2012年07月06日

坂本さんの家、オープンハウスです。

2588.jpg

今週末は、小金井市で設計をさせて頂きました「坂本さんの家」の
オープンハウスです。

2586.jpg

いつもそうなんですが、
こうして家の完成が近づくと、それまでのやり取りの記録や写真を見返すようにしています。

特に、いーちばん最初の方。

初めて御連絡を頂いた時の事。
初めてお会いした時の事。
初めての御提案の時の事。


はたして、最初にいただいた「想い」にちゃんと答えられているだろうか?
いろんな気づきや感動を、ちゃんとカタチにできてるだろうか、、、?


それが、僕の、唯一の成績表だと思っています。


2585.jpg

、、、、とそう思いつつ見返していると、
そうそう坂本さんに初めて御連絡をいただいたのは、
2010年の12月の事でした。
その頃は、まだ土地も決まっていなくてですね、、、
だけどたくさんのイメージを頂きつつ、、、、のスタートでした。


改めて、最初にいただいた「要望書」を見返してみたのですが、
かなりしっかりと作られた内容に、イメージや好みの空間や素材の写真が
たーくさんレイアウトしてあってですね、、、、、、その反面、そんな中に、
仏像のコレクションとかがちりばめられていてですね、、、、

仏像を眺めながらのんびりと、、、のフレーズに、
みんなで盛り上がって御提案したのを思い出します。(笑)

2587.jpg

できあがるまでの時間の中で、
もちろんいろんなコトが変わっていって、いろんな人が関わって
ズレていったり、もどったり。。。
変わるものもあれば、変わらない事もあり、
いろんな出来事や、思いが重なって、またさらに重なって。

2583.jpg

そんな中でできあがった坂本さんの家。

さてさて、「仏像」の似合う家になったでしょうか、、、?

週末が楽しみです!!!!!


内覧ご希望の方は、こちらからお申し込み下さい。


posted by 西久保毅人 at 02:18| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

坂本さんの家のオープンハウス、そして今週も、、、、です。

2590.jpg

土曜日は「坂本さんの家」のオープンハウスでした。

2591.jpg

7/7の七夕の日だからなのか、、、、、

2592.jpg

小雨、晴れ、くもり、雨、、、と、
一日でいろんな空模様に移り変わった日でしたが、
たくさんの方にご来場頂きました。

僕たちも、せっかくなので、ミニ七夕気分でオープンハウス!


2606.jpg

「、、、なんか、お得な日だったよね、土曜日。」

っていう言葉の良く似合う一日。

2593.jpg

さて、坂本さんの家。

2594.jpg

オープンハウス前、

「当日はせっかくなので、仏像と一緒に、家族四人でまいります、、、。」

と、坂本さんより嬉しい御連絡!

2595.jpg

写真では、見せて頂いていましたが、実物は当日はじめてだったのです。

さてさて、家に似合うかどうか、、、ちょっと緊張。。。

2596.jpg

仏像といっても、
坂本さんが、各国をめぐる旅の中で、インドネシアやカンボジア、インド、
いろんな国々で買い集めたもの。

2597.jpg

だから、いろんな顔や、素材の神様たちなのです。
初対面だったんですが、、、、、
もう、運ばれるそばから、なんか、家にでーんと居座り、
しかも、なんかしっくりとして、あぁ、ようやく完成っていう感じ。。。。

ほっと一息です、、、。

2598.jpg

、、、さて、別に、仏像だけのために考えた訳ではないんですが、
いろんな国のいろんな素材を受け止めるように、坂本さんの家は、
とてもワイルドな素材の家です。

2599.jpg

前にも書きましたが、坂本さんの家の敷地は、
建ぺい率/容積率が40/80しかないため、作れる面積がとても
限られています。

でも、面積だけが、広さじゃないし、、、、。

2600.jpg

むしろ、だからこそ獲得できる優雅さもきっとあって、
そういうコトを考えさせて頂きました。

2601.jpg

もちろん、図面で現される平面や、断面や寸法の工夫もあるんですが、
やっぱ、それだけじゃダメなんだな、、、、。

なんていうか、、、、、素材や質感は、時空を超えていく。

そんなコトを思います。。。。。

2602.jpg

、、、、こういうのって、
設計中は、ぜーんぜん、考えてもみなかったんですが、
仏像や各国のいろんな顔した神様たちって、そもそも
大昔のある時に、デザインされたまんま、たぶんそのまんまなのでしょう。

2607.jpg

それらは、人間の寿命や、営みという僕たちの時間軸をはるかに超えた
壮大な時間をこえて、今ここにあるし、きっと何百年後の想像もつかない最新式の
未来でも、平然と、そのまんまの顔しているんでしょうね、、、。

2603.jpg

それは、古いとか、新しいとか、、、、もはやそんな価値観じゃないのかもですね。
そもそも、そのカンカクは、中心に「今」があるのだから。

2604.jpg

そういうコトと、ケンチクを作ることはちょっと似ています。
ケンチクのでき上がる背景には、必ず街や樹木や、空や風景があって、
それらも仏像達と同じように、むしろそれ以上の時間軸の上にあるものです。

そもそも、そんな中に作るんだから、できればその中にすっ、と参加したい。

その中に、すっ、ともぐり込めたら、その新しくできたケンチクは、
必ず街や樹木や、空や風景という、土地の値段や広さ以上のすてきな財産を、
あたかも自分のもののように手に入れるコトができるんじゃないか、、、。

2605.jpg

そんなコトを、考えるのです、、、。

さてさて、お引っ越し後の坂本さんの家、
伺うのが楽しみです。


2589.jpg


、、、、と、そんなひたる気持ちもつかの間、、、、、

今週の日曜日、7/15も、実はオープンハウス!!!!!!!

杉並区の「三輪さんの家」です。

特に大げさではないんですが、

「、、、ここ、トウキョウの、しかも割と住宅密集地、、、ですよね??」

と、目を疑いたくなる様な、生産緑地に面した緑多いロケーション。

そのロケーションを、最大限に生かしたな気持ちのいい家です。


ぜひぜひ、2週連続ですが、見に来て下さーい!!!!!
posted by 西久保毅人 at 02:30| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

今週末、三輪さんの家、オープンハウスです。

今週の日曜日、7/15は、
杉並区で計画させて頂きました「三輪さんの家」のオープンハウスです。

2589.jpg


三輪さんとの出会いは、、、実はかれこれ10年以上前にさかのぼるんですが、
僕が、設計みたいなコトをしていると知ってもらったのは、本間さんの家からでしょうか?

、、、、それでも、もう7年くらい前ですね、、、、。


それから、ちょこちょことオープンハウスに来て頂くようになり、
その度ごとに、「、、、実はそのうち建て替えようかと思ってるんだけど、、、。」
と、ご相談というか、雑談をさせて頂くようになりました。

そして、いよいよと、ご自宅にうかがったのが、
思い返すと2010年の末。。。。

そんな長い時間を経て、ようやく実現したプロジェクトです。

、、、、ニコがつぶれてなくてよかった、、、。

2608.jpg

さて、三輪さんの家は、杉並区の静かな住宅地にあり、敷地面積も約30坪と、
特別に広い訳でもありませんし、しかもいわゆる旗竿形状の土地です。

なので、街の中での三輪さんの家は、道の行き止まりのような場所ではあります。


ただですね、、、、、
実は、敷地の奥の2面がひろい生産緑地に面していて、
しかも、突き当たりなだけに、その景色を自分の庭のように感じるコトができるのです!

初めてうかがった時、

「、、、ここトウキョウですよね、、?」

というくらい、贅沢な景色でした。

2609.jpg

ただ、そのもとの家は、フツウの2階建てだったため、
2階からはその景色を楽しむコトができたんですが、
1階は、緑地側のブロック塀もあってちょっと薄暗いような家でした。

うーん、もったいない。

だからですね、、、、

「1階をちょっと持ち上げる。」

その事で、緑地をちょっと見下ろせる高さに新しい「1階」ができ、
その1階から存分に、緑地の抜けをのんびり楽しめる様な、
プランや断面を考えさせて頂きました。


最初にうかがった時に、

「このトウキョウで、なんと素敵なロケーションだろう!!」

とちょっと感動的だったんですが、その感激をそのまま生活の中で
感じられる様に、、、、それだけを定規に設計させて頂いたすまいです。

2週連続ではありますが、

先週いらした方もぜひ、
先週これなかった方は、ぜひぜひ、

しばらくニコのオープンハウス行ってないなぁ、、、という方はぜひぜひぜひ。


いろんな方に、ぜひぜひぜひぜひ、実際に感じて頂きたいおうちです!


、、、、、、しつこい。
posted by 西久保毅人 at 10:33| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

On The Roof

2618.jpg



2610.jpg

2611.jpg

2612.jpg




2617.jpg
香川の竹安さんちにて





そうそう、本日オープンハウス!
2589.jpg
posted by 西久保毅人 at 01:41| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

ピクニック

2619.jpg

先週の日曜日、暑すぎるくらいの好天の中、
三輪さんのオープンハウスをさせて頂きました!

2620.jpg

連休の中日だったんですが、終わってみると、130人以上のご来場!
暑い中、どうもありがとうございましたー。

2608.jpg

、、、、と、オープンハウスではあったんですが、、、、、、

2621.jpg


なんていうか、
ロケーションのせいか、、、、、
2622.jpg

設計がいいっていうか、、、、、

2623.jpg

なんとなく、ピクニックの様な一日。。。。

2627.jpg

外は、どうやら32度くらいあったらしいんですが、
「三輪さんの家」っていう、
僕たちが作らせて頂いた新しい「木陰」には、一日中風が通り
とても心地いい、一日でした。。。

2624.jpg

だから、なんとなく、来訪者のみなさんものんびりくつろいで、
どこかの森林公園の休憩所みたいな雰囲気。

2625.jpg

そう、
設計の最初から、ずーっと持っていたイメージは、木陰。

2626.jpg

接する生産緑地の木々のように、
その連続として
この場所が、家族を包む大きな木陰の様な場所になったら、

2647.jpg

もう、どこから緑地で、どこから家か、、、、、、、

2628.jpg

そういう境界線が、混じってしまえば一番優雅なんじゃないかなぁ、、、
と、そんな事を考えさせて頂いた家です。

2629.jpg

設計の工夫と言えばそれくらいと、
後は、1階の高さを、地面から1.4m程高床にしたコト。

2630.jpg

もともと、古い住まいは緑地には面していたんですが、
1階があたり前の高さだと、
ちょっと薄暗くて、ダイナミックに緑地へつながる感じがなくてちょっと残念でした。

2631.jpg

だから、1階の床を持ち上げたんですが、それが大成功!

2632.jpg

生産緑地という海に浮かぶ舟のようでもあります。
そう、なんか、舟の上から海を見渡しているカンカクに近いのかも知れません、、、。


、、、、、そういえば、三輪さんの家の外観て、
あんまり見えないんですが、実はフグに似ています、、、。たまたまですけど、、、。
2609.jpg


丸太の柱も良かったなぁ、、、森みたいで。。。。

2633.jpg

2646.jpg


2634.jpg

、、、、、ていうか、
まぁ、設計の工夫みたいなコトは、どうでもいいんですが、


2650.jpg

なんいていうか、前回も書きましたが、
三輪さんとの出会いは、実は10年以上前にさかのぼります。

そのコロは、独立どころか、さてどうやって行きていこうか、、、と
、、、、そんな時期だったなぁ、、、。


ちょうど、やっぱりケンチク向いてないから、
保育士になろうかと、保育士試験の参考書をこっそり買ってた頃、、、。(笑)

2635.jpg

それから、独立して、いろんなご縁で本間さんの家を見ていただて、

「、、、どうやらニシクボさんは設計をしているらしい、、、。」

ってくらいは、思ってもらえたのかも知れません。。。。。

2648.jpg

それから、
ちょこちょこと、オープンハウスに来て頂けるようになって、、、、

と、そんなコトを思うと、実は、ニコの変化や成長や、


2636.jpg

退化や、浮き沈みや、いいところや、

2637.jpg

いいかげんさや、バカなところ、、、、、

2638.jpg

そんな中にある変わらないところ、、、、。

2639.jpg

実は、そんな僕も知らないようなコトを、
三輪さんはご存じなのかも知れません、、、、(汗)

2640.jpg

完成するまでの間、
こんなコトを考えた事は、正直なかったんですが、
完成して、改めて三輪さんの家を見返してみると、

2641.jpg

いままで、たーくさんの設計の中で気づいたり、考えたり、
勉強させて頂いて来たことが、
僕らだけに分かるカタチで、現れている様な気がします。


2649.jpg

リンタロウが、

「、、、なんか本間さんちに似てるよねー。」

って言ってたらしいんですが、
図面をどうみても、ゼンゼン似ていないんですけど、

2642.jpg

そこに流れている空気や、時間が、
なーんか、つながっているコト、

2643.jpg

それが、小学五年生にでも感じるようなカタチでつながっているコトが、

2644.jpg

なんだか、とても、嬉しいのでした、、、。


三輪さん、どうもありがとうございましたー。
お引っ越し後、うかがうのが楽しみです!
posted by 西久保毅人 at 03:43| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

自由について

2651.jpg

じゆうとは、、、???

2657.jpg


2652.jpg

2653.jpg

2655.jpg

2656.jpg


2658.jpg




、、、、じゆうなコトである。

posted by 西久保毅人 at 02:30| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

トウキョウ遠征

ちょっと前のコトなのですが、
仙台のデザインホームさんという、仙台で家づくりをしている若い会社の皆さんが
トウキョウ遠征、というコトで、いらっしゃいました。

2663.jpg

デザインホームさんとの出会いは、ちょうど去年の震災の後に、いろんなご縁があり、
ノノと2人炊き出しのお手伝いに行った際に御世話になった会社です。

もう、なんていうか、
彼らとの縁は、とても運命的でもあって、実は震災のずーっと前からニコ設計室を見て頂いていたり、
社長の(といっても僕よりうんと若い!)お子さんの名前が「いさな」くんだったり、
その仕事のやり方、姿勢もとても素敵で、スタッフの皆さんも、とっても自然体でパワフルだったり。。。

だからか、
初めてお会いした時も、なんか、佐賀の幼なじみにあったようなカンカクというか、
初めて会った気がしない人達でした。。。。

2659.jpg

正直、トウキョウで設計事務所をしはいるけれど、
そもそも、僕はケンチク業界にいていいのか、、、?と
いまだに日々悩んでいるタイプのため、
ほとんど、僕は同業者さんとのおつきあいをしませんし、(、、してもらえませんし、、、(涙))
あんまり同業者をいいなぁ、、、と思ったり、あこがれたりするコトってめったになくて、
むしろ、
八百屋さんとか、焼き鳥屋さんとか、飲み屋とか、、、、、飲み屋とか居酒屋とか、、。
すてきな、客商売をしているお店に出会うと、
いいなぁ、、、、こうありたいなぁ、、って思います。。。。


2664.jpg

そういう意味で、僕にとって、

ほぼ、初めて、「、、、おっ、いいなぁ、素敵な商売をしているなぁ、、、。」

って、同業者で思った会社が、デザインホームさんたちなのです。
(別に、おせじじゃ、ないよ。。。。)

とにかく、とても素敵なチームなんだなぁ、、。
いきが良くて、バラバラのの個性が、
なぜか居心地のいいひとつの空気を作っている元気な居酒屋みたいで。。。。

2661.jpg

で、いつかトウキョウでニコのおうちを見たい、というコトだったんですが、
ついに実現したのが先日のコト。
総勢きゅっ、9名で、上京されたのでした。。。

2662.jpg

もちろん、時間も限られているし、そんな便利な場所にニコの家がある訳でもないし、
しかも、平日の昼間に内覧をお願いできるおうちって限られるし、、、、と
その結果、宗次さんちISANAと、尾崎さんちにご協力いただき、僕らとしても
初の、ニコニコ建築ツアーを開催したのでした!!!

、、、尾崎さんにも、急遽、お店もあけて頂いて、

「、、、なんかさぁ、、最後にワタシの店に連れてくるなんてさぁ、、、、
 どこかのボッタクリツアーみたいじゃーん。。。。。」

と言われつつ、、、、、。


でも、宗次さんも下窪さんも、尾崎さんも、、、、、。

ほーんとニコは、素敵なご家族に恵まれているなぁ、、、っていうコトも
つくづく思いました。

でもホントは、会わせたいご家族、見せたいおうち、
もっとたーーーーーくさん、あるんですけどねー。。。。


2665.jpg

一日だったのですが、移動もスムーズに進み、皆さんのご協力のおかげで、
けっこうのんびりと、見学してもらうコトができ、僕らとしてはホッとしましたし、

、、、そう、これは僕にとっても、初体験だったんですが、
3つのおうちを一日で廻るってコトをしてみて、自分ではそれぞれゼンゼン違うコトをしているような
気がしていたんですが、自分で言うのも変ですが、
実は、3つとも結構共通している空気観があってですね、、、、

「おぉ、、実はとてもつながっているなぁ、、、、、ニコ設計室って。」

と、人ごとのように感じられたのが僕にはとても新鮮でした。
自分では、ひとつひとつ、ゼンゼン違うつもりでしたので、、、。

2660.jpg

さて、そして、夜の部は、ずっと待ちわびていた交流戦!

去年、仙台でみんなと飲んでから、
これは、ぜひ、ニコのみんなに会わせたい、と夢見ていたので、
それがようやく実現。

とてもあっという間でしたが、こってり濃厚な、油多めのニコ設計室を
感じて頂けたかな、、、と思いました。


僕よりも、ちょっと若いですが、ほぼ同世代のデザインホーム。

仙台と、トウキョウではありますが、
いつの日か、一緒に仕事をしたいなぁ、、、、とそんなコトを思いました。

トウキョウ遠征の感想は、
彼らのブログにも、いろいろ書いてもらっている様です。

社長さんの伊藤さんのブログ

スタッフブログ
伊藤 志都さん
土屋さん
山本くん
posted by 西久保毅人 at 00:56| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

施主力だより

今回大幅に紙面を一新した MY HOME+ のトップページに尾崎さんちが掲載されました。

2668.jpg

、、、で、本屋に行くと、ちょーど、ISANAが載ってる「住む。」もあったんですが、
ムカつくコトに、ジミーーな感じで置いてあったんで、
目立つように並べ直して来てやりました、、、(怒)

2667.jpg


、、、そういえば、前にもこんなコトしてたなぁ、、、、。変わりませんね、、、、。



さて、尾崎さんち。

2672.jpg

尾崎さんのお店のブログにも、ちょっと切れ気味に

「、、、なんか、ワタシの顔がイマイチじゃなーい!」

と書いてあったんですが、
そんなコト、ないです、、、。

2669.jpg


とっても、明るく元気な、尾崎家の雰囲気がとっても伝わる
写真と紙面にしていただいています。

2674.jpg

2670.jpg

写真も、YOKO INOUEさんという、建築写真家ではない女性の写真家の方に
撮影していただいたので、とても空気感がよかったです。。。。

2675.jpg

YOKOさんは、海外で写真家として活躍されていたそうなんですが、

「ワタシが日本で撮影した家で、一番すてきーっ!」

と、当日もノリノリで撮影していただきました!!!!

2678.jpg

2671.jpg

そりゃそうでしょう。。。。

、、、、まぁ、そんな雰囲気を作ってるのは、「セッケイリョク」っていうよりも、ほぼ

「施主力」っていうか、

「尾崎力」ですけれど、、、、。

ニコの家は、ほぼ、「施主力だより」なのですが、、、、。

2676.jpg

そして、今回から、こんな感じで、ケンチクカ紹介もして頂きました。

2677.jpg


そうそう、

服も、ケンチクも、

「 似合ってこそかっこいい 」

posted by 西久保毅人 at 00:35| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

小さなコト

現場の便所は臭い。

こないだ香川に行った時も、竹安さんちのサクくんが、

「、、、ここ牛のニオイがするから、、、。」

と言ってたので、これはもうたぶん全国的にそうなのだと思います。。。。きっと。

それは、現場だからって言うよりも、
あの、何とも言えないプラスチック製の仮設トイレがいけないのだと思いますし、
不思議なことに、設置された最初はニオイないんだけれど、
現場が進めば進む程、そして暑ければ暑い程、
なんとも言えないニオイの染み付いた小空間になっていくのです、、、。

まぁ、僕なんかは、ゼンゼンデリケートな方じゃないからまぁこんなモンだと
思いますし、きっと職人さんたちもそれがあたり前、なのかも知れませんが、
オンナの人とかはイヤだろうな、、、、とか、ときどき思います。


さて、
先日、世田谷で工事中の山内さんちの現場に行った時のコト。

2680.jpg

もう、足場も取れて、完成に向けて仮設の便所が、移動されていました。。。。

さて、さっそうと入って見るとですね、、、、。

ニオイがぜーんぜんしないのです。。

はて?と思ったら、なんと屋根が取り外されていました。
ちょうど、屋根のかかった下に移動したから、屋根がいらなかったのでしょう。
だから、おまけに空まで見えてました。


屋根がないだけで、こんなにも現場の便所が快適なものか、、、とちょっと感動!!

きっと移動し易かったり、住宅地だからまわりにニオイがいかないように、、、、とか
使い回すし、軽いからプラスチックでいいだろう、、って感じで、
現場の仮設便所というのは、もう定型化しているのですが、
こんなちょっとした工夫で劇的に変わるなら、屋根ないほうがみんな気持ち良くて
良いんじゃないかなぁ、、、と思いました。

、、、、雨の日はどうしましょうかね、、、。
傘をのせとけばいいんじゃない、、、、?


まぁ、なんでもそうですが、劇的にモノごとが変わる手段って、
実はとても小さなコト。

とても小さな気づきが、劇的に世の中を変えていきます。。。。


とてもくだらない、やってもやらなくてもいいような、小さなコトに気がつくコト、
そしてそれをホントに「やってみる」コトの積み重ねが、
実は一番大切なのです。。。。

2681.jpg
posted by 西久保毅人 at 01:13| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

金野さんの大発明

先週末、先日の住宅建築賞でみごと金賞を受賞された、金野千恵さんにおよばれして、
受賞作「向陽台ロッジアハウス」でのバーベキューに行ってきました。

2682.jpg

もー、、、僕らにとっては、憎っくきライバルというか、
僅差で金賞をかっさらわれた訳なので、この機会に

「よーし、この機会にダメだしでもしてやろうっ。。。。」

って、ちょっと腹黒な思いもあったわけだったんですが、、、、、。

2683.jpg

もーーーーーー、ね、、、

すばらしいオウチでした。(感動!)

2684.jpg

、、、、残念ながら
僕はすばらしいとか、おいしい、とかしか、、、、ほめる言葉をよく知らないんですが、
建物の大きさ感や、配置計画、
ほーんと、隅々まで気のきいたしつらえもそうですが、

何よりも,このロッジアと呼ばれる半屋外空間が、とにかく絶妙!!!

2685.jpg

専門的なコトなんてどうでもよくて、子供から大人まで、
みーんなが、

「たのしいね、気持ちいいねっ。 いつまでもここにいたいね。

 ここで、朝目が覚めたらどんなだろうねーっ。」

って思えるようなオウチでした。。。。ほんとに。

2686.jpg

ほーんと、すてきな設計。。。。

一番のポイントは、お庭とテラスを仕切っている、ちょこんと座れる高さの小壁なんですけど、
たぶん、普通、お庭との連続感とか一体感とか、そんな言葉を実現するにはですね、、、、
フラットにしてぇ、、、とか、同じ素材で連続させてぇ、、、とか、、、、、。

そういう方がより広く感じたり、つながったり、一体だったり、、、、と思いがちですし、
受け入れる方も、受け入れやすいと思うんです。。。

見た目だけだったら、それでもいいんだけど、
それでホントに「つながる」かっていうと、そうでもない。。。。

だから、金野さんは、「ホントにつながる」って、どういうコトか、、、、?
というコトを、とても真摯に考えられたんでしょう。

でも、もしかしたら、こういう小壁の提案て、設計段階で提案をしても、
「、、、、うーん、、、でもやっぱりナシで。。。。」
って言われちゃうコトが多いんじゃないかと思いますし、設計する側としても、提案はしてみたものの、、、、
ホントはどうかなぁ、、、っていうような、
やる方としても、提案される方としても、とても微妙なものだと思うのです。

その答えが、「壁」なだけに、、、。

2687.jpg

でもね、、、、、
物理的には、お庭との障害物であるはずのこの小壁があるおかげで、
感動的なくらい、お庭も、テラスも、どっちもいきいきとした場になっていて、
それがほんとに素晴らしかった。。。

2688.jpg

離れているのに「より近くに感じられる。」なんてね、、、、、、、。

障害物があるから、「よりつながる。」なんてね、、、、、。

2689.jpg

そんな、
とても簡単なコトなのに、
だれも気がつかなかったような、
金野さんの大発明。
posted by 西久保毅人 at 04:25| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

まどぎわ族

2690.jpg

ちょっと取材で、尾崎さんちに、、、。

外はめちゃくちゃ暑い一日だったんですが、
夕暮れ前、
いい風の吹き込む まどぎわリビング。。。


ついつい、ごろんとまどぎわに寝転んだら、うっかり寝ちゃってですね、、、、、、。

気がつくとすっかり夕暮れ、、、、薄暗く、、、。(笑)


尾崎さんの、いいネタになってしまいました、、、、。



2691.jpg

マネして、こどもたちもゴロリ、、、。

2692.jpg

とっても気持ちのいい まどぎわ族。


まぁ、、、、設計がいいってコトでしょうね、、、、きっと。


posted by 西久保毅人 at 01:20| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

お盆あけ早々ですが、、、、オープンハウスなのですケロっ!!!

ええとですね、、、、。
セケンはこれからお盆の時期だそうです、、、。

、、、へーっ。(汗)

ニコ設計室も、8/13(月)〜8/16(木)まではお休みだそうです、、、。(、、、汗)

2714.jpg

さて、、、。
ちょうど、お盆あけの週末、8/19(日)に、
世田谷区で工事中でした「山内さんの家」のオープンハウスをさせて頂きます!

山内さんの家は、角地のシキチです。

角地と言えば、、、、
これまでも、いろんな角地の設計をさせていただきましたが、
それぞれにカタチも違えば、ジョウキョウも違います。

同じシキチがあれば、、、とホント思うんですが、
ひとつひとつ、やっぱり違う訳で、、、、、、。

今回の、山内さんのおうちのシキチは、初挑戦の
いわば、

「長細い角地」

2696.jpg

「かど」であるコトは、明るくていいんですが、

「かど」と「ながほそい」が組合わさると、ちょっと浅いというか、
奥行き感のない場所の印象になりがちです。。。。

なので、「かど」であること、「ながほそい」ことの2つの魅力だけを生かしながら、
街とつながりつつ、同時に街とも程よく距離を保てるような、奥行きのある家を
目指しました。


2695.jpg

「あぁ、この場所でよかったケロっ!」


と、思えるように。。。。。



内覧をご希望の方は、こちらまで御連絡下さい

、、、、いつもお送りしている方への案内メールは、、、、



来週にお送りしますね、、。(笑)
posted by 西久保毅人 at 03:25| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

夏の夢

先日までお知らせしていましたオープンハウスを諸事情により急遽中止にすることになりまして、
僕たちも大変残念でしたが、いつも楽しみにして頂いてたり、この機会にっ、っていう方々には
申し訳なかったなぁ、、、、、という思いもあり、、、、、

2705.jpg

ご案内をさせて頂いた方に、中止のメールだけするのも、、、、と思い、ちょっとおまけに
「ニコ設計室2012」 というニコの、、、ていうより僕の近況をダラダラと書かせて頂きました。

要件よりも、おまけが多いので、もはやおまけではないかも、、、でしたが、、、。


、、、と、ホントにおまけのつもりではあったんですが、
いろんな方、なつかしい方、御世話になった方、これまでのニコのお客様、、、、達から
たくさんの感想、うれしい言葉をいただく結果になり、予想もしてなかったので、
とても嬉しかったと同時に、生きてて良かったぁ、、、と思いました、、、、。

かなり正直に書いたつもりの、中澤さん流に言うと、アラフォーの悩み。。。

、、、、まぁ、そうですね、、、言われてみると確かに。。。。(汗)

せっかくなので、ここにも残しておこうかと思います。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「 ニコ設計室について2012 」 

基本的に変わらぬ姿勢、、、、というよりもむしろ、いつまでも成長しない自分のままで
気がつくと独立して10年が経ってしまいました。

幸運にもたくさん素敵な出会いに恵まれて、たくさんのおうちを設計させて頂いてきましたので、
いっこうに成長しない自分とウラハラに、
まわりの見る目が少しだけ変わってきてしまい、

正直、「、、、これはまずいぞ、、! かなり誤解をされてしまっているぞ、、!」

と思う今日この頃なのです。。。。(汗)


どういうコトかと言うとですね、、、、
最近、
「西久保さんの設計論や作品に対する姿勢をまとめて紹介したいんですが、、、。」

という様な依頼がときどきありまして、
こういう依頼そのものはですね、大変ありがたいんですけれど、、、、、

2708.jpg

「さぁ、ではしゃべって下さい。。。あなたの論を!!  さぁ!!」

ってなるとですね、、、、、、な−んにもしゃべれなくなっちゃうのです、、、。正直。。。。(涙)

と、そういうのが、何度か続いてですね、、、、恥ずかしくもあり、
取材の方にも、あきらかに肩すかしをさせてしまって、

「、、、西久保さんてホントにケンチクカなの、、、?」

って、取材の方の顔が、「??」となったり。。。。

こういう機会が何度かありまして、、、、。


それでつくづく思ったり、改めて気づいたりしたのは、
これはウソでもなんでもないんですが、10年経った今もですね、僕はですね、
そのご家族と、場所に向きあった結果だけがすべてであり、
そこで生まれるものにしか興味がなくて、設計をしているのだなぁ、、、という事です。

だから、「設計論」や「作品」なんていう言葉で話すものは正直ひとつもなく、、
そもそも、最初から「作品」っていういい方、好きじゃないし、、、。

、、、と、もう、こう言っちゃうと根も葉もないんですが、
これは、同じコトのようで、僕にとっては実はゼンゼン違うこと。

なぜなら、一軒一軒の家は、その人と、その場所と出会わなかったらぜーーーったい生まれなかったものだからです。

だから、◯◯さんちについてしゃべって下さい、っていう質問でしたら、
たぶん、何時間でもしゃべれる自信があるんですけど、

「設計論は?? コツは??」ってなると、

「、、、すみません、そういうのはないです、、、ごめんなさい。」
っていうしかないんだなぁ、、、、正直。

そもそもが、そういう順番で作ってる訳ではないのだから、、、。

2709.jpg

と、こういうたんびにですね、、、、
不器用っていうと聞こえがいいけれど、僕はとてもメンドクさい性格なのだと改めて思いましたし、
こういうところが直れば、少しはニコも進歩したり、まわりの人も楽なのに、、、とは思います。(汗)

でも、、、、良く言えば、この性格だからこそ、ニコ設計室の家は生まれているという確固たる自信はありますし(笑)、
それが、正直、唯一無二の僕の武器だとも思っています。、、、他に武器らしいものないので、、、。
だから変われないなぁ、、、きっと。


、、、、変な話ですみません。
でも、こういうちょっとバカな姿勢で一軒一軒、設計をしているものですから、
無駄に時間もかかりますし、
先に書いたような、ニコ設計室をまとめたい人にとっては意味不明な存在でしょうけれど、
おかげで設計はですね、、、。楽しくて楽しくてしょうがありません。

本当に、ひとつひとつの出会いに発見や感動があり、そこから毎回新しい勉強をさせていただいて、
出会わなければ、考えも、気づきも、思いすらしなかったであろう答えにたどり着く作業が、僕らの家づくりです。

それがとても素晴らしいと思うので、
ニコの家々はてんでばらばら。
まとまりもなければ、つじつまもあわない。
、、、、だから、設計論なんて、いつまで経っても存在しない。。。(笑)

使う定規は、人それぞれ、その場次第。
でもそれこそが、お金を払って設計を頼んでくれる方々への、最大の誠意だと僕は思うのです。


長くなりましたが、このメンドクさい性格は、いっこうに変わりそうもありません。
10年前は、「10年くらいたてば、立派なプロになるだろう、、。」と少しは思ってましたが、
まだまだかなり、微妙です、、、。

2710.jpg

こんな感じではありますが、
こんな感じでしかありませんが、、、

今後ともよろしくお願いします。

、、、、、そんな訳でくれぐれも誤解のないように!(笑)


ニコ設計室 西久保毅人


posted by 西久保毅人 at 01:03| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

サイン

スケッチや図面を描いたら、右下にサインと日付が描いてあるのを
良く見かけます。

絵や図面を描く職業の習慣的なものだったり、習わしだったりするんでしょうけど、
僕はそういう職業でもないし、わざわざサインする程でも、、、、と思っちゃって
気恥ずかしいのもあり、、、、
そういう訳で僕はなんでもかんでも、いつも放ったらかし、、、。

サインするって、、、ちょっと気恥ずかしいですよねぇ、、、。?
それとも、僕はプロ意識がなさ過ぎなのかなぁ、、、。


、、、、ときどき、すーごく昔のスケッチを発掘した時に、

「、、、、これ、いつだっけ? 日にちくらい、入れとけば良かったなぁ、、。」

ってコトは、ときどきあるんですけど、、、、。


2713.jpg

、、、と、そんな訳ですから、
先日も、予定していたオープンハウスに向けて
カエルの絵を二枚描いて、描いたら満足!、、、で、そのまま事務所の机の上に放ったらかしで
出かけてたら、、、、、、。


最初は、うすくて気がつかなかったんですが、
なんか、右下に書いてある、、。

「Nishikubo Nono、、、、。」


2711.jpg

、、、、意味分からん。
そもそも、人が描いたものにジブンの名前を書くなんて!

ホソダタカユキ、、、なんて書いてあったら、即刻、町内引きずり回しの刑の上、
砂丘に埋めるところです。。。。


2712.jpg

、、、、なんですが、
これは実は、見つけてちょっと嬉しかったのでした!!!!

なんだか、ノノにほめられた様な気がして。



、、、、、、、、、まぁ、本人の意図は違うかも知れませんけどー、、、(笑)


posted by 西久保毅人 at 00:06| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

あんぐりサクソン系

先日、墨田区で、もうすぐ完成の「尾曲さんの家」の現場の帰りにですね、、、
春に完成した「出口さんの家」にずいぶん久しぶりにぶらっと行ってきました。

2715.jpg

お引き渡しの時は、まだ外まわりも生々しく、いかにも完成っていう
感じだったので、「どんなカドになったかな、、?」
と、、、、、。

2716.jpg

写真見たキクチさんいわく、

「、、、なんか、オウチが草食べてるみたーい。」


とのコト。。。。

うまいこと言うもんです、、、。


なるほど、、、、あんぐりサクソン系、、、。

2718.jpg

ほんと、すがたかたちは、ちょっととんがって、一見生意気なようですが、
あんぐりとはいっても、おちょぼ口。

育ちの良さは、飼い主の並々ならぬ愛情と、手入れの行き届いた毛並みをみれば
一目瞭然。

とてもとても素敵なしつらえになっていて、ちょっと感動!!!

これだけ可愛がられていたら、里親に出した冥利に尽きますっ!ほんと。


「、、、へーっ。家って設計するだけじゃなくて、住む人の力も大切なのね。。。」

そうそう、どっちかっていうと、設計よりも、そっちが大切。
僕たちは、その下地を作るようなもの。。。。

2717.jpg

ケンチクはでき上がるとモノを言うコトもないですが、

「街にとって見通しのいい角地にしたい!」


っていう、出口さんの想いがとても伝わってきました。

きっと見通しが悪いくてぶつかるコトもなく、
近くを歩く人達のとっては、存在感があるようで、「ない」。
そんな角になったのではないでしょうか、、、?


、、、、さて次回は宴会ですねっ!

posted by 西久保毅人 at 00:53| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

ちょーーーーーお勧めですよ!

めずらしく、人の宣伝ですが、(別に頼まれてませんけど、、)

日曜までですが、下北沢の本多劇場で、いい芝居がやっています。

TRASHMASTERS vol 17 「背水の孤島」 作/演出 中津留章仁

東日本大震災を背景にした、現実をとても考えさせられる作品。

2720.jpg

なんだか、結構有名みたいだから、ご存じの方もいらっしゃるかもですが、
中津留は、僕の大学の同級生。

、、、、一応、ケンチク学科の、、、、。

実は、この本多劇場での上演は、去年の再演なのですが、
彼は、この作品で、数々の演劇賞を受賞しました。

毎日芸術賞で、由紀さおりの後ろで表彰されている姿は、
ちょっと笑っちゃいましたが、、、。

2721.jpg

いやしかし、ほーんと続けるものです。
続ける、という事が、なににも勝る才能だと40歳を前にして、僕は思います。

中津留との出会いは、ホントに大学1年のさーいしょの頃。
僕は佐賀で、中津留は大分からきていました。

僕も、ケンチクの勉強してませんでしたが、
彼は、演劇しかやってなかったんじゃないかなぁ、、、。

「こんど、オレが本書いた芝居やるからこいよ。テントも作ったし、、。」

と、自分達でつくったボローいテントの中で、見せられた中津留の芝居。

なぜか研究室も同じなんですが、
面接で、まさかの一人芝居を披露してあんまり受けなかった中都留。。。。

あれから、20年後。

大学の頃、よく飲んだ下北沢。
そして
演劇をする若者達にはきっと聖地のような下北沢。

2719.jpg

そう、あれから20年以上経って、
まさか、中津留が、じぶんの劇団で、じぶんの脚本で、じぶんの演出で、
しかも、本多劇場で!!!!

大学の仲間達は、こんなコト、想像もしてなかったと思いますよ、マジで。(笑)


と、まぁ、同級生ネタはともかく、、、、、。

僕はさっそく昨日見に行ってきましたが、

とても力作です。
とても大作です。
ナカツルじゃ、ないみたいな力作でした。
でも、とてもとても、ナカツルらしい力作でした。

もし、まだチケットが取れるのなら、ぜひぜひ
見に行って下さい。


身長190近い、目玉のぎょろっとしたヤツが、劇場をウロチョロしていることでしょう、、。
posted by 西久保毅人 at 23:21| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

「尾曲さんの家」オープンハウスです!

2722.jpg

来週末の土曜日、墨田区で設計をさせて頂きました「尾曲さんの家」
オープンハウスをさせて頂きます!

2724.jpg

「尾曲さんの家」は、スカイツリーのオープンで、すっかり
にぎやかになってしまった電車の沿線にあります。
墨田区までくると、どこにてもスカイツリーが大きく見えるのですが、
ちょーど、2階の居間の窓からバッチリとスカイツリーまで一直線に抜けていて、

「、、、西久保さん、狙ったんでしょ??」

2730.jpg

と、上棟してから工事の山縣さんに言われるんですが、
まったく狙った訳ではなく、、、、
ぶっちゃけ、スカイツリー、特に好きじゃないから、見えても見えなくっても
正直、どっちでもー、、、、、

2725.jpg

というのが正直な感じなんですがー、、、、。
結果的にバッチリ見えちゃうコトになりました。、、、ははは(笑)

2723.jpg

さて、尾曲さんの家。
シキチは50平米程度で、大きくないんですが、
角地である上に、裏の道にも接道しているという、ちょっと不思議な3面接道の
シキチです。
街の中の抜け道みたい。。
だから、正直あんまり狭く感じませんでした。。。

2727.jpg

なので、そのシキチとしての風通し、見通しのいい感じを、
そのまま生かせる様な家になるといいな、と思って設計をさせて頂きました。

もちろん家なのだけど、街の子供達が新しくできた路地を
駆け抜けて行くように、小さな一軒のお家ができたコトで、
街にとっても風通しのいい生活になればいいな、、、、、。

そんな、子供達に大人気になりそうな、抜け道ピロティーのあるおうちです。

2726.jpg

さてさて、家を作るのにどのくらいの広さが一般的か、、、、?
それはよく分かりませんが、ニコのおうちは、実は、
割と50平米前後のシキチのコトも意外と多いです。。。。

これも、スカイツリーと同じで、別に小さいのが好きな訳でも、狙ってる訳でも、、、、
ゼンゼンないんですけどー、、、、。(冷汗)

2731.jpg

でも、正直、シキチの大きさって、
気持ちの良い暮らしとはそんなに関係ないな、、、と今回も思いました。

生活を守りつつ、街と繋がりながらも周辺環境を手に入れたようなたたずまい。


そんな設計さえできたら、気持ちは面積を超えて行くのです!


またいつものように、ご案内は来週お送りしますが、、、、
内覧をご希望の方は、こちらまでお問い合わせ下さい。
posted by 西久保毅人 at 23:53| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

岡崎の場合

昨日は、ちょーど、これから始まる小川さんの家のプレゼンで、
すっかりサッカー見るの忘れてました、、、、。

2733.jpg

勝ったコトだけ知ってたんですが、今日の日経新聞のスポーツ欄に
岡崎について、こんな事が書いてありました。


「相手がきたので瞬間的に判断した」という左足のアウトのボレーのクロス。

 エネルギッシュな動きに突如、挟み込まれる華麗な技が、

 岡崎の場合、
 落差となって意外性を生む。


2734.jpg

見た訳じゃないんですけどね、、、、、。

何を思ったかって、ゼンゼン別のコト。
2732.jpg

ああ、こんな風に褒められる仕事がしたいな、、、、と。

こんな評され方が、僕の理想だなぁ、、、、素敵だなぁ、、、と。

2735.jpg

ケンチクは「静的」な仕事のようで、
意外と「瞬間」の判断が、実は良しあしを決定づける仕事だと思います。

現場でも、打ち合わせでも、カメラのシャッターを押すにしても。

サッカーの試合のように
流動的な中に、決定的な瞬間が潜んでいます。

その一瞬が、いつきてもいいように神経をはりめぐらせつつ、
最後は絶対に頭で考えない事。

2736.jpg


そして、とにかく、無駄に、誰よりも動き続ける事。
動きの量で、まずは圧倒する事。

2737.jpg

そして、その落差が、思いもしなかったハッピーな世界につながっていくように。


カッコいいデザインですねー、とかセンスいいですねーとか、
おしゃれー、とか、ざんしんー、とか。。。。
そんな事を言われたいとはちっとも思わないけれど、
こういう「選手」にはなりたいなー、って心から思います。


やっぱ、スポーツだな、、、。


と、そんな訳で、今週末、
「尾曲さんの家」のオープンハウスなのです!!!!!!
posted by 西久保毅人 at 23:41| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

とりあえず夜の部

土曜日の「尾曲さんの家」オープンハウス、天気も良くて、
たくさんの方に見に来て頂きました。
どうもありがとうございます!

2741.jpg

さて、、、、、
日中の写真は、ですね、、、、
もう、いい写真が多すぎて、選ぶに選べないため、、、、、

2744.jpg

とりあえず、夜の部。


2745.jpg

さて、何のために家を設計しているか、、、、?
何を目指してケンチクを作っているか、、、、?

人それぞれ、いろいろ大義名分あるのでしょうけど、
僕の場合は、たのしく、おいしく宴会ができるため、、、、。

このひと言につきます!


、、、、、僕が。

2746.jpg

尾曲さんちのオープンハウスの夕方、
オープンハウスのそのまんまで、尾曲さん主催の完成パーティーを
して頂きました。

家具もなーんにも置かなくても、
作り付けのカウンターキッチンをみんなで囲んで
あっという間に居酒屋に早変わり。

2743.jpg

まぁ、なんと素晴らしい設計でしょうか?

2747.jpg

いろどりも、素材も質感も。
小さなしつらえや微妙な寸法も。

本にはもっともらしく書きますが、
大学では、もっともらしくしゃべったりもしますが、、、
打ち合わせでは、エラそうにしゃべりますが、、、、。


正直、すべては美味しいお酒とごはんのため。。。。。


2750.jpg

そんな訳で、、、、

2748.jpg

ハルキくんにつがれては、
そりゃあ、日本酒を飲む手も止まりません、、、、。

2749.jpg

気分は夢の中。

どっちが本物のスカイツリーやら、、、、、。

そんなコトは、もはやどうでもいいのです、、、、。



尾曲さん、どうもありがとうございましたー。
posted by 西久保毅人 at 02:01| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

尾曲さんの家

2751.jpg

ずーいぶん、間が空いてしまいました、先日の尾曲さんの家のオープンハウスの写真。

2752.jpg

このままでは、大量の写真が埋もれてしまう、、、、。
2753.jpg

しかし、うまく選べない、、、、。(涙)

2754.jpg

2755.jpg

しかし、よく考えてみると、選ぶ必要があるのか、、、?

2756.jpg

2757.jpg

2758.jpg

と、そんな訳で、たくさんの写真を載せてみました!

どのシーンも、尾曲さんの家だし、
でも、一枚、っていうよりも、このパラパラとしていろんなシーン、
全部が尾曲さんの家。


2759.jpg

2760.jpg

別に何枚か、なくったって、いいのかも知れないし、
入れ替わったって、いいのかも知れない。


2761.jpg

2762.jpg

それでも、尾曲さんちは、尾曲さんち。

2763.jpg

それって、生き物の細胞の話にちょっと似ている。。。。。
聞くところによると、人間の細胞は3日くらいですべてが入れ替わるらしい、、、。

2764.jpg

2765.jpg
2766.jpg

てコトは、理屈で考えると3日前の自分と、今日の自分は、ゼンゼン違うもの、
ってコト。

2767.jpg

でも、同じ自分。。。。。

2768.jpg

2769.jpg

2770.jpg

こういうの、理屈で考えるからいけないのだ。

2771.jpg

理屈は、あくまで理屈。
世の中、理屈でできてる訳じゃない。

2772.jpg

2773.jpg

2774.jpg

同じように、ケンチクも、理屈でできている訳ではない。

2775.jpg

2776.jpg

もちろん、

2777.jpg

理屈でできているケンチクもある。

2778.jpg

2779.jpg

そういう、ケンチクは、たぶん、何かが入れ替わると、
ぜんぜん別物になっちゃうのだと思う。

2780.jpg

ケンチクに限らず、理屈でできたものは、たぶん、もろい。

2781.jpg

強そうで、もろい。

2782.jpg

2783.jpg

でも、たくさんの出来事や、矛盾をはらんだまま、
受け入れて、飲み込んだまま、
生まれたものは、とても強い。

2784.jpg

2785.jpg

、、、、、と、思う。

2786.jpg

2787.jpg

数字で言ったら、とてもとても小さな、
尾曲さんの家。

2788.jpg

2789.jpg

2790.jpg

でも、とてもとても大きな
尾曲さんの家。

2791.jpg
posted by 西久保毅人 at 02:26| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

秒刻み

こんばんは。

にわかバスケフリークの西久保です。。。。

さて、ノノのおかげで我が家にバスケーットボールっていうスポーツ文化が
流れ着いて、はや4年。

ノノは卒業しちゃいましたが、引続き、男子バスケで
リンタロがやってるもので、相変わらず、バスケの応援をしているんですが、
いまは新人戦のシーズンです。

5703.jpg

さて、
いろんなスポーツ好きなんですが、
最近思うのは、競技時間で試合が決まっているスポーツの
最後の終わり方、ってうか、
時間の捉え方が、ずいぶん違っていてて、
その時間の捉え方次第で、
ずいぶん、結末の迎え方が違うなぁ、、、ってコト。

5705.jpg

たとえば、サッカーなんかは、
試合終了は、結構あいまいな、審判の時計にゆだねられる
ロスタイム制なので、
ホントに何秒残ってるかは、実は見てる側は分かりません。。。。

だから、ロスタム終了直前にゴーーール、なんていうものあるけど、
見てる側も、プレーしてる側も、結局は審判の時計次第っていうのがありますよね。

面白かったのは、最近のラグビー。
ラグビーは、実は、時計が試合終了になっても、
最後のプレーが途切れるまでは試合中、っていうルールだそうで、
そういう意味では、このルールのおかげで、

「このプレーが途切れたら試合終了!」

っていう、最後の瞬間を、観客も、プレーヤーも
ドキドキを共有できる部分があります。


そういう意味で、
バスケも似てて、時間制っていうのは同じなんだけど、
ロスタイムなんか一切なくて、
ある意味、完璧に時間主義のスポーツ。
その時間が、0.1秒刻みで止まったり、進んだり、、、、っていうのが、
電光掲示板でみんなに向けて表示されるから、

「残り何秒!」

っていうのが、プレーヤーも、観客も、
共有することができます。


だから、そのスポーツごとの時間に対する設定の仕方によって、
ずいぶん、結末の迎え方が違うなぁ,,,,と最近思うのです。



同じ1分とか、1秒っていっても、
そのスポーツごとに、フィールドの大きさが違うので、
できるプレーの数もずいぶん違います。

サッカーで残り30秒って、局面にもよるけど、ないも同然ですが、
バスケで残り30秒あると、2ゴールくらいは平気で入っちゃう時もあるから、
そこで試合がひっくり返るコトも良くあって、
いいか悪いかは別としても、残り何秒、っていうその秒を刻むカンカクが
選手にも、監督にも要求されるスポーツみたいです。。。。


って、
そんなのさんざん、マンガで読んでて知ってるんですけど、
実際は、そうは言ってもさぁ、、、、、、っていうのがまぁ、
にわかバスケフリークの感覚、、、、。


そしてそもそも、1点の重みも、ぜんぜん違う訳ですけどね、、、。

5704.jpg

さて、昨日のリンタロ達の新人戦。

残り5.6秒。2点差で負けてた場面でのセットプレー。
まさかまさかのド素人、リンタロの3Pで大逆転勝ちという、、、、マンガみたいな結末でした。

そうそう、
スラムダンクの、メガネ君の、あのシーンみたいな、、、、。

まぁ、舞台は、地区大会の、ただの2回戦ではあるんですけど、
あのシーンと同じく、コートの誰もが、
「まさか、この局面でリンタロがシュートはないだろ、、、、。」っていうような、、、。

まぁ、それでリンタロの力量が分かるってモンですけど。。。。(笑)


しかしまぁ、ともかく、勝ちは勝ち。

「あきらめたら試合終了ですよ、、。」

とは、まぁ、よく言ったもんですねー、安斎先生!

5706.jpg


小学校からずーーっと写真とってるので、
だんだんドシロートな動きだったリンタロが、時おり、

「おっ、スポーツ選手みたいじゃんっ!!!」

ていうような写真も少しずつ増えてきました。

ノノの時はほとんどなかったシュートやドライブの場面も
リンタロの場合はたくさんあって、
ほーんと子供によって表現するプレーも全然違うんだなぁ、、
っていうのも、楽しみのひとつです。

ただ、共通してるのは、
負けてても勝ってても、フィールドの中で
ニコニコしているコト。

小さな頃は、親としてそれが歯がゆかったり、

「すみません、、、うちの子だけ、ヘラヘラしてて、、、。」

って思って恐縮してたんですけど、

最近は、こんな真剣勝負の舞台でも、皆が下向きそうな場面でさえ
なぜかニコニコ楽しそうにしているのが、
逆になんだか、頼もしくも見えてきます。



そう思うと、
その子の持っている特性っていうか、特徴って、
ほーんとに人それぞれなんだなー、って最近つくづく思うのです。

それぞれに、持ってうまれたものが何かしらあって、
それは状況や、年齢によって、短所になったり、長所になったりします。

でも、そもそも短所も長所も、見る側の都合であって、
本人にとっては、

「別に、産まれた時から、変わってねーし、、、、自分。」

って事なんでしょうけどね。。。。。


うまく言えませんが、

生きているコト、そのものが、彼らの表現なのだなぁ、、、、、


静止画のなかの子供達を見ると、時々、そう思うのです。

5707.jpg

プレーの瞬間、瞬間は秒刻みな訳ですが、
子供達の成長は、のーんびり眺めてるのが正解なのかもなぁ、、、


こういう試合を見ると、
改めて思うのです。
posted by 西久保毅人 at 21:54| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

南の国から2018 〜帰郷〜

先日、長らく設計をさせて頂いていました佐賀県の「江頭さんの家」が
無事、地鎮祭と工事契約を迎えました!

僕の故郷、

S  A  G  A  佐賀県です。

8840.jpg

長らく設計を、、、、と言いつつ、
2/3は、打ち合わせ、という名目の飲み会だったので、、、、、(笑)、
まさかこの日が来るなんて、
江頭さんも半信半疑だったのではないでしょうか、、、?

8843.jpg

江頭さんの家のシキチは、
隣に神社のある広〜いシキチです。

8836.jpg


そんな広〜いシキチに、
たくさん屋根に登れるような、平屋のおうちを設計させていただきました。


8841.jpg

家ができても、フットサルコートぐらい余るので、
きっと屋根の上は、絶好の応援席になるんじゃないのかなぁ?

って想像しています。


8853.jpg

そんな風に、家を作るコトも夢のプロジェクトですが、
家ができた後に、余った場所で何しようかしら、、、?
っていう妄想が膨らむのも、このプロジェクトの楽しみなところ。


ぜひ、ニコ設計室の佐賀事務所も、すみっこの方に、、、、、ぜひ。


8839.jpg



さて、

佐賀県、って言っても案外広くて、
僕が高校生まで育った町は、佐賀の南の果てです。
佐賀県は、南北が海に面してるんですが、
僕の育った方は、海は海でも、有明海っていう、海苔の養殖とかで有名な干潟の海です。
残念ながら泳げません、、、。

江頭さんちは、県の北の方。

ちなみに、山崎さんちの山崎さんの唐津は、綺麗な方の北の海側です。イカが美味しい方。


8854.jpg

と、
そんな訳で、
久しぶりに、干潟の海の方まで行ってみたんですけど、、、、、。


8848.jpg


いやぁ、、、、。

トウキョウにきて、もうすぐ30年くらいは経つんですけど、
子供の頃と、まーーーったくと言っていいほど変わらぬ景色。



8849.jpg


雲の位置から、
落ちてる小石の位置まで変わってないんじゃないかなぁ、、、っていうくらいに
相変わらずなーーんにもない場所でした。


8851.jpg


あっという間に情報が流れては古び、
すぐに壊して、開発して、よくわかんない街になりつつあるトウキョウにいると、

何もないとか、変わらないとか、
そういうコトが、逆に感動的だなぁ、、、、って思いました。


いやぁ、
しかしついに始まる江頭さんちの工事。

始まるってコトは、、、、そのうち終わるってコトでしょ。


終わらないと、いいなぁ、、、、。



そうそう、
何にしても時代遅れな僕は、
ようやく「Instagram」っていうのを始めました!

せっかくなので、時代遅れな感じで利用しようと思っています。
ぜひ、ご覧くださいませ!

8855.jpg


最新情報は、掲載されません。

そうそう、ちなみにアカウント作った瞬間、
1分後くらいに、記念すべき、
一番最初にフォローしてくれたのは、、、、。


まさかの佐賀の幼なじみでした!(笑)ははは。
posted by 西久保毅人 at 22:35| 2012.7月から9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする