2011年04月07日

タタミとモリスと赤い天井

先日、
ほーんと久しぶりに、
若い頃お世話になった象設計集団のオープンハウスに行ってきました。

東京郊外の、木造の保育園です。

1572.jpg

「また、やりすぎちゃったぁ、、、はははーっ。」

って、久しぶりにお会いした代表の関さんがニコニコして、うれしそうに
お話してくれたのが、きっと、すべてを物語っていて、
もう、週明けから開園というのに、工事はラストスパート。。。。

、、、、、金曜ですけど、、、今日。


1575.jpg

ケンチクは、できたら素敵ねぇ、、、ですんじゃう事が、
できる前は、なんにも見えないからみんな不安です。


とくに、保育園とか学校とか、規模や関わる人達が多ければ、多い程、
最初に描いた世界を実現するのは、ホント難しいのです。

1577.jpg

運営者、保護者、地域、法律、国、時代背景。

みんなの「あたりまえ」が違うから、少しでもこちらがゆるんじゃうと、

じゃあ、無難に、、、、、、って、

流されてしまいます。

1576.jpg

最初に描いたイメージを定規にしながら、
いろんな局面で、
どこは捨てて良くて、どこは死守するか?
そんな事の繰り返し。

責任、扱う命が多ければ、多い程、「無難」にすれば楽に違いないのです。

でも、その反面、

子供達が、人間が、ほーんとに、気持ちいい空間て、たぶん、「無難」を選択すればする程、
逃げていくものかも知れません。


でも、目指してるのは、きっと、「特別」なものじゃなくて、
自分達の定規のなかでの、「あたりまえ」や「ふつう」の事。

1578.jpg



それを実現するのが、いーちばん、難しいんだなぁ、、、、。

そして、その成果がでるのは、きっと10年後や20年後。
それは、住宅も、保育園も、町づくりも、きっと同じで、
そこで過ごした子供達が、オトナになった頃でしょう。


1574.jpg

たとえば、この保育園では、
赤ちゃんから、6才まで、みーんな畳でお昼寝。

質素で、どこにでもある素材でつくられた空間に選ばれたのは、
風にそよぐウイリアムモリスのカーテンという、19世紀のイギリスのデザイン。


天井を見上げると、ほんのり奇麗な夕焼けのような、赤い天井。


そんな、ハッとするような事を、さらりと、、、、。

1573.jpg


くそー、悔しいな。

あんまり人のケンチク見ても、こういう感情は湧かないのだけれど、
こういう大きな空間で展開される象のケンチクは、やっぱり特別です。



「ありがてえ、偽物じゃねぇ、、、、」

と、そーんな流川のような気分に、久しぶりにさせて頂きました。(笑)



責任重大なプレッシャーの中でも、


「はははっ、ごめんごめん、やりすぎちゃったぁ、、、。」


て言える人に、僕も、、、、、なりたいな。
posted by 西久保毅人 at 02:06| 2011.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

いいことユウユウ きくちユウ

数年前から、よくスカイプを進められます。

スカイプ使うと、離れてれも、打ち合わせできるし、
飲み会までできちゃうよ、、、みたいな。


でも、なんか、何もそこまで、、、、と思いつつ、
今日にいたる訳です。。。。。。


さて、先日のコト。

久しぶりに、立て続けにスカイプを進められたり、
知人の事務所移転の話を聞いたりして、
地震もなくなる気配なく、仕事も増えそうだったり、、、と、少々弱気な僕は、


「うーん、いよいよ導入?? どう思う??」


なーんて、話してると、


「、、、あたし達は、、、、ここにいること、会う事が大事だと思うんですー!」


と、キクチユウがユウ。

1579.jpg


、、、、そうだよね。
僕たちの価値はきっと、


ずっと、ここにいること。



そして、


会う、行く、ということ。
直接、ジブンの目で見る、というコト。


会えなくて、行けない仕事なんか、そもそもする必要ないよね。。。
ごめん、、、、とうちゃん、欲張りすぎたよ、、、。



今は、いろんな業務形態があって、
いろんなコミュニケーションがあります。

どれも便利だし、否定する気もありません。
自分にあったものを使えばいい。



じゃあ、
僕らの設計の根っこは?

なんで、僕らなんかに仕事を頼んでもらえてるの?

なんで、職人さんは、いつも僕らの無理を聞いてくれるの?

僕らは、いろんな選択肢の中で、どうやってモノゴトを決断してきた?

そんな根本的なコトを考えると、


すべて、「全身で感じ、判断する。」


というコトにつきると思っています。


最初の出会いも、現場での決断も、描くイメージも、何もかも。
ニコのケンチクは、そこからしか産まれません、、、。


だから、ここにいること。
会うこと、行くこと、直接感じることが、
何より欠かせないのです。


理由はないな、、、。
理由なんてなくていいんだな。どんなに不効率でも、、、。



なんていうか、、、、
こういうのって、僕がずーっと考えて、大切にしている唯一のコト。
僕が、仕事をさせて頂いているコトのたぶん、唯一の原点。


だから、こういう言葉が、
自分ではないスタッフの口から出るっていうのが、
なんていうか、、、
とっても嬉しくて。

書き留めておきます。



さすがだね!!


いいことユウ きくちユウ。


お礼に、今度カラオケで、

久しぶりに青山テルマの「そばいにいるよ」を歌ってあげるよ、モノマネで。。。。
posted by 西久保毅人 at 01:00| 2011.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

菜の花タイプ

ちょっと前から、鷲巣さんちに行くたんびに、
気になってた、緑のかたまり、、、、。

1580.jpg

いくたんびに、大きくなって、一見、野菜系。。。。。
しかも、ちょっとブサイク。

「いやー、、植えたキオクはないんですけどねぇ、、、、。」と鷲巣さん。

「でも、もしかしたら、隣りの小学生が、
学校の帰りに、キャベツの種でも、蒔いていったんじゃ、ないですかね、、、?


どう見ても、「野菜」系ですよね、、、、。」


そーんな、コトを話していて、先週末、
「渡辺篤史の建もの探訪」の撮影で、お邪魔して、びーっくり!!!


なんと、正体は、菜の花 でした、、、、。


1581.jpg


白い外壁の、大らかな鷲巣さんちに、ピッタリな、
こんもり菜の花、特盛りです。


しかし、菜の花が、さく前にあんな、野菜っぽいって知りませんでした、、、。
抜かなくて良かったですねー。

まぁ、ある意味、食用は食用ですが、、、、。



やっぱ、結果を急がず、待ってみる、、、、というか、
放置してみるって、大事ですね。。。。何ごとも、、、、。



僕も、そうかも、、、ですよ。
放置してみた方が、意外といい仕事する、菜の花タイプかも、、、、、です。(笑)



1582.jpg


さて、肝心の撮影。

実は、いつものコトながら


「、、、すみません、ケンチクカの方は、外の、しかもけっこう離れたとこで待機をお願いします、、、。」


という訳で、毎度のコトながら撮影終わるまで、僕は放置プレイ。。。。


なので、どういうお話が展開されたか、渡辺さんの感想もふくめて、
さっぱり分からないのですが、
鷲巣さんちのコトだから、
いよいよ、カモメの作品造りの全貌が明らかにされるかも、、、?と、
今回は、僕がいちばん、オンエアーが楽しみです。


1583.jpg


放映は、5月の中旬頃だそうです。

たのしみ、たのしみ。 
posted by 西久保毅人 at 23:38| 2011.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

坪井さんの家

先週末、昨年末完成した、坪井さんの家の雑誌の撮影がありました。

1584.jpg

そうそう、高床のおうちです。

1587.jpg

先日、ここに「さしだすデザイン」っていうのを書いたんですが、なにも、出っ張るだけがそうではありません。

坪井さんの家は、高床にした事で、

「地面をさしだした」おうちだと思っています。

1585.jpg

でも、別に世のため人のためっていうコトじゃ、ゼンゼンなくって、

「近所のこども達、もぐりに来ますかね、、、?」

とか、

「上の歯が抜けたら、縁の下に、、、、」

とか。

設計中は、楽しげで、怪しげな、そんなコトしか、話したキオクがないんですが、、、、、。

1586.jpg

でも、一番は、

「シキチって、地球のものだと思うんですよ、、。」

っていう、坪井さんの言葉から実現したおうち。

1588.jpg

ただ、それだけの事ですが、敷地境界線というナワバリにこだわりまくるトウキョウでは、
なかなかこういう考え方、難しいなぁ、、っていつも思います。


僕も、坪井さんも、田舎出身だから、

「、、、、ですよねっ。やっぱ。」


って、一瞬で腑に落ちちゃったんですが、、、、、。


1589.jpg


そんな訳で、

「ウチは、ニコさんのおうちの中ではかなりフツウな方ですよねー。」

って、坪井さんはおっしゃるのですが、
フツウって、人それぞれ。


まわりからすると、相当変わったたたずまいなんですが、
これが、坪井さんちのフツウ。

1590.jpg

別に、エコとか、タコとか、時代の風潮とは全然関係ない、坪井さんの定規のはなし。

でも、結果的にたくさん土を残して、床下に風が流れ、水害にも負けないおうち。


1591.jpg

とっても、楽しそうに住んで頂いてる御様子で、
しかも、
縁の下含めて、用途不明確な場所がたくさん残してあるおうちなので、
どっちかっていうと、これからがたのしみなおうちです。

1592.jpg

家は、設計が始まった瞬間から、人のものなので、
まぁしかたなく、いったん完成して引き渡すのが宿命ではあるのですが、
その後、どれだけいろんなモノごとや状況を受け入れながら、変わっていけるかっていう
フトコロの深さが、実はいちばん大切なのだと思います。


そういう意味では、完成はまだまだ。

10年後が楽しみなおうちです。!


いつか完成するのかは、、、、、知りませんが、、、、、。
posted by 西久保毅人 at 01:31| 2011.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

野の花のルール

ゼンゼン、自分の仕事でも、
シキチでもないんですが、街を歩くと、やっぱり気になる、空いてる土地。

ちょうど、今の季節は、植物の成長が早くて、街の新緑も日に日にきれい。

1594.jpg

で、いーっつも気になるんですが、
土地を放っておくと、草や野花が咲き始めます。

まんべんなく生えるならいいんだけど、
結構ムラのある、野花の分布、、、、。
密に生えている所、そうでないところ。


このムラは、はたしてなんでできるのでしょうか、、、?



1593.jpg


単純に、「そんな風にたまたま種が飛んで来たんだよ。」

って思うのが良いのかも知れませんが、
なんか、そう思えないんだなぁ、、、、。


花の咲くとこ、咲かないとこ。

なんか、実はその土地の重要な秘密が隠されているような、、、、。


1595.jpg


じゃあ、その花をよけるようにして、家を考えてみたら、どんなカタチになるだろう?

もしかして、それが、その土地の望んだ、タテモノの すがたかたち なのかも??


そうだ、そうに違いない、、、。
そんな事を、こういう風景に出くわす度に思います。




、、、、、まぁ、要するに、

シキチにタテモノをどう建てるか?
逆にいうと、どう、土を残すか?

っていうのが、
とにかく、いっつも一番悩む所で、
正解はないから、たーくさん考えるんですけど、


そんな時、こういう風景に出会うと、
野の花にすがってみちゃおうかなぁ、、、と時々思うのです。


しかし、まじめに、この野花の分布。
一体、なんででしょうか、、、、??



ずっーっと前から、この季節になると気になっていたので、
これを元に、おうちの建て方を考えるっていうのを、
毎年、この季節になると、妄想する訳ですが、、、、、。
posted by 西久保毅人 at 00:54| 2011.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする