2015年03月28日

社会

先日、4年前の明治大学の教え子達数人が、
いよいよこの春、大学院を卒業して社会人になるというので、

「初代西久保班のみんなで飲みましょう!!!」

と、はるばる荻窪まで来てくれました。

5251.jpg

教え子、っていうと大げさというか、
僕は3年生の後期の授業しかしてないので、ほーんとじっくり顔を突き合わせた
期間て、半年程度。
だから、なおさら嬉しかったです、こういうの。

そして何より、卒業する子達はみんなそれぞれ立派に
就職も決まってて、そんなに順調でいいのー??って
僕なんかは思っちゃうんですけど、、、、。

とりあえず、嬉しく、おめでたい飲み会でした!

写真は、当日撮り忘れたので、これらは4年前の写真です。
まぁ、飲み会メインの西久保班、、、、。
5252.jpg

そうそう、そういえば
ちょっと前に、病院のドラマを見てる時に、「あぁ、こういうのいいなぁ、、」っていう
シーンがありました。

お医者さんが、医学部生に向けて講演をしているシーンだったんですが、
最後にそのお医者さんが、

「それでは、いつか君たちが医者になった暁には、共に患者さんのために働きましょう!」

と学生に向けて話していたのです。
あんまり建築学科ではこういうコトいう先生いないなぁ、、ってふと思ったのです。
他の学部ではどうなんでしょうね??

僕も、純粋な教育者でも、研究者でもないから、
どっちかっていうとこういう気持ちの方が強いなぁ、、、って思います。
僕も答えは、まだまださっぱり分からないから、一緒に考えようよ、というような。。。。
そんな半年間。

そんな訳で、たまたまのめぐり合わせで、一時期を過ごした学生達。
先生と生徒、っていう関係はあっという間の時間だったんですが、
短い期間だったからこそ、とても濃密で、お互いに腹をわった時間を過ごせました。

そして、一度関わったが最後、いつまで経っても気になる存在の彼らです。
これからどんな人生を歩むのだろうか?
たぶん、ずーっと一生、お互いに忘れられない関係なんだろうな、って思います。

それぞれにいろんな決断や、選択の局面が
これからの長い人生の中で、たくさんあるんだろうけれど、
せっかく同じ時間を過ごしたんだから、機会があったら今度は社会人同士として、
いつか一緒に仕事がしたいなぁ、、、と心から思うのです。

そして、今度はひと仕事した後、飲もうよと。

5253.jpg

そして、もしかしたらぜーんぜん違う仕事をするコトになったとしても、
いつまでも、楽しいお酒をたくさん飲める関係でありたいなぁ、、、と思います。


お酒飲むのには、職業関係ないですから、、、。


と、そんな訳でですね、、、、、
集まってくれて嬉しいやら、おめでたいやらで、
「先生」としては、いろんな言うべきメッセージがあるんでしょうけど、


「まぁ、、、、、西久保班を選んだからには、、、、、、、

とにかく、りっぱな酒飲みになれよっ!!!」


という、僕も20代の頃先輩に頂いた言葉を
彼らに送らせて頂きました。

僕もまだまだ道半ばなんですけどね、、、。

とにかく、卒業おめでとー!
posted by 西久保毅人 at 21:55| 2015.3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする