2014年04月08日

そして死について。

先週末、世田谷でこれから工事の前川さんの家の地鎮祭でした!

4185.jpg

そういえば
土地も決まっていないころに、会いにきていただいて、かれこれ1年半くらい
経ったのかなぁ、、、と最初の時を思い出します。
そもそも前川さんたちものんびりで、僕たちも、のんびりで、、、、、。

そんな訳で、ようやく着工です、、、。

4188.jpg

地鎮祭の後、いろいろ雑談をしていて、

「あぁ、将来、家で死ねたらいいな、最近つくづく思うんです。。。」

と前川さん。

暗い話のようだけど、実は家のもつ役割の、いちばん大切なコトなのだと
時々思います。

4186.jpg

実は、人生のホントの最後を、家で過ごせる人って、とても少ないそうです。
いろんな状況や、事情があるんでしょうけど、、、。

4187.jpg

そんな話しをしていたら、本間さんちを思い出しました。

本間さんと打ちあわせをしていた頃って、かれこれ10年くらい前かなぁ、、、。
メール見返したら、ほんとピッタリ10年前でした、、、。
時の経つのは早いですねー、本間さん。

とは言いつつほとんど、打ち合わせを肴に、お酒ばっかり飲んでいた気がしますが、
実は本間さんからも、同じようなお話を聞きました。

4183.jpg

そんな訳で、
本間さんちの道路側の大きな扉は、
実は、将来、棺桶を家から出すために設けたものなのですが、
ほんとは、あける予定のなかった壁が、大きく開く、っていうコトが、
実は、本間さんちの日常の中で、とても大事な開口部だったなぁ、、、
と行くたんびに思います。

4181.jpg

もし、そんな話がなかったら、きっとこの壁は開かなかったんだと思うのです。

なんというか、、、、

とてもとても、未来のコトをイメージしたものが、
とてもとても、近い日常を豊かにする、というコトに、この時に勉強させていただいたのです。


4182.jpg

とてもとても、未来のコトをイメージしたものが、
とてもとても、近い日常を豊かにする。



とてもとても、未来のコトをイメージしたものが、
とてもとても、近い日常を豊かにする。



前川さんちも、そんな家になるといいな。

すべての家が、そんな風になるといいな。

すべての街が、そんな風になるといいな。




そしてそして、今週末は、
そんな街の未来を考えた、神戸の曽根さんちのオープンハウスな、訳なのです!

完成間近、今日、行ってきましたが(曽根さんと飲みに、、)、とても良かったです。
街になじみすぎて、最近、通り過ぎちゃうんですけどー、、、、(汗)

4180.jpg

内覧をご希望の方は、こちらまで。
posted by 西久保毅人 at 00:54| 2014.4月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする