2011年11月05日

7人7色

先日、明治大学設計/計画スタジオの西久保班にて、
第一課題の発表会を行ないました。


1995.jpg

僕にとっては、初めて出した課題。
それに初めて向きあってくれる学生達。

学生もドキドキだろうけど、僕もドキドキです。

まぁ、前週までのそれぞれのデキが、あんまりにもバラバラだったんで、
はたしてまともな発表会になるやらどうやら、、、、。


1991.jpg

そんな訳で、やっぱり自分も覚悟を決めないとなので、
フィニッシュの見えないまま、ゲスト審査員として、
僕の尊敬する大先輩の建築家NIIZEKI SUTUDIOの新関謙一郎さんを呼ぶ事に決めました。

新関さんは、大学時代からの圧倒的な尊敬する先輩で、お互い独立した今では、
まぁ、そのうちいつか新関さんをぎゃふんと言わせる、、、という僕の隠れテーマがあるわけなので、
初陣を見てもらうには最高のゲストです。

だから、

「にしくぼぉ、、、、たらたらした指導してんじゃないよ。」と言われる可能性もあり、、、、、。

あとは、

「毎週、西久保さん、大学行くっていなくなるけど、、、、、ホントにまともに教えてるのかしら、、、?」

と、事務所内での、名誉挽回もありつつ、
こういうのは、できるだけたくさんのプロの人の意見を学生に聞かせてあげるのが、
せめてもの僕のできる事なので、
ニコからキクちゃんと細田先生もゲストに来てもらいました。


1989.jpg

で、
いよいよ発表会。


説明の上手ヘタもあるし、思いの大きさ、たくさん考えた事を、図面や模型で十分に表現出来ない子。
初めて自分の提案を聞くゲストを前に、説明していくうちに、本題とズレて行っちゃう子。
労力以上のインパクトを残せる子。
もっとうまく説明できたら、もっと評価が上がるのに、、、という子。

もう、面白いくらい、いろいろなんですが、

1990.jpg

ちょっと感動的なくらい
僕がだしたテーマに向きあってくれた学生達。

もう、みんな徹夜明けで、しばらく風呂にも入ってない感じだったんですが、
それぞれ、個性的な視点で7人7色。


1999.jpg

もちろん、それぞれが発見して、向きあったテーマによって、
カタチにしやすかったり、カタチにしにくかったり、、、。
それは、あるんだよね。

だから、カタチにし易いテーマを発見した子は、あとは設計あるのみ、、、、って
進めるし、


1992.jpg

どうしてもカタチにしにくいテーマに向きあった子は、
まじめに考えれば考える程、どうしてもカタチにならない。

ホントにカタチにするべきかどうか迷う。。。。

2000.jpg

そうなんですよね、、、
建築学科だから、タテモノを設計したら、そりゃ簡単な訳です。
そしたら、卒業もし易い訳ですし、、、。


でも、じゃあ、ケンチクって何だろうか、、、?

すがたかたちのあるものだけが、ケンチクなのだろうか、、、?

1993.jpg

すがたかたち のあるものだけを設計していけば、
世の中は変わって行くのだろうか、、、?
ハッピーな未来が描けるのだろうか、、、?


まじめに取り組めば、取り組む程、
深みにはまっていきます。

1994.jpg

そんなコトを、各自、ほーんとに、にまじめに考えてくれたのが、とても嬉しかったですし、
表現はともかく、7人とも、自分のテーマから逃げずにフィニッシュ出来た事が、とても価値のある事だと思いました。

だからこそ、今回、悔しかった子もいるでしょう。

1996.jpg

でも、僕がいえるのは、

とことんやるとね、、、、ぜーーーーったい、次につながるんだよ、ってコトだけかな。

そして、そうしていると、いつか、

ぜーーーーったい、、、、、、、自分が出会いたい人や風景に出会えるというコト!!!

1998.jpg

さてさて、これから最後の第二課題。

たのしみたのしみ。。。。




これは僕が卒業設計の時に、机の前に貼ってたことばなので、
最後に紹介しますね。



誰も見ない夢を

誰も見ないカタチで

表現できる自由と権利を

100%保有しているのが、学生なのです。  
posted by 西久保毅人 at 22:39| 2011.11月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

発売も、放映も、されてますが、、、。

ちょっと前ですが、建もの探訪のDVDが発売されて、
そこに「白石さんの家」が収録されました。

よくぞ選んでくれましたー。


2007年完成だから、かれこれ4年。
子供達、もう大きくなっただろうなぁ、、。


2001.jpg

この絵のように、
広い梨畑に面した敷地で、1階〜2階まで、階段を使わないでよじ登っていける家です。


2008.jpg

なので、なんというか、、、、、
ワンルームを折り畳んだ感じで、1.2mずつの段差で床が交互にスキップしています。


でも、なんか、「スキップフロア」っていう、よくあるコトバは、どーーも、似合わない
白石さんの家。

おしゃれのため、っていうよりも、
よじ登るコトそのものが、暮らしだったり、子供の成長のあかしだったり、、。


ちょうどその頃、小学校高学年のお兄ちゃんとお姉ちゃんは、
ひょいっと登れるけれど、1年生の弟くんはなかなか登れない、っていうちょっと絶妙なレベル差でした。


2002.jpg


だから、スキッフフロアっていうより、、、、


「チャレンジフロア」

っていうコトバの方が、しっくりくるかなぁ、、、、、。


2003.jpg

子供達は、日々、暮らしの中で上手に登れるようになり、
オトナは、技術よりも、体重で登れなかったり、、、、、。(涙)

2004.jpg

でも、その高さは、
大人にとっては、肘をかけるのにちょーどよく、
小さな子供達と、大人の、いろんな楽しい関係がうまれます。

同じ高さの床にいるとなかなか縮まらない関係も、ほらあっという間。

2005.jpg

一番下の子供室は、床下のような、巣のような場所。
今頃、どう使ってるんだろう、、、?

かれこれ1年くらい行ってないなぁ、、、、白石さんち、、、。

2006.jpg

と、前の写真見てたら、久しぶりに行ってみたくなりました。


2009.jpg

きっと、さらに白石さんちっぽく、
住み倒されているんだろうなぁ、、、、。

2007.jpg


それと、そういうえば、告知する前に放映されちゃったんですが、
関西の「住人十色」という番組で、先日、鷲巣さんの家が、放映されました。

関西なので、僕も見れてないですが、お子さん産まれて楽しそうー。


以上、事後報告でした、、、。(汗)







posted by 西久保毅人 at 01:11| 2011.11月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

角地に建つということ

あの、センチメンタルな季節から、はや、1年と数ヶ月、、、。

2013.jpg

葛飾区で設計をさせて頂いていました「出口さんの家」が、いよいよ上棟を迎えました。

2015.jpg

僕の控え目な人柄のせいか、、、、
ニコのおうちの敷地は、割とひかえめな土地が多いんですが、、、、
そんな中、珍しくけっこうな交通量の多い角地に建つ家です。

2011.jpg

当日、ちょうど上棟を遠くから眺めていると、
いろんな通りすがりのご近所の方々が立ち止まり眺めていらっしゃるのですが、
地域柄のせいか、トウキョウでも割と人なつっこい方が多く、

「あんたの家かい??」

と、ご近所のおじさん。

2010.jpg

いや、いい場所だねぇ、、、。
角地ってのはさ、
世界に1/4しかないんだから、、、、、。

いい場所を選んだねぇ,,,。

とのコト。


2023.jpg

なんだか、考えても見なかった言葉を頂きました。


2012.jpg

ほーんと、僕たちなんかが、設計をしていいのかな、、、というくらい
この街にとってはちょっとしたへそのような場所。

出口さんからは、いろーーーーーーーーーーーーーーんな、
御要望やイメージを頂いたんですが、
ああ、素敵だなぁ、、と思ったのは、


「家ができても、街の人にとって、見通しのよい交差点にしたい。」


という言葉。


2022.jpg

もちろん家は、ご家族の生活空間ですから私物といえば、私物なんですが、
建物のたたずまいや、存在というのは、少なからず街に影響を与えます。
しかも、これだけ交通量の多い交差点の角地ですから、その責任は重大です。

2014.jpg

別に、それを重っくるしく、背負う必要はないんですが、
生活空間としては、だれに遠慮する事なく東南の角地の良さを十分に満喫しつつも、
同時に軽やかに、街の人達にもその場所の意味を、さしだすような、そんなたたずまい。

できて良かったね。
ない時よりも、素敵な交差点になったねと、
街の人にも愛されるような場所になるといいな、と

そんなすがたかたちを、考えさせて頂いたおうちです。


2016.jpg

そんな角地になればいいな、、、、と思いつつも、
想像力の著しく欠落している僕は、いくら模型で見てても、やっぱりケンチクは迷惑業。

ちょっと不安もあったんですが、
上棟の姿をみて、その下に立ってみて、

「あぁ、これはこれは素敵な角地になるなぁ、、、。」


と、ようやく確信をもちましたし、
ケンチクって、「場所」をつくる事なんだなぁ、、、、、と、
改めて思いました。

2017.jpg

さてさて、そんな出口さんの家。

当日、盛大な上棟式をして頂きました。


2018.jpg

もう、
赤ちゃんを抱くように、かわいい我が子のような模型ちゃんを
しあわせそうにだっこしての出口さんのご挨拶。

2019.jpg

たくさんのご親戚やご友人の方々に集まって頂き、
たくさんのお料理をふるまって頂き、
時間の経つのも忘れるような、秋の夕暮れ。

2020.jpg

近所のおじさん達がたくさん集まった
なんだか、田舎のお祭りや寄り合いのような、
そんな、不思議ないごこちの良さで、
ちょっと子供の頃を思い出すような、そんな街の出口さんの家。


まだまだこれから工事本番ですので、
気合いを入れて仕上げていきたいところです。


さてさて、ところで、、、、、、



上棟式へ向う駅前で、
こんなティッシュを配っていたんですが、、、、、





2021.jpg

いよいよ、「あれ」の発売でしょうか、、、、?





posted by 西久保毅人 at 02:32| 2011.11月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

両面庭の家

先日、好天に恵まれ、
三鷹市で設計させて頂いています「吉川さんの家」が上棟しました。

2026.jpg

長細い敷地なのですが、北は、広大な生産緑地に面していて
南は、団地の緑道に面しています。


2024.jpg

つまり、両面が緑!

2027.jpg

なかなか、トウキョウでこんな場所に出会える機会はなさそうな、、、、
そんなロケーションです。


、、、、いつも書きますが、
あんまり条件が良かったり、環境が良かったり、、、、、、っていうのに
慣れていないので、こういういい場所にであうと、

「、、、、、、(汗)」


と、フリーズしてしまうのですが、、、、。

2028.jpg

なので、たくさんの案を考えたのですが、
とにかく素直に、長細ーーいトンネルのような両面に緑とテラスのある
おうちを御提案しました。


いざ、上棟して、上に登って見るとですね、、、、、

もう、想像以上に広大に広がる緑。
こんな景色を眺めながらの生活はとてもリッチですし、
気にした視線もほとんど感じない様な距離感でした。

2025.jpg


あぁ、そういえば、最初にお会いした時の御要望は、

「中庭のある家」がいいなぁ、、、


ってコトだったなぁ、、、、。


でも、あれこれ考えると、こんな場所で中庭つくるよりも、
両面に緑とつながる庭があるほうが、ぜったい気持ちいいんじゃないかな、、、?

と、

2029.jpg


そんな御提案をして、
ようやくここまでこぎつけたおうちです。


やっぱり、良かったですねっ! 良かったでしょ!  良かったですよね、、、、?


2030.jpg


さて、そんな景色を眺めながら、上棟式を企画して頂きました。

工事は内田産業さんという鷲巣さんの家を工事してくれた工務店さん。


2031.jpg

川越に本社のある会社なので、上棟の時は、こういうちょうちんをつくって
お祝いをしてくれます。
ちいさなサプライズですが、こういうの、
とっても素敵ですね!


2033.jpg

もう、骨格は間違いなく気持ちいいですから、
後は,夢のカフェ実現のため、仕上げを念入りに検討していきます。
バリスタフジモンも、彼女との将来のカフェ経営が控えていますので、
ちょっと、気合いの入り方がいつもと違う模様。。。。

僕としては、
上棟式のために、なんと佐賀の焼酎を芋、麦とわざわざ2本も探してきていただいたので、
お礼に気合いをいれて、焼酎の香りのするカフェになるよう、頑張ります。



お湯割りの美味しいカフェ。

芋焼酎ラテのホットに、梅干しトッピング。

2032.jpg

たのしみたのしみー。
posted by 西久保毅人 at 01:38| 2011.11月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

そうそう、そういえば今週末、オープンハウスなのです(汗)

そうそう、


2034.jpg


そういえば、今週末の11/27(日曜日)


東京都練馬区で設計をさせて頂きました

「尾崎さんの家」


オープンハウスなのです。

2035.jpg

また、改めてご案内をお送りしますので、
内覧をご希望の方は、下記まで御連絡下さい。

こちら。
nishikubo@niko-arch.com




posted by 西久保毅人 at 19:01| 2011.11月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

尾崎さんの家のくらし

という訳で、今週の日曜日、
練馬区で設計をさせていただきました「尾崎さんの家」のオープンハウスです。


2037.jpg

思い返す事は、とてもたくさんあるんですが、

これとか

これとか

これとか、、、、、。


とにかく「地域」

っていう、コトバがとても似合う尾崎さんの家。


2038.jpg

現場にいても、ご近所の方達があたたかく見守ってくくれて、
子供達も、自分ちのように、隣りの家に出入りをして。。。。


ケンチクカは、時に、こういうコミュニティーがうまれるように願ってケンチクを作るのだけれど、
結局は、人が一番大切。


だから、僕たちは、
尾崎さんが時間をかけて築いた素敵なご近所つきあいが、
もっともっと、楽しくなるように、


2040.jpg


そんな場所を設計させていただきました。

家はそーんなに大きくなくっても、

わが町

って感じられたら、それはそれはとても優雅なのです。


2039.jpg



ロッドマンの髪型とお揃いの、ピンクのセルフペイントをそえて。





posted by 西久保毅人 at 12:11| 2011.11月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

みずいろ きいろ




2041.jpg





なんだか、淡い水彩画のような



みずいろ と きいろ




ISANAの秋

posted by 西久保毅人 at 02:18| 2011.11月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

ジャスミン、、、、。

2043.jpg

ジャスミン、、、、、。




2044.jpg

ホソダさん、元気出して下さいよ〜。




2045.jpg

、、、、、ジャスミン。




2046.jpg

何、ホソダくん、振られちゃったの、、、?  何人??





2055.jpg

ほらっ、元気出して。   あーん。




2047.jpg

やめて下さいよ、泣いちゃうじゃないですか、ジブン。。。。




ただ、現場が終わった、ただそれだけのハナシっすよ、、、。ジブン。
通過点っすよ、ジブンにとって、、、。





2050.jpg


ままままっ。


、、、ヒゲ一本、指一本、触らないでよね、、、近いから!フジモン!





2049.jpg



、、、、、じゃすみーん。。。。






2051.jpg


、、、、、、。



2052.jpg



じゃすみーん。。。。










posted by 西久保毅人 at 22:18| 2011.11月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

尾崎さんの家オープンハウス!





らくーがきの 教科書と

2088.jpg



そーとばかり見てる俺

2086.jpg



超高層ビルの上のそら

2056.jpg



とどかない夢をみてる、、、。

2057.jpg



やりばのない

2061.jpg



気持ちの、、、、

2058.jpg



とびら 破りたい

2059.jpg



校舎の裏 タバコをふかして

2060.jpg



見つかれば逃げ場もない、、、、。

2079.jpg



しゃがんで 

2038.jpg



かたまり

2072.jpg



背を向けながら。。。。

2071.jpg



心のひとつも 分かりあえない

2078.jpg



オトナ達をにらむうぅぅ、、、

2062.jpg




OH〜 そして仲間達は今夜

2064.jpg




家出の計画をたてる、、、

2065.jpg




「とにかくもう 学校や家には

2066.jpg



 帰りたくないぃいー」

2067.jpg




OH〜 仲間達は心を

2068.jpg




すてろすてろ というがオレはいやなのさ。。。

2069.jpg




「退屈な授業が 俺たちのすべて」

2070.jpg




ならばぁーあー

2073.jpg




OH〜 なんてちっぽけで

   なんて意味のない、、

2040.jpg




なんて無力な

2074.jpg




じゅーうごのよるぅぅぅぅぅぅぅ

2075.jpg




盗んだバイクで

2076.jpg



走り出す

2077.jpg



行く先も 分からぬまま

2080.jpg



暗い夜の帳の

2081.jpg




中へーーーーえええー

2084.jpg




覚えたてのタバコをふかし

2085.jpg




星空を 眺めながら

2087.jpg



自由になれた気がした

2083.jpg




十五のよーぉる

2063.jpg




自由になれた気がした

2089.jpg



十五の夜。







、、、、、さて。

我が愛する尾崎豊の15の夜にのせてお送りしました、「尾崎さんの家」オープンハウス。
いかがでしたでしょうか、、、、(汗、、、)


100名を超えるご来場と晴天の中、
とっても素敵な、尾崎さんらしいおうちができました。

春には、奥様の雑貨屋さんが、オープン予定。

ほーーんと、これからが楽しみな、尾崎さんの家です!


※ちなみに、尾崎さんと尾崎豊は全然関係ありませんし、
そういえば 尾崎さんが好きかどうかも知りません、、、、。

なんか、アニーと尾崎さんの写真を見てたらですね、、、ふっと流れてきたのでした、、、、。

今度、カラオケ行きましょうね!
posted by 西久保毅人 at 01:49| 2011.11月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする