2019年09月18日

な、なんと Forbes Japan(フォーブスジャパン)さんに!!!!

かれこれ
完成して、5年たった飯島さんの家。


9565.jpg


なんと、この度、
世界の経済誌Forbes Japan(フォーブスジャパン)さんに
特集記事を書いていただきました!!!


わお。

しかも、2本同時に、です!


9569.jpg
1本目は、飯島さんちの家づくりの物語について。







9570.jpg
そして、
2本目は、飯島さんのライフスタイルをヒントに生まれた「Birdプロジェクト」について。


9568.jpg


ありがとう、シャノン!!!
そして、取材と記事を書いていただいた、石井さん、ありがとうございました〜!!!


9555.jpg

飯島さん、素敵な記事にしていただいて良かったですね〜!!!!



9553.jpg



しかも、、、、、。

きっと、ニシクボさんが、世の中で一番縁がない、とみなさんに思われているに違いない
「経済誌」。

「、、、、これは、きっと、、、、何かのまちがいですよね??」

って、思われているはず!(笑)


そうなんですよー。


だから、
僕が知らないコトは、飯島さんや周りの人に教えてもらって、助けてもらっているだけなんですけどね。(汗)



9554.jpg


さて
Birdプロジェクトは、
この4月から始めたそんな新しいプロジェクトチームです。


「僕は建築家だから、とか、私は施主だから、とか、ワタシ設計知らないし、銀行員だし、、とか。」

っていう関係ではなく、

現在の職業とか、立場を取っ払って、
ただみんな、「家や建築や街をこよなく愛する」、ただそれだけが参加資格のチームです。


そんな風に
お互いに出会った時の肩書きを、いったん棚上げしてみると、
ほーんとに、僕の周りには、素敵で、各種得意技や、いろとりどりの心意気を
持った方々がたくさんいらっしゃいます。

ほーんと、
ニコの家に住んでいただいている方々を思い浮かべるだけで、
なんだってできそうな気持ちになりますし、

そういう意味では、僕も「設計ができる」という得意技を持った一人に過ぎません。


特に(旧)建築家と(旧)施主って、
そもそもが、
なんといっても「家づくり」という超〜めんどくさいプロジェクトを
ともに成し遂げたチームですからねっ!

そういう意味では、気心は、誰よりも知れているのです。







9558.jpg


例えば今回は、
そんな、単なる「お施主さん」だった
飯島さんが、独自に始めた「点」が、


単なる「お施主さん」だった小田原さんの急な転勤を聞き、

小田原さんち、3年間不在になるらしいってよ!!!どうする??どうする??」

とチームで受け止める事で、「線」になりました。



まだまだ始まったばかりで、前途多難ですが、
建築家とお施主さんは、
せっかく出会って、素敵なプロジェクトを成し遂げたんだから、
設計して完成したら、ハイ終わり、っていう関係では絶対、もったいないと思うんですよね〜、
っていうのが、正直な僕の気持ちです。


でも、そのためには、
僕自身、
もっと役に立てる人間にならねば、、、、って思う今日この頃。


そんな修行を、飯島さんや小田原さんにさせていただいているような気持ちです。
感謝!!!


9560.jpg



9559.jpg






9561.jpg




9556.jpg

写真は、5年経った最近の飯島さんの家。



いやぁ、、、、、もりもりで素晴らしい!!!


9567.jpg




9562.jpg



9564.jpg



9563.jpg





9566.jpg



posted by 西久保毅人 at 18:34| 2019.9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする