2019年12月28日

会うこと

そろそろ2019年も終わりそうですね〜。
今年は、例年に増して、いろんなコトを経験させていただいた1年でした。

まずは、なんといっても、本の出版。

「家づくりのつぼノート」
は、本当に僕の「まとめられない性格」のせいで、
とても、とても、とても長い時間がかかってしまったのですが、
最近では、打ち合わせに、本を持参されて、

「ええと、、ここに書いてある感じで、、。」

なんていうコトも起こるようになりました。

その度に、

「あぁ、もっと見やすい構成にすればよかった、、松井さんたちの言うこと聞いてれば、、、(汗)」

っても思うんですけどね、、、。



さて、今年から、3年間、小田原さんにお預かりしている月のとびら
6月頃から、海外のゲストの方の旅の宿として運営をしたり、時々イベントをしたり、
ニコの出張営業をしたり、、、と模索しながらお預かりしています。

始める前は、時々、週末くらい泊まってもらえるのかな〜??
と思っていたんですが、いろんな国のご家族に、「家」のように利用していただいています。


9728.jpg


韓国、中国、香港、というアジア圏から、フランス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、そして時々日本。
まだたったの半年ですが、
こんな風に、いろんな国のいろんなご家族に泊まっていただき、
たくさんのレビューという形での感想をいただきました。

ゲストの家族には、ほんの少しでも会うようにしてきたので、
みなさんの顔が浮かんで、なお嬉しいです。

レビューの一部です。
9737.jpg

9736.jpg


そんな訳で、「家づくりのつぼノート」も、いろんな国々へ。
日本語は読めなくても、たくさんの写真が満載なので、
海外の方にも楽しんでいただけているようです。

来年も楽しみです。

9730.jpg


さてこの半年で、
改めて気がついたコトが、あります。


それは、僕は、結局は「人に会うこと」が、とても好きなんだなー、という事。


今の時代、AIに仕事が奪われちゃう〜、とか、
距離が離れていても、出社しなくても、メールと電話会議で仕事できちゃうからね、とか、

そんな事が言われていますし、
そんな仕事環境の方も増えていると見聞きします。

もちろん設計の仕事だって、会わずに作り上げる事も可能でしょうし、
民泊だってそうです。

世の中は、どんどん「会わずに解決しちゃう」方向に向かっているようです。


でも、まぁ、世の中の事は、さておき、
僕は、どんなに時代遅れであっても、「会うこと」で産まれる仕事をしていきたいのだなぁ、、、
と、自分自身、改めて気がついた1年でもあったのです。


だから僕は、
ご家族や依頼主と会えない設計の仕事なら、したくはないけれど、
でも、顔を合わせて話せる設計の仕事ならば、どんな条件が悪かろうと、トライしたいと思う。

BIRDプロジェクトにしたって、泊まったり、イベントをしたりする人と直接会えるのであれば、
これからもやっていきたいと思うけれども、会わないのであれば、やる必要はないと思う。




「会うこと」

その中で、僕はたくさんの事を学ばせてもらって、今があります。
会えば、いろんな事を感じることができるのです。

会えばさ、なんとかなるんじゃないかなぁ、、、って思いませんか??

そんな意味で、「会うこと」が、
僕にとってのキーワードだという事に、今年、改めて気がついた1年でした。



だから、来年は、もっともっと、いろんな方に会いたい。
懐かしい方にも、会いたい。
忙しそうだから、、、とか、こんな相談していいのかしら、、、、なんて、
気にしないで下さいねー。
年上だとか、年下だとか、天パだとか、人見知りだとか、、、そんな事も気にしない気にしない。



そして、会えるのであれば、
どんな仕事だって、やってみたいな、と思う、この年末の決意でもあります。

会う事で産まれる世界が、また来年も増えるといいなぁ。


9729.jpg


来年が、過去最高に、出会いにあふれていますように。


それは、僕にとってだけでなく、
みなさんにとっても。


良いお年を。
posted by 西久保毅人 at 02:39| 2019年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする