2019年05月23日

江頭さんの家、第1話 猿山のできるまで

さて、お待たせしました!


9394.jpg


誰よりも、江頭さん、お待たせしました!!!!(笑)。

「佐賀で一番よか家大賞」候補の、
江頭さんの家です。

9354.jpg

るうちゃん、ごめんねー、お待たせしました。

9400.jpg

さて、
ここまでの写真を見ての通り、
江頭さんの家は、猿山のように、屋根を存分に楽しめる家です。


9351.jpg


オープンハウスは、二日間とも晴天で、
北は東京から、南は宮崎県から、と近県からもたくさんご来場いただき、
ありがとうございました。

お子さんの近所の友達も、待ちに待ったとばかりにたくさん
遊びに来てくれたんですが、
幼稚園時から、小学生から、大人まで、
家の中にいるよりも、屋根の上にいる方が長かったかも??
というくらいに、屋根の上が、大人気!


9352.jpg


怪我ひとつぜず、
思い思いに、走り回る子供達。


ほんとに猿山のようでした(笑)。


9404.jpg


さて、なんでこんなコトが実現できたかというと、
屋根の勾配が緩かったり、
屋根の素材を、滑りにくい素材にしているコトも理由のひとつですが、
何よりも、

「屋根を一部だけ、地面にできるだけ近づけた」


ことがポイントだと思うのです。





9353.jpg


だから、なんか
屋根の上なのに、怖くない。


そして、低い屋根の下は、自転車置き場にちょうどいい高さです。


正直、たったそれだけの工夫なのですが、
ほんの一部だけの屋根を、極端に低くするコトで、
正面から見た時に、

「あれ?この家、なんか、よく見る家と、なんか、、、違う。なんだろ??」


っていうカンカクを覚えると同時に、

「家なのに、、、、なんか親しみやすい。」

というような、フレンドリー&ウエルカムな、家に人格があるような、
そんな佇まいになっているのです。



9399.jpg

、、、まぁ、
想像していた以上に、
フレンドリーな猿山。


もう、縦横無尽な猿たちに、大人はお手上げです(笑)。


裏テーマとしては、
残った庭に、フットサルコートでも作った時には、
屋根の上が、スタジアムの観覧席になるといいなー、って思ったのが、
この屋根の始まりなんですけどね、実は。


9405.jpg

だから、江頭さん、
あまった場所に、
頑張って、サッカー場作ってください!


9356.jpg


さて、屋根の話で終わりそうなので、今日は冷静に。

家の中に入りましょう!


そんな訳で、

「サッカーこそ我が人生」

の江頭さん。

もちろん、玄関あけたら、ロッカールーム、な訳です。

家族全員分のロッカーを玄関に作りました。

9357.jpg


玄関には、鮮やかな壁に、手洗いがあります。


9358.jpg


玄関で靴をぬぐと、こんな風景。

江頭さんの家は、ほぼ平屋の家なのですが、
平面図は、十文字型になっています。

中央に、多目的なパントリーを作っていて、その周りをぐるぐるぐるぐると、
回遊できるようなプランです。



9402.jpg

大雑把には、
左に曲がると、庭に連続したみんなの場所やお客さんを招くパブリックな場所。
右に曲がると、お風呂やクローゼットや寝室などのプライベートな場所に、
それぞれ性質分けをしているので、
来客時ににも、気楽な計画にしています。



9359.jpg

まぁ、とりあえず、左へ曲がってみましょうか?


9360.jpg


ここは天井の高いひとつの大きな空間なのですが、
土間続きの食堂のような空間と、
一段上がった板の間に分かれています。


9361.jpg

そんなダイナミックな大空間とは対照的に、
奥には、なにやら動物の巣のように、
ぽこぽこと穴の空いた壁面が見えますねー。

9362.jpg


9363.jpg


9364.jpg


9365.jpg


9366.jpg

おや、
上には、僕の佐賀の大先輩、

構造設計のオサジマさんが、、、、。

なんだか、東京で会う時よりも、楽しそうで、
子供みたいな笑顔です。

よっぽどこの中は、楽しいのでしょか?



9367.jpg


そう、この白い壁の中は、
子供たちだけのスペースになっているんです。

「まだまだ子供部屋はいらないし、分けなくっても大丈夫。

 でも、将来は、分けてたくなるかもなぁ、、、、。」



9368.jpg


そんな絶妙に楽しい時期を、そのまんま楽しめるように、
子供部屋は、ちょっと未完成。


9369.jpg


その代わりに、床が、だんだん、だんだん、と
スキップ状になっていて、
ハシゴや台を利用すれば、どんどん上まで登って行けちゃうのです。


9370.jpg

ほーんと、
こういうよく分からない怪しげな場所は、子供達は
たまりませんよね。

そんな訳で
もうすでに、悪の巣窟の香りが、、、、、。

子供達の隠れ家ですね。

9371.jpg


でも、ちゃんとリビングにはちょこちょこ繋がっているので、
完全に閉じこもれる訳でもなく、、、、。

頭隠して尻隠さず、、、な子供室です。

9372.jpg


9373.jpg


さて、
無事、一番上まで登れたら、
屋根側に、キャットウォークになる予定の橋があります。


9374.jpg


この日の時点では、
まだスカスカだったんですが、
こないだ行ったら、ちゃんと歩きやすく板が貼ってありました。

9375.jpg


でも、子供達は、このまんまでも、ひょいひょい歩いて行くんですけど、、、、、

9376.jpg


9377.jpg


そう、この家のもうひとつの特徴は、
最初に説明したように、
屋根の家に外からでも登れますが、
こうやって、家の中のキャットウォークからでも、登れちゃうコトです。

だから、平屋なんですが、
立体的に屋根を通じて、家をくるくると立体的にも、回遊可能なのです。



9378.jpg


そんな訳で、
ますます猿たちには、好都合な、江頭さんの家(笑)。

9379.jpg


9380.jpg

オープンハウス当日は、
江頭さんの弟さんが、テントを貼ってくれました。

家に、テントに、猿山に、、、、、。
いいなぁ、、、、。羨ましい。

9355.jpg




9381.jpg


さて、また中に戻って、
今度は、プライベートエリアの右に曲がってみましょう。

9382.jpg

きれいなオレンジの壁に導かれるこのエリアは、
お風呂や洗面、クローゼットがまとまっていて、
物干しテラスもあるため、家事が一箇所で済みますし、


9383.jpg


どろだらけのサッカー小僧も、
練習後に、まっすぐお風呂に直行できて、
着替えてリビングへ、ととても便利です。

スポーツ少年は、臭いですからねー(笑)。


9384.jpg



9385.jpg


いまのところみんなの寝室は、
とても深いブルーの塗装で仕上げています。

9386.jpg

裏庭の光も、なんだかきれい。

9387.jpg

ここは、中央のパントリー。
通り抜けもできるので、
2重にも、くるくる動線になっています。


9388.jpg


さて、そんな感じで、
リビングに戻ってきました。

なんだか、家の中も、
猿山状態ですね(笑)。

9389.jpg


9390.jpg


9392.jpg

9393.jpg

家の中が騒がしい時は、
屋根の上に、逃げちゃった方が、気楽だよねー。


小学生男子は、
うるさいからねっ!


、、、と、こんな風に、
家の中にも、屋根の上にも、
たくさんの「逃げ場」があります。





9395.jpg


家族みんな

「家」にいるのに、

こんなにも、ひとつながりなのに、


それぞれ気分で、好きな場所で、気ままに過ごせる。


9396.jpg


江頭さんの大らかな家族への愛情や、

どんな人でも迎え入れてくれる人柄や、

見ず知らずだった東京にいる僕に、設計を頼んでくれる思い切りの良さや、


9397.jpg


魂のこもった仕事への情熱や、


超ー、分厚いツボノートや、古いものへの愛情や、


まぁ、とにかく飲みましょうよ、っていう
ほぼ、設計の話はせずに、佐賀に帰るたんびに、深夜までお酒飲んでばっかりだった打ち合わせ?や、


飲みすぎて帰って、うっかり家の鍵持っていない事に夜中に気がついて、
家に入れず、「車の中で朝まで寝ちゃって風邪ひきましたよー」、っていう日や、


そんな僕たちを、
呆れながらも、時がくるまで、見て見ぬフリして放っておいてくれた
奥様の佐賀の女の人らしい気前の良さや、、、、、


9398.jpg


そんな、あげたらきりがないような、
家づくりとも、設計とも、
一切、まったく、完全に
関係のないエピソードの数々。


9401.jpg


でも、それが設計なのだ、と僕は思うのです。


これが、まさに建築なのだ、と僕は思うのです。



まぁ、出来上がったのは、ゆかいな猿山でしたけどねー(笑)。


そんな訳で、
今日は
このくらいにしておきましょうかねぇ、、、、江頭さん。



まだ、何もかもが、
ようやく始まったばっかりなんですから。



(江頭さんの家、第1話 猿山のできるまで。 おしまい。)
posted by 西久保毅人 at 05:50| 2019.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする