2016年02月10日

ひとまわり。

完成した年をみると、2004年の小山台の家。

12年前かぁ、、、、。


小さかった紅葉も、なんだか、家より大きくなりそうな気配、、、。

5894.jpg

月日の経つのは早いですねー。ひとまわりですね。


西久保さん31歳の時ですね!!!

、、、、僕もきゃぴきゃぴして、お肌つるつるの、、、頃ですね。。。

さて、やっぱ12年も経つと痛むところは痛むので、
昨年からプチリフォームをさせていただいていたのが、最近出来上がりました。

5886.jpg


屋上のデッキを張り替えたり、
手すりを塗装し直したり、
犬が落ちないように網をつけたり、
モルタルのお風呂場の床にタイルを貼ったり、
風呂庭の板を部分的に張り替えたり、
洗面台の高さを変えたり、
玄関扉を外開きを内開きにしたり、、、、。

5889.jpg

ほとんどは、どっちかっていうと、
今の要望に合わせるような工事でした。

そのくらい、とても大事に大事に住んでいただていて、
ほんとに12年も経ったの、、、?っていうくらい
痛んだ部分も少なくて、いつ行っても印象が変わりません。


さて、そんな中、


「今回思い切って、インナーテラスを畳の部屋にしたいんですけどぉ、、、、。」

っていうのが、ちょっと新鮮なご要望でした。

5892.jpg


この四方囲まれたテラスっていうのが、外なのか中なのか、
よくわからないような場所で僕は好きだったんですが、
確かに、
ちょこっとした畳の小上がりになっても可愛いな、って思いました。


だから、最初の場所の雰囲気もできるだけ残しつつ、
カフェみたいな窓際カウンターをつけて、
なんだか畳テラスとでもいうような場所になったらいいな、と思いつつ。。。。

5887.jpg

色はガラッと変えて、朱色の和紙を貼りました。

2畳もないくらいの小さな小さな小上がりなんですが、
なんだかがらっと雰囲気も変わり、
障子もあって、
一人くらいごろりと泊まれるようなスペースです。

5885.jpg


なんか新鮮!

こうやって、
自分が過去に設計させてただいたおうちを、
時を経てまた自分で考えさせて頂けるのって、
なんだかとても嬉しいですし、不思議なカンカクでもあります。


そうそう、
そういえば、工事中のコトです。

工事は住みながら行ったので、
監督さんが毎日鍵の受け渡しをしてくれて、
僕はあんまり現場には行かなかったんですが、
僕らのいろいろな提案が、あんまりすんなりと、

「いいですねっ、じゃ、おまかせしますっ、」

っていう風に決まるのが不思議だなぁ、、って思ったそうで、直接聞いてみそうです。

そしたら、


「、、、、今はそうですけどねー、、、。

実は、この家を作った当時は、
もう私も若くて、西久保さんも若くて、
一個一個何決めるにしても、時にはお互い、喧嘩腰だったんですよ〜。

お互いゆずらないゆずらない、、、。

でもそんな風に作ったこの家が、いろんな色や場所が、とても気に入っているんですよ。

だからもう大丈夫なんです!」

、、、、っておっしゃってましたけど、

ホントですか、、、、? ホントに喧嘩腰だったんですか、、、、?ニシクボさん、、?

とのコト。。。。。

、、、まぁ、、、そう言われると、、、、、。

5891.jpg

確かに思い当たる節は、、、、いっぱいあるなぁ、、、、、(汗)

って思いますし、今思うとほーんと失礼なコトも
たくさん言ったような気がします、、。


、、、基本、僕がアホだったんですけどね。。。。
今、スタッフに12年前の自分がいたら、ひっぱたきたいな、、、って思います。


でも、ほーんとにこの家づくりで成長させていただいたコトが
たーくさんありますし、学んだコトばかりなんです。


そんな意味では、
このお家を設計させてもらってなかったら、今のニコはないな、、、、、。

って正直思いますし、おかげでその後のたくさんの
ご縁につながっていきました。

実はつい先日も、
ニコの家の中で、この家が一番好きです!って、お問い合わせをいただいた
ばっかりなんですよ。12年も前の家なのに、、、。
他にも素敵なおうちたくさんあるのに〜っ、、て思うんですけどね!


でもいつになっても、僕はとても嬉しいのです。

僕も大好きな家だから。

5893.jpg

だからですね、、、、。

何よりも何よりも、
ほーんと、大事に住んでいただいているコト、そのものが

もう、

ただ、ただ、ただ、ただ、

嬉しいかぎりなのでした!
posted by 西久保毅人 at 21:54| 2016年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする