2013年10月04日

見上げるとノノがいる

うちは、お世辞にもきれいともカッコいいともいえない、
僕と同い年くらいの、ふるーい一軒家です。


ちょうどこの前、出かけようと玄関を出たら、上から

「パパっ」

と、ノノの声。。。。

見上げると、屋根の上にノノがいました。。。。

3789.jpg

僕たちの頃は、屋根の上、っていったら、ドラえもん。

こないだ見にいった「風立ちぬ」も、そういえば、主人公が
子供の頃、屋根の上で夢を膨らませていました。

そういえば、子供の頃、近くの神社でかくれんぼとかする時も、
公民館の屋根の上に登ってたなぁ、、、、、。

時々、建築の仕事をしていても、高い所が苦手な人もいますが、
僕にとって、現場でいちばんの醍醐味は、
なにより屋根の上に登れるコト。。。。。

上棟したら、我先にと屋根に登りますし、とにかく屋根の上に自由に登れる
っていうのは、僕にとって、この仕事のいちばんの楽しみです!


なんでしょうね、、、屋根の上って、、、、。
なんで、こんなにワクワクするんだろう、、、、。
まぁ、バカと何とかは高い所が好き、、、、、っていう典型なんですけど、、、。


たぶん、これがルーフテラスだと、ダメなんだよなぁ、、、きっと。。。

もちろん、それはそれで気持ちはいいんですが、
なんていうか、屋根の上と比べちゃうと、感じが出ないっていうか、、、、。


きっと少しだけでもナナメっていうのが大事なんだろうな、、、。

そして、手すりも何もない、っていうのも、大事なんだろうな、、、。

そもそも、登るための場所じゃない、っていう事が大事なんでしょうね。。。

要するに、
居場所としては作られててない、というコト。

落ちるも、登るも、自己責任の場所だから??

3791.jpg

、、、まぁ、とにかく、
理屈はともあれ、あいかわらず子供部屋もない、うちの生活環境の中では、
1人になりたい時にも、大人みたいに、ふらっと飲みに出かける訳にもいかないから、
子供たちにとっては、


「、、、、まぁ、家の上にのってる分には、

  、、、、、ぎりぎり家でしょ。。。。なんか文句ある??」


という、家の中でもなく、
かといって外なんだけど、街でもなく、、、、という
子供たちの行動範囲のちょーーど、家と社会とのギリギリ境界線のような
場所なのかも知れませんね。

屋根の上って。。。。。


大人は、空き地がなくなっただとか、
都会には子供の遊ぶ場所がないとか、、、、、。

いろいろ言うけれど、
子供たちの方が、実はいっつも一枚上手で、
どんな環境でも、魅力的な場所を発見していくものです。


ほーんと大事なコトは、
いっつも、子供たちを見て気づくコトばかりです、、、、まったく。
posted by 西久保毅人 at 02:10| 2013.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする