいっそ、小ささすら感じなくなっちゃえばいい。


そんな家になりましたよ。

ただ、目下の悩みはですね、、、、、、
オープンハウスをどういう風にするか?ってコト、、、。

たくさんの方に、感じて頂きたい反面、
なにせ、とっても可愛くて小さなおうちですから、、、、、、。

困った困った、、、、。
posted by 西久保毅人 at 02:05| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

軽井沢でオープンハウスです!

今週末の3/17(日曜日)に、
長野県の軽井沢町で設計をさせて頂きました「山本さんの家」の
オープンハウスをさせて頂きます。

3161.jpg

3162.jpg

軽井沢は、避暑地として有名ですが、
一年を通して訪れてみると、こーんなに行った時々で表情の変わる場所
も珍しいのではないかな、、、、と思ったりして、
それが実は、一番の魅力なのかも知れないなぁ、、、と思いました。

3165.jpg

最初に行ったときなんかは、真夏で、なんだか踏み入れるのが
ちょっと怖いようなうっそうとした森のような場所でしたし、

3164.jpg

3166.jpg

秋はすっかり紅葉し、街中落ち葉のカーペット。


3155.jpg

そしてあっという間に冬が来て、
あたり一面雪景色!

実は、葉っぱが落ちてから現場に行った時なんか、
あんまりにも景色が違うんで、

「、、、こんな景色じゃなかったし、敷地間違えたな、、、。」

と、思ったほど、、、、。

3157.jpg

それを毎年毎年繰り返していく訳で、
もちろんその季節ごとに、大変なコトもたくさんあるそうですが、
こんな一年間を毎年過ごせるなんて、
山本さんちの子供達は楽しいだろうなぁ、、、、
羨ましいなぁ、、、、と思います。

3158.jpg



3160.jpg

ただ、設計の方は、、、、というと、
これだけめまぐるしく景色がかわり、
どこまでが敷地か、、、、ほんとどうでもいいような場所な訳で、
僕にとっては、何をよりどころにするか、、、、?っていうのが
正直、大変、、、、、。

3167.jpg

そして、こういう自然って、見た目は美しいけれど、
実際は、無防備な人間にとっては、時には怖い、っていう事も、同時に感じました。


だから、建もの作るっていうよりも、
いろんな季節や、家族のデキゴトを、
大きく包むような、ちょっといびつな屋根を考えました。

森の中の、大きな屋根の下。

森に住む、ちょっと不思議な生き物のような、デンとしたたたずまい。

3159.jpg

東京からはちょっと遠いですが、

「そうそう、ちょーーど、今週末にかけて軽井沢に出張、出張っ♪」

という方もたくさんいらっしゃると思いますので、、、、(笑)

ぜひ見に来て下さい。

3163.jpg

軽井沢もずいぶん雪が溶けて、そろそろ春。

こんな下見板張りの外壁が目印です!

内覧をご希望の方はこちらまで御連絡下さい。
posted by 西久保毅人 at 00:33| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

ふたつのオープンハウス

いよいよ明日は、軽井沢の「山本さんの家」のオープンハウス。
実は、3/20(水、祝日)には港区の「飯島さんの家」のオープンハウス
予定していて、たまたま同時期に2つのおうちが完成しました。

3169.jpg

でも、おもしろいなぁ、、、と思うのは、
完成に向けて改めてふたつのおうちの断面を描いてみると、
なんか雰囲気が似ててビックリ!

どっちも起伏の豊かな場所との関係があるコトに気がつきました。。。



3168.jpg

ただ違うのは、
実は山本さんの家の軽井沢の敷地面積は、1000u以上というニコ史上最大。

飯島さんの家の敷地面積は、34uと、ほぼニコ史上、最小なのです。。。。

3171.jpg

とても良く似ている部分もありつつ、
最大と最小っていう真逆のおうちが同時に完成するっていうのは、
なんだか不思議な縁を感じます。

でも、共通するのは、
どっちも「木の方が、エラい場所」っていうコトでしょうか、、、?

どちらも、とても気持ちのいい優雅な家になりましたよ!

3170.jpg

そうそうあと、もひとつ共通するのは、、、、、、

3172.jpg


ニコの
「もじゃもじゃのほうの人」
の、ご担当というコトでしょうか、、、、。


内覧をご希望の方は、こちらまでお問い合わせ下さい。
posted by 西久保毅人 at 17:38| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

自分のまいたタネ

たとえば、僕たちが小さい頃って、なんだかんだと野球部がモテてたし、
マンガと言えば野球マンガだったような気がします。

タッチに代表されるように、野球少年が恋愛や学園ドラマでも主人公だったし、、、、。

そんな中、キャプテン翼がサッカーマンガっていうジャンルを確立して、
シュートやイレブンや、、、他にもサッカーマンガがあるけれど、
翼くんの
「日本をワールドカップで優勝させるのが夢だ!」

っていう、そもそも、Jリーグもなければ、一度もワールドカップにも出た事のない
時代に、そんな大風呂敷を広げてみせた高橋洋一に僕は夢中になりました。

、、、、とはいえ、超内向的な小学生の僕はといえば、
サッカー部に入りたいと心では思いつつも、活発なそのサッカー部っていう
集団に自分から近づくコトもできず、学校から帰っては、1人で
家の前の神社でひたすらロベルトの残したノートに書かれている通り、ドライブシュートの
練習をし、いつか、点の取れるミッドフィルダーになれるように、、、、、、そんな
コトを夢見て、シュート練習をしている子供でした。

あぁ、サッカー部というものに入ってみたい、、、、、、。
しかし、結局はサッカー部にようやく入れたのは、いい大人になってから。

僕はこんなですが、やっぱ高橋洋一はすごかったんだなぁ、、、って思うのは、
佐賀の僕でさえこんな感じな訳で、結局、日本サッカーをワールドカップに連れて行ったのは、
キャプテン翼世代の、サッカー選手だったコト。

マンガって、特に子供の時に読む漫画の影響力ってすごいのです、、、、。

さて、時代は変わり、
最近、気がついたんですが、僕らの高校生くらいのマンガって、
その内容が恋愛であれ、バトルマンガであれ、学園ものであれ、、、、
ちょっと学校でカッコいい男の子キャラって、制服姿でリフティングしてるような
モデルのような男の子が、「カッコいい象徴」みたいな感じだったような
気がするんですが、最近、少女漫画にしろ、学園ものにしろ、、、、、
そこに登場するモテる役割のキャラの男の子は、実は、、、、、、、

バスケしてる絵が、とっても多い事に気がつきました。

なんていうか、今の10代にとっては、モテる、の象徴がもはやサッカーではなく、
バスケのようなのです、、、、。僕の気のせいかなぁ、、、、、

たぶん、そうです。

さて、バスケマンガっていえば、、、、、、、、
ちょっと前までは、唯一無二のスラムダンクです!

これは、連載もずーっと読んでたんですが、大人になってふと、
「、、、あ、あの、センドウと牧の試合の最後のところ、読みたいな、、、。」
って思って、14巻だけ買ったのが運のつき。。。。。

結局、全巻買いそろえて、子供達がマンガが読めるようになったら、
キャプテン翼とスラムダンクは絶対読ませよう、と思ってたら、子供達も
スラムダンク、セリフ覚えるまでに熟読していて、そういうのは親心として
とても嬉しくて、、、、。

そんな中、ノノが中学生になってバスケ部に入ると同じくらいの時期に、
ジャンプで「黒子のバスケ」っていうのが始まりました。
前にも書いたけれど、やっぱ、バスケマンガって、スラムダンクがあまりに
偉大すぎて、どうも読む気がしなかったんですが、読み始めるとけっこうおもしろくて、、、、

、、、、っていうか、どっぷりハマってしまい、
しかも、なんていうか、僕、大人なんで、マンガくらいはいっぱい買えちゃうから、
一気に全巻揃えてしまいました。。。。。。大人買いです、、、。

そんな訳で、子供達も、黒子のバスケにハマって、西久保家は空前のバスケブーム。
なんでしょうね、、、、、バスケマンガって、、、。

で、それだけでやめとけば良かったんですが、
そんな折り、行きつけの飲み屋でよく会う、
元バスケ部っていう常連さんとバスケマンガの話をしていたら、

「、、西久保さん、あのね、、、、、
 あひるの空って、バスケマンガがあるんスけど、
 設定とか、超リアルで、自分、バスケ部だったんスけど、、、、「あひるの空」超いいっスよ。
 お勧めッス。
 ちょー泣けるっス。女子バスケとのからみとか、、、。」

って、勧められてしまった訳で、、、、。

で、もちろん、大人買い。。。。。。

今では、もちろん、全36巻、ある訳で、、、、、。

あひるの空、
これは、まだ完結してない連載中の高校バスケマンガなんですが、
なんていうか、ある意味、設定がリアルというか、非現実的な必殺ワザとかは
全然ない変わりに、高校生の部活っていう一人一人の登場人物の揺れる心の描写が
とても多くて、脇役が1人もいない変わりに、ものすごーく進行の遅いマンガ
なんですが、よくここまで描くなぁ、、、、ってくらい繊細な高校生達の部活での
心理描写とバスケが描かれていて、読み出すとめちゃくちゃハマります、、、。

あひるの空が来てからというもの、
案の定、子供達も、、、、、、
「黒子のバスケはさ、、、、ありえないよね、、、、やっぱあひるの空、ちょー泣けるっ!」

、、、ってコトで、目下中学バスケ部のノノも、5年生のリンタロウも、あひるの空に夢中。
あひるの空は、さすがに一年生のソラには難しいですが、、、、、。

しかし、、、、、、
なんでしょうね、バスケマンガって、、、、。
スポーツマンガの中でも、バスケって、なんだか不思議です。

おもしろいのは、スラムダンクもそうでしたけど、黒子のバスケにしろ、
あひるの空にしろ、、、、。
とにかく、連載が進めば進むほど、マンガ家の画力が、ビックリするくらい
上がるのです。。。。。バスケっていう題材にそういう魔力があるのかなぁ、、、、。
だから、よけいにマンガにのめり込んでいってしまいます。。。。。

他にもマンガ、たくさん読みますが、やっぱ、バスケマンガって、なんか
特殊な気がします、、、、。

ながくなりましたが、そんな訳で、
スラムダンク全巻、黒子のバスケ全巻、あひるの空全巻完備の西久保家、、、。

僕個人としては、バスケマンガは好きなんだけど、
実際にバスケをしたいか?って言われると実はそうでもなくて、
プレーするなら、やっぱサッカーなんですけどね、、、、。

しかし、、、、、それは基本、サッカーマンガで育った大人の話。

スラムダンク全巻、黒子のバスケ全巻、あひるの空全巻完備の家で育った子供がどうなるか、、、?


もはやリンタロウも、サッカーにはほぼ興味ナシ。
気がつけば傘でゴルフのスイングしてしまうおじさんのように、

街を歩きながら気がつけば、シュっ、とジャンプシュート。
もちろん、左手はそえるだけ、、、、。

「、、、バスケがしたいです、、、、。」

そして、いつの日か、体育館で、制服のシャツのボタンを半分くらい開けて
ユニフォームを着たバスケ部の連中をさわやかに抜いて、
ダンクを決めるのが夢のようです、、、リンタロウは、、、、。


しかも、制服で、、、、、っていうのが、チャラい、、、、(涙)

いずれにせよ僕が無計画にまいたタネは、
こうして発芽しつつあるようです、、、、。


ちなみに、、、、、、
僕の中では、バスケマンガっていえば、、、、、。
実はダッシュ勝平が原点なのです!
いよいよついに、、、、、とっておきのダッシュ勝平のあかねシュートを
子供達に見せる時期が来たかな、、、
と目下計画中、、、、、なのでした!
posted by 西久保毅人 at 01:11| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

旅の途中、でさえあれば、、、。

3218.jpg

3174.jpg


3175.jpg


3176.jpg


3217.jpg


3177.jpg

3215.jpg

3179.jpg



3181.jpg

3182.jpg



3183.jpg


3220.jpg

3184.jpg

3185.jpg

3186.jpg

3187.jpg

3188.jpg

3189.jpg

3190.jpg


3191.jpg


3192.jpg


3216.jpg


3193.jpg

3194.jpg

3195.jpg

3196.jpg

3197.jpg




3198.jpg

3199.jpg




3200.jpg

3201.jpg

3202.jpg

3203.jpg

3204.jpg

3205.jpg

3219.jpg

3206.jpg


3207.jpg


3208.jpg

3209.jpg

3210.jpg

3211.jpg

3212.jpg

3213.jpg

3214.jpg

、、、、という訳で、
飯島さんの家のオープンハウスは、天気も良く、100人以上のご来場を頂きました。
どうもありがとうございましたー!!!!

、、、、さて、
いつものようにグダグダと書くところでしたが、
想いもよらなかったタイトルの言葉がふっと浮かんで、
写真を見てたら、言葉、いらないかな、、、、、、と思いましたのでやめます、、、。




飯島さんちについては、こちらをどうぞ。
posted by 西久保毅人 at 22:57| 2013.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする