2012年02月03日

要約

2月と言えば、、、、

そうです。僕の生まれ月。

2188.jpg
これは、井上さんちにあった人参雪だるま。


さて、
ちょっと前から伊坂幸太郎にはまってます。
、、、、、ずいぶん、流行遅れですが、、、、。


小説の内容もですが、小説っていうものに対する考え方がなんか、ぴんときたというか、、、、。

ある小説の中で、
モノごとは、要約すると、本質が失われてしまう、、、っていうくだりがありました。
だから、いちいち描写するのだ、というような。

ケンチクも同じですし、世の中の仕事やモノごと、いろんな局面で

「要約」する必要に迫られます。

ようするに、

簡単に言うと?  とか、ひと言で言うと?

みたいなコト。

そういうのがうまくできると、スジが通っているとか、明快である、とか、
たぶんそういう評価につながるんでしょう。きっと。

理解はできるんだけど、ニガテなんだなぁ、、、そういうの。


「この設計のコンセプトは? 一番大切にした事はなんですか?」


こういう質問も、雑誌の取材なんかでよく聞かれます。
ひと言、ふた言で、明快にビシッといえて、ほーらねって、
できたらカッコいいんだけどなぁ、、、、といつも思うんですが、、、、

正直、

「、、、うーん、、、全部。」

っていうのが、正直なところなんだよなぁ、、、でもそれじゃ、ラチが空かないよなぁ、、、。


もうひとつ、あるインタビューで、
小説の中に伏線をしいておいて、最後に関係付けてまとめる事を

風呂敷を広げて、たたむ作業に例えていて、

その中で、彼は、

「広げるだけ広げたものを、全部たたむ必要ないんじゃないか、むしろ広げっぱなしで、、、。」

そんなコトを言ってて、

「ほー、そうだよなぁ。。。」

と、妙に共感したりして、、、、、。

なんというか、
それこそ、リアル なのじゃないかと思うのです。

要するにすべてに説明がつくと分かりやすいんだけれど、
実際の世の中、そんな全てに説明がつくコトばかりじゃない。

むしろ、いろんなコト、説明がつくコト、理不尽なコト、わけの分からないコト、、、、が、
同時に平気な顔して並んでいるのが世の中なんじゃないかなぁ、、、。

だから、素敵なんじゃないかなぁ、、、、。
だから、感動したり、涙がでたりするんじゃないかなぁ、、、。

僕はそういう風に思うのです。



さて、
ずいぶん、サボってましたが、昨年完成しました「井上さんの家」と「尾崎さんの家」の
写真をアップしました。
こういう作業も、ある意味、「要約」。

2189.jpg   2190.jpg



ホントはね、ビシッと三枚くらいの写真でカッコ良く決めたいところなんですが、、、、、。

僕には到底ムリムリムリムリ、、、、。

てな訳で、相変わらずたくさんの写真です。
これでも、泣く泣く厳選した訳ですが、、、、、。

どの家もそうですが、最初からのスジが通って実現した部分もあれば、
設計や現場の流れの中で、突然産まれたモノもあったり、、、、いろいろですが、
それぞれに、楽しいエピソードがつまっています。
ある意味、いいかげんなコトの集まりなのだけれど、
一つも欠けてはいけないもののような気がします。

でも、何かに入れ替わってはマズいかと言うと、そうでもありません。

そのくらい、おおざっぱで、緻密で、いいかげんな出来事の寄せ集まった全体。

その全体こそが、家であり、建築なのだ、と僕は呼びたいし、
そのくらいおおざっぱであっても、なお、強く

あぁ、これは、井上さんちだよなぁ、、、間違いなくとか、
あぁ、これは、尾崎さんち以外ありえないよねっ、てしっかりと思えて、

あぁ、もう、これは、間違いなくニコ設計室のしわざだなっ、

っていう仕事を、今後もこりずに続けていきたいと思っています。



、、、、、、て、ほーら、また文章長くなっちゃった、、、、(涙)


今年の目標

要約できる大人になる事!!!!!



posted by 西久保毅人 at 00:57| 2012.2月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

チャーチ


2191.jpg







2193.jpg


新しいモノを作る仕事だからか、
古いものにとても魅力を感じます。

新しいモノを作る仕事だから、
古いものをとても羨ましく思います。



2195.jpg

時間だけが手に入れられる空気。
役目を終えてもなお、息づかいの残る場所。


新しいモノが、いつかこんな光を放つよう。

@渡辺さんの家
posted by 西久保毅人 at 00:51| 2012.2月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

同一人物

2196.jpg

来週、リンタロウの学校で、にぶんのいち 成人式、っていうのがあるらしいです。

2197.jpg

そんな訳で、昔の写真を並べてみましたが、、、、。

2198.jpg

ほーんと、最初はブタゴリラみたいだったなぁ、、、。


いちおう、間違いがなければ、全部同一人物です、、、。(笑)

2199.jpg

ニコで設計中のご家族も、最近は出産ラッシュで、

「、、、、うちのこ、こんなに太ってて大丈夫かしら、、、、。」


2200.jpg

ってよく聞くんですが、、、、

こうやって並べてみると、放っといても人間はこんな感じで成長をとげるので、、、、、
とりあえず、たくさん大きくしちゃって平気みたいですよ!

2206.jpg

さて10歳。
僕はとにかく、ヘタレ小学生だったので、あんまり思い出したいキオクはないんですが、、、
でも、マンガにしろ、音楽にしろ、その頃までに覚えたものは、ほーんと今でも覚えています。

キン肉マンでも、キャプテン翼でも、いまだにその名場面や、ドキドキした感覚をはっきり覚えていますし、
結局、その頃を生きた佐賀の空気というのが、いまだに自分の全ての判断の定規になっています。


おばあちゃんが家にいた事。
たんぼの向こうの地平線に毎日沈む夕日。
家の前の神社でよく遊んだ事。


設計の最後の判断を下しているのは、
実は,僕の中にいる10歳のジブンなのかも知れないなぁ、、、と時々思います。

2205.jpg

そんな風にこの10年というのが、
実は、いつまでもジブンの中に生き続ける時間だと考えると、、、、、、。


親としては、ちょっと申し訳ない事ばかりな気がします、、、、(汗)



うちの親はどう思っているのか、今度、聞いてみようかな。
posted by 西久保毅人 at 01:26| 2012.2月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

色の理由

今日は三鷹市の「吉川さんの家」のセルフペイントでした。


2215.jpg

現場も終盤ですが、色が入るとぐっと現場が明るくなって、
ちょっとした光の変化にいちいち感動してしまいます。

2216.jpg

今回も、おなじみポーターズペイント。
今日は、ポーターズペイントの伊藤さんも休日にも関わらず
参加してくれました!


2217.jpg

吉川さんセレクトで、今回も初めての色ばかりですが、
どれも見本以上に素敵な仕上がりで完成がより楽しみになり、
色の中で最終的な仕上げのイメージの打ち合わせをすると、
よりイメージが湧いてきて、今まで思ってなかったような展開もちらほら、、。

なんか、ちょっとみんな興奮気味、、、。

そのくらい、色の魔力はすごいのです。


2211.jpg

さて、時々、

「なんで色をたくさん使うんですか?」

とか、質問をされる事があるんですが、あんまりそこには確たる理由はありません。
理由がないくらい、色がある事をあたり前に考えているのかも知れません。

「なんで、天井があるんですか?どうして床があるのでしょうか?」

って、あんまり質問しませんよね。。。。

そのくらい、僕らにとっては

壁、床、天井、色、素材って、空間の5原則といってもいいくらい
同じくらい大事なあたり前のものでもあります。


2212.jpg

ちょっとした壁の傾き加減が、広がりを感じさせるように、
ちょっとした色が差し込まれる事で、ぐっと奥行きがうまれます。

そして、色や質感は、
何と言っても、光の変化で、一日のうちにも、表情が刻一刻と変化していきます。


2207.jpg

そして、たぶん、これが一番かもしれませんが、
何といっても、
ムラのあるきれいな色や、豊かな表情の質感の前で、
人や植物がとても素敵に、いきいきと見えるのです。

2209.jpg

実は、僕たち、普通の人の生活って、それほど統一感もなく、洋服だって気まぐれで、
衝動買いもしちゃえば、流行に流されもするし、家族の中でも好みも違うし、、、、
と、
実は、以外とがちゃがちゃした彩りの中に生活しています。
そーんな首尾一貫した統一感のある生活なんて、なかなかできるもんじゃありません。
考えだってコロコロ変わるし、、、、。

そんな、本当はとても気まぐれな僕たちを、
圴一な工業製品ではない、
仕上がりも、質感も、天気や、光の加減や、塗る人でころころ表情を変える
気まぐれな色や素材達は、


いちいち緊張すんなよ。
人間もケンチクも、、、、まぁ、そんなもんさ、、、、


と、許容してくれているからかも、、、、。


だから、普段着の生活や表情が、色や質感の前で、美しく見えるのかも知れないな、、、
とちょっと思うのです。。。
posted by 西久保毅人 at 02:25| 2012.2月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

原っぱのようなけんちく

僕たちのシゴトは、
まぁ、言ってみれば「モノ」を設計する仕事。
特に、「ケンチク」と呼ばれる、とても大きなモノを街に作ってしまう仕事です。

2218.jpg

大きなモノは、その存在自体が、暴力的でもあり、決して優しいものではありません。
そしてそれが現れると、いやがおうにも風景となり、街の子供達にとっては原風景となります。

まぁ、人間が入って生活するうつわを作る仕事なのだから、何をイマサラ、、、、って感じで、
あたり前なんですが、同時に、いっつも、新しい設計のご依頼があって、シキチを訪れるたんびに
思うのは、

「何にもなければいいのに。。。。」

という事です。

、、、、、こんなコト言ったら、ほんと、根も葉もなくて、
いっつもそんなコトを考えてるのがバレちゃったら、
ニコに設計を頼む気も無くなっちゃうかも、、、、ですが、、、。(汗)

2219.jpg

もし、なーんにもなくて、空き地のままだったら、、、、?

きっと街の子供達の遊び場になるでしょう。
そうそう、あの時みたいな。。。。

まぁ、近頃は、いろいろうるさいから、ドラえもんの空き地みたいにはならないかもしれないけれど、
それでも、ギュウギュウの街の中に、ポッと空き地があるっていうのは、それだけでもなーんか、豊かなコトです。

いろいろ想像できて、
なーんか、、、、ですけど。。。。


2220.jpg

住む人にとっては、街を手に入れたような、いごこちのよい場所に。

街の人、子供達にとっても、ホッと気がぬける原っぱのような存在になるように。


実は、そんな、根も葉もないような、真逆のコトを、僕はいっつも考えています。
できもしないような真逆のコトなんですが、
結構、まじめに考えているのです。。。


作りたいっていう欲求と、作りたくないっていう欲求を合わせもつ、、、、
まぁ、ひと言でいうと、ちょーー、メンドクさいタイプなのです。

僕がひとつだけ、決めているのは、
その答えを、絶対に作るコトで出す、というコト。
2226.jpg

さて、もうすぐ完成の、出口さんの家。
もう、交通量の多い、超がつくような、角地なんですが、足場がとれて現場に行ってみたところ、、、、。


あれっ、もう見えるはずなのに、、、、、。


と、思って歩いていたのに、なかなか見えてきません。

何度も、行ってる場所なのに、、、、。
結構、すがたかたちは、目立つはずなんですけどね、、、、、。

2224.jpg

、、、で、ちょっと目をこらしてみると、、、


あっ、いたいた出口さんち。


、、、、これはですね、、、、、、、、

ちょっと初めてのカンカクでした。

要するに、、、、足場がとれてみたら、街の風景にあまりにも馴染んでしまっていいたのです。きっと。


もちろん、近づくと存在感はあるんですけど、
なーんか、、、、、、街に違和感なく馴染んでいます。

シンチクなので、新参者のはずなのに、、、。


これは、何が引き起こしているのか、、、?
出口さん達が、一生懸命選んだ外壁の色や質感のせいなのか?
ボリューム感なのか、、、、?

原因は、いろいろあるんだろうけれど、
もう、存在感がいやでも出ずにいられないような、
いやでも目立ってしまうような、
そんな場所に設計をさせていただいたおうちが、

すーっと、街に馴染んでくれて、
それが、とっても新鮮で、嬉しかったな。。。。


たくさんの空間や生活を内包して、生活をしっかりと守ってもなお、
街にとって、原っぱのような存在でいられるような家。



そんな家になりそうです。
完成が楽しみ!!
posted by 西久保毅人 at 01:37| 2012.2月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

色つながり

2230.jpg


晴天の先日、
世田谷区で工事中の「山内さんの家」のコンクリート打ちでした。


2233.jpg

しかし、何度立ち会っても、
コンクリート打ちの風景は、佐賀の有明海の干潟のキオクを思い出させます。
これで、コンクリートが磯の香りだったら、そのままなんですが、、、。

2231.jpg

だからという訳ではないんですが、
やっぱり泥臭いコンクリートの現場は大好きで、特に山内さんちは、三階まで
打ち放し仕上げ。
天気にも左右されちゃう事もあるので、まだまだ緊張は続くのです。


2232.jpg

さて、今回工事をお願いしているのは、株式会社 青 さんという、色の名前がついた会社です。
なんとなく、工務店と言うと、年配のおっちゃん達がやってるイメージなんですが、
青さんの社長さん達は、なんと僕たちよりも若い珍しい工務店さんなのです。

2229.jpg

でも、若いけれども、逆に熟練のおっちゃん達が省略しがちな手間を惜しまなかったり、
伝統的なやり方を重んじたり、、、、、ととても新鮮な感じがします。
むしろ、おっちゃん達の方が、常識に縛られちゃうのかも知れませんね。

2235.jpg

今回感心したのは、コンクリートを竹で突いて閉め固めてくれていた事。
これは、版築の壁とか、電動工具がない頃の、コンクリートの閉め固め方で、僕も現場でみたのは初めて。
大抵の現場は、電動のバイブレーターという振動機だけなのです。


理由を聞いてみたら、
バイブレーターはバイブレータでよい面もあるけれど、欠点もあって、
やっぱり垂直に突く、という事をしないと、すみっこまできちんとコンクリートが行き渡らない
事があるんですよ。。。。。。とのコト。

今の時代に、まっさかーっ、って言う人もいるかもだけれど、
型枠はずすまで仕上がりが分からないコンクリートなんて、
所詮こんなもんだよって、、、姿勢じゃなく、
特にこういう、自分達が信じたやり方をきちんとやる、っていう姿勢はとても
素敵だと思うのです。


2236.jpg

さて、そんな青さんに、ちなんだ訳ではないんですが、、、、、

色つながりなだけですが、
カラフルなニコのNEW名刺が完成し、もうすぐお披露目。

1人あたり、好きな色をだいたい2色。
全員で、だいたい14色。


2237.jpg

青さん同様に、事務所で印刷してイマドキ、手作りかよ、、、、、と言われちゃいそうなんですが、

すみません、青さんみたいに伝統を重んじる訳ではないんですが、
超アナログの全て手作り、しかも色違いになっております。。。。。


全色集めても、特に商品はないんですが、
時々、プレミアカードが入っているかも??

名刺も、言っちゃえばたかだか名刺ではあるんですが、
渡す方も、もらう方も、楽しい名刺になるといいなぁ、と思っています。


ちなみに、青さんの名刺は、きれいなブルーなのでしたよ。
posted by 西久保毅人 at 01:35| 2012.2月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

とりいそぎオープンハウスのお知らせー(汗)です!

今週末の3/4(日曜日)

三鷹市で設計をさせて頂きました「吉川さんの家」の
オープンハウスをさせて頂きます!


2241.jpg

三鷹市の生産緑地に面した、とっても気持ちのいいロケーションのおうちなのです。

2239.jpg


、、、、いつものごとく、
案内はこれからお送りするのですが、、、、、、(汗)

、、、、、これから作るのですが、、、、、、(大汗、、、)


内覧をご希望の方は、御連絡下さい。

こちらまで nishikubo@niko-arch.com


、、、、、、よろしくお願いします。(脇汗、、、、)
posted by 西久保毅人 at 01:52| 2012.2月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする