2011年07月07日

じゃない方

ちょうど、工事の真っ最中だったり、
最近、完成したり。

1727.jpg

着工に向けて、最後の見積もり調整をしていたり、、、、。

1723.jpg

この模型たちは、
そういうおうちの「じゃない方」


つまり、途中で御提案したりしたけど、実現しなかった案の一部です。

1725.jpg

じゃない方、といいつつも、
面影があったりするおうちもあれば、
最終案には、面影すらないものもあります。


1726.jpg

一組のご家族の、
同じ御要望からうまれ、僕らが考えた案には違いないのです。

選ばれなかったのか?

いやいや選ばなかったんだなぁ、、、と思います。

1729.jpg


うーん、、、、
選べなかったんだなぁ、、、。


1724.jpg

かといって、その理由を羅列しても全然意味はなくって、


「うーん、、、なんかチガウ、、、。」


っていう、きっと直感が大きいのでしょうね。
そういう直感を大切にしていきたいところです。



さてさて、遅くなりましたが、
坪井さんの家と、ISANAの完成写真をアップしました。


このふたつも、じゃない方、たーくさんあったなぁ、、、、。



あと、地味ーに、、、、ですが、
こういうおうちマーク作りました。
home.jpg

押すと、ホームページのHomeに戻るヤツです。

労力のわりに、
超地味ー、、、、な、更新です、、、、。(涙)

いろんなところにいるので、探してみて下さい。。。。。
posted by 西久保毅人 at 01:48| 2011.7月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

土の世界

写真は、もう五年くらい前に完成した坂本さんの家の土壁作業風景です。

1730.jpg

この時は、淡路島から久住有生さんに来てもらって、和室の壁を、ギザギザダンダンの土壁を
塗ってもらいました。

1731.jpg

左官の仕上げは、いろいろニコでも使うのですが、本当の土を塗ったおうちって、
これだけだなぁ、、、。そういえば。。。。。

1732.jpg

実は、ですね、、、
ちょうど、もう13年程、昔々の話ですが、
最初に働かせてもらったのが、象設計集団の現場スタッフとして、でした。
ちょっと大きな、老人ホームと保育所の現場でした。

で、卒業したばかりで、何もできる訳のない、僕が担当させてもらうのは、もちろん建物の
大切で、難しい部分である訳もなく、、、、、

そんな訳で、僕が唯一担当させてもらったのは、今思えば、失敗しても、建ものには大して
影響のない、左官仕上げや、色 だったのです、、、、。
要するに、「表面」ですね、、、、。

しかも、ありがたい事に、たーくさんの種類の左官の仕上げ、たーくさんの色を使う建物だっったので、
もう、楽しくて楽しくて、しかも、とても無責任でいられる立場ですので、
ひたすら左官の仕上げの勉強をさせてもらいました。
土壁の配合のバリエーション、どんな道具を使えば、どんな仕上げになるか?
どんな色は、発色がよくて、どんな色は難しいか、、、?
それを、自分達でも、たくさん壁に塗ったりして、

「うーん、やっぱり僕が塗るとはがれるなぁ、、、、」とか、、。

知識だけでなく、体験としても、たーくさんの恥ずかしい失敗もしつつも、
ツカエナイ立場として、現場で僕が手を出せる事はそれしかない訳で、、、、、
夢中で勉強したなぁ。。。。


しかも、またまた幸運にも、その現場の左官屋さんが、久住章さんや前述した有生さんという、
超一流の方だったので、国宝のような土壁、しっくい、磨き壁から、アイデアあふれる手法まで、
たくさんそばで、見る事ができました。


もう、現場が終わる頃には、

「、、、、こんなに楽しいなら、左官屋さんになろうかなぁ、、、。」

と正直しばらく、左官中毒気味なくらい、、、。

今思っても、二度とないくらい濃厚な日々。。。。
ツカエナイ立場って、なんて自由で幸せなんだろう。。。


1733.jpg

土壁。
たとえば、ボロボロするとか、ひびが入るとか、汚れるとか、こわれ易いとか、その日の気温で仕上がりが変わっちゃうとか。
たぶん、工業製品的なデータで見ると、いいとこなさそうですが、
そういうすべてを差し置いても、ホンモノの土、っていうのは、代え難い魅力のある素材です。


僕がよく、地面に土を残そう、っていうのも、
実は同じで、土を残すと、雨の日ぐちゃぐちゃするとか、靴が汚れるとか、、、、、便利に暮らそうと
思うとマイナスばっかですが、、、、でもやっぱり地面って、草も生えて、虫もいて、雨もしみ込んで、、
僕にとっては、素敵な事ばっかりに思えます。


1734.jpg

そんな訳で、いろんな思いはありつつも、
ちょっと遠ざかっていた土壁の世界ですが、今年は久しぶりにそんな仕事ができそうな予感。
久住さんに頼めるといいなぁ、、、、。


楽しみ楽しみ。


せっかくなので、セルフペイントだけでなく、セルフ左官も、やりたいなぁ、、、。

だって、世界中見渡すと、
プロしかやらないのは、日本だけなんじゃないでしょうかね?きっと。


もっと、自由に、もっと気楽に、



「みんなで塗ったら、ハッピーで、ラッキーやから、ラッピーなんやっ。!」


っていう、久住章さんの言葉がいまだに忘れられません。
posted by 西久保毅人 at 02:43| 2011.7月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

100円でじゅっこ、1000円でじゅっこ

僕は、100円ショップっていうのが、昔からどーも キライです。


なんでかって、言われると説明に困るけれど、
なんていうか、、、、ウソっぽいからかなぁ、、、。
なんでもかんでも、100円っていうのが。

あとは、自分が、曲がりなりにも商売をしてるからかも知れません。


100円ショップが誕生してからずいぶん経つから、今時こんなカンカクはたぶん
時代遅れなんでしょうけど、やっぱ、いまだに入らないなぁ、、、、。

安いし、全部100円で、分かり易くていいじゃーん、ていわれたらそうなんでしょうけどね、、。




1735.jpg

さて、
先日、ソラ連れて、久しぶりに駄菓子屋へ行きました。
たいてい、10円、ときどき20円。


ほいっと、100円渡すと、自分なりに計算して買い物します。

「、、、ほら、10円のが、いちにいさんし、、6個と20円のがふたつ。100円でしょ。」


まわりの子供たちも、

「、、、これで、40円だから、、、、あと60円。なんにしようかなぁ、、。」

って、声が聴こえてきます。
消費税もないっていうシンプルさがすばらしいなぁ。。。。
そもそも駄菓子屋さんは、絶対消費税、免除にするべきです。


やっぱ、子供の最初のお小遣いって、今も昔も、100円スタートなのかな?
なんか、100円スタートであって欲しいなぁ、、と思います。


100円で、たくさん買える世界って、やっぱ素敵です。


、、、熱い缶コーヒーも、やっぱ、100円玉で買えるぬくもりじゃないと、カッコがつきませんしね。。。


1736.jpg


、、、、うーん、そっかぁ、、、

そういう意味じゃ、
駄菓子屋は、10円ショップ。10円均一。



じゃあ、100円ショップは、現代の駄菓子屋と思えばいいのかなぁ、、、、。
1000円で、10コ買えるからいいの??



うーーーん、

やっぱ、根本的にチガウんだよなぁ、、、。何かが、、、。


ふっと思ったけど、
ヨーロッパとか、税制の発達したガイコクの子供達は、
そもそもどうしてるんだろう??
やっぱ、駄菓子屋さんみたいのがあって、ちゃんと子供達は消費税分の計算とかするのかしら、、、。

そして、ヨーロッパにも、100円ショップみたいのはあるのか??



、、、、大山さん、このあたり、ぜひリサーチをお願いしまーす、、、、。
posted by 西久保毅人 at 01:08| 2011.7月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

そーいえば、、、

現実逃避気味に、
すっかり忘れていましたが、そういえば、今年度から、
母校の明治大学で、兼任講師をする事になっていました、、、。

大学は前期と後期があるので、僕は後期の設計の授業。
9月からだから、まだまだ、、、と他人事のように思っていたんですが、もう7月。
すぐです、、、、。

1739.jpg

大学では、小さな建物や住宅から始まり、集合住宅や美術館、ホールや都市計画的なものと、
学年が進むとなんとなく規模が大きくなっていくのですが、
僕が受け持つ授業は、3年生の後期設計の授業で、先生からは、

「この授業はね、なんでもいいよ。課題もテーマも、講師の先生達に任せます、、、、。」


とのコト。


ムチャぶりです。。。。


あぁ、どうしよう、、、、課題、、、。
ここ10年くらい、A3サイズに収まるおうちの設計しかしてないんですけど、、、、僕。


で、ちょうど今日、3年生の前期の設計課題の発表会があり、講評会に呼んでいただいたので、
ちょうどいいタイミングっ、と行ってきました。

どんなコトやってるんだろ、、、イマドキの学生は、、、、。

1738.jpg


もう、僕が卒業して、14、5年経つんですが、
一番違うのは、みんなキャドで図面を描く事ですかね。
模型は、相変わらず、みんなの個性がでるんですが、キャドで描いちゃうと、なんか個性が消えると言うか、
中途半端に描けてしまうから、本人が分かってなくても、図面らしくなってしまうというか、、、、。


それは、とても不幸なコトでもあります。


あとは、パソコンの中ですべてを解決しようとしちゃうから、
プレゼンが均一というか、薄いというか、、、、。


よーするに、「伝わらない」ってコトかなぁ、、、。


例えば、ワープロで打った手紙と、ヘタでも手書きの手紙の差のようなもの。
伝わる情報量がぜんぜん違うのです。

1737.jpg

せっかくいいコト考えてても、伝わんないと意味がないんだよねー、、、、という訳で、
発表後、あまりに均一な図面をどうにかしよう、とみんなで色塗り。

パソコンではうまく描けなくても、みんなに色鉛筆を渡すと、
見る見る図面が楽しそうになっていきました。


ヘタでも、楽しそうっ、ていうのは、きっと子供にでも伝わるもの。

伝わって、初めて実現できるのがケンチクなのかも知れません。




さてさて、そんな訳で、僕の授業の課題。
どうしようかなぁ、、、。


困ったなぁ、、、、、。

超デキの悪い学生だった、僕ができる事。


はて、、、、?????


posted by 西久保毅人 at 01:50| 2011.7月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

マーゴン

今、香川のおうちを設計させて頂いています。


1740.jpg

香川と言っても、ドルムントではなく、、、、ですね、

四国の香川県。
ニコでは、初の海外物件です、、、、、。

まぁ、しかし、そもそも僕は佐賀んもん、、、、な訳で、
なんとなく、なつかしい風景の広がる場所です。。。。


東京よりか、佐賀に近いし、、、、。

1741.jpg

竹安さんからも、

「佐賀に帰るようなつもりで、来てもらえたら嬉しいです、、。」

と、言って頂いたんですが、ほーんと、のんびりした感じがよーく似ています。

1742.jpg

そんな訳でのんびりと始まった、香川の竹安さんの家。

田舎ならではの、果てしなく広ーい場所に、
平屋のおうちになる予定。


1749.jpg
しかも、面白いなぁ、、、と思うのは、
依頼のきっかけは、トウキョウのど真ん中に建つ、

「宗次さんの家」

というコト。。。。。

なんだか、とても嬉しいです。
そして、本当に偶然なのですが、

「、、、なんていうか、外国人が住んでいる日本家屋みたいな、、、雰囲気がいいです。」

というイメージを頂いたんですが、実は、まーったく同じ言葉を、
宗次さんにも、設計の最初に頂いたのです、、、、。


1743.jpg
そんなコト、誰にも言ってないので、
とっても、不思議な偶然なんですが、
場所を超えて、そういう価値観や、イメージが伝わって、頼んで頂けるというのは、
とっても嬉しいですね!


しかも、平屋って言うのも初めてですし、地域的に瓦屋根の多い町なので、
もしかしたら瓦屋根にするかも知れませんし、、、。


そんな意味で、最近、「日本という環境」におうちを作るというコト、


を、いろんなおうちを通して、改めて考えている事もあり、
そういう意味で、とても楽しみな設計です。

まだ、始まったばかりですが、完成が楽しみです、、、、。



あんまり遠くの仕事を、たくさんするつもりはないのですが、
今回みたいに素敵な出会いがあって、のんびりと、、、でよろしければ、ぜひぜひ、と思っています。


近いからこそ気がつかない事、
遠いからこそ気がつく事。


近いおうちが、遠くのおうちに。
遠くのおうちが、近くのおうちに。


いろんなかたちで、いい影響を受けて,それを伝染させていけたら、
ニコのおうちも、ますます楽しくなっていきそうです!


1748.jpg

さて、そんな訳で、月曜から行ってきました香川県。

あ、、、ヤバそうだなぁ、、、と行く前から分かっていたんですが、、、、、、。

そうです、台風6号 その名もマーゴンが、ちょーど、南から北上中、、、、。
要するにですね、、、



台風に向っていった訳です、、、、(涙)



なので、初日こそ、まだ小雨だったんですが、
帰る予定の火曜日は、四国はまさに台風のど真ん中。。。。。


どこにも行けず、ヘタに外にも出れず、本州へも渡れず、、、、。

「香川は、めったに台風の影響ないんですけどねー、、、、」


らしいんですが、見事に足止めされてしまいました。

1747.jpg



まぁ、何ごとも経験。
次回は、台風情報をきちんと考えて、行こうと思います。

マーゴン、恐るべし、、、でしたー。。。。





posted by 西久保毅人 at 16:15| 2011.7月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

つぶつぶ理論

なでしこジャパン、優勝しましたね!

ほとんど寝ながら、何試合か見たんですが、ちょうど上空からのカメラで試合を見ていると、
選手が、男とか、女とかではなく、11人のつぶつぶに見えます。

でも、なーんか、そのつぶつぶの動き方が、男子の試合と違うなぁ、、、、、なんでだろ??
と思ってみてたんですが、
その違いは、なんていうか、、、、、

うまくは表現できないけれど、
小さくなったり、のびたり、縮んだり、、、、という、なんだかアメーバのような
全体の動きのような気がしました。

そう思ってみると、ほんとアメーバのように、攻守が切り替えられている、、、


うーん違うなぁ、、、。

アメーバだから、そもそも、「切り替え」っていう言葉そのものが似合わない。

まさに、「伸び縮み」って感じに見えたのです。。。
、、、、寝ぼけてるコトもありまして、、、、余計に。


なんで、こういう事が起こるんだろう、、、?

1751.jpg

例えば、上空から見たら、11人の女性は、もう、性別ないつぶつぶです。


同じように、僕たちも、すがたかたちは、おんなとか、おとこな訳ですが、
どうやら僕らも、小さな小さな細胞の集まりな訳で、
たぶん、細胞みても、男とか、女とか、きっと区別がつかないでしょうね。


でも、その細胞が集まって、人間になると、
はっきりと、おとこの人は、なんか、固くて、ゴツゴツしてて、
おんなの人は、たいてい、やわらかで、しなやかです。



そんな具合なので、
やわらかで、しなやかな、おんなの人が集まると、
やっぱり、やわらかで、しなやかな組織になるんでしょうか、、、、?



とはいえ、よく

「おんなだけの職場は、もう、、どろどろして大変よ、、、。」

って聞きます。
女子校も、なんか、そうらしい、、、。


あっ、でも、「どろどろ」っていう表現。
これも、ある意味、継ぎ目のないアメーバみたいな表現ですねー!


と、まぁ、
そんなどろどろした精神論が見えないくらい、上空からのカメラで見ると、
伸縮自在のアメーバのような、なでしこジャパン。

それが、とても新鮮でした。

1750.jpg


見た目は、日焼けして、みんな男っぽいけれど、
それはあくまで表層であって、
あー、やっぱり女性の組織なんだなぁ、、、っていうのに、ちょっと感動したのです。



しかし、このつぶつぶ理論からすると、
こういうのは、おとこのチームには、根本的に無理ってことになりますね。

どうなんだろ、、、、。
最近、リンタロウも触るとかなり、ゴツゴツしてるからなぁ、、、、。



そして、ケンチクも、どっちかと言うと、固くて動かないし、そういう意味では、
男性的なのかな、、、、。

アメーバみたいに、ケンチクも、伸び縮みすればいいのになぁ、、、、。
posted by 西久保毅人 at 00:33| 2011.7月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

のんきな人さらい





1754.jpg


のんきな人さらい。

posted by 西久保毅人 at 00:04| 2011.7月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

バトン

現在発売中の、
住まいの設計に、鷲巣さんの家を掲載して頂いています。

1757.jpg

「空を感じる家 緑を感じる家」

という、鷲巣さんちにピッタリなテーマ。

大きな見開きに、写真を使って頂きました。
1755.jpg

さて、ふと気がつくと、ホームページの、掲載誌の紹介のページ、、、。
っていうのが、地味ーにあるんですが、、、

うっかり、去年の6月ごろから更新していませんでした、、、、。(汗)
そんな訳で、あわてて掲載誌を整理して、ようやく今年の分まで整理できました。


、、、、以外と大変、、、。

1756.jpg


しかし、こうやって、整理してみると、今年、去年と、いろーんな雑誌に掲載して頂いています。

大変、、、っていうのは、嬉しい事ですね。

雑誌に掲載して頂くっていうのは、ある意味、運とか、タイミングみたいなところがあるので、
うれしい限りです。



ちょうど、今も、工事中だったり、いろんなおうちの工事が始まったりする時期なんですが、
そういう、おうちも大抵は、こういう風に、掲載して頂いた雑誌がきっかけで、
声をかけていただく事が多いです。


そういう意味では、
ある意味、リレーみたいなものかなぁ。。。


バトンをどんどんつないで、いくような、、、。


そういう意味で、みーんな、ずーっと、少しずつ変化しながら、全部つながっているのです。
しかし、同じ家が、できないのが、不思議なところですけれど、、、。(笑)



さてさて、
つないだバトンを落とさないように、気を引き締めて頑張りまーす!
posted by 西久保毅人 at 02:53| 2011.7月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

アニー

先日、練馬区で工事中の尾崎さんの家が、いよいよ上棟を迎えました。

1758.jpg

午後からの雨の予報も、晴れ女尾崎さんが、ふうっと上棟ヘアーで吹き飛ばし、
銀座ライオンの室温のような、
ちょうど良い湿度、まさにビールのうまい上棟式でした。

1765.jpg

しかも、近隣の方に、こんなに楽しみにされる上棟って初めてだったなぁ。。。
近所の子供達も、足をとめ、みんなで見守る上棟風景。

高い所にいる職人さん達は、今日ばかりは子供達のヒーローみたいです。
すべての建設現場がこんな感じだったら、もっと楽しいのに、、、。


1760.jpg

振る舞い上手、料理上手の尾崎さんご家族のお人柄が、とっても伝わる上棟式。
お友達ご家族も、わざわざ駆けつけてくれました。

みんなに監視されてるみたいで、
こっちは、できる前からかなりプレッシャーですが、
こういう嬉しいプレッシャーは、みんな気合いが入ります。

1766.jpg

「このナス、マジうまいっす。」

1761.jpg

そして、さんざん飲んで、食べた後は、
集まった子供達で、道ばた花火大会。

こういうのが、ぱっとできちゃうのが、いいですねー。

1763.jpg

そしてそして、花火の後は、
なぜか道ばたで、子供達の短距離レース。

さらに、
尾崎杯争奪、大人かけっこ、、、、x3レース、、、。


こーれは、さすがに、酔っぱらいの38才の肉体には、少々厳しいものがありましたが、
やるからには、ホソダやフジモンには、負ける訳にはいかず、、、、、


「、、、僕の持ってるものは、すべてこのコートに置いてこよう、、、。」


的な感じで、尾崎家の前の道ばたに、すべて置いてきた次第です。。。。
あー、きつかった、、、。


失態、失礼しました、、、、。
そろそろ、後先を考えた行動が必要と反省、、、、、。

1764.jpg


て、感じで、
もう、書いてたらきりがないくらい楽しく、肉体に厳しい上棟式だったんですが、
全てをおいても今回は、ですね、、、、、


1762.jpg

尾崎家も、ニコのみんなも薄くかすんでしまうくらい、
アニーのための、上棟式だったんではないでしょうか?


せっかく準備していた、ホソダのデビューイベント&握手会も
アニーの影に埋もれてしまい、公演見合わせ、、、。
次回、出口邸に持ち越しとなってしまった模様です、、、、。


楽しい上棟式をありがとうございましたー!


※アニー・・・・吉岡土建の職人さんで、2つ下の弟と現場に出没。
        杉並ワンピースでは、フランキー役を好演。
        尾崎邸上棟式の一本締めのあいさつで、一躍脚光をあびる。
        
        
posted by 西久保毅人 at 02:12| 2011.7月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする