2008年04月07日

ながーい家

雑誌の撮影のため、日曜日に久しぶりに代沢の家にうかがいました。

完成してちょうど1年。

231.ogawa.jpg

やっぱ、長いですね。1年経っても。



どの家もそうですが、入居から1年くらいたつと、
建物もそれなりにあじが出て、家具や雑貨等も生活になじんできて、
そのご家族らしい雰囲気が出てきます。

それにしても、とても世田谷とは思えないたたずまいです。

土地の長さは約30mあります。
でも、土地の面積は、30坪、、、、、、。
なんか、なぞなぞのような、土地のかたちです。

建物の横の空き地は、庭に見えますが、実は元々は川なのです。
だから、区の所有なのですが、ここで行き止まりのため区も管理しきれず、
ほぼ専有スペース。
取材でも、いろんな話を思い返しながらしたのですが、とにかくこの家に関しては、
この土地を掘り当てたオーナーの完全勝利ですね。
何せ、僕に連絡があった時には、購入済みだったんですから、、、。

232ogawa.jpg

だから、設計にあたっても、この「ながーーーい」事を、きちんと感じられる
ように頑張りました。

しかし、ちょっと写真だと伝わりにくい、、、、、と思うのは僕だけでは
なかったですね。
カメラマンの方々も、長過ぎてどうレンズにおさめるか、とても苦労されていました。


設計中も、

30坪なのに、30m、、、、、なんで??
という場面が度々あり、縮尺が1/50でも、A3横に2枚使わないと入らないし、
模型は、やたらと長いし、、、、
ホントに、これ、住宅??
と、模型を作るたびに苦笑い、、、、、、。

工事も、やっぱりそうで、
30坪の住宅のはずなのに、まだ終わらない、、、、、、。

と、ちょっと想像をこえたスケール感に、皆が多少の混乱をしながら
出来上がった住宅でした。


打診した建築家の何人かは、土地を見せられてあまり積極的ではなかったそうです。

、、、、なんともったいない。
僕は、最初にうかがって
「なんておもしろそうな土地!」
と、後から起こる苦労を考えもせず、設計をさせて頂きました。


機会があれば、もう一回、今度は別の案でも設計してみたい、


そんな風に思える楽しい住宅です。

233.ogawa.jpg
posted by 西久保毅人 at 11:34| 2008.4月〜6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする