2017年02月04日

ひとつながり 人つながり

先週末、
世田谷区の緑道沿いに建つ、「ひとつながりの家」の
オープンハウスを行わせていただきました!

7484.jpg

毎度、毎度のコトですが、
写真を撮りすぎてしまい、、、、、、、。

後で選ぶ手間を考えると、絶対に少ない方がラクなのは
わかっているんですけどね。。。



7488.jpg

もうそろそろ、いい加減、
馬力だけで何でもやろうとするのは考えものだなぁ、、、、、と
思うんですが、なかなか人間、変われるものではありませんねー。。。。


7485.jpg

でも、写真にしろ、設計にしろ、、、、。

実はこういう、褒められたものではない姿勢、っていうのが、
実はニコの根っこであるんだろうなぁ、、、っていうのもやっぱり
うすうす感じてはいます。

なんていうか、、、。

7489.jpg

やるかやらないか、ならば、やった方がいいじゃん。

ラクで楽しくないのと、大変だけど楽しそうな選択肢があったら、
そりゃ、楽しそうな方に進むでしょ。

7487.jpg

例えて言えば、それはジンセイに置いて、
もし、目の前に、
かき分けて入れそうな生垣があったら、、、、、、。


あなたは、どうしますか???

っていうコトかも知れません。。。。。

7486.jpg


7490.jpg


前置きが長くなりましたが、
そう、この「ひとつながりの家」は、
僕と同じ(たぶん、、、)
生垣かき分けタイプの
5人家族のためのおうちなのです!


7491.jpg

さて、、、、、

そもそもこの敷地。

どういう形状か、っていうと、
一般的には、旗竿敷地といわれる形状をしています。

7553.jpg

なので、道路と接している部分は、3mの通路のみ。
ただ、その先の北面は、もともと川だった場所を埋め立てられて、
今では桜並木の緑道になっていています。

7492.jpg

、、、、もし僕が、ここんちの子供だったら、、、、。

7497.jpg

ぜーったい、緑道から学校行くだろうし、
緑道から帰ってくるよね、、、、、きっと。


7496.jpg


まちがいない。

7493.jpg



7494.jpg

そして、
おうちが出来ちゃう事で、
せーっかく、
通路から緑道まで気持ち良く抜けているのに
それがふさがっちゃうのも、、、、





7495.jpg


もったいない。


7555.jpg

7498.jpg

7499.jpg

そして、
こんな環境に、
しかも、3人のわんぱく兄弟がいるのなら、
お友達のたまり場になるのも、、、、、、。

7501.jpg

7500.jpg

7556.jpg

決まっている。

7502.jpg

じゃぁ、そんなどろんこの子供達が
家の中でも走り回るんだったら、、、、


7515.jpg

ぐるぐる回れた方がいいに違いないし、、、、、、

7551.jpg

7506.jpg

床の素材だって、よごれを気にせずに、
むしろ、子供達の足の裏のあぶらが
つけばつく程に、
味わいの増す素材がいいに、、、、、、、

7507.jpg

7503.jpg

違いない。

7508.jpg



7505.jpg

7509.jpg


、、、、、と、
そんな風にですね、、、、


7504.jpg

違いない、とか間違いない、とか。

めったに断言しない僕ではありますけど、
なぜか断言できてしまう自分がいます。

そりゃそうですよね、、、、。



7512.jpg


7510.jpg

僕たちもむかし、
子供だったんですから、、、、、、。

7511.jpg


7513.jpg


、、、、とそんな訳で、
設計趣旨は、以上になります、、、、、。(終わり)

7516.jpg


7514.jpg

、、、と、したいところでもありますし、
実は、ほーんとにこれがこのおうちの全てではあるんです。


7517.jpg

そのくらいに、
暮らす、っていうコトは、動物的で、初源的なものだと思うんですけど、
そういう妄想に近いようなイメージが、


「ほんとうに何十年も続いて欲しい」


って思った時。
実は、もう少し工夫が必要になってきます。


7519.jpg

たとえば、
このおうちは、大まかには、1階がコンクリート造で、
2階が木造になっています。

でも、床にしても、壁にしても、
将来、壊せる壁、抜いちゃえる床、、、、、
そんな仕掛けをたくさん作りたかったので、
平面的にも、断面的にも、
コンクリートと、木造が編みこまれたような作り方にしているのです。

7518.jpg

おうちの大きさ、と
その時の家族の大きさ。

それは必ずしもイコールではありません。

7554.jpg

割と大きなおうちなんですが、
実は、まだ、6帖一間に、おふとん3枚しけば、
十分5人寝れちゃうような、、、、、、、
そんな小さな家族です。

7521.jpg


そういう時期の幸せは、
今しかないから、ぎりぎりまで堪能して欲しい。

7520.jpg


7523.jpg


でも、順番に、

「一人で寝たい。」

とか言い出すよねー。

7552.jpg

7522.jpg


7524.jpg

でも、じゃあ、部屋があればいいって訳でもなくて、
3人いたら、
勉強は、別がいいけど、
寝るのは、一緒でいいとか、、、、、。

7526.jpg

逆に、寝るのは、別がいいけど、
勉強は、別がいいとか、、、、、。

7528.jpg


7525.jpg

めんどくさいのは、
お兄ちゃんとは寝てもいいけど、
お姉ちゃんは、別がいいとか、、、、、。

7529.jpg


そんな風に、これからの20年位は、
一つの家の中で、いろんな欲求や、距離感が
生まれてくるでしょう。

、、、、子供は離れたいけど、
とーちゃんは、ホントは一緒に寝たいのになぁ、、、、、も含めて。。。。

7527.jpg


7530.jpg

そんな時に、
ネコが光をたよりに気持ちがいい場所を選んでいくように、
家の中にいろんな居場所があって、
その都度、その都度、
距離感と関係を紡いでいけるように。

7531.jpg

家の中でも、街のような出会いがありますように。

7532.jpg

いつまでも、いろんな大きさがありますように、、、。

7534.jpg

そんなコトを思いました。

7539.jpg


7537.jpg

そして、もっと先の未来は、子供との関係だけでもありません。

7538.jpg


もしかしたら、おばあちゃんが住むコトになるかも知れませんし、、、

7533.jpg


、、、、一時期は、子供達が巣立っちゃって、
ガラーンとしている時期もあるかもです。

7535.jpg


そういう時には、緑道沿いに、
レストランでも開きましょうね〜。

7536.jpg

街の子供達の寺小屋でもいいですね!

7542.jpg


そして、もっと先の未来。。。。。

7543.jpg

子供達が、孫を連れて帰ってきて、二世帯住宅の相談に、、、。

7541.jpg

息子:「あのさぁ、、、、とうちゃん。


    相談があるんだけど、、、、、。」


7540.jpg

息子:「子供達も、じいちゃんち好きだしさぁ、、、、、

 
   俺もやっぱり、できたらこの家で子供育てたいんだよねー。。。」

7544.jpg

息子:「でもさぁ、、、、困ったコトに、問題は、

   ヨメさんは、キッチンとか玄関は別がいいっていうんだよねー、、、、、。」

じじい:「嬉しいけど、、、、それは困る、、、、。
     なぜならこの家は、ひとつながりの家なんだから。」


息子:「そこでさ、、、、、。

    階段も二つあるし、、、、。
    表向きは、完全2世帯っぽくして、ヨメさんの機嫌を取りつつ、
    
    、、、、、コッソリ、
    子供達用とじいちゃん達のひみつ階段を作っちゃえば、、、、、」



7545.jpg


息子:「結局、この家、ひとつながり、

     のまんまじゃね??」


7550.jpg

7546.jpg


、、、、そーんな妄想は広がるばかり。。。。


    数十年後の設計依頼。
    心からお待ちしております!!!!


7548.jpg

ひとつながり 人つながり。


結局は、人がつなげていく
ひとつながりの家。



7547.jpg

そんな時に、いくらでも変わっていけるように、、、、。

すがたを変えても、この場所で住み継いでいけるよう。

7549.jpg

さーて、お引越し後にうかがうのが楽しみです!


縁日、、、、、、何十人集まるでしょうねっ!!!!
posted by 西久保毅人 at 19:47| 2017.2月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする