2011年09月04日

坂道の途中

先日、ちょうど、一年前に完成した、「飯村さんの家」の1年点検にうかがいました。
、、、工事が遅れてしまい、去年残念ながらオープンハウスをできなかったおうちです。


1803.jpg

杉並区の大きな公園にに近い、
坂道の途中の、

1804.jpg

しかも、角地に建つおうち。
シンプルな外観の前にたつポストは、スイミーのような、紅一点。
飯村さんの持ち込みの中国の家具に合わせた朱色です。

1805.jpg

設計中は、

もしゃもしゃがいっぱい、、、とか、

1806.jpg

もこもこな感じ、、、、、とか、、、

1807.jpg

なんだか、ケンチクは関係ないような、
言葉のたくさん飛び交う打ち合わせで、
もちろん、ケンチクの話もするんですが、最終的には、頭の中には、

「もしゃもしゃ」とか、「もこもこ」とか、、、


1808.jpg


そういう言葉を最後まで定規にしていきました。

1809.jpg


、、、、読んでるだけだと、

「なんのこっちゃ、、」って感じかも知れませんが、、、、、。

1810.jpg

そういうイメージって、完成直後に表現されるものもあれば、
時間が経過するコトで、どんどんにじみ出てくるものもあります。

1811.jpg

飯村さんの家は、1年経って、打ち合わせ中に使っていた
たくさんの擬音語、擬態語が、ようやくタテモノを覆うような勢いで
芽吹き出していて、とても感動的でした。


1812.jpg

もちろん、設計なので、何畳とか、何センチとか、、、、
基本的に、ケンチクは数字で支配されるものではありますし、

1813.jpg

設計や工事が進むと、ディティールや、納まりや、設備や、配管や、、、、、、、

もう、その即物的な業務に追い立てられて、いつの間にか、
イメージの言葉を忘れれしまう時もあります。

1814.jpg

だからこそ、どんな時でも、

ここにはさ、もしゃもしゃがいっぱいでね、、、とか、


うーん、、、もこもこかなぁ、、、これって。とか。

びゆっ、とか、びしっ、とか。


そういう、「現場」とは関係ないような、言葉がとても大切。

1815.jpg


とにかく、
ケンチクとは、全然関係ないような言葉に、しっかりしがみつく、
って事が、一番大切なのです。。。。。


と、そんなコトをですね、、、

飯村さんと初めて出会った時のメモを久しぶりに読み返しながら、
そして、完成して1年後の写真をながめながら、

両方を見比べつつ、
考えました。

1816.jpg


これからも、どんどん楽しくなりそうな、飯村さんの家。
あまりに素敵で、写真を撮りすぎましたが、、、、

そのうち、まとめてUPしますね、、、。(汗)
posted by 西久保毅人 at 13:14| 2011.9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

スタートライン

先週、台風の合間をぬって、無事
ふたつのおうちの地鎮祭を迎える事ができました。

1817.jpg

ひとつ目は、葛飾区の出口さんの家。
ニコのおうちは、割とじみーなロケーションが多い中、
交通量も人通りも、割と多い角地に計画した住宅です。

1819.jpg

広い十字路に面した、東南の角地で、それだけ聞くととっても素敵なんですが、
ふたつの横断歩道が自分ちに向ってくる、、、、、っていうのは、
生活空間としては、ちょっと視線を浴びすぎなロケーション。。。。


ホソダのステージだったらいいんでしょうけど、、、。


1822.jpg

そんな訳で、周辺や通り過ぎる自転車のおばちゃんや、街の人の視線は切りつつ、
パンツ一丁で、自分の敷地を十分楽しみつつ、
人も車も、交通量が多いので、家が建つ事で、角地の見通しは、悪くしたくない、、、


1821.jpg

と、そんな相反するような、超ワガママなイメージを実現したおうちです。

1823.jpg

スケッチは、最初の御提案の時の、そんなイメージ。
打ち合わせの中で、いろいろ変化していきましたが、変わる中でも定規にしてきたイメージ。


1826.jpg

二件目は、三鷹市で始まる吉川さんの家。
ここは、反面とても静かな住宅地で、周辺は、広大な生産緑地です。
敷地は長細いんですが、南も北も、緑が多く、特に北面は、何十メートルも続く
生産緑地に直接面しています。


1825.jpg

この模型も、いちーばん最初の御提案の模型。
緑地にうかぶ舟のような、空と、緑に両面ともつながっていくような家になるといいな、、、と思いました。


もちろん、お打ち合わせの中で、いろんな要素が加わったり、変化したり、、、、、
していくんですが、どちらも、最初に大事にして、ご家族と共有できたイメージを
そのまま引きずって、工事に着工です。


1824.jpg

前回も書いたんですが、設計が進んだり、工事がはじまったり。。。。

進めば進む程、処理すべきコトが増えて、「シゴト」っぽくなっていきます。


、、、、まぁ、、シゴトはシゴトなんですけど、、、、。もーちろん。。。


でもね、、、、
これからのすべての決断、局面、打ち合わせ。
そんなちょっとしたひとつひとつの「シゴト」の時に、
最初に描いたこんなイメージに立ち返るコト。


「そこ」に向った決断か、もしくは現場での気づきにより、あえて「そこ」からはずす決断か?


そんな、どうでもいいコトに、いちいち引っかかるコト。

見失ったら、いちいちスタートラインに戻って来るコト。



オリンピックじゃないから、フライングは恐れずに。



むしろ、フライングゲット、したもん勝ち。
posted by 西久保毅人 at 22:39| 2011.9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

ファンクラブ

東大和市で進行中の、池田さんの家が、今日上棟しました。


1883.jpg

荻窪からそんなに遠くないんですが、とてものどかな場所。
まわりも緑多く、
おまけに敷地が、なんというか、、、
二面を道路に、一面が広い緑地に面しているので、例えるならば、
舟のように、道路に突き出たような形状をしているのです。

1879.jpg

最初の写真の、牛のいる南の庭を残して、可愛らしいふたつのおうちが
建っているようなたたずまい。

1878.jpg

別に意識した訳ではないんですが、とっても仲の良い御夫婦なので、
お二人が寄り添って建っているような、、、家がだんだんそんな風に見えてきた今日この頃です。


1880.jpg

見た目は割とシンプルなたたずまいなんですが、
内部はいつものように割と複雑。
小さな空間ですが、高さが変化しながら、展開していくのんびりとしたおうちです。

上棟式は、改めて来週行う予定。それも楽しみです!

1884.jpg
さてさて、池田さんの家。
実は、工事は、甲府の乙黒さんにお願いしています。

乙黒さんは、昨年完成した、溝口さんの家のリフォームをお願いした甲府の工務店さん。

1881.jpg

社長さんのお人柄も素晴らしいですし、監督の日原さんも、とても柔軟で段取りの素晴らしい方。

そんな訳で、常々ぜひ、またお願いしたいっ、と思っていたので、

「、、、東京といっても、西の方なんで、なんとかお願いできませんかねぇ、、、。」


と、今回の工事をお願いする事ができました。


1882.jpg

今日もさっそく、すでに池田さんより素敵なエピソード。

監督の日原さんが、いつも近隣の方に丁寧にご挨拶をしてくれているようで、

「、、、近所の方に、とっても喜ばれています。
 物腰もとってもソフトで、
 そのうち、近所で、日原さんファンクラブができちゃいうそうな雰囲気ですよ。。。」

との事。


いつも、迷惑がられる事はあっても、なかなか喜ばれる事はない、建設業。

すばらしいですねー。


ぜひぜひ、もっと東京進出をお願いします!


最近、なぜかニコの仕事は、東京の西側ブームなので、、、、。
posted by 西久保毅人 at 01:22| 2011.9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

リクガメの話

大抵、初めておうちのご相談にいらっしゃる方は、
自分達の理想の家とか、イメージとか、、、、

そういうものが載っている雑誌や写真を持って事務所にいらっしゃいます。

そこには、たーくさんの付せんを貼ってあったりして、最初に写真でイメージを伝えて頂く事が
なんだかんだと多いかも知れません。

別に、写真じゃなくても、言葉でも、絵でも、、、、

本当は、なんでも良くって、むしろ、ケンチクの写真とかじゃない方が、イメージが広がっていいかなぁ、、、と
思う事もよくあります、、、、、。

そういえば、これが理想の家のイメージなんです、、、、、と好きなお菓子の箱を持って来て頂いたコトもあったり。。。


ようするに、家を作るからといっても、
家じゃないものからスタートしたって、全然良いのです。



さて、そんな中、本日のうちあわせ。
初めてのご相談だったんですが、、、、、


たくさん持っていらした本の中で、まず最初にバックから登場したのが、

カメの本と、は虫類の飼育の本、、、。

1885.jpg

ちょっと事前のご相談で、カメを飼いたいとは聞いていたんですが、どの程度の「飼う」なのかなぁ、、
と思っていたんですが、、、、、。


今も、小さなカメを数匹飼っていらっしゃるそうですが、
新しい家では、ゾウガメを庭で飼いたいとのコト!

1886.jpg


それからは、
カメを眺めながらビールを飲みたい、、、とか、

やっぱり、カメが家のまわりをぐるりと散歩出来るようにしたいとか、、、

でも、ネコとか、鳥とかに襲われないように、なんとかしたいとか、

亀の楽園になったらなぁ、、、とか。



僕が、

「、、、、、で、おうちの中身は、、、??」


と聞かなかったら、ゾウガメとの理想の生活の話で終わったかもしれないくらい、
ちょっと盛り上がってしましました。

雑誌を見ると、ゾウガメにまたがる子供!

ホントにゾウガメ飼ってる人、結構いるんですねー、、、。
1887.jpg

もちろん、もちろん、家づくりなので、家のお話もたくさんしたんですが、
どうも、最初にカメ聞いちゃったもので、何を聞いても、カメばっかり想像しちゃいました、、。

ゾウガメがいるリビング。

ゾウガメのいる子供室。

ゾウガメとの入浴。。。。

すみません。


でも、こういうのは、とても素敵な事です。

別にカメじゃなくてもいいんですが、
どうしても、家は、家の中身の話に一生懸命になりがちです。


それは、家の中に住むんだから、しょうがないんですけど、
中身ばっかり考えたら豊かになるかというと、そうではない事が多いのです。

敷地や、予算や、面積や、、、、。
中身ばっかり考えていると、実は、条件の厳しさから逃れられません。

実は、家の外側、
街との繋がりや、庭や、光や、風や、抜けや、緑や、通りすがりの人や、虫や、ネコや、、、。


そういう、外側が、実は生活を豊かにしてくれる大事な要素なのだと、たくさんの
実例の中からいつも感じています。


そんな事をいつも感じているので、まったく人間様と関係ないカメの話ばっかりした
今日の打ち合わせはとても新鮮でした。


また、イヌとか、ネコとか、なんとなく意思の分かりそうな動物ではなく、
カメという、こちらがどんだけ想像しても、きっとヤツらの考えてる事は
分からないだろうなcぁ、、、、、っていうくらいの神秘的な生き物だから
なおさらかも知れません。


家の外側にいるカメさんが、どんなに生活を豊かにしてくれるか?


考えるのが楽しみです!


それにしても、リクガメの本とか、は虫類の飼育の本、面白かったなぁ、、、。
こんど買ってみます。
posted by 西久保毅人 at 05:02| 2011.9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

ニコニコ左官隊(修行編)

ちょっと前に書きましたが、
9月のニコは、現在左官月間。

1888.jpg

今までポーターズペイントなんかの施主塗装はたくさんやってきましたが、
今後の仕上げのバリエーションを増やすという事と、
やっぱりいろんな事をできるようになりたいよね、、、という事で、
まずは、もうすぐ完成の「井上さんの家」の一部屋をみんなで塗る、という目標をかかげ、
事務所で実験しています。

1889.jpg

といっても、いろいろ知識も道具もないので、
技術指導として、ニコの初代スタッフ遠藤君を、ゲスト講師に迎え、
いろいろ教えてもらっています。

遠藤君は、今は、一級建築士を取り、地元甲府で独立。
半分、職人のような知識と経験があるので、ニコにとってはとても頼りがいのある仲間です!

1890.jpg

しっくい、モルタル、土、わら、砂、、、、。

ひと言で左官仕上げといっても、いろんな材料の配合で、全然違う表情になりますし、
コテで仕上げるのか、刷毛で仕上げるのか、、、、、等、
道具、手の動かし方で、いろんなバリエーションが可能です。


1891.jpg

たとえば、自分達が今まで触れたもの、雑誌でみたもの、、、そんなテクスチャーが
どうやったら実現できるのか?

そんな事を、経験としてみんなで覚えたいのと、
僕らはあくまで、「施工」としてはシロウトなのですが、
シロウトは、どこまでできるのか?っていう事も、体験として知りたいのです。

1894.jpg

、、、、、とまぁ、いろいろ言いますが、
分かりやすく言うと、ただのやりたがり。。。。

とにかく、自分達のケンチクにできれば「手」をだしたいんですね、、、、きっと僕らは。

やりだすとやっぱり難しくって、なかなか思うようにはいきません。
しかも、塗れる事務所の壁も限られていますので、何度も重ね塗り、、、、、、。(涙)


あーーーー、こういう時は、
広ーくて、たーくさん塗れる壁のある作業場が欲しいなぁ,,,そんな事務所がいいなぁ、、、
と、思っちゃいますね、、、、。

1892.jpg

さて、写真は留学生のダソホンくん。
副業で音楽をやってるせいか、左官仕事も、なんだかバイオリンを奏でているよう、、、。

美しいですね。天は二物も産物も与えますね。。。。。

1893.jpg

左官、カンタービレ(和訳=唄うように)


だそうです。


なるほど。。。。
posted by 西久保毅人 at 22:45| 2011.9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

オープンハウスのお知らせ(汗)

今週の日曜日 9月25日に、
練馬区で進めておりました

「井上さんの家」

のオープンハウスをさせていただきます!

1895.jpg


ご案内は追ってお送りしますが、
内覧をご希望の方は、下記まで御連絡頂けましたら、
詳しいご案内を差し上げます。


nishikubo@niko-arch.com 西久保まで
posted by 西久保毅人 at 12:47| 2011.9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

井上さんの家オープンハウスです。

ようやく、台風も過ぎ去った感じですね。

今週末9/25(日)は、練馬区で進めてまいりました「井上さんの家」のオープンハウスです。

1899.jpg

敷地は、ミニ開発の分譲地の、一番つきあたり。
つきあたりっていうと、普通は、一番損な敷地になりがちですが、
ここは、実は、一番お得なシキチ。

1909.jpg

なんと、つきあたりは、一面農園に面しているのです。

1896.jpg

そんな素敵なロケーションを生かしつつ、小さないろんな居場所をちりばめた住宅です。

まぁ、中庭があるから「コートハウス」って呼べなくもないけれど、
小さなアナグラみたいな場所もたくさんあって、

こう、なんていうか、、、
一口でなかなか言い表せないおうち、、、。

1897.jpg

それはきっと、
敷地はとーっても、開放的なのに、

「わたし、狭くて、暗くて、小さな場所にこもるのが好きなんです、、、。」

っていう、
開放的なロケーションと、井上さんの嗜好との、
とっても面白い、ま逆な二面性のおかげでしょうか、、、、?


きっと、そうです。。。

1898.jpg


そうそうそして、先日、みなで練習したセルフ左官も、井上さんと一緒に塗り上げました。
はんなり、こんもり、アフリカ部屋。。。。。。


1900.jpg

思い返すと、最初に井上さんにお会いしたのは約2年前。

1901.jpg

その時に、持って来ていただいたイメージ写真は、いろんな素材、いろんな色の
素敵なものばかり。。。。

1902.jpg

お気に入りの家具も、、、、、、

家具っていうか、いろんな古道具のコレクションもとても素敵で、
いろんな素材、いろんな質感の中に、
そういうモノ達が、たくさん並べられるといいなぁ、、と思いつつ、

1903.jpg

そうなると、こちらも調子にのる訳で、、、、

今まで以上に、いろんな素材、色を使わせて頂き、陰影のある空間になりました。

1904.jpg

セルフペイント、セルフ左官と、いろんな手の跡を残しつつ、
コンクリートと木造の混ざりあうとてもダイナミックな構成。

1905.jpg

そして素材同様、
とにかく、お酒を飲みたくなる場所もたくさんあるのです。

1906.jpg

と、
そんな訳で、オープンハウスも楽しみなんですが、
はやく引っ越しをして頂いてですね、
飲みに行くのが、今から楽しみ。


1907.jpg

そして、飲んだ後の、バスルームがですね、、、、、、、、。

1908.jpg


と、もう、言葉で表現するのは限界なので、日曜日、お待ちしておりまーす。(笑)

お問い合わせは、こちらまで。
posted by 西久保毅人 at 02:26| 2011.9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

回遊魚

先週の日曜日は、「井上さんの家」のオープンハウス。

1910.jpg

お天気にも恵まれ、大盛況。
100人以上のご来場でした。

いろんな場所から来て頂いて、
どうもありがとうございました。

1912.jpg

なかでも、いつもに増して、子供率の高い事高い事、、。

一時期は、もう、保育園か、、、、というくらいのにぎやかさ。。。

1913.jpg

たーくさんの色、たくさんの段差、たくさんの抜け。


1915.jpg

子供達を、触発するようなしつらえにあふれる家なので、
子供達の反応は、とても正直で、嬉しかったなぁ。。。

1933.jpg

別に、それを意識する訳ではないんですが、
ケンチクの喜びや、感動を、いーちばん理解してくれたり、
僕らに教えてくれるのは、いっつも子供達です。

1914.jpg

さてさて、井上さんの家。。。。


1916.jpg

設計って、何だろう?

1931.jpg

何にむかって設計ってするんだろう?


1925.jpg

と、そんな事を、もうかれこれ、50件以上の設計をさせていただきつつ、
かれこれ、独立して10年近くたつのに、
もう、38歳にもなってしまったのに、、、、。


1929.jpg

現場に立つたびに、
そして、設計のいろんな局面で考えてしまいます。

1932.jpg

もう、ぜんぜん成長する気配ないです、、、、、トホホホホ、、、。


1918.jpg

だから、いろんな局面でですね、、、、
ほーんと最後の最後まで、
ジタバタジタバタしています、、、、。


こんな親は、見習わない方が、ゼッタイいいですね、、、、。

1934.jpg

はたして、何に向っているのか?

何に出会いたいのか?

1911.jpg

きっとその人なりの、設計する人なりの、ゴールっていうものが
あるんだと思うのです、、、。

じゃあ、僕のゴールは何なんだろう、、、。


1917.jpg

ええとですね、、、、
まぁ、ケンチク的になんちゃらっていうのも、多少は考えはするんですけどね、、、

1926.jpg

うまくは言えないんですが、
僕にとっての家づくりのゴールは、
最初に、出会った時の感動のような、ものです。

スタートした時点では、すがたもかたちもないもの、、、。

1927.jpg

1937.jpg

最初に、井上さんがいらした時の事。

たくさんのお話の中で、まだ、すがたかたちは、ないけれど、
モヤモヤと産まれる空気のようなもの。

1919.jpg

残念ながら、その瞬間というのは、一度きりしかなくて、
だんだんそれが、打ち合わせになっていったり、

1936.jpg

1928.jpg

設備の話になっていったり、
コスト調整の話になっていったり、、、。

要するに、仕事っぽくなっていきます。

まぁ、仕事ですけど、、、、。

1920.jpg

そんな中で、最初の感動を見失わない事。

1921.jpg


マラソンみたいに
競技場からスタートして、どんなに遠くまで走っていっても、
最後にちゃんと競技場に戻ってこれるように、、、。

1922.jpg

だから、どんなに、複雑になっていこうと、
戻る場所は、ひとつなのです。

1924.jpg

僕にとっての競技場は、出会った時の、その時の感動。
それを定規にすべてを決断していきたいと思います。

1923.jpg

ちゃんと、いつもそこを意識しているか?
この選択は、そこに向っているのか?

1935.jpg

すべての養生をはがした瞬間、ちゃんと、その瞬間にであえるだろうか?
全然違う場所にたどり着いてやしないか?

1930.jpg


ようやく戻ってこれたかなぁ、、、、、きっと。
posted by 西久保毅人 at 00:12| 2011.9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする