2007年04月25日

大盛況

40.hsa.jpg



告知していた「五百羅漢の家」内覧会、大盛況でした。

今回は、ニコ主催、というより、オーナーの(株)H.S.Aの施設お披露目がメインだったのですが、なんと、2日間で、700人オーバーです。
これは、デイサービス単体の内覧会としては、全国的にも希な数字らしいです。

設計者としても、住宅以外で初めてのこのような内覧会に立ち会う事ができ、
一般の方の、素直な感想や、表情に触れる事ができ、とっても有意義な2日間でした。
ニコ設計室の関係者も、遠くは千葉や都内からもきて頂き、住宅以外で初めての建物をお見せする事ができて、とてもうれしく思いました。

42.hsa.jpg


正直、独立してからは個人の家しか設計した事ない僕にとっては、

僕に頼むって事は、家を作ってくれって事なんだろう・・・・たぶん。
多少、「デカくて」、「家族」は多いけど、、、、まあ家なら何とかなるか、、、。

と、勝手に思いこんで取り組んだ仕事でした。

だから、社長さんにも、

「「家」を作りますからね、いいですね。。。。「シセツ」は作りませんよ。」

と宣言してからのスタートでした。


養護学校の子供達と、若い介護スタッフ。
たくさんのおじいちゃん、おばあちゃん。


最大で延べ70人くらいが、同時に存在するこの場所。

血は繋がっていないけれど、僕は、この場所は、やっぱり「家」だと思うんです。
そして、ここに同時に存在する人達を「家族」と呼びたい。



少子化、核家族、高齢化・・・。
家族の形態がどんどん変わっていくのなら、

ちょっと人数が多くたって、
ちょっと血が繋がってなくったって、


全ての世代が一同にそろうこの場所は、やっぱり「家」であり、
かれらは「大家族」なのだ、

と、僕はやっぱり思うのです。

そして、そのようなスタートラインに立って、僕らの住む「セカイ」
見直して見る事。


それが一番大切なのだと、僕は思うのです。



というわけで、近々完成写真をアップしますので少々お待ち下さい。


41.hsa.jpg
posted by 西久保毅人 at 00:51| 2007.4月〜6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする