2017年02月21日

いちたすいちは?

20代の頃、よく出入りしていた幼稚園に久しぶりに遊びに行った。
「よく出入りしていた幼稚園」がある大人も、あんまりいないかも知れないけれど。。。。

久しぶりにうかがって、当時、園長の佳子先生に受けた影響が、
間接的にニコの原点になってるなぁ、、、とつくづく思いつつ、ぼんやり過ごした。

最近ではドキュメンタリー映画として紹介されたりもしているちょっと有名な幼稚園だ。
予告編だけでもちょっと感動的。
http://www.kazeoegaku.com/message/

相変わらずとても素晴らしいなーと思うと同時に、20代の頃と違うのは、
こういう環境がもっともっと世の中に広がればいいのに、、、、って思う事だ。

佳子先生も言っていたけれど、幼稚園の数年だけでこんな環境が終わるのは、
もったいない。すがたかたちは違っても、つなげる事はできるんじゃないかと僕は思う。

7579.jpg

僕の最初の建築の現場は保育園だった。

体験として幼稚園しか知らなかった僕は、
実はちょっと保育園、っていう場所に最初偏見があったのだけど、
その保育園と出会って、考えが一変した。

設立当時、太陽の子保育園という名前だった現うらら保育園は、
実は、園長である鈴木玲子さんが、自分の子供のために作った保育園だった。
いまから40年前くらいだろうか。
まだいまほど保育環境も整っていなかった時代。
ただでさえ、保育園が少ない中、
少し障害のあった玲子さんのお子さんを預かってくれる保育園は一つもなかったそうだ。

7577.jpg


そこで、玲子さんは、自分の子供のために保育園を作った。
場所は自分の家。

それが太陽の子保育園のはじまりだ。


一般的には、保育園に自分の子供を預けてはいけないらしい。
だから、僕の子供たちを預かってくれた素敵な保母さんたちも、
いつも別の保育園に自分の子をお迎えに行っていたのを覚えている。

それは、なんかおかしいなぁ、、、って僕はいつも思うんだけど、
どうも世の中、それが普通らしい。

でも、太陽の子保育園はその普通が違った。
玲子さんが自分の子供のために作った保育園だから、
働く保母さんたちも、自分の子供は自分の園に預けるのが当たり前。
だから、保母さんたちも、代わる代わる出産して、
職場復帰の度に、自分の子供が自分の職場に入園してくるのだ。

「貧乏長屋の子だくさん」

それがこの保育園の明るいキャッチフレーズだった。
そのすがたは、とても自然だったから、
なんで世間ではダメなんだろう、、、、っていうのが僕には未だに不思議なのだ。


7581.jpg

20代の頃、
佳子先生と、仕事をさぼっては、いろんな保育環境を見学に行った。
幼稚園、保育園。
素晴らしい教育や環境がいろんな場所で、いろんなかたちであった。
どっちも素敵なんだけど、この二つは実はそんなに仲は良くないのだな、
という事も、その時に分かった。

幼稚園は、有名でお上品な幼稚園になればなる程に、基本理念は、
「子供はできるだけお母さんのそばに。」
である事が多い。そしてそういう理念の人が、そういう世界のトップにいる。

かたや、保育園は、働くお母さんの代わりをする場所だ。
まぁ、相容れないのは分からないでもないけれど、それは大人が相容れない、だけであって
子供達にとっては、素敵な場所であれば、どっちでも同じなのに、と僕は思っていた。

同じ子供の環境であるはずなのに、なんでそのちょっとした「あたりまえ」が
埋められないのだろうか?


7580.jpg

さて、今日の新聞でも、今年の保育園の待機児童が大きく取り上げられていた。
いま始まった事でもなく、僕の子供たちの時も、問題は同じだった。
僕の子どもたちは、親の驚愕的な収入の少なさのおかげで、
3人とも無事に保育園に行く事はできたけれども。。。。

かたや、最近では、近隣住民の反対によって、保育園の建設がストップするという事も
並行して起きている。

7578.jpg

「子供の声がうるさいから反対なんて、アホじゃないの。」
って僕は思うけど、問題はそれだけでもないらしい。
たいてい、公園が保育園の敷地候補に上がりがちだけど、
そうすると、今度は、小学生とかが遊ぶ場所である公園がなくなってしまう、という事も
問題というのだ。確かにうちの子達も、数少ない公園を今日は、ここ、明日はここ、と友達と
ハシゴして遊びまわっているらしい。ただでさえ少ないから、そういう場所がなくなると、
家で引きこもってゲームとかしかする事がなくなってしまう、という事で、
小学生の親からすると、公園に保育園は、都会ではそのまま遊び場の消滅につながる。
事情はわかるが反対、という事みたいだ。
なるほどね、、、、まあ少し分かる。

7576.jpg


じゃぁ、って思う。

保育園と、公園が合体したような場所を作ればいいじゃん。

保育園でもあり、誰でも遊びに来れる公園でもあるような、、、、そんな場所。

保育園にも、多少、近所の子達が混じる事も起こるだろう。
公園にも、保育園の子が脱走してくる事もあるだろう。
でも、混じる事で起こる楽しさや意外性の方が、きっと魅力的なのではないだろうか?


7582.jpg

うちは幼稚園ですから、、、とか保育園ですから、、、、とか公園とはね、、、
とかいう枠組みを外して、混ぜてみる事。
どっちかの声で決まるのではなくて、同時解決してみせようじゃないか、っていう
事をしてみたいと思う。
だって、どっちも大事なんだから。

方法はまだ分からないけれど、
同時に存在する、その素晴らしい世界だけは、僕には手に取るように見える。

ただそれだけに向かえばいい。


と、
そんな訳で、将来保育園になっても、幼稚園になっても、
公園になっても、助産院になっても、児童館になってもいいような小さなおうちを
僕はひたすら作り続けている。

7583.jpg

大は小を兼ねるというけれど、
小もたくさん点在すれば、きっと大に負けないのだ!


ただただ積み上げた経験と想いが、
時を超えた吉坂隆正の言葉と、すぅーっ とつながる。


血は争えない、というコトかもなぁ、、、。
posted by 西久保毅人 at 17:26| 2017.2月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする