2014年09月19日

シュウカツ

さて、今週日曜日は、「中島さんち」のオープンハウス!

いろんな方にお問い合わせをいただく中に、
なつかしく、とっても嬉しいご報告がありました。

もう、かれこれ8年前に設計をさせていただいた泉水さんからなんですが、


4725.jpg

お引き渡しから、はや8年、
大きくなったお子さんが、なんと、

「今年の夏休みの自由研究に自分ちの模型を作ったんですよ〜!」

とのコト!

写真も送ってくれました!
感激ですー。

4717.jpg

すごーくリアルに作ってくれていて難しかったそうで、

「これ考えた人と作った人、すごいねー。」

とのコト。

まあね、、、、、。
まぁ、気づくの遅いけどねー!

4721.jpg

しかし、この8年後、っていうのが、
なんとも嬉しいじゃないですか!

8年て、ほぼその子にとっては、ジンセイのほとんどな訳で、
それはもう、「日常」だったり、「あたりまえ」だったりするような時間。
そんな歳月の後に、
模型を作ろう、って思ってくれるなんて!

なんだか、おじさん、素敵なプレゼントをもらったような気持ちでした。

、、、当時は僕もまだ、ギリギリお兄さんだったような気がしますが、、、、。
4723.jpg

でも、泉水さんちに限らず、今年は工事中のマシューズ家でも、
自由研究は、自分の家の工事中の模型。

これも見せてもらいましたが、もう、お母さん譲りのとても精密な模型!

実は、僕も独立してかれこれ、10数年たつので、
最近では、お子さんが就職したり、大学に行ったり、進路を考えたり、、、、っていう
ご報告もいただきます。
中には、住宅、建築系に進学したり、就職したりっていう
子供達も実は、ちらほら出て来ていて、そのジンセイの進路に、
少なからず住んでいる家や、工事中の思い出、現場の記憶みたいなものが
影響しているのを聞くと、とても嬉しく思います。


実は来週からまた、大学の後期の授業が始まるんですが、
何も学校で教えるコトだけが、
ケンチクの楽しさや魅力を伝える手段ではないんだよなぁ、、、というコトを
つくづく思うのです。


さて、そんな訳で、中島さんち。

もう完成しちゃうんですが、
中島さんちの子供達は、実はとても絵が好きで、
いっつも、事務所の打ち合わせの合間にずーっと片隅で絵を描いててですね、、、

見ると大抵、色鉛筆で模型を見ながら自分の家を書いてて、
とても上手で感心してたなぁ、、、と打ち合わせの頃をなつかしく思います。


現場もたくさん来たし、
現場で御飯も食べたし、
自分で壁にペンキも塗ったし、、、。

4719.jpg

いつか、この子達も、
模型を作ってくれたら嬉しいなぁ、、、、。


そのうち、ニコで働きたいっていう、子も出てくるかなぁ、、、、?

もう、こちらはウエルカムウエルカム、な訳ですけど、、、。

4715.jpg

と、そんな訳で、
今週末、オープンハウスな訳です、、、。
posted by 西久保毅人 at 23:19| 2014.09月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする