2008年04月16日

テラスのおふろ

259.wadatei.jpg

和田さんの家のお風呂は、ハナレになっていて、テラスを通っていきます。

晴れた日は湯上がりを楽しみ、

雨の日は、小走りに、または傘をさして。

245.wadatei.jpg

といっても、安藤忠雄の住吉の長屋みたいな、ストイックな精神性なんて、
全然なくって、むしろ真逆。

毎日訪れるバスタイムをいかに贅沢に楽しむか。
おいしいものをよりおいしく食べるための、前菜や食前酒を選ぶような、
そんなカンカク。

「たぶん、家ができたら、僕はテラスか風呂場にずっといると思うんだよねっ。」

と、完成前から、和田さんは浴室を占拠宣言されていました。

243.wadatei.jpg

お打ち合わせでも、「じゃあ、傘はどこにおこうかしら、、、?」

「ビールを冷やす冷蔵庫のスペースもお願いします。」

「ぼくんち、カサさしてお風呂行くんだよっ。」

と、ご家族は僕ら以上に、この家で起こる出来事をワクワクして想像して頂きました。

244.wadatei.jpg

そんな感じで、ワルノリにワルノリを重ねたおかげで、
ホントに気持ちがいい場所になりました。
気持ちがいいと、もう、そこが風呂場かどうかなんて、どうでもいいのだなぁ、
という事も、この家ができて感じたことです。

テラスとの連続感を、、、、というよりも、
テラスにたまたまバスタブが埋まっていて、そこにたまたま屋根がかかっている、
というようなイメージで設計した事で、浴室として使用しない時は、テラスの延長
のような場所ができました。


バスタブに腰掛けて、お昼ご飯を食べたりしながら、
思い込んでいる「あたりまえ」、をちょっと変えるだけで、
まだまだ思ってもみなかった空間の可能性があるはずだなぁ、と改めて思うのです。

つづく。

posted by 西久保毅人 at 00:02| 2008.4月〜6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする