2015年01月13日

佐賀のおもてうら

お正月、ひさびさ佐賀に帰ってきました。

ちょうど、山崎さんも同じタイミングで帰省されているとのコトだったので、
自分ちにも帰る前に唐津へ、、、、。

5101.jpg

そうそう、佐賀県て、
南も北も海に面している県なんですが、
僕の生まれ育った南側は、むつごろうや、海苔の取れる有明海。

5110.jpg

一般的な、海、っていうよりも、干潟っていうか、
沼、っていうか、流し込んだばかりのコンクリートっぽいというか、、、。

5106.jpg


そして、風景は、
とにかくどこまでもどこまでも、どこまでも平らな佐賀平野。
平らすぎて、
毎年秋には、気球の世界大会があるような、
登る朝日も、沈む夕日も、沈むまで見えちゃうような、、、、平らな田んぼ町。

そんな場所で、僕は18年間育ちました。

5105.jpg

かたや、
山崎さんの生まれ育った唐津という街は、
山あり、きれいな泳げる海もあり、おいしい魚も、イカのおいしい呼子もあり、祭りあり、、
というなんか、文化と食の宝庫のような街。

5102.jpg

ほーんと、同じ佐賀でも、こうも違うか、、っていうくらい、
違う風景です。

5104.jpg

だから、僕たち、佐賀の平らなところの干潟住民としては、
子供の頃から、夏に海水浴に行くところっ、ていう認識くらいで、
唐津の友達がいた訳でもなかったので、山崎さんのおかげで、
遅ればせながら、唐津デビューができました。



もう、すでに、ソラやリンタロウは、佐賀、といえば、

「とうめいのイカの食べられるところ!」

という情報に書き換えられつつあります、、、、(笑)

まぁ、でもどんな形でも、佐賀に行きたいっ、っていう楽しみが1つでも
増えてくれるといいなぁ、、っておもうんですけどね。


5109.jpg

しかし東京からみると、なんだか同じ県のようだけど、こうも違うかなぁ、、、
って思うようなコトが、たぶん世の中には一杯あります。
風景も、意見も含めて。


例えば、つい最近、
全国的にも注目されていた佐賀県知事選がありました。

実は、いま佐賀県て、日本のかかえているいろんな問題の縮図のような課題に同時に
直面しようとしている県でもあります。

日本一、マイナーな県なのにねー、、、、
いやむしろ、
日本一、マイナーな県だからなのかも、、、、、。


たとえば、佐賀空港へのオスプレイ配備は、日本の軍隊の在り方や、米軍基地の問題。

玄海原発再稼働は、2011以降の日本における原発の在り方の問題。

農協改革は、日本という国の農業の守り方と同時に、TPP交渉の上での世界との対峙の仕方の問題。


5108.jpg

同じ問題でも、トウキョウから見るのか、
世界の中での日本、という立ち位置から見るのか、
佐賀県でさびれた飲食店をやっている立場からみるのか、
佐賀生まれの、ちゅうとはんぱなトウキョウ人の眼から見るのか、、、、。

その立場によって正解は違うし、
むしろ絶対的な正解は存在しないのかも知れません。


だからこそ、頭や情報で考えるのではなくって、

「むむっ、なんかやばそうだぞ?」

っていう、直感が、なにより大事なんではないかなぁ、、、、って思ったお正月でありましたとさ。
posted by 西久保毅人 at 23:47| 2015.1月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする