2017年06月01日

はじまりのおわりの終わりについて

僕は、プロのスポーツよりも、どっちかって言うと、
学生スポーツの方が好きです。

なんでかなぁ、、、。
それは確実なチームとしての終わりがあるから、かも知れません。

2度と揃うコトのないチームであるコト。
だからこそのドラマがあり、儚さがあり。


7799.jpg

チームが強かろうと、弱かろうと、
約2年ちょっとの期間、
子供によっては、ありとあらゆるものを犠牲にして進む、
または進むコトのできる、学生スポーツ。

でも、負けたら最後、次の日からは強制的に引退させれれるっていう。。。。

7800.jpg


そして、その気概や、努力や実力がどれだけであろうと、
その結果は、良くも悪くもそれとは比例しないのも、
学生スポーツでしょう。

しかも、若者たちは、
ほーんとに、2週間くらいで別人のように変身したりもします。

7803.jpg

実は、中学まで選手だったノノは、高校からは、
もう、、、、、。
コトもあろうか、「男子バスマネージャー」になるコトを選びました。

、、、、もーーーー。

親としては、意味わからん、、、、っていう選択。

そもそもさぁ、、、、、、。

マネージャーなんてやられたら、親としては応援しに行けねーじゃん。。。。。

7801.jpg

、、、、、っていうのが、まぁ親心。


と、そんな訳で、
結局、一回も見に行かずじまいで、

「あぁーあ。つーーまーーんなーーーーーい。」

っていう、感じだったのです。

でも、超、真面目な部活だったようで、
マネも、ほぼ、3年間、週末も休みなく、部活に出かけておりました。


7802.jpg

さて、いよいよノノも3年生になり、最後の大会が近づいてきた頃。


「あのさぁ、、パパ、写真撮りに来てよ。」。


とのコト。


7804.jpg


内心、

「なーんで、高校生にもなって、しかもマネージャーやってる父親が
 しかも、脇毛ボーボーの男子バスケの応援なんか、、、、。
 一人も知らないし、、、、。」

って思いつつも、駆け付けた最後の大会。

ほーんと、
正直いうと最初は、名前も顔も分からない、脇毛男子の試合、
あんまり面白くなかったんですよね〜。

ノノが言うほど、強くないし、、、、。


やっぱさ、学生の応援は、自分の子供がプレーしてなんぼでしょ、、、、。


7806.jpg

まぁ、そんな感じだったんですけど、
3回くらい見ると、赤の他人だった彼らが、なんだか可愛く思えてきてですね、、、、。
いやぁ、なんだかんだみんなまだ高校生で、
顔もまだ、子供みたいで、、、、。


でも、やっぱり、ぎゅって、集中した時に見せてくれる彼らのプレーは、
とてもキラキラしていました。

よーやく、少しだけ選手の見分けもついて、勝ち進めばいいな、って思い始めたつい先日。
終わりの日は、突然やってきました。

7807.jpg

最後の大会。
磐石で望めるチーム。そうでないチーム。

それは、いつもそうですが、努力や実力の差ではないんだよなぁ、、、、。

チームは2回戦まで危なげなく勝ち進み、
僕が見たって、このまま勝ち進んじゃうかもーって思えた3回戦。

少し前に、ノノに

「このチーム、上手い子いっぱいいるけど、ジャーマネから見て、
 この子がチームの要、っていう子は、何番???」

って聞いたんですが、

「5番、5番。かれが中心。いないとゲームにならない。」

と、そんなコトを聞いてたばかりだったんですけど、、、、。

7811.jpg

なんと、
そのエースの5番の子が、前日に怪我で出場できなくなるというトラブルからのスタートでした。

それでも、前半までは、ほぼ互角でわたり合えていたのですが、
後半早々、今度は、これもまた、大黒柱のセンターの子が、
接触プレーで、負傷退場、、、、、。

下がっている間に、ここぞとばかりに点差をつけられてしまいました。


7809.jpg


最終ピリオド、残り3分。20点以上の差。


これは、時間が決まっているスポーツの、残酷なところでもあるのだと
思うのですが、ある瞬間、まだゲームは終わっていなくても、
「負け」を受け入れないといけない瞬間が、時折訪れます。

そういえば、これまで子供達の最後の試合、っていうのに何度か立ち会ってきたんですが、
幸運にも、どの試合も、最後は接戦で負ける試合だったので、こういう気持ちになったのは
初めてだったなぁ、、、、。



残り3分。

いよいよ、足をひきずったエースの5番の子がコートに入りました。
監督としては、
その決断は、意図していようといまいとも、
まだ試合は終わっていないけれども、

「負けるんだぞ。高校生活、最後の3分だ。」

と、コートに伝えるサインであるコトは、僕から見ても分かりました。

「これが、高校生活、最後の3分だ。」


7808.jpg

それまでの試合では、一番、コートを駆け回り、
ゲームを組み立てていた選手です。

結果、僕のカメラにも、彼の写真がいっぱい残っていたのですが、
この試合では、一枚もありません。

コートに入っても、全力で走るコトも、飛ぶコトもできないのが、
もう明らかでした。

悔しかっただろうなぁ、、、、。

高校生活の最後。
舞台にも立てずに、こんな風に終わるなんて、
想像すらしてなかっただろうなぁ、、、。

そして、こんな状況、
受け止めるコトだって難しいに違いない。

でも、無残にも針の進むスポーツ。
受け止められようがいまいが、時間は過ぎていく。


7810.jpg


僕たちもそうだったように、
青春時代は、その一瞬が、
いつも最後だと、人生の最後かのように信じていた。

だから、一瞬一瞬が、人を成長させるのだろう。

リンタロ達を見てた時も思ったけど、
ちょっとしたきっかけで、彼らは一週間後には、別人のように変化していく。
あたかも、大人とは、別の世界で時間を過ごしているようだ。

ホントに精神と時の部屋が彼らにはあるんじゃないだろうか?


写真のコトは、いまだによく分からないけれど、
たかだか無名校の地区予選の3回戦なのに、
レンズを覗きながら、我を忘れてドキドキが止まらなくなる自分がいる。



本気で負けたらこれで終わりだ、と思って駆け回る
彼らはホントにキラキラしていて、
もっともっと見ていたい、っていう思いで、シャッターを押し続ける。


でも本当は、これからまた何度でも。


7812.jpg


何度でも始まるコトができるんだよ!!!!
と思いながら。
posted by 西久保毅人 at 18:42| 2017.6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする