2014年07月03日

均衡

4485.jpg

もはや、
設計事務所のブログでもなんでもない今日この頃。。。。。

4502.jpg

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

4493.jpg


4486.jpg

初めての方は、はじめまして。

こちらは、サッカー好きという割に
スラムダンク、黒子のバスケ、あひるの空、ダッシュ勝平、、、と、
バスケマンガを大人買いしまくり、
子供たちがモノゴコロつく前から、絵本の読み聞かせがめんどくさくて、
ただ寝る前に自分が読みたいから、、、、という理由で擬音語ばかりのスラムダンクを

「シュッ」「リバーン」「むぎゅーっ」「オレは今なんだよっ!」

と、読み聞かせ、枕元に放置しておいた結果、
子供たちの、まさかまさかの「サッカー離れ」という予想外の悲劇を経験し、

「、、、バスケがしたいです、、、。」

という子供たちの言葉に、
一時は絶望の縁に立たされた、ある佐賀県出身、トウキョウ在住の男が、
40歳にして初めて、マンガではない本物のバスケに出会うという奇跡を通じて、

今では事務所で、

「、、、悪いけど、僕、日曜は絶対仕事しないから、、、。試合だし。。。。バスケの。」

って言うようになるまでの、
愛と青春をつづった感動の学園物語です。。。。。。


4488.jpg


、、、、まぁ、キャプテン翼も、シュートも、タッチも、、。
全巻、同じように転がってたんですけど、、、。

4507.jpg

さて、
そんな訳で、
先週末。

都大会をかけた、ノノの中学のバスケの準決勝でした。

4505.jpg

試合結果はというと、、、、、

4491.jpg


4514.jpg

4516.jpg


4513.jpg

4503.jpg

4490.jpg


4489.jpg

もーーーーーーーーーーーー。

4511.jpg


4515.jpg

おしくも、

おしくも、

おしくも、

おしくも、、、、、。

おしくも、わずか

わずか、1点差で、負けてしまいました、、、、。(涙)

珍しく、最初のゴールがノノという、、、、、、
ロースコアを予想させる準決勝は
序盤からめったにないくらいのシーソーゲーム。
シーソーっていっても、
試合を通して、ほぼ傾かないシーソーゲームでした。

1ピリ、2ピリ、3ピリ。
ほとんど点差の開かない試合展開。

両チームとも、勝てば都大会、ってコトで、緊張も、ふだんしないミスも
たくさんあったような気がしますが、
でもそれはお互い様で、ほーんとぴったり互角の好ゲームでした。

大抵、どんな接戦の場合だって、勝っても負けても、
少し開いては、追いつき、追い越しては、追いつかれ、、、
っていう試合展開が、多いような気がするんですが、
ここまで最後まで、ピターっと、点差が開かないゲームは、
初めて見たような気がします。

そういう意味では、最後の最後まで、
どっちのチームも、勝ってる気も、負けてる気もしなかったんじゃないかなぁ、、、。

唯一の誤算といえば、最近は気をつけてファールの少ないノノが、
前半でまさかの4ファール。。。

まぁ、湘北VS陵南戦の、魚住的な、、、、アレです。
もう、あとひとつもファールが許されないっていう、、、。

親としては、あーあぁ、この大一番で、、、、、、って
感じだったのですが、
しかし、なんとか残り5分の退場まで、なんとかコートに立ち続けました。

まぁ、こういうゲームの場合、残り5分が重要な訳なんですけどね、、、、(涙)

さて終盤、若干のリードを許すも、1点差で迎えた残り1分。
バスケで残り1分ていえば、あと2ゴールくらい入ってもおかしくない
残り時間。


今思うとですね、、、
ほーんと、あまりに均衡した試合だっただけに、
この差に気がつけなかった、っていうのが、もしかすると敗因だったのかも知れません。

それは、ほんの少しの、でも、とても大きい「経験」の差。


残り1分。1点差。
この点差はないようなもの。
そして、流れ的に、必ず追い越せる。

そう、見てるみんなが思っていたと思います。


両チームともに、指先は勝利に触れてるような、、、、そんな状況。
あとは、どちらかがたぐり寄せるだけ。

しかし、
力はおなじでも、流れがたとえこちらでも、、、、、。

敵チームにはあって、こちらにないモノ。


それは、

「勝ち抜いて、それを手にしたコトがある、っていう経験。」

きっとこれが、点差以上に、大きな差だったんだろうな、、、、。
まさに、こんな状況の「経験」。


時計はただただ秒針を刻んでいきます。

今でも最後の30秒を思い出すと、
もしかすると、1点差が結果的に3点差になっちゃうとしても、
一か八か、逆転するためのシナリオっていうのがあったんじゃないかなぁ、、、、
と、いまだに思うのです。


しかし、
最後の30秒間。
大一番の最終局面。

突然、試合運びを切り替えて、ただただ冷静にボールをまわす相手チームに、
結局、彼女達は呆然と手を出せないまま、終了のブザーを聞く事になりました。。。。。

4500.jpg

あぁー、もう、、、、、。

あと一歩、ていう程の差もなく、
もう、小指のツメの先くらいの差だってあったかどうかっていう、試合だっただけに

「負けた気がしない、、、。」

感じでしたよ、、、、、ほーんと。
だから、よけいに悔しいですね、、、。


でも、残念は残念ですが、初めての大舞台。いい試合でしたし、
やっぱりまだまだ、このチームの試合、あと4.5年くらいのんびり見ていたいなぁ、、、、。


来年はきっと勝てるだろうからさ、、、、留年しないかなぁ、、、、みんな、、。


と、正直思うのですが、、、、、。

4501.jpg

さて、、、、、、、。
気をとり直して、今度は週末の3位決定戦。

留年しなければ、最後の公式戦です。

最後にみんな楽しんで、のびのびとしたプレーが見れたら、いいなー。


posted by 西久保毅人 at 15:48| 2014.07月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする