2018年10月25日

渡邊さんのおうちの上棟式

先日は、世田谷区で工事中の渡邊さんのおうちの上棟式でした!


8893.jpg

渡邊さんのおうちは、地下1階地上3階建なんですが、
コンクリート造。

なので、木造の場合の、一日で一気に組み上がる上棟と比べると、
1階分ができあがるのに、約1ヶ月。

8895.jpg

なので、地下から考えると、4、5ヶ月をかけて、ようやく上棟というコトになります。

うーん、長いですよねぇ〜!


8894.jpg


ですので、ようやく3階まで建ち上がったところで
無事に上棟式を迎えました。

コンクリート造は、頑丈でいいのですが、
未来のいろんな生活の変化を考えると、それはそれで不自由。

なので、ちょっとしたポイントを木造にして、
それが将来の暮らしの変化やリノベーションの際に

「抜いちゃう??」

っていう選択が可能なように考えています。

8896.jpg


実際は、ずーっと完成形のまんまでもいいんですが、

「いつかこの天井はずして、、、、。」

なーんていう、妄想しながら生活できるのは、
僕は、とっても贅沢なコトだよなぁ、、、って思うタイプなんですが、
みなさんは、どうなんでしょうねぇ。


8898.jpg


そうそう、そういう意味では、
渡邊さんちの上棟式には、
なんと、90歳の、元気なひいお婆ちゃんが
駆けつけて来てくれたんですよ!


お酒もたくさん飲まれて、元気で感動的でした!

8897.jpg


90歳か〜。

そんな想像もつかないような時間の長さにも、
臨機応変に変わっていけるようなおうちになるといいなーって思いました!





と、
そんな訳で、
あさっての土曜日は、永井さんちのオープンハウス。

8892.jpg


永井さんちも、
そんな今の暮らしと、
未来の風景を、同時に感じられるような家になったと思います。
posted by 西久保毅人 at 21:23| 2018.10月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする