2014年01月17日

お祝い

毎年、東京ガス主催の、「住まいの環境デザインアワード」というのがあるのですが、
僕たちが設計させていただきました鴻巣さんの家が、東京ガス賞、という賞をいただく事になりました!

3982.jpg




去年は、ISANAと、三輪さんの家の2作品の入賞でしたので、
二年連続となりました。

これはとっても光栄なことです!!!

3987.jpg

新年早々、おめでたいです。

ニコの担当キクチさん、内田産業の監督の神山さん、そして鴻巣さん、嬉しいですねー。
3974.jpg

またぜひ、かぶりモノして飲みたいですね!!!

3983.jpg

さて、鴻巣さんちは、お引き渡し後もう1年半くらい経つのですが、
ご迷惑もかけつつ、いつも楽しそうに住んで頂いていて、うれしい限り。

3977.jpg

シキチは30坪に満たないいわゆる旗竿上であり、周囲を住宅に囲まれた、
密集した場所にあります。
でも旗竿敷地は、その長ーい通路上のアプローチ空間が、実は一番の魅力でもあって、
道からそのぶん離れているというのは、実は都市ではとても優雅な事です。

なので、そのアプローチもたくさんの植物に囲まれた散策路のような
状態にして、その奥に住まいを計画しました。
夏は、草木をかき分けかき分け、、、、、って感じでした。

3984.jpg

でも、そのアプローチを通って、玄関を開けたら行き止まり、、、、っていうのは、
ちょっとさびしいなぁ、、、といつも思っていて、玄関をあけたら、またそこに
街の続きのような空間が広がっているといいなぁ、、、と思いながら設計をさせていただいた
おうちです。

3978.jpg

街中の行き止まりであるような旗竿敷地なのに、
玄関をあけたら、
またそこに街の続きがある。

そんな住まい。

3985.jpg

そして、そんな時によく考える「中庭」というもののあり方についても、
少し工夫をしています。

中庭って、どうせ作るなら、1階からも、2階からも近いといいな、、、。

そんな訳で、鴻巣さんの家の中庭は、1階と2階の中間あたりの高さに計画しました。

3973.jpg

そうする事で、1階からも、2階の様子や、光が感じられ、
2階にいると、縁側のような空間ができました。

3986.jpg

窓のデザインや、色や素材なども、
鴻巣さんと出会えたからこそ生まれたような
僕たちにとっても初めての空間となりましたが、
この発見は、実は街のどこにでもあるような都市の密集地でも
生かすことのできる発見になりました。


3971.jpg

とはいえ僕は、別に、一般解を作りたい訳ではありません。

だって、一人一人、ぜんぜん趣味も、ルーツも違う人達と出会って、
あーでもない、こーでもないと言いながら、
そこから生まれるひとつだけの空間を考えるコトのほうが、
このうえなく楽しいですし、
たくさんの感動や発見があるからです。

でも、そういう、10年以上経っても変わらない、
コテコテのやり方にこだわって、
そんな出会いがあったからこそ生まれた空間や発見が、
こういう賞をいただくコトで、
どこか知らないところに住む、知らないだれかに、

ケンチクって、たのしいな。

と思ってもらえるきっかけになったら、、、、、、。

それはとっても嬉しい事だなぁ、、、、
と、つくづく思うのでした!

3975.jpg


さて、ことしもがんばろう。

posted by 西久保毅人 at 22:10| 2014.1月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする