2012年10月03日

楽しい!

香川県で工事中の竹安さんの家も、
完成まであとわずかとなり、先週末出張セルフペイントに行ってきました!

2795.jpg

そうそう、昨年同様、台風に向って、、、、。(涙)

2792.jpg

工事も順調で、そろそろ終わりの予感、、、。
そう、残念ながら、工事はいつかは終わってしまうのです、、、。

残念ながら、、、、。

2793.jpg

いつもは、どっちかというと、「予定通り終わるかしら、、、?」

っていうのにひやひやと頭を悩ませるのですが、なんだか逆。。。

2794.jpg

そんなコトを僕らも、竹安さんも内心思ってるので、
お互いになんとなく、「いかに終わらせないか、、、、」ってそんな感じになりつつあります。(笑)

2796.jpg

平屋も、瓦屋根も、、、、。
トウキョウだけだと、たぶん絶対にやれなかったり、選ばなかったりしたような、
僕にとっても初めてのコトをたくさん経験させて頂いていますし、
そういう意味では、ニコ設計室にとって、とっても新しい家。

でも、新しいって言っても、ニコの新しいは、最新式とか、デジタル、エロとか、
そういうんじゃないから、、、、。

むしろ、日本のケンチクの、最初のすがたに向わせてもらったような、、、。

2797.jpg

そうそう、そんな訳で、ぜひ興味のある方に、少しだけでも感じで頂きたく思い、
竹安さんからも、ニコのおうちが好きな方にはぜひぜひ、というコトで
10月末に、なんと、
香川で、初オープンハウスをさせて頂く事になりました!!!!!

今のところ、10/28(日)を予定しているんですが、
近郊でも、もはや遠くても、、、、、。

また改めてご案内しますが、
内覧をご希望の方は、早めに御連絡下さいませ。


2798.jpg

さて、そうそうセルフペイント。
実は、オレンジっていうのは決まってて、ホントは塗ってもらう予定だったんですが、
工務店さんに何度色見本をお願いしても、なかなかいい色が
出なくってですね、、、、もうどうせならっていうコトで、
今回も、ポーターズペイントさんにお願いしてしまいました。。。。

2799.jpg

まぁ、オレンジって、特に難しい色ではあるんですが、
さすが、ポーターズペイント
見事な発色です!

2800.jpg

そして、色味ももちろん大事なんですが、
自分達の家を、自分達で塗るっていうコト。

それは、ほんのすこーしでもいいと思うんですが、
それだけで、住む事になる家に対する愛着が、ぜんぜん違うと思うんです。

それは、住んでから語り継ぐ物語ともなり、

あぁ、やっぱ、職人さんて、スゴいなぁ、、、という
作ってくれた方々への敬意ともなり、

なーんだ、意外と自分で出来ちゃうものなんだねっ、ていう、プロしかできないと思ってた
ケンチクを、身近に感じる出来事であり、、、、。

2801.jpg

そして、何より、「ケンチク楽しいーーっ!」

っていうコトを、子供達とだって共有できる、一番大事な手がかりだと思うのです。


あ、そうそう、
竹安さんから、「完成したら、我が家にはバクを書いて下さいねっ!」
って言われています、、、。

バク?
しかも、壁に、、、。


忘れてませんよ、、、、。(汗)
練習しときます、バク。


、、、、終わらせないために、いつ描くかは、約束できませんが、、、、、(笑)
posted by 西久保毅人 at 00:48| 2012.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

和便

そうそう、いよいよ今年も大学が始まりました。

今年は去年よりも人数が増えて、10人の明治大学建築学科、第二期西久保スタジオ、なのです。

2808.jpg


、、、、、と、大学のコトでも、書きたいなぁ、、、と思いつつ、
今日も大学に行ったのですが、、、、。

2805.jpg

ちょっと授業内容より、書かねばならぬコトがありまして、、、、、。

2806.jpg

そうそう、今日は、ちょーど、授業開始前ギリギリに大学についてですね、
トイレに行った訳です、、、。

ちょーど、授業の合間の休み時間だったからかですね、トイレが込んでたので、
トイレ求めて上の階へ。。。。

、、、、で、トイレに入る時に、前に学生がいて、視線の先には、空いている個室が
ひとつだけ見えたんですが、あぁ、、、とられちゃうかな、、、(涙)と思ってたら、
やっぱり案の定、僕の前の学生が、個室に入ろうとしたのです、、、、、。

2809.jpg

「ちっ。」

と、まぁ、言いはしませんけど、

と、思っていたら、、、、ですね、、、、。
なんと、なぜか、前の学生が、個室の中を眺めただけで、すぐあきらめて引き返したのです!

「おっ、ラッキー」

って思いつつ、でも、こういう時って、すごくトイレが汚れれて引き返すとか、
紙がないから引き返す、、、、とかが想定される訳で、、、、、、。

だから、あきらめ半分で、覗いて見たらですね、、、、
とってもキレイなトイレ。

ラッキーです!!!!!

2803.jpg

なんですが、
「はて? じゃあ、何であの学生は引き返したんだろう、、、、?」

という疑問が拭えず、考えてみたんですけど、、、、、。

その理由は、もう、もはや、

「和便」

である事しか、考えつかない訳で、、、、、。

そういえば、彼らは、20才前後な訳だから、僕よりも約20歳年下で、
みんな平成生まれ。

そう、世の中で言うところの、いわゆる「洋便世代」なのです。。。。

僕は、中二まで、和便のポットンだったので、
むしろ、洋便に慣れるコトの方が大変でした。。。。

うちより先に家を作ったおばあちゃんちに行くと、

「洋便は、ラクでお通じがいいわよーっ。」

とか、大人が話してるのを小耳にはさんで、洋便に始めて座ってみた時のコト。

「、、、、、これ、どうやって力を入れるの、、、、??」

と、無惨にも何も果たせずに出たのを覚えています。。。。。

もちろん、今では慣れましたけれど、やっぱ、ここ一番の勝負時は、
やっぱ、和便かなぁ、、、とか、時々思ったりするくらいなんですが、、、、。

2804.jpg

、、、とまぁ、僕の武勇伝はともかくとして、
考えてみると僕の子供達の方がもっと年下な訳なんですが、
彼らにはあんまりそういう差を感じません、、、、。

だから、ちょっと今日のデキゴトは、なんていうか、

「世代による、生活習慣のあきらかな違い」

みたいなヤツを、見せつけられたというか、
つきつけられた、というか、
いよいよ、そんなヤツらが出てきてしまった、、、、っていうのを、
まざまざと見せつけられたような気がしてですね、、、、

、、、、ちょっと、オモシロかったです!
便所だったから、よけいかな。


そういえば、時々、「座っておしっこをする男子急増中!」
とかもよく聞くんですが、

これまでは、

「、、、まっさかぁ、、、、。」

って、聞き流してたんですが、こういうのも、あながちホントなのかも知れません、、、、。



もちろん時代は移り変わり、生活風景も新しいものにどんどん移り変わっていくんですが、
その中でも、身体的なもの、生理的なものっていうのは、
人間の体そのものが変わらない以上、結局は変わらないんじゃないか、、って
いつも思います。

気持ちいいとか、不快とか、落ち着くとか、窮屈とか、楽しいとか。。。。

そういう、ある意味、普遍的な身体感覚があると信じて
僕たちは、モノを考えたり、提案をしたりするんですが、
時々は、そういう自分のあたりまえを疑ってみないといけないかも、、、、?

と、ふと思った今日の「平成和便事件」でありました、、、、、。

と、結局、授業の話は一切なく、、、、教室にたどり着く前の、便所についてだったのですが、
授業もとても盛り上がっていて、まさに10人10色でおもしろい3年生が集まってくれて
今後が楽しみです。

2807.jpg

写真は、リンタロウとソラの運動会。
身体感覚といえば、、、、、

三人ともみーんな、結局今のところほぼ、学年イチでかくて、
運動会と言えば、リレー選に選ばれるのがあたり前、、、、、。
彼らの身体感覚というか、精神感覚というか、、、、、。

かなりイケてない子供時代しかなかった僕にとっては、
それもそれで、まったく理解不能な世界です、、、、、(笑)

どういうオトナになることやら、、、、。
posted by 西久保毅人 at 02:17| 2012.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

かるいざわ条例

2815.jpg

秋にかけて、いろんな現場が始まっているんですが、
今回は軽井沢で工事中の山本さんの家を紹介します。

2823.jpg

軽井沢というのは、避暑地という事で、いろんな条例があるんですが、
観光シーズンは、工事をしてはいけない、という条例もあります。

なので、夏に地鎮祭をして、
少し間をあけて、いよいよ基礎工事が進んでいます。

2821.jpg

なんとなく、設計事務所っていうと、別荘のひとつやふたつは、
設計をしたコトありそうなんですが、、、、実はニコではいまだナシ。

それがいいのか、悪いのか、、、、、
よく分かりませんが、そういう訳で、軽井沢っていうと、

「別荘??」

って、聞かれるんですが、、、、、、

2819.jpg

レッキとした、毎日暮らす、おうちです。。。。

でも、こんな環境で、子供達育ったら、幸せだろうなぁ、、、。

虫も、たくさんいるし、、、。

しかも、敷地は、ふつう「宅地」である事が多いんですが、
今回は、「原野」、、、、、。

なので、その名の通り、原野の木を選んで切るところからの工事です!
トウキョウだと、西とか、東とか、隣地とか、境界線とか、、、、。
気にするも、都会ならではのモノなのですが、
山本さんの敷地に入ると、方位とか、隣地とか、境界線とか、、、、。

もはや、あまり意味なし、、、、なのです。

2818.jpg

それはそれで、自由なようで、
「よりどころ」を見つけるのも、それなりに大変、、、。


2817.jpg

シキチの中に、斜面があって、沢に面しているんですが、
境界線なんて、もはや「ひも」です、、。(笑)

でき上がると、ひももなくなっちゃうんだろうな。。。。。

2816.jpg

そんな中に、建物っていうよりも、生き物のようにぐにゃりとした平面で横たわり、
ふわっと、大きな屋根が森の中に浮かんでいるような、そんなたたずまいになるといいなと、
設計をさせて頂いています。

2820.jpg

ようやく、基礎ができたんですが、ほんと、ちょっといびつに、
折れ曲がった基礎は、なんか、生き物のよう、、、、。

上棟が楽しみです。

2814.jpg

そうそう、条例と言うとですね、
こないだ、現場に行く時に、

「せっかくだからさ、、、、夜中に敷地に行って、
車で寝て、その場で朝を迎えるっていうの、、、、どう??」

2812.jpg

って訳で、ホソダ先生と2人で、夜中に車で敷地に行きました。
なんとなく、もくろみとしては、
そばに着いたら、車を止めて、コンビニでビールでも買ってですね、
朝焼けの軽井沢でも感じられたらなぁ、、、ちょっとゼイタク。

なんて、あさはかな希望を抱き、向ったんですが、、、、、。



なんと、軽井沢って、
条例で、夜中にお店を開けては行けないらしくてですね、、、、(涙)

コンビニ、一件すら、空いていませんでした、、、。
、、、、途中には、無駄なようにいーっぱい、あったのに、、、。

2810.jpg

、、、て訳で、、、、、
そうとは知らず、ふたり、せっかく敷地についたのに、
そこから軽井沢中をコンビニを探しまわり、

「、、、もしかして、軽井沢、っていう街にいたらだめなんじゃね??」

と、気がついた頃には、ほぼ5時。

隣町で、ビールを買った頃には、
もはや、空は、明るくなってきていてですね、、、。

そんな訳で、
ロマンチックな朝焼けどころではなく、
敷地で目が覚めた頃には、
もう、現場監督さんが、

「こいつら、いつ起きるんだよ、、、。」

という感じで、起きるのを待たれていらっしゃいましたとさ。。。。


条例には気をつけましょう。


posted by 西久保毅人 at 02:18| 2012.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

トッピング理論

そうそう、昨日、ラーメン食べてたら、
なんか、すごーい、大発見をしました。(した気になりました。)

ノーベル賞かな、、、、。

2834.jpg

というか、なんか、ずーっと気になってたしこりが取れた感じ。。。。

2836.jpg

僕は、ラーメン食べたくなると、近くにあれば必ず、九州のとんこつラーメン屋さんに
入るんですが、とんこつラーメンっていえば、こしょう、替え玉、紅ショウガです。

その他にも、お店によっては、ごまとか、からし高菜とか、、、、いろいろ置いてあるんですが、
要するに、「なんか、入れたり、足したりする。。。。」
っていうのが、あたり前の文化で、
そんな訳で、替え玉って、麺まで足す訳です。

最初は、そのまま食べてみて、
紅ショウガを入れて、一杯目は、そこで我慢。

そして、すかさず、替え玉を頼むと、ここからからし高菜を入れたり、
最後のへんは、紅ショウガも混ぜてみたり、、、、。

僕はそんな感じ。

そういう風に、ラーメンに限らず、「出されたモノに、なんか足す。」
っていうのは、もしかしたら、九州の文化なのかなぁ、、、、、、。

と、ふと、そんなコトを思いました。

2837.jpg

だって、そういえば、トウキョウって、面倒くさいのです。意外と。。。。

ソースかけるなっていうトンカツ屋に出会った時には、
「そんなの勝手じゃん。」
って思ったし、
味や素材にこだわった店に限って、出されたまんま食べるコトを、
暗黙に強制される気がするし、その方が、「ツウ」って感じだし、、、、。

そういう感じ、
こだわってるトコに限って、あるんだよなぁ、、、、と思うし、
そういうコトが、分かるのが、「違いの分かる都会のオトナ」、、、、的な、、、。

そのいいとこも、ありますけどね、、、。

2838.jpg

手料理なんかも、そうかも、、、。

僕なんか、そういうの文化圏で育ったものだから、
自分が作ったものに、なんかかけられたり、足されたりするのは、
ぜーんぜん抵抗ないんですが、時々、作ったものに「足し」たりすると、

「あぁ、、、、口に合わなかったんですね、、、。」

とか思われたりも、、、、そういえばします、、、、。

そういうんじゃ、ないんですけど、、、、。

2839.jpg

そういうたんびに、

「なんで、足すのは拒絶されちゃうんだろう、、、?」


って、ずーっと思ってて、でもまぁ、世の中、そういうものなら、
しかたないかなぁ、、、、って、40歳も目前になると、
もう考えることすら、最近はしてなかったんですが、
昨日のラーメン屋は、ちょっとビックリ!

「替え玉では、味変アイテムとして、タバスコ、お勧めです!」

って、書いてあって、テーブルにデカいタバスコが置いてありました、、、。

もう、、、、ガーーーン、です。。。。

、、、そもそも、「味変」ってナニ語??  最近、言うの、、、?

2840.jpg

なんていうか、、、、、

すごいなぁ、、、って思ったんです。
同じ、モノ作りをする人間として。


2841.jpg

やっぱ、、、、、
正直言って、自分が頑張って作ったものに、何かを「足される」っていうのは、
抵抗がある人、多いと思うんですね。

それは、ラーメンでも、ケンチクでも、たぶん同じ。
その気持ちは、分かるのです。もちろん。

それぞれ、職人意識や、プロ意識ってあるでしょうから、、。
そこは、このラーメン屋さんも、きっと同じなんだと思うな。

2842.jpg

でもね、、、
分かるけど、僕はやっぱり、違う。

自分が作ったラーメンに、どうどうと、「タバスコかけて楽しんでねーっ。」
って言える、ラーメン屋さん。

僕は、すごいなぁ、、、って思うし、
そうなりたいと思う。

それでも、

「うまいものは、うまいのだ。」

っていうコトなんだと思うし、それでも残り、伝わる「何か」を信じてるんだと思うのです。

2843.jpg

僕が好きなケンチクや、いいなぁ、、と思う街も同じで、
そもそも、ケンチクなんて、「足される」コトが前提なのです。

「足される」って意味では、
生活する家族もそうだし、持ち物そうだし、実は周辺の緑や、街の風景もそうかも知れない。
壁の傷や、よごれもそう。

時間がたって、どんどんいろんなものが足されていきます。

2844.jpg

そういう風に、たーくさんのモノやデキゴトが「トッピング」されて、
それが、風景となり、街となりますし、
僕がケンチクを作る動機や、楽しみは、

「さて、どうトッピングされるのだろう、、?」

ってトコにあるんだよなぁ、、、と、改めて思ったのです。

むしろ、トッピングされた風景を見て見たくて、設計しているようなものだから、
つまりは、とんこつラーメンなのです!

だから、より楽しく、より意外性を持って、
トッピングされていくシーンを思い描きながら、
楽しみにしながら、いつも設計をしています。

2845.jpg

どんなトッピングされても、ビクともしないし、
むしろ、それを積極的に待ち望むような、、、、そんなもの。

いつかは、僕も、「タバスコも、結構、イケますよっ。」

って言えるように。

、、、、めったに「替え玉」は頼まれませんけれど、、、(涙)

2846.jpg

、、、って、そんなコトを、ラーメン食べつつ考えてて、

「、、、もしかして、こういう僕の思考って、、、、、

 実は、とんこつラーメン的??なの、、、九州限定的、、、、なの??」

って、思ったのでした、、、。どうなんでしょうか???

2847.jpg

さて、そんな訳で、写真は昨日、急遽お願いした「ISANA」の見学会。

教えている明治大学の西久保班のみんなを連れて行きました。
少しでも、僕の

「とんこつラーメン的、トッピング理論」

を感じて欲しくって、、、。

「ISANA」も、下窪さんや、住人のみなさんにとっても可愛がってもらっていて、
素敵にトッピングされているのです、、、、。


何か伝わったかな、、、、、(大汗)
posted by 西久保毅人 at 02:32| 2012.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

いよいよっ  なんと!

いよいよっ

2848.jpg

なんと!

2853.jpg

2862.jpg
ニコ初の海外物件であり、


2855.jpg
ニコ初の、餅投げ物件でもあり、


2854.jpg
ニコ初の、うどん物件でもあり、

2856.jpg
初の平屋であり、


2865.jpg
初の瓦屋根でもあり


2858.jpg
初の相撲物件でも、、、、、ある、、、


2869.jpg

香川の「竹安さんの家」。

2849.jpg

2860.jpg

11月3日、4日の二日間、
オープンハウスをさせて頂ける事になりました!



2868.jpg

、、、、とはいえ、始めての遠方でもあるので、
どういう展開になるのか、、、、想像もできませんが、
作って頂いた、センコー産業さんにも、感謝の気持ちが伝わる時間になるといいな、
と思います。。。。

センコーさんにもたくさん、協力してもらわなくては、、、、(汗)

2859.jpg
しかし、そもそも、
竹安さんもよくトウキョウの僕たちに連絡頂き、頼んでくれたなぁ、、、
と、ホントに感謝しています。

というか、感動ですね、これは。

その距離を超えられるって、スゴい事だと思うのです。
正直。

その感動のまま、できちゃった、、、、、っていうのが正直なところです。

たぶん、距離って、ある意味とても正直なもので、
それで失うものっていうか、得られないもの、
たーくさんあるのだと思うのです。もちろん。


、、、、世の中を、足し算引き算の世界だとすれば、、、、ですが。

2867.jpg

でも、長く仕事をしていると、世の中、そうではない事に気がつく事も多くて、
近かったらいいか?っていうと、実際はそうとも言えなくて、、、、、。

ホント、不思議。


たぶん、
なんか、
世界には、そういうコトとはまったく別な、
不思議なからくりや結びつきのようなものがあって、

そういうのを、縁、といってみたり、

ピンときた、っていってみたり、

男気、といってみたり、

なんか、、、、、でも、、、、やっぱり、、、、いいよね。と言ってみたり。。。。

2863.jpg

まぁ、言い方はいろいろあるでしょうけど、
それは、設計も同じような気がします。

僕の仕事は、正直、足し算引き算がすべて。
見積りだって、寸法だってそうだし、
建築も、すべてのモノ作りは、ほぼ足し算引き算でできあがります。
床面積何u、瓦何枚、ベニヤ何枚、柱何メートル、厚み何ミリ、便器何円、建ぺい率何%。
言ってしまえば、それだけの世界なのです。

2861.jpg

でも、だからこそ、
僕は、そうじゃない部分を、一番に大切にしていますし、
それが、僕がこの仕事をしている「根っこ」のようなもの。


ケンチクが、とても高価で、なかなか2回目は作れなくて、
「やっぱいーらない、別のに変えるっ」って言えなくて、大きくて、手に負えなくて、
口でもうまく言い表せなくて、完成形を見せてあげる事もできなくて、
ホントに作る事でしか、ホントには誰も分からない、、、、、
そのくせ、何十年もある続ける、、、、
その割に、住めば都、と実はある意味何でも良かったりもしてしまう、、、


っていう、実はとても人間の手に負えない、やっかいなモノだからこそ。きっと。

2866.jpg

、、、と、こんなコトを書いてると、また意味不明で
そのうち、まぁ要するに、、、、、口でいう事じゃない、、、、、、ってなり、
またいつものように、怒られそうですが、、、、(汗)




2850.jpg

ただ、セルフペイントの時、竹安さんが

「楽しい」

って書いてくれたコトが、なんか、一番そういうことかもですね、、、。


2852.jpg

さて、
そんな訳で、
とってもとっても楽しみです。

ちょっと東京からは遠いですが、

「おっ、実はその日、たまたま四国に出張なんです、、。」

とか、いう方も、実はたくさんいらっしゃるかも知れませんね。(笑)

ニコでは、実はこれから神戸での設計も始まりますので、
近県で興味のある方も、ぜひぜひ、見に来て下さーい。

四国の方ともたくさんお話してみたいな、、と思います。


御連絡は、こちらまで。
posted by 西久保毅人 at 02:43| 2012.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

なんとッ!

2871.jpg

なんとなんとっ、なんと!

あの、
2875.jpg

練馬の美人三姉妹で有名な、去年完成した尾崎さんの家が、

2880.jpg

住宅誌8誌が選んだ、2012年の住まい方を
象徴する住宅「hope&homeアワード」という賞
の、最終ベスト8というのに
ノミネートされましたよーっ、という御連絡を先日、推薦して頂いた雑誌社の方から御連絡頂きました。

びーっくり。

2873.jpg

自薦ではないので、知らなかったんですが、とても嬉しいです。

しかも、
2012年の住まい方を象徴する住宅、っていうテーマの賞に、
最新式でも、ナウい訳でも、奇をてらった訳でもなく、
どちらかというと、佐賀県風味の、

「地域に根ざし、地域に恩返しをする。」

というそんな尾崎さんの男気?を受けて設計させて頂いた家を、
世の中にたーくさんある家々の中から、
選んで推薦して頂いた事を、とても嬉しく思います!!!!

2879.jpg

もう、ご周知の通り「施主力8割、設計力2割」という
どこかの餃子屋さんのようなモットーのニコ設計室ですから、
もちろん、
尾崎力のおかげである事は、間違いありませんねー!

2876.jpg

小さな雑貨屋「STOROLL」もオープンして、
いつ行っても楽しそうな尾崎さんの家。

そういえば、最近いくつかの雑誌で、東京ガスのタイアップ広告にも
尾崎さんの家が掲載中です。

この賞のグランプリは、来場者の投票で決まるらしいので、
とりあえず、投票しに行こうかな、、、、。ジブンで。

11/5まで投票らしいので、もしお近くに寄られた際には、ぜひぜひぜひぜひ、、、、。


2878.jpg

何と言っても、
「施主力8割、ニコ力2割」のニコ設計室ですから、、、、。(汗)


2877.jpg

そんな嬉しいお知らせの中、
今週末は、さらに地域に根ざした「竹安さんの家」のオープンハウスなのでした!

いろいろ楽しみです!

2848.jpg

posted by 西久保毅人 at 23:23| 2012.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

ばく

さて、今週末は、香川県の「竹安さんの家」のオープンハウス!

初の海外なんですが、
近県のいろんな方から、ぜひ行きたーい、とお問い合わせ頂き、
お会いするのが楽しみです!

2881.jpg

さて、そういえば竹安さんから、ずっと前に、

「家ができたら、私たちの夢がかなったので、
 ぜひ、バクを描いてもらいたいんですけどぉ、、、、、。

 って、話してるんですよね、、、、。壁に。」


って、言われていました。

、、、、、ええとですね、、、、。
職業、動物の絵描きではないですし、、、。

そもそもが、こういう職業のワリに、
絵、下手な方なんで。
もちろんたくさん描くと時々、まぐれで上手くいったりするコトもあるんですが、
そういうレベル、、、。
写真も同じ。

要するに、シュートの質より、本数で勝負するタイプです、、、。

そんな訳で、、、、、
ちょーど、その話も、お酒を飲んでる時だったんで、、、、

「、、、忘れたコトにでもしーとこっ♪」

、、、って、6割くらい思ってたんですが、、、、、。

2883.jpg


、、、、、描きましたよ、、、、ばく。

2882.jpg

ちょっと変ですが、勘弁して下さい、、、。

描いてると、馬のような、パンダのような、、、。


「、、、わー、かわいい、象っ。」

と、キクチ先生がチクリ。。。。


、、、たしかに描いてると、
馬と、象と、パンダを足したような動物だなぁ、、と思いました。

2884.jpg

しかし、ばくって、、、

夢を叶えるっていうより、
食べちゃうどうぶつじゃ、、、、なかったでしたっけ、、、、、、?


さてさて、ばくも描いたし、、、、
オープンハウス、楽しみです!!!!

あと、投票もよろしくお願いしまーす!

、、、、家づくりと動物の絵は、セットじゃないのでご注意下さい。。。。。(笑)
posted by 西久保毅人 at 22:15| 2012.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

自分のおうち、 プラス

先週末の、香川の竹安さんの家のオープンハウス。
予想以上のご来場で、びっくり!

2886.jpg

、、、、と、竹安さんの家は、書き始めるとめちゃくちゃ長くなり、
しかも、写真も1200枚くらい撮っちゃって、いつものごとく大変なので、、、、。

昨日新宿のパークタワーで行なわれた、hope & home アワードの表彰式からお伝えしますね、、、(汗)

2890.jpg

この賞は、今年から始まった住宅雑誌8誌共同で、震災復興を応援するために設立された
プロジェクトの中の企画のひとつ。

そのため、2012年の住まい方を象徴する住宅を
各雑誌の編集長さんが一つずつ、選んで演出されたものです。

2891.jpg

しかし、スゴいですよね、あるようで、なかった企画!

マンガでいうなら、ジャンプ、マガジン、モーニング、スピリッツ、、、、、みたいな
競合8誌が、共同でプロジェクトをするような感じでしょうか、、、。

そんな第1回のアワードに、「尾崎さんの家」は、雑誌、My home+さんの2012年の代表として、
選んで頂きました。

なので、とーーーーっても、光栄な賞です。

2887.jpg

、、、、とはいえ、正直、第1回目なのでですね、、、、
授賞式に呼ばれてみたものの、、
こんなに盛大なイベントだとは思いもせず、かなり気軽な気持ちで、

「、、、せっかくだし、尾崎さんも一緒にいきましょうよー。」

とお誘いして、無理言って、尾崎さんにも来て頂いたのです、、、、。

どのおうちもそうですが、
ニコのおうちは、

「施主力8割、設計力2割」

な訳ですから、どうも、僕たちだけ表彰されるのは、なんか気がひけるのです、、、、。(汗)

と、そんな訳でだったんで、会場についたら、盛大さにびっくり!

「、、、あのさぁ、自分が緊張するからって、絶対ワタシをステージに呼ばないでよっ!!!」
と、尾崎さんには言われてたんですけど、、、、

、、、、こんな舞台では、僕一人だと、ぜーーーったい上手くしゃべれないので、
尾崎さんにも、半分無理やり、、、、、
(、、、、のわりに会場で一番のドレスアップでしたが、、、)
壇上に上がって頂き、
一緒にスピーチをさせて頂いてですね、、、、

なんとかかんとか、持ち前の、大舞台での勝負弱さを露呈することなく、
緊張を乗り越える事ができました、、、(笑)

2888.jpg

会場では、独立前から憧れていた建築家の方々ともお話できたり、
いつも御世話になってる各雑誌社社さん達とも、分け隔てなくお話できたりと、
ホントにその名の通り、敷居のない、すばらしい場で、僕はちょっと夢見心地。。。。

2889.jpg

さて、前にも書きましたが、世の中にたーくさんあるカッコいい、素敵な住宅の中で、
なんで、「尾崎さんの家」を代表に選んで頂いたんだろう、、、?
そんなコトを考えます。

もちろん設計がいいから(笑)、、、、であるコトは間違いないんですけど、、、、、

尾崎さんの家は、素敵な住まいなんですが、
かといって、カッコいい最新のケンチクカの人達の住宅みたいに、
派手である訳でもなく、一目でキャッチーな、今風な訳でもありません。。。。

ただ、どの住宅にも負けていないとすれば、
自分の家を作る事で、ご近所の人もハッピーにしたい、とか、
この地域で、子供達をいつも見守ってくれているご近所の方に恩返しをしたい、とか。

そういう地域に住まわせて、生きさせて頂いている、という
尾崎さんの感謝の気持ちなのだと思いますし、その思いを設計させて頂きました。

それは、どれにも負けていないなぁ、、、。

その地域って、別に大きな、大げさな地域ではなくって、向こう三軒両となり、っていうくらいの
とても小さな、小さな、最小の「地域」のこと。
その最小の「地域」に対する、とてもささやかな気遣い、しつらえの連続が、
僕は、素敵な街を作っていくのだと思いますし、
そういう思いが、結果的には、幸福で、快適なおうちにつながっていくのです。

2885.jpg

さて、そんな訳で、
My home+の編集長宮崎さんに、そのような尾崎さんの想いを評価して頂いての選出だったんですが、
改めて考えると、My home+という雑誌には、タイトルに+(プラス)、という記号がついています。

ようするに

「自分のおうち、プラス」
つまり
「自分のおうちを作る時に、何か一つだけでもいいから、ご近所が楽しくなるような事をプラス」

っていう意味なのかも知れないな、、、と勝手に想像しました。

そのプラスは、木一本でもいいかもですし、少しだけでも土の地面を残す事、
道路から少しだけひいて建てる事、角地の見通し、縁の下、クリスマスの飾り、、、、、。
何でもいいと思うんです。

でも、一軒、一軒、の建てられる家が、そういう「自分のおうち、プラス」という意識を
一つずつでも持って建てられていけば、街の子供達がワクワクするような、そんな住宅街が
でき上がるんじゃないだろうか?

そんなコトを、My home+というタイトルに感じたのでした!
ほんとは、どうなんでしょうかねっ?

さて最終的に、グランプリは、山中祐一郎さん設計の「伊予三島の家 」。

とても素敵な住宅でしたよ。おめでとうございまーす、山中さん!!!
posted by 西久保毅人 at 01:09| 2012.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

竹安さんの家のオープンハウス

先週の土日に開催しました香川県の「竹安さんの家」のオープンハウス。

2896.jpg

初の海外、初の遠方での開催で、

「、、、、はたしてこんな遠くまで、誰か来てくれるかなぁ、、、、、(汗)」

と、始まるまでとても不安だったんですが、、、、、。
香川の中でも遠いので、、、、。

でもまぁ、誰も来なかったら来なかったで、
二日間、のんびり竹安さんちのまわりで遊んで、酒飲んでたらいいかな、、、、

「、、、、むしろその方がのんびりできていいかも、、、?」

とか、、、、、
当日まで、いろいろ考えてたんですが、、、、

2912.jpg

想像以上にたーーくさんのご来場!!!!!!!!

2904.jpg

四国からは、愛媛県、高知県、徳島県、

2926.jpg


海を越えては、岡山県、島根県、和歌山県、兵庫県、
そして遠くは福岡、トウキョウより!!!!!

2931.jpg

、、、そうそう鳥取の、もじゃもじゃの方たちも!!!

2934.jpg

なので、

2897.jpg

御陰さまで、いつもと同じくらい忙しく、あっという間の二日間の
オープンハウスでした。

ホントにどうもありがとうございました。
感激です。

2895.jpg

実は事前に竹安さんからは、

「、、住宅展示場みたいに、誰にでも見て欲しい訳ではないんです。。。。好みはいろいろだから。。。

 でもでも、、、私たちみたいに、

 私たちが宗次さんの家に出会えたみたいに、
 
 ニコさんのおうちが大好きで、
 私たちの家が、家づくりのきっかけになるような方には、、、、

 ぜひぜひ触れてもらいたいんです。」

2892.jpg

、、、と、そんなコトを、うかがっていてですね、、、、。

半分くらい、

「、、、、でもでも竹安さん、そういうの、伝えるの、、、、

 実はいちばん、
 とーーっても難しいんですよぉ、、、。(涙)」

って、内心思っていたんですが、、、、

2906.jpg

ふたを開けてみると、
来て頂けたご家族みーーーんな、

なんだか、親戚のような、、、

2907.jpg

田舎の友達のような、、、、

2916.jpg

昔から、知っていたような、、、

2937.jpg

「おおっ、ひさしぶりーっ。」

って、つい口からでちゃいそうな、、、、、

2893.jpg

そして、

「じゃぁ、また来てねーっ。そいぎねっ。」

っていうのが、いちばん似合うような、、、、、、。

2898.jpg


2918.jpg

そんな、方々ばかりが訪れてくれて、

「ほーんと、竹安さんの言ってた通りのオープンハウスになっちゃったなぁ、、、、。」

と、終わってみれば、そんな二日間でした。。。

2930.jpg

2932.jpg

あれっ、このカンカク。。。。

いつか、同じようなコトを感じたような、、、、

って思ったんですが、、、。

2935.jpg

2919.jpg

そう、、、、
まさに
竹安さんに御連絡を頂いて、
はじめて香川で、竹安さんご家族にお会いした時、
実は、同じコトを感じたのでした。。。。

2901.jpg

、、、なーんかですね、、、はじめまして、なのに

おー、久しぶりーっっっ、ていうような、そんなカンカク。。。。

、、、こういうの、とても不思議。

そしてこういう時に、いつも僕思うんだけど、

何でも言ってみるコト。

何でも、願ってみるコト。

バカなコトのようで、
それがいちばん、いちばん、大切なコト。

ねぇ、竹安さん。。。。

2903.jpg

ホントに思っていたら、たいていのコトは
かなっちゃうのだなぁ、、、、

そんなコトを、感じてしまいました、、、。

ヒトゴトみたいな言い方だけど、
ほーんと、
僕だけの力では、ぜーんぜんない訳ですからね、、、、。

2914.jpg

特に、繋いでくれた、センコー建設さんには、
実は一番、感謝しないといけません。。。
中田さん、鹿庭さん、ありがとうございましたー!

2905.jpg


さて、
とはいえ、
ほーんと、僕たちにとっても、初めてづくしの竹安さんの家。

2908.jpg

平屋、瓦屋根、敷地の広さ、距離、うどん、餅投げ、、、、、、、などなど。

2925.jpg

と、そんな中で、
頼まれはしたものの、、、

竹安さんが期待している、
「ニコ設計室」らしさ、って出せるのだろうか、、、?

実は、そんなコトをいつも考えていて、僕にとっても引き受けるのは、
大きなチャレンジの機会でもありました、、、、。

それは、ある意味、「ニコ設計室」がこれまでトウキョウで10年間、
考えて来たコトって、一体何なんだろう、、、?

2922.jpg

「ニコ設計室」って一体何なのだろう、、、?


そして、佐賀人である僕は、はたして誰なのだろうか、、、?、、、何ジン??

、、、と、そんなコトを改めて考える時間でもあったのです、、、。意外と真面目なのです。。。(笑)

2923.jpg

、、、、ていいつつ、


2933.jpg

まぁ、僕の場合、大抵途中でメンドクさくなっちゃうんですけどね、、、(笑)
正直。。。。

なんていうか、、、、、
頭で考えてても、しょうがないし、きっと届かない。

2909.jpg

ただ、遠くで見てくれていた人達がいて、

もぅ、、、遠いし、トウキョウだし、、、いろいろ先の事は分かんないけど、、、

ごまんとある設計事務所の中から、

もぅ、、、えいやっ、と頼んでくれた人達がいて、、。

2911.jpg

たぶん、何かの間違いか、
思い違いなのかもしれないけれど、とにかく声をかけて頂いた訳です。

それがとにかく、嬉しかったなぁ、、、。

それだけで、きっと十分のような気がしています。。。。

2915.jpg

まぁ、竹安さん達は、まだしも、
御両親とか、親戚とか、、、、そういう声が、どっちかと言うと
大変だったんではないでしょうか、、、?  きっと。。

「、、、もう、そんな、まさか、、、、

 まさか、自分の娘が
 トウキョウの設計事務所なんていう、
 ふしだらなところに、家の設計を頼むだなんて、、、!

 そんなつもりで、お前を育てた訳じゃない!!!

、、、、おまけに白い壁、一つもないし、、、、。」


という、
なんか、国際ケッコンしたい娘の父親のような感じで、、、、、。(汗)

2917.jpg

でもですね、、、、、、
今回、撮影した、たーくさんの写真を見返していて、
すごーくうれしかったコト。。。。。

2920.jpg

それはですね、、、、

たくさんの写真を撮って、
二日間とも、ずっと竹安さんご家族、御両親、親戚、お友達、、、、が
いつもどこかにいらっしゃったんですが、

とにかく、
この家のまわりや、
この家の中のいろんな場所に、
竹安さんご家族、そして
竹安さんの大切な人達が、いる風景がとても似合っているなぁ、、、

ってコト。

2924.jpg

どの場所にして、
何をしてても、

「あぁ、竹安さんちだなぁ、、、。」

と思えるコト。。。。

2902.jpg

引っ越す前から、もうすでに

「、、、あぁ、まさに竹安さんちだなぁ、、。」

と思えたコト。


2929.jpg

それがいちばん、嬉しかったなぁ、、、。

だから、
そうそう、正直、「ニコ設計室」って、、、?

っていうコトの答えなんかは、
はっきりいって、どうでもいいのです。

そもそも、、、、、そんなことあんまり真面目に考えている訳でもないですし。。。。

、、、、とまたいつものように、いい訳気味ですけれど、、、。(汗)

、、、、でも、、、、
も、、、もしそういうの、、、、、、あったら、どなた教えて下さいねー、、、(笑)


2936.jpg

、、、とそんな訳で、
無事、竹安さんの家完成を迎える事ができました。

2900.jpg

そして、、、、、

僕は、最後の、この写真がいちばん大好きなんです。。。。。。
、、、、いつものようにケンチクではないんですが、、、、。

あぁ、よかった!
こんな顔してもらえるなら、どこにでもうかがいますよー!!!



最後に、
香川では、家ができたらお引っ越しの時に、
お風呂の中で、でうどんを食べるそうです!

引っ越しうどん。

ぜひ、呼んで下さい(笑)

まさか、浴槽で、釜揚げうどんじゃないでしょうねぇ、、、?
posted by 西久保毅人 at 00:38| 2012.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

現場の秋!

秋です!

2942.jpg

東京へもどったニコの秋は、現場の秋!
いろんなところで工事が進んでいるんですが、
昨日は、港区で工事中の「飯島さんの家」の上棟式でした!

2941.jpg

「えっ、トウキョウ?」

って思うくらい、森のように緑多い静かな場所なんですが、

2939.jpg

「えっ、住宅?」

って思うくらい、小さなおうちなのです、、、。

2940.jpg

なので、もはや住宅のフリをするよりは、

「森のふり」

をしてしまう事で、森の一部のような住まいになるといいな、と思って
設計を進めさせて頂いています。

2938.jpg

しかし、環境が、いい、という事と、工事のし易さ、はいつも相反するもの。。。。
レッカーが使えず、手運びによる上棟になったり、、、、

2945.jpg

そして、設計がいい、というコトと、工事のし易さも、、、、、、しかり。(汗)
大きな曲面を作る工事は思いの外大変で、
大工さんの手書きの図面と、多くの手刻みにより、作って頂いています、、。

2948.jpg

「いままでで、一番難しかったよー。。。」

って、大工さん達には、ご苦労をかけてしまいましたが、
その顔は、満足げ。

よかったです!

2947.jpg

そんな訳で、お酒のおいしい季節。

2944.jpg

最近は、上棟式でも車移動だから、
現場でお酒を飲まれない職人さんも多くてですね、、

しかたないから、僕ばっかり飲む事が多いんですが、
今回は、さすが、段取りのいい大原工務所さん!

実は、初めて工事をお願いする工務店さんなのですが、
がっつりと、飲む体勢で来て頂いて、
飯島さんによる、がっつり熱燗シフトもバッチリで、、、、、。

久々、現場でがっつりお酒を飲ませて頂きました!

やっぱり、こういうの、大事ですね!
2946.jpg

さて、
ニコ 対 大原さんの、いじられキャラ対決では、、、、、、

2943.jpg

まさかまさかの、完敗に終わってしまってですね、、、、
今後、現場で巻き返しを期待したいところです。(笑)


飯島さん、ありがとうございましたー。
posted by 西久保毅人 at 02:05| 2012.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

7年

ずーいぶんと、久しぶりに、植木さんの家に行ってきました。。。。。

2949.jpg

そういえばオープンハウスをさせてもらったのが、2005年の12月だったので、、、、、
ちょーど、まる7年目!


、、、、と、なんか遊びにいったような口ぶりですが、、、
実は、ちょっと前に不具合のご連絡をいただいていてが、
行きそびれてしまっていたのです。。。。。すみません、、、。

2950.jpg

そうかぁ、、7年かぁ、、。
7年て、早いようで、ずいぶん時間がたったようで不思議なものです。
そういえば、ソラと同じ歳でもあるのだな、、とふと思ったり、、。

植木さんの家は、
独立して、ちょうど10件目のおうちでした。

まぁ、今でもたいしてうだつもあがりませんが、当時は、うだつって言葉すら
知らなかったような、、、、、そんな時期。
植木さんに初めてお問い合わせのお電話いただいた日を思い出します、、、。


さてさて、今回は、数年ぶりに伺ったのですが、
植栽や、アプローチも、いい感じ苔むしていて、
外壁の色も、少しだけ色あせた感じがとてもいいなぁ、、、、、
白の窓枠も、新鮮でいいなぁ、、、と思い、
玄関を開けると、、、、

2951.jpg

2952.jpg

なんか、、、、、、ほとんど当時のまんま。。。。。

ホントにそんな印象で、ちょっと感動的でした!!!

2953.jpg

もちろん、いろんな材料が古くなり、木は木なりに、古くなっているんですが、
いい味わいになっていて、
やっぱ、時間を楽しめる材料はいいなぁ、、、とつくづく思いましたし、
そんな材料とはうらはら、植木さんの最大のこだわりで選んだ大理石の床は、
いまだにピッカピカ!

その対比が、時間が経ってまた素敵でしたし、

2954.jpg

ほんとに大切に、家を楽しんで住んで頂いているんだなぁ、、、、と
とても感動的でした。

2955.jpg

当時からすれば、気がつけば僕も50件以上のおうちを設計させて頂き、
もちろん、経験や、知識は今の方があるでしょうし、
知ってるコトも増えたとは思うんですが、、、、、、、、。

設計をする上で、そういうのって、大抵が邪魔なもので、
経験や、知識をないものとして考える、っていうコトが何より大切なのだといつも思って
仕事をしているんですが、
ついつい、そういうのに、しばられちゃう時が、時々あります。。。

2956.jpg

だから逆に、
7年前の自分を見るようで、とても新鮮な気分でしたし、、、、

実は、植木さんの家、とても変形した、ギザギザのプランなんですが、、、、
そういう意味では、ニコの変形した不思議な形のプランの第一号なのです!、、、、たぶん。

、、、、だから、つくる時も、やっぱ、たいへんで、
大工さんには苦労をかけたんですが、

ああ、やっぱ、このプランやたたずまいで良かったんだなぁ、、、、、と
今回、改めて思ったのでした。

2957.jpg

そう思うと、どっちかっていうと、よく7年前、このプランを気に入って頂けたなぁ、、、、、
とも思いますし、
植木さんも実は、プラン見た時、ギョッとしたんじゃないのかなぁ、、、、

とか、、、、ちょっと冷静に考えると思っちゃうんですが、
植木さんとの当時の打ち合わせを思い返すと、
僕たちがいろいろ考えて、何を提案しても、いつもニコニコしながら、

「いやぁ、、、また考えてもらってありがとうございます!」

って、言って頂いたのを、思い出しました。

、、、、実はその度に、「、、、ふーっ、よかったぁ、、。怒られなくて、、、。」
と思ってたんですが、、、。(、、、汗)

思い返せば、
その時の植木さんの寛大さのおかげで、今があるようなものですよ、、、。きっと。

ニコの仕事は、ぜーーーんぶ、つながっていますから、、、、。

2958.jpg

2959.jpg

そして、今回久しぶりに訪れて思ったのは、
やっぱり空間の骨格っていうのは、スゴいなぁ、、、ってコト。。。。

ケンチクは、一度、作っちゃうと、何十年もあるわけですが、
すべての部位の寿命が何十年もある訳ではありません。モノですから、、、。
もちろんその中には、劣化するもの、
メンテナンスが必要なもの、どうしてもその時はかなわないもの、
いろいろとあります。

2960.jpg

だから、もしかしたら、また10年くらい経って、
塗り直したり、貼り直したり、
ぜーんぜん違う色になったり、、、、、、。

そんな時もあるかも知れません。

でも、表面が、どんなに変わろうとも、
それでも変わらない空間の骨格みたいなものがきっとあって、
どんな風に変化していっても、

「あぁ、これはやっぱり植木さんの家だなぁ、、、。」

と思えるような強い骨格を作るコト、、、、

それが、実は、ケンチクを作る価値なんじゃないかと僕は思います。

2961.jpg

そうそう、最初からそういう風にずーっと思いながらひとつひとつ設計をさせて頂き、
気がつくと独立して10年が過ぎたんですが、


やーっぱ、大事なもんは大事なのだ!!!!  間違えてねえな!!!

と、そんなコトを7年前に考えさせてもらった植木さんの家に行って
改めて思ったのでした!

おしまい。
posted by 西久保毅人 at 01:33| 2012.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

点検日和

ねんまつーっていう感じですね。。。(汗)

2962.jpg

さて、
おうちが完成して1年すると、1年点検というのをさせて頂くんですけど、
テンケン、っていうのは、まぁ、形式的なもので、
どっちかっていうと、

「1年経って、どういう風に住んで頂いているんだろう、、、?」

2963.jpg

っていう、興味が正直なところ、僕はほとんどです。。。。

そんな訳でこの年末、いろいろ行かせて頂いているんですが、
先日は、池田さんの家と、井上さんの家に行ってきました。

2964.jpg

家って、とてもおもしろいのですが、
完成したすぐだと、どーも、空間と、生活がお互いによそよそしい、、、
っていうか、なまなましいっていうか、、、、、

ちょっとした違和感があります。。。。

2965.jpg

そりゃ、そうですよね、、、、。

生活って、家具にしろ、持ち物にしろ、
家ができる前からずーっと継続している訳だから、蓄積された年期っていうか、
味わいのあるもの。

それを、シンチクの家に持って来ちゃう訳だから、、、、。

2966.jpg

でも、それが1年くらいすると、
ふっ、と馴染むというか、家の材料も少し色あせてきたり、
木の色も、ちょっと濃くなってきたり、、、、。

まぁ、ようはいい感じになる訳です!

2967.jpg

そして、そういう中に、
「あぁ、、池田さんちだなぁ、、」っていう池田さんらしさがにじみでてきたり、

「あぁ、、井上さんちだなぁ、、」っていう井上さんらしさがにじみ出てきたり、、、。

2968.jpg

そういう「らしさ」が、どんどん家にしみだして来てるのを感じるのは、
とっても幸せなコトですし、その「らしさ」って、みーんな違います。

だから、ニコの家は、ぜーんぶ違いますし、
おかげで相変わらず、作風に縁のない設計事務所です、、、、。(笑)

さて
そう思うと、「その家族らしさ」って、料理で言うと、「ダシ」みたいなものでしょうか、、?
あーなるほど、

まさに「ダシ」みたいなものかもです。

だから、完成したての家は、
きっと、「ダシ」の入ってないみそ汁みたいなものなのかも知れません、、、。

見た目はいいけど、味がしない、、、、、みたいな。。。

2969.jpg

だからちょーど、1年くらい経つと、ダシの風味が効いてきて、
ようやく家も完成を迎えるのかも知れませんね、、、。

2970.jpg

その「ダシ」が、何風味か??

とんこつなのか?
カツオなのか?
いりこだしなのか?
マヨマヨ風味なのか、、、?

2971.jpg

それを、実は家ができる前に感じとるコトが、
実は、仕事の9割くらいをしめていると個人的には思っていて、
それさえつかんじゃえば、正直、設計はできたようなもの。。。。


もちろん、設計の仕事だから絵も描きますし、図面も書きますが、
そんなものは、正直どうにでもなるのです。。。

でも、大切なのは、絵を描く時、図面をかく時に
しっかりと定規になる「ダシ」を感じてるかどうか、、、?


2972.jpg

初めてあった時や、お打ち合わせの中で感じたコトが
正しかったか、間違っていなかったか、、、、、?
っていうコトの成果が分かるのが、この1年検査みたいなもの
なんじゃないかなぁ、、、と僕は思っているので、
実は、いちばん、ドキドキなのです、、、。

2973.jpg

完成検査なんかよりも、ずっと。。。。

2974.jpg

さてさて、池田さんちも、井上さんちも、
そういう意味で、とってもあー、池田さんぽいなぁ、、とか、
井上さんちっぽいなぁ、、、っていう風に住まわれていて、
ほっとひと安心!!!!


2975.jpg

ひと安心しちゃえば、あとはもう、、、、

2976.jpg

ただただ、楽しくお酒が飲めたらいい、、、、っていう、
今年も、飲んだくれの年末なのでした、、、、、。

おさそい大歓迎です!!!
posted by 西久保毅人 at 02:04| 2012.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

3ねんせい

早いもので、明治大学での2年目の授業も、あと数回。

2977.jpg

去年は7人だった西久保班も、今年は10人。

授業っていっても、教壇に立ってしゃべる訳ではなくて、
僕の出した課題に対して、一人一人が考えてきたコトを、みなでテーブルを囲んで、
1人ずつエスキースをしていく感じなので、時間もかかります、、、。

2978.jpg

去年より3人増えただけなのに、毎週昼から始まる授業も、
気がつけば外は真っ暗。。。。。

半ば、ジンセイ相談のような展開の時も、、、、。

2979.jpg

そりゃそうだよね、まだみんな3年生だもの。。。。

と、僕は、そう思うんだけど、
学生にとっては、もう3年。
もうすぐ4年。

さて、就職するか、大学院にいくか、、、、?

そんな、一つのジンセイの分岐点のような時期でもあります。

2980.jpg

それにしても、最近の学生の設計は、一見、とても良くできています。
良くできているように見えちゃうのです。

それは、図面やプレゼンテーションを、みんなパソコンのソフトでやるからで、
能力とは別に、見栄えがよくて、一見、プロみたいな作品もあります。

2981.jpg

でも、良ーく付き合うと、やっぱり3年生。
3年生なりに、出来る事もあれば、3年生なりに、出来ないコトもたーくさん。

そりゃそうなのです、まだまだ3年生なんだから。。。。

でも、僕たちの頃は、パソコンなかったから、ぜーんぶ手書き。
だから、出来る子、出来ない子、が一目瞭然だったのです。

、、、、、もちろん、僕は、出来ない子、日本代表みたいな感じでしたから、
優秀なまわりの人達を垣間みては、

「きっと人種が違うんだろう、、、、な、きっと。。。。くる場所間違えた、、、。」

2982.jpg

と、まさかこうやって、独立しているなんて、恥ずかしくて口にも出せなければ、
思うコトすらしてなかったですね、、、、。(涙)

だってあまりに違うし、、、まわりと。。。。。

しかも、そもそも3年生の今頃って、女の子にふられて、そもそもセッケイどころじゃ
なかったコロだな、、、、。。。。

2983.jpg

、、、、、て、思うと、ほーんと10人とも、みんな、真面目にもがいてくれています。

2984.jpg

そして、話してると思うのは、
みんな自分の中に、イメージや熱い想いは、たーくさんかかえているけれど、
それを、カタチにする手段を知らない、というコト。

そりゃ、3年生だもの、、、しょうがない。
そういうのが、だんだんそれぞれに見えてきて、なんとかしてあげたいなぁ、、と
思うのです。

例えば、サッカーでも、バレーボールでも、
楽しむには、最低限、ルールを知っていないといけないし、最低限思った方に
ボールが蹴れるだとか、走れるだとか、パスが出来るとか、、、、。

そういうのがないと、やっぱゲームを楽しめないのと同じように、
ケンチクも、少しだけそういう基本動作みたいなものがあります。

2985.jpg

そういうのって、どうしたら身に付くかって、実は、
サッカーだって、とにかく夢中でボールを蹴りまくる、触りまくるように、
バレーボールだって、壁に向って、一時期夢中でパスをするように、
ケンチクだって、一時期、作りまくる、描きまくる時期、っていうのが
やっぱり必要なんだと、僕は思います。

2986.jpg

ヘタとか、上手いとか、いいとか、わるいとか。。。。。。

そういうの、とにかく気にしないで、模型を作りまくる、
絵やスケッチを描きまくる。。。。。

何ができるかが大切なんじゃなくて、とにかく夢中になる事が大切で、
それが模型でもいいし、絵でもいいけど、その中で発見がきっとあります。
その発見をしてくれるのは、自分かもしれないし、他人かもしれないけれど、、、、。

2987.jpg

そして、自分でひそかにやっていたドリブルやパスの練習を、
いつかは人に見せないといけないように、
その膨大な作業を、できるだけ人に、先生に、友達に見せるコト。
そうすると、思わぬコトをアドバイスしてもらえたり、
自分では面白くないかも、上手くないかも、、、、?って思ってたコトが、
実は面白かったり、いいねっ、って言ってもらえるコトも時々はあったりして、、、。

2988.jpg

もちろん、他人の評価は、同じじゃないよ。
聞く人、見せる人、みんな違うかも知れないし、
もしかすると、1人も褒めてくれないかも知れなければ、
もしかしたら、1人、褒めてくれる人がいるかも知れない。

10人に聞いて、10人に褒められる人もいれば、
10人に聞いて、1人にしかいいねっ、て言われないかも知れない。

2989.jpg

そして、ここからがジンセイのコツなんだけど、
1人にでも、いいねって、言われたら、その自分に都合のいい言葉を
決してつかんで放さないコト。
もう、他の意見なんか忘れちゃっていいくらい、その言葉にしがみついちゃうような
バカさがとっても大切。。。。。

別に学校で褒められなくったっていいじゃん。。。。って、僕は思う。
でも、少なくとも誰か1人には褒められるようなモノを考えて欲しいと僕は思う。

その1人は、別に建築学科の人じゃなくったってゼンゼンいいし、
むしろその方がいいかもって、僕は思います。


2990.jpg

さてさて、そんな訳で西久保班。
10人みんなそれぞれ違った、とっても魅力的な面を持ちながら、
それぞれに出来ないコトも、まだまだたーくさんある子達。

せっかくの魅力を、できるだけ引き出してあげたいな、と思います。
せっかくの魅力を、できるだけ、伝えるすべを教えられたらな、と思います。

2991.jpg

今すぐどうこうっていうコトよりも、

「あー、この子は、10年後、どうなってるんだろうなぁ、、、?」


そんなコトを、10人分も想像できるなんて、
実は僕がいちばん贅沢な立場だなぁ、、、と思う今日この頃。。。。

2992.jpg

写真は、第一課題のみんなの模型達です。

さていよいよ、第二課題も終盤。
楽しみです!
posted by 西久保毅人 at 02:50| 2012.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

高円寺の佐賀の家

毎年、年末に完成するおうちが多いんですが、
今年は完成するかわりに、春完成にむけての着工ラッシュ。

いろんな現場が始まったり、工事中だったり、、、、、という
ニコ設計室の年末です!

2998.jpg

いろいろご紹介したいのですが、
まずは山崎さんの家。

2994.jpg

先週、無事に地鎮祭をむかえました!

2993.jpg

10年くらい仕事をしていると、
やっぱり佐賀のご縁でお仕事をさせて頂くコトも時々あって、
もう、それはそれはとっても嬉しい事なんですが、
なんと、山崎さんちは、御夫婦で佐賀の人!!!!

しかも、ご主人様は、ボクと誕生日まで同じです!

、、、、、もちろん歳は僕の方がずいぶんと上ですが、、、、、。

2995.jpg

「、、、、ちょっとためしに、【佐賀県出身 設計事務所】とかテキトーに入れて検索したら、
西久保さんの事務所の、載っとってですね、、、、。

見てみたら、誕生日まで同じじゃないですか!
、、、、、、、まぁ、、、、、ぶっちゃけ、理由はそれだけです、、、。」

とのコト。。。。

2996.jpg

、、、、ためしに、「佐賀県出身 設計事務所」ってググってみたら、
あらま、ホントにニコが出てきますー。びっくり。

しかし、まぁ、こんなテキトーな設計の頼み方もめったにないでしょうけど、、、、。

、、、、でも、じゃぁ、真面目な頼み方って、、、???
って、想像してみたけれど、
あんまり真面目に考えられたら、、、、、僕に設計を頼む人、いなくなっちゃうので、
この感じがやっぱ、いいです。。。。。。

、、、、自分、欠点だらけなので、、、、、。(涙)

でも、ホントに、ホントに嬉しいのです。
もう、佐賀の人っていうだけで、妙なアドレナリンが出てしまいます。
これは、もうしょうがないですね、、、、。

でも、別にえこひいきは、少しだけしかしませんので、
大分の人でも、福岡の人でも、四国の人でも、仙台の人でも、東京の人でも、、、、。

ぜひ、頼んでいただけたら嬉しいです。

2997.jpg

さて、そんな訳で、「東京のインドだっ!」とも言われ、ある意味、
ザ、東京って評してもいいような、楽しい街、高円寺で始まる、
ザ、佐賀のご家族の家。

いろんな意味で、楽しみです!!!!


、、、、、と、考えてたら、そういえば、ありました。

「、、、、やっぱ、近い方がいいと思って、【荻窪 設計事務所】って入れてみたら
出てきたので、、、、。そんだけですみません、、、、。」

ってコトから、設計させて頂いたおうち。。。。。

そうそう、本間さんちー。


人生は楽しい!
posted by 西久保毅人 at 02:14| 2012.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

妄想の宝庫

そういえば、去年、
突然、明治大学で二年生の「設計論」っていう授業で、
90分レクチャーを依頼されたコトがありました。。。

とにかく、そういうの、、、、、、

もう、ちょー、ニガテで、、、、。(汗)

2999.jpg

いつもの、マンツーマンな感じだと大丈夫なんですが、
教壇で、百人以上も前にいると思うと、もう、何話していいやら、
誰に話していいらやと、ほーんと、具体的、とか、対個人、、、、とかでないと、
本領を発揮できないタイプです、、、、。

、、、、、大人数の飲み会で、埋もれるタイプです、、、、。

3000.jpg

、、、、さて、
で、その時に、何話そうかといろいろ考えたんですが、
何でもいいって言われたんで、お言葉に甘えて考えたテーマは、

「デザインのもとは、

街や現場にあふれている。」

っていう、内容の話にしました。

いつも、街と現場にしか、キホン、いませんので、、、。

3001.jpg

でも、ホーント、僕は、あんまり賢くないのだな、、、とよく思うと言うか、
想像力が、決定的に欠落していると思うのは、
どうも、図面とか、机の上でもいちおう、考えるんですけど、
やっぱり、それだけでは自信がなくて、現場にたって初めて気がつくコト、
イメージが湧いて来るコトが、多いですし、
机の前に座ってる時よりも、現場とか、街を歩いている時に見た風景から、
確信したり、思いつく事ばかりなのです、、、、。実は。


まぁ、だからいつまでたっても、初めての現場のように楽しいっ、
ていうコトなのかもしれませんが、、、。

3002.jpg

特に、現場は、なんでこんなにいろいろ発見したり、興奮したりするんだろう、、、?
って思うんですが、それは、やっぱりモノがホントに作られて、
産まれてくる場所だからなんだろうな、、、と思います。

さて、先日も、ちょーど現場真っ最中の神宮前の家の現場にて、
ちょっとワクワクするような発見がありました。

3003.jpg

現場に行くとおもむろに、こんな六角形の木枠が転がっていました。
これは、天窓の枠の材料なんですが、こうやって床にごろりと転がしたてあると、、、、

なんか、別のものみたい。。。。
家具みたい、、、。


僕、あんまり幾何学って、どーも、固くて強すぎて好きじゃないと言うか、
正三角形とか、正六角形とか、、、プランでは絶対書かないのです。。。。机の上では。

でも、目の前にあるのは、なんか、かわいい。
無垢の木だからでしょうか、、?

木の厚みも、大きさも、なんかいろいろ、ちょーーどいい感じ。。。

「何に、、、?」

3004.jpg

、、、、、うーん、何に?って、言われてもナニにかは、、、、、ともかく、
とにかく、なんか、ちょーーど、いい感じ。。。。



こういうのが、いっぱい転がってたら、たのしいなー。
いっぱいつんでも、たのしいな、、、。

外にあってもたのしいな、、、、。

持ち運べたら、たのしいな、、。

3005.jpg

子供達が、持てるくらいの重さだったら、なおたのしいな、、、。

くっつけて、テーブルになったらたのしいな、、、。

イスになってもいいし、本棚になってもいいし、、、、。

ちょーど、子供がすっぽり入るような大きさだし、
かくれんぼもできちゃうそう、、、。

何これ? 実は、世紀の大発見、、、、!!?!


と、もう、妄想の宝庫です、、、、!

でも、ホントに、百個くらい作ってみたいなぁ、、、、、。

どなたか、依頼して下さい、、、、、。
posted by 西久保毅人 at 23:45| 2012.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

初めての本

もう、いよいよ、今年もあと少し、、、。

もう、お休みのはずなのになかなか、今年が納まりません、、、、コジン的に、、、(涙)

こういう時は、もうインフルエンザになっちゃうか、
国外逃亡するしか道はないのです、、、、。

3006.jpg

と、そんな訳で、大晦日から、今年は久しぶりに佐賀に帰る(逃げる)予定の今日この頃。。。。

さて、そんな年の瀬に、
エクスナレッジという出版社さんから、
「日本の住宅をデザインする方法2」建築家が語る「住空間」の作法

という本が出版されました!

3007.jpg

7組の建築家による、それぞれの考える住空間について、
いろんな切り口で編集された一冊の本なのですが、
ナマエを見ても分かる通り、みなさん、著名な大先輩ばかり、、、、。

谷尻さんと僕だけ、かろうじて30代ですが、
あとは独立前から、「スゴいなぁ、、、。」と雑誌で眺めていたような方々。

3008.jpg

まぁ、谷尻さんは、ワカルにしても、あきらかに僕だけ、
あからさまに格下の、補欠のようなラインナップですね、、、、ははは。

そうそう、こういう時は、笑うか、逃げるしかありません、、、、。


しかし、よーく、このラインナップにニコを入れようとした出版社の人も
出版社の人ですね、、、、。
野球でいうと、ドラフトにはかけたくないけど、気合いはあるみたいだから、
練習生で見てみようか、、、、?  的な感じでしょうね、きっと。。。

3009.jpg

と、そんな訳で、
この7人で行きますよー、って言われた時から、
どうせなら、僕たちらしく、というコトで、ニコ設計室がこれまで考えてきたコトを
なるべく素直にまとめさせて頂きました。


3010.jpg

、、、、しかし、
本を作るって、思いの外、とても大変な作業でした。。。。実は。

3011.jpg

図面から、写真から、文章から、、、、キホン、ぜーんぶ
ニコでの作業。。。。
もちろん、最終は、出版社さんなのですが、素材選び、素材つくり等、
かなりの膨大な作業だったのです、、、。

だから、ニコの若者達、ほぼ総動員での資料作り。
それぞれ、担当の仕事、現場をしつつだったので、
実は、みんなに大変な労力をかけさせてしまいました、、、、。

だから、他の建築家の方々も、まとめあげるの、大変だったろうなぁ、、、
と、分かります。

3012.jpg

できて、本になってしまうと、そういうの分からないんですが、
そういう意味で、みんなのおかげでできあがった本です。。。。

でも、途中は、その膨大な作業に埋もれそうになりながらも、
これまでの仕事を、改めて見直す時間でもあったので、ある意味、
とても有意義な時間をいただいたのかもなぁ、、、とも思います。

こんな機会でもないと、なかなか、自分達の過去をまとめる機会って、
なかなか出来ないですから、、、。


3013.jpg

、、、、と、そんな想いや背景でできあがった本です。
僕たちだけでも、これだけの想いがあるのだから、それが7組分な訳ですから、
7組の血と汗と、涙の結晶みたいな濃ーーーーい内容ですよ!!!


どっちかっていうと、
一般の方向け、っていうよりも、設計の実務的な資料としての本ですので、
設計をしている方が手元においておくような本なのかも知れませんが、
そんな訳で、僕たちは、一般の建築や家づくりに興味があるような方にも分かりやすく
伝わるような内容を目指して書かせていただきました。
ポストまで含めると、20数件分のいろんな事例を紹介する事ができました。

こういう本を作れるっていうのも、
そもそも、これまで僕に設計を頼んで頂いた方々のおかげですので、こんな場で
申し訳ありませんが、、、、、、本当にありがとうございました!!!!

もし、本屋さんで見かけるコトがありましたら、ぜひ、ご覧になって下さい。
もちろん、僕以外の建築家の方々の資料は、

「おー。さすがっ。なーーーるほどーねーっ!」

って、とても勉強になるような内容が、ギュウギュウにつまっていますよー!
posted by 西久保毅人 at 02:44| 2012.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする