2016年04月09日

なかみち こみち 草のみち

最近、メンテナンスで時々ISANAにうかがいます。

今年で完成して、ちょうど丸5年。


6029.jpg

できた頃より、いい感じだなぁ、、、というのが正直な感想。

なんていうか、、、、根付いた感っていうんでしょうかね。
あちらこちらから、小さな植物が顔をだして、だんだん街の道っぽく
なっていこうとしています。


6031.jpg

シキチと街の境界線が、だんだん薄れていくような感じでしょうか?

出来たばかりの頃は、ケンチクもシンチクと呼ばれますから、
シンチクは、汚れちゃいかんと地面もコンクリートで覆いがち。

でも、数年経って、もはやシンチクって呼ばれなくなった頃、
どれだけ地面を残したかっていうコトが、大きく差になるような気がするのです。

そういえば、前職の象設計集団で、特別養護老人ホームに携わったんですが、
その老人ホームの内装の仕上げは、
ほとんど土壁やきれいな色どりの左官仕上げが選ばれました。

「、、、、人間はさ、
若い時は、ピカピカした白々しい素材でも似合うけど、
歳とともに、そういう歳をとらないピカピカツルツルの素材の前にいると、
老人が弱々しく、みすぼらしく見えるだろ?

だから、白々しいツルピカ内装のシセツに入れられたお年寄りは、
急に病人みたいに見えるんだよ。

でも、ホンモノの土や質感のある色どりの前では
歳を重ねたお年寄りの顔も、いきいきして見えるんだよ。

そういう空間にいると、ホントに気持ちもいきいきしてくるんだよ。」


ある意味、ケンチクも同じかも知れません。


年月を重ねた時に、土と共にあるコト。


さて、来週末は、鎌倉で「中道さんの家」のオープンハウス。

6035.jpg

「中道さんの家」は、おうちと、美容室と、エステスペース、貸店舗が、
街の様に混ざりあった場所です。

シキチの中に「中道」と呼ばれるかわいい小道があるのですが、
いつかシンチクと呼ばれなくなった頃、
地面からたくさん草が顔をだして、
鎌倉でよく遭遇するような、楽しい小道のある場所になったらいいなー。



そんな思いを込めて、中道さんと作りあげた場所です。

ご来場ご希望の方は、お問い合わせ下さいね!
posted by 西久保毅人 at 21:36| 2016年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする