2013年08月02日

うみがめ荘

、、、、、、、まぁ、
完全にワタクシゴトですが、
先日、神戸に行った帰り、早めの夏休みを取って、ソラとリンタロと、三人で
淡路島を渡り、徳島の海に行ってきました!


子供のときから、ウミガメがたまごを産みにくるところに行ってみたいなぁ、、、
と思ってたんですけど、

神戸辺りの地図を眺めてたら、

「あれ?徳島って、もしかしてそういう場所じゃなかったっけなぁ、、、?」

と調べてみたら、、、、、。

ありました! うみがめ荘。


ちょーど、6月、7月が産卵シーズン。
どんぴしゃなので、これは行ってみようと一気に徳島県の美波町っていう海沿いの町へ。

でも、なんていうか、もうコレばかりは自然のものなので、
美波町の役場のホームページ情報によると、続けてウミガメがくる日もあれば、
一週間ぜんぜん来ない日もあり、年によってもかなりウミガメの来る数もバラツキがあり、、、。

まぁ、一週間いる訳にもいかないし、最大で二日だなぁ、、、、と思いつつ、
うみがめ荘へ。。。。。

着いてみて、ビックリしたのは、
ウミガメ保護規制っていうのがあってですね、、、、、。
この季節は、街が明るかったり、うるさかったりすると、ウミガメが帰っちゃうから、
8時過ぎたら街を真っ暗にするんだそうです、、、。

だから花火とかする訳にもいかず、夜は部屋で待機、、、。

そして、どうやってウミガメが来たのが分かるかって言うとですね、、、、、
街に着くと、ウミガメールっていう、携帯のメーリングリストに登録するんですが、
そうしとくと、ウミガメの調査してる人達が、ウミガメが来たら教えてくれるという
しくみになっていました。


さっそく登録したんですが、初日は待てども待てども、メールは来ず、、、、。

時間も、今までのデータを見ると、夜の10時くらいの時もあれば、
夜中の3時すぎの事もあり、、、、、と、幅も広くって、うっかり寝ちゃったら、、、、
と思うんですが、まぁ、そうそう待てる訳もなく、、、。

で、
結局、初日は来なかったので、
せっかくだから二日目も同じところに泊まるコトにしました。。。。
超古ーい、国民宿舎だから、いい宿って訳じゃないんですけどねぇ、、、、。

昼間は、近くの海で遊んで、さて運命の最終日。
不便な場所だから、二度と来ないかもなぁ、、、、とか思いながら、
メールは待てども待てども、やっぱり来なくてですね、、、、。

「そもそも、メールの登録、間違ってんじゃないの、、、かな。。。」

とか思いながら、うとうとしていた、ちょうど、夜の12時半。


ふっと、携帯見たら、待ちに待ったウミガメール!!!!!

3722.jpg


子供達を叩き起こして、浜辺にいくと、
もうすでにウミガメが上陸してて、穴掘ってたまごを産みはじめたところでした。

そんなに明かりはないんですが、
1mくらいのアカウミガメが、少しずつ時間をおいては、
ぽこぽこぽこぽこ、ピンポン球のようなたまごを穴に産み落としています。。。。

おお、、、これぞ、子供の時にテレビで見た光景だ、、、、。


もう、感動っていうか、、、、、、
ホントにウミガメってこうやって
浜にたまごを産みに帰ってくるんだなぁ、、、、と、
月明かりの中、
夜だし、なんか現実じゃない感じの光景を見る事ができました。

そう思うと、こんな光景に立ち会えて
なんとぜいたくな、ソラとリンタロウ。。。。。
子供のくせに、、、、、。

産卵時間は、ほんの30分くらいだったでしょうか?

100個以上のたまごを産み終わると、ウミガメは今度は一生懸命、その穴を埋めはじめて、
後ろ足でペンペン叩いては、また土をかぶせて、、、、を繰り返し、
満足すると、また海に向って帰っていきました。

もっと歩くの遅いかと思ってたんですが、帰りは海に向う下り坂で、
意外と歩くの早かったです、、、、、、ウミガメ。


ウミガメ調査隊のおじさんによると、
その日に来たウミガメは、どうやら3年前に産卵に来たウミガメだったそうです。

3721.jpg


しかし、
ずーっとひろい太平洋を泳いでて、どうやってこの場所を覚えてるんでしょうね、、、。

そういうコトはまったく解明されていないそうです。

摩訶不思議。


なんだか、未知との遭遇みたいな、、、、、

そんな体験でした。


徳島の海は、とっても綺麗でしたよ。
また行きたいなぁ、、、。
posted by 西久保毅人 at 01:11| 2013.7月〜9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする