2020年08月13日

気づくと1年!

雨ばっかりの梅雨明けから一転、
トウキョウは、猛暑の夏到来です。

暑いですね〜、、、。


あまりに暑いので先日の打ち合わせの帰り道、
7年前に設計させていただいた山崎さんちにふらっと寄ったら、
子供達が庭の井戸水を道に撒いて、涼しくしてくれました。

東京の住宅地だと時々敷地に井戸が残っているケースも結構あるんですが、
夏の井戸水は冷たくて最高です!
敷地に井戸があったら、何かしら利用するのをお勧めしますよ!


9899.jpg


コロナの影響で、今までのお施主さんたちがかなりリモートワークとなった模様。
いい事といえば、今までほとんど平日はご不在だった家に、リモートワークで
ご在宅のケースも増えた事でしょうかね?


さて、そんな山崎さんちもたくさん登場する「家づくりのつぼノート」

9901.jpg

気がつくと、発売から一周年が経ちました!

ちょうど去年の今頃は、本になった嬉しさもあり、
自分の本が置いてあるかどうか、本屋を見かけるたんびに立ち寄り、
置いてあると店員さんにお礼を行って回る、、、という本屋さん行脚をしていました(笑)。

まさか1年後にこんな社会になるなんて、想像もしていませんでしたが、
あたらめて読み返すと、どんな時代、状況でも揺るがないような家づくりで大切な
エッセンスの本になっていて我ながら関心(笑)。


むしろ、ステイホーム、リモートワークと在宅時間が増えた今だからこそ、
大切にしてほしい事が詰まった本になっていると思います。


同時に、反省もあり、

「あー、ここは編集の松井さんの言う事、聞いとくべきだったなー。」

とか、

「あの時、ブックデザイナーの松田さんが言ってたのは、こういう事だったのか、、、。」

などと、気がつく事もたくさんありますし、
そう思うと、よく辛抱強く、本作りにお付き合いしていただいたなぁ、、、、と
改めて感謝をお伝えしたい気持ちにもなるのです。



9900.jpg


さてさてそういえば、
建築の場合、完成から1年くらい経つと1年点検と言って、
不具合などがないかなどを点検するのですが、本の場合は、1年点検ってないのでしょうかね?


住宅の場合、1年くらい経つと、
いいところも、悪いところも、案外冷静に分析でき、

「想像してたより、いいじゃーん!」

っていうとこもあれば、

「あー、ここは、言う事を聞いときべきだったなー、、、反省」

っていうとことか、
いろんな発見があります。


そういう意味でも、ぜひ本の1年点検、したい今日この頃。。。


ねぇ、松井さん(笑)。

posted by 西久保毅人 at 22:09| 2020.8月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする