2007年05月25日

不自由さから産まれるもの

64.jpg


今日は、ブクロの授業の日。
ちょっと、前にマングローブの事を書いたんですが、たぶんそれと同じ事が、
きりんやゾウやカバのすがたかたち、昆虫のすがたかたちにも、いえると思うんです。

もっというと、都市住宅が変な形になるのも、きっとそういう事。

不自由な条件で、それをはね飛ばすくらいハッピーな世界を描く事。
そんなすがたかたちを探す事。

そんな意味では、「不自由さ」って、マイナス要素というより、超ハッピーな世界へジャンプするためのジャンプ台なのかも?って思います。

そんな事を、今日、ブクロのガッコで、授業をしながら、つくづく思いました。


僕が出した不自然で、不自由な条件。

それを踏み台にして、大工の学生はどんどん飛んで行きます。
自分が今、飛んじゃった事に、たぶん奴らは気づいてなさそうなんですけどね。。。

僕より一回り以上若い奴らが、ニヤニヤして自分の世界を作ってる姿を見てると、
「負けてなるものかっ」と僕も、闘志が湧きます。


ホント、すてきな時間を過ごさせてもらってます。

65.jpg62.jpg61.jpg60.jpg58.jpg59.jpg
posted by 西久保毅人 at 23:59| 2007.4月〜6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする